Cover Image

HCL Secure DevOps 製品群を第3回 Japan IT Week オンライン ソフトウェア&アプリ開発展に出展

2022/5月/24 - 読み終える時間: ~1 分

2022年6月1日 (水) から3日 (金) に開催されます『第3回 Japan IT Week オンライン ソフトウェア&アプリ開発展』に、HCL ブースを出展し、HCL Secure DevOps 製品群をご紹介いたします。また、1日目 (6月1日 (水)) 16:00よりセミナーを実施いたします。

セミナーの参加登録、オンライン相談のスケジュール依頼は、すでに開始しております。まずは参加登録をいただき、HCL ブースをご覧ください。

ブース

リアルのイベントを模した作りになっており、お気軽にお立ち寄り、質問などのやりとりができます。

  • 製品のご紹介 (資料ダウンロード、動画、他)
  • チャットでのご質問への対応
  • オンライン相談 (時間予約制、後日別途も承ります)
セミナー

『次なるステージへ!! HCLが考える次世代DevOps - Next Generation DevOps -』

Japan IT Week オンライン - HCL ブース 画像の説明


Cover Image

記事掲載: 脆弱性診断の内製化とCI/CD連携が生む効果: 「DevSecOps」とシフトレフトが実現する開発高速化×セキュリティ強化とは

2022/5月/17 - 読み終える時間: ~1 分

「脆弱性診断の内製化とCI/CD連携が生む効果: 「DevSecOps」とシフトレフトが実現する開発高速化×セキュリティ強化とは」と題する記事をアイティメディア株式会社のサイト ITmedia.co.jp に掲載しました。

「企業におけるアプリケーションの複雑化や開発の高速化が進むと同時に、攻撃もいっそう巧妙化している。限られた予算や人材で、企業が効果的に自社アプリケーションのセキュリティ対策を実施する方法とは」

ご興味がございましたら是非ご覧くださいませ。


Cover Image

HCL OneTest: 2022年 IDC MarketScape for Worldwide Enterprise Automated Software Quality and Continuous Testing for Digital Execution においてリーダーに選出される

2022/4/25 - 読み終える時間: 2 分

HCL named a Leader in the 2022 IDC MarketScape for Worldwide Enterprise Automated Software Quality and Continuous Testing for Digital Execution の翻訳版です。


HCL OneTest: 2022年 IDC MarketScape for Worldwide Enterprise Automated Software Quality and Continuous Testing for Digital Execution においてリーダーに選出される

2022年4月22日

著者: Ragasudha Mardhaniyogan / Product Marketing Manager, OneTest

HCL は、IDC MarketScape for Worldwide Enterprise Automated Software Quality and Continuous Testing for Digital Execution 2022 Vendor Assessment (Doc #US47097621, March 2022) で Leader に位置づけられたことを発表します!これは、HCL Software にとって大きな評価です。HCL Software は、HCL Technologies(HCL)の一部門であり、主要なソフトウェア事業を展開しています。IDC のリサーチの一環として評価された製品には、HCL OneTest Studio と HCL OneTest Embedded、そして HCL AppScan、HCL Launch、HCL Accelerate が含まれます。

このレポートでは、24 のベンダーが評価され、複数の基準と 2 つの軸(現在の能力、つまりベンダーがどれだけ顧客のニーズに合致しているか、将来の戦略、つまりベンダーの将来の戦略がどれだけ 3-5 年後に顧客が必要とするものと合致しているか)で位置づけられました。HCLのリーダーとしての地位は、これらの製品を推進し、DevOps市場空間のニーズを満たすという我々のコミットメントをしっかりと反映しています。

IDC MarketScapeレポートは、ASQ市場における購入の意思決定のガイダンスを提供しています。HCL がなぜリーダーに選ばれたのか、レポートの抜粋をお読みください。また、レポートをお読みになった後は、当社のソリューションがどのようにお役に立てるかのご相談があればお問い合わせください。

画像の説明

この図について: IDC MarketScape のベンダー分析モデルは、特定市場における ICT サプライヤーの競争力強化の概要を提供するために設計されています。調査方法は、定性的および定量的な基準に基づいた厳密なスコアリング方法を採用しており、その結果、所定の市場内における各ベンダーのポジションを一枚の図に示すことができます。Capabilities スコアは、ベンダーの製品、Go-to-Market、短期的なビジネス遂行能力を測定するものです。戦略スコアは、3-5 年の時間枠で、ベンダーの戦略と顧客要求の整合性を測定するものです。ベンダーの市場シェアは、アイコンの大きさで示されています。

