Cover Image

HCL DevOps Code ClearCase セミライブリフォーマット VOB (SLRV) のすべて

2024/1/22 - 読み終える時間: 17 分

All About HCL DevOps Code ClearCase Semi-Live ReformatVOB (SLRV) の翻訳版です。


HCL DevOps Code ClearCase セミライブリフォーマット VOB (SLRV) のすべて

2024年1月17日

著者: Avinash Srinivasamurthy / Senior Technical Specialist

このブログ記事では、HCL DevOps Code ClearCase 3.0.1で利用可能なセミライブリフォーマットVOB(SLRV)機能の詳細について説明します。以下のトピックを取り上げます。

  • セミライブ reformatVOB(SLRV)を使用する理由
  • 標準の reformatvob がどのように機能するか - 図による説明
  • セミライブ再フォーマットVOB(SLRV)の動作-図解による説明
  • セミライブ再フォーマットVOB(SLRV)と標準再フォーマットVOBの比較

セミライブ再フォーマットVOB(SLRV)を使用する理由

SLRVを使用してVOBを再フォーマットする主な利点は以下の通りです。

  • SLRVは次のような優れたソリューションを提供します
    • 新しいスキーマ・レベルへの VOB の更新
    • データベースのクリーンアップ
  • SLRV は、より短いロック時間で VOB を再フォーマットする能力を提供します。
  • SLRVでは、再フォーマットのダンプとロードのプロセスはバックグラウンドで行われます。SLRVでは、再フォーマットのダンプとロード処理はバックグラウンドで行われます。
  • SLRVは、チームがVOBをロックし、最終的なカットオーバー処理を実行する準備ができた時点で完了できます。

標準的な再フォーマット VOB の仕組み

SLRVの仕組みに入る前に、標準的なreformatvobの仕組みとその主な問題点について簡単に説明します。

次の図はVOBに対して行われる標準的なreformatvobの動作を表しています。

画像の説明

  • db_dumperは現在のスキーマを読み込み、いくつかのテキストファイルにデータを出力します。
  • db_loaderはこれらのテキストファイルを読み、新しいスキーマにデータを書き込みます。
  • このプロセスが終了すると、ディレクトリが入れ替わり、新しいスキーマを持つ新しいデータベースが使用できるようになります。
  • reformatvobプロセスは大規模なデータベースではかなりの時間を要します。
  • このプロセスの間、VOBはロックされ、使用できません。
  • UCM環境では、コンポーネントVOBが1つでも使用できない場合、そのUCMプロジェクトですべてのUCM操作が使用できなくなります。

セミライブ再フォーマットVOB(SLRV)の仕組み

セミライブ再フォーマットVOBプロセスは、2つのステージで動作します。

  • ステージ1:セミライブreformatVOBプロセスの開始
  • ステージ2:セミライブリフォーマットVOBプロセスの完了
ステージ 1:セミ・ライブ再フォーマットVOBプロセスの開始

この最初のステージでは、SLRVはコマンドを発行することにより、指定されたVOBに対して開始される: cleartool reformatvob -semilive <vob_stg_path

下図は、この段階で実行されるタスクを表しています。

画像の説明

  • reformatvob -semilive操作は、そのデータベースをスキーマ・レベル55(元のdbがスキーマ54の場合)またはスキーマ・レベル81(元のdbがスキーマ80の場合)に静かにアップグレードします。
  • その後、VOBはロックされます。
  • 既存のデータベース(VOBのdbディレクトリだけ)がdb.copyにコピーされます。
  • その後、VOBはロック解除されます。
  • コピーされたデータベースはダンプされ、db.semiliveにロードされる。
  • db_replay_serverプロセスが開始され、現在のVOB dbからデータベースのdb.semiliveコピーにトランザクションを再生する。
  • 現在の VOB db はコピーが作成されるとロックが解除されるため、エンドユーザーは VOB 上で作業を続けることができます(ポイント 4)。その結果、エンドユーザーの操作に影響はありません。
  • db_replay_serverプロセスは、VOB dbに加えられた新しい変更を、バックグラウンドで新しいdb.semiliveに再生し続けます。
ステージ 2:セミライブreformatVOBプロセスの完了

VOB上で進行中のSLRVを完了させるために、管理者は以下のSLRV completeコマンドを実行します: cleartool reformatvob -semilive -complete <vob_stg_path

下図はSLRV completeコマンド発行後、この段階で実行されるタスクを表しています。

画像の説明

  • complete "コマンドが発行されると、エンドユーザーによるそれ以上の変更を防ぐため、VOBは再びロックされます。
  • complete "メッセージがdb_replay_serverに送信されます。
  • db_replay_serverは、現在のVOB dbから「db.semilive」dbコピーに未処理のトランザクションをすべて再生し、終了する。
  • 現在のVOB dbディレクトリは、将来のバックアップと参照用に "db.pre-semilive... "にリネームされる。
  • スキーマ81データベースのdb.semiliveは "db "にリネームされ、VOBの新しいアップグレードされたdbとして機能します。
  • VOBのロックが解除され、エンドユーザーが使用できるようになり、SLRV操作が完了しました。
  • VOBは新しいスキーマにアップグレードされました。

セミ・ライブ再フォーマットVOB(SLRV)と標準再フォーマットVOBの比較

次の表は、セミ・ライブ再フォーマットVOB(SLRV)と標準再フォーマットVOBの方法の比較です。

 

比較表

 

Semi-live reformatVOB (SLRV)

