ニュース

HCLテクノロジーズ、2020年度第1四半期の連結決算を発表 – 前年同期比で売上18%増

【2019年08月31日 - ノイダ(インド)】

HCLテクノロジーズ(本社:インド ニューデリー、プレジデント兼CEO:C・ヴィジャヤクマール、NSE:HCLTECH / BSE:532281)は、2020年度第1四半期の連結決算を発表しました。

2020年度第1四半期の業績
売上は前年同期比18.4%増の1,642億5,000万ルピー(23億6,400万米ドル、前年同期比15.0%増)となりました。純利益は前年同期比7.6減の222億ルピー(3億2,000万米ドル、前年同期比10.1%減)となりました。

2020年度第1四半期の主要マイルストーン
– IT&ビジネスサービス、プロダクト&プラットフォーム、エンジニアリングR&Dサービスの全セグメントにおいて、前年同期比2桁成長を達成(為替変動の影響を除く)
– 2019年6月末、IBMのセキュリティ、マーケティング、コマース、およびデジタルソリューション分野の一部製品の買収を正式に完了
– ソフトウェア製品でお客様の環境を刷新する部門「HCLソフトウェア」を新設
– 66期連続で四半期配当を実施

プレジデント兼CEOのC・ヴィジャヤクマールは次のように語っています。「四半期の業績が前期比4.2%増、前年同期比17%増(為替変動の影響を除く)となり、非常に好調な2020年度のスタートをきることができました。今年度は、この勢いで業界トップレベルのオーガニック成長を目指してまいります。利益率は、今後の成長に向けた投資が影響して軟調となりましたが、実績のある運用モデルにより今年度予想レンジ内の利益率を達成できると考えております。」

このニュースは2019年8月7日(現地時間)にHCLテクノロジーズが発表した資料の抄訳です。
原文は下記URL(PDF)からダウンロードのうえご参照ください。
https://www.hcltech.com/sites/default/files/hcl_tech_q1_2020_investor_release.pdf

ページトップへ戻る

<<News一覧へ