IDC MarketScape では、ソフトウェア開発におけるスキル不足に言及し、このギャップを埋める潜在的な手段の1つとして、堅牢なテスト機能を組み込んだローコードおよびノーコードソリューションの利点を強調しています。特に、ビジネスの専門知識を持ち、コーディングの経験がほとんどないにもかかわらず、消費するためのアプリケーションを構築する「市民開発者」の出現は、このことを物語っています。

HCL OneTest は、ノーコードのテスト開発を提供することで、この課題に対する解決策を提供できると考えています。

調査中、IDC は、顧客が高品質のソフトウェア開発を推進する上で、継続的なテスト、アジャイルプラクティス、および継続的な統合の必要性を繰り返し強調するのを目の当たりにしました。これらのニーズは、エンドツーエンドのDevOpsおよびソフトウェア品質ソリューションに関する評価基準を後押しするものでした。

ここでは、IDC MarketScape が HCL について述べたすべての良い点を紹介することはできません。

要約すると、もしあなたがセキュアな DevOps プラットフォームでこれらの機能のいずれかを探しているのであれば、ぜひご連絡をください。

  • DevOpsのライフサイクル全般を網羅する、緊密に統合された幅広いポートフォリオ
  • ローコード/ノーコード機能による容易な利用
  • 使いやすいオープンソース統合を備えたオープンアーキテクチャ
  • HCL 独自の HCL Now を含む、選択したクラウドでホスト可能なクラウド・ネイティブ・ソリューション

進化し続ける DevOps の世界において、IDC MarketScape はレポート作成時点におけるHCLの能力を評価したものです。しかし、私たちはこの評価に甘んじることなく、お客様や市場の拡大し続ける要求に応えるべく、ソリューションの構築を続けています。このレポート以降、私たちがどのような製品を提供してきたかについては、デモを予約していただくか、お気軽にお問い合わせください。

レポートの抜粋をダウンロードするには、ここ をクリックしてください。


Cover Image

HCL OneTest: コンテナの力でテスト自動化を加速する

2022/4/19 - 読み終える時間: ~1 分

Accelerating your test automation with the power of containers の翻訳版です。


HCL OneTest: コンテナの力でテスト自動化を加速する

2019年9月11日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCL Software

チームのコラボレーションと生産性を向上させることは、企業の品質保証への道を加速させる確実な方法です。

そして今、HCL の新しい OneTest スイートバージョン10でそれが可能になりました。この最新版は、テストを高速化し、高価なテストインフラを維持する必要性を削減し、新しいフレンドリーなユーザーエクスペリエンスを使用します。

新バージョンはまた、HCL OneTest Serverを誇ります。これは、完全に統合された、安全な設計のサーバーであり、ユーザーはOneTest製品全体からテストをまとめることが可能です。

「私たちのHCL OneTest Server は、テストデータ、テスト環境、そしてテストの実行を、テスターやテスターではない人々にとって使いやすい1つのダッシュボードにまとめます」と、HCL Product Manager for Functional and Performance Test Automation の Chris Haggan は述べています。

また、OneTest バージョン10では、以下のような新機能が追加されています。

  • 新しいデータセット技術
  • OneTestポートフォリオ全体におけるGITのネイティブな統合
  • パフォーマンステスターのためのJMeterの統合


HCL OneTestについて

HCL OneTestは、DevOpsアプローチをサポートするソフトウェアテストツールを提供しています。APIテスト、機能テスト、UIテスト、パフォーマンステスト、サービス仮想化など、DevOpsアプローチをサポートするソフトウェアテストツールを提供します。

テストの自動化と実行をより早く、より頻繁に行うことで、エラーの早期発見、つまり修正コストの低減に貢献します。また、HCLは、DevOpsソフトウェアの使用と展開の方法を変える新しい消費モデルの下でバンドルされたサービスを提供します。

