Cover Image

Engage に参加できなかった方、インサイドスクープです!

2022/5月/25 - 読み終える時間: 3 分

If You Couldn’t Make It to Engage, We’ve Got the Inside Scoop の翻訳版です。


Engage に参加できなかった方、インサイドスクープです!

2022年5月24日

著者: HCL Digital Solutions

Domino、Sametime、そして Volt MX Go に関する最新ニュース

ベルギーの美しいブルージュで、最大のユーザーグループイベント Engage が今年も開催されました。2009年から毎年開催されているこのイベントは、世界で最も賢い人々(!)が集まり、最新のテクノロジーを紹介し、ネットワークを広げ、おいしい食事と飲み物を楽しむ場所です。イベント(とビールとワイン)を見逃した方もご心配なく!このページですべての情報をお伝えします。

画像の説明

画像提供:ビジネスパートナーの panagenda 社

もっと読む

Cover Image

HCL Volt MX: IT人材に対するビジネス需要が急増、これに対応する方法は?

2022/5月/6 - 読み終える時間: 2 分

Business Demand for IT Talent Is Soaring, Here's How to Keep Up の翻訳版です。


IT人材に対するビジネス需要が急増、これに対応する方法は?

著者: HCL Volt MX Team

ソフトウェアエンジニアの人材不足を解消する方法はあるのだろうか?

世界はデジタル変革を遂げています。プロレス団体であれ、化学品製造会社であれ、どんな業界のどんなビジネスであれ、今やデジタルでのプレゼンスが求められているのです。ウェブサイト、2つのプラットフォームでのモバイルアプリ、企業向けソフトウェアは最低限必要なものです。

もっと読む

Cover Image

ポスト COVID の旅に向けた企業の準備

2022/4/25 - 読み終える時間: 2 分

Prepare Your Enterprise for Its Post-COVID Journey の翻訳版です。


ポスト COVID の旅に向けた企業の準備

2022年2月22日

著者: HCL Volt MX Team

まず、明らになっている部分を整理しておきましょう。COVID-19 は世界に大きな影響を与え、現在も与え続けており、企業は適応するために奮闘しています。COVID-19 は世界に大きな影響を与え、企業はその対応に追われました。次に、あまり知られていませんが、企業はあらゆる業界や企業が直面する新しい現実を考慮し、ポスト COVID(または With COVID)計画をどのように作成すべきでしょうか。

2020年、2021年は間違いなく壮絶な闘いとして記憶されるでしょうが、パンデミックの混乱から生まれた賢いビジネスリーダーのための教訓もいくつかあります。企業経営者は、「ソーシャル・ディスタンシング」が普及する以前の状態を取り戻そうとするのではなく、チームの多様なワークライフバランスを支援し、彼らのエネルギーを前に向けることに注力すべきです。

そのためには、仕事、人間関係、ワークライフバランス、コミュニケーション、ワークフロー、オンライン体験、消費者習慣、データセキュリティ、アプリ開発など、どれだけの変化があったかを正直に説明する必要があります。 ある種の変化は、単純に絶望と必要性から生じたものですが、多くの変革はすでに進行中であり、COVID はそれを加速させただけです。

いずれにせよ、企業は単に反応することからピボットし、明日の成功するビジネスアプローチの基礎を形成する戦略を採用し始める必要があります。ここでは、ポスト・パンデミックの時代において組織が成功するための4つの方法を紹介します。

もっと読む

Cover Image

Constellation Research が HCL Volt MX を Constellation Shortlist of Enterprise Low-Code Tools and Platforms のトップ 10 に選出

2022/4/25 - 読み終える時間: 3 分

Constellation Research Names HCL Volt MX in Its List of Top 10 Best Enterprise Low-Code Tools and Platforms の翻訳版です。


Constellation Research が HCL Volt MX を Constellation Shortlist of Enterprise Low-Code Tools and Platforms のトップ 10 に選出

HCL Softwareは、Volt MXが2022年のConstellation Shortlist of Enterprise Low-Code Tools and Platforms に選出されたことを発表します。コンステレーション社は、この市場に分類される 30 のソリューションを評価し、Volt MX をトップ 10 のソリューションの 1 つに挙げました。

  • レポートのダウンロードはこちら をご覧ください。

コンステレーション社は、評価したソリューションの15の基準を強調し、私たちは Volt MX が本当に輝いていると思う分野を強調します


お客様にとっての価値
  • 当社のローコードプラットフォームにより、開発チームは堅牢なソリューションを(数ヶ月ではなく)数週間で構築することができ、その結果、より迅速なイノベーションとより低いTCOを実現できます。

