<ピン留> Cloud サービス終了のお知らせ

2020/2/7 - 読み終える時間: ~1 分

2019年7月16日付で発表されたCloud サービス終了のお知らせをこのブログのトップにピン留めします。重要なお知らせが故、ご容赦ください。

2020年7月16日を以て、クラウド・サービスはすべて終了、停止されます (終了のお知らせページ)。以後、サービスへのアクセス、システムの一時的な再稼働、データの取り出しなどは一切できなくなります。詳細は下記をご覧ください。ご不明点などは弊社営業担当、あるいはお問い合わせ窓口までご連絡ください。

移行の情報を記載したページを用意しました。https://www.hcljapan.co.jp/software/cloud-service-migration/


テクてく Lotus 技術者夜会: 2020年6月19日開催: HCL Nomad 特集

2020/6/5 - 読み終える時間: ~1 分

テクてく Lotus 技術者夜会 2020年6月度版を、6月19日に開催します。

今回は HCL Nomad 特集です。HCL Nomad は iOS / Android 用クライアントアプリで、既存の Notes/Domino アプリがそのまま動作します。モバイル版 Notes と言えます。

リリース後のお客様における検証期間を経て徐々に実利用フェーズに入りつつあります。アプリ開発の面でもノウハウが蓄積されつつあります。今回は、製品の概説と自作サンプルアプリお披露目会を行います。

参加資格はありません。技術者限定でもありません。無料。Web開催。お気軽にご参加ください。

詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。https://support.hcltechsw.com/csm?id=kb_article&sysparm_article=KB0069193


HCL デジタル・ソリューション・アカデミーの開設について

2020/6/4 - 読み終える時間: 11 分

2020/06/05 更新: 日本語のイベントを追加しました。


HCL Software の中でコラボレーションを扱う事業体である HCL Digital Solutions は、この度 「HCL デジタル・ソリューション・アカデミー」制度を整え、ご提供できる準備ができました。これは英語版ブログに投稿された HCL Digital Solutions Academy の翻訳版です。

「HCL デジタル・ソリューション・アカデミー」は、常にフレッシュな情報を皆様 (お客様、パートナー様、その他関係者の皆様) にお届けすることを第一の目標においています。ゆくゆくは技術者認定制度も視野にいれています。

日本のイベントは従来から実施していますが、それらもこの一部となります。日本語のイベントが下記記事の一覧には掲載されていませんが、別途準備、ご案内してまいります。


HCL デジタル・ソリューション・アカデミー

2020年6月3日

著者: Luis Guirigay / Senior Global Director, Digital Solutions Technical Advisors

私たちは、HCL デジタル・ソリューション・アカデミーと呼ばれる野心的な新しいプログラムを発表できることに興奮しています。これは、パートナー、開発者、管理者、お客様、その他の主要な関係者のコミュニティーに、HCL 製品で可能なすべてのことを学び理解する場を提供することを目的としています。新しい製品リリースについて、常に最新情報を得て、新機能を最大限に活用し、ベストプラクティスを学ぶことで、課題を解決する方法を理解・習得しすることで、新しいビジネスチャンスを生み出し、最終的にビジネスを変革する道筋になることでしょう。

HCL デジタル・ソリューション・アカデミーの傘下で、ウェビナー、デモ、記事、ソーシャルメディア、イベント、メールを通じて、定期的にコンテンツを作成して共有していきます。私たちのソフトウェアは、人々が実際の仕事を成し遂げるのを支援するものです。私たちは皆様が課題を解決し、異なるシステムを繋げ、日常を自動化し、「可能性の力」を実現するのを支援していきたいと考えています。HCLでは、単なる契約を超えた関係を真に拡大し (At HCL we truly extend our relationship beyond the contract)、人々が私たちに求めているビジネス成果を達成できるように支援していきたいと考えています。