この新しいサービスは、重要なDevOps製品の導入と成長のための計画を簡素化するのに役立ちます。


Cover Image

HCL OneTest: セカンダリリクエストジェネレータを用いた静的リソースに関するアプリケーションの動作の効果的なシミュレート

2022/3/2 - 読み終える時間: 2 分

Use a Secondary Request Generator to Effectively Simulate Application Behaviour regarding Static Resources の翻訳版です。

HCL OneTest: セカンダリリクエストジェネレータを用いた静的リソースに関するアプリケーションの動作の効果的なシミュレート

2022年3月1日

著者: Arun Kutty / Lead Software Engineer - L3 support, HCL OneTest Products

概要

ウェブページを提供する際、ブラウザーのクライアントは通常、提供されるコンテンツに基づく一連の静的リソースをアプリケーションからダウンロードする。例えば、eコマースサイトで商品のページに移動すると、その商品の画像が複数表示される。静的リソースの数がページによって異なる場合、ページナビゲーションを指示するテストデータがパラメータ化されると、二次リクエストの正確な数を定義することが困難になる可能性があります。HCL OneTest Performance のセカンダリー・リクエスト・ジェネレーター機能を使用して、これをどのように簡略化できるかを見てみましょう。


二次要求の数が異なる場合

あるショッピングサイトを閲覧しているところを想像してください。ホームページから、特定の商品カテゴリー、例えば、書籍に移動します。このセクションで、興味のあるタイトル、例えば「Test Automation」を検索すると、それにマッチした書籍のリストが表示されます。リストアップされた書籍の中から、気になるものをクリックします。すると、その書籍の専用ページが表示されます。このページには、画像、コンテンツサンプル、購入者のレビュー、FAQなど、あなたの興味を引くような詳細な情報が掲載されており、あなたの意思決定を助けることを意図しています。

今度は別の帽子をかぶってみてください。このショッピングサイトの下にあるウェブアプリケーションに携わるパフォーマンスエンジニアの帽子です。品質保証チームがこのアプリケーションをロードテストする場合、すべての仮想ユーザーが同じカテゴリー「本」をナビゲートし、同じ検索条件を設定するスクリプトがあったとして、あなたはそれを受け入れられるでしょうか?「テストオートメーション "を選択し、同じ検索結果を選択するようなスクリプトがあったとして、受け入れられるでしょうか?広範な負荷テストを達成するためには、ブラウジングパターンに適度な多様性が必要です。したがって、テストスクリプトをさまざまなデータで駆動し、アプリケーションのすべての部分を網羅的にテストすることが必要です。ありがたいことに、パフォーマンステスターはこのステップの重要性をよく理解しており、HCL OneTest Performanceのような製品は、このタスクを簡単にします。(余談ですが、HCL OneTestのポートフォリオには豊富なデータ作成能力もあります)。

二次資産に対する要求の中には、テストデータが変化しても変わらないものがある一方、そうでないものもあります。ショッピングサイトの例で説明しましょう。本のタイトルをテストデータに置き換えても、スタイルシートやスクリプトに関する二次的なリクエストの量に変化はありませんし、おそらくレビューを取得するリクエストにも変化はないでしょう。他の二次リクエストの場合はそうではないかもしれません。ダウンロードが必要な商品画像のリクエストは、選択した書籍によって異なるかもしれません。確かに、相関処理によって、リクエストデータをサーバーが以前に提供したコンテンツに関連付けることは、テストスクリプトの不可欠な部分です。しかし、再生時にリクエストの総数そのものを変化させるには、単純な相関関係だけでは不十分で、何らかの反復ロジックが必要になる。このような状況では、レスポンスの解析やループの制御にループやカスタムコードを使いたくなるのが自然だろう。幸いなことに、HCL OneTest Performanceをテストに使用すれば、この問題は優れた解決策になります。


