ニュース

ホワイトペーパー「自動車向け360度サラウンドビューシステムに関する調査」

【2014年11月12日 - 東京】

ホワイトペーパー「自動車向け360度サラウンドビューシステムに関する調査」を掲載いたしました。

IoT (Internet of Things : モノのインターネット)により車の安全性は大きく向上する可能性があります。その1つの例として先進運転支援システムのひとつである360度サラウンドビュー・カメラシステムを挙げることができます。カメラを使用したサラウンドビューシステムによって、ドライバーは駐車の完全自動化・歩行者の検知・クロストラフィックといったドライバーをサポートする追加の情報を得ることができ、また車両の周囲360度全域の視野を獲得することが可能となります。このような機能によりドライバーは混雑した中でも低速で効率的に運転することができるようになります。


このような機能を搭載した自動車はすでに市場に出ており、2014年以降にはさらに進化したタイプの商品の登場が期待されています。ホワイトペーパー「自動車向け360度サラウンドビューシステムに関する調査」では、360度サラウンドビューシステムに関する市場の動向、関連技術、課題などについてさまざまな洞察、分析を行っています。

 

自動車向け360度サラウンドビューシステムに関する調査

  資料 Download ページよりダウンロードいただけます。

ページトップへ戻る

<<News一覧へ