ファイル処理を強化するための、柔軟で使いやすいツール


シンプルで直感的なユーザーインターフェースとリモートシステムがサポートされ、z/OSシステムに保存されたデータをインタラクティブに、またバッチ処理で操作できます。ZDTは、幅広いデータ・ストア・タイプを包括的にサポートしています。

メインフレームデータ型のサポート

ZDT はさまざまなファイル形式で格納されたデータの操作をサポートします (VSAM、QSAM、PDS、PDSE、AIM、OAM の各データセット、DB2、IMS、WebSphere MQ、CICS、UNIX System Services 配下の Hierarchical File System に対応)。

メリット

  • 品質の向上
  • よりよい洞察
  • ROI の加速
  • リスクの軽減

特長

  • 動作モード
    ZDT はさまざまなユーザーインターフェースを提供し、現在および将来にわたってメインフレームデータを効率的に操作できます。ZDT は、ISPF のもとでユーティリティー機能を使用したバッチを用いて Java や REST API 経由で、メインフレームデータを対話的に操作できます。
  • 知識の維持
    ZDT でメインフレームデータの論理構造を定義し、ツールに記憶させることで、今後従事する担当者がその情報、知識を得られるようにできます。
  • データへの安全なアクセス
    z/OS システム認証機能 (SAF) で定義されたユーザープロファイルに基づいて、フィールド、レコード、ファイルレベルでデータアクセスを制御・保護できます。
  • 生産性の向上
    z/OS や ISPF ユーザーの日常的なタスクを簡素化できます。強力な検索、クローン、リモートシステムアクセス機能はその一例です。

ZDT は IBM Z メインフレームプラットフォーム上でのイノベーションを実現します。HCL には、製品、専門のコンサルタント、サービスが揃っております。組織固有の要件に合わせて柔軟なライセンスもご用意できます。