HCL OneTest Performance のセカンダリ・リクエスト・ジェネレータによる救済

HCL OneTest Performanceは、プルダウンする必要がある必要な数の資産に割り当てられたセカンダリー・リクエストを設定する作業を容易にする、すぐに使えるソリューションを提供します。このソリューションには、3つの個別ステップがあります。最初のステップは、セカンダリーリクエストを駆動するためのすべての参照を含むレスポンスを特定し、そこに配列参照を作成することです。そのような二次リクエストでは、リクエストの置換可能な部分は通常、URI自体にあることに注意すること。さらに、この部分は一般的に画像ファイルの名前です (myBook-image1.JPG のようなもの)。URI断片を置換するための参照値を見つけるには、断片の正確な値でテスト検索(Ctrl + H)を実行します。検索結果から、サーバーがこの値を返した場所を特定します。多くの場合、これはHTMLコンテンツを含むレスポンスで、IMGまたはAタグのHREFプロパティに含まれていることが一般的です。配列参照を作成する際には、通常の参照を作成するのとは少し異なることに注意してください。

配列の参照が作成された後、第2の部分である置換が始まります。通常、単純な置換であれば、リクエストの中から動的な部分を選んで置換すればよいでしょう。しかし、この場合、あなたが目指しているのは単純な置換ではありません。リクエストの数自体が動的である必要があり、配列の参照が指すセカンダリアセットの数によって駆動されることを思い出してください。したがって、何か別のことをする必要があります。それでは、詳しく見ていきましょう。

記録されたテストスクリプトの中で、表示中のアイテムに関連すると思われるリクエストのセットを特定することから、プロセスを開始します。ショッピングサイトの例では、本の画像をサーバーからクライアントにプルダウンするリクエストのセットになります。セット内の1つの要求を別にし、残りの要求を無効化または削除して、要求を取り除きます。無効化されていないリクエストを右クリックし、コンテキストメニューから「セカンダリHTTPリクエストジェネレータの作成」を選択します。これでリクエストは特別なものに変換されます。それが "HTTP セカンダリリクエストジェネレータ" です。

さて、いよいよ最終段階です。リクエストの URI (まれに他のフィールド) を、先ほど作成した配列の参照に置き換えることで、やろうとしたことが完成します。すべてを結びつけるには、HTTPセカンダリリクエストジェネレーターの詳細な設定を行う必要があります。(各プロパティに関する追加情報、およびプロセスをガイドするスクリーンショットについては、HCL OneTest Performance 製品のナレッジセンターを参照してください: https://help.hcltechsw.com/onetest/hclonetestperformance/10.2.2/com.ibm.rational.test.lt.http.doc/topics/t_create_sec_req.html?hl=secondary%2Crequest%2Cgenerator)


まとめ

HCL OneTest Performanceを使ったパフォーマンステストは、精度が命です。HTTPセカンダリリクエストジェネレータは、重要な機能の1つですが、あまり活用されておらず、負荷テストにおいてセカンダリリクエストによる再生の動作を正確にするものです。このブログ記事では、HTTPセカンダリリクエストジェネレータがどのような場合に便利で、どのように使用するのかを学びました。


Cover Image

HCL OneTest - メンテナンスを容易にするための取り組み

2022/1/24 - 読み終える時間: 2 分

HCL OneTest - Working to Make Maintenance Easier の翻訳


HCL OneTest - メンテナンスを容易にするための取り組み

2022年1月21日

著者: Peter Taylor / SENIOR SOFTWARE ARCHITECT

概要

HCL OneTestは、企業がソフトウェアの品質を向上させ、デリバリーライフサイクルの早い段階で問題を発見することを可能にする製品群を提供します。この製品群は、UI、API、サービスの仮想化、パフォーマンスなど、さまざまな側面のテストを可能にします。では、どのようにすれば効果的にテストを行い、メンテナンスが必要な多くのテストをチームに負担をかけずにアジャイルな状態を維持できるのでしょうか?ここでは、統一された次世代アプローチによってテストのメンテナンスを容易にするために、私たちがどのように取り組んでいるかをご紹介します。


シンプル

統一的なアプローチは、各アスペクトごとに製品を用意するよりも、単一の製品にした方が誰もが暮らしやすくなる、というコンセプトから始まります。そこで、既存の製品でお客様が評価している機能を、ひとつの一貫したフレームワークにまとめた新製品を作る予定です。これにより、ユーザーはUI、API、パフォーマンスのテストや、サービスの仮想化を1つの製品で簡単に実行できるようになります。

シンプルであることに重点を置いているため、どうしても複雑になりがちな製品をただ寄せ集めただけでは理解できない。つまり、複雑になりすぎて理解しにくくなるような製品同士をくっつけることはできないということです。足りない部分は既存の製品で補うことができますし、今後もサポートは継続します。


