ニュース

Everest GroupのACES 自動車エンジニアリングサービス分野ベンダー評価レポートでHCLがリーダーポジションを獲得

【2022年07月31日 - ノイダ(インド)】

HCLテクノロジーズは、Everest GroupのACES Automotive Engineering Services PEAK Matrix® Assessment 2021において「リーダー」の評価を獲得しました。このレポートでは、ACES自動車エンジニアリングサービスに関連する大手サービスプロバイダー23社を「ビジョン&ケイパビリティ(サービスを成功裏に提供できる能力)」と「マーケットインパクト(市場に与える影響)」という2つの軸から評価しています。HCLテクノロジーズは、両方の軸において技術力の高さを高く評価され「リーダー」グループに位置づけられました。

本レポートでは、特にHCLの以下のような強みを紹介しています。
・ケイパビリティの強化を目的とした買収、IPの開発、コ・イノベーション・パートナーシップ、インフラ整備への継続的な投資をおこなっている
・顧客のためのイノベーションとコスト削減に向けた取り組みを推進、変化するビジネス環境への高い適応能力を持つ
・顧客からは、緊急の要事にも、質や技術力を落とすことなく要員増に対応できる
スケーラビリティを高く評価されている
・価格に対して非常に柔軟に対応、入札やコンペ形式の契約形態にも積極的な姿勢を示している

「HCL は、エベレスト・グループの ACES Automotive Engineering PEAK Matrix® 評価において、基盤となる領域における高い技術力が評価され、リーダーとして頭角を表しました。同社は、ADAS、テレマティクス、バッテリーマネジメント、シェアードモビリティサービスなどの分野で確かな専門知識を有しており、設計・開発サービスに大きく注力しています。またHCLは、チップセットメーカー、通信事業者、AUTOSARコンソーシアム、Amazon、Google、Microsoftといったハイテク企業との幅広いパートナーシップに投資し、ソフトウェア定義自動車、自動車のサイバーセキュリティ、コネクテッドプラットフォーム、スマートモビリティシステムなどの新しい分野において、多様なソリューションセットを提供できるようになりました。」とエベレスト・グループのバイスプレジデント、Akshat Vaidは述べています。「HCLのプログラムマネジメント能力、契約のあらゆる側面における柔軟性、および質に妥協することなくスケールできる能力は、顧客から高い評価を受けています。」

「ACES Automotive Engineering Services PEAK Matrix® Assessment 2021」(英語)はこちらからダウンロードいただけます。

ページトップへ戻る

<<News一覧へ