Cover Image

HCLSoftware によるマーケティングの卓越性の再定義:MMH SPARK Matrix™ のリーダーに選ばれた理由

2024/6/5 - 読み終える時間: 2 分

HCLSoftware Redefines Marketing Excellence: See Why We Are Named a Leader in the MMH SPARK Matrix™ の翻訳版です。

HCLSoftware によるマーケティングの卓越性の再定義: MMH SPARK Matrix™ のリーダーに選ばれた理由

2024年5月2日

著者: HCLSoftware

MMH SPARK Matrix™ 2023 において HCLSoftware は MMH SPARK Matrix™ のリーダーとして注目を集め、マーケティング戦略を変革する手腕を披露しています。この認定は、HCL Unicaが様々な分野でマーケティングパフォーマンスを強化する優れた能力を持つことを示すものです。HCL Unicaは、統合プランニングやオムニチャネルマーケティングから洞察に満ちた顧客行動分析に至るまで、精度の高いマーケティング機能と多彩なデータモデルで際立っています。

この功績は単なる勝利ではなく、マーケティングの未来を形成する上でHCL Unicaが極めて重要な役割を担っていることが認められました。

「HCLSoftware は、MMH SPARK Matrix™ 2023 のリーダーとしての地位を固めました。同社の製品である HCL Unica は、キャンペーン サイクルの短縮、強力なブランド価値とロイヤルティの創出、応答率の向上に役立つさまざまな機能を提供することで、企業のマーケティング パフォーマンスの向上を支援する強力な MMH プラットフォームです。同社の主要な技術的差別化要因には、統合された計画、予算編成、マーケティング業務、オムニチャネルゴールベースのマーケティング、顧客行動分析、大規模な精密マーケティング、データ展開モデルなどがあります。」

Quadrant Knowledge Solutions の SPARK Matrix™ とは

Quadrant Knowledge Solutions の SPARK Matrix™ は、主要な市場プレーヤーのポジションと戦略的地位にスポットライトを当て、市場環境の包括的なビューを提供します。単に市場参加者を視覚的に表現するだけでなく、各サプライヤーが様々なパフォーマンスパラメータに基づいて競合他社とどのように比較しているかを明らかにすることで、極めて重要な戦略的洞察を提供します。これらのパラメータは、テクノロジーエクセレンスとカスタマーインパクトの 2つの重要なカテゴリーに分類されます。

このレポートを入手する理由

  • 世界のMMH市場の複雑なダイナミクスを理解する。
  • デジタルマーケティングにおける課題と解決策、特に顧客エンゲージメントとロイヤルティ強化におけるMMHの重要性についての洞察を得る。
  • マルチチャネルマーケティングハブの構成要素と、複数のチャネルにまたがるパーソナライズされたエンゲージメントをどのように編成するかを学びます。
  • 今日のマーケティングにおけるMMHの戦略的重要性と導入の増加について、顧客プロファイル管理とキャンペーン実行におけるMMHの役割を中心に説明します。

HCL Unica の特長

HCL Unica は単なるマルチチャネルマーケティングハブではありません。拡張性と柔軟性を独自に融合させ、あらゆる規模の企業が複数のチャネルでパーソナライズされたマーケティングキャンペーンを立案実行できるようにします。Unicaは、マーケティングの精度と革新性を体現し、以下を実現します:

  • 規模に応じた精密な顧客ターゲティング: 幅広いオーディエンスを正確かつ効率的にターゲットセグメントに変換

  • リアルタイムのパーソナライゼーション: 適切なタイミングで顧客の心に響く体験をカスタマイズ

  • 包括的なマーケティングプランニングと予算管理: すべてのマーケティング費用をROI向上のための投資として活用

  • ゴールベースのジャーニー管理: タッチポイントだけでなく、目標に沿ったカスタマージャーニーのマッピング

  • 統合データレイヤー(CDP)と顧客行動分析: データを実用的な洞察に変え、よりスマートなマーケティングの意思決定を実現

SPARK Matrix™ 2023年レポートでは MMH 市場の全容を明らかにし、HCL Unica やその他のトップパフォーマーが、パーソナライズされた顧客エンゲージメントの未来をどのように形成しているかを解説し、また、主要MMHベンダーの製品、市場での存在感、価値提案を詳細に分析しています。


Cover Image

データドリブンマーケティングの極意:よくある課題の解決策

2024/6/5 - 読み終える時間: 3 分

Mastering the Art of Data-Driven Marketing: Solutions for Common Challenges の翻訳版です。


データドリブンマーケティングの極意:よくある課題の解決策

2024年5月24日

著者: Amanda Tevis / Product Marketing Manager

デジタルマーケティングの複雑な状況を切り抜けるには、課題、特にデータ分析の複雑さに起因する課題を巧みに理解し、巧みに対処しなければなりません。エンゲージメント率の低さ、カート放棄率の高さ、キャンペーン ターゲティングの非効率性など、マーケティングでよくある問題は、データと行動分析の力を活用した実用的なソリューションで解決できます。実際の例を挙げることで、これらの戦略は必要性と有効性を示し、マーケティング担当者がこれらの課題に立ち向かう際にサポートを受けられることを再確認させます。このアプローチでは、データに基づく分析がデジタル マーケティングの一般的な課題を実用的かつ適用可能な方法で解決する方法を示し、マーケティング担当者を支援することを目指しています。

課題 1:複雑なカスタマージャーニー

顧客は、ソーシャルメディアやウェブサイトなどのオンラインプラットフォームや、来店やダイレクトメールなどのオフラインの方法など、多くのチャネルを通じてブランドと関わっています。そのため、複雑なカスタマージャーニーが生まれ、追跡や分析が難しくなります。従来のマーケティングツールは、さまざまなソースからのデータを統合するのに手助けを必要とすることが多く、その結果、顧客の行動や嗜好を断片的にしか把握できません。この限界は、カスタマーエクスペリエンスに対する不完全な洞察につながり、効果的でまとまりのあるエンゲージメント戦略の開発を妨げ、あらゆるタッチポイントでのインタラクションを最適化する機会を逃すことになります。

