HCL Domino の ROI とトータル・エコノミック・ベネフィット

2021/10/22 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Domino’s ROI and Total Economic Benefit の翻訳版です。


HCL Domino の ROI とトータル・エコノミック・ベネフィット

2021年10月21日

著者: Barry Rosen / Director of Domino Product Management, HCL Digital Solutions

画像の説明

HCL Domino は、世界中の何千もの組織が自動化されたソリューションを構築し、ワークフローを作成し、強力なアプリケーションを迅速かつ効果的に構築するのに役立つ、安全でエンタープライズグレードのアプリケーション開発プラットフォームです。Dominoは、世界中の15,000以上の組織のビジネスを動かす何百万ものアプリケーションを支えており、30年以上にわたり、その持続力、揺るぎない安定性、および不可欠なビジネス価値を証明してきました。Dominoを使っている人なら誰でも、その安全性と強さを理解していますし、最新バージョンを使っている人は、Webやモバイルに対応し、ローコード機能を備え、クラウド・ネイティブであることも知っています。

数年前、Forrester社の依頼で、4人のお客様(約20年のDomino使用経験あり)にインタビューを行い、プラットフォームへの投資によるメリットとコスト、つまりROIを調べました。Forresterが発見したのは、Dominoの総所有コストと総合的なROIは、ハイレベルの意思決定者が聞く必要のある話だということでした。この調査でお客様が語った最も重要なビジネス上の成果は以下の通りです。

  • 必要な機能を自社で構築することで、ライセンスコストを約300万ドル削減した。Dominoでは、CRMやメール、その他の既製のサードパーティー製ソフトウェアを追加する必要がありません。オールインワンのソリューションなのです。
  • 自動化とワークフローの改善により、130 万ドルが節約されました。Domino は、再作業や冗長性を排除し、コラボレーションと生産性を向上させます。
  • ビジネスユーザーを使ってアプリケーションを構築できるようになったことで、約100万ドルが節約されました。これにより、ハイエンドのプロコード開発者のリソースの一部が排除されました(そして、これらのリソースは、アプリケーションの構築や調整ではなく、ビジネスのニーズに集中することができます)。

明らかに数値化できるメリットだけでなく、インタビューを受けたお客様は、Dominoが本来持っている機能を高く評価しています。

  • 堅牢なエンタープライズアプリケーションの迅速な開発を可能にする。
  • パフォーマンスと信頼性が保証されていること(お客様から「It just WORKS」という言葉をよく耳にします)。
  • Domino はダウンしない - アプリケーションとデータベースは何十年もの間、失速や中断なしに動作する。
  • Domino には下位互換性があり、古いバージョンから新しいバージョンへのアップグレードが簡単かつ直接的に行えます。
  • すべてのアプリケーションは完全にカスタマイズ可能で、業界や組織の独自のビジネスニーズに合わせて簡単にカスタマイズできます。

フォレスター社の調査によると、これらのお客様は、継続的なメンテナンスや開発コスト、ソフトウェア、サーバー、サポートなどの関連費用をかけているにもかかわらず、全体で300%以上のROIを実現しています。

何かご希望はおありですか?Dominoへの投資を最大限に活用するために、最新の最新バージョンにアップグレードすべき理由や、お客様の組織における具体的な方程式について、弊社担当者にご相談ください。


HCL Unica: Interact Triggered Message と Apache Kafka の統合

2021/10/22 - 読み終える時間: 5 分

Interact Triggered Message Integration with Apache Kafka の翻訳版です。


HCL Unica: Interact Triggered Message と Apache Kafka の統合

2021年10月21日

著者: Deepali Kalavade / Senior Technical Lead

画像の説明

Unica Interact Triggered Message機能は、ほとんどのお客様にご利用いただいている人気のモジュールです。Triggered Messageルールが有効になると、対応するMarketingメッセージがDispatcherに送信され、Outbound Gatewayに送られます。

