ホワイトペーパー:「HCL Software のクラウドネイティブへの取り組み 重要な4つの原則」

2021/8/5 - 読み終える時間: ~1 分

2021年7月20日、HCL Software はクラウドネイティブ戦略として HCL SoFy と HCL Now をリリースしました。

https://www.hcljapan.co.jp/software/blog/20210720-announcing-hcl-now-and-sofy-the-cloud-native-solution-factory

これに関連して、ホワイトペーパー:「HCL Software のクラウドネイティブへの取り組み 重要な4つの原則」を公開しました。

HCL Software のクラウドネイティブ対応」のページの中程に配置しています。4ページほどの読み物で、HCL Software の考え方を解説しています。

画像の説明


なぜ企業のソフトウェアポートフォリオをクラウドネイティブにする必要があるのか?

2021/7/23 - 読み終える時間: 2 分

Why take an enterprise software portfolio cloud native? の翻訳版です。


なぜ企業のソフトウェアポートフォリオをクラウドネイティブにするのか?

2021年7月22日

著者: Alex Mulholland / Platform Chief Architect, HCL Software

画像の説明

クラウドネイティブという言葉は、一般的にコンテナやマイクロサービス、「クラウドで生まれた」12要素のアプリケーションなどをイメージさせます。従来のエンタープライズソフトウェアをコンテナに入れ、Kubernetes でオーケストレーションするというアイデアは、すぐには理解できないかもしれませんし、賢明な試みとは思えないかもしれません。では、なぜ HCL Software は 500人年以上の労力を費やして、まさにそれを実現したのでしょうか。

まず、問題のソフトウェアポートフォリオについて考えてみましょう。HCL Software 社は、マーケティング、リテール、デブオプス、セキュリティツール、セキュアオートメーション、統合エンドポイント管理など、20以上のソフトウェア製品群を開発、マーケティング、販売、サポートしています。これには、Domino、BigFix、Unica、Commerce などの有名な製品が含まれます。これらのソフトウェア製品は、製品自体の設計と開発、そして顧客やパートナーによる使用と拡張の両方において、複数年にわたる投資の結果です。この投資の価値は非常に大きく、ポートフォリオをどのように近代化し、進化させていくかを検討する際には、これを過小評価してはなりません。また、これらの製品に対するお客様の投資を、専門知識とお客様のソフトウェア資産の両方で維持することは、非常に重要です。

では、お客様にとっての既存製品の価値を認識した上で、クラウドネイティブテクノロジーを適用する際の問題点やチャンスは何でしょうか?

当社製品のユーザーに共通する課題は、製品のインストール、設定、アップグレードに必要な時間とスキルです。従来のエンタープライズソフトウェアでは、複雑な前提条件、多数のファイルやフォーマットにまたがる設定、複数ステップのアップグレード手順などが必要になります。これらをコンテナとHelmチャートにまとめることで、数日(あるいは数週間)かかるインストールやアップグレードのプロセスを、1回の helm インストールや helm アップグレードのコマンドと、きれいにまとめられた値のオーバーライドファイルで済ませられます。長年お付き合いのあるお客様に、これらの製品の helm インストールをお見せすると、たいていは「わぁ、たった 15分で起動したの?それはすごい!」と言われることが多いです。もしその製品が Kubernetes のローリングアップデート(Kubernetes が古いバージョンのポッドをシャットダウンする前に新しいバージョンのポッドを巧妙に起動する)をサポートするように説得できれば、ユーザーは製品のダウンタイムなしにシンプルなアップグレードプロセスを手に入れることができる。これまでは(コストのかかる!)ソフトウェアを追加したり、(コストのかかる!)リソース上で並列システムを稼働させたりする必要があったかもしれませんが、ブルー/グリーンスタイルである。ローリング・アップデートに対応するためには、通常、既存のソフトウェアに多少の変更を加える必要がありますが、私の考えでは、お客様に大きな価値を提供するためには、投資する価値は十分にあると思います。

