Cover Image

HCL Unica お客様事例: 株式会社ファンケル

2024/2/21 - 読み終える時間: ~1 分

株式会社ファンケルでは、化粧品や健康食品などの事業を通してお客様の美と健康をサポートする企業です。不安や不便といった世の中の「不」の解消を目指し、無添加化粧品やサプリメントなどの商品を、通販、店舗などを通じて提供しています。

そのマーケティングを支える仕組みとして HCL Unica を活用いただいております。HCL Unica はマーケティングオートメーション (MA) を上流から下流まで一気通貫で実現する製品です。コンポーネント型になっているため、キャンペーンなど目的に応じた組み合わせが可能な柔軟性も備えています。

詳細な内容を公開しましたので是非ご覧ください。

画像の説明


Cover Image

Elasticity Unleashed - Red Hat OpenShift 上 のHCL Unica Interact のカスタムオートスケーリングの技術

2024/1/22 - 読み終える時間: 5 分

Elasticity Unleashed - The Art of Custom Autoscaling of HCL Unica Interact on RedHat Openshift の翻訳版です。


Elasticity Unleashed - Red Hat OpenShift 上 のHCL Unica Interact のカスタムオートスケーリングの技術

2024年1月8日

著者: Siddharth Deshpande / Architect for Unica Cloud-Native Solution

強力なカスタマー・インタラクション・マネジメント・プラットフォームである HCL Unica Interact は、クラウド・ネイティブ・デプロイメントで最適なパフォーマンスとリソース管理を保証する独自のオートスケーリング機能を提供します。私たちは、シームレスなカスタマーエクスペリエンスの維持を保証し、変化するワークロードとリソース需要に動的に適応するオートスケーリング機能を活用しています。

オートスケーリングとは、リアルタイムの需要に基づいて、アプリケーションまたはインフラストラクチャに割り当てられるコンピューティングリソースを動的に調整する自動化されたプロセスを指します。クラウドコンピューティングやコンテナオーケストレーションプラットフォームで一般的に使用され、アプリケーションのスケーラビリティを管理し、さまざまなワークロードを効率的に処理できるようにします。

HCL Unica Interact Custom Autoscaling (v1)を理解する

HCL Unica Interact Autoscalingを深く理解することで、企業はワークロードの変動に直面しても、顧客対話管理システムのシームレスな運用を確保し、最終的に顧客エンゲージメントと満足度を向上させられます。

1. Unica Interact QoSセントリック・オートスケーリング 高品質なカスタマーエクスペリエンスを確保することが最も重要です。Unica Interact は、オートスケーリングに関して、QoS (Quality of Service) に真剣に取り組んでいます。API コールの応答時間が事前に定義されたしきい値を超えた場合、オートスケーリングは開始されません。このプロアクティブなアプローチにより、ワークロードのピーク時でもサービス品質が維持されます。閾値は Unica のヘルムチャートで設定できます。

2. きめ細かなオートスケーリング コントロールの強化 Unica Interact Helm チャートの設定により、特定のニーズに合わせてオートスケーリングプロセスを細かく制御できます。ヘルムチャートで直接スケーリングしきい値を定義することが可能です。さらに、このソリューションはきめ細かなコントロールを提供し、個々のUnicaオートスケーラーモジュール(スケジューリング、QoSなど)を無効にできます。

3. Unica Interact セッション・ドリブン・オートスケーリング Unica Interacts のオートスケーリングの主な特長の一つは、アクティブなセッションを考慮してポッドをインテリジェントにスケールダウンする機能です。各アプリケーション・ポッドのアクティブ・セッションを継続的に監視することで、Unica Interact は安全かつ制御されたオートスケーリング・プロセスを保証します。

4. 時間を意識したオートスケーリング オートスケーリングは、特定の時間帯に実行されるようにインテリジェントにスケジューリングできます。そうすることで、ワークロードがピークに達しない時間帯にオートスケーリングを起動し、逆に需要が高い時間帯には休止するように設定するできます。このスケジューリング機能は、プロパティファイルを使って簡単に設定でき、効率的なリソース管理を可能にします。

OpenShift上のUnica Interactのオートスケーリングの設定

  1. 以下の前提条件を完了してください。
  • OpenShift クラスタ
  • OpenShift上にデプロイされたUnica
  • Unica Interact と Interact Manager v 12.1.7 Docker イメージ
  • Unica Interact Helm チャートとチャート設定。
  • 永続ボリュームマウント - NFS
  • OpenShiftルート
  • メトリクスサーバ
  1. Interact Manager for Autoscalingで更新されたUnica Helmチャートを(サポートチケットで)リクエストする

  2. hcl-unica-interact-manager-envのconfigMap変数を設定してAutoScaling用の閾値を設定。

画像の説明

  1. helm upgrade unica hcl-unica -n project コマンドを実行します。

Unica Interact Custom Autoscaling

Unica Interact カスタムオートスケーリングプロセスは、完全にコンフィギュレーションドリブンであり、ヘルムチャートでコンフィギュレーションされた本質的な基準としきい値に基づいています。

画像の説明

Unica Interact ポッドは、特定の基準を満たすと、グレースダウンします。たとえば、Interact のレプリカが 3 つあるシナリオでは、平均 CPU 使用率が configMap で定義された設定しきい値を下回ると、Unica はスケールダウン処理を開始する前に、アクティブなセッション数やサービス品質 (QoS) のチェックなど、追加の検証を実行します。スケールダウンする前に、影響を受けるポッドは削除するようにマークされ、その後、デプロイは制御された組織的な方法でスケールダウンされます。

