テクノロジーの統合: 次世代のHCL OneTest

2021/8/23 - 読み終える時間: ~1 分

Technology Integration: The Next Generation of HCL OneTest の翻訳版です。


テクノロジーの統合: 次世代のHCL OneTest

2021年8月23日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCL Software

画像の説明

HCL OneTest の最新リリースで最もクールな機能の一つは、様々なタイプの技術と統合できることです。

例えば、参照整合性を拡張してカスタムリレーションシップを追加したり、バージョン10.2でDDLを生成したりすることができます。

さらに、InstallAnywhere は、Installation Manager でサポートされている HCL OneTest 製品ファミリーの 14 言語すべてをサポートしています。これにより、翻訳されたインストールパッケージのおかげで、フレンドリーなインストール体験が保証されます。

HCL OneTest Server (GA)におけるHTTPトランスポートのサービス仮想化

Webサービス(SOAP、REST、HTTP)やIBM MQベースのアプリケーションをサポートし、サーバー上で仮想化することで、仮想サービスのスケーリングを簡素化し、デバッグを容易にし、新しいシステムモデル・ビューで使用状況を可視化します。

コントラクトテストのサポート: コンシューマ・ドリブン

APIが成熟するにつれ、提供者と消費者の間にはかなりの摩擦が生じます。- APIの仕様を少し変更しただけで、消費者の行動がおかしくなり、下流で複数の問題が発生する可能性があります。コントラクトテストにより、APIプロバイダとコンシューマは、API仕様の変更を迅速かつ容易に検証し、導入時の問題を回避することができます。

次世代のHCL OneTestについて説明したオンデマンドのウェビナーをご覧ください。


HCL OneTest: 次世代版におけるエンタープライズ・エコシステム

2021/8/20 - 読み終える時間: ~1 分

Enterprising Ecosystems: The Next Generation of HCL OneTest の翻訳版です。


HCL OneTest: 次世代版におけるエンタープライズ・エコシステム

2021年8月12日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCL Software

画像の説明

HCL OneTest の最新版のおかげで、企業のエコシステムでの生活が格段に楽になりました。

最新版ではどのようなことができるのか、簡単に見てみましょう。

Azure DevOps環境での作業

Microsoftの環境におけるAzure DevOpsサービスとの統合は、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために拡張され続けています。そうすることにしたのは、多くのお客様が開発やテストのシナリオにAzureプラットフォームを採用しており、その選択した環境でのサポートを継続したいからです。

さらに、パッケージ化されたAzure Kubernetes Serviceのデプロイメントサーバーをユーザーにインストールしてもらうことで、よりシンプルで管理しやすくなります。また、バックアップにはVeleroなどのAzure Kubernetesサービスを利用することで、真に統合された体験を提供しています。

HCL OneTest UIデスクトップエージェント

シンプルなテスト実行手段を提供することは、HCL OneTestのコアバリューであり、UIテスト用のシンプルなエージェントを公開することで、テスターが利用できる実行メカニズムの範囲を拡大します。デスクトップとモバイルの実行機能が更新されたことで、ユーザーはWindowsデスクトップアプリケーション、モバイルWeb、iOSおよびAndroidデバイスのハイブリッドアプリケーションで実行を指揮できます。

モバイル・ネイティブ・アプリケーションやハイブリッド・アプリケーションの自動化とテストが容易に

バージョン10.2では、ネイティブおよびハイブリッドのモバイルアプリケーションに対するアプローチも刷新されています。

Web UIテストのSmartShotテクノロジーを採用し、複雑なアプリケーションフローを記録し、プロセスの各ステップのインタラクティブなスクリーンショットで検証ポイントを設定することができるようになりました。これにより、テストにおける検証の設定にかかる労力が劇的に簡素化されます。また、OneTest UIは、ローコード/ノーコードのアプローチをとることで、AIドリブンヒーリングツールキットを適用し、テストのメンテナンスにかかる労力を大幅に削減できます。

