ニュース

Zinnov社 2019年 エンジニアリングR&Dサービス Zinnove Zonesで、HCLをリーダーと評価

【2020年03月30日 - ノイダ(インド)】

Zinnov社 2019年 エンジニアリングR&Dサービス Zinnove Zonesで、HCLをリーダーと評価

エンジニアリングR&Dサービス分野を主導し続けるHCLは、エンジニアリングR&Dサービスに関するZinnov社の最新の競合ベンチマークレポートにおいて、前年に引き続き、リーダーとして評価されました。本調査でZinnov社は、50のグローバルエンジニアリングR&Dサービスプロバイダーを30以上のパラメーターおよびサブパラメーターで評価しています。HCLのリーダーシップポジションは、前年からさらに強化されています。

Zinnov

Zinnov社のパートナー兼グローバルヘッドであるSidhant Rastogi氏は次のように述べています。「長年受け継がれてきた優れたエンジニアリングの伝統と、様々な分野にフルスタックのエンジニアリングサービスを提供できる能力により、2019年 エンジニアリングR&Dサービス Zinnove ZonesにおけるHCLのリーダーポジションの評価が強化されました。また、業種、オファリング主導型の買収(Sankalp社、H&D社、Actian社、Butler社)により、HCLの特定の地域におけるクライアントリーチが改善されています。HCLは、この2年間、AIやIoTなどの新時代の領域におけるケイパビリティを構築するため、イノベーションラボやCOEを開設し、投資を拡大してきました。ソフトウェア主導のエンジニアリングサービス案件やIoT案件の増加により、HCLは業界平均以上の成長率を達成しています。」

総合的なエンジニアリングR&Dサービスのランキング以外にも、HCLは設計とシミュレーション、ユーザーエクスペリエンス、プラットフォームエンジニアリング、品質保証など、いくつもの分野においてリーダーシップポジションにあります。業種別では、自動車、航空宇宙、建設および重機、コンシューマー・エレクトロニクス、コンシューマー・ソフトウェア、産業オートメーション、エンタープライズ・ソフトウェア、医療機器、半導体、通信、輸送といった分野でリーダーとして評価されています。

「Zinnov Zones 2020 ER&D Services」(英語)はこちらからダウンロードいただけます。

ページトップへ戻る

<<News一覧へ