画像の説明

さらに、configMap内の構成変数を使用して、指定した時刻にポッドのスケールダウン処理を毎日、毎週、または毎週末にスケジューリングできます。このスケジューリング機能は、負荷のピーク時にアプリケーションのスケールダウンを防止し、運用上のリスクを効果的に低減します。

同様に、Interact の自動スケールアッププロセスもシームレスです。追加リソースの割り当ては、メモリ/CPU の使用率や Quality of Service 標準の遵守などの要因によって決定されます。

Unica Interact Helm チャート構成は、特定の要件を満たすために、オートスケーリングプロセスの細かい制御を可能にします。このソリューションはきめ細かなコントロールを提供し、個々のUnicaオートスケーラー・モジュールを無効にできます。

インラインの画像は、Unica Helmチャートを使用したOpenShift上の複数のInteractサーバーグループによるUnica Interactのデプロイを紹介しています。各サーバーグループにはそれぞれ異なるコンフィギュレーションが搭載されており、グループごとに個別のconfigMapで効率的に管理されています。

画像の説明

OpenShift上のUnica Interact Pod Metrics: 画像は、OpenShift上の各Interact PodのPod MemoryとCPU使用率をグラフィカルに表示したものです。これらのリアルタイムメトリクスはInteract Manager Podによって収集され、基準を満たした場合にデプロイがスケールされます。

画像の説明

ポッドがスケールアップすると、Interact ポッドの自動登録プロセスが完全に自動化されます。スケールアップのたびに、ポッドはUnica構成内に自動的に登録されます。同様に、スケールダウン操作では、ポッドの登録解除も自動化されます。この合理化されたプロセスにより、Interactポッドのシームレスなスケーリングが保証され、さまざまなワークロードに対するプラットフォームの適応性が最適化されます。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

主な利点

  • 効率的なリソース利用: 必要に応じてポッドを追加または削除することで、リソースの割り当てを最適化します。
  • アプリケーションパフォーマンスの向上: トラフィックの増加に応じてリソースを自動的にスケーリングすることで、アプリケーションの応答性と可用性を維持し、シームレスなユーザーエクスペリエンスを実現します。
  • コスト削減: オートスケーリングは、使用率の低いリソースを不要なときにシャットダウンすることで、クラウドのリソースコストを抑制します。
  • 信頼性の向上: オートスケーリングにより、アプリケーションはリソースの枯渇の影響を受けにくくなり、一貫したパフォーマンスと信頼性を確保できます。
  • 運用の簡素化: 手作業によるスケーリングは、ミスが発生しやすく、時間がかかります。オートスケーリングはこのプロセスを自動化するため、チームはより戦略的なタスクに集中できます。

課題と考察

オートスケーリングには多くの利点があるが、潜在的な課題を考慮することも重要である:

  • リソースの制約: リソースの制約:新しいPodに対応するためにクラスタのリソースを追加する必要がある場合があります。
  • レイテンシ: 急速なスケーリングは、Podの初期化時間の増加につながり、アプリケーションの応答時間に影響を与える可能性があります。
  • コスト管理: 自動スケーリングはアイドル状態のリソースを減らすことでコストを削減できますが、正しく設定されていない場合、トラフィック急増時のコスト増につながる可能性もあります。

セキュリティとコンプライアンスに関する考慮事項

Unica の docker イメージは RHEL UBI イメージをベースに構築されています。HCL Unica は最新の RHEL UBI アップデートを取り入れることに熱心で、デプロイが既知の CVE (Common Vulnerabilities and Exposures) に対して強化されていることを保証します。

CVE の脆弱性を修正するプロセスは、Unica のセキュリティに対するコミットメントの一部です。Unica の docker イメージを最新の状態に保つことで、最新のセキュリティパッチや潜在的な脅威に対する安全策の恩恵を受けられます。

まとめると、定期的なアップデート、CVE の緩和、業界標準の遵守により、Unica アプリケーションは安全です。

最後に

OpenShift/Kubernetes 上の Interact デプロイメントを自動スケーリングすることで、変化するワークロードにインフラをシームレスに適応させ、最適なリソース利用、パフォーマンス、コスト効率を確保できます。オートスケーリングの実装には慎重な計画と監視が必要かもしれませんが、その利点は課題をはるかに上回り、Unica Interact Auto-scaler はダイナミックな環境での効率的なスケーリングに不可欠です。


Cover Image

暗黙の意図の力を活用する

2023/12/28 - 読み終える時間: 2 分

Harnessing the Power of Implicit Intent の翻訳版です。


暗黙の意図の力を活用する

2023年12月20日

著者: Gary Schoch / Global Digital Experience and Commerce Cloud Leader

マーケターとしてのあなたの仕事は、顧客が何を必要としているのかわからないときでも、カスタマージャーニーのあらゆる時点で、顧客が必要としているものを的確に届けることです。

顧客は多くの場合、その行動を通じて明確な手がかりを与えてくれる。顧客がショッピングカートに本を入れたり、セーターの商品ページを繰り返し見たりするのは、その商品に興味があることを明確に示しているのです。こうした合図は解釈しやすく、カスタマージャーニーの舵取りの基礎として利用しやすい。

別の状況では、顧客が暗黙の意図に関する微妙な行動シグナルを送ってくることがあり、それを正しく解釈すれば、同様に強力なカスタマージャーニーを作成するのに役立つ可能性があります。正しい行動シグナルを収集し、正しく解釈するにはどうすればよいのでしょうか?ここでは、明示的な意図と暗黙的な意図について知っておく必要があることと、ビジネスの成長を促進するためにこれらの指標を使用する方法について説明します。

