Cover Image

HCL Volt MX: マルチエクスペリエンス開発プラットフォームへの切り替えを推奨する11の理由

2022/4/18 - 読み終える時間: 3 分

11 Reasons to Switch to a Multiexperience Development Platform の翻訳版です。


HCL Volt MX: マルチエクスペリエンス開発プラットフォームへの切り替えを推奨する11の理由

2022年1月20日

著者: HCL Volt MX Team

Covid-19は私たちの世界を破壊し、人間同士の交流を奪いました。しかし、成功している企業は、自社の製品やサービスを、従業員と顧客を相互に結びつけるデジタル体験に変えています。マルチエクスペリエンス戦略をマスターしたデジタル強者たちです。

ある世界最大のダイレクトセールス会社は、売上が2%増加した理由の1つとして、デジタルトランスフォーメーションとマルチエクスペリエンス戦略に投資したことを挙げています。同社は、対面でのミーティング、印刷されたカタログ、紙ベースの注文から、スマートフォンですべてを行うように変更しました。

現在、同社の個人事業主は、いつでもどこからでも営業ができる体制を整えている。同社では、グローバルに再利用できるプログレッシブなウェブアプリとネイティブモバイルアプリを用意し、拡張現実や音声認識機能による没入感のあるデジタル体験も提供しています。

同社のビジョンは、個々のビジネスオーナーとその顧客をエンゲージし、サポートすることであり、そのデジタル体験が同社を前進させているのです。

マルチエクスペリエンス開発は、さまざまなデバイス、アプリ、インターフェース(ウェアラブル、ウェブまたはモバイル、会話型UI)で、さまざまなモダリティ(音声、タッチ、ジェスチャー)を使用して、このようなデジタルユーザージャーニーをサポートすることを目的としています。 マルチエクスペリエンス開発プラットフォーム(MXDP)は、フロントエンドとバックエンドのツールとサービスのセットを開発者に提供し、ユニークで一貫性があり、スケーラブルな体験をユーザーに提供することを可能にします。これらのツールは、設計、開発、テスト、配信、保守、管理、ユーザーデータ分析に至るまで、アプリのライフサイクル全体をカバーします。

前述の直販会社は、マルチエクスペリエンス戦略を実施するために、業界をリードする MXDP HCL Volt MX を選択しました。このプラットフォームは、組織の開発を一元化し、世界各地のチームが最先端のアプリを簡単に構築・共有できるようにし、プロジェクト期間とコストを半分に削減することに貢献しました。

  • Volt MXの詳細はこちらをご覧ください。
  • 無料デモのご予約はこちらから
  • グローバル企業がどのようにビジネスを変革したかがわかる成功事例はこちらをご覧ください。

デジタル変革の旅を始めたばかりの企業でも、他のローコードプラットフォームを採用している企業でも、MXDPに切り替える(またはテクノロジースタックに追加する)最大の理由は次のとおりです。


1. MXDPは、設計プロセスの簡素化と高速化を実現します

例えば、HCL Volt MXには、配線済みのコンポーネント、テンプレート、およびサンプルアプリを含むビジュアルデザインキャンバスが含まれています。再利用可能なコードとリアルタイムのプレビューにより、ブレインストーミングやアプリケーションの設計をより迅速に行えます。


2. MXDPでは、1つのソースベースで、あらゆるデバイスに対応する1つのアプリを構築できます

様々なプラットフォーム、OS、複数のプログラミング言語のエキスパートである開発者を何百人も雇う必要はありません。MXDPは、既存のチームが単一のコードベースを使用して、複数のチャネルで1つのユニークなクラウドネイティブアプリを開発し、あらゆるデバイスにデプロイできるよう支援します。


3. MXDPは、市場投入までの時間を短縮します

このようなプラットフォームは、C-suiteやその他の意思決定者に見える没入型エクスペリエンスの迅速なプロトタイピングを可能にします。このフィードバック・ループの短縮と、すぐに使える機能性により、市場投入までの時間が大幅に短縮されます。例えば、HCL Volt MXは、構築時間を数ヶ月から数週間に短縮し、市場投入までの時間を60%以上削減することを約束しています。


