ニュース

Embedded Technology 2012(組み込み総合技術展)に出展致しました

【2012年11月17日 - 東京】

エイチシーエル・ジャパンは今年も組み込み総合技術展(ET2012)に出展致しました!

エイチシーエル・ジャパンは2012年11月14日(水)~16(金)パシフィコ横浜にて開催した「組み込み総合技術展/Embedded Technology 2012(ET2012)」に今年も出展致しました。お陰様で、HCLブースにたくさんのお客様にお立ち寄り頂くことができました。心より、感謝申し上げます。今回のブースで十分ご説明できなかった点などがありましたら、是非、こちらまでお問い合わせ頂ければ幸いです。

また、今回HCLは、15日(木)の併設セミナーJASAグローバルフォーラムにおける「インド組込み開発受託の強みを分析する」、16日(金) のカンファレンス講演設計・検証ツール トラック)における「テスト・オートメーション―超競争時代を勝ち抜くための必須条件」の二つの講演をおこないました。講演にいらしてくださった皆様に深く御礼申し上げます。当日ご質問できなかった皆様、また講演についてのお問い合わせなどは、是非お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

JASAグローバルフォーラム「インド組込み開発受託の強みを分析する」
(永島晃/エイチシーエル・ジャパン 上席顧問)

設計・検証ツール トラック「テスト・オートメーション―超競争時代を勝ち抜くための必須条件」
(スサンタ・パニグライ/エイチシーエル・ジャパン シニアビジネスデベロップメントマネージャー)

また、ET恒例のETフェスタでは、今年もHCLはインドのスナックとワインをブースにご用意し、たくさんの方々と交流させて頂きました。HCLはETの期間中、ETフェスタやHCLによる講演についてなど、毎日情報をサイトにアップ致しました。是非ご覧頂ければ幸いです。  

*ET2012―HCLブースおよび講演の概要*

今回のHCLのブースはB-06です
(Bの入口からHCLロゴが見えます)

エイチシーエル・ジャパン展示ブースおよび講演の概要

展示会名: 「組み込み総合技術展/Embedded Technology 2012(ET2012)」

開催日: 2012年11月14日(水)~16(金) 会場:パシフィコ横浜

株式会社エイチシーエル・ジャパン ブース: B-06

主な展示内容

組み込みソフトウェア、PC/サーバー・ソフトウェア、ボード設計、VLSI(ASIC/FPGA)、

メカニカル設計および分析、テスト・オートメーション など

  <HCLブースでは、以下のデモを展示致します>

– HTML5ベースベースの車載搭載インフォテインメント・システム

-Androidバージョン・アップグレード・ツール-“Factroid”

-デバイステスト・オートメーション・ツール-“DTAF”

-スマートフォン対応のバイブレーション解析ツール

-クラウド・ベースのスマート・デバイス管理ソリューション

 

HCLは以下のセッションで講演致します:

併設セミナー: JASAグローバルフォーラム(無料・事前登録制)

  講演タイトル: 「インド組込み開発受託の強みを分析する」

  講演者:永島晃(エイチシーエル・ジャパン 上席顧問)

  日時:15日(木)16:20~17:00  場所:会議センター3F (304)

カンファレンス講演: 設計・検証ツール トラック(無料・事前登録制)

  講演タイトル: 「テスト・オートメーション―超競争時代を勝ち抜くための必須条件」

  講演者: スサンタ・パニグライ(エイチシーエル・ジャパン シニアビジネスデベロップメントマネージャー)

  日時:16日(金)16:00~16:45 場所:アネックスホール(F204)

  講演内容: 今日のデバイス市場で成功を収めるためには、リリース・スピードを短縮し、より低コストで、より広いコードカバレージと高い効率性を実現することが必要です。このように相反する複雑な目的を達成する上で戦略的な鍵となるのが、「テスト・オートメーション」です。本セッションでは、企業がより成熟した品質保証プログラムを達成し、超競争時代を勝ち抜くための必須条件としてのテスト・オートメーションについて解説します。

 

HCLのご紹介:

HCLはインド最大のエンジニアリング・サービス・プロバイダーです。また、世界でもトップ4の規模を誇り、300社を超えるグローバル企業に向けて、19,000名のエンジニアが設計/開発/テスティングのサービスを以下の領域において、ご提供しています:組み込みソフトウェア、PC/サーバー・ソフトウェア、ボード設計、VLSI(ASIC/FPGA)、メカニカル設計および分析。

HCLの日本法人であるエイチシーエル・ジャパンは1996年より日本でビジネスを展開しており、今日では、日本においても最大のインドIT企業に成長しました。エイチシーエル・ジャパンは日本のビジネスを深く理解し、現在、90%以上のクライアントが日本企業を占めているのも大きな特長です。インド・オフショア・モデルのアウトソーシングにおけるHCLの成功要因の一つとして、オンサイトのバイリンガル・ブリッジ・エンジニアとインド・オフショアにおけるバイリンガルのエンジニアおよびマネージャーの強力なコンビネーションが挙げられます。

エイチシーエル・ジャパンでは主に、コンシューマー・エレクトロニクス、医療機器、オフィス・オートメーション(複合プリンター/プロジェクター)、自動車、産業機器、ISV、ネットワーキング機器/通信機器、半導体などの分野において、エンジニアリング・サービスをご提供しています。また、HCLのグローバルなケイパビリティや経験・実績を駆使したバリュー・エンジニアリング・サービスおよびリエンジニアリング・サービスを通し、日本企業の自社製品の海外市場への進出をお手伝いしております。

昨年のET 2012 への出展レポートはこちらをご覧ください。

ページトップへ戻る

<<News一覧へ