また、従来のエンタープライズ製品をお使いのお客様に共通する問題として、リクエストのルーティング、管理、モニタリングなどの一般的な問題を処理するために、追加のソフトウェアや自作の自動化が必要になることがあります。ソフトウェア企業は、このような管理用アドオンを開発・販売することで成功を収めてきましたが、これらのアドオンは通常、個々の製品に合わせてカスタマイズされています。しかし、Kubernetes と、それに関連する Ambassador、Prometheus、Grafana などのオープンソースプロジェクトは、これらの要求の多くに汎用的なソリューションを提供し、ソフトウェアのライセンスコストを削減するだけでなく、個別の企業製品ごとに異なるソフトウェアを学び(または書き)、維持するためのオーバーヘッドを削減します。

HCL Now のホーム画面

画像の説明

YouTube ビデオ「HCL SoFy」: 「HCL Software Approach to Cloud Native」をご覧ください (https://youtu.be/1AKpQ2Cf_nk)。

そして、私たちが実現するのは、製品の使用方法の変革です。お客様の製品自体への投資は守られますが、インストール、アップグレード、管理は完全に近代化されました。インストールとアップグレードは根本的に簡素化され、新しい CI/CD 製品スケジュールで配信される、より頻繁なアップデートを簡単に利用できるようになりました。Helm の値のオーバーライドとして含まれる設定のオーバーライドは、「コードとしての設定」システムに簡単に適用できます。すべての製品の運用管理が汎用的になるため、これまで個別の製品ごとに必要だった管理の専門知識が大幅に軽減される。製品ごとに管理や監視のアドオンを用意する必要がなく、Kubernetes をはじめとするサポート技術のスキルがポートフォリオ全体に適用できるようになる。

コンテナやヘルムチャートを使って、各製品にクラウドネイティブなフォーマットを提供することは、大きな前進です。HCL SoFy プラットフォームは、製品に統合された軽量の共通サービスで、Kubernetes を簡単に使い始めることができるようになっています。

HCL Software では、HCL Now を通じてクラウドネイティブ製品フォーマットのカスタムホスティングの提供を開始することで、この変革の恩恵を直接受けとれます。当社のオペレーションチームは、クライアントが選択したクラウド上で製品を実行し、SoFy プラットフォームは、多様なクラウド環境で一貫した管理と監視を提供します。このモデルによって提供される時間とスキルの節約は、当社のオペレーションチームにとって非常に現実的なものであり、当社の新しいクラウドネイティブ製品フォーマットに移行することで、お客様にも同様のメリットがあると確信しています。

Dr Alex Mulholland

HCL Software チーフプラットフォームアーキテクト


HCL SoFy & HCL Now: HCL Software で今すぐクラウドネイティブに

2021/7/22 - 読み終える時間: 2 分

Go Cloud Native NOW with HCL Software の翻訳版です。


HCL Software で今すぐクラウドネイティブに

2021年7月20日

著者: Bill Swatling / Product Manager, HCL Software Platform

画像の説明

HCL Software のポートフォリオがクラウドネイティブになり、HCL Software 製品をご希望のクラウドに簡単に移行できるようになったことをお知らせします。HCL Software 製品をクラウドに移行することで、データや実装の所有権を維持したまま、新しいソフトウェア機能を利用することができます。クラウド・ネイティブ・サービスを活用することで、イノベーションが促進され、市場投入までの時間が短縮されます。HCL Software は、HCL Now を使って、お客様が今すぐクラウドネイティブに移行できるようにサポートします。

HCL Now の特長は以下の通りです。

  • Cloud Native Now - クラウド・ネイティブとしてゼロから構築された、エンタープライズ・グレードの可用性、無制限のスケーラビリティ、柔軟性。専用のセキュアな環境を、当社のエキスパートがお客様の選択したパブリック・クラウド上に展開し、管理します。

画像の説明

  • Experts on Demand - 当社のクラウドおよび HCL 製品のエキスパートが、クラウドネイティブへの移行に伴うリスクとコストを削減します。

  • More for Less, No Lock-In - ソフトウェアやカスタマイズへの投資は、パブリッククラウドやプライベートクラウドを問わず、どのようなクラウドにも対応できます。初期投資を共有することで、お客様の変革をスタートさせます。