ソリューション:行動分析ツールを採用することで、企業はオンラインオフラインを問わず、複数のインタラクションポイントからのデータを集約し、カスタマージャーニーを包括的に捉えることができます。総合的な視点は、すぐには明らかにならない顧客行動の隠れた洞察やパターンを明らかにし、マーケティング担当者がエンゲージメントの完全な経路を理解することを可能にします。行動分析ツールは、顧客ライフサイクルのさまざまな段階に合わせたターゲット戦略を構築し、各段階における特定のニーズや嗜好に対応します。エンゲージメントの低い領域や無視されている機能など、顧客や見込み客がウェブサイト上で行っていないことを強調することで、マーケティング担当者はアプローチを改善し、戦略が徹底した実行可能なデータに基づいていることを確認することで、信頼性を高められます。

このソリューションを導入するために、企業はデータアナリスト、カスタマーエクスペリエンスのスペシャリスト、デジタルマーケターからなる部門横断的なチームを設立することで、協力的な環境を醸成することができます。このチームが協力することで、行動分析レポートを定期的に見直し、顧客ペルソナを作成改良し、カスタマージャーニーのステージをマッピングし、介入すべき重要なタッチポイントを特定することができます。このような取り組みを部門間で連携させることで、同社は、特定の製品にフォーカスすることなく、行動インサイトを活用して顧客エンゲージメントと満足度を全体的に高める一貫した戦略を実現しています。このアプローチにより、戦略の有効性が向上し、チームメンバーの一体感と目的の共有が促進されます。

:顧客エンゲージメントと売り上げを強化しようとしている中規模のオンラインアパレル小売業者を考えてみましょう。同社は、データアナリスト、カスタマーエクスペリエンスのスペシャリスト、デジタルマーケティング担当者からなる部門横断的なチームで構成されており、隔週でミーティングを開き、包括的な行動分析レポートを検討しています。これらのレポートから、多くの顧客が決済ページでショッピングカートを放棄していること、サイトのレコメンデーションエンジンとのインタラクションが最小限であることが判明しました。これらの洞察をもとに、チームはチェックアウトプロセスをより合理的でユーザーフレンドリーなものに調整し、レコメンデーションエンジンをユーザーの嗜好や閲覧履歴に沿ったものに改良しました。このような的を絞った調整により、カート放棄率が顕著に減少し、パーソナライズされたおすすめ商品へのエンゲージメントが高まり、全体的な売り上げが大幅に向上しました。

課題 2:規模に応じたパーソナライゼーション

ビジネスの規模が拡大するにつれ、何千人、何百万人という個人を対象としたコンテンツのパーソナライゼーションに関わる膨大なデータ量に圧倒され、既存の手作業によるプロセスやシステムでは対応しきれなくなります。パーソナライゼーションには、個人の嗜好、行動、エンゲージメント履歴を深く理解する必要があります。有意義なパーソナライゼーションを実現するために複数のソースからデータを統合分析するには、多大な技術投資と専門知識が必要となり、成長するビジネスにとって大きな障壁となります。マーケティング担当者は、個人の関連性と幅広いリーチのバランスを取らなければなりません。

ソリューション:ページビュー、クリックスルー率、インタラクション時間など、デジタルのボディランゲージを活用することで、マーケティング担当者は顧客の意図や嗜好を理解し、詳細な行動基準に基づいたより正確なオーディエンスのセグメンテーションが可能になります。このセグメンテーションは、各グループの特定のニーズや関心に共鳴するコンテンツを調整するのに役立ち、個々のカスタマイズよりもターゲットを絞った戦略にリソースを集中させることで、パーソナライゼーションをスケーラブルなものにします。このようなセグメントに基づいてコンテンツのパーソナライズを自動化することで、マーケティングチームは、高レベルのパーソナライゼーションにありがちな運用の過負荷をかけることなく、膨大な顧客ベースの固有のニーズに効率的に対応できます。

事例ヨーロピアンクリケットネットワーク(ECN)は、ファンとのエンゲージメントを拡大し、試合当日の現場での体験を超えるパワーを提供したいと考えていました。究極のファン体験を構築するため、HCLSoftware と ECN はユーザーエンゲージメント戦略全体を自動化し、パーソナライズするために提携しました。ECNは、(1) コミュニケーションとアウトリーチ、(2) ファンプロフィールの獲得管理、(3) ファン調査とデータ整理の改善を望んでいた。これは、HCL Marketing CloudHCL DiscoverHCL Actian Data PlatformHCL Now を組み合わせることで実現しました。ファンの直接的な意見を取り入れることで、ECN のエンゲージメント戦略全体がより効果的になり、世界中のより多くのファンがクリケットに積極的に関わるようになりました。

課題 3:圧倒的なデータ量

さまざまなデジタルチャネルから大量のデータが流入すると、マーケティング担当者は圧倒されます。膨大な数の無関係な情報や冗長な情報から必要なインサイトを絞り込むには、支援が必要です。この大洪水はしばしば分析麻痺を引き起こし、膨大なデータセットをナビゲートし、優先順位をつけるという困難な作業のために、意思決定プロセスが大幅に遅れたり、止まってしまったりします。市場トレンドに迅速に適応し対応する能力が向上し、タイムリーで効果的なマーケティング戦略やキャンペーン調整の妨げになる可能性があります。

ソリューション:行動分析ツールをマーケティングオートメーションソリューションと同時に導入することで、企業は大規模なデータセットを効率的に管理するための強力な組み合わせを手に入れられます。行動分析ツールは、顧客とのやり取りからパターンと嗜好を抽出し、消費者の行動を理解するために不可欠な詳細なインサイトを提供します。一方、マーケティングオートメーションシステムは、これらのインサイトを使用して、ターゲットを絞ったマーケティングアクションの自動化とスケーリングを行い、データ処理を効率化し、マーケティング活動を的確かつ効果的に行います。全体として、これはエンゲージメントとコンバージョン率の向上につながます。

行動分析とマーケティングオートメーションの相乗効果を最大化するために、企業は、パーソナライズされたマーケティングキャンペーンを提供するために、分析によって特定された行動トリガーと統合ワークフローを確立する必要があります。例えば、顧客が特定の製品カテゴリーに興味を示したときに、カスタムメールコンテンツやパーソナライズされたオファーを送信することで、エンゲージメントとコンバージョン率を大幅に向上させられます。