4. MXDPは、プロセスをデジタル化し、展開を自動化します

マルチエクスペリエンス・プラットフォームは、真のプラグアンドプレイ方式で、テスト、SAPバックエンドの統合、DevOpsを自動化し、業務をデジタル化します。また、完全な分散デプロイメントシステムを備え、社内アプリに不可欠なアプリストアに公開せずにアプリを配信するソリューションも提供します。


5. MXDPは業務効率を向上させます

ローコードは、日常の業務から複雑さを取り除きます。バックエンドプロセスをよりシンプルに構築する方法を提供し、異なる複雑なワークフローを組み込んで管理する中心的なシステムとして機能します。さらに、ビジネスに最も近い立場の人々がソリューションを作成できるようになります。


6. ITチームを解放し、より大きな目標に集中できるようにします

開発者は、コードの記述や書き換え、メンテナンス、データの不一致やバックエンドのミスの解決といった手作業から解放され、企業レベルのシステムや戦略的イニシアティブに集中できるようになります。カスタムおよび構築済みのデータ分析プラットフォームが成功を測定してくれるなら、こうした取り組みもより簡単になります。


7. MXDPはセキュリティを向上させます

これらのプラットフォームの最も強力なセールスポイントの1つは、セキュリティと安心感を提供することです。これらのプラットフォームには、すぐに使えるAPI管理、データおよびID保護機能が含まれています。IT部門は、企業全体で使用するすべてのアプリケーション、デバイス、およびサービスを管理するための1つのプラットフォームを手に入れられます。これにより、サードパーティーによるインストールやシャドーITのリスクを最小限に抑えられます。


8. 従業員に力を与えてくれます

従業員の福利厚生と生産性を高めるために、MXDPは市民開発者を祝福し、力を与えます。簡単なビジュアルアセンブリを使用することで、コーダーではない人でも、自分(と組織)のニーズに合ったアプリを開発できます。また、これらのプラットフォームは、最適なソリューションを見つけ、構築するために、チーム間の協力とコラボレーションを促進します。


9. MXDPは、時代の最先端を行くのに役立ちます

マルチ・エクスペリエンス・プラットフォームは、イノベーションを促進し、最先端のテクノロジーへのユニークな直接アクセスを提供し、ユーザーの採用、エンゲージメント、およびリテンションを促進します。例えば、HCL Volt MXは、会話型アプリ、ウェアラブル、仮想現実や拡張現実の体験などにおいて、AIと機械学習をサポートする単一プラットフォームを提供します。

スマートなMXDP戦略が必要な理由はこちらをご覧ください。


10. MXDPはコスト節減になります

多くの開発ステップを自動化し、効率を高めて市場投入までの時間を短縮し、メンテナンス、インフラ、開発コストを大幅に削減することで、長期的に総所有コストを削減します。この単一のソフトウェアスイートを採用することで、あらゆる規模の組織がデジタル変革を遂げ、顧客と従業員に最新の魅力的な体験を提供できます。


11. MXDPは、究極のユーザーエクスペリエンスの実現を支援します

Statistaの調査によると、平均的なアメリカ人は、家庭内で10台以上のコネクテッドデバイスにアクセスしているそうです。人々は、携帯電話だけでなく、没入型体験やチャットボット、ウェアラブルやキオスク、ネイティブモバイルやプログレッシブWebアプリなど、進化したアプリやインターフェイスで交流しています。そのため、組織はそれらすべてにおいてユーザーに対応するソリューションに投資する必要があります。

HCL Volt MXのような主要なマルチエクスペリエンス開発プラットフォームは、企業が多数のチャネルと異なるモダリティを通じて顧客のニーズに対応するというこの課題を解決するのに役立ちます。結局のところ、この急速に進化するデジタル世界では、自社でアプリを構築して保守することでこれらのニーズに対応することは、ほとんどの組織の範囲を超えているのです。その代わりに、MXDPに切り替えることは、デジタル変革を実現し、拡張性が高く競争力のあるデジタル体験を生み出すという課題に対する当然の答えとなります。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修