モバイルデバイスでの実行は、エミュレータ、付属の物理デバイス、またはPerfecto、Bitbarなどのパートナーを介して実現できます。

MS Windowsデスクトップアプリケーションの簡単な自動化と検証

最新バージョンでは、Windows上のデスクトップアプリケーションのテストに対するアプローチも一新されました。

10.2のWindows Native Applicationsのサポートにより、Windows 10でのデスクトップアプリケーションのテスト方法が変わります。Webやモバイルのネイティブテストで行ってきたように、SmartShotのインタラクティブなスクリーンショット技術をデスクトップアプリケーションのテストに導入し、リッチなクロスアプリケーションのテストシナリオを可能にしています。

次世代のHCL OneTestについてのオンデマンド・ウェビナーをご覧ください。


HCL Software の DevOps はクラウドネイティブ

2021/7/22 - 読み終える時間: 3 分

HCL Software DevOps is Cloud Native の翻訳版です。


HCL Software の DevOps はクラウドネイティブ

2021年7月20日

著者: Elise Yahner / Marketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps

画像の説明

5年前、HCL Software チームは、当社のソフトウェア製品がダイナミックなパブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドに数分でデプロイされる未来を想像していました。今、私たちは HCL SoFy と HCL Now の立ち上げにより、その時点に到達しました。HCL Software DevOps グループは、このクラウドネイティブな変革の一翼を担えることに興奮しています。私たちのお客様にとってのハイライトは以下の通りです。

  • 当社のバリュー・ストリーム・マネジメント、自動テスト、変更管理、および継続的デリバリー・ソリューションが、最新のクラウド標準をサポートするようになりました。
  • 2,000以上の REST API エンドポイントにより、開発者はミッションクリティカルな企業システムの拡張、統合、カスタマイズを容易に行えます。
  • クラウドで提供される DevOps ソフトウェアのデモやトライアルを、購入前にセルフサービスで試せます。

最後の点は、当社の DevOps ソリューションを実際に体験して、既存の DevOps パイプラインとの連携を確認したい場合に特に有効です。HCL SoFy を使用すると、HCL Software のお客様とパートナーは、HCL Accelerate、HCL Launch、HCL Compass、または HCL OneTest のトライアルを数秒で入手できます。以下のステップに従うだけです。

  • hclsofy.com にアクセスし、Request Access をクリックします。リクエストが承認されると、SoFy のログイン情報が記載された確認メールが送られてきます。
  • SoFy にログインして、カタログを見ながら試したいソフトを選びます。オンラインショッピングのような感覚で、すべて無料でご利用いただけます。
  • サンドボックスやローカルにデプロイできるソリューションを即座に構築するために、好きなだけ製品を追加して「作成」をクリックします。作成した SoFy ソリューションは最大30日間有効です。

HCL Software のお客様やパートナー様でなくても、SoFy へのアクセスは可能です。まずはこちらからデモをご依頼ください。

画像の説明

SoFy サンドボックスにソリューションを導入すると、事前に入力されたデータが得られるので、自分でデータを入力しなくてもソリューションを遊ぶことができ、ソフトウェアの体験にすぐに飛び込めます。現在、HCL Software DevOps ソリューションの SoFy には以下のデモが存在します。

  • HCL Accelerate

    • Value Stream Bottleneck Detection (バリューストリームボトルネック検出)
    • 自分のエピックはどこにある?
    • コードはどこにある?
    • KPIs: ワークアイテム、デプロイ、テストの洞察
  • HCL Launch

    • Storefront のサインインの変更
  • HCL OneTest

    • UI、API、パフォーマンステストのためのストアフロント変更のテスト
  • HCL Compass

    • 不具合管理システム
    • SAFe を使用した HCL Commerce 開発チーム

また、ソリューションをローカルにダウンロードして、ご自身のデータで当社のDevOpsソフトウェアをお試しいただくことも可能です。さらに、1対1のサポートをご希望の場合は、いつでも対応いたします。当社のDevOpsエキスパートチームは、ベストプラクティスを説明し、お客様のユニークな組織をサポートする戦略を立てるのが得意です。