:家電を中心とした著名な小売りチェーンの例を見てみましょう。この企業では、行動分析をマーケティングオートメーションプラットフォームにシームレスに統合し、オンラインとオフラインのチャネルで顧客の購入やオンライン閲覧行動を追跡しています。高度なアルゴリズムを使用することで、購買パターン、製品の好み、エンゲージメントレベルに基づいて、顧客を詳細なカテゴリーに自動的にセグメント化します。この統合により、高度にパーソナライズされたメールキャンペーンの実施が可能になり、関連性の高い新製品の発売、技術アクセサリーの推奨、限定プロモーションなどを提供することで、顧客エンゲージメントを大幅に高め、売り上げの増加を促進することができました。

課題 4:マーケティングROIの実証

様々な要因が複雑に絡み合って消費者行動に影響を与えるため、単一のキャンペーンの影響を切り分けるのは困難であます。明確な指標と因果関係の証拠があれば、マーケティング活動の投資収益率(ROI)を実証することがより管理しやすくなり、その効果を確実に評価できるようになります。ROIの証明が困難であれば、将来の予算配分や戦略的意思決定が危うくなり、利害関係者は、明確で定量化可能な効果がないマーケティング活動への投資をためらう可能性があります。

ソリューション:マーケティング施策を具体的なビジネス成果に効果的に結びつけ、ROIを示すためには、行動分析をマーケティング戦略に組み込むことが不可欠です。行動アナリティクスを採用することで、マーケティング担当者は、最初のエンゲージメントから最終的なコンバージョンに至るまで、顧客がさまざまなマーケティングチャネルやキャンペーンとどのように接したかに関する詳細なデータを取得し、分析できるようになります。このデータによってマーケティング担当者は、どのアクティビティが顧客の行動を促進しているかを特定し、オーディエンスをより正確にセグメント化し、洞察に基づいてリアルタイムのキャンペーンを最適化できます。

実践的な導入のためには、マーケティング担当者は、売り上げの増加、顧客維持率の向上、顧客生涯価値の向上など、ビジネス上の目的に直接合致する主要業績評価指標(KPI)を定義することから始めるべきです。次に、行動分析ツールを使ってこれらのKPIを様々なレベルで追跡し、特定のマーケティングアクションと消費者行動の変化を結びつけます。これによって、何がうまくいっていて何がうまくいっていないのかの明確なマップが得られ、異なるセグメントや製品にわたって成功した戦術を予測し、拡大する能力が強化されます。

このデータをマーケティングオートメーションプラットフォームに組み込むことで、リアルタイムのインサイトに基づいてマーケティング戦略を自動変更し、効率と効果を高めることができます。システムに継続的にフィードバックすることで戦略が常に改善され、マーケティング費用が最適化され、測定可能なビジネス効果に直接貢献するダイナミックなループが生まれます。このループは、利害関係者にROIの明確なデータ主導の証拠を提供するため、予算配分の継続または増加のケースを大幅に強化します。

:ある家電専門の eコマース企業は、デジタルマーケティング施策のROIを実証するという課題に直面しています。同社は、メールキャンペーンやソーシャルメディア広告などの特定のマーケティング施策に直接結びついた、販売転換率や顧客維持率などの明確なKPIを設定。行動分析を統合し、デジタルプラットフォーム全体で顧客の行動を追跡分析することで、製品の閲覧、カートでのやりとり、購入パターンを特定し、顧客の嗜好や行動に反映させています。

このデータを活用して、マーケティングオートメーションプラットフォームは、顧客の行動に基づいてセグメント化し、潜在顧客向けのターゲットメールやロイヤルカスタマー向けの特別オファーなど、パーソナライズされたマーケティング活動を自動的に作成します。また、クリックスルー率が低い場合はメールの内容を微調整したり、購買意欲はあるが取引が完了していないユーザーに割引を提供したりするなど、アナリティクスの洞察に基づいてマーケティング戦術を動的に調整します。行動分析から得られる詳細なROI分析は、特定のキャンペーンの効果とROIに関する具体的なデータを関係者に提供します。これにより、マーケティング費用の最適化、将来の投資に対する情報に基づいた意思決定、データ主導の洞察による全体的なビジネス成果の向上が可能になります。

データや行動インサイトを通じてこうしたマーケティングの課題に対処することで、業務効率が向上し、顧客満足度とビジネスの成長が高まります。これらのソリューションを採用することで、データを戦略的資産に変え、より多くの情報に基づいた意思決定を促し、より良い成果を達成できます。競争が激化する中、データを効果的に活用することで、他社との差別化を図り、マーケティングの成功を大きく左右することができます。

データ分析の詳細・デモについては、ごちらからご連絡ください。


Cover Image

State Bank of India が HCLSoftware と提携し、顧客エンゲージメントをデジタルに変革

2024/5月/16 - 読み終える時間: ~1 分

State Bank of India partners with HCLSoftware to digitally transform customer engagement の翻訳版です。


State Bank of India が HCLSoftware と提携し、顧客エンゲージメントをデジタルに変革

インド、ノイダ、2024年4月26日 - HCLTech のソフトウェア事業部門である HCLSoftware は本日、State Bank of India (SBI) がSBIのデジタルトランスフォーメーションプログラムの一環として、MarTech ソリューションに採用されたことを発表しました。

5年間の契約の一環として、HCLSoftware は HCL Unica プラットフォームを導入し、SBI がデジタル個人データ保護法 (DPDPA) やその他の厳しいセキュリティ要件を遵守しながら、顧客との対話の枠組みをデジタル化し、銀行の多様なデジタルマーケティングチャネルで超パーソナライズされたコミュニケーションを提供できるようにします。

HCL Unica は、先進的な顧客データ・プラットフォーム、AI機能、包括的なキャンペーン管理ツールを備え、リアルタイムのデータを活用して SBI の顧客エンゲージメント能力を大幅に向上させる。HCL Unica は、複雑なマルチチャネルのデジタル・マーケティング・キャンペーンを促進し、顧客エンゲージメントの精度と関連性を高めます。HCLSoftware の Chief Revenue Officer である Rajiv Shesh のコメントは以下のとおりです。

「このパートナーシップは、デジタル・トランスフォーメーションを大規模に実現する HCLSoftware の革新的な能力の強さを強調するものです。HCL Unicaが世界最大級の銀行業務改革を実現し、SBI が優れた顧客エンゲージメントと顧客体験を提供できるよう支援できることを誇りに思います」

HCL Unica の強力なカスタマーデータ・プラットフォームは、SBI の様々なタッチポイントからの顧客データを整理・集約し、より深い洞察と的を絞ったマーケティング活動を促進する統合ビューを作成します。


