HCL Software ライセンスとデリバリーポータルの名称および認証方法変更のお知らせ

2021/4/23 - 読み終える時間: ~1 分

これまでサポートポータルとダウンロードサイトの認証情報は別々に管理する必要がありましたが、シングルサインオンの環境の整備により統一化を進めています。

今後、現在ご利用いただいている資格情報の代わりに、新しいHCLソフトウェアIDを使用して認証されるようになります。詳細については以下のサポート技術情報をご覧ください。


ウェビナーリプレイ公開: HCL Notes/Domino V12 Beta プログラムのご案内

2021/4/23 - 読み終える時間: ~1 分

2021年4月22日に開催されました「HCL Notes/Domino V12 Beta プログラムのご案内」のウェビナーのリプレイを公開しました。


HCL Nomad Mobile for iOS 1.0.12 をリリースしました

2021/4/22 - 読み終える時間: ~1 分

2021年4月21日、HCL Nomad Mobile for iOS 1.0.12 がリリースをリリースしました。今回は二つの新機能があります。

ダウンロードはこちら: https://apps.apple.com/jp/app/hcl-nomad/id751904885

  • リッチテキストフィールド内のテキストの選択 文書内ののリッチテキストフィールドのテキストの選択がサポートされました (編集状態では利用できません)。操作は一般的で、テキスト上で長押し+ドラッグすることで選択できます。コピーの他に、状況に応じて操作メニューが表示されます。

    画像の説明

  • カレンダービューでのスワイプ 水平方向にスワイプしてスクロールできるようになりました。例えば、1日表示の画面では、左右にスワイプして前後の日付に移動できます。一日単位表示以外でも同様に動作します。

    画像の説明


HCL Notes/Domino V12 Beta 3: Mac 版 Notes の再リリース

2021/4/22 - 読み終える時間: ~1 分

2021年4月21日、HCL Notes/Domino V12 Beta 3: Mac 版 Notes の日本語版が再リリースされました。今回のリリースでは、韓国語対応版が含まれているだけで、本質的な違いはありませんが、韓国語版も組み込まれたより製品版に近いインストーラービルドとなっています。今回、韓国語以外にも他言語対応版のリリースが行われています。

  • HCL Notes 12.0 for Mac with Sametime and Connections Beta 3 Japanese, Korean

参考: HCL Notes/Domino/Traveler V12 Beta 3 日本語版がリリースされました | HCL Software (Japan) Blog


2021年4月、HCL Domino Volt と HCL Link の連携・統合

2021/4/21 - 読み終える時間: ~1 分

Integrate with HCL Link in April の翻訳版です。


2021年4月、HCL Domino Volt と HCL Link の連携・統合

2021年4月21日

著者: Arlene Kim / Product Marketing Manager

画像の説明

HCL Software 日本チーム注: 本ウェビナーは HCL Domino Volt 1.0.3 に関するものです。1.0.3 の新機能の一つに外部システム連携があり、HCL Link が用いられます。本ブログ記事はそのことについて、HCL Link のチームにより書かれたものです。1.0.3 は 2021年4月末頃のリリースを予定しています。


ビジネス、コンプライアンス、またはアプリケーション環境の変化に備えていますか? HCL Link は、企業がデジタルトランスフォーメーションを実現するために、異なるビジネスユニット、プロセス、アプリケーションを接続することを支援します。このコードフリーのソリューションは、関連データのソースまたはターゲットアプリケーションに接続する機能を提供し、最も適応性の高いデータ統合プラットフォームで複雑なデータ変換を処理します。

2021年4月28日、HCL Link と HCL Domino Volt が連携・統合されることになりました。Domino Volt は、強力で安全な、エンタープライズグレードのワークフローベースのアプリケーションを簡単に開発できるローコード機能です。専門的な IT スキルや Domino のスキルがなくても、誰でも部署単位からミッションクリティカルなアプリを構築できます。

この統合により、様々なデータソースを簡単に接続し、ナビゲートする新しい可能性が生まれます。2021年4月28日午後23時から1時間(日本時間)に開催されるウェビナーに参加して、このリリースについて学び、実際に動作する様子をご覧ください。この体験をお見逃しなく。

詳細

画像の説明

画像の説明


HCL Connections 製品カタログページの公開

2021/4/21 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Connections 製品カタログページを公開しました。第一弾は、「HCL Connections の活用でビジネス・トランスフォーメーションを実現」という読み物形式のものです。

HCL Connections は、人と人、人とチーム、チームとチーム、そして全社レベルまでにコラボレーションの輪を根付かせる装置です。日々の個々人の作業、やりとり、チームでの活動内容が蓄積され、適切に通知されたり、後から検索できます。自然と誰が何をいつやったかが残り、誰が知っているかが記憶される装置 (企業のインフラ) でもあります。「流れてしまうナレッジ」がなく、すべてが格納されるため、継続的な組織な活動には最適ですし、監査の面からも役に立ちます。また、このリモートワークが多く発生する環境においても、普段と変わらぬ業務を続けられる効果もあります。