  • 私たちは、健全で多様な顧客リストを持っています。現在、Volt MX のアプリケーションを導入している業界には、ヘルスケア、エネルギー、政府機関、自動車、製造、小売などがあります。

  • 私たちのプラットフォームを利用したお客様のメリットの例をいくつかご紹介します。

  • 1 年で ROI を達成

  • パンデミックの初期に安全衛生アプリケーションを構築し、迅速に対応

  • 55 時間でアプリを構築

  • アプリ開発コストの50%削減を達成しながら、30 カ国以上でローカライズされたアプリを作成

  • 業務改善と資産管理のために、1年以内に 15 のアプリを立ち上げ

  • その他のケーススタディはこちら をご覧ください。


使いやすさ
  • フロントエンドの設計・開発ツールであるVolt Irisは、魅力的なビジュアルアプリケーション開発モデルを提供します。
  • WYSIWYG キャンバスやデザインツールセットなどのツールにより、デザイナーはニュアンスの異なるアプリケーションのビジュアルデザインを容易に作成でき、組織はアイデア出しやプロトタイピングのプロセスを通じて迅速にピボットや進化を行えます。


強力な統合機能
  • Volt Foundry は、アプリケーション開発者がデータへのアクセスを簡単に設定できるようにします。
  • 既存の IT 投資とシームレスに統合するためのオープンで拡張可能なフレームワークを提供することにより、バックエンドの統合を大幅に簡素化し、保守コストを排除します。


壮大なマルチエクスペリエンス
  • Volt MX では、開発者は一度コードを書けば、どこにでもデプロイできます。電話やタブレット用のネイティブアプリケーションやプログレッシブWebアプリケーションは、すべてのチャネルで使用できます。
  • Gartner 社に高く評価されました。 https://www.hcltechsw.com/volt-mx/july-2021-gartner-magic-quadrant


次世代エクスペリエンス
  • Volt MX では、インテリジェントなチャットボット、会話型アプリ、ウェアラブル、拡張現実による没入型エクスペリエンスを取り入れられます。
  • どのようなアプリにも簡単に最新技術を取り入れられます。

このように市場や Constellation Research(さらにフォレスターとガートナー)のようなアナリストから継続的に評価されていることに、私たちは興奮しています。次のローコードプラットフォームをお探しですか?今すぐデモ をご予約いただくか、30日間の無料トライアルをお試しください。


Cover Image

HCL Volt MX: マルチエクスペリエンス開発プラットフォームへの切り替えを推奨する11の理由

2022/4/18 - 読み終える時間: 3 分

11 Reasons to Switch to a Multiexperience Development Platform の翻訳版です。


HCL Volt MX: マルチエクスペリエンス開発プラットフォームへの切り替えを推奨する11の理由

2022年1月20日

著者: HCL Volt MX Team

Covid-19は私たちの世界を破壊し、人間同士の交流を奪いました。しかし、成功している企業は、自社の製品やサービスを、従業員と顧客を相互に結びつけるデジタル体験に変えています。マルチエクスペリエンス戦略をマスターしたデジタル強者たちです。

ある世界最大のダイレクトセールス会社は、売上が2%増加した理由の1つとして、デジタルトランスフォーメーションとマルチエクスペリエンス戦略に投資したことを挙げています。同社は、対面でのミーティング、印刷されたカタログ、紙ベースの注文から、スマートフォンですべてを行うように変更しました。

現在、同社の個人事業主は、いつでもどこからでも営業ができる体制を整えている。同社では、グローバルに再利用できるプログレッシブなウェブアプリとネイティブモバイルアプリを用意し、拡張現実や音声認識機能による没入感のあるデジタル体験も提供しています。

同社のビジョンは、個々のビジネスオーナーとその顧客をエンゲージし、サポートすることであり、そのデジタル体験が同社を前進させているのです。

マルチエクスペリエンス開発は、さまざまなデバイス、アプリ、インターフェース(ウェアラブル、ウェブまたはモバイル、会話型UI)で、さまざまなモダリティ(音声、タッチ、ジェスチャー)を使用して、このようなデジタルユーザージャーニーをサポートすることを目的としています。 マルチエクスペリエンス開発プラットフォーム(MXDP)は、フロントエンドとバックエンドのツールとサービスのセットを開発者に提供し、ユニークで一貫性があり、スケーラブルな体験をユーザーに提供することを可能にします。これらのツールは、設計、開発、テスト、配信、保守、管理、ユーザーデータ分析に至るまで、アプリのライフサイクル全体をカバーします。

