HCL Compass と HCL VersionVault Express との SCM 連携・統合 (Webhook based)

2022/6/20 - 読み終える時間: 11 分

SCM Integration of HCL Compass with HCL VersionVault Express – (Webhook based) の翻訳版です。


HCL Compass と HCL VersionVault Express との SCM 連携・統合 (Webhook based)

はじめに

このブログでは、HCL Compass 2.1.0とHCL VersionVault Express 2.1.0のSCM統合をWebhookベースの方法で設定するために必要な主要ステップのスナップショットを紹介します。この統合により、HCL Compass側の特定の不具合やレコードに対応するHCL VersionVault Express側のアクティビティに関連する変更セットを追跡できるようになります。この記事の最後には、HCL VersionVault ExpressとHCL Compassの統合を実際に示す例もあります。

以下は、この記事で扱うトピックのリストです。

1.統合の前提条件 - HCL VersionVault ExpressとHCL Compassの必要なコンポーネントとバージョン

2.CompassのDBにSCM統合パッケージのインストール

3.Restサーバーの起動

4.CompassのスキーマとDBにSSOとSCMの設定

5.Compass上でSCMの設定の定義

6.VersionVault Express側でWebhookの設定

7.最終的な統合の実行

もっと読む

Cover Image

HCL Accelerate v3.1 の紹介

2022/6/17 - 読み終える時間: 3 分

Introducing HCL Accelerate v3.1 の翻訳版です。


HCL Accelerate v3.1 の紹介

2022年6月9日

著者: Nick Mathison / HCL Accelerate's Product Manager

HCL Accelerateは、バリューストリームマネジメントの重要な採用を継続的に行っています! HCL Accelerate 3.1のリリースでは、私たちの大口顧客のために、重要な機能とパフォーマンスの改善をもたらしました。VSMの導入がまだお済みでない方は、以下の新機能とガイダンスをご覧ください。既存のお客様は、HCL Software License Management Portal から直接バイナリをダウンロードすることができます。新規のお客様は、トライアルフォームにご記入の上、無料ダウンロードをご利用ください。

もっと読む

Cover Image

HCL Compass Search for REST API サーバーの設定

2022/5月/26 - 読み終える時間: 2 分

SETUP HCL COMPASS SEARCH FOR REST API SERVER の翻訳版です。


HCL Compass Search for REST API サーバーの設定

2022年5月25日

著者: Nandeesh Shankarappa / Senior Software Engineer, HCL

前提条件

HCL Compass があなたのマシンにインストールされ、リポジトリにログインするための有効なクレデンシャルがあることを確認してください。


HCL Compass Search のインストール
  1. 管理者モードでコマンドプロンプトを実行し、compassがインストールされているパスに移動します。(私のパス: C:\Program Files\HCL\Compass).

  2. 以下のコマンドを実行します(ユーザー名はadmin、パスワードなし、レポ名はCompass、DB名はSAMPLとします)。

cqperl cpsearch.pl initSearch -username admin -password "" -dbset Compass -userdb SAMPL -searchHome C: \CPSearch.Home -solrHome C: \CPSolr.Home -solrPort 8984

注1: 別のユーザー DB に Search を追加する場合、同じ "CPSearch.Home" と "CPSolr.Home" を使用します。この方法で、すべての Search デプロイが同じディレクトリの 1 か所に配置されます。

注2: もし、追加のユーザーDBにSearchをデプロイする場合は、異なるポート番号を使用してください。 8985や8986など、次の利用可能なポートを使用してください。 どのポートが次に利用可能かわからない場合は、"CPSearch.Home "ディレクトリの下にある、既存の各サーチデプロイメントの "AboutThisSearch.txt "ファイルを見てください。

  1. コマンドが成功すると、以下のようなメッセージが表示されます。

画像の説明

  1. CompassSearchがインストールされているパスに移動します。(私のパス: C: \CPSearch.HomeCompass_SAMPL)

  2. 手順4で作成したEntityファイル(FileName: Entity_Compass_SAMPL.txt)を開く。検索したいレコードタイプのフィールドに「&」を追加し、ファイルを保存sします。

画像の説明

  1. コマンドプロンプトに戻り、以下のコマンドを実行します(ユーザー名は「admin」、パスワードなし、レポ名は「Compass」、DB名は「SAMPL」であると仮定します)。

cqperl cpsearch.pl deploySearch -username admin -password "" -dbset Compass -userdb SAMPL -searchHome C: \CPSearch.Home

  1. コマンドの実行に成功したら、ブラウザでアプリケーションを開き、リポジトリにログインしてください。上部に検索バーが表示されているはずです。

画像の説明

happy searching!