Standard reformatvob

Efficiency

現在のVOB dbがdb.copyとしてコピーされると同時に、本番VOBのロックは解除されます。

VOBはreformatvob操作の間中ロックされたままです。

db_dumperとdb_loaderはdb.copyに対して動作し、現在のVOB dbに対しては動作しません。

db_dumperとdb_loaderは実際のVOB db自体に作用します。このため、VOBはreformatvobが完了するまでロックされたままとなり、エンドユーザーはVOBを利用できないままとなります。

エンドユーザーはコピーが作成されるとすぐにVOBの使用を再開できるため、エンドユーザーの操作への影響は最小限に抑えられます。

再フォーマットボブの操作中、VOBはロックされたままなので、エンドユーザーへの影響はより大きくなります。

UCMプロジェクトに対するダウンタイムの影響は最小限です。

もしUCMコンポーネントが1つでも標準的なreformatvob(完了までに時間がかかる巨大なVOBを含む)を受けている場合、reformatvobが完了するまでUCMプロジェクト全体がエンドユーザーによって使用できなくなります。 until the reformatvob is complete

Flexibility

管理者は SLRVプロセスをコントロールし、ダウンタイムとエンドユーザーへの影響を考慮して、いつ完了させるかを決定する柔軟性を持っています。

一旦reformatvobコマンドが発行されると、管理者とエンドユーザーはreformatvobコマンドとプロセスが完了するまで待たなければなりません。

管理者とエンドユーザーはreformatvobコマンドとプロセスが完了するまで待たなければなりません。

一度標準のreformatvobが開始されると、ダウンタイムやエンドユーザーへの影響を考慮し、後で停止したり完了したりすることはできません。

Operation

db_replay_serverプロセスは、SLRVが現在のVOBのdbの変更をdb.semiliveコピーに同期させるために作成されます。

db_replay_serverプロセスは標準のreformatvobプロセスでは作成されません。

VOBのdescribe出力に、semilive reformatvob in progress: trueという行があります。semilive reformatvob in progress: true: VOB が SLRV プロセスを実行中であるかいなかの手がかりになります。

VOBが標準的なreformatvob処理中かどうかを判断するオプションはありません。

cleartool reformatvob -semilive -status を使うと、VOBの保留中のトランザクション数をチェックできます。

標準のreformatvobにはこのようなオプションはありません。代わりに、管理者はreformatvobコマンドの出力に表示されるダンプとロードのメッセージに頼らなければなりません。

SLRVがオリジナルのVOBを完成させると、dbは将来のバックアップや参照用に
db.pre-semilive.<month>.<day>にリネームされます。

標準のreformatvobは将来のバックアップや参照用に古いデータベースの名前をdb.dateに変更します。


Cover Image

DevOps Deploy と Argo CD を使った GitOps

2023/12/27 - 読み終える時間: 8 分

GitOps with DevOps Deploy and Argo CD の翻訳版です。

DevOps Deploy と Argo CD を使った GitOps

2023年12月14日

Thomas Neal / Lead Software Engineer I - HCL Continuous Delivery

前提条件

DevOps DeployでArgo CDのデプロイを始める前に、以下の項目を設定する必要があります。

GitHub リポジトリ

デプロイする予定のKubernetesリソース定義ファイルを含むGitHubリポジトリが必要です。

Argo CDサーバ

Argo CDサーバーにアクセスする必要があります。Argo CDのインストール方法については、https://argo-cd.readthedocs.io/en/stable/getting_started/ を参照してください。GitHub リポジトリを参照する Argo CD アプリケーションが Argo CD サーバーに存在する必要があります。

Argo CD CLI

Argo CD CLI を DevOps Deploy エージェント マシンにインストールする必要があります。CLI のインストールについては https://argo-cd.readthedocs.io/en/stable/cli_installation/for の説明を参照してください。

Kubernetes/OpenShift クラスタで動作するコンテナ化された DevOps Deploy エージェントに Argo CD CLI をインストールする場合は、必ず persisted conf ディレクトリにインストールしてください。それ以外の場所にインストールすると、ポッドが再起動されたときに失われてしまいます。また、CLIの実行ファイルに実行権限が設定されていることを確認してください。

DevOps Deploy Dockerソースと自動化プラグイン

DevOps Deploy Dockerソースと自動化プラグインをDevOps Deployサーバにロードする必要があります。Docker自動化プラグインはソースプラグインに依存しているため、最初にDockerソースプラグインをロードする必要があります。

Dockerソースプラグインはhttps://urbancode.github.io/IBM-UCx-PLUGIN-DOCS/UCD/#docker-registry からダウンロードできます。

画像の説明

Docker自動化プラグインは、https://urbancode.github.io/IBM-UCx-PLUGIN-DOCS/UCD/#docker からダウンロードできる。

画像の説明

DevOps Deploy Argo CD オートメーションプラグイン

DevOps Deploy Argo CD自動化プラグインをDevOps Deployサーバにロードする必要があります。Argo CD プラグインは https://urbancode.github.io/IBM-UCx-PLUGIN-DOCS/UCD/#argocd からダウンロードできます。

画像の説明

Argo CD アプリケーションの作成

Argo CDサーバにログインし、ソースのGitHubリポジトリとKubernetesリソースをデプロイしたいデスティネーションのKubernetes/OpenShiftクラスタを参照する新しいアプリケーションを作成します。アプリケーションの同期ポリシーを手動に設定します。Argo CDアプリケーションが既に存在する場合は、このステップをスキップできます。

