ニュース

HCLテクノロジーズ、2023年度第1四半期の連結決算を発表 – 前年同期比(為替の影響を除く)で売上15.6%増

【2022年07月15日 - ノイダ(インド)】

HCLテクノロジーズ(本社:インド ニューデリー、プレジデント兼CEO:C・ヴィジャヤクマール、NSE:HCLTECH / BSE:532281)は、2023年度第1四半期の連結決算を発表しました。

2023年度第1四半期の業績
売上は前年同期比(為替の影響を除く)15.6%増の30億2,500万米ドル(前年同期比16.9%増、2,346億4,000万ルピー)となりました。また当第1四半期の純利益は前年同期比2.5%減の4億2,400万米ドル(前年同期比2.4%増、328億3,000万ルピー)となりました。

2023年度第1四半期の主要マイルストーン
– ライフサイエンス/ヘルスケア、テクノロジー、製造、金融サービスなどのお客さまより、16件の大型案件を獲得
– IT&ビジネスサービス(前年同期比18.1%増 為替の影響を除く)、エンジニアリングR&Dサービス(同23%増)で売り上げが伸長
– アフターマーケット、インダストリー4.0、IoT企業のクエスト・インフォマティクス(Quest Informatics Private Limited)を全額現金取引で買収することを発表
– カナダ・バンクーバーにグローバル・デリバリーセンターを開設。HCLテクノロジーズのグローバル顧客向けに、革新的なデジタルテクノロジーや次世代製品およびソリューションをするカスタマーエクスペリエンス・センターを設置
– 日本のソフトウェアリセラーと、HCLのプロ・ローコード開発プラットフォーム Volt MXに関する契約を締結。この契約により、日本の複数の大企業がモダンなアプリケーションの構築にHCL Volt MXを使用することになり、Volt MXのプレゼンスが大幅に向上

プレジデント兼CEOのC・ヴィジャヤクマールは次のように語っています。
「2023年度、売上が前期比 2.7%増、前年同期比(為替の影響を除く)で15.6%増と、好調なスタートを切ることができました。サービス事業は引き続き堅調な成長を遂げ、前期比比2.3%増、前年同期比(為替の影響を除く)で19.0%増となりました。すべての業種で、デジタルエンジニアリング、デジタルアプリケーション・サービス、クラウド導入が成長を牽引しました。
大型および中規模の案件がちょうど良い割合となった新規受注は、前年同期比23.4%増となり、パイプラインは引き続き過去最高に近い水準となっています。営業利益率は17.0%で、引き続き、収益性改善につながる適切な施策を講じてまいります。」

このニュースは2022年7月12日(現地時間)にHCLテクノロジーズが発表した資料の抄訳です。
原文は下記URL(PDF)からダウンロードのうえご参照ください。
https://www.hcltech.com/sites/default/files/documents/investor-reports/HCL_Tech_Q1_FY23_Investor_Release.pdf

ページトップへ戻る

<<News一覧へ