Cover Image

HCL Unica Deliver でモバイルプッシュの可能性を引き出す

2024/4/13 - 読み終える時間: 2 分

Unlock the Potential of Mobile Push With HCL Unica Deliver の翻訳版です。

HCL Unica Deliver でモバイルプッシュの可能性を引き出す

2024年4月12日

著者: Gordon Patchett / Product Manager for HCL Unica Deliver

メールやSMSメッセージは、顧客とのコミュニケーションチャネルとして効果的で広く使われているツールですが、モバイルプッシュメッセージングにはない欠点があります。

HCL Unica Deliver は、メール、SMS、モバイルプッシュ、WhatsAppなど、様々なコミュニケーションチャネルを通じて顧客とエンゲージすることを可能にします。HCLSoftwareの顧客の大多数にとって、メールとSMSはデジタルマーケティングの領域で主要なチャネルであり、モバイルプッシュは3位を占めています。しかし、メールとSMSの両チャネルには、ある課題があります。

メールチャンネル

メールは今日でも最も人気のあるデジタルチャンネルです。マーケティング組織にとって、メールは常に顕著な投資収益率(ROI)を示しており、あらゆる規模の企業にとって貴重なツールとなっています。しかし、そのメリットとは裏腹に、メールマーケティングにはマーケター独自の課題もあります。そのいくつかを探ってみましょう。

メールレピュテーションの構築

Gmail、Outlook、Yahooなどのメールサービスプロバイダ(ESP)は、スパマーを特定するために高度なAIフィルタリング手法を採用しています。大量のメールキャンペーンを送信するには、まずESPとの評判を確立する必要があります。そのためには、時間をかけて送信するメールの数を増やし、より多くの受信者に興味を持ってもらう必要があります。ESPは、開封やクリックスルーなどのポジティブなインタラクションに基づいて受信トレイへのメール配信を優先しますが、ネガティブなフィードバックがあると、メールが迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性があります。

良い送信者レピュテーションを維持するには、データ品質の衛生管理を徹底する必要があります。エンゲージメントのないメールアカウントや古くなったメールアカウントにメールを送信すると、ESPからペナルティを受ける可能性があります。特に毎日何百万通ものメッセージを送信している場合は、配信率に大きな影響を与える可能性があります。このような状況はメール特有のものです。モバイルプッシュとアプリ内プッシュメッセージングを活用することで、送信者レピュテーションの構築と維持に労力の一部を振り向ける補完的なソリューションを提供できます。

HCL Unica DeliverはAI技術を採用し、お客様がダークプールの状況を管理できるよう支援します。この問題はメール特有のものでもあり、不正な送信者と戦う必要性やデータプライバシーに関する懸念の高まりが背景にあります。アップルは、不正確な開封率やクリック率に対処する厳格なメール保護ポリシー(MPP)を定めています。これらの対応を誤ると、マーケティング活動に大きな影響を与える可能性があります。

SMSチャネル

SMSメッセージの90%近くが、受信後3分以内に開封されています。SMSは、非常に高い開封率やクリックスルー率など、多くの利点を提供しますが、このコミュニケーションチャネルにも課題があります。

高コスト

電気通信事業者でない限り、SMSをビジネス目的で使用する場合、メールやプッシュ通知に比べ、数百倍のコストがかかります。法外なコストにもかかわらず、SMSが提供する高いエンゲージメント率は、重要なメッセージや収益を生み出すメッセージにとって有効な選択肢となり得ます。

マルチメディアの欠如

テキストのみのSMSメッセージは160文字に制限されています。HCL Unica Deliverでは、マルチパートメッセージの配信が可能ですが、サービス利用者は160文字の各メッセージ部分に対して課金されます。メッセージにパーソナライズフィールドを使用すると、長さが可変になる可能性があり、二重課金を避けるために注意深く管理する必要があります。

HCL Unica Deliverは便利な文字カウンターを提供し、パーソナライゼーション・フィールドに固定の文字長を適用できますが、これはパーソナライゼーション・フィールドの値の最大長をチェックする場合にのみ正確です。

モバイルプッシュ通知

モバイルプッシュ通知には、ネイティブプッシュ通知とアプリ内プッシュメッセージの2つの主要カテゴリがあります。

ネイティブプッシュ通知は、アップルやアンドロイドのネイティブメッセージングサービスを利用して、モバイルデバイスのロック画面に直接プッシュメッセージを配信します。これらのメッセージはSMSよりもリッチで、画像とテキストの両方を組み込めます。

アプリ内プッシュメッセージは、モバイルアプリに直接送信されるメッセージで、動画などのリッチな機能を提供し、モバイルデバイスの画面全体を利用できます。

どちらもSMSと同様に開封率が高いです。さらに、顧客を特定の目的地に誘導するディープリンクを含むことができ、高度にパーソナライズできるため、コンバージョン率も高いです。SMSメッセージよりも費用対効果が高いことも大きな利点です。より少ない費用で、よりリッチなコンテンツで同様の結果を得られます。

現在のデジタル環境では、デジタルマーケティング担当者は、メール、SMS、プッシュ通知という3つの非常に強力なチャネルを自由に使えます。これらのチャネルを効果的に活用している企業は利益を得ることができるが、そうでない企業は、過剰な出費やチャネル維持コストの増加により、マーケティングキャンペーン全体のROIに影響を与えるリスクがある。賢明なマーケティング組織は、3つのチャネルすべてを活用して顧客との対話を促進します。HCL Unicaは、これらの主要なチャネルにおけるメッセージの作成と調整を簡素化します。HCL Unicaがどのようにお役に立てるか、詳しくはお問い合わせください。


Cover Image

顧客の意思決定を解読する: 行動のインターネットの台頭

2024/4/11 - 読み終える時間: 2 分

Decoding Customer Decisions: The Rise of Internet of Behavior の翻訳版です。


顧客の意思決定を解読する: 行動のインターネットの台頭

2024年4月8日

著者: Abhinav Khare / Head, Open Innovation at HCLSoftware

想像してみてほしい。ソーシャルメディアを見ていて、新しいランニングシューズが欲しいと何気なく言ったとします。翌日、あなたはお気に入りのスニーカーのターゲット広告を目にします。不気味でしょう?そうではありません。これは「行動のインターネット」なのです!企業にとって、顧客を満足させ、また来店してもらうためには、常に時代の先を行くことが重要なのです。ここ数年、画期的なテクノロジーの出現がソフトウェアの世界に革命をもたらし、世界中のさまざまな企業が顧客のニーズを理解し、それに応えるためのかつてない機会を提供しています。こうした変革的なテクノロジーの中でも、「行動のインターネット(IoB)」は、企業が消費者と対話し、その意思決定プロセスを読み解く方法を再構築する強力な力として台頭してきました。