HCL Software は、ソフトウェア・アーキテクチャとデプロイメントにおいて、戦略的にクラウドにとらわれないアプローチをとっており、どこにでも自由にデプロイでき、革新の自由が得られ、スケールアップの準備ができています。24時間365日のサポート体制で、ソリューションを生み出した技術者と一緒に、ソフトウェアの潜在能力を最大限に引き出します。専門的な Kubernetes の運用のためにスタッフを雇用したり、再教育したりする必要がなく、クラウドネイティブなデプロイメントのメリットを得られます。HCL Now と共に、私たちの専門家は、お客様が選択したクラウド上でお客様の HCL Software 製品を実行します。

HCL Now で未来への旅に一緒に参加しませんか?

詳しくは https://www.hcljapan.co.jp/software/cloud-native/ まで。


ニュース: HCL、クラウドネイティブ・ソリューション・ファクトリー「SoFy」とクラウドネイティブ・アズ・ア・サービス「HCL Now」の提供を開始

2021/7/21 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Software では、従来から提供している製品について Docker 対応を進めてきましたが、この度、クラウドネイティブ化を実現すべく、HCL SoFy と HCL Now の提供を開始しました。

HCL SoFy では、ソフトウェア製品のカタログから必要な製品や REST API を選択することで、HELM CHART が生成され、Kubernetes 環境に素早くデプロイできます。短期間ながら、製品を一時的に HCL SoFy 上にデプロイして試すことができる機能を備えています。

HCL Now は、HCLのソフトウェア製品をクラウドサービスとして提供するものです。

詳細についてはニュースをご覧ください。なお、日本市場については、追って順次情報提供を行ってまいりますので、今暫くお待ちください。

HCL SoFy はカタログから選ぶだけ Helm Chart を生成

画像の説明


今こそ、HCL Unica on HCL Now を!

2021/7/21 - 読み終える時間: 4 分

The Time is NOW for Unica on HCL Now! の翻訳版です。


今こそ、Unica on HCL Now を!

2021年7月20日

著者: Bryce Connors / Practice Leader - Unica Professional Services

画像の説明

10年以上 Unica で働いてきた私としては、Unica on HCL Now の素晴らしい機能やメリットをご紹介できることに、これ以上ないほど興奮しています。今回の発表により、お客様は HCL にUnica のインスタンスを管理してもらうことができるようになり、インフラではなくマーケティングに集中できるようになります。

それでは、Unica on HCL Now の特長をご紹介しましょう。

  • Unica on HCL Nowとは?

    Unica on HCL Now は、HCL Software が提供する Unica のマネージド・ホスティング・サービスです。何年もの間、私や Unica チームのメンバーは、Unica には SaaS (Software As A Service) があるのだろうか?今では、SaaS よりもはるかに優れたサービスになっています。

  • 何が含まれているのですか?

    Unica on HCL Now には3つのコンポーネントがあります。

    • 複数年のソフトウェア・ライセンス
    • サービスとしてのインフラ
    • v12.1 への移行やアップグレード/パッチを含むマネージド・サービスです。
  • なぜ違うのですか?

    シングルテナント型のSaaSであり、自分専用のインフラ・インスタンスを持ち、アップグレードやパッチの適用時期も自分で決められます。


Unica のクラウドネイティブな旅は続く!

Unica on HCL Now は、Unica のクラウド・ネイティブ・ジャーニーを続けています。

  • まず、UnicaをCloud Native Platform としてリリースしました。
  • 次に、HCLのソフトウェア・ファクトリーである SoFy をサポートしました。まだ機会がない方は、同僚の David Williams と一緒に書いたこのブログエントリを読むと、SoFy 上の Unica について詳しく知ることができます。
  • Unica HCL Nowでは、Unica のマネージド・ホスティング・ソリューションを提供しています。


Unica HCL Now のメリット

以下のような選択肢とコントロールをお客様に提供することにあります。

画像の説明

  • クラウド・プロバイダーの選択 - 私たちはビッグ3でプロビジョニングします。

    • GCP - Google Cloud Platform
    • AWS - Amazon Web Hosting
    • Azure - Microsoft Azure
  • お客様の管理下にある - シングルテナント型SaaS