同様に、インバウンド・ゲートウェイの場合、メッセージはアクティビティ・オーケストレーターのレシーバー・キューに到着します。Unica 12.0以降、Interactは、InteractゲートウェイのDispatcherとReceiverのメッセージキューとして使用できるオプションとして「Kafka」を導入しました。Apache Kafkaは、Interactとサードパーティシステム間の通信チャネルとして機能するIBM MQの代替として導入されました。

ここでは、InteractにおけるKafkaの設定について詳しく見ていきましょう。


Kafka ディスパッチャー

アウトバウンドゲートウェイを構成するためには、まずディスパッチャを作成する必要があります。このディスパッチャには、以下のタイプがあります。InMemoryQueue、JMSQueue、Custom、Kafka のいずれかです。

画像の説明

タイプがKafkaの場合、以下のパラメータは必須です。

providerUrl: Kafkaクラスターへの初期接続の確立に使用するホスト/ポートペアのリスト。このリストは、host1:port1,host2:port2,..... の形式でなければなりません。 例:値は「server1:9092」とすることができ、「server1」はKafkaサーバーの名前です。

画像の説明

topicです。Kafkaサーバーで使用されるトピック名です。トピックとは、メッセージが保存・公開されるカテゴリーやフィード名のことです。すべてのKafkaメッセージはトピックに整理されます。 トピック名には、ASCIIの英数字、'.'、''、'-'を含める必要があります。トピック名には制限があるため、ピリオド('.')またはアンダースコア('')を使ったトピックを使用することができます。トピック名の最大長は255文字までです。

zookeeper.connect: zookeeper の接続文字列を hostname: port の形式で指定する。hostname と port は、ZooKeeper サーバのホストとポートである。 例:"server1:2181" (server1 は zookeeper サーバの名前)。

画像の説明

認証を行います。ユーザーは、さまざまな認証メカニズムを有効にすることで、Kafkaを利用することができます。 デフォルトでは、Kafkaサーバーはいかなる認証メカニズムもサポートしていません。ユーザーは、認証メカニズムが無効であることを考慮してKafkaサーバーを起動することができます。この場合、ユーザーは「認証」パラメーターに「None」という値を設定できます。 サポートされる値は、none、Plain、SSL、SASL_SSLです。

  1. None:「authentication」にこの値が設定されている場合、追加のパラメーターは必要ありません。

画像の説明

  1. Plain この値が「認証」に設定されている場合は、以下のパラメータが必要です。

画像の説明

認証にはasmUserforMQAuth/authDSまたはユーザー名/パスワードのいずれかのパラメータを使用できます。authDSを使用する場合は、プラットフォーム構成のUserセクションでデータソース(authDS)を作成する必要があります。

  1. SSL:この値が「認証」に設定されている場合は、以下のパラメータが必要です。

画像の説明

データソース(SSLKeystoreDS、SSLKeyDS、SSLTruststoreDS)は、プラットフォーム構成の「User」セクションで作成する必要があります。これらのデータソースには、お客様の環境に合わせてユーザー名とパスワードを設定してください。

  1. SASL_SSL:この値が「認証」に設定されている場合は、以下のパラメータが必要です。

画像の説明

データソース(authDS、SSLKeystoreDS、SSLKeyDS、SSLTruststoreDS)は、プラットフォーム構成の「ユーザー」セクションで作成する必要があります。認証にはasmUserforMQAuth/authDSまたはusername/passwordパラメータを使用できます。

上記のパラメータに加えて、InteractはDispatcher用に以下の追加パラメータをサポートしていますが、これらは完全にオプションです。

  • acks。acks: acksコンフィグは、リクエストが完了したとみなされる基準を制御します。all "に設定すると、レコードのフルコミットをブロックします。

  • retries: リクエストが失敗した場合、プロデューサーはリトライすることができます。指定されたリトライは0に設定されているため、リトライはできません。リトライを有効にすると、重複してしまうことがあります。

