Cover Image

HCL Unica Optimize: マーケティングキャンペーンを最適化して ROI を向上

2022/3/31 - 読み終える時間: 6 分

Unica Optimize - optimising marketing campaigns for greater ROI の翻訳版です。


HCL Unica Optimize: マーケティングキャンペーンを最適化して ROI を向上

2022年3月31日

著者: Darren Webb / Principal Consultant

マーケティング担当者は、顧客とビジネスの両方の要件を満たすためにマーケティング・キャンペーンを最適化する方法を常に求めており、市場にはこれを実現する優れたツールが数多く存在しています。その一つが Unica Optimize で、マーケティングオートメーションの様々な側面において、スコアリングモデルによりコンタクトを最適化できます。

例えば、Unica Campaign に慣れている現在のUnicaユーザーであれば、Optimize がどのようにマーケティング活動を増幅させるかを理解することは、ROIを改善するための不可欠な次のステップになるかもしれません。V12から、OptimizeとCampaignの統合が拡張され、フローチャートの中から最適化セッションを実行することも可能になりました。 また、キャンペーン最適化を含むプラットフォームへの移行を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?この記事では、Unicaプラットフォームが最適なコンタクト戦略を決定するためにどのように支援できるかを説明します。


Unica Optimizeはどのように機能するのか?

画像の説明

Unica Optimizeは、キャンペーンの最適化において以下の点を考慮します。

  • 顧客 - 顧客と話すことができる限られた時間を最大限に活用する。
  • オファー - 限られた時間の中で、最適な受信者を見つける。
  • 時間 - 指定された時間帯での競合を減らし、繰り返しを最小限に抑えられます。
  • 予算 - 予算配分をより良く管理する
  • チャネルキャパシティ - 顧客ごとに最適なチャネルを決定
  • 目標 - 収入、利益、または応答率の改善のためにデータをスコアリングします。

Optimizeは、キャンペーン全体、必要な期間にわたって制約やルールを適用し、顧客とビジネスの両方にとって最適なキャンペーンを選択できます。

Unica Optimizeを使用すると、以下のことが可能になります。

  • 顧客にとって最も関連性の高いオファーを特定する
  • 接触疲労の軽減
  • コストを下げ、収益を上げる
  • Unica Campaignで確立された能力を基に構築される

では、その仕組みはどうなっているのでしょうか。Unica Optimizeのフードの下に何があるのかを理解するために、この簡単なプロセスフローを分解してみましょう。

画像の説明


提案された連絡先テーブル

高レベルでは、1つのキャンペーン内または複数のキャンペーンにまたがるプロセスは、PCTまたはProposed Contacts Tableと呼ばれるセントラルロケーションにデータを書き込むことです。

次に、Optimizeは、これらのコンタクトとオファーのすべてに設定したルールを適用して、最適化されたコンタクトのセットを作成します。これは、OCT(Optimized Contact Table)と呼ばれます。

これらのテーブルは、下流工程でアクセスすることができ、選択したチャネルで、選択したオファーを顧客に連絡するために使用されます。


オプティマイズセッション

このソリューションの中心となるのが、Optimizeセッションです。Optimizeセッションは、オーディエンスメンバー(顧客、アカウントなど)を追加または削除するためのルールを処理します。この時点で、最適化に必要なデータ値を標準化するためのテンプレートを含められます。フローチャートは、1つまたは複数のキャンペーンからセッションに書き込まれます。


ルールと制約

Optimize セッションの主な要件の 1 つは、ルールと制約を設定することです。これらは、キャパシティプランニングのためにコミュニケーションに制限を設けるなど、組織全体で考えることもできますし、疲労度ルールの検討など、個々の顧客レベルで考えることもできます。

ルールは、すべてのお客様の結果を個別に、または組織全体で評価するために使用できます。ルールとは、データから可能性のある選択肢を排除し、単一の解決策を提供するために定義された条件です。ルールの例としては、以下のようなものがあります。

  • Min/Max # Offers for each customer - 特定のオファー、セグメント、チャネルに、定義された期間にわたって適用できます。
  • Never A followed by B - このルールタイプは、あるオファーを受けた顧客が、ある期間、別のオファーを受けることを防ぎます。
  • Never A with B - 顧客が要求された期間内に2つのオファーを受けることを防ぎます。例:更新オファーとアップグレードオファー。
  • Max #Duplicate offers - 指定期間内に顧客が重複したオファーを見ることができる回数。
  • Customers In - 指定された戦略的セグメントに顧客を含める、または除外できます。

制約とは、通常、超えてはならない最小/最大のしきい値であり、以下のようなシナリオに役立ちます。

  • 営業チームが1週間にかけられる電話の最大数
  • 在庫管理
  • 小冊子を作成するために最低限必要なオファー数を要求する顧客。


スコア・マトリックス

対象コンタクトが提示された後、そのコンタクトにはまだ多くのオファーが提示されていたり、オファーのインスタンスが出力されすぎている可能性があります。

最適化アルゴリズムでは、コンタクトとオファーのスコアを使用して、セッションで可能な限り最良の結果を得ようとします。これは、独自の分析調査や予測分析によって生成され、収益や回答率などの組織的な目標に合わせてセッションを最適化できます。

これらは、Proposed Contacts Tableのスコアフィールドとしてデータ自体に書き込まれるか、スコアマトリックスを介してセッションに手動で入力されます。


時間帯

セッションの最適化期間は、提案された最も早いコンタクトと最も遅いコンタクトの間の経過時間です。これは、PCTの接触提案の日付の範囲によって与えられます。値の例としては、1週間や1ヶ月などがあります。

もし、Optimizeが期間中に顧客が受け取るコンタクトの数に関するルールを適用したい場合、最適化セッションを実行するために、顧客がその期間に受け取るであろうすべての潜在的コンタクトについて知っておく必要があります。