HCL 内の複数のチーム (開発、サポート、製品管理、テクニカルアドバイザーなど) が作成および配信するコンテンツの豊富なリストを構築していますが、それだけで止めたくありません。私たちは皆様、つまり、HCL Master、ビジネスパートナー、お客様を招待して、このプログラムの開発とコンテンツカタログの成長を支援していただければと思っています。HCL デジタル・ソリューション・アカデミーで実現したい、受けてみたい内容など、ご意見・ご希望があれば是非フィードバックをお寄せ下さい (翻訳者注: 日本の場合はお問い合わせフォームからお願いします。共有されるコンテンツは、オンラインセミナー、ワークショップ (ハンズオンラボ) 技術動画 (10-15分程度) 、ポッドキャスト、そして学習の経験 (learning journeys) です

技術認証ですが、皆様が尋ねる前に、答えはイエスです!技術認証を取り戻したいと考えています。皆さんの多くがそうであるように、認定は私の心に常にあります。実際、私は HCL デジタル・ソリューション・ポートフォリオについて認定された開発者や管理者がキーだと考えています。私が最初に顧客だったときから、コンサルタントやビジネスパートナーになったとき、技術認定が多くの扉を開いてきたと強く信じています。私たちの計画は、最終的に認定とバッジの授与を考えていますが、まずは、コンテンツとのギャップを埋める必要があります。作成するコンテンツが多いほど、学びの経験 (learning journeys) と認定ロードマップの作成が容易になるでしょう。

デジタル・ソリューション・アカデミーは国際的な多言語プログラムであり、世界中で展開される予定です。特に記載がない限り、セッションは英語です。地域と日付別に整理された、今すぐサインアップする必要がある最初の一連のイベントとエクスペリエンスを次に示します。ぜひご参加ください。

グローバル

  • Domino v10 および v11 で見逃せない新機能 6月11日 登録
  • Domino on Docker: インストールと構成 6月25日 登録
  • Sametime v11.5 の発表セミナー 6月30日 登録
  • Domino ディレクトリーと AD 同期 8月6日 登録
  • Verse On-Premises と Sametime の統合 8月20日 登録
  • Notes のインストールとトラブルシューティング 10月7日 登録
  • Digital Experice 9.5 簡単、さらに高速、そしてクラウドネイティブ 6月25日 登録

日本

  • Domino Volt 概要、サンプルアプリとアーキテクチャー (日本語) 5月22日 リプレイ
  • HCL Nomad 特集 (テクてく Lotus 技術者夜会: Nomad 概説と自作サンプルアプリお披露目会) (日本語) 6/19 登録

アジア太平洋地域

  • ビジネスパートナー向け Domino Volt イベント (韓国語) 6月3日 招待メール
  • Domino v10 および v11で見逃せない新機能 6月10日 登録
  • Domino v10 および v11: ユーザー、管理者、および開発者向けのエキサイティングな新機能 6月11日 招待メール
  • Digital Experience とは 6月18日 招待メール
  • Domino on Docker: インストールと構成 6月24日 登録
  • Domino Volt の紹介 6月25日 登録
  • Domino Volt アプリを高速で構築する方法 7月2日 登録
  • Domino エージェントとトラブルシューティング 7月8日 登録
  • Sametime: チャットと真新しい v11.5 ミーティングの詳細 7月9日 招待メール
  • Connections: 統合されたコラボレーションソリューションで生産性を高め、イノベーションを促進します 7月16日 招待メール
  • Volt: 高速でエンタープライズアプリを構築する方法 7月23日 招待メール
  • DX Ops: 現代のHCL DX 7月30日 招待メール
  • Domino ディレクトリーとAD同期 8月5日 登録
  • Verse および Sametime の統合 8月19日 登録

ヨーロッパ

  • Sametime: 新しい体験 (チェコ語) 6月9日 招待メール
  • Domino Volt: DNUG のハンズオンワークショップ (ドイツ語) 6月9日 招待メール
  • Mit Spannung Erwartet : HCL Domino Volt Ist Da (ドイツ語) 6月18日 招待メール
  • Domino Volt: HANNE (ドイツ語) のハンズオンワークショップ 6月23日 招待状メール
  • Connections: 現在と次の予定 (ドイツ語) 6月25日 招待メール
  • DX Connect: ヨーロッパ・バーチャル・カンファレンス 6月4日 登録
  • HCL Domino Volt: La Réponse Digitale Low-Code aux Besoins Métiers de Votre Organisation! (フランス語) 6月16日 登録