前述の直販会社は、マルチエクスペリエンス戦略を実施するために、業界をリードする MXDP HCL Volt MX を選択しました。このプラットフォームは、組織の開発を一元化し、世界各地のチームが最先端のアプリを簡単に構築・共有できるようにし、プロジェクト期間とコストを半分に削減することに貢献しました。

  • Volt MXの詳細はこちらをご覧ください。
  • 無料デモのご予約はこちらから
  • グローバル企業がどのようにビジネスを変革したかがわかる成功事例はこちらをご覧ください。

デジタル変革の旅を始めたばかりの企業でも、他のローコードプラットフォームを採用している企業でも、MXDPに切り替える(またはテクノロジースタックに追加する)最大の理由は次のとおりです。


1. MXDPは、設計プロセスの簡素化と高速化を実現します

例えば、HCL Volt MXには、配線済みのコンポーネント、テンプレート、およびサンプルアプリを含むビジュアルデザインキャンバスが含まれています。再利用可能なコードとリアルタイムのプレビューにより、ブレインストーミングやアプリケーションの設計をより迅速に行えます。


2. MXDPでは、1つのソースベースで、あらゆるデバイスに対応する1つのアプリを構築できます

様々なプラットフォーム、OS、複数のプログラミング言語のエキスパートである開発者を何百人も雇う必要はありません。MXDPは、既存のチームが単一のコードベースを使用して、複数のチャネルで1つのユニークなクラウドネイティブアプリを開発し、あらゆるデバイスにデプロイできるよう支援します。


3. MXDPは、市場投入までの時間を短縮します

このようなプラットフォームは、C-suiteやその他の意思決定者に見える没入型エクスペリエンスの迅速なプロトタイピングを可能にします。このフィードバック・ループの短縮と、すぐに使える機能性により、市場投入までの時間が大幅に短縮されます。例えば、HCL Volt MXは、構築時間を数ヶ月から数週間に短縮し、市場投入までの時間を60%以上削減することを約束しています。


4. MXDPは、プロセスをデジタル化し、展開を自動化します

マルチエクスペリエンス・プラットフォームは、真のプラグアンドプレイ方式で、テスト、SAPバックエンドの統合、DevOpsを自動化し、業務をデジタル化します。また、完全な分散デプロイメントシステムを備え、社内アプリに不可欠なアプリストアに公開せずにアプリを配信するソリューションも提供します。


5. MXDPは業務効率を向上させます

ローコードは、日常の業務から複雑さを取り除きます。バックエンドプロセスをよりシンプルに構築する方法を提供し、異なる複雑なワークフローを組み込んで管理する中心的なシステムとして機能します。さらに、ビジネスに最も近い立場の人々がソリューションを作成できるようになります。


6. ITチームを解放し、より大きな目標に集中できるようにします

開発者は、コードの記述や書き換え、メンテナンス、データの不一致やバックエンドのミスの解決といった手作業から解放され、企業レベルのシステムや戦略的イニシアティブに集中できるようになります。カスタムおよび構築済みのデータ分析プラットフォームが成功を測定してくれるなら、こうした取り組みもより簡単になります。


7. MXDPはセキュリティを向上させます

これらのプラットフォームの最も強力なセールスポイントの1つは、セキュリティと安心感を提供することです。これらのプラットフォームには、すぐに使えるAPI管理、データおよびID保護機能が含まれています。IT部門は、企業全体で使用するすべてのアプリケーション、デバイス、およびサービスを管理するための1つのプラットフォームを手に入れられます。これにより、サードパーティーによるインストールやシャドーITのリスクを最小限に抑えられます。


8. 従業員に力を与えてくれます

従業員の福利厚生と生産性を高めるために、MXDPは市民開発者を祝福し、力を与えます。簡単なビジュアルアセンブリを使用することで、コーダーではない人でも、自分(と組織)のニーズに合ったアプリを開発できます。また、これらのプラットフォームは、最適なソリューションを見つけ、構築するために、チーム間の協力とコラボレーションを促進します。


9. MXDPは、時代の最先端を行くのに役立ちます

マルチ・エクスペリエンス・プラットフォームは、イノベーションを促進し、最先端のテクノロジーへのユニークな直接アクセスを提供し、ユーザーの採用、エンゲージメント、およびリテンションを促進します。例えば、HCL Volt MXは、会話型アプリ、ウェアラブル、仮想現実や拡張現実の体験などにおいて、AIと機械学習をサポートする単一プラットフォームを提供します。