HCL Discover の詳細

圧倒されそうですか?しかし、適切なツールと的を絞った測定アプローチがあれば、明示的な行動と暗黙的な意図を分析するためのデータを収集することができます。

明示的な意図は理解しやすい

明示的な購買意欲は通常、顧客が商品を購入する意思を明白な形で示す。買い物客は、商品をカートに入れたり、関心フォームに記入するなど、購入の可能性が高いことを示す具体的な情報を提供するなど、確実性の高い行動をとることで、明示的な意思を表明する。明示的な意図はわかりやすいものです。。

例えば、銀行の顧客がクレジットカードのオファーに関するソーシャルメディアの投稿をクリックした場合、その行動は明示的な意図を示す。オファーを発行した銀行が、その顧客のためにパーソナライズされたクレジットカード申し込みジャーニーを作成すれば、コンバージョンを獲得できる可能性が高い。同様に、小売店の顧客が楽器店のソーシャルメディアに投稿されたエレキギターのセール情報をクリックすれば、その楽器を購入する可能性が高い。

マーケティング担当者であれば、検索結果に明示的な意図がどのように表示されるかをすでにご存知だろう。

見込み客が「最高のマーケティングオートメーションソフトウェア」と検索した場合、その行動は、顧客が教育を求め、トップのマーケティングオートメーションソリューションを比較しようとしていることを示している。一方、"buy office chair "のように "buy "という単語が含まれる検索は、取引目的の良い兆候である。

暗黙の意図には深い調査が必要

暗黙の意図(インプライド・インテント)は、通常、行動データと予測分析によって示唆されます。暗黙の意図は、明示的な意図ほど常に白黒はっきりしているわけではありませんが、この意図データを使って顧客が何を望んでいるかを推測し、それに合ったパーソナライズされたカスタマージャーニーを作成することもできます。多くの場合、顧客は自分の行動を通じて発信している意図のシグナルに気づいていません。

画像の説明

明示的な意図は、複数の行動シグナルを正確に解釈することに依存する暗黙的な意図よりも判断しやすい。

先ほどの銀行の顧客を例にとってみましょう。クレジットカードのキャンペーンに関するソーシャルメディアの投稿をクリックした後、銀行のウェブサイトを閲覧し、家族経営の事業承継に関する記事をクリックしたとします。そして、"スモール・ビジネス・プランニング "を検索したとする。銀行はこの行動データを使って、顧客の暗黙の意図、つまり小規模な家族経営の後継者計画を始めたいという意図を特定することができる。

このデータから、この顧客は銀行にとって最も業績が良く、最も注目される顧客層のひとつである富裕層ファミリービジネスに属する可能性が高いことがわかる。銀行は今、同じソーシャルメディア投稿から生じる2つのカスタマージャーニーのコンバージョンを獲得するチャンスを手にしている。

暗黙の意図は、企業が顧客により良いサービスを提供するために使用できる他の貴重な洞察を提供できます。例えば、見込み客が特定の机の製品ページをクリックしたとします。おそらく彼らはモバイルブラウザを使用しており、ピンチやズームでより詳細な製品ビューを見ることができます。そして、他のデスクと比較するために新しいウィンドウを開きます。これらは検討行動の兆候である。そこから小売業者は、送料無料コードなどの関連オファーや、デスクモデルの比較動画などのコンテンツを提供することで、顧客の意思決定プロセスをサポートできます。

明示的意図と暗黙的意図の測定

ご想像の通り、明示的な意図を測定するのは簡単なプロセスです。多くのマーケティングオートメーションプラットフォームでは、商品をカートに入れるなど、明示的な意図に関連する一般的な行動をすでに特定できるため、顧客をフォローして販売を獲得できます。

しかし、顧客の暗黙の意図を判断し、その意味を正確に予測するには、さまざまな行動インサイトが必要です。測定は、すべてのチャネルとプラットフォームで行う必要があります。Google Analyticsのようなレトロスペクティブなウェブ解析ツールで利用できるもの以外にも、低レベルのクリック行動を追跡・分析するための適切なツールが必要です。

例えば、コンテンツを読んでいる間のマウスホバー、製品ページの再訪問、ズームなどのジェスチャーなど、一般的な予測行動に関連するデータを取得することで、顧客が次に何をするかをより予測しやすくなります。顧客の意図を理解するためには、デジタルマーケティングチャネル(メール、ソーシャルメディア、SMSなど)、ウェブサイトの閲覧、アプリのインタラクション、あるいは営業電話などの対面コミュニケーションからデータを取得する必要があります。そうすれば、リアルタイムまたはほぼリアルタイムで関連するオファーを再ターゲティングし、役に立つと思われる魅力的なコンテンツを配信したり、その人だけにカスタマイズされたカスタマージャーニーを作成できます。

インテントを理解することはパワフル

画像の説明

インテントは、顧客のニーズとウォンツをより幅広く把握できます。顧客の行動が明確で、それが何を意味するのか間違いがない場合もある。また、顧客が何を望んでいるのかを理解するために、行間を読む必要がある場合もある。どちらのタイプの意図も、顧客のストーリーを形成するために織り成す情報の糸を明らかにし、顧客のニーズに合わせてコミュニケーションを調整する力を与えます。

私たちはよくクライアントに、「体験は与えられるものであり、エンゲージメントは選択である」と説明する。この視点を実現するためには、いくつかの形をとることができるオーダーメイドのコミュニケーションを通じて、オーディエンスの関心を引く必要があります。