これは通常、キャンペーンのスケジューリングに関する考察を意味し、特に、キャンペーンを必要に応じて個別に実行するのに慣れている場合は、このようになります。


テンプレート・テーブル

連絡先提案テーブルの作成プロセスを容易にするために、フィールド要件テンプレートを作成し、複数のキャンペーンフローチャートに適用できます。これは、特定の最適化セッションに必要なフィールドを定義することで、PCTへの出力プロセスを標準化するために使用します。その後、利用可能なフローチャートデータを必須データフィールドにマッピングするために使用できます。


オファー

最適化プロセスの中心となるのは、選択したオーディエンスと、オファーそのものです。

オファーは、顧客に配信するためにUnica Campaignに記録できるマーケティングメッセージです。これらはキャンペーンフローチャートのIDまたはターゲットセルのリストに割り当てられ、顧客との接触や応答イベントをより簡単に追跡することが可能になります。

オファーリストとは、オファーの集合体です。オファーリストの例としては、クーポン冊子などがあります。オファーリストには、2つのタイプがあります。

  • 静的リストは、あらかじめ定義されたオファーの集合体です。
  • スマートリストには、データ属性を使用して、選択時に含まれるオファーを動的に計算する簡単なルールが含まれています。

オファーリストを使用すると、1つのルールを複数のオファーに一度に適用できます。


戦略的セグメント

戦略的セグメントとは、特定のオーディエンスに属するIDの静的リストです。例としては、VIP顧客や周回遅れのアカウントなどがあります。

これらは通常、Unica Campaign CreateSegプロセスを使用して、セッションフローチャートで生成されます。

Optimizeで適用できるルールの多くは、特別に選択したセグメントに対して行えます。


すべてをまとめる

この時点で、定義された最適化期間のためのルールと制約が作成されたことになります。適用する戦略的セグメントを検討し、返されたオファーとオファーリストまたはメッセージをランク付けするためのスコアを追加していることでしょう。キャンペーンは、テンプレートを使用して、フローチャートから提案されたコンタクトテーブルに必要なデータを書き込んでいます。

次のステップは、最適化セッションを実行することです。


最適化されたコンタクト

Optimize環境の複雑さ、コンタクト数、処理能力にもよりますが、後日、Optimized Contacts は Optimized Contact TableまたはOCTに書き戻され、Unica Campaignがフローチャートでピックアップできるように再び使用できるようになります。


コンタクト履歴への書き込み

MailListプロセスを使って、最適化された連絡先をUnicaの内部連絡先履歴に書き込むことにします。次に、必要な配信チャンネルにデータを転送するために、出力プロセスを実行する必要があります。例えば、Unica Deliver、アコースティックとのネイティブな統合、Unica Linkによる他のメールサービスプロバイダへの自動接続などが考えられます。

応答が返され始めたら、フローチャートの追跡と応答フローチャートのプロセスを使って、通常の方法で処理できます。


Unica プラットフォームスケジューラー

最後に、各最適化サイクル(多くのサイクルが必要)において、Unica Platform のスケジューラーを使用して、個々のキャンペーンフローチャートの出力を、最適化期間全体を通してセッションにスケジュールし、定期的に実行することもできます。最適化期間終了後は、スケジューラーを使用して、最適化セッション自体を定期的に実行できます。

Unica Optimizeに関するもう一つの興味深い記事は、連絡先とオファーを最適化する方法を理解するのに役立ちます。また、私たちにご連絡いただければ、喜んでお手伝いさせていただきます。

この記事は元々 https://www.purplesquareconsulting.com/unica-optimize-optimising-marketing-campaigns-for-greater-roi/ に掲載されたものです。


Cover Image

HCL Unica が G2 の 2022年春季レポート (G2’s Spring 2022 Report) においてリーダーに選出される

2022/3/27 - 読み終える時間: ~1 分

Unica Named Leader in G2’s Spring 2022 Report の翻訳版です。


HCL Unica が G2 の 2022年春季レポート (G2’s Spring 2022 Report) においてリーダーに選出される

2022年3月25日

著者: HCL Software / A division of HCL Technologies (HCL)

HCL Software Unica Suite は、エンタープライズクラスの統合クラウドネイティブマーケティングプラットフォームで、精度の高いマーケティングを大規模に実現します。独自のゴールベースマーケティングパラダイムにより、マーケティング戦略家は戦略を調整し、収益目標、ウォレットシェアの拡大、顧客ロイヤルティなど、マーケティング目標を効果的に達成できます。9つの主要モジュールが完全に統合され、最適化が組み込まれたこのプラットフォームは、マーケティング担当者にエンドツーエンドのマーケティング機能を提供し、さまざまなチャネルで高度にパーソナライズされた顧客体験を提供します。

Unica は、G2マーケティングオートメーショングリッドレポートにおいて、APAC リーダーシップの主要な 2つを受賞しています。今回、以下のセグメントで評価を得ました。

  • マーケティングオートメーションのアジア太平洋地域グリッドレポートにおけるリーダー
  • マーケティングオートメーションのアジア地域グリッドレポートにおけるリーダー

Unicaは、銀行、保険、通信の分野で、アジアで最も強力な存在感を示している企業の1つです。そして、ここ数年で顧客満足度が急上昇した最新のV12モダナイゼーションによって、リーダーとしての地位を強化しています。

画像の説明

最高のマーケティングオートメーションツール」-ホスピタリティ分野のコンサルタント

最高のマーケティングオートメーション製品" - 経営コンサルティングのコンサルタント

受賞に貢献したお客様からのレビューをもっと見る

Unicaはクラウドネイティブで完全に統合されたエンタープライズマーケティングオートメーションプラットフォームであり、大規模で正確なマーケティングを提供します。Unicaについてもっと理解するために、私たちに連絡してください。

G2について

G2は、世界有数のビジネスソリューションレビュープラットフォームで、100万人以上のユーザーレビューを活用し、より良い購買決定を促しています。ビジネスプロフェッショナル、バイヤー、投資家、アナリストは、ピアレビューと合成されたソーシャルデータに基づいて、最高のソフトウェアとサービスを比較し、選択するためにこのサイトを使用しています。毎月、300万人以上の人々がG2のサイトを訪れ、ユニークな洞察を得ています。