IoBは、消費者の心を動かすものを理解することです。IoBは、消費者のニーズや欲求を予測するために、携帯電話やソーシャルメディア、さらには家庭内のスマートデバイスからのデータを分析します。HCLSoftware Engineering Trends 2024 レポートによると、IoBは次世代ソフトウェアの「ピーク・マトリックス」の重要な分岐点に位置し、今日の世界で進化し続けるニーズの中でシステムをより弾力的にします。

Internet of Behavior(IoB)という言葉は、ソフトウェアの世界ではまだ広く確立された概念ではないかもしれないが、この業界ではすでに、リアルタイムのデータ、ユーザーのニーズ、継続的な改善、つまり回復力の向上といった、IoBの中核となる考え方を共有する実践から利益を得ています。超パーソナライズされた体験のキュレーションから、オーダーメイドのマーケティング・キャンペーンの実施まで、そしてその間にあるあらゆるものまで、IoBは人間の行動を予測するだけでなく、それに影響を与えることを目指しています。

HCL Unica のバイスプレジデントである Karunesh Abrol は、「マーケティングオートメーションプラットフォームの展望の中で、IoBの原則の注入はパラダイムシフトを示し、超パーソナライズされた、合理化された、非常に効果的なマーケティング手法の時代の到来を告げるものです」と述べています。完全に統合されたエンタープライズマーケティングオートメーションプラットフォームである HCL Unica は、IoBツールからデータを取り込み、リアルタイムだけでなくバッチでもパーソナライズされたキャンペーンを作成できる立場にあります。

IoBとは何か?

IoBは、ソーシャルメディア、モバイルデバイス、IoTセンサーなど、さまざまなソースからデータを収集・分析し、人間の行動に関する洞察を得ることを中核とします。顔認識、生体認証センサー、位置追跡などのテクノロジーはIoBにおいて極めて重要な役割を果たし、小売業者は顧客の嗜好、習慣、購買パターンを理解することができます。これらの洞察を活用することで、小売業者は個々の顧客に合わせたサービスを提供し、顧客満足度とロイヤルティを高めるパーソナライズされた体験を生み出すことができます。

ここでは、IoBがもたらす変革の影響と、それが顧客にどのようなメリットをもたらすかについて詳しく説明します。

1. テーラーメイドのユーザージャーニー

  • 豊富なデータの活用: マーケティングオートメーションツールは、IoBから得たインサイトを統合することで、個人レベルで共鳴するユーザーエクスペリエンスを構築し、深くパーソナライズされたメッセージやインタラクションを作成できます。

  • 予測的アクション: これらのシステムは、パターンを解釈することによって顧客の行動を予測する先見性を獲得し、それによって顧客の興味を先回りして満たす、または刺激するマーケティング活動を編成します。

2. エンゲージメント指標の向上

  • レスポンシブ・マーケティング戦術: ユーザーの行動に関するきめ細かなデータを取得することで、自動化されたシステムは、特定のユーザーアクションに続いてパーソナライズされたコミュニケーションをトリガーするなど、カスタマイズされたレスポンスを実行し、インタラクションの関連性と適時性を高められます。

  • タイムリーなエンゲージメント: IoBインサイトの基盤により、マーケティングツールは、精度の高いターゲット情報やオファーで、ユーザーの受容性が高い瞬間にエンゲージすることができ、エンゲージメントの可能性が高まります。

3. 戦略的洞察と実行

  • セグメンテーションの精度: 行動インサイトが顧客セグメンテーションを精緻化し、マーケティングメッセージがより正確かつ効果的に的中するようにします。

  • リソース配分の効率化: 行動主導型のコンバージョン経路を洞察することで、マーケティングリソースをよりスマートに配分し、投資対効果の高い戦略に集中できます。

今後に向けて

アブロールは、Internet of Behavior の戦略的意味を認め、次のように述べています。 「未来に目を向けると、IoBがマーケティング・広告業界に与える影響は、さらに深刻なものになるでしょう。人工知能、機械学習、データ分析の進歩は、革新的なIoBアプリケーションの開発に拍車をかけ、企業が成長と差別化のための新たな機会を解き放つことを可能にします。エンジニアリング・トレンド・レポートもこの意見に賛同し、IoBデバイスとプラットフォーム間の相互運用性標準の強化が、将来の成功を左右する重要な役割を果たすことを強調することで、このコンセプトの大きな可能性に言及しています。

まとめると、Internet of Behaviorsの登場は、マーケティングオートメーションにおける新たなフロンティアの到来を告げるものであり、パーソナライゼーションの比類のない深さと運用効率を特徴とします。しかし、この革新的な展望は、倫理的なデータ利用と、ユーザーのプライバシーを保護する強固なセキュリティ・プロトコルの厳格な遵守も義務付けている。この微妙なアプローチにより、マーケティング戦略は目的を達成するだけでなく、あらゆるタッチポイントで個人を尊重しながら行うことができるのです。

変化し続ける産業界をナビゲートする中で、1つ明確なことがある。それは、イノベーションを受け入れ、変化に適応し、顧客のニーズを優先する企業に未来があるということです。企業はIoBの力を活用することで、より強固な関係を築き、デジタル時代における成功を収めることができます。


Cover Image

HCL Unica お客様事例: 株式会社ファンケル

2024/2/21 - 読み終える時間: ~1 分

株式会社ファンケルでは、化粧品や健康食品などの事業を通してお客様の美と健康をサポートする企業です。不安や不便といった世の中の「不」の解消を目指し、無添加化粧品やサプリメントなどの商品を、通販、店舗などを通じて提供しています。

そのマーケティングを支える仕組みとして HCL Unica を活用いただいております。HCL Unica はマーケティングオートメーション (MA) を上流から下流まで一気通貫で実現する製品です。コンポーネント型になっているため、キャンペーンなど目的に応じた組み合わせが可能な柔軟性も備えています。