  • 顧客の言葉を使う: 例えば、「包括的な顧客データベース」という言葉で貴社の顧客データプラットフォーム(CDP)を検索している人は、貴社がそのプラットフォームをどのように参照しているかを示しています。包括的な顧客データベース "の上位3つの特徴を強調したメールを送ることで、顧客を惹きつけられます。顧客の言葉を使うことで、親近感を抱かせることができます。

  • 疑問点を残さない: あなたが家電量販店だとする。顧客が新しいゲーミングコンピューターを探すためにウェブサイトにログインしたとします。商品ページを開き、スペックメニューを展開します。スペックを読んだ後、製品レビューを読み、製品写真をスクロールします。その後、新しいブラウザウィンドウを開き、あなたのサイトで別のブランドの同じようなスペックのコンピューターを検索します。顧客は、自分のニーズに合ったスペックのノートパソコンを購入したいという意思表示をしているのです。この意図を理解することで、次のゲーミングパソコンで探すべき上位5つの機能についてのビデオへのリンクを記載した、カスタマイズされたメールで顧客を教育することができます。

  • インセンティブ ここ数日、購入者があなたのサイトに何度もログインしていることにお気づきでしょうか。カートに商品を入れたものの、まだ購入には至っていない。ログインすると、カートに入れた商品と同じような商品をブラウズしていますが、価格は安く、レビューもあまり好意的ではありません。顧客の行動は、彼らが価格に敏感であることを示しています。送料無料やパーセント割引のコードなど、取引を完了させるためのインセンティブをメールやSMSで送信できます。

  • 商品の推薦: ある顧客が冬用防寒具のウェブサイトを閲覧したとします。彼らは帽子や手袋の検索結果をざっとスクロールし、いくつかの選択肢にカーソルを合わせましたが、商品ページまではクリックしませんでした。しかし、同じセッション中にジャケットを購入しました。顧客はアウターウェアに興味があり、帽子や手袋の選択肢をまだ探している可能性が高いというシグナルを送っている。顧客のシグナルを把握することで、すでに購入したジャケットに合うアウターウェアアクセサリーを紹介するターゲットを絞ったメールによるナーチャリングが可能になります。

このような集中的な取り組みは、一般的なマーケティングメッセージにとどまらず、顧客の選択という概念に焦点を当てた魅力的な体験を提供することで顧客との関係を改善し、コンバージョンや継続的な顧客ロイヤリティの可能性を高めます。

調査によると、行動経済学の原則を導入した企業は、売上成長率で85%、粗利益率で25%、同業他社を上回ることができる。顧客に合わせたコンテンツを提供することで、顧客は「見られている」「話を聞いている」「理解されている」と感じ、ビジネスに対する信頼とロイヤリティの向上につながります。明示的な意図と暗黙的な意図を理解し、行動分析を通じて両方を測定する能力を構築することで、ビジネスの成長を促進する、より強固なカスタマージャーニーを作成できます。

HCL Discover と HCL CDPのパワーで深い顧客インサイトを活用し、他社を凌駕するお手伝いをHCLSoftwareにお任せください。


Cover Image

HCL Unica V12.1.7 - AI 主導のカスタマー・エンゲージメントの新時代

2023/12/1 - 読み終える時間: 2 分

HCL Unica V12.1.7 - A New Era of AI-Driven Customer Engagement の翻訳版です。


HCL Unica V12.1.7 - AI 主導のカスタマー・エンゲージメントの新時代

2023年11月28日

著者: HCLSoftware - a division of HCL Technologies, fuels the Digital+ economy and fulfills clients transformative needs with AI and Automation, Data and Analytics, Digital Transformation, and Enterprise Security.

継続的なイノベーションの旅のマイルストーンとして、私たちは誇りを持ってUnica 12.1.7を発表します。このアップデートは単なる反復ではなく、高度なAI/ML機能と、社内モバイルプッシュ通知やオートスケーリングなどの先駆的な機能を統合した戦略的な転換を意味します。Unica 12.1.7で、私たちは企業が顧客との対話とマーケティングの効率性において達成できることの新たなベンチマークを設定します。

画像の説明

AI/ML機能

このリリースの最前線は、マーケティングパフォーマンスを高めるだけでなく、Unicaのユーザーエクスペリエンス全体を豊かにするために設計されたAI機能の統合へのコミットメントです。これらの機能の中でも重要なのは、インテリジェント・マーケティング・アシスタンス(IMA)の導入です。

インテリジェント・マーケティング・アシスタンス(IMA):

IMAはUnicaスイートの画期的なツールとして登場し、マーケターが顧客とパーソナライズされたインタラクティブな会話を創造し、提供する方法に革命を起こすことを目的としています。HCL IntelliServiceプラットフォームを搭載したこの会話型マーケティングアシスタントは、使いやすいチャットインターフェイスを通じてカスタマージャーニーとインタラクションに関する貴重な洞察を提供するAI主導の機能です。マーケティング担当者は、オンデマンドでインサイトを容易に入手し、インパクトのあるジャーニーを設計し、最大限の効果を得るためにキャンペーンを微調整できます。さらに、IMAは堅牢なナレッジリソースとして機能し、Unicaの特長と機能を通じてユーザーをガイドし、新規ユーザーの学習プロセスを合理化します。

オートスケーリング

自動スケーリングは、サーバーの負荷に応じて計算リソースを動的に調整する機能です。そのメリットは多岐にわたる:

  • コスト効率: コスト効率:オートスケーリングにより、インフラ使用量が最適化されるため、電気代や、場合によっては冷却にかかるコストが削減される。
  • セキュリティの強化: セキュリティの強化: 不健全なインスタンスを検出して置き換えることで、アプリケーションの耐障害性を強化し、全体的な セキュリティを強化する。
  • 可用性の向上: ワークロードの変動に対応することで、Auto Scaling は可用性とアップタイムを向上させます。

画像の説明

モジュール固有の機能強化

  • Campaign: フローチャートで使用される列をマークする機能、リンクプロセスボックスの改善、キャンペーンフローチャートで結果をコピーして表示する新機能などが強化されました。
  • Journey: Unica Link と Batch によるモバイル・プッシュ通知を導入し、顧客へのリーチとエンゲージメントを強化します。
  • Interact: Personalization Studio を導入し、セグメンテーションとオファーのアービトレーションを合理的に管理。
  • Platform: PostgreSQLシステムテーブルをサポートし、すべてのアプリケーションサーバーと互換性があります。
  • Plan: プラン:ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、カスタマイズされたデフォルトのプロジェクトビュー/リストを提供します。

Unica 12.1.7は単なるアップデートにとどまらず、カスタマー・エンゲージメントにおけるイノベーションを推進するという HCLSoftware のコミットメントの証です。AIとMLのパワーを活用し、他の重要な機能強化とともに、このバージョンのUnicaは、ビジネスが顧客とつながる方法を再定義します。

画像の説明

CTA

Unica 12.1.7で顧客エンゲージメントの未来を受け入れよう。HCL Unica 12.1.7で顧客エンゲージメントの未来を迎えましょう。ウェビナーはこちらから。

画像の説明


Cover Image

HCL Unica 導入事例: 株式会社NTTドコモ スマートライフカンパニー

2023/10/25 - 読み終える時間: ~1 分

2023年10月、「HCL Unica 導入事例: 株式会社NTTドコモ スマートライフカンパニー様」を公開しました。動画と資料をご覧いただけます。

HCL Unica は、マーケティングオートメーションを実現するもので、オンプレミスとクライドデプロイの双方をサポートしています。機能別にコンポーネントが分かれているため、必要なコンポーネントだけを切り出して、既存の仕組みに取り入れることも可能な柔軟な構成をとることができます。

NTTドコモ スマートライフカンパニーでは、1億人に近いdポイントクラブ会員基盤のデータを活用したデジタルマーケティングでカスタマーファーストを追求するという目的達成のために HCL Unica を活用されています。

詳しくは以下のページをご覧ください。

HCL Unica 導入事例: 株式会社NTTドコモ スマートライフカンパニー

画像の説明


Cover Image

メールの到達性と到達性の向上と送信者の評判

2023/9/14 - 読み終える時間: 3 分

Perfecting Email Deliverability & Sender Reputation の翻訳版です。


メールの到達性と到達性の向上と送信者の評判

2023年9月11日

著者: Laura Ville / Deliverability Manager for Unica Deliver

これを想像してみてください。あなたは純金のメールを書きました。キャッチーで、鮮明で、よく書かれていると確信できます。しかし、それが視聴者に伝わらなかったらどうなるでしょうか? 素晴らしいメールを書くことは始まりにすぎません。「送信」ボタンをクリックした後は、さらに多くの処理が行われます。ここで、メールの到達性と送信者の評判が重要になります。どちらも、メールが受信トレイで温かく歓迎されるか、スパム フォルダーで冷遇されるかを決定する上で重要な役割を果たします。

この記事では、メールが複雑な経路をたどって視聴者に届くまでの過程と、送信者の優れた評判がどのように最善の味方になるのかについて説明します。

まず、メールの到達性が何を意味するのか、また送信者の評判が思っている以上に重要である理由を明らかにすることから始めましょう。

メールの到達性とは何か

メールの到達性とは、メールが目的の宛先、つまり受信者のメインの受信箱に確実に届くことを意味します。メールを送信することと、それが意図された場所に確実に届くことは別のことです。

送信するすべてのメールは、受信者のメール サービス プロバイダー (ESP) によって評価されます。ESP はスパム フィルターを使用して受信メールを精査します。彼らの主な仕事は? 潜在的に有害なコンテンツまたは望ましくないコンテンツからユーザーを保護するため。

メールがこれらのフィルターを正常に通過すると、受信者の受信箱に届きます。そうでない場合は、スパム フォルダーに振り分けられるか、まったく配信されない可能性があります。

ただし、ここで重要な違いがあります。メールの到達可能性は、メールが受信されるかどうかだけを考慮するわけではありません。これにより、メールが適切な場所、つまりメインの受信箱に確実に到着します。そしてそれは非常に重要です。メールがスパムに分類されたり紛失したりした場合、その目的は達成されていません。これらのスパム フィルターがどのように機能するのか、またメールのやり取りに影響を与える要因を理解することが不可欠です。

メールの到達性を形成する中心的な要素

2022 年 4 月の時点で、テストしたさまざまなメール マーケティング プラットフォーム全体の平均メール到達率は 84.2% で、前年比 4.7% の減少となっています。あなたのメールが受信トレイの中心となるか、それともカーテンの後ろに追いやられるかを決定する中心的な要因を分析してみましょう。

画像の説明

送信者の評判: 過去のメール活動が現在に影響を与える可能性があります。ESP はあなたの送信行動と履歴を評価します。スパム活動のない実績は、良好な評判を維持するために非常に重要です。