価値観

テストが壊れたら、いつ直すの?今すぐか絶対か?この質問を評価するためには、「テストの数」ではない品質の指標が必要です。そうでなければ、テストを削除することで品質が低下してしまいます。

そうでなければ、テストを削除することは品質を低下させることになります。目標は常に、高品質のソフトウェアを生産に移すことです。このゴールは、生産時の失敗を減らす場合にのみ遅らせるべきです。もしテストが、失敗を減らすことなく目標を遅らせるのであれば、それはおそらく維持する価値がない。

テストの価値を判断するために、その製品はテストに関するいくつかの指標を提供する必要があります。実行時間は簡単なもので、テスト対象のシステムにおけるコードカバレッジはより複雑なものです。


耐久性

テストはコードの後に書かれることが多いのですが、テスト駆動開発ではこれを改めようとします。コード優先の理由は、その方が簡単に始められるからだ。結局のところ、テスト対象システムが利用できないため、テストは失敗する。しかし、サービス仮想化の統合により、オフラインでテストを実行し、テスト対象のシステムが利用可能になる前に、テストがどのように動作するかを実証できます。最初に書かれたテストは、実装よりも振る舞いを検証するため、より長く使え、メンテナンスの必要性も低くなります。


レジリエンス

メンテナンスがすぐに必要なのではなく、スケジュール化できるようなストラテジーを組み込めます。

  • UI テストは通常、Web ページ上のコントロールと連動しています。しかし、コントロールを見つけるために複数のストラテジーを定義した場合、その位置が変わっても、例えばラベルを使用してそれらのオブジェクトを見つけられます。
  • パフォーマンステストは、クライアントの実装をシミュレートすることで、エンドユーザーがテスト対象システムをどのように操作するかをスケールで再現します。そのため、クライアントが変更されると、パフォーマンステストは中断されます。パフォーマンステストで使用されるクライアント実装の詳細がUIテストに組み込まれている場合、クライアント実装の詳細の検証は継続的に行われることになる。


即時性

ユーザーがタスクを切り替える前に、変更の意味を理解できるように、できるだけ早くユーザーにフィードバックすることに重点を置いています。


バルク

既存のテストをコピーして少し手を加えるだけで、新しいテストを作ってしまうというミスを犯しがちです。これをやったことがない人はいないでしょう。しかし、今日のクイックウィンは、明日のメンテナンスの頭痛の種です。これは、以下の方法で最小限に抑えられます。

  • 再利用可能なステップ群。すでに動作している部分から新しいテストを構築できます。
  • 再利用可能なメッセージ。スキーマが変更された時に、多くのテストを変更するのではなく、いくつかのメッセージを変更できます。
  • データドリブン。時には、別のテストがスプレッドシートの別の行になることもあるからです。


結論

HCL OneTest 製品群の進化を続ける中で、皆様からのフィードバック、アイデア、ペインポイントなどを https://onetest-ideas.hcltechsw.com/ideas でお待ちしています。


継続的テストにまつわる神話トップ 10

2021/10/5 - 読み終える時間: 2 分

The Top 10 Continuous Testing Myths の翻訳版です。


継続的テストにまつわる神話トップ 10

2021年9月30日

著者: Cassandra Stanek / Product Marketing Manager | HCL Accelerate & Launch

画像の説明

企業のエコシステムは、日に日に複雑化しています。ソフトウェアをより早く提供する方法を模索する中で、継続的テストは重要な要素です。ここでは、私たちがよく目にする継続的テストに関する神話のトップ10をご紹介します。


1. 継続的テスト=テストスクリプトの実行

アプリケーションが合意された要件を満たしているかどうかを検証することは重要ですが、継続的テストには、計画、分析、共同作業、思考、探索、自動化、検証、報告、レビュー、議論などが含まれます。


2. アジャイルチームだけが継続的テストを使用する

継続的テストの手法は、どんなプロジェクトにも活用できます。利用可能な依存システムがない場合、チームは仮想サービスを作成して、不足しているアプリケーションを模倣することで、できるだけ早くテストを開始することができます。