クラウドネイティブなソリューションに対して、よりマネージドなアプローチをご希望ですか?HCL Nowはクラウド・ネイティブ・アズ・ア・サービスのソリューションで、お客様が選択したパブリック・クラウド上に専用のセキュアな環境を展開し、管理します。HCL Now は、最新バージョンの HCL Software DevOps ソリューションと、専任のエキスパートによる管理を、クラウドの柔軟性、拡張性、利便性とともに提供します。

当社のすべての DevOps ソリューションは、HCL Now でオンデマンドで利用できますが、HCL Now での HCL OneTest Performance は、テストを簡単にしたい HCL Commerce ユーザーにとって特に便利です。このセットアップでは、インフラストラクチャー管理、製品のアップグレードとサポート、セキュリティとプライバシーコントロールのメンテナンスを含むターンキーテストソリューションを提供します。つまり、新しいインフラに投資することなく、実際のピーク時の負荷を簡単にテストすることで、より早く開始し、コストを抑えることができるのです。

今こそ、DevOps の旅をクラウドで実現する時です。9月16日午後12時(米国東部時間)に開催されるウェビナー に参加して、HCL Now が選択したクラウド・ネイティブ・プラットフォーム上で、当社の DevOps ソリューションの可能性を最大限に引き出す方法を学んでください。HCL Now は、お客様が選択したクラウド・ネイティブ・プラットフォーム上で、HCL Software のDevOps ソリューションの可能性を最大限に引き出します。登録はこちら から。

最後にもう一度。HCL Software の DevOps はクラウドネイティブです。


HCL Software DevOps: "Day in the Life" のデモ

2021/5月/19 - 読み終える時間: 6 分

A "day in the life" with HCL Software DevOps の翻訳版です。


HCL Software DevOps: "Day in the Life" のデモ

2021年5月18日

著者: Allan Wagner / HCL Software Transformation Architect

画像の説明

HCL Software DevOps は、あらゆる組織の DevOps ニーズを満たす統合ソリューションを提供しています。証拠が必要ですか?Emerald と呼ぶ架空のeコマース企業を使った例を見てみましょう。

エメラルドのメモリアルデーのビッグセールが数週間後に迫っています。この年に一度のセールイベントは、エメラルドの会計年度の中で2番目に大きな収益源であるため、サイトのすべてが完璧に機能していることが非常に重要です。残念ながら、エメラルドのサイトを訪れた人から、新規顧客として登録する方法がわからない、エメラルドのアプリケーションへのサインインに問題があるという報告がありました。製品チームはこの問題を修正し、Emerald がメモリアルデーのセールに間に合うように、できるだけ早く変更を本番に移さなければなりません。幸いなことに、Emerald は以下のような HCL Software DevOps ソリューションを使用しています。

これらのソリューションはすべて、HCLソフトウェアのクラウドネイティブソリューションである HCL SoFy に導入されており、Kubernetesを簡単に利用することができます。ユーザーは、HCL SoFyのカタログから使いたい製品を選び、「デプロイ」ボタンをクリックするだけ。数分後には、ユーザーは仕事に必要なソリューションを手に入れることができます。

Emerald社のプロジェクトマネージャーであるPaula氏は、HCL Compassでの作業中に、優先度の高い不具合が提出されたことに気付き、修復を開始するための計画フィールドを完成させました。その際、彼女はチーム、オーナー、そして履歴に基づいて適切と思われるストーリーポイントの数を特定します。また、ビジネス上の重要性を考慮して、サービスクラスを「迅速」に設定します。さらに、その修正が含まれるべきリリースとスプリントを選択し、バックログの状態に移行します。