中国 (これらはすべて中国語です)

ラテンアメリカ

  • Domino Volt の概要 (お客様とビジネスパートナー向けの ) (スペイン語) 6月8日 登録
  • Verse (ポルトガル語) のインストール、設定、使用方法 6月10日 登録
  • Verse (スペイン語) のインストール、構成、および使用方法 6月12日 登録
  • Docker (ポルトガル語) で Domino を使用する方法 6月24日 登録
  • Docker (スペイン語) で Domino を使用する方法 6月26日 登録
  • Connections Social Side Bar、Social Mail、および Activities Plus (ポルトガル語) 7月8日 登録
  • Domino エージェントとトラブルシューティング 7月9日 登録
  • Sametime v11.5 (ポルトガル語) の新機能 7月15日 登録
  • HCL DX のデジタルアクセス管理 (ポルトガル語) の使用方法 7月22日 登録
  • Nomad (スペイン語) で Dominoアプリケーションを使用する方法 7月28日 登録
  • Nomad (ポルトガル語) で Domino アプリケーションを使用する方法 7月29日 登録
  • HCL Digital Solutions 製品 (ポルトガル語) を使用する顧客およびパートナー向けのユーザーグループ会 9月16日 登録

今すぐ捨てるべき Domino に関する誤った 5 つの神話

2020/6/3 - 読み終える時間: 3 分

How HCL Connections Helps Close the Gap in Crisis Management - HCL SW Blogs 英語版ブログで 5 Myths about Domino You Need to Stop Believing Right Now がポストされました。その翻訳版を掲載します。


今すぐ捨てるべき Domino に関する誤った 5 つの神話

2020年6月2日

著者:Matt Engstrom / Software Sales, Regional Sales Director & Product Specialist

ユニコーンは毒水を飲めるようにしたり、病気を治したりすると言われているので、実在することを望む人もいます。確かにどちらもそうであれば良いのでしょうが、ユニコーンは空想の産物に過ぎません。Domino は神話に出てくるような優美な生き物ではありませんが、過去30年間にわたり、大企業でそのセキュリティー、汎用性、拡張性、価値を証明してきました。それがあまりにも長く続いていることと、献身的で熱狂的な顧客コミュニティー (「チーム・イエロー」とも呼ばれています) が続いており、Domino は伝説的な地位を獲得しています。その一方で、「Domino プラットフォームは古い」、あるいは「時代遅れである」などの誤解も長い間続いています。しかし、真実から目を背けることはできません。これらの神話のいくつかを説明し、今日の Domino で何が可能なのかをお見せしましょう。

HCL Nomad は、HCL Domino アプリケーションの力を、デスクトップの枠を超えて、ユーザーが必要な場所に直接もたらすものです。アプリケーションを、比類のないセキュリティーやオフライン機能をモバイルでも利用できます。Apple iPhone と iPad、Android スマートフォン、Android と Chrome OS タブレットでアプリを最小限の労力で利用できます。HCL Nomad の詳細についてはこの機能シートをご覧ください。

Notes クライアントを使用して Domino アプリにアクセスすることはもちろんできますが、Web ブラウザー用にアプリを書くことができるようになっています。既存アプリをブラウザー上で動作するように変更したり、新しいアプリをブラウザーアクセス用に記述したりすることができます。この例では、Web 用に書かれた注文処理用の社内アプリで、営業チームが毎日使用しているものです。

LotusScript と XPages に精通した Domino 開発者と管理者には深謝してやまないところですが、私たちはお客様の幅広いスキルと才能を開放し、お客様の投資を将来的に確かなものであることを証明したいと考えています。