Cover Image

HCL Unica: 2022年のマーケティングとデータプライバシー

2022/3/18 - 読み終える時間: 2 分

Marketing and Data Privacy in 2022 の翻訳版です。


HCL Unica: 2022年のマーケティングとデータプライバシー

2022年3月17日

著者: Gordon Patchett / Product Manager for Unica Deliver 共著: Laura Ville Co-Author / Deliverability Manager for Unica Deliver

私は、自分を養ってくれる人の手を噛まないことを信条としており、マーケティングの世界は私の食卓を支えてくれているので、できるだけ客観的であろうとしています。マーケティング調査には進んで参加し、最近は配信停止にも強くなった。もちろん、Unica Deliverのプロダクトマネージャーとして、さまざまなマーケティング担当者のさまざまなメッセージを比較検討する機会があるため、この調査に関心があり、創造力を発揮しています。

しかし、時折、私の受信トレイに歯がゆくなるようなものが入ってきて、紙にペンを走らせるように促されることがあるのです。今回は、明らかに文才のない私と、Unicaチーム専属の配信の達人であるローラ・ヴィルヴィエイユの、より信頼性の高い考察を組み合わせてみました。

数日前、私はある有名な団体の市場調査への参加案内メールを受け取りました。私の息子はその名もなき組織のメンバーなので、いつもお世話になっている親として、「調査を完了する」ボタンをクリックしました。

アンケートにリンクしているメールには、アンケートは「短い」もので、20分もあれば完了すると書いてありました。皆さんはどうかわかりませんが、私は何日か、シャワーを浴びるための10分間を見つけるのに苦労しており、価値あるマーケティング活動に貢献することは考えられません。

あなたはそれを知っても驚かないでしょう。そして、なぜ一部のマーケティング担当者は、いまだに1997年のようにあらゆる情報を探し出す必要性を感じているのか、考えさせられたのです。

画像の説明

このブログでは、ローラと私が、このような姿勢がいまだに残っている理由を探り、データ・プライバシーに関する最近の変化と、それが顧客とのコミュニケーションにどのような影響を及ぼしているかを明らかにします。

1990年代、私はデータウェアハウス業界で働いていました。当時は、統一された単一の顧客プロファイルを作成するために、顧客についてできる限りあらゆることを収集することが主流でした。 当時は、将来への不安から、"後で必要になったらどうしよう?"という一般的な恐怖がありました。そのため、柔軟性に欠け、ETLのバッチ処理の遅れで常に24時間遅れとなる分析用データモデルの作成に膨大な資金が投入されました。

キャンペーンは、運用データソースを含む複数のソースからのデータを簡単に処理できるため、バッチ処理の遅れの問題の多くが解消され、より新鮮なデータセットで作業できるようになりました。2000年代半ばにアジャイル開発手法の人気が高まったこともあり、私はUnicaに入社することにしました。もし、彼らに勝てないのなら、彼らの仲間になりましょう。

しかし、より低コストで、より迅速に価値を提供するデータ統合のアプローチ方法がたくさんあることは、誰もが知っています。

さらに最近では、GDPRによって、データを収集するのは緊急に必要な場合のみにすることが定められました。あらゆるものを収集することは非効率であるだけでなく、世界最大の市場において違法となりました。

また、冒頭で述べた巨大なアンケートとは対照的に、マイクロアンケートは回答が非常に早く、フィードバックしないのはみじめに感じられるほどであることも特筆すべき点です。DPDのような配送業者は特にこの方法を得意としており、多くの場合、私は回答しています。

データ・プライバシーの問題は、今後も改善されることはないだろう。実際、この業界では、顧客の行動を追跡し、分析することがますます厳しくなっています。サードパーティーのクッキーは廃止され、Apple MPPはすでにメールマーケティングに大きな影響を及ぼしています。ここで、メールマーケティングの現状について、ローラさんにお話を伺います。

画像の説明

GDPRによって、私たちはマーケティングコミュニケーションに使用するために収集するデータを完全に見直すことを余儀なくされました。また、受信者の注意力が低下しているため、「何でも集めよう」モードで運用するのは非現実的です。マーケティング担当者は、パーソナライゼーションを推進するためのデータが必要であるという事実から逃れることはできません。では、パーソナライズされたターゲットキャンペーンに必要なデータを収集するためには、どうすればよいのでしょうか。

20分間の退屈なアンケートでユーザーの関心事を尋ねる代わりに、ユーザーの行動に注目することができます。あるユーザーがWebサイトの「金融」タブをクリックしたか?最近のニュースレターでNFTに関する記事を読みましたか?長い間購入を控えていたユーザーが購入に至ったか?メールやウェブサイトの開封・クリックデータを利用することは、ユーザーの関心事に関するデータを収集するための素晴らしい方法です。しかし、そうすることで新たな「落とし穴」があります。メールから収集した開封データやクリックデータは、不正確な場合があるのです。ユーザーの関心事について、本人に聞いてもあまりデータが集まらないだけでなく、ユーザーの行動を観察して集めると、さらに汚染されてしまうのです。では、具体的にどのようなことが起こっているのか、掘り下げて見ていきましょう。

画像の説明

アップルは最近、開封履歴の追跡をマスクすることでユーザーのプライバシーを保護する新機能をリリースしました。プライバシーを重視するユーザーは、いつメッセージを開いたかをマーケティング担当者に見られたくないという考えからです。今日のGDPRの世界では、ユーザーは自分のプライバシーを重視し、「スパイ・ピクセル」と呼ばれるものにはもうOKしないのです。マーケティング担当者は、目に見えない1ピクセルの画像を使用し、メール内の他の画像と一緒に取得すると、レポート内で開封イベントをトリガーします。