画像の説明

次に、EmeraldのアナリストであるAlは、このワークアイテムをレビューし、開発者に追加情報を提供する。Alは、HCL Compassでバックログのすべてのワークアイテムを検索して、この最新のワークアイテムを見つけます。項目を開いて「計画」セクションを展開すると、AlはPaulaがこれを「迅速」とフラグを立て、アクティブなスプリントでの納品を予定していることがわかります。問題を完全に理解するために、Alはまず本番のEmeraldアプリケーションを調査し、ウェブサイトの訪問者がなぜ混乱しているかを確認します。彼は、HCL Compassで欠陥の説明を更新し、ワークアイテムを「分析済み」の状態にします。

エメラルドの開発者であるダイアンは、このスプリントですでにいくつかの仕事を割り当てられていますが、現在はいくつかの依存タスクが完了するのを待っています。帯域幅に余裕があるので、彼女はHCL Compassにログインして、作業状態に引き込める優先度の高いワークアイテムがないかチェックします。そこで彼女は、「迅速」とマークされた欠陥を見つけ、その作業項目のオーナーシップを受け入れ、修正作業を開始しました。

LindaはEmeraldの開発チームのリーダーです。彼女の一日は、この新しい欠陥を知らせるメールやメッセージが飛び交う中で始まり、その修正を製品に反映させることがいかに重要であるかを強調しています。このストレスに加えて、リンダはすでに自分のチームがキャパシティに達していることを懸念しており、根本的な原因やこのキャパシティの問題に対処する方法の答えを持っていません。HCL Accelerate では、Linda はバリューストリームのダッシュボードを見て、本番インシデントの概要を確認し、HCL Accelerate が Emerald Commerce Storefront バリューストリームの作業段階でボトルネックを特定したことに気づきます。バリューストリームを掘り下げると、Linda はボトルネックにカーソルを合わせ、それがフローの不均衡の結果であること、つまり「作業」段階に入る作業が出る作業よりも多いことを確認します。HCL Accelerateは、AI機能を使用してボトルネックを特定し、Accelerateのリポジトリに保存されているデータにアルゴリズムを適用することで、チームがスロースポットを特定するのを支援し、根本原因の詳細を提供して改善を加速させることができます。リンダは、チームの準備が整う前に作業を段階的に進めると、潜在的にチームの認知能力を超えてしまい、人為的でありながら回避可能なバリューストリームのボトルネックが発生することを知っています。リンダはまた、HCL Accelerate が「作業」ステージの「進行中の作業」制限を超えていることを強調していることに気づきます。彼女は、ワークアイテムのリストを確認し、過去24時間に2つの追加があることを確認します。ワークアイテムIDを素早く検索することで、Lindaは2つのワークアイテムを簡単に分離して確認することができます。また、スプリントごとにワークアイテムをフィルタリングすることで、アクティブなスプリントに関連する作業のみが実際に作業段階にあることを確認できます。必要なデータを手に入れたリンダは、次のスタンドアップミーティングで、作業をパイプラインステージに押し込んだり、引き込んだりするとフローが乱れることについて話し合うことにしました。

画像の説明

このデイリースタンドアップミーティングで、リンダは HCL Accelerate のスイムレーンビューを所有者別にフィルタリングした画面を共有しました。各チームメンバーが自分に割り当てられた作業の最新情報を共有した後、リンダは懸念を表明し、ストーリーの1つを分析段階に戻すことについてチームの考えを求めます。これにより、HCL Accelerate が指摘したボトルネックと仕掛かり品の問題が解決され、チームは優先度の高いタスクに集中することができます。

Emerald の製品オーナーである Peter は、機能リリースを遅らせる可能性のある顧客の問題が生産中であると人づてに聞いたため、心配になっています。状況に関する最新のデータを得るために、ピーターはHCL Accelerateのスイムレーンビューに行き、エピックでフィルタリングします。彼は、最も懸念している2つのエピックと、それらが本番でどのような状況にあるかをすぐに確認することができます。

