ニュース

Everest Group 半導体エンジニアリングサービス ベンダー評価レポートでHCLがリーダーポジションを獲得

【2021年09月13日 - ノイダ(インド)】

Everest Group、HCLテクノロジーズを半導体エンジニアリングサービス分野のリーダーと評価

HCLテクノロジーズは、Everest GroupのSemiconductor Engineering Services PEAK Matrix® Assessment 2021において「リーダー」の評価を獲得しました。このレポートでは、半導体エンジニアリングサービスに関連する大手サービスプロバイダー16社を「ビジョン&ケイパビリティ(サービスを成功裏に提供できる能力)」と「マーケットインパクト(市場に与える影響)」という2つの軸から評価しています。HCLテクノロジーズは、両方の軸において最高位の評価を受け「リーダー」グループに位置づけられました。

本レポートでは、HCLテクノロジーズの以下の点を特に評価しています。
・すべてのサービスセグメントと製品カテゴリーをカバーする多様なサービスポートフォリオを、すべての主要地域に向けて提供していること
・中小企業から大企業までをカバーする、バランスのとれた顧客ポートフォリオ
・能力向上を目的とした買収、知的財産の開発、コイノベーションのためのパートナーシップ、インフラの整備といった継続的な投資に支えられた力強いビジネス成長
・柔軟な料金設定、成果主義、リスクリワード、レベニューシェアリングなどの新しい料金モデルにも積極的であること

 EVEREST GROUP'S SEMICONDUCTOR ENGINEERING SERVICES PEAK MATRIX® ASSESSMENT 2021

「HCLテクノロジーズ社は、Sankalp Semiconductor社などの能力向上のための買収や、NXP社やインテル社などのエコシステム企業とのコイノベーションパートナーシップへの継続的な投資により、力強い成長を遂げています。また、優れたラボのインフラやクリーンルームの開発、5GやIoTなどの次世代テーマに関するCoE、アナログおよびデジタルIPのポートフォリオへの投資は、市場から高い評価を得ています。」とエベレスト・グループのバイスプレジデント、Akshat Vaidは述べています。「HCLは、その能力を活用して、半導体エンジニアリングのバリューチェーン全体で、多様性に富んだサービスのポートフォリオをさまざまな顧客層に提供できます。加えて、成果主義やレベニューシェアモデルに対応した柔軟な料金設定も、顧客から高く評価されています」

「Semiconductor Engineering Services PEAK Matrix® Assessment 2021」(英語)はこちらからダウンロードいただけます。

ページトップへ戻る

<<News一覧へ