メール認証: SPF、DKIM、DMARC などの認証ツールを使用すると、メールが ESP によって確実に検証され、認識されます。適切な認証は信頼シグナルとして機能し、受信トレイに届く可能性が高まります。

コンテンツとプレゼンテーション: コンテンツの品質とレイアウトは重要です。「無料」、「現金ボーナス」、「お金を稼ぐ」などのスパムの原因となる単語は避けてください。意味のあるコンテンツを作成し、件名が明確で関連性のあるものであることを確認します。

受信者のフィードバック: これには、直帰率と苦情率が含まれます。多くのメールが受信トレイに届かない場合 (バウンス率が高い場合)、または受信者がメールをスパムとしてマークしている場合、ESP はこれが送信方法に対するマイナスの反映であると見なす可能性があります。

エンゲージメント指標: メールの開封率やクリックスルー率などのポジティブなインタラクションは、ESP にとって優れた指標です。これらは、受信者がコンテンツを評価していることを示しており、それが送信者の評判にプラスの影響を与える可能性があります。

メールの到達性に影響を与える要因の基礎を説明したので、次に重要な点としてチャートの上位にある送信者の評判について詳しく見ていきましょう。これはメールの信用スコアと考えてください。

メール送信レピュテーションとは何か

メール送信レピュテーション (送信者レピュテーションとも呼ばれます) は、ESP (メール サービス プロバイダー) がメールの送信元の信頼性を評価するために使用する尺度です。評判が高ければ高いほど、メールがスパム フォルダーに入れられたり、完全にブロックされたりするのではなく、受信トレイに届く可能性が高くなります。

金融の世界から類似点を引き出すために、信用スコアの概念を考えてみましょう。あなたの信用スコアは、あなたが借り手としてどれだけ信頼できるかを貸し手に伝える要約です。スコアが高いとより良い融資条件への扉が開かれる可能性がありますが、スコアが低いと同じ扉が閉ざされる可能性があります。同様に、メールにおける送信者の評判が高いと、メッセージはそれにふさわしい受信が保証されます。このデジタル承認シールは、ESP、ひいては視聴者に、あなたが信頼できる送信者であることを伝えます。

この評判は配信性の確保だけではなく、視聴者とデジタル ゲートキーパーである ESP の両方の信頼を構築し維持することにも関係しています。送信者の評判を理解し、それを高めることは、メール マーケティング戦略において極めて重要になります。

送信者スコア: 評判の背後にある指標

送信者スコアは 0 ~ 100 の間で変動する指標であり、メールの送信元 IP アドレスに関連付けられた評判を示す極めて重要な指標です。教師が成績を通じて生徒の成績を評価するのと同じように、このスコアは ISP がメールの品質をどのように認識しているかを反映します。

どのように機能するのでしょうか? さまざまな企業が、このスコアを計算するための特別なプログラムを作成しました。インターネット サービス プロバイダー (ISP) のメールボックスから洞察を収集することにより、特定の IP アドレスから送信されるメールの品質を識別できます。この情報は送信者のスコアを通知します。

画像の説明

これらの数字は何を伝えているか

0-49: 不安定な状況にあります。ここでのスコアは、メールがスパム フォルダーに分類されるか、完全にブロックされる可能性が高いことを意味します。

50-70: 注意が必要です。あなたは中間領域にいます。送信者の評判を改善することで、一貫した配信を保証できる可能性があります。

70-100: 素晴らしい! この括弧内のスコアは、送信者の評判が堅牢であることを示しており、メールが目的の受信箱に届く可能性が高くなります。

ただし、それは数字だけの問題ではありません。このスコアは、メール キャンペーンの成功と密接に関係しています。送信者スコアが高いと配信可能性が高くなりますが、送信者スコアが低いとアウトリーチ活動が大幅に妨げられる可能性があります。この指標を定期的に監視し、その向上に努めることは、メール マーケティングにとって不可欠です。

送信者スコアに影響を与える要因

送信者スコアは単なる静的な数値ではなく、メール キャンペーンのさまざまな要因の影響を受ける動的な指標です。ここでは、スコアを向上または低下させる可能性があるいくつかの主要な要素について詳しく説明します。

メールの返送率: 送信したメールが目的の受信者に届かずに「返送」されるたびに、それはあなたの評判に傷を付けることになります。直帰率が高いと送信者スコアが急速に低下し、メール リストが最新ではない可能性があることが ISP に通知される可能性があります。

スパムの苦情: これは配信だけではなく、受信にも関係します。受信者が常にメールにスパムとしてフラグを立てている場合、それは何かが間違っているという明らかな兆候です。これらの苦情はスコアに大きく影響し、受信者がコンテンツに価値を見出していない、あるいはそもそもコンテンツに登録していない可能性があることを示しています。

メールの送信頻度と量: 短期間に受信者に大量のメールを大量に送信すると、逆効果になる可能性があります。一貫性が重要ですが、節度も重要です。メールの量が突然急増すると、異常な動作とみなされ、スコアに影響を与える可能性があります。

ユーザー インタラクションの指標: エンゲージメントは効果的なメール キャンペーンの中心です。開封率やクリックスルー率などの指標は、視聴者がコンテンツとどのように対話しているかを示します。逆に、購読解除率が高い場合は、購読者間の不満や無関心を示唆する危険信号である可能性があります。

リストの衛生管理: メール リストをクリーンで最新の状態に維持することが最も重要です。これには、スパム トラップ (スパム送信者を捕まえるために設定されたおとりメール アドレス) の回避が含まれます。一貫して無効なアドレスにメールを送信したり、これらの罠に引っかかったりしている場合は、送信者スコアの低下が確実に見られます。