画像の説明

LindaはDianeのソフトウェア修正を確認した後、Dianeからのプルリクエストをクローズし、変更を受け入れます。プルリクエストを閉じることで、マージとビルドが行われ、新しいバージョンがデプロイできるようになります。事態を迅速に進めるために、リンダは HCL Accelerate のパイプラインビューに移動し、新バージョンがベースのユニットテストと静的スキャンを持つ展開可能なアーティファクトとしてリストアップされていることを確認します。Linda は、最新バージョンを開発環境にデプロイする準備ができており、そこでレベルの高いテストを受けることになります。

画像の説明

HCL Launchで作業するLindaは、最新のアプリケーション・バージョンがどの環境にもデプロイされていないことを確認することから始めます。HCL Launchのスナップショット・ビューで、Lindaは新バージョンがデプロイ可能であることを確認し、従うべきデプロイメント・プロセスを選択して開発環境へのデプロイを要求します。実行ログでは、Linda氏はデプロイメントプロセスのすべてのステップを発生時に確認し、出力ログにドリルダウンして各ステップの詳細を見ることができます。API の力を利用して、HCL Launch は HCL Accelerate にデータを送信してパイプライン ビューを更新し、最新のアプリケーション バージョンが開発環境に正常にデプロイされたことを示します。

画像の説明

エメラルド社のテスターであるティムは、ある変更が開発環境にデプロイされることを知り、新しい機能を検証したいと思っています。ティムはHCL OneTest Serverで作業を行い、必要なテストを立ち上げます。Emeraldプロジェクトのダッシュボードを確認すると、さまざまなテストタイプの7つのテストスイートが実行されたが、そのうちの1つのテストスイートが失敗したことがわかる。アラームを鳴らす前に、ティムは失敗したテストスイートのHCL OneTestテスト実行結果をチェックします。実行されたテストステップをスクロールし、テスト中に実行されたアプリケーション画面の画像を見て、ティムはアプリケーションが正常に動作しており、テストも正しく実行されているという結論に達した。問題は、テストデータにある。

ティムは、テストデータが悪いためにテストが失敗することに不満を感じており、さらにテストデータファイルの管理に無駄な時間を費やしていることにも不満を感じていました。そこで彼は、HCL OneTest Serverのテストデータ作成機能で作成した合成テストデータを使って実験を行い、テストを実行することにしました。この実験が成功すれば、長期的には時間の節約になり、Emerald社のテスト活動を新たなレベルで最適化することができるとTim氏は考えている。HCL OneTest Serverのデータ作成画面で、ここで提供されたスキーマが、必要なデータフィールドを正確に含むテストデータファイルを生成することを確認しました。テストデータ作成用のスキーマを使ってテストを再実行したところ、合格しました。

画像の説明

すべてのテストが行われているので、テスト実行結果は自動的にHCL Accelerateに送られます。Linda は HCL Accelerate の「洞察」ビューで品質レポートを介して最新のテストデータを得ることができ、Emerald の関係者にアプリケーション修正の最新情報を簡単に伝えることができます。Linda は、このコード変更をさまざまな環境を通じて本番環境に移行し、HCL Accelerate でその進捗を追跡することができます。

画像の説明

HCL Software DevOps ポートフォリオのいくつかのソリューションを使用して、Emerald の製品チームは以下のことができました。

  • 配信パイプラインへの新しい作業の迅速な導入
  • バリューストリーム全体での作業の迅速化
  • チーム内での効果的なコラボレーション
  • ソフトウェアの変更を効率的かつ正確にデプロイし、テストすることができる。
  • プロセス改善を取り入れ、パイプラインの最適化を図る
  • ビジネスのリスクを排除し、お客様を喜ばせる

このストーリーを実際にご覧になるには、以下のビデオをご覧ください。


DevOps 製品の連携ソリューションデモ

2021/5月/18 - 読み終える時間: ~1 分

HCL DevOps製品群を使ったリアルなデモを作成しました。

具体的には、HCL Compass、HCL Accelerate、HCL Launch、HCL OneTest を使用したものです。開発現場の実際をリアルに模した A Day in the Life 型のデモです。その分、17分弱とちょっと長めです。