DevOps Deploy アプリケーションと関連リソースの作成

DevOps Deployサーバにログインし、新しいアプリケーションを作成します。このアプリケーションは、Argo CDアプリケーション経由でKubernetesリソースをデプロイするために使用されます。

画像の説明

新しいDevOps Deployアプリケーションで環境を作成します。以前にArgo CD CLIをインストールしたDevOps Deployエージェントを、この新しいDevOps Deploy環境のリソースツリーに追加します。

画像の説明

画像の説明

DevOps Deploy コンポーネントの作成

ArgoCD コンポーネント テンプレートを使用して、新しい DevOps Deploy コンポーネントを作成します。argocd.server、argocd.user、argocd.password、argocd.application.name など、必要なコンポーネントのプロパティを入力します。argocd.global.flags フィールドに、-config=../argocd.config --insecure などの必要な Argo CD CLI グローバルフラグを指定します。各グローバルフラグを必ず 1 行で指定してください。Argo CD CLI がエージェントの PATH に含まれるディレクトリにインストールされていない場合は、argocd.cmd.path にその場所を指定します。

画像の説明

画像の説明

新しいDevOps Deployコンポーネントが作成されたら、それを新しいDevOps Deployアプリケーションに追加する。また、DevOps Deployアプリケーション環境リソースツリーのDevOps Deployエージェントの下に新しいコンポーネントへの参照を追加します。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

DevOps Deployアプリケーション・プロセスの作成

Argo CD サーバにアプリケーション同期要求を送信する新しい DevOps Deploy アプリケーション プロセスを作成します。新しい DevOps Deploy アプリケーションの[Processes]タブに移動し、[Create Process]ボタンをクリックします。Name] フィールドと [Description] フィールドに値を指定し、[Save] をクリックします。

画像の説明

Process Design ペインで、Run Operational Process for Multiple Components ステップをパレットにドラッグします。ステップを編集します。Name] フィールドに Sync And Run Tests を指定します。Component Tag フィールドに ArgoCD を選択します。Component Process フィールドに Sync And Run Tests を指定します。OK ボタンをクリックして、ステップの変更を保存します。Save をクリックして、新しいアプリケーション プロセスのデザインを保存します。

画像の説明

画像の説明

Sync And Run Tests という名前のコンポーネント プロセスが ArgoCD コンポーネント テンプレートに含まれています。Argo CD CLI を呼び出して Argo CD アプリケーションを同期する App Sync ステッ プの後に、Run Tests というシェル ステップがあります。このステップは、Kubernetesアプリケーションが正常にデプロイされたことを検証するために必要なテストを実行するように変更できます。Run TestsステップのステータスがFailureの場合、App Rollbackステップが呼び出され、以前のアプリケーション状態にロールバックされます。Run TestsステップのステータスがSuccessの場合、Sync And Run Testsプロセスは成功したステータスで終了します。

画像の説明

DevOps Deploy デプロイメント・トリガーの作成

アプリケーション・プロセスが作成されたので、アプリケーションに追加したコンポーネントに新しいコンポーネント・バージョンが作成されるたびに呼び出される新しいDeployment Triggerを作成する必要があります。DevOps Deployアプリケーション環境設定を編集する。環境構成のDeployment Triggersセクションを選択し、Create Deployment Triggerボタンをクリックします。上記で作成した新しいDevOps Deployコンポーネントとアプリケーション・プロセス、およびアプリケーション・プロセスを実行するDevOps Deployユーザを指定します。

画像の説明

GitHub リポジトリでの GitHub Actions ワークフローの設定

GitHub リポジトリに、リポジトリのメインブランチに変更がプッシュされたときにトリガーされる新しい GitHub Actions ワークフローを作成します。このワークフローがトリガーされると、新しい DevOps Deploy コンポーネント・バージョンが作成されます。新しいコンポーネント バージョンが作成されると、Argo CD CLI への app-sync 呼び出しを呼び出すアプリケーション プロセスがトリガーされ、GitHub リポジトリで定義された Kubernetes リソースがデプロイされます。

GitHubリポジトリに、.github/workflows/CreateDevOpsDeployCompVersion.ymlという名前の新しいファイルを作成します。内容は、https://github.com/HCL-TECH-SOFTWARE/devops-deploy-createcomponentversion-action の「使用例」セクションから取得する必要があります。

例の以下の入力プロパティを、DevOps Deployインスタンス固有の値で更新します。

  • component - DevOps Deployのコンポーネントの名前またはID。
  • hostname - DevOps Deployサーバのホスト名またはIP。
  • port - DevOps Deployサーバのポート番号。デフォルトは8443。
  • authToken - DevOps Deployサーバとの認証に使用する認証トークン。

この例では、DEVOPS_DEPLOY_AUTHTOKENという名前のシークレットを使用しています。このシークレットは、GitHubリポジトリのSettings->Secrets and variables->Actionsで定義されています。

以下のワークフロー例では、変更が master ブランチにプッシュされたときにこの処理を実行するようにしています。GitHub リポジトリで別のブランチを使用している場合は、この値を変更する必要があります。

画像の説明

GitHub リポジトリの更新と変更のデプロイ

これで、GitHub リポジトリの指定したブランチに変更がプッシュされるたびに、DevOps Deploy が Argo CD に対してアプリケーションの同期リクエストを開始するようにすべてが設定されました。Argo CDはどのような変更が行われたかをチェックし、宛先のKubernetes/OpenShiftクラスタに適用します。