これらの要因を理解し、それに対処するための事前の措置を講じることは、健全な送信者スコアを維持し、より効果的で受容的なメール キャンペーンを作成するのに役立ちます。

送信者スコアを向上させる: ベスト プラクティス

メール送信者の評判を向上させるには、いくつかの手順が必要です。

ドメインの認証 (SPF、DKIM、DMARC): 適切な認証はドメインの評判を高めるのに役立ちます。SPF (Sender Policy Framework)、DKIM (DomainKeys Identified Mail)、および DMARC (Domain-based Message Authentication, Reporting & Conformance) はドメインを認証する方法であり、メールが正規のものとして認識されることを保証します。

クリーンなメール リストを維持する: 定期的にメール リストを更新し、非アクティブまたは無効なアドレスを削除します。これにより、送信者の評判を損なう可能性があるバウンス率やスパム苦情を減らせます。

エンゲージメント率を監視する: 開封率とクリックスルー率に注目してください。エンゲージメントが低いということは、メールが視聴者の共感を呼んでいないことを示しており、送信者の評判に影響を与えている可能性があります。

スパムのようなコンテンツを避ける: メールの内容と件名がスパムに似ていないことを確認してください。スパムのようなコンテンツは、スパムに関する苦情の増加につながり、送信者の評判を傷つける可能性があります。

信頼できるメール サービス プロバイダーを使用する: 信頼できるプロバイダー ESP には、エンゲージメントや配信率を監視するツールなど、送信者の評判を保護するメカニズムが備わっています。

送信者スコアを確認する

Sender Score Reputation Network、ReputationAuthority、TalosIntelligence、Google Postmaster Tools など、いくつかのツールを使用して送信者スコアを確認できます。送信者スコアを定期的に確認すると、問題を迅速に特定して対処できます。

メール送信の評判は、メール マーケティング キャンペーンの成功に重要な役割を果たします。何が自分の評判に影響を与えるのかを理解し、それを改善するための措置を講じることで、メールが目的の受信者に確実に届き、エンゲージメントを高められます。


Cover Image

行動分析で優れたカスタマー ジャーニーを体験してください - DMEXCO 2023 にご参加ください!

2023/8/17 - 読み終える時間: 2 分

Experience Customer Journey Excellence with Behavior Analytics - Join us at DMEXCO 2023! の翻訳版です。


行動分析で優れたカスタマー ジャーニーを体験してください - DMEXCO 2023 にご参加ください!

2023年8月16日

著者: Amanda Tevis / Product Marketing Manager

デジタル変革によって定義される時代において、成功を目指す企業にとって、顧客エンゲージメントの技術を習得することは交渉の余地がありません。 DMEXCO - Digital Marketing Exposition & Conference は、ヨーロッパで最も重要なデジタル マーケティングとテクノロジーのイベントであり、比類のない洞察とイノベーションへの入り口です。 ドイツのケルンが画期的な戦略の中心地となるので、カレンダーに 2023 年 9 月 20 日と 21 日を記入してください。 この変革的なエクスペリエンスにどっぷりと浸る準備をしながら、カスタマー ジャーニーを向上させる行動分析ツールの不可欠な役割を発見し、この革新的なトピックをさらに深く掘り下げるための啓発的なオンデマンド ウェビナーを探索してください。

DMEXCO: 次の方法でデジタルへの取り組みを強化します

専門知識とネットワーキング: DMEXCO には、デジタル分野の専門家や先見の明のある人が集まり、参加者に業界の思想的リーダーへの比類のないアクセスを提供します。 啓発的な基調講演、インタラクティブなワークショップ、充実したパネルディスカッションを通じて、マーケティング活動に革命をもたらす最新のトレンド、テクノロジー、戦略についての洞察を得られます。

最先端の技術ショーケース: DMEXCO では、イノベーションが中心的な舞台となります。 AI 主導の分析から没入型の仮想現実体験まで、革新的なテクノロジーを多数探索してください。 マーケティング環境を再構築する力を持つ、実践的なデモンストレーションや先見の明のある製品の発売に参加してください。

グローバルな洞察とコラボレーション: 世界中の専門家とつながり、視野を広げ、異文化間のコラボレーションを促進する機会を活用してください。 デジタル マーケティングの課題について新たな視点を獲得し、世界中の多様な視聴者の共感を得る戦略を調整します。

個人的および専門的な成長: DMEXCO に参加すると、キャリアの軌道がさらに加速します。 有意義なつながりを築き、専門知識を披露し、業界内で思想的リーダーとしての地位を確立しましょう。 あなたの参加は、キャリアの可能性の向上、革新的なプロジェクト、潜在的なパートナーシップにつながる可能性があります。

HCLSoftware ブースにアクセスして、カスタマー エクスペリエンスを支援する行動分析ツールについてご覧ください。 次のことについて話しましょう

  • 最適化のための顧客インサイト: 行動分析ツールを使用すると、ブランドと顧客の複雑なインタラクションを解明できます。 この洞察により、問題点、好み、機会を特定し、魅了してコンバージョンにつながる最適化されたカスタマー ジャーニーを推進できます。

  • パーソナライゼーションとターゲットを絞ったキャンペーン: 行動データは、パーソナライズされた推奨事項とターゲットを絞ったマーケティング キャンペーンの基盤を形成します。 顧客の具体的な行動を理解することで、各個人の心に深く響くようにメッセージを調整し、エンゲージメントとロイヤルティを高められます。