    • お客様のためにプロビジョニングされたインフラ
    • 顧客データの保持
    • パッチやアップグレードの時期を決める
  • 契約期間終了後 - Unica を持っていくことができます。

    • お客様のソフトウェアです。
    • Unica のデータ(システムテーブルやファイルシステム)をオフボードで支援します。
    • Unica は、自社のプライベートクラウド、他のクラウド事業者、ビジネスパートナーのいずれかに導入することができます。

また、Unica on HCL Now は、マネージド・ホスティング・ソリューションの本命です。99.9% の SLA アップタイム、クラウドセキュリティ、ISO27000 などの主要なコンプライアンス要素、モニタリングやアラート機能などを提供します。 また、経験豊富な HCL Software のクラウド・オペレーション・チームが、Unicaアプリケーション・オペレーション・チームを構成する Unica の SME と連携しているので、あなたやあなたのチームはマーケティングに集中できます。


しかし、カスタマー・マーケティング・データベースはどうでしょうか?

経験豊富なUnicaユーザーであればわかると思いますが、CDP (Custom Data Platform) / 顧客マーケティングデータマート / Unica ユーザーテーブルへのアクセスは、Unica で成功するために最も重要なことです。キャンペーンを確実に実行するためには、Unica ユーザーテーブルを Unica Campaign のインストールと一緒に配置することが重要です。2つの最大の要因は、

  • Unica Campaign とお客様の Unica Campaign ユーザーテーブルの間の「ホップ」の数を減らすこと
  • Unica Campaign とお客様の Unica ユーザーテーブルの間に「大きなパイプ」、つまり高速な接続を持つことです。

お客様の Unica ユーザーテーブルの設置場所については、以下の3つのオプションがあります。

  • オプション A: お客様のプライベート・クラウドまたはクラウド・データベース・プロバイダー - クラウド・ベンダー (GCP、AWS、または Azure) に合わせて、同じリージョンとゾーンに配置します。これにより「ホップ」の数が減り、Unica on HCL の一部として高速な接続が提供されます。

  • オプション B:オンプレミス - Unica のユーザーテーブルをオンプレミスに置いておき、最も近いクラウドプロバイダーのロケーション、リージョン、ゾーンを利用するというものです。これにより「ホップ」の数を減らすことができ、高速な接続がUnica on HCL Nowの一部として含まれています。

  • オプション C: 顧客のマーケティング・データベースのサブセットを、HCL Now上の Unica のユーザーテーブルとしてホストします。お客様が選択された頻度で、そのデータの完全な置き換えを行います。


既存の顧客と新規の顧客

Unica on HCL Now は、既存のお客様に適しています。移行支援を行い、Unicaのシステムテーブルとファイルシステムのデータをv12.1(または最新のリリース)にアップグレードします。新規のお客様の場合は、Unica v12.1 (または最新リリース) の Docker 化されたデプロイメントを行い、基本的な設定を行います。そこから、当社の Unica プロフェッショナル・サービス・チームまたはお客様が選択された Unica ビジネス・パートナーが、お客様のマーケティング・ユースケースに基づいて、1つまたは複数の Unica モジュールの実装を行います。

Unica on HCL Now は、Unica のクラウドネイティブ戦略の延長線上にあります。Unica on HCL Now は、Unica のクラウドネイティブ戦略の延長線上にあり、Docker 化されたコンテナにパッケージされた Unica モジュールを、オンプレミスやパブリック・クラウド、プライベート・クラウドにインストールできます。 お客様は何年も前から、いつ Unica がクラウドネイティブになるのかと質問していましたが、クラウドネイティブになった今、次の自然な質問は、自分達のためにホストしてくれないかということです。Unica on HCL Now では、その答えは「イエス」です。

Unica on HCL Now の詳細については、8月24日に北米と EMEA 地域8月25日に APAC 地域で開催されるウェビナーにご参加ください。また、Unica on HCL Now の詳細については、私や Unica プロダクト・スペシャリスト、あるいは HCL カスタマー・サクセス・マネージャーにお問い合わせください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修