GitHubリポジトリ内のKubernetesリソースファイルの1つに変更を加えます。例えば、デプロイメントやステートフルセットのリソースファイルのレプリカカウントを変更し、変更をプッシュします。新しいDevOps Deployコンポーネントのバージョンが作成されていることを確認します。

画像の説明

次に、Argo CD アプリケーション同期要求を呼び出す DevOps Deploy アプリケーション・プロセスが実行され、正常に完了したことを確認します。DevOps Deployアプリケーションに移動し、Historyタブを選択します。

画像の説明

プロセス リクエスト行の末尾にある省略記号(Actions)をクリックし、[View Request]を選択します。実行ログを展開し、プロセスリクエストで実行されたすべてのステップを表示します。

画像の説明

また、Argo CD UIでアプリケーションを確認し、GitHubリポジトリで行った変更に合わせてKubernetesリソースが更新されたことを確認できます。下の画像の右下の部分にKubeToyポッドが2つ表示されていることに注意してください。

画像の説明


Cover Image

eBook - VSM の旅 VSM はどこから始まったのか、VSMはどこへ行くのか、HCLSoftware はどのように支援できるのか

2023/12/27 - 読み終える時間: ~1 分

eBook - The Journey of VSM Where It Began Where It’s Going How We Can Help の翻訳版です。


eBook - VSM の旅 VSM はどこから始まったのか、VSMはどこへ行くのか、HCLSoftware はどのように支援できるのか

2023年12月21日

著者: Ryley Robinson / Project Marketing Manager

進化を続けるソフトウェア開発において、顧客に最大限の価値を提供するという目標は、多くの組織にとって依然として根強い課題である。業界ではDevOpsやDevSecOpsの台頭を目の当たりにしてきたが、成功の鍵は多くの場合、価値の流れ全体を包含する全体的なアプローチにある。そこで、戦略目標とプロジェクト実行のギャップを埋めるバリューストリームマネジメント(VSM)の概念が登場する。

バリュー・ストリーム・マネジメントは単なる流行語ではなく、複雑なプロセスを通じたビジネス価値の流れを最適化する、重要なソフトウェア・デリバリー・ツールである。コンポーネントを可視化するバリューストリームマッピングとは異なり、VSMは、アイデア出しから顧客への納品までの価値の流れを測定し、強化することに重点を置いています。障壁を取り除き、顧客の視点から仕事を捉え、すべてのステップがユーザーに価値を提供するという最終目標に確実に貢献するようにするのだ。

最新の eBook では、バリュー・ストリーム・マネジメントの世界を深く掘り下げています。テクノロジーが私たちを前進させるにつれ、プロジェクトを戦略的目標に整合させることが最も重要になります。VSMがどのように生まれ、現在どのような状況にあるのか、そして、効率的なソフトウェア・デリバリーに向けて組織が歩むための触媒となり得るのかを探ります。

eBook を読む


Cover Image

パフォーマンス・テストがビジネスに不可欠な理由

2023/12/27 - 読み終える時間: ~1 分

Why Performance Testing is Critical for Your Business の翻訳版です。


パフォーマンス・テストがビジネスに不可欠な理由

2023年12月22日

著者: Cristina Suchland / Integrated Marketing Manager, Secure DevOps

ユーザーにアプリケーションを提供する際、最高の体験をしてもらいたいと考えます。ページのロード時間が速く、ナビゲーションが効率的で、最終的にユーザーがアプリを使用する際に、何かを購入したり、情報をダウンロードしたり、その他いろいろなことを達成できることを期待しています。

あなたのチームが成功するためには、アプリケーションが高速であることが必要です。また、検索エンジン最適化(SEO)で上位に表示され、コンバージョン率が高いことも必要です。コンバージョン率は非常に重要です。

なぜでしょうか?例を挙げましょう: アプリケーションのページロード時間が2秒の場合、コンバージョン率は2%になるでしょう。しかし、ページのロードに約4秒かかると、コンバージョン率は1%を下回ります。アプリケーションの成功をどのように測定するかを考えてみましょう。アプリケーションが設定した目標をユーザーが達成していることをどうやって確認するのでしょうか?

自動化を使用してアプリケーションのパフォーマンステストを実施する必要があります。しかし、パフォーマンス・テストは、機能が大量のデータを生成するため、困難な場合があります。

幸いなことに、HCL DevOps Testは、パフォーマンス・テストの自動化に関する便利なツールを提供するだけでなく、機械学習アルゴリズムを活用して結果分析を自動化し、潜在的なパターンを検出することで、これらの大量のデータの分析を支援できます。

マイクロウェビナーで、専門家であるHCLSoftware製品マネージャーのMartin Lescuyerから直接話を聞いてください。アプリケーション・テストがチームの詳細な分析にどのように役立つのか、また、顧客がポジティブなユーザー体験を得られるようにパフォーマンスを効果的に測定できるのかについて詳しく説明します。

マイクロウェビナーはこちら


Cover Image

HCL DevOps Code ClearCase が Jenkins と統合し、シームレスな自動化を実現

2023/12/27 - 読み終える時間: 8 分

HCL DevOps Code ClearCase Integrates with Jenkins for Seamless Automation の翻訳版です。


HCL DevOps Code ClearCase が Jenkins と統合し、シームレスな自動化を実現

2023年12月13日

著者: Arun R / Senior Software Engineer

はじめに

Jenkins は人気のある DevOps ビルド自動化ツールです。オープンソースの統合は何年も前から利用可能ですが、この新しい統合はHCL DevOps Code ClearCase開発チームによって作成され、HCLSoftwareによって公式にサポートされています。

