ニュース

HCLテクノロジーズ、IBM製品の買収完了を発表

【2019年07月01日 - ニューヨーク(USA) / ノイダ(インド)】

「HCLソフトウェア事業部」を新設し、エンタープライズソフトウェアビジネスを推進

⼤⼿グローバル・テクノロジー企業であるHCLテクノロジーズ(HCL)は、本日、以前より告知されていたIBMのセキュリティ、マーケティング、コマース、およびデジタルソリューション分野の一部製品の買収を、2019年6月末に正式に完了したことを発表しました。この買収完了に伴い、Appscan、BigFix、Commerce、Connections、Digital Experience (Portal and Content Manager)、Notes/Domino、およびUnicaの研究開発、営業、マーケティング、デリバリー、そしてサポート機能が完全にHCLに移管され、業務を開始いたします。

またHCLは、エンタープライズソフトウェア事業を推進しお客様のニーズにご対応する部門、HCLソフトウェアを新設することを発表しました。プロダクト&プラットフォーム(Mode 3)の事業部門となるHCLソフトウェアは、これまでにもInformix 14.10、Domino 10、Workload Automation 9.5などの高い評価を受けている製品をはじめ、340以上のパートナー製品、90以上のHCL製品をリリースしています。HCLソフトウェアは、今後もイノベーションと画期的なデリバリーによってお客様の成功を実現することに注力し、新たなエンタープライズソフトウェアビジネスを構築してまいります。

HCLテクノロジーズ プレジデント兼CEOのC・ヴィジャヤクマールは、次のように述べています。「HCLソフトウェア事業部が新たなステージを迎えたことを非常に嬉しく思っております。私たちのソリューションがこれから更に大きく成長していくことを確信しております。そのために徹底したお客様重視の姿勢、迅速な製品開発、そしてソリューションへの継続的な投資をお約束いたします。また、今回買収した製品については、弊社の既存のITサービスや次世代サービスと組み合わせることで、魅力的な”as-a-service”モデルをご提供できるようになると考えています。これは、大きな可能性を秘めています。」

HCLテクノロジーズのコーポレートヴァイスプレジデントでHCLソフトウェアのトップであるダレン・オバーストは、次のように述べています。「私たちのミッションは、製品の絶え間ないイノベーションを通じてお客様のIT投資が成功に結び付くようにお手伝いすることに他なりません。HCLでは製品ロードマップ、クライアント・アドボカシー、透明性の高い開発プロセス、スピーディーな製品リリース、そして提案型の営業チーム、全てにおいてお客様重視の姿勢を徹底しています。お客様に確実に価値をお届けし、お役に立てるよう真摯に取り組んでまいります。また、今回、IBMから新たにHCLテクノロジーズに加わったメンバーを心から歓迎します。」

ビジネスの継続性を確保するために、お客様には www.hcltechsw.com/welcome からのご登録をお願いいたします。ご登録により、ソフトウェアご契約のための E コマースセールスポータル、およびソフトウェアダウンロードおよびライセンス情報へのアクセスを含むカスタマーサポートポータルへのアクセスが可能となり、お客様の各種情報を取得いただけます。これには、お客様ご自身によるご登録手続きが必要となります。お問い合わせや、お手伝いが必要な場合は、software-info@hcl.com まで電子メールをお送りください。

このニュースは2019年7月1日(現地時間)にHCLテクノロジーズが発表した資料の抄訳です。
原文は下記URLをご参照ください。
https://www.hcltech.com/press-releases/press-releases-business/hcl-technologies-announces-close-acquisition-select-ibm

ページトップへ戻る

<<News一覧へ