  • batch.size: 複数のレコードをバッチ処理してパーティションに送信する際のデフォルトのバッチサイズをバイト単位で指定します。

  • linger.ms: * linger.ms: 送られてきたレコードをまとめて送信できるように、プロデューサーは指定された遅延時間まで他のレコードが送信されるのを待ちます。

  • buffer.memory: buffer.memory:プロデューサーが、サーバーへの送信待ちのレコードをバッファリングするために使用できるメモリの総バイト数です。

上記パラメーターのデフォルト値とサンプル値を以下の表に示します。

画像の説明


Kafkaレシーバー

インバウンドゲートウェイを構成するためには、まずレシーバーを作成する必要があります。このレシーバーには、タイプがあります。CustomまたはKafkaです。タイプが Kafka の場合、以下のパラメータが必須となります。

  • providerUrl: Kafka クラスタへの初期接続を確立するために使用されるホスト/ポートペアのリスト。このリストは、host1:port1,host2:port2,...の形式でなければなりません。

例:値は「server1:9092」とすることができ、「server1」はKafkaサーバーの名前です。

  • トピック。これは、Kafkaサーバーで使用されるトピック名です。 その他の詳細については、上記の「ディスパッチャー」のセクションで述べたものと同様です。

ディスパッチャーとレシーバーのトピックは別々にしてください。

  • group.id: Kafkaコンシューマーが所属するコンシューマーグループの名前を指定します。

画像の説明

  • zookeeper.connect: zookeeper の接続文字列を hostname:port の形式で指定する。hostname および port は、ZooKeeper サーバのホストおよびポートである。

例: "server1:2181" (server1 は zookeeper サーバの名前) など。

*認証を行います。ユーザーは、さまざまな認証メカニズムを有効にして Kafka を使用できます。

サポートされる値 - none、Plain、SSL、SASL_SSL。

これらの認証タイプの詳細は、前述のディスパッチャーの場合と同様です。

上記のパラメーターに加えて、Interact はレシーバーに対して以下のパラメーターをサポートしていますが、これらは完全にオプションです。

  • enable.auto.commit」は、「auto.commit.interval.ms」で設定された頻度で、自動的にオフセットをコミットすることを意味します。
  • auto.commit.interval.ms: auto.commit.interval.ms:ポーリング間隔が1000に設定されているため、auto.commit.interval.msの値は1000を超えてはなりません。auto.commit.interval.msの値は、poll intervalの値を超えてはなりません。

上記パラメーターのデフォルト値とサンプル値を以下の表に示します。

画像の説明

また、スレッド管理、Zookeeper、トピック作成のバリエーションをサポートするために、オプションのパラメーターが用意されています。上記のようにReceiverのDispatcherが設定されると、同じものをアウトバウンドまたはインバウンドのゲートウェイとそれに続くチャネルで使用できるようになります。

Interacted Messageの詳細については、弊社までお問い合わせください。


テクてく Lotus 技術者夜会 (2021年11度) 開催のお知らせ

2021/10/21 - 読み終える時間: ~1 分

2021年11月19日 (金) の 17:30-19:00、2021年 テクてく Lotus 技術者夜会 第 5 回を開催します。詳細、お申し込みは以下のURLからお願いします。

https://support.hcltechsw.com/csm?id=kb_article&sysparm_article=KB0069193

今回の特集は「HCL Nomad Web, Domino Volt 最新情報」です。

サンドボックスで自社アプリの試行(テスト)も可能になったHCL Nomad Web 、データグリッドの機能が加わったHCL Domino Volt。 最新情報と今後の予定をお届けいたします。 また、「このアプリがNomad で動いた」「こんなアプリをVolt で作った」といった方がいらっしゃいましたら、是非ご紹介ください。

