ニュース

HCLテクノロジーズ エンジニアリングR&Dサービス プレジデント GH Raoインタビュー 日経コンピュータ ITProに掲載

【2015年01月09日 - 東京】


「エンジニアリングサービスは伝統的にインド企業が強い」

HCLジャパンの親会社であるHCLテクノロジーズのエンジニアリングR&Dサービス プレジデント GH Raoのインタビュー記事が日経コンピュータ ITProに掲載されました。日経コンピュータの岡部記者の質問にお答えする形で、エンジニアリングR&Dサービスが手掛けるソフトウェア開発サービスの傾向と日本市場でのビジネス拡大計画について述べています。

エンジニアリングR&Dサービスでは、製造業向けの組み込みソフト開発、ソフトウェア企業向けのパッケージソフト開発・改良、ネット企業向けのサービスプラットフォーム構築など異なるタイプのソフトウェア開発を手がけていますが、GH Raoは「これらの間の垣根はなくなってきている」と述べています。IoTが拡大する中、組込みソフトウェアにもモバイル、ソーシャル、クラウドといった技術を取り入れることが求められており、またHCLテクノロジーズが採用するソフトウエア開発手法「アジャイル開発」も組込みソフト、パッケージソフト、サービスプラットフォーム構築の全てに適用することができます。

日本市場は非常にポテンシャルが高く、日本企業の製品のグローバル展開支援や、古いラインの製品開発をエンドツーエンドで丸ごと引き受ける、といったビジネスを積極的に展開していきたいと語っています。

記事は以下のURLでご覧いただけます。
(ITProのサイトが立ち上がります。)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/14/262522/010600105/

GH Raoが基調講演を行ったセミナー・イベント HCL CTO Straight Talk『グローバル市場で勝ち抜くための製品開発革新~世界のトップ企業が実践する「アジャイル開発」の導入ノウハウと成功事例~』の様子はこちらからご覧いただけます。

ページトップへ戻る

<<News一覧へ