スマートなMXDP戦略が必要な理由はこちらをご覧ください。


10. MXDPはコスト節減になります

多くの開発ステップを自動化し、効率を高めて市場投入までの時間を短縮し、メンテナンス、インフラ、開発コストを大幅に削減することで、長期的に総所有コストを削減します。この単一のソフトウェアスイートを採用することで、あらゆる規模の組織がデジタル変革を遂げ、顧客と従業員に最新の魅力的な体験を提供できます。


11. MXDPは、究極のユーザーエクスペリエンスの実現を支援します

Statistaの調査によると、平均的なアメリカ人は、家庭内で10台以上のコネクテッドデバイスにアクセスしているそうです。人々は、携帯電話だけでなく、没入型体験やチャットボット、ウェアラブルやキオスク、ネイティブモバイルやプログレッシブWebアプリなど、進化したアプリやインターフェイスで交流しています。そのため、組織はそれらすべてにおいてユーザーに対応するソリューションに投資する必要があります。

HCL Volt MXのような主要なマルチエクスペリエンス開発プラットフォームは、企業が多数のチャネルと異なるモダリティを通じて顧客のニーズに対応するというこの課題を解決するのに役立ちます。結局のところ、この急速に進化するデジタル世界では、自社でアプリを構築して保守することでこれらのニーズに対応することは、ほとんどの組織の範囲を超えているのです。その代わりに、MXDPに切り替えることは、デジタル変革を実現し、拡張性が高く競争力のあるデジタル体験を生み出すという課題に対する当然の答えとなります。


Cover Image

HCL Volt MX: スマートなマルチエクスペリエンス・デジタル戦略が今すぐ必要な理由

2022/4/18 - 読み終える時間: 2 分

Why You Need a Smart Multiexperience Digital Strategy. Now. の翻訳版です。


HCL Volt MX: スマートなマルチエクスペリエンス・デジタル戦略が今すぐ必要な理由

著者: Andrew Manby


急速に進化するデジタル環境において、企業は顧客とつながり、対話するための無数の方法を持っています。

モバイルから会話型、対話型のアプリまで、企業は消費者がどこにいても対応できるテクノロジーへの依存を強めています。このようなアプリを構築するために、企業はプロの開発者向けのローコードアプリケーション開発プラットフォームを必要としており、それはマルチエクスペリエンスアプリをすぐに提供するものです。ゲームチェンジャーは、「一度構築すれば、複数のタッチに展開できる」アプローチです。

HCLデジタルソリューションズは、ゲームを変える新しいローコードアプリプラットフォームであるHCL Volt MXをリリースしたばかりで、プロフェッショナル開発チームの働き方を変革するのに役立ちます。


あなたのビジネスのデジタル体験は重要です - それは一貫性があり、魅力的ですか?

組織のデジタル環境では、複数のデジタルインタラクションやチャネルを管理するために多くのソリューションが使用されているのをよく見かけます。その目的は常に、より良いサービスを提供すること、セルフサービスを可能にすること、何かを販売すること、より良い関係を築くこと、または構成員が成果を達成することを支援することにあります。複数のデジタル接点と結果がある中で、すべてのチャネルで一貫したブランド体験を提供することが重要です。

画像の説明

複数のデジタル・タッチポイントと結果がある中で、すべてのチャネルで一貫したブランド体験を提供することが重要です。

業種や目的にもよりますが、企業はこれまで、ビジネスに不可欠なWebサイトやポータル、キャンペーン用のマーケティングオートメーション、コマース、ターゲットとするモバイルアプリなどにデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)を使用してきました。ここでの目標は、デジタルコンテンツを定義し、進化させ、シームレスに組み合わせ、複雑なビジネスアプリケーション、システム、データを作成または統合し、必要に応じて既存のビジネスプロセスをデジタル化することにあります。

このような状況は、ビジネス、競合、消費者のニーズを満たすために絶えず変化しています。つまり、IT投資は機敏で、最先端のツールを提供し、数百から数百万のユーザーへの拡張性が証明される必要があります。


Gartner 社は、「2023 年までに、大企業のモバイルアプリ、プログレッシブ Web アプリ、会話型アプリの 25% 以上が、マルチエクスペリエンス開発プラットフォーム (MXDP) を介して構築または実行されるだろう」と述べています。

では、マルチエクスペリエンス開発プラットフォームとは何でしょうか?ガートナーの公式定義では、MXDPは "ユーザーがデジタル・ジャーニーにおいて様々なタッチポイントでやり取りするモダリティ(タッチ、音声、ジェスチャーなど)、デバイス、アプリの様々な組み合わせ "として言及されています。