この機能は、ユーザーがメッセージを開いたときにだけ取得するのではなく、アップルがすべてのメッセージの開封トラッキングピクセルを事前に取得する仕組みになっています。そのため、AppleデバイスのAppleメールアプリからメールを開いたユーザーは、メッセージを開いていなくても開封イベントが表示されます。つまり、Appleで開封されたメールの開封率は、実際よりも高い率で報告されることになります。どのくらい膨らんでいるのでしょうか?私たちの送信者の間では、平均して、送信者の(推定)真の開封率は、レポート上の(膨張した)開封率の約90%であることがわかりました。

しかし、Appleがこれを発表する前から、YahooやGmailなどの他のメールボックスプロバイダは、より良いユーザー体験を提供するために、メール内のすべての画像を事前にフェッチしていました。画像を早期に読み込むことで、受信トレイにメールをより速く表示することができるのです。ですから、実はメールの開封率はしばらく不正確なままでした。

さらに、企業のメールフィルターには、メッセージ内のリンクを事前にフェッチして、セキュリティのためにスキャンするものがあります。フィッシング詐欺の件数が増えているため、これはスパムフィルターを取り入れた機能として顕著になりつつあります。送信者にとっては、まったく迷惑な話です。このようなことが起きると、クリック率は完全に膨れ上がってしまいます。私たちは、90%もの高いクリック率を見たことがあります。

つまり、メールから収集された開封率やクリック率のデータは、信頼性が低いということです。この開封データは、重要なセグメンテーション、自動化フロー、A/Bテストには当てにならないのです。ユーザーの物事への関心を判断する基準として、開封やクリックを使うことには注意が必要なのです。そしてマーケターは、Appleなどのオープンデータの信頼性の低さを回避するために、現在の自動化やセグメンテーションを再評価する必要があります。

画像の説明

オープンな指標を集計レベルで送信者と共有する仕組みを構築したいくつかのISPから、興味深い動きが出てきています。Yahooは最近、送信者が集計された開封率のデータフィードを有料で利用できるようにしました。何年もの間、他のISPも、Mail.ruやQQ Tencentのように、この種の集計レベルのデータで同様の評判ポータルを作ってきた。これらのポータルは通常、送信者の1日あたりの開封率や送信ドメインごとの開封率を共有しています。Yahooの場合、これらはキャンペーンレベルで利用可能です。

このデータは、オープンピクセルに依存しないので、素晴らしく正確です。Yahooは、ユーザーが実際にメールを開いたかどうかをすぐに確認することができます。このようなデータはごく一部の送信者からしか得られていませんが、今後、さらに多くの送信者がこれに追随することが期待されます。やがて、メールキャンペーンのエンゲージメントデータは、このような方法で見られるようになるかもしれません。

1990年代以降、マーケティングのエコシステムは大きく変わりました。GDPRはユーザーデータとプライバシーをめぐる本格的な意識改革を生み出し、Apple MPPのために、私たちはレスポンスデータが少ない世界で仕事をしなければならなくなりました。さらに、メールの量が大幅に増加したことで、ユーザーの注意力や期待に影響を及ぼしているという事実もあります。マーケターはこれからも進化し続けますが、そのためのヒントをいくつかご紹介します。

顧客からのフィードバックを求める場合、すぐに必要なものだけを集めるという原則が適用されるべきです。一貫して反応を促す方法もあれば、まったく逆の効果をもたらす方法もあります。一部の配送業者は、主要な関心事を抽出して、5秒もかからずに苦痛を伴わないエクササイズにするのが特に得意です。DPDの例のように、簡単な世論調査や短いメールでのアンケートを利用することを考えましょう。

より詳細な市場調査が必要な場合は、要点を押さえることが重要です。もし、市場調査を毎年行うのであれば、調査内容を絞り込んで、脂肪分をすべて取り除く必要があります。

セグメンテーションとパーソナライゼーションのベースとなるデータが必要なことは、私たちも承知しています。このデータを集めることが重要なのではなく、優れたデータ管理者になることが重要なのです。例えば、Webサイトの訪問者数、メールコンテンツのリンクのクリック数、ランディングページの訪問者数など、すでに取得されているデータを見てみましょう。このデータからユーザーの興味やニーズを検出し、それをユーザーについて知っていることと組み合わせて、インテリジェントなコミュニケーションを形成する作業が必要なのです。

ユーザーのプライバシー保護により、オープンデータの利用方法が変化しています。自動化フロー、ジャーニー、リエンゲージメントキャンペーン、セグメント、ユーザーの関心を示すために開封率を使用しているKPIを再考してください。ほとんどの場合、これらを修正する必要があります。リンククリック、配信停止、苦情、ランディングページ訪問、フォームフィールドの回答、ウェブサイト訪問、購入データ、オプトイン日など、ユーザーの興味や関心を示す指標は、送信者が利用できるものがまだ非常に多くあります。開封率をKPIとして使用する場合、方向性を示す指標として見てください。30%なら良い、15%なら悪い...というような閾値は、もはや役に立ちません。むしろ、過去の実績から率が上がっているか下がっているかを見てください。

Unica Deliver、最新の業界動向、Apple MPPについてもっと知りたい方は、お気軽にご連絡ください。


Cover Image

HCL Unica: 効果的な 10 の SMS マーケティング戦術

2022/3/11 - 読み終える時間: 2 分

10 SMS Marketing Tactics that works の翻訳版です。


効果的な 10 の SMS マーケティング戦術

2022年3月10日

著者: Idir Hillali / Director of Innovation at HCL Software

人々が、お気に入りのブランドからテキストメッセージを受け取りたいと思っていることは間違いありません。6,000人以上の消費者を対象にしたある調査では、85%がブランドからのテキストメッセージを受け取りたいと回答しています。SMSマーケティングはテキストマーケティングとも呼ばれ、マーケティング担当者の間で人気があります。その理由は、顧客や見込み客が一日中持ち歩いているモバイルデバイスで受信できるため、非常に受容性が高く、開封率が高く、プロモーションが成功しやすいからです。

SMSの開封率は約 98%です。プッシュ通知の開封率は3.10%(iOSの2.38%に対し、Androidの場合)であり、比較にならない。一方、Facebookの投稿は、わずか2%の確率でターゲットに配信されます。