詳細な内容を公開しましたので是非ご覧ください。

画像の説明


Cover Image

Elasticity Unleashed - Red Hat OpenShift 上 のHCL Unica Interact のカスタムオートスケーリングの技術

2024/1/22 - 読み終える時間: 5 分

Elasticity Unleashed - The Art of Custom Autoscaling of HCL Unica Interact on RedHat Openshift の翻訳版です。


Elasticity Unleashed - Red Hat OpenShift 上 のHCL Unica Interact のカスタムオートスケーリングの技術

2024年1月8日

著者: Siddharth Deshpande / Architect for Unica Cloud-Native Solution

強力なカスタマー・インタラクション・マネジメント・プラットフォームである HCL Unica Interact は、クラウド・ネイティブ・デプロイメントで最適なパフォーマンスとリソース管理を保証する独自のオートスケーリング機能を提供します。私たちは、シームレスなカスタマーエクスペリエンスの維持を保証し、変化するワークロードとリソース需要に動的に適応するオートスケーリング機能を活用しています。

オートスケーリングとは、リアルタイムの需要に基づいて、アプリケーションまたはインフラストラクチャに割り当てられるコンピューティングリソースを動的に調整する自動化されたプロセスを指します。クラウドコンピューティングやコンテナオーケストレーションプラットフォームで一般的に使用され、アプリケーションのスケーラビリティを管理し、さまざまなワークロードを効率的に処理できるようにします。

HCL Unica Interact Custom Autoscaling (v1)を理解する

HCL Unica Interact Autoscalingを深く理解することで、企業はワークロードの変動に直面しても、顧客対話管理システムのシームレスな運用を確保し、最終的に顧客エンゲージメントと満足度を向上させられます。

1. Unica Interact QoSセントリック・オートスケーリング 高品質なカスタマーエクスペリエンスを確保することが最も重要です。Unica Interact は、オートスケーリングに関して、QoS (Quality of Service) に真剣に取り組んでいます。API コールの応答時間が事前に定義されたしきい値を超えた場合、オートスケーリングは開始されません。このプロアクティブなアプローチにより、ワークロードのピーク時でもサービス品質が維持されます。閾値は Unica のヘルムチャートで設定できます。

2. きめ細かなオートスケーリング コントロールの強化 Unica Interact Helm チャートの設定により、特定のニーズに合わせてオートスケーリングプロセスを細かく制御できます。ヘルムチャートで直接スケーリングしきい値を定義することが可能です。さらに、このソリューションはきめ細かなコントロールを提供し、個々のUnicaオートスケーラーモジュール(スケジューリング、QoSなど)を無効にできます。

3. Unica Interact セッション・ドリブン・オートスケーリング Unica Interacts のオートスケーリングの主な特長の一つは、アクティブなセッションを考慮してポッドをインテリジェントにスケールダウンする機能です。各アプリケーション・ポッドのアクティブ・セッションを継続的に監視することで、Unica Interact は安全かつ制御されたオートスケーリング・プロセスを保証します。

4. 時間を意識したオートスケーリング オートスケーリングは、特定の時間帯に実行されるようにインテリジェントにスケジューリングできます。そうすることで、ワークロードがピークに達しない時間帯にオートスケーリングを起動し、逆に需要が高い時間帯には休止するように設定するできます。このスケジューリング機能は、プロパティファイルを使って簡単に設定でき、効率的なリソース管理を可能にします。

OpenShift上のUnica Interactのオートスケーリングの設定

  1. 以下の前提条件を完了してください。
  • OpenShift クラスタ
  • OpenShift上にデプロイされたUnica
  • Unica Interact と Interact Manager v 12.1.7 Docker イメージ
  • Unica Interact Helm チャートとチャート設定。
  • 永続ボリュームマウント - NFS
  • OpenShiftルート
  • メトリクスサーバ
  1. Interact Manager for Autoscalingで更新されたUnica Helmチャートを(サポートチケットで)リクエストする

  2. hcl-unica-interact-manager-envのconfigMap変数を設定してAutoScaling用の閾値を設定。

画像の説明

  1. helm upgrade unica hcl-unica -n project コマンドを実行します。

Unica Interact Custom Autoscaling

Unica Interact カスタムオートスケーリングプロセスは、完全にコンフィギュレーションドリブンであり、ヘルムチャートでコンフィギュレーションされた本質的な基準としきい値に基づいています。

画像の説明

Unica Interact ポッドは、特定の基準を満たすと、グレースダウンします。たとえば、Interact のレプリカが 3 つあるシナリオでは、平均 CPU 使用率が configMap で定義された設定しきい値を下回ると、Unica はスケールダウン処理を開始する前に、アクティブなセッション数やサービス品質 (QoS) のチェックなど、追加の検証を実行します。スケールダウンする前に、影響を受けるポッドは削除するようにマークされ、その後、デプロイは制御された組織的な方法でスケールダウンされます。

画像の説明

さらに、configMap内の構成変数を使用して、指定した時刻にポッドのスケールダウン処理を毎日、毎週、または毎週末にスケジューリングできます。このスケジューリング機能は、負荷のピーク時にアプリケーションのスケールダウンを防止し、運用上のリスクを効果的に低減します。

同様に、Interact の自動スケールアッププロセスもシームレスです。追加リソースの割り当ては、メモリ/CPU の使用率や Quality of Service 標準の遵守などの要因によって決定されます。

Unica Interact Helm チャート構成は、特定の要件を満たすために、オートスケーリングプロセスの細かい制御を可能にします。このソリューションはきめ細かなコントロールを提供し、個々のUnicaオートスケーラー・モジュールを無効にできます。

インラインの画像は、Unica Helmチャートを使用したOpenShift上の複数のInteractサーバーグループによるUnica Interactのデプロイを紹介しています。各サーバーグループにはそれぞれ異なるコンフィギュレーションが搭載されており、グループごとに個別のconfigMapで効率的に管理されています。

画像の説明

OpenShift上のUnica Interact Pod Metrics: 画像は、OpenShift上の各Interact PodのPod MemoryとCPU使用率をグラフィカルに表示したものです。これらのリアルタイムメトリクスはInteract Manager Podによって収集され、基準を満たした場合にデプロイがスケールされます。