デスクトップ、モバイル、ウェアラブルデバイス、さらにはインタラクティブまたはイマーシブタッチポイントなどのデバイス間で、一貫したUXを簡単に作成できること。

HCLでは、MXDPは、プロの開発者が組織のデジタルニーズに対応したターゲットアプリの作成と展開を加速させるのに役立つと考えています。もはや、アプリは1つのプラットフォーム上に存在するだけでは十分ではありません。一度構築すれば、ウェアラブル、モバイル、キオスクに展開し、IoTデバイス(バーコードスキャナー)や没入型タッチポイント(VR/AR)を統合しても、汗をかかずに開発できなければならないのです。ホームセンターのアプリに音声チャットを追加して、必要なプラスチックパイプを探すのが正しいのであれば、それは簡単にできるはずです。また、プラットフォームを採用することで、デスクトップ、モバイル、ウェアラブル端末、さらにはインタラクティブまたは没入型タッチポイントなどのデバイス間で一貫した UX を同じ開発者で簡単に作成でき、複数のツールセット、API、専門の SDK を学ぶ必要がないようにする必要があります。

ガートナー社のMXDPをご紹介します。詳細はこちら。


マルチエクスペリエンスの実践

先進的な企業のCTOやCIOは、デジタル戦略をマルチエクスペリエンスで補強しています。この現象はユースケースや業界に限定されず、政府機関、小売業者、レストラン、医療機関、保険会社など、さまざまな場所で利用されています。

  1. ヨーロッパのある市役所は、MXDPを搭載したアプリを使用して、自転車の紛失や事故の管理に役立てています。
  2. 広告、情報、注文に使用される店内のIoT対応電子キオスクは、日本などの国々で普及している傾向です。

画像の説明

例えば、ヨーロッパのある市役所は、政府のウェブサイトをDXPでホストすることに加え、この移動手段に大きく依存する文化のために、自転車の紛失や事故の管理にMXDPを搭載したアプリを使用しています。また、ある州政府は、RMVのモバイルアプリでデジタル運転免許証を国民に提供しています。

小売レストランチェーンでは、ロイヤリティを高めるだけでなく、注文やタッチレスピックアップの管理、テストキッチンでの新メニューのためのターゲットプロモーションにも利用できるアプリを構築しています。最後に、同じツールセットを使って、店内の広告、情報、注文のためのIoT対応電子キオスクを店内に追加することを想像してみてください。このトレンドは、日本などの国々で広まっています。

アプリの成功のベンチマークが必要な場合は、アプリストアの評価とコメントを見てください。より良いものを作りたいとお考えなら、デモをリクエストして当社のローコードアプリ開発のポートフォリオとそれがビジネスに重要である理由を見学してください。HCL Volt MX の詳細は製品ページをご覧ください。


Cover Image

HCL Volt MX: 人工知能はアプリ開発プロセスをどう変えるか

2022/4/15 - 読み終える時間: 3 分

How Artificial Intelligence is Transforming the App Development Process の翻訳版です。

HCL Volt MX: 人工知能はアプリ開発プロセスをどう変えるか

2022年1月10日

著者: HCL Volt MX Team

人工知能と機械学習は、アプリ開発プロセスに強力な利益をもたらし、ワークスペースのデジタル変革における次の新しい段階の1つを示唆しています。

ハーバード大学の2人の教授が、人工知能が企業経営にもたらす可能性を詳細に説明した書籍『Competing In the Age of AI』は、驚くべき例から始まります。2014年に誕生したアント・フィナンシャル・サービス・グループは、その目まぐるしいビジネスサービスの数々に爆発的な成長を遂げ、2018年には評価額が1500億ドル(約12兆円)に達していました。

このような途方もない発展を、企業はどのようにして短期間で処理することができたのでしょうか。 人工知能を搭載したデジタルコアを中心に構築することで。

フォレスター社の調査によると、回答者の71%がAIによってビジネス効率が向上すると主張し、59%がスケーラビリティを向上させることができると答えています。

しかし、最近では潜在的な力をはるかに超えています。 現実のものとなっています。

次世代体験を構築できる最新のローコードアプリ開発プラットフォーム HCL Volt MX を、今すぐご確認ください。

アクセンチュアの調査によると、経営幹部の84%が成長目標を達成するためにAIを活用しなければならないと考えており、すでにAIを戦略的に活用している企業では投資対効果が3倍と報告されています。 さらに、同じ調査では、同じエグゼクティブの4人に3人が、今後5年間にAIを適切に拡張できなければ、ビジネス全体がリスクにさらされる可能性があると考えていることが明らかになっています。