  • HCL Nomad Web アップデート(HCL)
  • HCL Domino Volt アップデート(HCL)
  • 「このアプリがNomad で動いた」「こんなアプリをVolt で作った」ライトニングトーク

HCL Software Partner Academy の開催について

2021/10/21 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Software では、ビジネスパートナーの皆様に定期的に情報提供を行う場として HCL Software Partner Academy を原則、月1回のペースで開催しています。

ビジネスパートナーの皆様にありましては、最新の情報でビジネスを行っていただきたく、是非参加していただきたく考えております。HCL Software の主要製品の最新情報の他、ライセンス制度や、業界の動向に合わせた旬なビジネストピックについて扱っています。リプレイも視聴可能です。

詳細につきましては、HCL Software Partner Academy のページをご覧ください。


IBM i: HCL Domino V12 のインストール/バージョンアップ手順

2021/10/21 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Notes/Domino のバージョンアップの情報については、これまで Windows が中心でしたが、IBM i システムの情報を公開しました。


HCL BigFix Lifecycle Server Automation によるワークフローの自動化

2021/10/21 - 読み終える時間: ~1 分

Automate workflows with BigFix Lifecycle Server Automation の翻訳版です。


HCL BigFix Lifecycle Server Automation によるワークフローの自動化

2021年10月20日

著者: Cyril Englert / Solution Architect

画像の説明

BigFix Lifecycle Server Automation は、ネットワークへの影響を最小限に抑えながら、さまざまなエンドポイントで一連のFixlet、Task、Baselineなどの多様なワークフローを自動化する機能を提供します。自動化計画に含まれる自動化タスクは、複数のエンドポイントで単純な順序で、または並行して実行できます。BigFix Lifecycle Server Automationは、複雑なマルチステップのタスクを自動化するためによく使用され、スタッフの時間を何時間も節約し、手動プロセスによる手戻りを減らします。

BigFix の中部大西洋地域のテクニカルアドバイザーであるBrad Sexton氏は、最新のガイド「BigFix - Use Sever Automation for those complex patching scenarios」で、複雑なパッチ適用プロセスを自動化する方法を詳しく説明しています。このガイドでは、サーバーオートメーションを設定し、ESXiホストのスナップショットを取得してホストにパッチを適用し、障害が発生した場合はスナップショットを元に戻すか、オートメーションプランが成功した場合はスナップショットを削除する基本的なオートメーションプランを作成する方法を詳しく説明しています。

BigFix Lifecycle のコンポーネントである BigFix Server Automation の詳細については、https://www.hcljapan.co.jp/software/products/bigfix/lifecycle/ (日本語) https://www.hcltechsw.com/bigfix/offerings/lifecycle (英語) をご覧ください。

HCL BigFix で、より多くを見つけ、より多くを修正し、より多くを実行しましょう。


HCL Nomad Web のインストール動画を公開しました

2021/10/20 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Nomad Web は、ブラウザーのみで、Notes/Domino のアプリケーションが動作する新しいクライアントです。動作させるためには、主に以下のものが必要です。

  • ID ボールト用に Domino V12 サーバー
  • HCL Nomad Web Proxy サーバー (実際は HCL SameLinx サーバー)

HCL では、お手軽に試していただける Sandbox 環境を提供していますが、ご自身で実際の環境を試してみたいという声もいただいています。

今回は、 1台の Windows サーバーに Domino V12 と HCL Nomad Web Proxy サーバーを同居させ、1台で完結する仕組みを作成し、その動画を公開しました。

一式 35 分間で作業を完了したものを、早回しして約20分にしています。

画像の説明


すぐわかるシリーズ: HCL Nomad と HCL Domino Volt の 2 種類を公開しました

2021/10/19 - 読み終える時間: ~1 分

HCL になってからリリースされた HCL Nomad と HCL Domino Volt のふたつの製品ついて、数枚のパンフレットで理解できる「すぐわかる」シリーズを公開しました。

画像の説明


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修