ニュース

HCL 企業のEUデータ保護規制準拠を実現するGDPRサービスを開始

【2017年06月14日 - 東京/ノイダ(インド)】

HCL、企業のEUデータ保護規制準拠を実現するGDPRサービスを開始

大手グローバルITサービスプロバイダーのHCL テクノロジーズは、企業のEU一般データ保護規則(GDPR)への準拠を支援するGDPRサービスの開始を発表しました。 2018年5月に施行されるGDPRは、個人のデータ権利を拡大し、組織に個人データを保護し、適切な技術的および組織的措置を講じるための明確な方針と手順の策定を求めています。

「デジタル時代において、プライバシーやセキュリティ、パーソナライゼーションは企業にとっても、個人にとっても非常に大きな問題となります。」と HCLテクノロジーズのサイバーセキュリティ&GRC 部門のヘッドでコーポレートヴァイスプレジデントを務めるマニンダー・シン(Maninder Singh)は述べています。「GDPRの準拠は、単なる規制要件への対応というだけではなく、企業の競争優位の源泉となる可能性があります。業界でも最高レベルのソリューション、ITの専門知識、ヨーロッパにおいて多数のグローバル企業の事業を支えてきた経験を持つHCLは、お客様にとってこの分野での最適なパートナーと言えます。」

 HCLのサービスは、次の3つの主要分野でのお客様支援に重点を置いています。

・GDPRの要件に照らしたプライバシー影響評価(PIA)の実施を支援し、お客様がGDPR準拠の計画と取り組み案を策定するための情報を提供

・お客様の法務およびプライバシーコンプライアンスグループと連携し、プライバシー影響評価(PIA)後のギャップを特定、GDPRが求めるテクノロジーコントロールとコンプライアンス要件に対応するためのプロセスと技術的な対策について優先順位付けと導入を支援

・テクノロジーソリューションとシステムを通じてコンプライアンス状況を監視、運用

 社会においてデータの活用、重要性が増す中で、EU一般データ保護規制(GDPR)は、プライバシーやデータ侵害からすべてのEU市民を守ることを目指しています。GDPR対応ソリューションには、システムの運用とプライバシーデータの監視、データ侵害が発生した場合の迅速な検出と対応を可能にするコンプライアンスの監視と対応が必要となります。

 HCLのサイバーセキュリティ&GRCサービスは、コンサルティング、設計、構築、管理を包括的にご提供し、お客様の360度全方位への柔軟な対応力を実現いたします。サービスの対象はインフラストラクチャー、アプリケーション、IDアクセス&管理とガバナンス、リスク&コンプライアンスの全領域に渡ります。

 

HCL テクノロジーズについて
HCLテクノロジーズ(HCL)は、デジタルテクノロジーによってグローバル企業の事業ビジョン再構築とトランスフォーメーションを支援する、世界トップのITサービス企業です。世界32カ国に事業を展開しており、2017年度(2017年3月期)の連結売上は70億米ドルとなっています。
HCLは、世界に展開するコイノベーションラボとグローバルデリバリー能力を活用して、金融、製造、通信、メディア、出版、エンターテイメント、小売、消費財、ライフサイエンス、ヘルスケア、石油&ガス、エネルギー&ユーティリティ、旅行、運輸&物流、政府といった主要な産業分野のお客様に多様なサービスをワンストップで提供しています。様々な国籍からなる115,973名のプロフェッショナルが、Relationship Beyond the Contract の信念のもと、お客様のために真の価値を創造することに注力しています。
詳細はwww.hcltech.comをご覧ください。

 

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。
オリジナル言語版は
https://www.hcltech.com/press-releases/cyber-security/hcl-launches-gdpr-services-enable-organizations-comply-eu-data でご覧いただけます。

ページトップへ戻る

<<News一覧へ