しかし、メールアドレスだけでなく、電話番号も収集するにはどうすればよいのでしょうか?購読者に何を提供して、メール受信のサインアップをさせるのか?過剰に送信することなく、テキストメッセージとメールの両方を購読者に送信するにはどうすればよいでしょうか。あなたは、次のようなSMSマーケティング戦略を素早く活用し、実行できます。

1. 割引やセールのテキストキャンペーン

オファーやプロモーションの送信は、見込み客や顧客を引きつける最も魅力的でコスト効率の良い方法です。そのメッセージは、彼らが特別な何かの一部であることを感じさせることによって、より排他的にするようにしてください。

2. SMSマーケティングキャンペーンをパーソナライズする

人間のようにマーケティングしましょう。SMSマーケティングはユニークですが、ユーザーに大量のメッセージキャンペーンを実行する力も持っています。そこで、ユーザーにメッセージが自分のために特別に用意されたものだと感じてもらうにはどうしたらよいでしょう。もっと会話的にしましょう。メッセージを個人に合わせる、たとえそれ以外の方法でパーソナライズできない場合でも、相手の名前を使うことが最も簡単なアプローチ方法です。

画像の説明

3.適切なタイミングで送る

タイミングが重要です! どんなSMSでも、受信者がメッセージを受信したら即座に開くような送り方をするのが基本です。例えば、あなたの顧客がランチタイムに料理を注文しようとしているときに、40%割引のオファーを受け取ったら、彼らはすぐにあなたのSMSを開き、豊かな経験を残すでしょう。

4. メッセージを短く、簡潔にして、CTA を明確にする

チャットで通信する場合、あなたのメッセージは 200 文字に制限してください。簡単な文章と行動への呼びかけや質問などは、非常に効果的です。明確な Call To Action のないマーケティング キャンペーンは失敗します。特に、SMS マーケティングに来るとき、あなたのメッセージは、受信者が次のステップを取るように促す明確な CTA を含める必要があります。例えば、Check this out!、'A link to more detailed information.

画像の説明

5. 質問する、またはアンケートを送る

アンケートでフィードバックやデータを収集することは、顧客にとって魅力的な活動である。製品に関するリアルタイムのフィードバックを収集し、顧客に製品のロードマップの一部であることを実感してもらうことができます。この活動は、新機能を発表したり、新しい取り組みを行ったりするたびに繰り返すことができます。

6. まず同意を得る

テキストメッセージマーケティングキャンペーンの絶対的な第一段階は、同意を得ることです。企業は、特定のテキストのガイドラインに従い、ユーザーをSMSプログラムに招待するテキストを送信する必要があります。ユーザーは、テキストを受信することに反応し、オプトインする必要があります。

購読者から同意を得るには、いくつかの方法があります。最も簡単な方法の一つは、購読する場合は「START」、購読を中止する場合は「STOP」といったキーワードを使用することです。これなら、お客さまに一定のプライバシーと安心感を与えられます。

7. バックインストック通知

これは、顧客と再び関係を持つためのもう一つの方法です。彼らは、在庫切れのアラートを設定しているかもしれません。この機会を利用して、お目当ての商品が再入荷したらすぐにテキストメッセージを送信しましょう。これは、製品購入の可能性を高めるだけでなく、あなたに対する信頼感を醸成するものです。

8. SMSによるカスタマーサービス

SMSを販売に使うだけでなく、カスタマーサービスチームが顧客の問題に積極的に対処するために使えます。それは、ブランドに人間的な側面を提供する、より親密なチャネルとなります。例えば、配送の遅れや支払いに失敗した場合、顧客を安心させられます。SMSは、顧客との強い関係を構築するために活用できます。

9.リマインダーと確認で保証

メールで送信された場合、常にいくつかの有用なメッセージがありますが、見逃される可能性があります。例えば、医者の予約の確認や、イベントへの出席のリマインダーなどです。顧客は、サービスプロバイダーや企業と連絡を取り合うのに最も便利な方法として、SMSを報告しています。

10. 会話を続ける

接続性を高め、離脱を避けるために、できるだけ早く応答するようにします。SMSの平均応答時間は90秒です。ですから、あなたのビジネスからのターンアラウンドタイムをできるだけ短くすることを心がけてください。例えば、消費者の75%は、ソーシャルメディア経由の予約依頼に対して、医療機関がその日のうちに返答することを期待しています。

SMSは急成長しているマーケティング・コミュニケーション・アプリケーションですが、その導入は簡単です。ターゲット層を巻き込み、売上やロイヤリティを構築する方法はたくさんあります。最初のステップは、マーケティングに使用するSMSサービスにサインアップすることです。顧客にメッセージを送ってもいいかどうか聞いてみましょう。彼らが受け取りたいときに関連するメッセージを送り始めれば、受信箱の中にあなたがいることを喜んでくれるでしょう。SMSメッセージングを使えば使うほど、そして結果を検証し、将来何を修正すればよいかを知るほど、このマーケティングツールはより強力になります。

Unica DeliverはUnica Suiteの製品で、デジタルマーケティングの能力をこれまで以上に拡張することができます。この製品は、メール、SMS、モバイルプッシュ、Whatsapp通信のマルチチャネルメッセージングニーズに対応できるようになり、その使い方はすでに知っているほど直感的なユーザーインターフェースになっています。Unica Deliverがどのようにあなたのデジタルマーケティングのゲームを変えることができるのか、もっと知りたい方はご連絡ください


Cover Image

HCL Unica Campaign のデータベースチューニング

2022/3/2 - 読み終える時間: 4 分

Database tuning for Unica Campaign の翻訳版です。


HCL Unica Campaign のデータベースチューニング

2022年2月25日

著者: Ravendra Pal / Unica COE | Marketing

Unica Campaignは、マーケティングキャンペーン管理アプリケーションです。Unica Campaignのインストールは、Unica PlatformとUnica Campaignを含む複数のコンポーネントで構成されています。また、インストールは、Webアプリケーションサーバーやデータベースなどの他のツールにも依存します。これらのコンポーネントはすべて、パフォーマンスを向上させるために構成できるプロパティ、機能、および設定を持っています。Unica Campaign自体にも、最高のパフォーマンスを得るためにインストールを調整するために使用できる、多くの構成プロパティがあります。