この統合はJenkinsのフリースタイルジョブとパイプラインジョブの両方をサポートします。デフォルトに加え、HCL DevOps Code ClearCaseの統合は、HCL DevOps Code ClearCaseの完了トリガーから呼び出されるWebhooksや、ストリーム上の変更をポーリングするためにHCL DevOps Code ClearCaseプラグインでJenkinsジョブを構成することによって、ビルドを開始する機能を追加します。

SL No: Topic
1 環境
2 HCL DevOps Code ClearCaseのインストール
3 Linux上でのJenkinsのインストールと設定
4 LinuxでのJenkinsのアンロック
5 Jenkinsのカスタマイズ
6 JenkinsサーバーのSSL/TLS設定
1. 環境
  • HCL DevOps Code ClearCase 3.0.1 リリース。

  • HCL DevOps Code ClearCaseは、LinuxのJenkins LTS 2.332.xをサポートしています。

  • RHEL、SLES、Ubuntu、Solaris。

  • 詳細については、システム要件のページを参照してください。

  • Jenkinsをインストールする前に、Java 8専用の64ビットJava実行環境(JRE)がインストールされている必要があります。JREをまだお持ちでない場合は、Adoptiumからhttps://adoptium.net/temurin/releases/?version=8。

  • Javaをインストールした後

    • Javaのパスを設定します。

    画像の説明

    • Javaのパスをシステム環境変数として設定します。

    画像の説明

ステップ

2. HCL DevOps Code ClearCase のインストール

LinuxホストにJenkinsをインストールする前に、まずHCL DevOps Code ClearCaseをインストールする必要があります。HCL HCL DevOps Code ClearCaseリモートクライアントまたはHCL HCL DevOps Code ClearCaseをインストールし、システムパスに/opt/hcl/ccm/HCL DevOps Code ClearCase/binが含まれていることを確認する必要があります。以下のスニペット例では、完全な機能を含む「HCL DevOps Code ClearCaseフル機能インストール」を選択し、Jenkinsビルドに自動ビューを使用する場合は、インストール中に「自動ビュー」オプションを選択する必要があります。

注:VV 3.0.1のインストールには、同じホスト上にJava 8が必要です。

画像の説明

3. Linux での Jenkins のインストールと設定

HCL HCL DevOps Code ClearCase と Jenkins の統合のために Linux に Jenkins をインストールするには、以下の手順を使用します。

  • https://get.jenkins.io/war-stable/ から jenkins.war ファイルをダウンロードし、ホームディレクトリに置きます。

    • mkdir JENKINS
    • chmod 700 JENKINS
    • cd JENKINS
    • cp ~user/jenkins-2.332.x.war .
    • lsでjenkins-2.332.x.warファイルを表示します。
  • 以下のコマンドを実行します。

    画像の説明

  • Jenkinsのインストール中に、以下の例に示すように、Jenkinsのログと初期パスワードが作成される:

    画像の説明

    デフォルトでは、initalAdminPasswordはユーザーのホーム・ディレクトリにあります。例

    画像の説明

  • ヒント: パスワードは、Jenkinsのロックを解除するために必要なので、メモしておくこと。

4. Linux での Jenkins のロック解除

インストール・プロセスの完了後、Linux 上で HCL HCL DevOps Code ClearCase-Jenkins 統合用に Jenkins をカスタマイズして使い始める前に、Jenkins のロックを解除する必要があります。

  • このインストールでは、Jenkins はポート 8080 でホストされます。ウェブ・ブラウザを開き、http://hostname:8080 にアクセスします。

  • ヒント Jenkins のポートを変更する方法については、https://phoenixnap.com/kb/jenkins-change-port を参照してください。

  • Jenkinsのロック解除ダイアログ・ボックスの管理者パスワード・フィールドに、Jenkinsのインストール・セクションのステップ3で取得したパスワードを入力するか、initialAdminPasswordファイルからパスワードを取得して、[続行]をクリックします。

    画像の説明

5. Jenkins のカスタマイズ

Jenkins のインストール・プロセスを完了し、Jenkins のロックを解除した後、Linux 上で HCL HCL DevOps Code ClearCase-Jenkins 統合に使用する前に、Jenkins をカスタマイズする必要があります。

以下の手順を使用して、Jenkins を使用する前にカスタマイズしてください:

  • Jenkinsのカスタマイズ・ダイアログ・ボックスで、Jenkinsに最も頻繁に使用されるプラグインを自動的にインストールさせるには、Install suggested pluginsをクリックします。

    画像の説明

  • プラグインがインストールされたら、[Create First Admin User]ダイアログボックスに必要な情報を入力し、[Save and Continue]をクリックします。

  • インスタンス構成]ダイアログボックスで、Jenkinsに使用させたいポート番号を確認し、[保存して終了]をクリックします。これで初期カスタマイズは完了です。

  • Start using Jenkinsをクリックして、Jenkinsダッシュボードに移動します。

  • HCL DevOps Code ClearCase-jenkins.hpiとcmapi-jenkins.hpiを以下からコピーします。

  • HCL DevOps Code ClearCase-home-dir/java/lib/HCL DevOps Code ClearCase-jenkins.hpiとHCL DevOps Code ClearCase-home-dir/java/lib/cmapi-jenkins.hpi をコピーします。