3. 継続的テストは単なるバズワード

継続的テストは、チームの生産性を向上させ、その価値を証明してきました。継続的テストは、より高い品質のアプリケーションを顧客に提供するための自動化されたアプローチを提供します。


4. 継続的テストを使えるのはテスト担当者だけ

アナリスト、アーキテクト、デザイナー、プログラマー、テスター、オペレーションエンジニアなど、すべての人がソリューションの構築に関わっています。


5. 継続的テストは大規模・複雑なシステムには使えない

システム間の統合ポイントを検証するAPIレベルのテストは、品質を劇的に向上させます。また、サービス仮想化では、従来のアプリケーションシナリオを検証しながら、アプリケーションの依存関係の欠落をシミュレートできます。これは、大規模・複雑なシステムで問題を迅速に発見するために、アプリケーション・インターフェースをテストする際にしばしば重要になります。


6. 継続的なテストは、安全なDEVOPの一部ではない

Secure DevOps」という言葉に「テスト」が含まれていないからといって、ソリューションに含まれていないわけではありません。実際には、欠陥品をエンドユーザーに配布するリスクを低減し、ビジネスの損失を確実に防ぐために必要な負担です。


7. 規制されている業界では、継続的なテストは機能しない

厳しいコンプライアンス要件が課せられている規制業界においても、継続的テストは、詳細なログやテストレポートを提供することで負担を軽減し、全体的な配信プロセスの一部としてコンプライアンスを示すことができます。


8. テストを自動化することで、テスト担当者の数を減らすことができる

探索的なテストは、多くのテスト自動化ツールでは対応できないため、テスト対象のアプリケーションを精査するための目と手(場合によっては耳)が必要です。また、テストアナリストは、どのようなテストを作成し、どのようなデータセットで実行し、その結果を分析するかを決定する。


9. 継続的テストはクラウドアプリケーションには向かない

テスト対象のアプリケーションがどこでホストされているか(ローカル、プライベートデータセンター、パブリックデータセンター、またはその組み合わせ)に関わらず、継続的テストのプラクティスを採用することができます。


10. テストチームは品質に責任を持つ

アジャイルの「チーム全体」のプラクティスを取り入れることで、品質が劇的に向上します。誰もが間違いを犯すので、どんな仕事でも新鮮な目で見ることは非常に貴重です。

HCL OneTest は、DevOpsアプローチをサポートするソフトウェアテストツールを提供している。HCL OneTestは、プロジェクトのライフサイクルを通じてUI、パフォーマンス、APIのテストをサポートし、高度に統合された複雑なアプリケーションのテストという課題に対応します。無料トライアル では、コストを削減しながらスピードと品質を向上させる方法をご覧いただけます。


テクノロジーの統合: 次世代のHCL OneTest

2021/8/23 - 読み終える時間: ~1 分

Technology Integration: The Next Generation of HCL OneTest の翻訳版です。


テクノロジーの統合: 次世代のHCL OneTest

2021年8月23日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCL Software

画像の説明

HCL OneTest の最新リリースで最もクールな機能の一つは、様々なタイプの技術と統合できることです。

例えば、参照整合性を拡張してカスタムリレーションシップを追加したり、バージョン10.2でDDLを生成したりすることができます。

さらに、InstallAnywhere は、Installation Manager でサポートされている HCL OneTest 製品ファミリーの 14 言語すべてをサポートしています。これにより、翻訳されたインストールパッケージのおかげで、フレンドリーなインストール体験が保証されます。

HCL OneTest Server (GA)におけるHTTPトランスポートのサービス仮想化

Webサービス(SOAP、REST、HTTP)やIBM MQベースのアプリケーションをサポートし、サーバー上で仮想化することで、仮想サービスのスケーリングを簡素化し、デバッグを容易にし、新しいシステムモデル・ビューで使用状況を可視化します。

コントラクトテストのサポート: コンシューマ・ドリブン

APIが成熟するにつれ、提供者と消費者の間にはかなりの摩擦が生じます。- APIの仕様を少し変更しただけで、消費者の行動がおかしくなり、下流で複数の問題が発生する可能性があります。コントラクトテストにより、APIプロバイダとコンシューマは、API仕様の変更を迅速かつ容易に検証し、導入時の問題を回避することができます。

次世代のHCL OneTestについて説明したオンデマンドのウェビナーをご覧ください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修