アプリケーションの設計と開発に最新のアプローチを取り入れることは、最高の効率と生産性で運営するだけでなく、明日のコアビジネスアプリケーションでイノベーションを推進し、優秀な人材を獲得しようと努力する企業にとって非常に重要です。

人工知能と機械学習はどのように関係しているのでしょうか。

人工知能(AI)と機械学習(ML)は、しばしば同じ意味で使われますが、相互に関連するテクノロジーです。

AIとは、人間の行動を予測・シミュレートし、通常人間の知能や思考に関連するタスクを遂行するコンピューターシステムを構築する大きなプロジェクトを指します。

機械学習は、AIに含まれる多くの分野の一つで、特に、データを収集し、パターンを識別し、独自に、あるいは人間の助けを借りて意思決定を行うように設計されたコンピューター・プログラムを扱う。

多くの人工知能システムは機械学習によって支えられている。機械学習は、特定のタスクのためにプログラミングされることなく、それ自体でタスクを向上させることを目的としており、コーディングと分析の時間を無数に節約することができる。 機械学習ツールは、膨大なデータセットを実用的な次のステップのソリューションに変換する能力に基づいて、企業にとって最も需要の高いAI搭載ツールの1つです。

このようなソリューションはどこにでもあります。

SiriやAlexaのようなバーチャルパーソナルアシスタントは、機械学習AIを使用して、データの絶え間ない収集と適用を通じて、より良い対応方法を継続的に「学習」しています。

運転中のGPSをより早いルートに変更したり、ソーシャルメディアに投稿するときに顔を認識したり、スパムメールをフィルタリングしたり、検索エンジンの結果を絞り込んだりするのも機械学習です。

また、銀行が不正行為の可能性を判断する方法から、小売業者が顧客体験をカスタマイズする方法、さらには医療が患者に提供される方法まで、あらゆる種類の方法で日常生活に浸透しているのです。

AIの目的は、単純な学習によって反復作業を自動化することではなく、直感的に反応し、不器用な予測ではなく、蓄積された知識に基づく超特殊な洞察力を発揮することです。AIアルゴリズムは、データのパターンを発見し、規則性を突き止めることで、その時々に応じた予測や反応をする特定のスキルを身につけられます。

開発者とデザイナーはすでに、これらの技術を採用し、アプリ開発への適用方法を模索している先進的な企業にとって、時間の節約とコスト削減を実現する、非常に影響力のあるツールであると認識しています。

アプリ開発者が今後直面する課題

デジタルトランスフォーメーションによって企業が従来の仕事に取り組む方法が再編される中、アプリ開発の新しい手法によってAIが脚光を浴び、ソフトウェアの設計と提供へのAIの統合が進むことによるメリットが発揮されつつあります。 それが必要とされているのは、今日の開発者が生産に対する強いプレッシャーにさらされているからです。

今日の開発者は、さまざまな課題に直面しています。

  • 複雑なウェブアプリケーションを制作・維持するための時間的なプレッシャー
  • アプリのテスト、修正、更新にかかるコストの懸念
  • さまざまなソフトウェアやデバイスを使用する多様な従業員や顧客基盤の相互運用性とインターフェースのニーズにマッチする
  • パフォーマンスとデザインに対する期待の高まりに応え、レスポンシブなイノベーションを実現する。

デザイナーは、開発プロセスにおける現実的な圧力を考慮しながら、従業員や顧客のさまざまなニーズを満たすアプリを作るという要求のバランスを取らなければなりません。 しかも、進化し続けるダイナミックなプラットフォームで、カスタマイズ可能なコンテンツ制作を行うという、企業ならではの事情もあります。

企業がより迅速にアプリを拡張し提供できるようにするマルチエクスペリエンス開発プラットフォーム(MXDP)へのシフトは、アプリの構築方法にも反映されています。

開発者は、直感的なコラボレーションを可能にするさまざまなツールを使って、数日ではなく数時間で調整できる必要があるため、スピードと柔軟性が非常に重要です。

企業がアプリ開発にAIやMLツールを採用する理由

このような要求に応え、将来的に成功するために、企業はますますAIを業務に取り入れるようになっています。 このような採用の増加は、高品質の学習モデルへのアクセス、およびデータ管理のための時間とコストのかかるインフラストラクチャーへの投資から脱却する必要性によってもたらされています。

そして、導入のペースは増すばかりです。 最近のForbesの記事によると、半数以上の組織がAIテクノロジーと人材に50万ドルから500万ドルを費やすとされており、昨年より3分の1以上増加しています。