  • コピーしたファイルHCL DevOps Code ClearCase-jenkins.hpiとcmapi-jenkins.hpiを、次のステップで説明するように、Jenkins管理ウェブページを使用してJenkinsサーバーにインストールします。

  • Manage Jenkins > Manage Plugins > Advanced タブを選択し、以下のプラグインを追加します。

    • cmapi-jenkins.hpi
    • HCL DevOps Code ClearCase-jenkins.hpi
  • a) Jenkinsホームページの左側に、"Manage Jenkins "オプションがありますので、それを選択してください。

    画像の説明

  • b) システム設定の下にスクロールダウンすると、"プラグインの管理 "があります。

    画像の説明

  • c) "Plugin Manager "の下にある "Advanced "オプションを選択します。

    画像の説明

  • d) スクロールダウンして、"プラグインのデプロイ "オプションに行く。次に、"Choose File "オプションを選択して、2つのプラグイン・ファイル(HCL DevOps Code ClearCase-jenkins.hpiとcmapi-jenkins.hpi)を選択し、"Deploy "をクリックします。

    画像の説明

  • e) 2つのプラグインファイルがデプロイされると、以下の結果が表示されます。

    画像の説明

6. JenkinsサーバーのSSL/TLS設定

JenkinsサーバーにSSL/TLSを使用したい場合は、Jenkinsのドキュメント(https://www.jenkins.io/doc/book/installing/initial-settings/ )を参照して、前述のコマンドラインフラグの代わりに他のコマンドラインフラグを使用してください。


Cover Image

HCL DevOps Code ClearCase と Jenkins 統合 - ステップバイステップガイド (Windows)

2023/12/27 - 読み終える時間: 9 分

HCL DevOps Code ClearCase Jenkins Integration on Windows - Step-by-Step Guide の翻訳版です。


HCL DevOps Code ClearCase と Jenkins 統合 - ステップバイステップガイド (Windows)

2023年12月12日

著者: Arun R / Senior Software Engineer

はじめに

Jenkins は人気のある DevOps ビルド自動化ツールです。オープンソースの統合は何年も前から利用可能ですが、この新しい統合は HCL DevOps Code ClearCase 開発チームによって作成され、HCLSoftware によって公式にサポートされています。

この統合は、Jenkinsのフリースタイルジョブとパイプラインジョブの両方をサポートします。デフォルトを超えて、HCL DevOps Code ClearCase統合は、DevOps Code ClearCase の完了トリガーから呼び出される Webhooks と、ストリーム上の変更をポーリングする DevOps Code ClearCase プラグインを持つ Jenkins ジョブを構成することによって、ビルドを開始する機能を追加します。

注: この統合により、Jenkins ジョブはビルドの必要に応じてビューを作成したり削除したりできるようになります。現在のところ、自動ビューとWebビューを持つ UCM のみがサポートされています。

SL No: Topic
1 環境
2 HCL DevOps Code ClearCase のインストール
3 Windows 上での Jenkins のインストールと設定
4 Windows での Jenkins のアンロック
5 Jenkins のカスタマイズ
6 Jenkins サーバの SSL/TLS 設定
1. 環境
  • HCL DevOps Code ClearCase 3.0.1 リリース。
  • Jenkins LTS 2.332.x for Windows。
  • Microsoft Windows 10、11、2019 Serverおよび2022 Server。
  • 詳細については、システム要件のページを参照してください。
  • Jenkinsをインストールする前に、Java 8専用の64ビットJava実行環境(JRE)がインストールされている必要があります。JREをまだお持ちでない場合は、Adoptiumからhttps://adoptium.net/temurin/releases/?version=8。

Javaの環境変数のパスを設定します。システム環境変数の場合

ヒント Jenkinsのインストール時にJavaのホーム・ディレクトリを指定する必要があるため、Javaのパスを覚えておいてください。

  • JAVA_HOME変数にJDKのパスを設定します。同様に、JREについてもこのようにしてください。

    画像の説明

  • PATH変数に、JDK用のbinフォルダを設定します。

    画像の説明

ヒント Jenkinsのインストール中にJavaのホーム・ディレクトリを指定する必要があるため、Javaへのパスを覚えておくこと。

ステップ
2. HCL DevOps Code ClearCaseのインストール

WindowsホストにJenkinsをインストールする前に、まずHCL DevOps Code ClearCaseをインストールする必要があります。HCL DevOps Code ClearCase Remote ClientまたはHCL DevOps Code ClearCaseをインストールし、Jenkinsのビルドに自動ビューを使用する場合は、インストール中に Automatic Views コンポーネントを選択する必要があります。

画像の説明

3. Windows上でのJenkinsのインストールと構成

以下の手順を使用して、HCL DevOps Code ClearCase と Jenkins の統合のために Windows に Jenkins をインストールします。

  • Jenkins LTS 2.332.x for Windows の jenkins.msi インストール・ファイルを https://get.jenkins.io/windows-stable/2.332.4/ からダウンロードします。どのバージョンの Jenkins LTS 2.332.x でもダウンロードできるが、このブログでは 2.332.4 を使用します。
  • ダウンロードが完了したら、jenkins.msiファイルを実行し、インストールを進めます。以下のインストール手順に関する情報をいくつか示します。

    • Service Logon Credentials ダイアログ・ボックスの Run service as a local or domain user オプションに、Jenkinsを実行するユーザ・アカウントのドメイン・ユーザ名とパスワードを入力します。Test Credentials をクリックして、認証データを確認します。(Run service as Local System オプションは安全性が低いため、推奨しません)。