最高のパフォーマンス」を定義することは困難です。環境と実装ごとに要件が異なります。Unica Campaignのパフォーマンスは、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク構成など、多くの要因によって影響を受ける可能性があります。最適化するためのいくつかの方法について読んでみましょう。


STEP1: Unica Campaignのデータベースチューニング。DB2

設定のチューニングの出発点として、DB2 AUTOCONFIGUREコマンドを使用するのがよいでしょう。このコマンドは、ワークロードの特性に関する質問に対する回答に基づいて、パラメータの値を生成します。AUTOCONFIGUREコマンドは、バッファプールサイズ、データベース構成、およびデータベースマネージャ構成パラメータの初期値を計算・表示し、これらの推奨値を適用するオプションがあります。

AUTOCONFIGURE USING MEM_PERCENT 60 WORKLOAD_TYPE MIXED NUM_STMTS 500 ADMIN_PRIORITY BOTH IS_POPULATED YES NUM_LOCAL_APPS 0 NUM_REMOTE_APPS 20 ISOLATION RR BP_RESIZEABLE YES APPLY NONE


データベースロードユーティリティーの使用

すべてのデータソースにデータベースロードユーティリティーを使用することで、パフォーマンスを大幅に向上できます。データベースロードユーティリティーは、データベースベンダーから入手可能です。データベース・ローダーで使用するためにUnica Campaignを設定する基本的な手順は、以下のように要約されます。各データソースについて、以下のステップを実行します。

  • 2つのロードコントロールファイルテンプレートを作成する:1つはレコード追加用、もう1つはレコード追加用
  • ロードユーティリティーを起動するためのスクリプトまたは実行ファイルを作成します。
  • Unica Campaignで、Campaign|partitions|partition1|dataSources|に移動し、Loaderという単語で始まるプロパティを設定します。これらのプロパティは、制御ファイルのテンプレートを識別し、スクリプトまたは実行可能ファイルの場所を示します。


複数のディスクにテーブル領域を分散させる

推奨事項

  • データベースを作成する前に、テーブルスペースのコンテナを分割するために複数のディスクがあることを確認してください。この方法は、I/Oを最小化し、全体的なパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

  • データベースコンテナとLOGファイルを別々の場所に保管する。

  • テーブルスペースを複数のディスクに分割し、LOGファイルのディスクとは別の場所に保管します。- ユーザー・テンポラリー・テーブル・スペースを作成し、複数のディスクに分割する。

  • LOGFILESIZパラメータは、プライマリおよびセカンダリの各ログファイルのサイズを定義します。LOGFILSIZのデフォルト値は1024ですが、これはUnica Campaignアプリケーションを展開し、テーブルにデータを投入する際に十分でない可能性があります。予想されるトランザクション数に基づいて、LOGFILSIZ、LOGPRIMARY、およびLOGSECONDを増加させることを検討してください。


例 1: ユーザーデータベース

パフォーマンス・テスト中に、ユーザー・データベース・マシンのI/Oに関連するディスク使用率が100%まで上昇することが観察された。このデータベースには、2つのディスクにまたがるコンテナを持つテーブル領域がある。チューニングを行い、コンテナを合計8台のディスクに分散させたところ、場合によってはまだスパイクが見られるが、複雑なフローチャートを5本同時に実行した場合の平均消費量は20%以下になった。

画像の説明


例2:システムデータベースサーバー

Unica Campaign Systemのデータベースサーバーでも、Disk I/Oの競合が発生する可能性があります。フローチャートによっては、UA_CONTACTHISTORYテーブルに大量のデータが書き込まれる可能性があります。例えば、複数の複雑なフローチャートを5つ同時に実行しており、それらが同時に大量のデータをUA_CONTACTHISTORYに書き込んでいるとします。この場合、データベースのテーブル領域を複数のディスクに分散させることで、パフォーマンスを向上できます。

画像の説明


STEP2: データベース内最適化の設定によるフローチャートのパフォーマンス向上

データベース内最適化を使用することで、フローチャートのパフォーマンスを向上できます。データベース内最適化がオンになっている場合、処理はデータベースサーバー上で行われ、出力は可能な限りデータベースサーバー上の一時テーブルに保存されます。データベース内最適化は、グローバルと個々のフローチャートの2つの方法で適用できます。ベストプラクティスは、グローバル構成設定をオフにして、フローチャート・レベルでオプションを設定することです。

  1. パーティションレベルでグローバルにオプションを調整するには: a. [設定] > [設定]を選択します。 b. Unica Campaign > partitions > partition[n] > server > optimizationを選択します。 c. useInDbOptimization を TRUE (オン) または FALSE (オフ) に設定します。

  2. 個々のフローチャートのオプションを上書きするには: a. 編集モードでフローチャートを開きます。 b. Adminメニューを開き、Advanced settingsを選択します。 c. Use In-DB optimization during flowchart run(フローチャート実行時にインデータベース最適化を使用する)を選択または解除します。

画像の説明

フローチャートを保存して実行する際、データベース内最適化を使用している場合は、可能な限りデータベース内処理が使用されます。


STEP3:Unica Campaign の設定プロパティを調整し、パフォーマンスを向上させる

Unica CampaignとUnica Platformの設定プロパティを調整することで、パフォーマンスを向上できます。

  • 構成設定にアクセスするには、[設定] > [構成]を選択します。
  • 以下の構成プロパティを調整します。

Unica Campaignのパフォーマンスに影響する構成プロパティ

設定プロパティを調整することで、Unica Campaignのパフォーマンスを向上できます。

DB2NotLoggedInitially

設定カテゴリー

キャンペーン|パーティション|パーティション[n]|データソース|データソース名


STEP4:Unica Campaign のパフォーマンスに関するトラブルシューティング

パフォーマンスは、データベースとWebサーバーの構成、ネットワークの接続性、Unica CampaignとUnica Platformの構成など、多くの要因に依存します。次のリストは、パフォーマンスを向上させるのに役立つ可能性のあるいくつかの提案を提供します。このリストを使用して、改善の可能性がある領域をすばやく特定し、調整を行い、可能性のある原因を除外できます。より詳細な情報が得られる場合は、各提案が適切なガイドを指し示し、詳細な情報を得られます。

