ニュース

HCLテクノロジーズ、2021年度第1四半期の連結決算を発表 – 前年同期比で売上8%増

【2020年07月17日 - ノイダ(インド)】

HCLテクノロジーズ(本社:インド ニューデリー、プレジデント兼CEO:C・ヴィジャヤクマール、NSE:HCLTECH / BSE:532281)は、2021年度第1四半期の連結決算を発表しました。

2021年度第1四半期の業績
売上は前年同期比8.6%増の1,784億1,000万ルピー(23億5,600万米ドル、前年同期比-0.3%増)となりました。純利益は前年同期比31.7%増の292億5,000万ルピー(3億8,600万米ドル、前年同期比20.9%増)となりました。

2021年度第1四半期の主要マイルストーン
– 売上は前年同期比1%増(為替変動の影響を除く)。利益率は、厳しい環境の中で大幅に改善。
自動化、調達の最適化、サプライチェーンの効率化をはじめとする継続的なコスト管理の取り組みの効果があがり、前年同期比でEBITA25.6%増、EBIT20.5%増
– 通信/テレコム、金融、製造、ライフサイエンス/ヘルスケアなどのお客さまより、11件の新規トランスフォーメンション案件を獲得。新規案件のTCVは前年同期から増加、また順調に契約の更新が進んだ
– 製品の買収から順調にまる1年が経過したHCL Software、2021年度第1四半期も堅調な業績

プレジデント兼CEOのC・ヴィジャヤクマールは次のように語っています。「このような厳しい状況の中で、弊社の四半期の業績にもやはりマイナスの影響はありました。一方で、HCLのオペレーションモデルには優れた耐性があり、素晴らしい利益率、そしてキャッシュフローを実現できたことを喜ばしく思っています。11件のトランスフォーメーション案件など、新規の案件獲得は堅調に推移しています。またこの四半期中に数件の大型契約が更新されました。
試練の時となった今四半期、HCLはこれまでにも増して従業員そしてお客さまを支えることに力を注いでまいりました。おかげさまで、顧客満足度調査では非常に高い評価をいただき、お客さま、また従業員からも感謝の言葉を多く頂戴しております。
需要環境、パイプラインともに強い状況が見えており、今後、ビジネスは拡大していくと確信しております。」

このニュースは2020年7月17日(現地時間)にHCLテクノロジーズが発表した資料の抄訳です。
原文は下記URL(PDF)からダウンロードのうえご参照ください。
https://www.hcltech.com/sites/default/files/hcl_tech_q1_2021_investor_release.pdf

ページトップへ戻る

<<News一覧へ