    注意: Run service as local or domain user オプションの場合、インストールを行うユーザは、サービスとしてログオンするために必要な権限を持っている必要があります。そうでない場合、アカウントが確認できないというエラーメッセージが表示されます。この状況を解決するには、ローカルセキュリティポリシーを更新して、ユーザーをユーザー権限の割り当てに追加する必要があります。

    画像の説明

    • ポートの選択]ダイアログ・ボックスで、Jenkinsを実行するポート番号を入力し、[ポートのテスト]をクリックして、選択したポートが使用可能かどうかを確認します。

    画像の説明

    • Javaホーム・ディレクトリ(JDKまたはJRE)を選択する必要がある場合、これはJavaがインストールされている場所であることを覚えておいてください。

    画像の説明

    • インストールが完了したら、Finishをクリックしてインストール・ウィザードを終了します。

    画像の説明

4. WindowsでJenkinsのロックの解除

WindowsにJenkinsをインストールしたら、以下の手順でロックを解除します。

  • Webブラウザで、インストール中に選択したポート番号に移動します。

    画像の説明

  • ヒント Jenkinsでポートを変更する方法については、https://phoenixnap.com/kb/jenkins-change-port を参照してください。

  • Jenkinsのアンロック・ダイアログ・ボックスが開きます。

    • ダイアログ・ボックスで提供された情報から、Windowsエクスプローラを使用してinitialAdminPasswordファイルの場所に移動し、Microsoftメモ帳などのテキストエディタでファイルを開く。
    • 以下はファイルのデフォルトのパスです。

    画像の説明

    • 注意:この場所は隠しディレクトリかもしれません。その場合、Windowsで隠しファイル、隠しフォルダ、隠しドライブの表示を有効にする必要があります。
    • initialAdminPassword ファイルからパスワードをコピーし、Unlock Jenkinsダイアログ・ボックスの管理者パスワード・フィールドに貼り付けて、Continue をクリックします。

    画像の説明

5. Jenkinsのカスタマイズ

Jenkins のインストール・プロセスを完了し、Jenkins のロックを解除した後、Windows 上で HCL DevOps Code ClearCase-Jenkins 統合に使用する前に、Jenkins をカスタマイズする必要があります。

以下の手順で Jenkins をカスタマイズしてから使用してください。

  • このインストールでは、Jenkins はポート 8080 でホストされます。ウェブ・ブラウザを開き、http://hostname:8080 にアクセスします。

  • Jenkinsのカスタマイズ・ダイアログ・ボックスで、最も頻繁に使用されるプラグインをJenkinsに自動的にインストールさせるには、Install suggested plugins をクリックします。

    画像の説明

  • インスタンス構成]ダイアログ・ボックスで、Jenkinsに使用させたいポート番号を確認し、Save and Continue をクリックします。これで初期カスタマイズは完了です。

  • Start using Jenkins をクリックして、Jenkinsダッシュボードに移動します。

  • HCLDevOpsCodeClearCase-home-dir/java/lib/HCLDevOpsCodeClearCase-jenkins.hpiHCLDevOpsCodeClearCase-home-dir/java/lib/cmapi-jenkins.hpi から HCL DevOps Code ClearCase-jenkins.hpiとcmapi-jenkins.hpi をコピーします。

  • コピーしたファイル HCLDevOpsCodeClearCase-jenkins.hpicmapi-jenkins.hpi を、次のステップで説明するように、Jenkins 管理ウェブページを使用してJenkinsサーバーにインストールします。

  • Manage Jenkins > Manage Plugins > Advanced タブを選択し、以下のプラグインを追加します。

    • cmapi-jenkins.hpi
    • HCLDevOpsCodeClearCase-jenkins.hpi

(a) Jenkinsホームページの左側に "Manage Jenkins" オプションがあるので、それを選択します。

画像の説明

(b) System Configuration の下にスクロールダウンすると、"Manage Plugins" があります。

画像の説明

(c) "Plugin Manager" の下にある "Advanced" オプションを選択してください。

画像の説明

(d) スクロールダウンして、"Deploy Plugin" オプションを選択します。次に、"Choose File" オプションを選択して、2つのプラグイン・ファイル、すなわち HCLDevOpsCodeClearCase-jenkins.hpicmapi-jenkins.hpi を選択し、"Deploy" をクリックします。

画像の説明

(e) 2つのプラグイン・ファイルがデプロイされると、以下の結果が表示されます。

画像の説明

6. JenkinsサーバーのSSL/TLS設定
  • JenkinsサーバーにSSL/TLSを使用したい場合は、Jenkinsのドキュメント(https://www.jenkins.io/doc/book/installing/initial-settings/ )を参照して、前述のコマンド・ライン・フラグの代わりに他のコマンド・ライン・フラグを使用してください。

Cover Image

HCL DevOps Model RealTime 11.3 と 12.0 で最新のフィーチャーとファンクションにアップグレードする

2023/12/21 - 読み終える時間: 2 分

Upgrade to the Latest Features and Functionalities with HCL DevOps Model RealTime 11.3 and 12.0 の翻訳版です。


HCL DevOps Model RealTime 11.3 と 12.0 で最新のフィーチャーとファンクションにアップグレードする

2023年12月11日

Mattias Mohlin / Senior Solutions Architect for HCLSoftware

HCL DevOps Model RealTime が新しいアップデートをリリースしました。HCL DevOps Model RealTime 11.3と12.0 です。後者はまだ実験的なリリースですが、本番環境ではこの新しい11.3バージョンにアップグレードすることをお勧めします。