Web アプリケーションサーバー

  • WebSphereを使用している場合、WebSphereプロファイルで指定されたJVMヒープサイズを確認してください。通常、初期設定512、最大1024(またはサーバー構成に依存)で十分です。
  • WebLogicを使用している場合は、setDomainEnvスクリプトに次の行を追加して、JVMメモリ・ヒープ・サイズ・パラメータを1024に設定します。Set MEM_ARGS=-Xms1024m - Xmx1024m -XX:MaxPermSize=256m

データベース

データベースが他のアプリケーションで高負荷になっていないかどうか、DBAに確認してください。

  • Unica Campaign Administrator's Guideに記載されているように、データベース負荷ユーティリティーを設定します。
  • 新しい視聴者レベルを作成した場合、DBAはその視聴者レベルの応答履歴を保存するためにUnica Campaignシステムデータベース内にテーブルを作成しました。パフォーマンスを向上させるために、新しいテーブルがインデックス化されていることを確認してください。

キャンペーンのパフォーマンスを最適化する方法は他にもたくさんあります。


Cover Image

HCL Unica: リマーケティングやリターゲティングのやり方は間違っていませんか?

2022/2/16 - 読み終える時間: 3 分

Are you doing Remarketing or Retargeting wrong? の翻訳版です。


リマーケティングやリターゲティングのやり方は間違っていませんか?

2022年2月15日

著者: Idir Hillali / Director of Innovation at HCL Software

ドアにサインを貼るだけで簡単にビジネスができ、お客さんがふらっと入ってきて商品を購入し、ビジネスが有機的に流れ込むのが止まらなくなったら完璧ですよね?それは、私たち全員が住みたいと思うラ・ラ・ランドです。thrivehive.comによると、最初にあなたのWebサイトを訪問した人の98%は、最初の訪問でコンバージョンしないでしょう。

では、マーケターとして、すでにあなたの製品とインタラクトしているユーザーを、どのようにして製品の買い手や顧客に変えることができるでしょうか?さて、あなたはあなたのCTRを高めるための最も効果的な方法のいくつかとしてリターゲティングリマーケティングで始めることができます。

今、あなたのいくつかは、単語リマーケティングまたはRetargetingを聞いたことがあるかもしれませんし、互いにそれらを混在させるかもしれませんが、それらは本当に同じものではありません。では、何が違うのでしょうか?どちらも、すでに自社ブランドに興味を示している見込み客に、再度アプローチするための効果的な方法です。しかし、リターゲティングが有料広告に焦点を当て、Webサイトや製品を訪問した新しいオーディエンスのコンバージョンを支援するのに対し、リマーケティングは、メールや自社が所有するチャネルを通じて彼らと再びエンゲージすることで、既存の顧客価値を高めることに重きを置いています。


リターゲティングとは?

リターゲティングのマーケティング戦略は、既に一度でもWebサイトを訪れたことのあるユーザーや、システムやデータベースに保存されているリードコンタクトを対象に、有料広告を利用するものです。

そのため、Webサイトをクリックしたり、Facebookやその他のソーシャルメディアチャネルで投稿に「いいね!」を押していたユーザーに対して、リターゲティングキャンペーンを行うことで、特定の製品やサービスに対してカスタマイズされた広告を表示できます。これらの広告は、最も一般的なディスプレイ広告やソーシャルメディア広告の形で提供され、あなたのビジネスについて顧客を思い出させ、あなたのブランドとの関係を維持し、潜在的にあなたのサイトに戻り、購入を完了するように促します。リターゲティングには、大きく分けて2つのタイプがあります。

クッキーベースのターゲティング - クッキーは、Webページが多くの理由のためにブラウザにロードする小さなデータパケットです。ユーザーが同じURLに戻るたびに、コンピューターはこの小さな情報パッケージをサーバーに送り返します。クッキーベースの広告は、ユーザーがページに戻ってきたことを検出します。これらは、頻繁に訪れるページ、最も閲覧したトピックなど、ユーザーのインターネット上での習慣を収集する仮想スパイです。

画像の説明

リストベースのターゲティング - それはあなたのデータベース内の既存の連絡先の詳細を使用することによって実装できます。リターゲティングキャンペーンに潜在顧客や過去の顧客のメールのリストをアップロードできます。プラットフォームは、彼らのネットワーク上でその同じメールアドレスを使用している人々を識別し、それらの人々に特別に広告を表示します。

Unica Journeyを使えば、それが簡単にできます。パーソナライズされたジャーニーを作成し、製品に興味を示した人をリターゲティングできます。データは、あらゆるフォーム、ソーシャルメディアチャンネル、メール開封など、さまざまなチャネルから得られます。LinkedIn、Facebook、そしてGoogle Ad Connectorがあり、Unica InteractやUnica Journeyと連携して、Journeyからオーディエンスをシンジケートすることで、適切なチャネルでオーディエンスにリーチできます。

画像の説明

ここでは、Unica JourneyへのGoogle Ad Connectorの活用方法を簡単にリプレイでご紹介します。


リマーケティングとは?

