ニュース

HCLテクノロジーズ、2022年度第1四半期の連結決算を発表 – 前年同期比で売上15%増

【2021年08月02日 - ノイダ(インド)】

HCLテクノロジーズ(本社:インド ニューデリー、プレジデント兼CEO:C・ヴィジャヤクマール、NSE:HCLTECH / BSE:532281)は、2022年度第1四半期の連結決算を発表しました。

2022年度第1四半期の業績
売上は前年同期比15.5%増の27億2,000万米ドル(前年同期比12.5%増、2,006億8,000万ルピー)となりました。また当第1四半期の純利益は前年同期比12.8%増の4億3,600万米ドル(前年同期比9.9%増、321億4,000万ルピー)となりました。

2022年度第1四半期の主要マイルストーン
– 石油・ガス、金融サービス、テクノロジーなどのお客さまより、8件の大型サービス案件、4件の大型製品案件を獲得
– IT&ビジネスサービスで前年同期比13.0%、エンジニアリングR&Dサービスで前年同期比10.7%、プロダクト&プラットフォームで前年同期比6.0%と、すべてのセグメントで売り上げが伸長
– お客様の成功、製品のイノベーション、そして優れた実行力に一貫して焦点をあてていいるHCLソフトウェアは、当四半期に、Dominoの最新バージョン、Commerce、Unica をはじめとする、12 のメジャーおよびマイナーリリースを実施
– HCLは、環境・社会・ガバナンス(ESG)プログラムを事業全体に効果的に統合していることが評価され、Edelweiss ESG Scorecard and Ratingsで、NSE(インド国立証券取引所)トップ100企業の中で最高の総合スコア、100点満点中91.9点を獲得、リーダーとして位置づけられました。

プレジデント兼CEOのC・ヴィジャヤクマールは次のように語っています。「新型コロナウィルス感染拡大の第2波がインドで発生している中、HCLは従業員とその家族の健康を守ることに重点を置いています。この戦いに直面するご家族へは広範な支援サービスが提供され、HCL従業員と顧客は、あらゆる困難に直面しながらも、お互いに協力し合っています。おかげさまで売上高は前年同期比11.7%増、中でもMode2サービスの売上高がクラウドやデジタルトランスフォーメーションの案件を中心に、前年同期比29.0%増となりました。
当四半期に契約額が前期比で37%増加し、また7,500人以上の新規採用を実現したことで、今年の残りの期間も常に前の四半期を上回る形で、しっかりとした成長を遂げることができると確信しております。」

このニュースは2021年7月19日(現地時間)にHCLテクノロジーズが発表した資料の抄訳です。
原文は下記URL(PDF)からダウンロードのうえご参照ください。
https://www.hcltech.com/sites/default/files/hcl_tech_q1_fy22_investor_release.pdf

ページトップへ戻る

<<News一覧へ