Cover Image

HCL Secure DevOps 製品群を第3回 Japan IT Week オンライン ソフトウェア&アプリ開発展に出展

2022/5月/24 - 読み終える時間: ~1 分

2022年6月1日 (水) から3日 (金) に開催されます『第3回 Japan IT Week オンライン ソフトウェア&アプリ開発展』に、HCL ブースを出展し、HCL Secure DevOps 製品群をご紹介いたします。また、1日目 (6月1日 (水)) 16:00よりセミナーを実施いたします。

セミナーの参加登録、オンライン相談のスケジュール依頼は、すでに開始しております。まずは参加登録をいただき、HCL ブースをご覧ください。

ブース

リアルのイベントを模した作りになっており、お気軽にお立ち寄り、質問などのやりとりができます。

  • 製品のご紹介 (資料ダウンロード、動画、他)
  • チャットでのご質問への対応
  • オンライン相談 (時間予約制、後日別途も承ります)
セミナー

『次なるステージへ!! HCLが考える次世代DevOps - Next Generation DevOps -』

Japan IT Week オンライン - HCL ブース 画像の説明


Cover Image

HCL Compass with REST-server (トライアルバージョン) をインストールする

2022/5月/20 - 読み終える時間: 9 分

INSTALL HCL COMPASS WITH REST-SERVER (TRIAIL VERSION) - HCL SW Blogs https://blog.hcltechsw.com/compass/install-hcl-compass-with-rest-server-trail-version/


HCL Compass with REST-server (トライアルバージョン) をインストールする

2022年5月19日

著者: Nandeesh Shankarappa / Senior Software Engineer, HCL

* 説明

この記事は、HCL CompassをRESTサーバー上で動作するマシンにインストールし、設定するのに役立ちます(WASなし)。

* 前提条件

  • インストールとセットアップはWindowsマシンで行われるため、Windows OSがインストールされている必要があります。
  • データを格納するためのMS_Accessデータベース。
  • Java がマシンにインストールされていること。


インストールマネージャーのインストール
もっと読む

Cover Image

HCL Accelerate on Kubernetes: あるいは、私はいかにして心配するのをやめて、自動化されたコンテナ・オーケストレーションを愛するようになったか

2022/5月/20 - 読み終える時間: 2 分

Accelerate on Kubernetes: Or, How I Learned to Stop Worrying and Love Automated Container Orchestration の翻訳版です。


HCL Accelerate on Kubernetes: あるいは、私はいかにして心配するのをやめて、自動化されたコンテナ・オーケストレーションを愛するようになったか

2022年5月19日

著者: William Federkiel / HCL Accelerate Software Engineer

最近、コンテナ化は至る所で見られるようになり、技術者は組織でそれを採用しようと躍起になっています。しかし、コンテナ化とはいったい何なのでしょうか?実際に有益なのか、それとも単なる流行なのか?それを活用する最良の方法は何でしょうか?そして最も重要なことは、それが HCL Accelerate とどのように関係しているのかということです。


コンテナ。それはあなたの両親のタッパーウェアとは違うもの

ある意味、コンテナは仮想マシンに似ていると考えることができます。その環境では、外部のものに影響を与えることなく、また影響を受けることなく、ソフトウェアを実行することができる分離された環境です。しかし、従来の仮想マシンには多くの欠点があります。その主な原因は、各仮想マシンで完全なオペレーティングシステムを実行することによるオーバーヘッドにあります。これに対してコンテナは、ホストマシン、つまりコンテナ化プラットフォームを実行するマシンのカーネル(ほとんどの場合、Linux)を共有します。そのため、前述のような重複を最小限に抑えることができ、リソースの利用効率がかなり高くなります。

もっと読む

Cover Image

記事掲載: 脆弱性診断の内製化とCI/CD連携が生む効果: 「DevSecOps」とシフトレフトが実現する開発高速化×セキュリティ強化とは

2022/5月/17 - 読み終える時間: ~1 分

「脆弱性診断の内製化とCI/CD連携が生む効果: 「DevSecOps」とシフトレフトが実現する開発高速化×セキュリティ強化とは」と題する記事をアイティメディア株式会社のサイト ITmedia.co.jp に掲載しました。

「企業におけるアプリケーションの複雑化や開発の高速化が進むと同時に、攻撃もいっそう巧妙化している。限られた予算や人材で、企業が効果的に自社アプリケーションのセキュリティ対策を実施する方法とは」

ご興味がございましたら是非ご覧くださいませ。


Cover Image

HCL RTist V10.3 サポート終了のお知らせ

2022/5月/2 - 読み終える時間: ~1 分

HCL RTist announces End of Support for V10.3 の翻訳版です。

HCL RTist V10.3 サポート終了のお知らせ

2023年4月30日以降、HCL RTist V10.3 RTist (PID=HCL18OP1179) はサポート終了となります。

HCL RTist 10.3をお使いのお客様は、V11.0、11.1、またはそれ以降の新しいバージョンにアップグレードすることをお勧めします。アップグレードは簡単で、古いモデルも10.3と同じように動作するはずです。移行の観点からは、サポートされるコンパイラが主な違いです。

HCL RTistの異なるバージョンにおけるアップグレードのより包括的なリストについては、このリンクを参照してください。

HCL ソフトウェアは、製品の絶え間ない革新により、究極の顧客満足を提供することに専念しています。いつものように、HCLの営業担当者、または、rtist@hcl.com まで、お気軽にお問い合わせください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修