是非、HCL Connections をご検討ください。

画像の説明


HCL BigFix メディアページに BigFix 1分エピソード その1を公開しました

2021/4/21 - 読み終える時間: ~1 分

HCL BigFix を知っていただくためのショートムービー「BigFix 1分エピソード」を掲載しました。シリーズもので、今回は「その1: 企業の合併・統合」です。不定期に追加していきます。

画像の説明


HCL AppScan インテリジェント・コード・アナリティクス: コグニティブ・コンピューティングによるアプリケーション・セキュリティ・テストのカバレッジの向上

2021/4/20 - 読み終える時間: 2 分

Intelligent Code Analytics: Increasing Application Security Testing Coverage With Cognitive Computing の翻訳版です。


HCL AppScan インテリジェント・コード・アナリティクス: コグニティブ・コンピューティングによるアプリケーション・セキュリティ・テストのカバレッジの向上

2021年4月20日

著者: HCL Software / A division of HCL Technologies (HCL)

画像の説明

前回の記事 では、コグニティブ・コンピューティングによって、静的アプリケーション・セキュリティ・テスト (SAST) につきものの誤検出やノイズを大幅に削減できることを紹介しました。また、ほとんどのアプリケーション・セキュリティ製品のアプローチである、言語カバレッジに影響を与えることなく (すなわち、ルール・セットを減らすことなく) 、誤検出を減らすことができることを示しました。

IFA (Intelligent findings analytics) は、アプリケーション・セキュリティ・テストにおける重要なブレークスルーとなりますが、静的解析言語プロセッサが生成したカバレッジの幅を維持するに過ぎません。

ICA:アプリケーション・セキュリティ・テストを一歩前進させる

インテリジェント・コード・アナリティクス (ICA) は、コグニティブ・コンピューティングを使用して言語のカバレッジを拡張することにより、IFA を大きく前進させます。コーディング言語は、毎日のように新しいフレームワークが登場し、急速に進化しているため、これは非常に重要です。Java 8 のような新しい言語のバージョンでは、何万もの新しいアプリケーション・プログラム・インターフェース ( API ) が導入されます。

従来、訓練を受けたセキュリティ専門家は、これらの API の一つ一つを検証し、それが入力 (ソース) か出力 (シンク) かを確認し、コードに脆弱性 (テイント) が含まれているかどうかを判断していました。新しいフレームワークは、このプロセスをさらに複雑にしています。開発者にとってはコーディングが簡単になることで、テストシステムにとってはレビューが不透明になります。これらの API を特定し、マークアップと呼ばれるルールを作成するには、数週間以上かかることもあり、テストシステムのカバレッジにギャップが生じてしまいます。

ICA は、機械学習を API の識別とマークアップに適用することで、この問題に対処し、事実上排除します。驚くべきことに、ICA はこの作業をオンザフライで行います。ICA は新しい API やフレームワークに出会うたびに、それが汚染可能かどうかを瞬時に判断し、ルールを作成します。このルールは解析エンジンで使用され、アプリケーションのデータフローに実際の脆弱性が含まれているかどうかを判断します。

ICA は「Just Works」

これらの結果がどのようにして得られたかを説明する言葉があります。"It just works!" この言葉の裏には確かに詳細がありますが、コグニティブ技術をアプリケーション・セキュリティ・テストに適用することの素晴らしさは、詳細をすべて知る必要がなく、結果を見るだけでよいということです。

IFAでは、訓練を受けた専門家が同じ分析を行った結果と同等以上の精度を機械が実現しました。同様に、ICA の結果も同様に、人間が行った分析結果と同等かそれ以上の素晴らしいものでした。これは、IFAと同様に、複雑な問題に何時間も取り組んでいると、人間は自然と疲れてミスをしがちになりますが、機械は同じ作業を数秒で完了し、疲れないということに起因していると考えられます。

IFA と ICA でスピードとカバレッジを高める

IFA と ICA は、コグニティブ・コンピューティングを活用して、アプリケーション・セキュリティの主要分野であるスピードとカバレッジに対応します。この2つは、DevOps アプリケーション・セキュリティ・プログラムを成功させるために不可欠です。しかし、これは始まりに過ぎません。アプリケーション・セキュリティ・プログラムをより効果的にするために、コグニティブ・コンピューティングは次に何をもたらしてくれるのでしょうか?その答えは、このページをご覧ください。

AppScan のコグニティブ・アプリケーション・セキュリティ・テスト機能の詳細については、この短いアニメーション・ビデオをご覧ください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding cloud Cloud Apps Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault inotes ios ios13 ipad iPhone Launch LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons on_premises OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIEWeb うるう年 イベント ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修