リマーケティングとは、現在または過去の顧客にリーチしたり、インセンティブを与えたり、以前の購入や行動に基づいて再エンゲージメントを行うことを指します。リマーケティングは一般的に、貴社のオファーや製品に再び興味を持たせることに重点を置いています。

顧客との長期的な関係構築に役立ちます。リマーケティングは通常、メールを使って顧客と再接続します。リマーケティングが役立つユースケースは、以下の通りです。

  • 小売/eコマースにおけるカートの放棄: リマーケティングは、メールまたはシンプルなAPNを送信することによって行えます。
  • メディア業界における定期購読の期限切れ: メディア業界向け:定期購読の期限切れや、過去の購入履歴から顧客が気に入るような商品をお知らせします。
  • 保険業界の未記入フォーム: ある種の割引やオファーを受けるためにフォームに入力する必要があるにもかかわらず、顧客がメールを開いたもののフォームに入力していない場合、そのような顧客にリマーケティングを行うことで、コンバージョンを容易にできます。
  • 旅行やホスピタリティのための期間限定オファー(Expiring Soon) - お客様のメールは、既存のメールリストとの最初の接点として機能します。優良顧客には、独占的な取引、早期、独占的な製品へのアクセスを提供し、追加の割引を提供できます。
  • 既存顧客のアップセル - 顧客リストには、さまざまなタイプの顧客が含まれています。ある人は一度貴社の製品に触れて去っていったかもしれませんし、ある人は一回限りの顧客、またある人は貴社の大切な顧客となる可能性があります。リマーケティングを使えば、彼らが次に購入するときに割引を提供したり、サインアップするときに割引を提供したりと、製品のさまざまなメリットを提供できます。

画像の説明

UnicaはInteract、Journey、Campaigns、Linkといった優れた製品群を持っており、単にメールを送るだけではありません。例えば、顧客の購入パターンに基づいて、適切なオファー戦略をマッピングできます。適切なオファー戦略を選んだら、収益性とリテンションを高めるために不可欠なNext Best Offerを特定することが重要になります。Unica Interactを使えば、適切なチャネルで、最も魅力的な価格で、適切かつ非常にパーソナライズされたオファーを顧客に送信できます。

画像の説明

アドテクチャネルとの高速かつ柔軟な統合に加え、Unicaはクラウドネイティブになりました。Google Cloudなど、お好きなクラウド上でマーケティングオートメーションを構築できます。Google Cloud Platformに含まれる広範なソリューションにアクセスできます。正しいマーケティング戦略を策定する上で重要なログインの裏側で、顧客の体験を洞察し、顧客の要望やニーズを満たすことができるのです。


Cover Image

HCL Unica: マーケティング・テクノロジーフェア 東京 2022に出展 - 2月18日12:45~ にはセミナーも実施

2022/2/11 - 読み終える時間: ~1 分

HCLは、2月17日(木)~ 18日(金)に東京ビッグサイトにて開催されるマーケティング・テクノロジーフェア 東京 2022 に出展いたします。

HCLのブース(小間番号N-09)では、マーケティング活動を総合的に支援するプラットフォーム HCL Unica をご紹介いたします。HCL Unicaで精密にパーソナライズされたマーケティングを大規模展開し、多数のキャンペーンを管理、目標を達成されたグローバル企業様の成功例などをご覧いただけます。

また、2月18日の12:45~には、セミナー会場Gにて「グローバルバンクのDXに学ぶ、オムニチャネル活用マーケティング – DXを先取りしているグローバル銀行に学ぶ、今後取り組みたいキャンペーンマネジメントのご紹介」と題したセミナーを行います。こちらのページ(マーケティング・テクノロジーフェアのページが立ち上がります)より【G-13】 2月18日(金) 12:45~13:30 にご登録ください。

マーケティング業界の最新トレンド&ソリューションが集結する⼀⼤イベントで、ぜひHCLのブース(N-09)にお立ち寄りいただき、マーケティング活動を総合的に支援するプラットフォーム HCL Unicaの実力をご体感ください。

画像の説明


Cover Image

HCL Unica Interact Offer プレゼンテーションでオファーフィールドを制限する方法

2022/2/11 - 読み終える時間: 4 分

How to Limit the Offer Fields in Interact Offer Presentation の翻訳版です。


HCL Unica Interact Offer プレゼンテーションでオファーフィールドを制限する方法

2022年2月4日

著者: Ishan Varshney / Senior Software Engineer II

リードの生成や既存リードの育成にオファーが果たす役割は、誰もが理解していることでしょう。しかし、適切なオファーを適切なオーディエンスに、適切なタイミングで、ターゲティングおよびセグメント化した場合にのみ、効果的です。Unica Interactを使えば、マーケターは顧客に提示するオファーのフィールドを除外したり、顧客が明示的に選択したオファーフィールドのみを表示させたりすることができます。以下は、これを実現するための手順です。

ステップ1. この例では、1人の顧客に提示されたすべてのオファーフィールドを表示します。APIテスト・クライアントに渡されるパラメータは、以下のとおりです。

画像の説明

返されるレスポンスは、以下のとおりです。

画像の説明

ここでは、すべてのオファー・フィールドが表示されていることがわかります。

ステップ 2. CostPerOfferを顧客に表示したくない場合はどうすればよいですか?

この場合、StartSession、SetAudience、またはPostEventの呼び出しに、UACIExcludeOfferFieldsを含める必要があります。この例では、StartSession 呼び出しで UACIExcludeOfferFields を使用することにします。API テストクライアントに渡されるパラメータは、以下のとおりです。

画像の説明

返される応答は、以下のとおりです。

画像の説明

レスポンスの中で CostPerOffer が除外されていることがわかります。次に、API 要求に明示的に渡したオファー・フィールドのみを表示する方法を説明します。

ステップ 1. 以下は、利用可能なすべてのオファー・フィールドを表示するために最初に送信したリクエストです。

画像の説明

以下は、そのレスポンスです。

画像の説明

ステップ 2. ここで、FINALSCOREフィールドのみをレスポンスで表示したいと思います。これを行うには、以下の API リクエストを渡します。

画像の説明

レスポンスは以下のようになります。レスポンスにはFINALSCOREフィールドのみが表示されていることに注意してください。

画像の説明

注:これらのパラメータは、SetAudienceとPostEventの呼び出しでも渡すことができます。

Unica Interactでオファー属性を設定する方法については、製品ドキュメントで詳しく説明されています。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修