航空宇宙産業

航空業界 オフショア,エンジニアリング・サービス航空宇宙産業 Aerospace & Defense エンジニアリング・サービス

HCLでは、世界31カ国で展開するグローバル・ネットワークと
日本のビジネスおよびマーケットに関する豊富な経験と深い知識を活かし、
航空宇宙産業のお客様に多彩なサービスを通して、期待以上の価値をご提供しています。


概要

HCL の航空宇宙産業部門は他社に先駆けて 10 年前よりインドからのオフショア・エンジニアリング・サービスをご提供しており、これまでに750 件以上のプロジェクトにたずさわり、主な民間航空関連の全てのプログラムにおいてパートナーシップを構築してきました。現在ではインド最大の航空宇宙産業部門として、航空宇宙産業エコシステム全般において、新航空機プログラムの優先的エンジニアリング・パートナーとなっております。

今日、航空宇宙関連企業は、困難な課題とビジネスチャンスの両方に直面しています。燃料価格の上昇やセキュリティ問題、進化するグローバリゼーションに対応するため、航空宇宙関連企業は、各企業のエンジニアリング&業務プロセスを再評価/改善する新たな方法を模索しつつ、収益の維持に努めています。このような課題に対応するため、HCLではCoE(センターオブエクセレンス)であるグローバル・エンジニアリング・ハブを通し、経験豊かな航空宇宙産業専門エンジニアが有する専門知識を航空宇宙関連企業にご活用頂いております。グローバル・エンジニアリング・ハブは、最も厳格な品質/セキュリティ基準および認証に準拠しています。

Hilights

  • 航空宇宙業界のさまざまな領域において、 750 件以上のプロジェクトで成功を収めた実績と専門知識
  • 航空宇宙業界に特有の品質保証・手法 – ISO 27001、AS 9100、CMM Level 5、DO 178B および DO 254 に準拠
  • あるインド系アウトソーシングサービス・プロバイダーに対して、単独の航空構造プログラムとしては最大のプログラムを実施
  • リスク・リワード共有ベースのビジネスモデルにより、新航空機プログラムの製品開発に伴うリスクを低減
  • 航空構造、飛行管理装置(FMS: Flight Management Systems)、操縦系統(FCS: Flight Control Systems)、動力系、油圧系統、着陸装置系統、環境系統、機内娯楽(IFE: In-Flight Entertainment)システム、通信・航法・監視(CNS: Communication, Navigation and Surveillance)系統などの領域における豊富な経験と実績

航空宇宙企業界向けソリューション

HCL は変革的アウトソーシングアプローチおよびエンジニアリング専門知識を通じ、航空宇宙産業が抱える問題―複雑性の増大、収益性の低下、人員縮小など―にご対応、具体的な成果をあげてきました。HCL の航空宇宙業界向けソリューションがカバーする主な専門領域は以下のとおりです。

  • 航空電子工学(アビオニクス) – HCLのアビオニクス開発部門は、航空電子工学に特化したプログラミング言語、手法、ツール、OS、コンパイラ、標準規格において計 7,000 人年以上の経験を有し、インド最大規模を誇っています。
  • エンジニアリング設計 – HCL のエンジニアリング設計サービスは、製品開発ライフサイクルを通じてソリューションを提供し、単一ベンダーが提供可能な最大のインパクトを R&D 業務に対してご提供します。
  • 防衛・宇宙・セキュリティ – HCL の防衛部門は、グローバル企業の軍用航空機プログラムにたずさわった幅広い経験と実績を備えております。
  • IT アプリケーション – HCL は、ユニークかつ革新的なリスク共有ビジネスモデルを通じて、航空宇宙企業に対して大幅なコスト削減を実現することを目指しています。
  • 製造サービス – HCL は、少量生産、プロトタイプ製造、シートメタル、環境試験、最終製品試験に関するサービスを通し、航空宇宙産業界の企業が抱える特定ニーズにご対応します。

HCL Technologies(グローバルサイト)で詳細を見る⇒



HCLは、航空宇宙産業のお客様に多彩なサービスをご提供しております