メインフレーム資産の最適な ROI を確保する HCL Z Asset Optimizer (ZAO)

2021/5月/14 - 読み終える時間: 2 分

Ensure Optimal ROI of Your Mainframe Assets の翻訳版です。


メインフレーム資産の最適な ROI を確保する HCL Z Asset Optimizer (ZAO)

画像の説明

時代遅れの未使用ソフトウェアで Z システムを圧迫することなく、Z システムの ROI を実現します。堅牢な IT 資産管理プログラムを導入することで、ソフトウェア資産による継続的なイノベーションとスピードを実現できます。HCL Z Asset Optimizer は、ソフトウェア資産のインベントリとその使用状況を把握し、資産管理の簡素化、ソフトウェアコストの最適化、ベンダー監査への対応を支援します。

まず初めに、いくつかの質問をさせていただきます。現在、System z のソフトウェア資産、使用状況、ライセンスをどのように監視していますか?現在導入しているソフトウェア製品の数を把握していますか?そして、最後の質問として、IBM Z Systems のソフトウェア資産をどの程度管理しているかを尋ねます。

もし、このような答えが返ってきたら、HCL Z Asset Optimizer を使って Z システムをアップグレードする時だと思います。HCL Z Asset Optimizer は、ソフトウェア資産とその使用状況のインベントリを発見し、資産管理の簡素化、ソフトウェアコストの最適化、ベンダー監査への準拠を支援します。

HCL Z Asset Optimizer (ZAO) とは何でしょうか?HCL Z Asset Optimizer (ZAO) は、IBM System Z (mainframe) プラットフォーム上のソフトウェア資産を発見し、監視するための市場をリードするソリューションです。IBM/ISV のソフトウェア製品を管理するソリューションを探している場合でも、社内のアプリケーションを管理する場合でも、ZAO はそれらを効果的に管理するために必要なインサイトを提供します。 HCL Software の Corporate Vice President and Head である Darren Oberst は、「我々は市場をリードする製品をシンプルにする一方で、お客様のニーズをさらに満たす付加価値を引き出しました」と、的確に説明しています。

しかし、その付加価値とは何でしょうか?HCL ZAO v2.1 には、HCLソフトウェアだけが提供する重要な機能強化が含まれています。

  • ソフトウェアライセンスの照合の簡素化

    ZAO は、ソフトウェアのインベントリとその使用情報をソフトウェアライセンス情報と比較するプロセスを簡素化します。新しいレポートにより、コスト最適化の機会やソフトウェア監査の対象をより迅速に特定することができ、面倒な手動での照合作業が不要になります。ZAO v2.1 のライセンス検証機能は、特にメインフレームユーザーのために設計されており、製品のすべての機能を備えています。

  • ソフトウェア資産情報の開放

    ZAO は、ライセンス情報とともに、ソフトウェア資産のインベントリと使用情報を取得します。豊富なソフトウェア資産情報は、ZAO v2.1 の REST API を使ってアクセスできるようになりました。このAPIを利用することで、ソフトウェア資産情報を確実かつ効率的に、お客様の要件に基づいてビジネスプロセスやアプリケーションに組み込むことができます。

  • 日常のタスクを簡素化する実用的な革新

    ZAO v2.1 は、Linux on ZのDocker Container イメージとして提供されています。ZAO v2.1 では、ソフトウェア資産情報を管理するためにIBM Db2 on z/OS と DBA が不要になりました。また、IBM Integrated Facility for Linux (IFL) エンジンを活用して、ソリューションを実行するための TCO を削減することができます。

メインフレーム資産の ROI を最適化したいとお考えでしたら、ぜひお問い合わせ下さい。


HCL Z Asset Optimizer v2.1 が提供する 3 つの機能

2021/3/17 - 読み終える時間: ~1 分

The 3 Capabilities HCL Z Asset Optimizer v2.1 Needs to Offer の翻訳版です。


HCL Z Asset Optimizer v2.1 が提供する 3 つの機能

2021年3月16日

HCL Mainframe Team

画像の説明

毎年、企業はソフトウェアに数十億ドルを費やしています。しかし、多くの企業は、その投資から本来得られるべき価値を得られていないかもしれません。ソフトウェアの購入、インストール、および使用パターンを注意深く追跡しないと、企業は使用していないアプリケーション・ライセンスに過剰な支出をしている可能性があります。そのためには、ソフトウェアの最適化と監査を継続的に行うための戦略が必要です。

また、世界がこれまで以上に急速に変化する中、企業はソフトウェアライセンスの使用状況を実際の使用状況や在庫状況と照合し、調査すべき領域をできるだけ早く特定し、資産データ管理の消費を容易にする必要があります。

多くのメインフレーム資産は、IBM Db2 on z/OSに依存しており、ソフトウェア資産を管理するためにデータベース管理者を必要とするため、ソリューションの運用にかかる総コストが増加してしまいます。

HCL Z Asset Optimizer は、IBM System Z (Mainframe)プラットフォーム上のソフトウェア資産を発見・監視する、市場をリードするメインフレーム・ソフトウェア資産管理ソリューションです。15,000以上のソフトウェア製品を認識し、ソフトウェア資産のインベントリを発見し、z/OS環境での使用状況を監視します。

