ニュース

HCLテクノロジーズ 2019年度第4四半期および通期の連結決算を発表 – 通期の売上は前年同期比19%増

【2019年06月10日 - ノイダ(インド)】

HCLテクノロジーズ(本社:インド ニューデリー、プレジデント兼CEO:C・ヴィジャヤクマール、NSE:HCLTECH / BSE:532281)は、2019年度第4四半期および2019年度通期の連結決算を発表しました。

2019年度第4四半期の業績
売上は前年同期比21.3%増の1,599億ルピー(前年同期比11.8%増、22億7,800万米ドル)となりました。また当第4四半期の純利益は前年同期比15.3%増の256億8,000万ルピー(前年同期比5.9%増、3億6,400万米ドル)

2019年度通期の業績
2019年3月31日を期末とする通期の売上は前年同期比19.5%増の6,042億7,000万ルピー(前年同期比10.1%増、86億3,200万米ドル)となりました。また純利益は前年同期比15.3%増の1,012億3,000万ルピー(前年同期比5.9%増、14億4,100万米ドル)となりました。

2019年度の主要マイルストーン
– 2019年度にMode2からの売上は前年同期比で28.7%伸長(為替変動の影響を除く)、Mode2とMode3からの売上が全体に占める割合は28.4%にまで拡大
– エンジニアリングR&Dサービスの売上が前年同期比で19.5%伸長(為替変動の影響を除く)
– 第4四半期も引き続き引合いは堅調となり、小売・消費財、製造業といった業界のお客様を筆頭に17件の、
Mode1とMode2のサービスが組み合わさったトランスフォーメンション案件を獲得
– グローバルなストラテジックスポンサーの1社として、#BalanceforBetterをテーマに世界21か国のオフィスで国際女性の日の記念イベントを開催。2019年度、HCLのリーダーポジションにおけるジェンダーダイバーシティ比率は倍増、従業員全体での比率は25%に

プレジデント兼CEOのC・ヴィジャヤクマールは次のように語っています。「HCLは、事前のガイダンスの上限を上回る売上2桁成長(11.8%増 – 為替変動の影響を除く)という非常に大きな結果を残すことができました。特にMode2サービスは前年同期比で28.7%伸長(為替変動の影響を除く)と最大の増加となっています。また、今年に入って3度目となる案件獲得(ブッキング)の記録更新も達成。これらの数字が、我々が選択した市場戦略をきちんと遂行できており、3年連続で年度のガイダンスを達成できるだろうということをはっきりと証明していると考えています。」

このニュースは2019年5月9日(現地時間)にHCLテクノロジーズが発表した資料の抄訳です。
原文は下記URL(PDF)からダウンロードのうえご参照ください。
https://www.hcltech.com/sites/default/files/hcl_tech_q4_2019_investor_release.pdf

ページトップへ戻る

<<News一覧へ