今では、JavaScript の開発者であれば誰でも Domino のデータやプロセスを含む新しいアプリケーションを強化、統合、構築することができます。この例は、React で書かれた Web UI を使って構築されたトラッキングアプリケーションです。クールなフィルター一式を備えています。

HCL Domino V11 はこれまでで最もオープンなプラットフォームです。Domino に備わった統合機能により、他のツールやアプリケーションを高いレベルで統合させ、より活用することができます。

ここでは、私たちが実現させたいくつかの統合を紹介します。左側は、リアルタイムのデータ検証を可能にする社内の営業アプリと CRM システムの連携・統合です。右側は、アプリと Slack を連携・統合させて、チャネル内での即時通知を実現しています。ユーザーは Slack 内で、提出された提案書の承認や拒否を直接行うことができ、アプリ内で設定されたワークフローに従ってドキュメントの処理を進められます。

Domino アプリは堅牢であり高い信頼性を有しています。これが、当社のお客様のほとんどがアプリの再設計を考えたことがなかったり、Dominoにはそのような柔軟性がないと思い込んでいる理由でしょう。

ここでは、今日のデザイン基準に合わせてアプリを近代化した例をいくつかご紹介しましたが、私たちは最近、別のブログ記事も書きました。私たちは、複雑でビジネスに不可欠なアプリを一新しただけでなく、モバイルデバイスでも動作するようにしました。

Domino V11。ファンタジーではなく、ファンタスティック。Dominoを使ってみましょう。デモの依頼 もできます。


HCL Connectionsによる危機管理におけるギャップの解消

2020/6/3 - 読み終える時間: ~1 分

英語版ブログに How HCL Connections Helps Close the Gap in Crisis Management が掲載されました。その翻訳版を掲載します。


HCL Connectionsによる危機管理におけるギャップの解消

2020年5月31日

著者:Rene Schimmer

Director Product Management, HCL Connections

世界的な COVID-19 の危機により世界中のチームや組織の働き方が変化しています。組織は、何が不可欠かを再定義し、新しい革新的なソリューションを作り出しています。企業 は、突然リモートワーカーになった従業員と、より密に定期的に連絡を取り合い、変化の速いニュース、プロトコル、情報をすばやく共有する必要があります。コミュニケーション手段は安全で信頼できるものである必要があります。従業員とチームは、常に情報を入手し、警戒を怠らず、おそらく最も重要なこととして、接続性と生産性を維持する必要があり ます。 しかし、多くの組織では、現在のコミュニケーションチャネルとコラボレーションツールは不十分であり、必要な幅広い範囲にリーチできる体勢になっていません。

ここでは例として政府機関に焦点を当ててみましょう。

中央政府部門と地方自治体の間の協力は、通常の状況では困難な場合がありますが、このパンデミックは、特にこれまで以上に協力して団結する必要がある場合における、私たちの弱点の箇所の多くあぶりだすこととなりました。データはサイロに存在する可能性があります。連絡先や専門知識を見つけるためにどこに行くべきかはっきりしないかもしれません。簡潔で統一された情報を明確かつ組織的な方法で一般市民と共有することは困難な場合があります。事実を正しく理解し、適切な人々に伝えることができれば、文字通り生活を送る (lives on the line) ことができます。

コロナウイルスの封鎖が最初に発表されたとき、イギリス政府は地方自治体に対して、48時間以内にホームレスに良質の宿泊施設を提供するよう指示を出しました。ある自治体では HCL Connectionsを使用してコミュニティーを作成し、専門家によって作成およびレビューされた関連性のある有用なコンテンツをコミュニティーに投入し、指定時間内に情報提供ができました。リアルタイムのフィード、信頼できるソースからのビデオ、リーダーからのメッセージなどの記事がありました。今後のイベントが共有され、コンテンツをリアルタイムで更新および共有でき、緊急のニーズと懸念に対処するためのフォーラムが作成されました。 そして課題は解決されたのでした。