こちらの解説記事もあわせてご覧ください。


HCL OneTest: 製品ページをリニューアル

2021/5月/17 - 読み終える時間: ~1 分

HCL では SecureDevOps 製品群を多数擁しています。「HCL Secure DevOps ソフトウェア」ページの配下に、これまでの HCL Accelerate、HCL Launch に加えて、HCL Accelerate OneTest をリニューアルして加えました。

HCL OneTest はテストフェーズの作業全般をカバーする、5つのコンポーネントからなる製品です。一気通貫の仕組みとして使うもよし。既存のツールと組み合わせても使えるようにもなっています。

画像の説明


HCL OneTest: Microsoft365でのIE11サポートの終了と、移行先ブラウザでの動作保証問題とブラウザーの配布問題

2021/4/28 - 読み終える時間: ~1 分

画像の説明

2020年8月18日、2021年8月17日でMicrosoft 365でのInternet Explorer 11のサポートが終了することが発表されました。これに伴い、業務アプリの再検証作業が発生することが予想されます。また、移行先となるブラウザーの配布も課題になります。 HCL OneTest と HCL BigFix を使うと、これらの問題にスムーズに対処できます。詳しくは以下の記事をご覧ください。


HCL OneTest の最新リリースの機能と利点

2021/4/5 - 読み終える時間: 2 分

Latest HCL OneTest Release Boasts Several Benefits, Features の翻訳版です。


HCL OneTest の最新リリースの機能と利点

2021年4月2日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCL Software

画像の説明

最新の HCL OneTest 10.1.3リリースには、プロジェクトのライフサイクルを通してUI、パフォーマンス、APIなどの分野で継続的にテストを行うためのいくつかの利点と機能が含まれています。

その内容を簡単にご紹介します。

テスト機能の拡充

GraphQLエンドポイント(マイクロサービス上でクエリを構築するための一般的な手段)を簡単にテストできるようになります。これはREST/JSONベースのサービスと似ていますが、クエリやミューテーションに関連する特定の機能があるため、専用の機能を提供することが望まれます。

以下のものを扱うためのサポートも充実しています。

  • GraphQLクエリ
  • クエリーとミューテーションの構築
  • イントロスペクションによるGQLスキーマの取得
  • GQLエンドポイントの仮想化

テスト中のアプリケーションの設定管理が容易に

HCL OneTest 10.1.3では、アプリケーション構成ツールキットが刷新され、Web、Android、iOS、Windowsアプリを使いやすいWebインターフェイスで構成できるようになりました。

AI/MLテストドリブンソリューション

HCL OneTest Dataには、複数の出力テーブル間のデータの相互相関を可能にする参照整合性モジュールが含まれており、ビジネス・シナリオを適切にモデル化するために必要なすべてのリンク・データを生成することができます。例えば、注文履歴テーブルに複数のリンクされた購入を持つ顧客レコードを設定することができます。

アプリケーションモデリング

HCL OneTest 10.1.3では、システムモデルビューの最初の部分が導入され、ユーザーは実行中のテストや仮想化しているコンポーネントがどのように接続されているのか、その品質の状態を素早く視覚的に把握することができます。

また、仮想サービスにおいては、アプリケーションのどの要素を仮想サービスで表現するのかを明確にすることで、モデル内の依存関係を置き換えるために仮想サービスの利用を迅速かつ容易に開始することができます。

例えば、外部依存性をモデル化し、そのモデルコンポーネントにバーチャルサービスを関連付けることで、ユーザーは膨大なバーチャルサービスのカタログを調べることなく、コストのかかるサードパーティのサービスを簡単に削除することができます。

SAPエコシステムサポートの更新

SAP GUI 7.60は最新のメジャーリリースであり、HCL OneTest 10.1.3は最新の機能や変更点を完全にサポートしています。

他にもたくさん

今回のリリースには、お客様のアイデアがいくつか含まれています。私たちは、テスターのコミュニティを大切にしており、提出されたすべてのアイデアを評価しています。製品に反映させるために最善を尽くしますので、どうかご意見をお寄せください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修