画像の説明

ポッドがスケールアップすると、Interact ポッドの自動登録プロセスが完全に自動化されます。スケールアップのたびに、ポッドはUnica構成内に自動的に登録されます。同様に、スケールダウン操作では、ポッドの登録解除も自動化されます。この合理化されたプロセスにより、Interactポッドのシームレスなスケーリングが保証され、さまざまなワークロードに対するプラットフォームの適応性が最適化されます。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

主な利点

  • 効率的なリソース利用: 必要に応じてポッドを追加または削除することで、リソースの割り当てを最適化します。
  • アプリケーションパフォーマンスの向上: トラフィックの増加に応じてリソースを自動的にスケーリングすることで、アプリケーションの応答性と可用性を維持し、シームレスなユーザーエクスペリエンスを実現します。
  • コスト削減: オートスケーリングは、使用率の低いリソースを不要なときにシャットダウンすることで、クラウドのリソースコストを抑制します。
  • 信頼性の向上: オートスケーリングにより、アプリケーションはリソースの枯渇の影響を受けにくくなり、一貫したパフォーマンスと信頼性を確保できます。
  • 運用の簡素化: 手作業によるスケーリングは、ミスが発生しやすく、時間がかかります。オートスケーリングはこのプロセスを自動化するため、チームはより戦略的なタスクに集中できます。

課題と考察

オートスケーリングには多くの利点があるが、潜在的な課題を考慮することも重要である:

  • リソースの制約: リソースの制約:新しいPodに対応するためにクラスタのリソースを追加する必要がある場合があります。
  • レイテンシ: 急速なスケーリングは、Podの初期化時間の増加につながり、アプリケーションの応答時間に影響を与える可能性があります。
  • コスト管理: 自動スケーリングはアイドル状態のリソースを減らすことでコストを削減できますが、正しく設定されていない場合、トラフィック急増時のコスト増につながる可能性もあります。

セキュリティとコンプライアンスに関する考慮事項

Unica の docker イメージは RHEL UBI イメージをベースに構築されています。HCL Unica は最新の RHEL UBI アップデートを取り入れることに熱心で、デプロイが既知の CVE (Common Vulnerabilities and Exposures) に対して強化されていることを保証します。

CVE の脆弱性を修正するプロセスは、Unica のセキュリティに対するコミットメントの一部です。Unica の docker イメージを最新の状態に保つことで、最新のセキュリティパッチや潜在的な脅威に対する安全策の恩恵を受けられます。

まとめると、定期的なアップデート、CVE の緩和、業界標準の遵守により、Unica アプリケーションは安全です。

最後に

OpenShift/Kubernetes 上の Interact デプロイメントを自動スケーリングすることで、変化するワークロードにインフラをシームレスに適応させ、最適なリソース利用、パフォーマンス、コスト効率を確保できます。オートスケーリングの実装には慎重な計画と監視が必要かもしれませんが、その利点は課題をはるかに上回り、Unica Interact Auto-scaler はダイナミックな環境での効率的なスケーリングに不可欠です。


Cover Image

暗黙の意図の力を活用する

2023/12/28 - 読み終える時間: 2 分

Harnessing the Power of Implicit Intent の翻訳版です。


暗黙の意図の力を活用する

2023年12月20日

著者: Gary Schoch / Global Digital Experience and Commerce Cloud Leader

マーケターとしてのあなたの仕事は、顧客が何を必要としているのかわからないときでも、カスタマージャーニーのあらゆる時点で、顧客が必要としているものを的確に届けることです。

顧客は多くの場合、その行動を通じて明確な手がかりを与えてくれる。顧客がショッピングカートに本を入れたり、セーターの商品ページを繰り返し見たりするのは、その商品に興味があることを明確に示しているのです。こうした合図は解釈しやすく、カスタマージャーニーの舵取りの基礎として利用しやすい。

別の状況では、顧客が暗黙の意図に関する微妙な行動シグナルを送ってくることがあり、それを正しく解釈すれば、同様に強力なカスタマージャーニーを作成するのに役立つ可能性があります。正しい行動シグナルを収集し、正しく解釈するにはどうすればよいのでしょうか?ここでは、明示的な意図と暗黙的な意図について知っておく必要があることと、ビジネスの成長を促進するためにこれらの指標を使用する方法について説明します。

HCL Discover の詳細

圧倒されそうですか?しかし、適切なツールと的を絞った測定アプローチがあれば、明示的な行動と暗黙的な意図を分析するためのデータを収集することができます。

明示的な意図は理解しやすい

明示的な購買意欲は通常、顧客が商品を購入する意思を明白な形で示す。買い物客は、商品をカートに入れたり、関心フォームに記入するなど、購入の可能性が高いことを示す具体的な情報を提供するなど、確実性の高い行動をとることで、明示的な意思を表明する。明示的な意図はわかりやすいものです。。

例えば、銀行の顧客がクレジットカードのオファーに関するソーシャルメディアの投稿をクリックした場合、その行動は明示的な意図を示す。オファーを発行した銀行が、その顧客のためにパーソナライズされたクレジットカード申し込みジャーニーを作成すれば、コンバージョンを獲得できる可能性が高い。同様に、小売店の顧客が楽器店のソーシャルメディアに投稿されたエレキギターのセール情報をクリックすれば、その楽器を購入する可能性が高い。

マーケティング担当者であれば、検索結果に明示的な意図がどのように表示されるかをすでにご存知だろう。

見込み客が「最高のマーケティングオートメーションソフトウェア」と検索した場合、その行動は、顧客が教育を求め、トップのマーケティングオートメーションソリューションを比較しようとしていることを示している。一方、"buy office chair "のように "buy "という単語が含まれる検索は、取引目的の良い兆候である。

暗黙の意図には深い調査が必要

暗黙の意図(インプライド・インテント)は、通常、行動データと予測分析によって示唆されます。暗黙の意図は、明示的な意図ほど常に白黒はっきりしているわけではありませんが、この意図データを使って顧客が何を望んでいるかを推測し、それに合ったパーソナライズされたカスタマージャーニーを作成することもできます。多くの場合、顧客は自分の行動を通じて発信している意図のシグナルに気づいていません。

画像の説明

明示的な意図は、複数の行動シグナルを正確に解釈することに依存する暗黙的な意図よりも判断しやすい。

先ほどの銀行の顧客を例にとってみましょう。クレジットカードのキャンペーンに関するソーシャルメディアの投稿をクリックした後、銀行のウェブサイトを閲覧し、家族経営の事業承継に関する記事をクリックしたとします。そして、"スモール・ビジネス・プランニング "を検索したとする。銀行はこの行動データを使って、顧客の暗黙の意図、つまり小規模な家族経営の後継者計画を始めたいという意図を特定することができる。