両リリースで利用可能な新機能のいくつかを見てみましょう。

継承エクスプローラでのネストされたステート・マシン

画像の説明

インヘリタンス・エクスプローラで、ネストされたステート・マシンの状態と遷移を表示できるようになりました。再定義のみを表示するオプションが設定されている場合、派生カプセルで再定義されたベース・カプセル・ステートマシンのどの部分が再定義されたかを簡単に確認できます。

マージしやすいTCファイルを増やす

画像の説明

TCエディターは、各JavaScript配列の最後の要素に末尾のカンマを自動的に追加するようになりました。そのため、配列に別の要素を追加しても、変更されるのは1行だけです。これにより、TCファイルをマージする際にコンフリクトが発生するリスクが減りました。

long longのサポート

画像の説明

TargetRTSとモデルコンパイラがlong longとunsigned long longというプリミティブ型をサポートするようになりました。他のプリミティブ型と同様に、これらの型の型記述子を使用できます。この変更には、TargetRTSのビルド時にこれらのプリミティブ型をサポートするC++コンパイラを使用する必要があることに注意してください。

MacOSの初期サポート

macOS(Clang14コンパイラを搭載したIntel x86)用の新しいターゲットコンフィギュレーションが提供されるようになりました。このプラットフォーム用のTargetRTSとConnexisライブラリのビルド済みバージョンが利用可能です。これは完全なMacOSサポートへの道のりの最初の一歩に過ぎず、MacOS上でHCL DevOps Model RealTime UIを実行することができても、これはまだ完全にはサポートされていないことに注意してください。

新機能の詳細については、Sprint Demo YouTube Playlist のビデオをご覧ください。


Cover Image

HCL DevOps、強化され、統一され、直感的に命名された製品ポートフォリオを発表!

2023/12/21 - 読み終える時間: 2 分

HCL DevOps Announces an Enhanced, Unified, and Intuitively Named Product Portfolio! の翻訳版です。


HCL DevOps、強化され、統一され、直感的に命名された製品ポートフォリオを発表!

2023年12月6日

著者: Chris Haggan / Head of Product - DevOps, HCL Software

HCL DevOps、強化され、統一され、直感的に命名された製品ポートフォリオを発表!

直感的なネーミング戦略により、まとまりのあるユーザーフレンドリーな製品群を実現

優れたDevOpsソリューションのグローバルリーダーであるHCL DevOpsは、その有名な製品ポートフォリオの戦略的なリブランディングを発表できることを嬉しく思います。この刷新により、DevOpsライフサイクル全体にわたるHCLSoftwareの統合的なアプローチを強調し、各製品の中核機能をお客様に直接理解していただくことを目指します。

刷新された製品ラインのご紹介

  • HCL Accelerate から HCL DevOps Velocity へ: バリューストリームを効率的に管理し、プロジェクトの合理化と効率化を実現します。
  • HCL Launch から HCL DevOps Deploy へ: 最先端の自動化ツールでデプロイプロセスを簡素化します。
  • HCL OneTest から HCL DevOps Test へ: トップレベルの自動テストを実行し、すべてのリリースで確実な品質を実現します。
  • HCL Compass から HCL DevOps Plan へ: 作業項目管理をマスターし、すべてのタスクを実行可能な洞察と結果に変換します。
  • HCL RTist から HCL DevOps Model RealTime へ: リアルタイムシステム向けにモデルベース開発を最適化し、迅速かつ正確な結果を導きます。
  • HCL VersionVault から HCL DevOps Code ClearCase へ: 最先端のバージョン管理を体験することで、コードを整理し、アクセスし、保護できます。

私たちの直感的なネーミング戦略は、各製品名がその製品の主な機能を明確に反映し、明快さを提供するために考案されました。これにより、顧客はHCLSoftwareの製品群をナビゲートし、ニーズに最も適したツールを特定することがさらに容易になります。

「HCL DevOpsの製品責任者であるChris Hagganは、次のように語っています。「HCLSoftwareの製品ファミリーが拡大するにつれ、明快さとユーザー中心主義がHCLSoftwareの理念の最前線にあり続けました。「新しいネーミングは、各製品が持つ個々の強みと、それらを組み合わせて使用することで得られるダイナミックな相乗効果の両方を強調しています。

この名称変更は、すべてのDevOpsニーズに対応する包括的なソリューションであるというHCL DevOpsのコミットメントを強調するものです。各ツールが他のツールを補完することで、チームはシームレスに統合されたDevOps戦略の可能性をフルに活用できるようになります。

近未来を覗く

HCLSoftware の製品群を微調整していく中で、ちょっとした後押しがあります: DevOps - 2023.12 は、単に地平線上にあるだけでなく、角を曲がったところにあります!AI/ML、テストデータ機能の強化、GitOpsのサポートなど、DevOpsにおける最新のイノベーションをご紹介します。カレンダーに印をつけて、今すぐご登録ください!

HCL DevOpsについて:HCL DevOpsは、ソフトウェアデリバリーとライフサイクル管理の最前線に立っています。イノベーションと卓越性への揺るぎないコミットメントを原動力に、ビジネスを俊敏性、効率性、比類なき品質の時代へと導く変革的ソリューションを提供します。世界中で、HCL DevOpsは組織の優先的なパートナーとして、デジタル+トランスフォーメーションの旅を導いています。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修