世界中で、Work From Home やリモートのコミュニケーションとコラボレーションが行われるようになり、単一の安全な「目的地」を必要としていますが、HCL Connections の強さと力はこれまでになくはっきりと明確になっています。HCL Connections というエンタープライズコラボレーションと生産性プラットフォームは、リアルタイムの安全な通信とファイル共有により、危機の時でも人々を支援します。 HCL Connections を使うことで、チームはアイデアを中心に協力し、情報を共有し、専門家を見つけ、問題を解決することができます。また、リアルタイムデータの表示、共有スケジュールの整理、プロジェクトとタスクの割り当て、ドキュメントの共同作業をすべて、あらゆるデバイスからアクセスできる信頼できる安全な環境で行うことができます。

皆様、安全を確保してください。

HCL Connections 製品ページ: https://www.hcljapan.co.jp/software/products/connections/


HCL Traveler 11.0.1 FP1 がリリースされました

2020/6/3 - 読み終える時間: ~1 分

Notes/Domino の 11.0.1 FP1 のリリースからやや遅れましたが、HCL Traveler 11.0.1 FP1 がリリースされました。


ジャーニー – Unica V12 での戦略的マーケティングイニシアチブ

2020/6/3 - 読み終える時間: 4 分

HCL Unica の英語版ブログ記事 Journey - What a strategic marketing initiative looks like in Unica V12 の翻訳版です。


ジャーニー - Unica V12 での戦略的マーケティングイニシアチブ

2020年2月26日

著者:Sumitra Chachar Product Manager | Consultant

「パーソナライズされた顧客体験の作成」。これは、ブランド/ビジネスが最近伝える傾向がある最も一般的なキャッチフレーズまたはメッセージです。しかし、企業は彼らの目標を順守していますか。彼らは顧客に真の価値を生み出していますか。答えが「はい」の場合、市場シェアを拡大??することにより、顧客自身がビジネス/ブランド価値を生み出します。ブランドが顧客と築くエンゲージメントはリアルタイムですか。あなたのブランドは、顧客が体験している体験を気にしていますか。顧客と製品/サービスとのあらゆるやり取りは、マーケティングのタッチポイントを形成します。これらの相互作用を設計することで、カスタマージャーニー全体を実現できます。 上記の質問はすべて、共通点が最も少ないものです。つまり、それがカスタマージャーニーです。

カスタマージャーニーとは何か

顧客がサービスまたは製品と持っている最初のやり取りから、彼がそれと継続的に連絡を取り続けるまでは、顧客がカバーするジャーニー全体です。パターンを調査し、そこから貴重な洞察を得るために、顧客が得るジャーニーとエクスペリエンスを視覚化することが不可欠になります。これにより、お客様と常に連絡を取り合うことができ、タッチポイントの作成、調整、および強化をさらに支援し、最も効果的で効率的な購入およびサービスプロセスを提供します。

例を参考にして、理解を深めましょう。

お客様がサインアップすると、ウェルカムメールがトリガーされます。しかし、それで終わりではありません。顧客エンゲージメントを維持するには、最近の購入またはこれから行う購入に関するメールを送信する必要があります。エンゲージメントをさらに継続するには、2日後や3日後などの特定の時間間隔でトリガーする必要があります。カスタマージャーニーの重要性を理解しているため、ここでは、新しい Unica Journey という、カスタマーエクスペリエンスを向上させるイニシアチブについて説明します。

Unica Journey を使用すると、マーケターは目標主導型の小さなジャーニーを作成できます。これにより、カスタマージャーニー全体を設計し、マーケターの視点からカスタマーエクスペリエンスを想像する能力がさらに高まります。これはイベントドリブンアーキテクチャーに基づいており、SMS、メール、プッシュ通知などのチャネルを介した一連の通信は、顧客が以前のタッチポイントでどのように動作したかに応じて、さまざまなタッチポイントで送信されます。プロセスはスケジュールされていません。バッチキャンペーンとは異なり、顧客がアクションを実行するまで待機します。これにより、顧客と常に連絡を取り合うことができます。ジャーニーは常にオンで、デジタルエコシステムで発生するイベントに反応します。