  • データドリブンのオムニチャネル エクセレンス: オムニチャネル アプローチを実装し、すべてのタッチポイントにわたってデータを活用することで、カスタマー ジャーニーの全体像が得られます。 この包括的な理解により、情報に基づいたデータ主導の意思決定が可能になり、機能するものを最適化し、機能しないものを調整できます。

行動分析ツールの変革力をさらに詳しく調べるには、独占オンデマンド ウェビナー「カスタマー ジャーニーの革命: 行動分析戦略の解明」をぜひご覧ください。 この魅力的なセッションでは、次のことがわかります。

  • 顧客とのやり取りとジャーニーの最適化について微妙な理解を得る方法。
  • パーソナライズされた推奨事項やターゲットを絞ったメール キャンペーンに行動データを活用する実証済みの技術。
  • オムニチャネル アプローチを実装し、データに基づいた意思決定を行うための戦略。

DMEXCO 2023 に参加し、ウェビナーをチェックして、デジタル能力を高め、カスタマー ジャーニー戦略に革命を起こしましょう。 2023 年 9 月 20 日と 21 日が近づいてきましたので、ケルンで開催されるヨーロッパ有数のデジタル マーケティングおよびテクノロジー イベントへの参加枠を確保してください。 変革に参加し、マーケティングと行動分析の力を活用して、比類のない成功を目指しましょう。

HCLDiscover の詳細については、こちらをご覧ください: https://www.hcl-software.com/discover


Cover Image

HCLSoftware AI 搭載のマーケティングクラウドを提供開始

2023/7/22 - 読み終える時間: ~1 分

HCLSoftware Launches AI-Fueled Marketing Cloud の翻訳版です。


新しい SaaS ソリューションには、最新の予測および生成人工知能機能が組み込まれており、マーケティング担当者が今日のデジタル + 経済の需要を満たすことができます。


カリフォルニア州サニーベール (2023 年 7 月 13 日) - エンタープライズ ソフトウェア ソリューションの世界的リーダーである HCLSoftware は本日、オムニチャネル マーケティング キャンペーンの計画、実行、分析に至るまで、マーケティング担当者がエンドツーエンドのマーケティング ニーズを管理できるように特別に設計された AI を活用した SaaS ソリューションである HCL Marketing Cloud の立ち上げを発表しました。 最新の AI 機能を活用した HCL Marketing Cloud には、予測機能と生成機能が組み込まれており、マーケティング担当者がキャンペーンを制御し、今日のパーソナライゼーション イニシアチブの需要に応え、ターゲットを絞ったキャンペーンを展開し、より深い視聴者の洞察にアクセスできるようになります。

HCL Marketing Cloud は、組織全体の複雑さに効果的に対処する規範的で標準化されたソリューションを提供しながら、マーケティング担当者がオーディエンスの特定のインタラクションに合わせて、よりカスタマイズされたカスタマイズされたキャンペーンを展開できる柔軟性を提供します。 予測的かつ生成的な AI 機能は、リアルタイムの顧客行動を実行し、収益機会を活用し、つながりのある顧客エクスペリエンスを生み出す機能など、今日の課題に正面から取り組む機会をマーケティング担当者に提供します。

「Business Cloud は HCLSoftware のビジネス アプリケーション ポートフォリオの未来であり、HCL Marketing Cloud の立ち上げはこの戦略的転換の重要な部分です」と HCLSoftware のエグゼクティブ バイスプレジデント兼ポートフォリオ ゼネラル マネージャーである Raj Iyer 氏は述べています。 「HCL Unica の伝統を基盤として、私たちは現代のマーケティングの進化するニーズを満たすプラットフォームを開発および強化してきました。 これは、HCL Unica スイートの進化と進歩における次の章を意味します。」

AI の重要性の高まりが、HCL Marketing Cloud の立ち上げの中心的な推進力となっています。 AI を活用することで、このプラットフォームはマーケティングの有効性を大幅に向上させ、マーケティング担当者にインテリジェントな洞察、自動化、予測機能を提供して、キャンペーンの成果を向上させ、パーソナライズされた顧客エクスペリエンスを提供します。

「私たちは、AI の力を活用して今日のデジタル + 経済においてマーケティング担当者を支援する最先端の SaaS ソリューションである HCL Marketing Cloud を導入できることを大変うれしく思っています。HCL Marketing Cloud を使用することで、HCLSoftwareのマーケティング担当者は、ターゲットを絞ったキャンペーンを推進し、視聴者に対するより深い洞察を得て、パーソナライズされた顧客エクスペリエンスを提供できます。」と HCLSoftware のマーケティング責任者である Dario, Debarbieri 氏は述べています。

マーケティング担当者は、どのエントリ ポイントでも HCL Marketing Cloud へのサブスクリプションを開始でき、必要に応じて拡張できます。 HCL Marketing Cloud は、セグメントの作成と管理、カスタマー ジャーニーの調整、アウトバウンド バッチ キャンペーンの実行、メール マーケティング、リアルタイムのパーソナライゼーションなど、マーケティング オートメーションを始めたばかりの企業に必要なツールを提供します。

HCLSoftwareについて

HCLSoftware は、次の 4 つの主要分野でソリューションを開発、マーケティング、販売、サポートすることでデジタル + 経済を促進します。 データと分析。 AI、インテリジェントなオートメーション、エンタープライズ セキュリティ。 HCLSoftware は、フォーチュン 100 企業の大部分とフォーチュン 500 企業のほぼ半数を含む 20,000 を超える組織の絶え間ない製品革新を通じて顧客の成功を推進しています。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修