ニュース

ホワイトペーパー「埋め込み型医療機器(IMD)向けセキュリティ」

【2016年04月12日 - 東京】

ホワイトペーパー「埋め込み型医療機器(IMD)向けセキュリティ」を掲載いたしました。

埋め込み型医療機器(IMD: Implantable Medical Device)は患者のバイタルサインを常時モニタリングし、生死に関わる状況でリアルタイムな情報伝達や、迅速な治療を可能にします。その中でも能動埋め込み型医療機器(Active IMD)は外界とワイヤレスで接続し、患者の状態の遠隔モニタリングを可能とします。こうした機器は患者のクオリティ・オブ・ライフを高めると同時に、医師が、患者の状態をリアルタイムに把握し治療方法を変更したり、対応に要する時間を短縮したりできるようにします。一方でActive IMDには非常に大きなリスク ― セキュリティもつきまといます。
ホワイトペーパー「埋め込み型医療機器(IMD)向け セキュリティ」では、IMDをターゲットとする潜在的なセキュリティ攻撃の種類や、IMDのセキュリティを確保する課題点や制約、そしてこれらを踏まえてセキュリティ面への脅威に対処するためのソリューションについて、詳しく述べています。

 ダウンロードはこちら

IMD Security Whitepaper

その他の資料のダウンロードはこちらから

ページトップへ戻る

<<News一覧へ