マーケティング担当者にやさしいインターフェースも備えており、ITサポートを大幅に減らしてジャーニーマップを作成する際の課題を克服できます。その後のオムニチャネルの性質により、情報の流れが容易になり、開封率、直帰率、マーケティング担当者への見解などの明確な情報を提供するのに役立ちます。これは、次の行動に適したコースを取るのに役立ちます。

ジャーニーを描くための単なるキャンバスではないことに注意してください。これは、リアルタイムの実用的なデータに接続されたオムニ・チャネル・プラットフォームです。

ジャーニーの利点

  • 顧客中心の戦略 - 顧客が神様であるこの時代では、ビジネスで顧客中心の戦略を採用することが不可欠です。それはすべて、製品またはサービスのカスタマー/バイヤージャーニーのマッピングから始まります。バイヤージャーニーを理解することは、見込み客が特定の段階で必要とする情報を提供するのに役立ちます。これがリードナーチャリングです。セールスファンネルのあらゆる段階でお客様との関係を築くプロセスです。これは、カスタマージャーニーが見込み顧客のコンバージョンにどのように役立つかを示す優れた例です。ミクロレベルとマクロレベルの両方の視点から顧客の面倒を見ることができます。B2Bマーケティングシナリオでは、顧客がダウンロード可能なアセットを含むメールを受け取った後、それがウェビナーであろうと、関連するブログであろうと、彼らの行動、メールを開いたか、またはアセットがダウンロードされたかに基づいて、ジャーニーを自動化できます。フォローアップメールは、必要なガイダンスと求めている価値を提供するジャーニーのどの段階に応じてトリガーされます。

  • マーケティング戦略のギャップを明らかにする - マーケティング戦略は、適切な CTA を使用して、適切なチャネルを選択し、関連するコンテンツを追加して策定されます。しかし、戦略が機能しているかどうか、またはどの部分で失敗しているかをどのように知ることができますか。カスタマージャーニーをマッピングすることで、顧客が望むものと実際に体験するものとの間のギャップを埋めることができます。ジャーニーのどの時点で顧客があなたの製品やサービスとのやり取りをやめたのかなどのデータを持つことによって。オファー付きのメールを受信するが、CTA (コンテンツ戦略がどこかで間違っていたことを示す) をクリックしないように。企業は、このようなギャップや不整合を解消することで、戦略を調整できます。

  • 一般的なバイヤーのパターンを特定する - 顧客志向であることは、顧客を知ることから始まります。カスタマージャーニーをマッピングすると、顧客の購入パターンの意図とコンテクストを定義できます。彼らが最も好む通信チャネルと、彼らがアプローチしたい好ましい方法を特定します。あなたは、顧客が販売プロセス全体をどのように移動するか、そして顧客が期待している経験の種類を知ることができます。これは、これらのフェーズで適切に行動するのに役立ちます。彼らが関連するコンテンツ資料を探している場合、あなたは彼らを案内するビデオまたは特定の製品が受け取ったフィードバックを提供します。その段階で必要な情報を提供でき、企業がそれらを理解している印象を作り出します。

  • データ主導のアプローチでバックアップされたビジネス - マーケティング担当者と企業が収集できる具体的なデータに基づいてスマートマーケティングの意思決定を行うことができる、データ主導の戦略で世界に入ります。たとえば、ジャーニーを流れるインタラクションの数、ジャーニーを流れる顧客の数など。視覚的な画像、この場合は道程図は、データがないと機能しません。Unica Journey は、従事している顧客数や従事している顧客数などのデータを提供できるようになっています。調査によると、戦略にカスタマージャーニーマッピングを採用しているマーケティング担当者の80%が、そうでない場合よりも90%のプラスの効果をもたらしています。

どのように機能するか

次に発生する質問は、どのように機能するのでしょうか。

  • ツールとしてのジャーニーは、Unica Campaign と同様に、単純なドラッグ&ドロップ機能で動作します。Create New Journey をクリックすると、次の画面が表示されます。

