ニュース

HCLテクノロジーズ、2018年度第3四半期の連結決算を発表 – 前年同期比で売上8%増

【2018年02月14日 - ノイダ(インド)】

HCLテクノロジーズ(本社:インド ニューデリー、プレジデント兼CEO:C・ヴィジャヤクマール、NSE:HCLTECH / BSE:532281)は、2018年度第3四半期の連結決算を発表しました。

2018年度第3四半期の業績
売上は前年同期比8.4%増の1,280億8,000万ルピー(19億8,800万米ドル、前年同期比13.9%増)となりました。純利益は前年同期比6.0%増の219億4,000万ルピー(3億400万米ドル、前年同期比11.2%増)となりました。

2018年度第3四半期の主要マイルストーン
– Mode 2およびMode 3からの売り上げが全体の25%に
Geometric PLMおよびIP(知的財産)ベースのパートナーシップが貢献し、エンジニアリングR&Dサービスの売り上げが対前四半期で13.6%伸長(為替変動の影響を除く)
– 60期連続で四半期配当を実施

主要プロジェクト例
– HCLテクノロジーズが戦略的ITサービス・プロバイダーを務める2017~18年のボルボ・オーシャンレースが、スペインのアリカンテでスタート。HCLは、エンドツーエンドのインフラ・サポートを提供し、アリカンテのレースビレッジとコマンドセンター間や、それらとレースルート上にある世界各地の12の受け入れ都市を接続します。
– 様々なインダストリアル製品を提供する日本発のグローバルテクノロジー企業のお客様向けに、家庭用・パッケージ型・業務用空調システムに共通の、スケーラブルなモジュラーアーキテクチャを開発・実装。お客様のビジネスイノベーションを推進します。

プレジデント兼CEOのC・ヴィジャヤクマールは次のように語っています。「2018年度第三四半期は、売上が前年同期比11.2%増(USドルベース、為替変動の影響を除く)と好調な結果となりました。Mode1-2-3戦略と大口のお客様向けのクライアントパートナー制度が、業界でもトップクラスの成長を後押ししています。今四半期は、Mode2、Mode3からの売り上げが全体の25%を占めるまでになりました。また、様々な業種の20社のお客様から、ビジネス変革の大型プロジェクトをお任せいただくことができました。」

このニュースは2018年1月19日(現地時間)にHCLテクノロジーズが発表した資料の抄訳です。
原文は下記URL(PDF)からダウンロードのうえご参照ください。
https://www.hcltech.com/sites/default/files/hcl_tech_q3_2018_investor_release.pdf

ページトップへ戻る

<<News一覧へ