IDCによると、AI技術への支出は2023年までに980億ドルになると予測されており、2018年から2023年の間に年間約30%の成長率となっています。

企業は、開発のスピードアップ、効率的かつ安全な統合、スケーリングの容易さなどの理由から、AI技術に引き寄せられるようになりました。 AIアルゴリズムは、これまで開発者が何時間もかけて行っていた多くの骨の折れる作業を自動化し、より価値の高い作業に集中する時間を確保できます。

合理的なプロセスによるベロシティの向上

アプリの開発と普及の両方に速度を生み出すには、高速な設計プロセスが必要です。コンセプトからプロトタイプ、イテレーション、承認に至るまで、アプリ開発は最高の水準を維持しながら迅速に進める必要があります。AIを活用した機械学習により、設計ソフトウェアに新しいツールが組み込まれ、開発者はスピードと正確性を備えた創造とテストのための新たな自由を手に入れられます。

AIは、まったく新しいレベルでデータを収集・処理し、開発を自動化し、MLツールを活用します。 これらのツールは、才能ある開発者を脇に追いやるのではなく、より優れたソースコード解析、コード制作の自動支援、迅速なプロトタイピングを提供することで、開発者の能力を拡張しているのです。

AIによって支援される新しいローコードデザインソフトウェアは、デザイナーがインテリジェントなチャットボット、ウェアラブル、会話型アプリなどの様々な関連デジタル技術をより簡単に構築し統合することを可能にします。 このように、アプリ開発ソフトウェアは、質感の高い、インタラクティブでカスタマイズされたオンライン体験を受け入れている視聴者のニーズに対応しています。

そのため、多くのコーディングは依然として開発者による手間のかかる行単位の作業を必要としますが、AIを搭載したローコードソフトウェアは、高価な設計のボトルネックを削減しています。 これにより、時間とコストが削減されるだけでなく、開発者のエネルギーが、古いオンライン体験のメンテナンスではなく、新しいオンライン体験の絶え間ない革新に振り向けられるのです。

これには、MXDPのようなプラットフォームの開発、PWA(Progressive Web Apps)の活用、インテリジェント開発環境やOpenAIのようなデザインエコシステムの採用が含まれます。 これらのツールは、ビジネスの運営方法や顧客との関わり方を変えつつあります。

MLを利用したアルゴリズムやAIを利用した分析は、アプリがどのように利用され、どのように改善されるかを深く洞察するだけでなく、企業が革新的なシステムを設計する方法を変革する他のツールとも連携しています。 開発者はAIを利用して、現代のビジネス・エコシステムに適合するアプリを構築し、現代のビジネス・オペレーションの課題を解決しています。

企業のワークスペースに進行中のデジタル変革の次のステップは、人工知能と機械学習の継続的な統合です。

AIを軽視する抵抗勢力企業は、自らのリスクでそうしているのです。 AIを受け入れ、コアなビジネスオペレーションに統合しても、5年以内に1500億ドルの評価額にはならないかもしれませんが、変化の明確な兆候を無視すれば、5年後にビジネスオペレーションが成り立たなくなる可能性があるのです。

業界をリードするローコードアプリ開発プラットフォーム HCL Volt MX の詳細については、継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)パイプラインの一部としてクラウド上で実行されるテストケースを生成するAI搭載の内蔵テストレコーダをご覧ください。


Cover Image

HCL Volt MX: ローコードは DevOps を滅ぼさない - 強化する理由

2022/4/12 - 読み終える時間: 2 分

Why Low Code Will Not Kill DevOps - It Makes It Stronger の翻訳版です。

HCL Volt MX: ローコードは DevOps を滅ぼさない - 強化する理由

2022年1月6日

著者: Andrew Manby / Associate Vice President of Product Management for HCL Software's Digital Solutions

そのルーツはラピッドアプリケーション開発(RAD)にまで遡ることができますが、ローコードアプリケーション開発が本格的に普及し始めたのは約3年前です。プロの開発者向けのノーコードからローコードまでの多くのアプローチが市場に出始めたため、DevOpsコミュニティーの一部では当初このトレンドを否定する声も聞かれました。

当時、あらゆる規模の企業がアジャイルソフトウェア開発プロセスを採用し、一部の重要なワークロードをクラウド・インフラに移行し、テスト自動化ツールを広く使用していました。DevOpsは不可欠な規律として登場したのです。

Gartner社は最近のレポートで、ローコード開発市場は1年間で22.6%増加し、総額138億ドルに達すると予測しており、ローコードの訃報が時期尚早であったことは明らかである。