  • エントリーソースとデータ定義を定義することは、新しいジャーニーを構築する最初のステップです。

  • 入力ソースとデータ定義を入力またはインポートした後、画面に表示されるのは、独自に作成したジャーニーの最初の外観です。

  • 左側のパレットから、顧客用に作成したジャーニーに追加するタッチポイントとコントロールを選択できます。 SMS、メールなどのタッチポイント。条件分割 (顧客が前のステップで行う決定、およびジャーニーは、終了またはフォローアップ SMS の送信など、すべて条件分割を使用) などの制御、エンゲージメント分割など、さまざまなコントロール。

  • これは、イベントベースのマーケティングと明確に一致し、以前にトリガーされたイベントに基づいて次の決定が行われます。 前の画像は、作成されたジャーニーの一端を示しています。遅延のようなコントロールが追加されました。これは、メールを送信するタイミングなどのイベントをスケジュールおよび制御するのに役立ちます。

  • それがすべてではありません。メール用のテンプレートの設定は、これまでになく簡単になりました。設定し、名前を付けて、ジャーニーに含めます。ほとんどの場合、最初に、ウェルカムメールがあります。ジャーニーツールは完全に行動マーケティングに基づいており、カスタマーエクスペリエンスの向上と、製品またはサービスとのよりパーソナライズされた関連性のあるエンゲージメントの提供に多大な投資を行っています。

  • ツールとしてのジャーニーは、Campaign や Interact など、Unica の既存のすべての拡張機能と完全に調和して機能します。 さらに、ジャーニーは、現在の機能のさらなる向上に向けて手を伸ばしています。キャンペーンがデータマートから収集したデータは、プロセスボックスを介してジャーニーに導入されます。データを受け取った後、マーケティング担当者は、ジャーニーを使用して、キャンペーンで生成されたセグメントのパーソナライズされた目標ベースのエクスペリエンスを作成できます。

  • ジャーナリーは、Interact と統合すると、事前構成されたトリガーされたメッセージを開始点として利用できます。 顧客のプロファイルからのデータは、ジャーニーをパーソナライズするのに役立ちます。たとえば、SMS、プッシュ通知など、人が最も反応しやすいチャネルです。そのような情報を利用するジャーニーは、代替チャネルを使用して顧客とつながるためにさらに進めることができます。

しかし、キャンペーン、インタラクト、またはジャーニーをいつ使用するかをどのように特定するのか

それはそれほど難しいことではありません。簡単にするために、いくつかのシナリオを書き留めました。私たちが知っているように、ジャーニーはイベント駆動型のアーキテクチャーに基づいています。バッチキャンペーンの実行を計画している場合は、キャンペーンを介して実装する必要があります。これは、ジャーニーとさらに統合できます。

リードナーチャリングや総合的な B2B マーケティング、ドリップキャンペーンなどのシナリオについて話すときは、ドリップキャンペーン (カスタマージャーニーのどの段階にいるかに応じて、適切なコンテンツを適切なタイミングで提供することで顧客とつながります) - ジャーニーを使用するよりも優れたオプションはありません選択のソリューションとして。Unica には、全体としてさまざまな資産があり、適切なタイミングで使用すると、マーケティング戦略に不思議に働くことができます。

私たちは常に、マーケティング担当者の生活をより簡単にし、顧客がサービスや製品と接触したときに顧客が経験する体験を豊かにすることができるソリューションを革新し、開発することを常に心がけています。

私たちはあなたと一緒にマーケティングの未来をデザインしたいと思っています。


Notes/Domino 10.0.1 Fix Pack 5 障害修正リスト (Fix List)

2020/6/2 - 読み終える時間: ~1 分

Notes/Domino 10.0.1 Fix Pack 5 障害修正リスト (Fix List) の日本語版を公開しました。


HCL Nomad 1.0.6 for Android がリリースされました

2020/6/2 - 読み終える時間: ~1 分

今回のリリースでは、新機能はなく、定期的なリリースです。これまでに発生した障害に関する修正が行われています。


About

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。