このデータから、この顧客は銀行にとって最も業績が良く、最も注目される顧客層のひとつである富裕層ファミリービジネスに属する可能性が高いことがわかる。銀行は今、同じソーシャルメディア投稿から生じる2つのカスタマージャーニーのコンバージョンを獲得するチャンスを手にしている。

暗黙の意図は、企業が顧客により良いサービスを提供するために使用できる他の貴重な洞察を提供できます。例えば、見込み客が特定の机の製品ページをクリックしたとします。おそらく彼らはモバイルブラウザを使用しており、ピンチやズームでより詳細な製品ビューを見ることができます。そして、他のデスクと比較するために新しいウィンドウを開きます。これらは検討行動の兆候である。そこから小売業者は、送料無料コードなどの関連オファーや、デスクモデルの比較動画などのコンテンツを提供することで、顧客の意思決定プロセスをサポートできます。

明示的意図と暗黙的意図の測定

ご想像の通り、明示的な意図を測定するのは簡単なプロセスです。多くのマーケティングオートメーションプラットフォームでは、商品をカートに入れるなど、明示的な意図に関連する一般的な行動をすでに特定できるため、顧客をフォローして販売を獲得できます。

しかし、顧客の暗黙の意図を判断し、その意味を正確に予測するには、さまざまな行動インサイトが必要です。測定は、すべてのチャネルとプラットフォームで行う必要があります。Google Analyticsのようなレトロスペクティブなウェブ解析ツールで利用できるもの以外にも、低レベルのクリック行動を追跡・分析するための適切なツールが必要です。

例えば、コンテンツを読んでいる間のマウスホバー、製品ページの再訪問、ズームなどのジェスチャーなど、一般的な予測行動に関連するデータを取得することで、顧客が次に何をするかをより予測しやすくなります。顧客の意図を理解するためには、デジタルマーケティングチャネル(メール、ソーシャルメディア、SMSなど)、ウェブサイトの閲覧、アプリのインタラクション、あるいは営業電話などの対面コミュニケーションからデータを取得する必要があります。そうすれば、リアルタイムまたはほぼリアルタイムで関連するオファーを再ターゲティングし、役に立つと思われる魅力的なコンテンツを配信したり、その人だけにカスタマイズされたカスタマージャーニーを作成できます。

インテントを理解することはパワフル

画像の説明

インテントは、顧客のニーズとウォンツをより幅広く把握できます。顧客の行動が明確で、それが何を意味するのか間違いがない場合もある。また、顧客が何を望んでいるのかを理解するために、行間を読む必要がある場合もある。どちらのタイプの意図も、顧客のストーリーを形成するために織り成す情報の糸を明らかにし、顧客のニーズに合わせてコミュニケーションを調整する力を与えます。

私たちはよくクライアントに、「体験は与えられるものであり、エンゲージメントは選択である」と説明する。この視点を実現するためには、いくつかの形をとることができるオーダーメイドのコミュニケーションを通じて、オーディエンスの関心を引く必要があります。

  • 顧客の言葉を使う: 例えば、「包括的な顧客データベース」という言葉で貴社の顧客データプラットフォーム(CDP)を検索している人は、貴社がそのプラットフォームをどのように参照しているかを示しています。包括的な顧客データベース "の上位3つの特徴を強調したメールを送ることで、顧客を惹きつけられます。顧客の言葉を使うことで、親近感を抱かせることができます。

  • 疑問点を残さない: あなたが家電量販店だとする。顧客が新しいゲーミングコンピューターを探すためにウェブサイトにログインしたとします。商品ページを開き、スペックメニューを展開します。スペックを読んだ後、製品レビューを読み、製品写真をスクロールします。その後、新しいブラウザウィンドウを開き、あなたのサイトで別のブランドの同じようなスペックのコンピューターを検索します。顧客は、自分のニーズに合ったスペックのノートパソコンを購入したいという意思表示をしているのです。この意図を理解することで、次のゲーミングパソコンで探すべき上位5つの機能についてのビデオへのリンクを記載した、カスタマイズされたメールで顧客を教育することができます。

  • インセンティブ ここ数日、購入者があなたのサイトに何度もログインしていることにお気づきでしょうか。カートに商品を入れたものの、まだ購入には至っていない。ログインすると、カートに入れた商品と同じような商品をブラウズしていますが、価格は安く、レビューもあまり好意的ではありません。顧客の行動は、彼らが価格に敏感であることを示しています。送料無料やパーセント割引のコードなど、取引を完了させるためのインセンティブをメールやSMSで送信できます。

  • 商品の推薦: ある顧客が冬用防寒具のウェブサイトを閲覧したとします。彼らは帽子や手袋の検索結果をざっとスクロールし、いくつかの選択肢にカーソルを合わせましたが、商品ページまではクリックしませんでした。しかし、同じセッション中にジャケットを購入しました。顧客はアウターウェアに興味があり、帽子や手袋の選択肢をまだ探している可能性が高いというシグナルを送っている。顧客のシグナルを把握することで、すでに購入したジャケットに合うアウターウェアアクセサリーを紹介するターゲットを絞ったメールによるナーチャリングが可能になります。

このような集中的な取り組みは、一般的なマーケティングメッセージにとどまらず、顧客の選択という概念に焦点を当てた魅力的な体験を提供することで顧客との関係を改善し、コンバージョンや継続的な顧客ロイヤリティの可能性を高めます。

調査によると、行動経済学の原則を導入した企業は、売上成長率で85%、粗利益率で25%、同業他社を上回ることができる。顧客に合わせたコンテンツを提供することで、顧客は「見られている」「話を聞いている」「理解されている」と感じ、ビジネスに対する信頼とロイヤリティの向上につながります。明示的な意図と暗黙的な意図を理解し、行動分析を通じて両方を測定する能力を構築することで、ビジネスの成長を促進する、より強固なカスタマージャーニーを作成できます。

HCL Discover と HCL CDPのパワーで深い顧客インサイトを活用し、他社を凌駕するお手伝いをHCLSoftwareにお任せください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOpes Velocity DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Code RealTime DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Plan DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience Discover document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i iControl ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修