何千もの中堅から大企業がプロフェッショナルな開発のためにローコードをすでに採用しているか、採用する予定であり、DevOpsの成長は続いています。ローコードプラットフォームがDevOpsモデルに取って代わることを期待するのではなく、ビジネスやITと連携した堅牢なソフトウェア開発ライフサイクルに重点を置き、変革をもたらすデジタル体験の速度を向上させることを目的としています。その方法は以下の通りです。


1. スピードの必要性

Covid-19 が流行した当初、多くの企業は、新しい標準に事業活動を適応させるためにデジタル・イノベーションを加速させるか、あるいは軽快な競争相手に対抗して生き残るための新しい方法を見つける必要に迫られました。そして、より多くの顧客や従業員にサービスを提供するために、ローコード開発プラットフォームへの移行が進み、ソリューションの迅速な提供が可能になりました。

ローコードソフトウェアは、カスタマイズが容易で、どんな組織のニーズにも対応でき、深いコーディングスキルは必要なく、開発スピードも速いのが特長です。ローコードプラットフォームは、数週間や数ヶ月ではなく、数時間でアプリを開発するための既成ツールの数々を備えています。

たとえば、ローコード開発プラットフォーム HCL Volt MX は、統合DevOpsサービスと自動テスト機能(継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)パイプラインの一部としてクラウド上で実行されるテストケースを生成する、AI搭載の内蔵テストレコーダーなど)を備えているのが特長です。

これは開発者に取って代わるものではなく、むしろ作業を自動化するのに役立ち、開発者は反復的だが不可欠なテストのコーディングやバックエンドの複雑さを把握することではなく、新機能や大きなアイデアに時間を集中させることができるのです。


2. 自信の向上

ローコードプラットフォームでは、DevOpsチームはテスト、デプロイメント、セキュリティ、データ管理など、バックエンド開発のすべてとフロントエンドおよびデザインのための自動化ツールを手に入れることができます。これは非常に異なるスキルと専門知識の集合ですが、このように開発プロセスが簡素化されているため、ほとんどすべての開発者がアプリのライフサイクル全体を通じて作業できます。

組織のマーケティング・チームの意欲的なコーダーが社内アプリを構築する場合でも、ローコードによって継続的なプロセスが可能になるため、DevOpsチームはビルドの検証やバージョン管理について心配する必要がありません。

小規模なDevOpsチーム1つで、あらゆる開発者によるアプリの構築とデプロイを効率的かつ自信を持って管理できます。また、複数のデバイスにアプリを展開することも可能で、さまざまなプログラミング言語の学習はほとんど必要ありません。Volt MX のようなローコードプラットフォームには、スマートスピーカー、ウェアラブル、AR、PWA、ネイティブモバイルなどのための配線済みコンポーネント、テンプレート、サンプルアプリが含まれています。


3. 戦略的なフォーカス

ローコードによって組織のDevOpsチームが反復的な作業から解放され、作業負荷が低下すると、既存のエンタープライズクラスのアプリ(エンタープライズリソースプランニングが思い浮かびます)のアップグレードや保守など、より複雑な問題に集中したり、その他の価値の高いデジタルおよび運用戦略イニシアチブに取り組んだりすることが可能になります。

ヨーロッパの巨大エネルギー企業が、将来性を考慮し、業務のデジタル化を決定したとき、HCL Volt MXを利用しました。再生可能エネルギーに注力し、エネルギー不足の人々にエネルギーを提供することで業界をリードするというビジョンを持つ同社のデジタルチームは、この変革を促進するために、従業員と顧客向けの一連のアプリケーションを開発することを選択しました。

エネルギープラント向けのSaaSからスペアパーツの連携ソリューションまで、さまざまなアプリを構築・展開するために少人数のソフトウェア開発者を雇用する代わりに、単一の開発プラットフォームを活用し、時間とコストの両方を節約することに成功しました。


**DevOps と Low Code 万歳!

プロフェッショナルな開発者向けのローコードは、コンシューマグレードのモバイルアプリやマルチエクスペリエンスアプリの開発に最も適しています。組織が古いプロセスをデジタル化しようとしている場合でも、消費者、ビジネスパートナー、顧客、従業員との新しい関わり方を作ろうとしている場合でも、ローコード開発は、優れたDevOps文化のように、組織の応答性と敏捷性を高めるのに役立ちます。デジタル主導の経済の需要が高まり続け、それに伴って開発者の人材が不足する中、ローコード開発アプローチの速度を採用することで、開発者(およびDevOps)モデルの力を高め、次のビジネス課題を解決できます。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修