また、HCL Z Asset Optimizer v2.1では、大幅な機能強化を行いました。新リリースのハイライトは以下の通りです。

  • ソフトウェアライセンスの照合を簡素化 ZAOは、ソフトウェアのインベントリとその使用情報をソフトウェアライセンス情報と比較するプロセスを簡素化します。新しいレポートにより、コスト最適化の機会やソフトウェア監査のエクスポージャーをより迅速に特定することができ、面倒な手動での照合作業が不要になります。ZAO V2.1のライセンス検証機能は、特にメインフレームユーザーのために設計されており、製品のすべての機能を備えています。

  • ソフトウェア資産情報の活用 ZAOは、ライセンス情報とともにソフトウェア資産のインベントリと使用情報を取得します。豊富なソフトウェア資産情報は、ZAO V2.1のREST APIを使ってアクセスできるようになりました。APIを使用することで、ソフトウェア資産情報を、要件に基づいてビジネスプロセスやアプリケーションに確実かつ効率的に組み込むことができます。

  • 日常的なタスクを簡素化する実用的なイノベーション ZAO V2.1は、Z上のLinux用のDocker Containerイメージとして提供されます。ZAO V2.1では、ソフトウェア資産情報を管理するためにIBM Db2 on z/OSとDBAが必要なくなりました。IBM Integrated Facility for Linux (IFL) エンジンを利用して、ソリューションを実行するためのTCOを削減することができます。

まだ HCL メインフレーム ソリューション のお客様ではありませんでしたら、是非、HCL ZAO (メインフレーム) ソリューションをビジネス戦略に組み込む検討をしてみてはいかがでしょうか。


HCL メインフレーム・ソリューション: 製品カタログを公開しました

2021/3/17 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Software は、メインフレームソフトウェアを管理するソフトウェアを提供しています。製品カタログを整備中ですが、まずは、HCL Z Asset Optimizer のカタログが用意できました。


HCL Z Asset Optimizer v2.1: 複雑な手続き不要で z/OS ソフトウェア資産を最適化

2020/11/20 - 読み終える時間: ~1 分

Z Asset Optimizer v2.1: optimise z/OS software asset without complications の翻訳版です。


HCL Z Asset Optimizer v2.1: 複雑な手続き不要で z/OS ソフトウェア資産を最適化

2020年11月19日

著者: Kenichi Yoshimura / Senior Product Manager

画像の説明

HCL Z Asset Optimizer (ZAO) V2.1 がついにリリースされました。HCL Z Asset Optimizer (ZAO) は、IBM z/OS メインフレームシステム上のソフトウェア資産を発見し、監視するためのマーケティングをリードするソリューションです。特に、ソフトウェア資産の管理に関連する日常業務を簡素化し、z/OS メインフレーム環境を最適な状態に保つために設計されています。

ZAO は、IBMやその他の ISV の15,000 以上のベンダーのソフトウェア製品、バージョン、機能を認識します。ZAO は、ソフトウェア資産のインベントリーを発見し、z/OS 環境全体での使用状況を監視します。ZAO のレポートにより、ユーザーは、各 z/OS システムにどのようなソフトウェア製品がインストールされているか、どのくらいの頻度で使用されているか、誰がそのソフトウェアを使用しているかなどを理解することができます。

ZAO V2.1 は、ソフトウェアライセンスの照合プロセスを非常に簡単にします。ZAO V2.1 のライセンス検証機能では、ユーザーがソフトウェアのライセンス情報を指定することができます。ライセンス情報があれば、ソフトウェアのインベントリーや使用情報とライセンス情報を比較し、z/OS 環境を最適な状態に保つために見直しが必要な箇所を特定することができます。具体的には、ソフトウェアライセンスコストを削減するための機会と、ソフトウェア監査の失敗のための潜在的なエクスポージャーを特定します。

ZAO は、z/OS システム上で実行されている社内アプリケーションの使用状況を発見し、報告することができます。メインフレーム・テクノロジーの伝統を考えると、メインフレーム・システム上に大量の社内プログラムのインベントリーが存在することはよくあることです。メインフレームのオーナーは、ZAO インベントリーの発見と使用状況の監視により、未使用のプログラムを排除するための決定を下すことができ、また、メインフレームのハードウェア投資に最適なプログラムを維持するためにコンパイラのアップグレードを計画することができます。

豊富なソフトウェア資産情報は、ZAO V2.1 の REST API を使用してアクセスできるようになりました。APIを利用することで、要件に応じた業務プロセスやアプリケーションにソフトウェア資産情報を確実かつ効率的に組み込むことができます。

ZAO V2.1 は、Z 上の Linux 用 Docker Container イメージとして利用可能です。ZAO V2.1 は、ソフトウェア資産情報を管理するために z/OS 上の IBM Db2 と DBA を必要としません。IBM Integrated Facility for Linux (IFL) エンジンを活用して、製品を実行するための TCO を下げることができます。

これらの機能強化が皆様の日々のソフトウェア資産管理活動に役立つことをご理解いただけることを願っています。2020年11月27日に開催されるウェビナーでは、ZAO V2.1 の主な機能強化をご紹介しますので、ぜひご参加ください。

簡単な紹介動画はこちらをご覧ください。


HCL Z Asset Optimizer: 製品紹介ビデオ

2020/10/8 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Software はメインフレーム関連のソフトウェアも開発、販売しております。HCL Z Asset Optimizer はソフトウェア資産を検出し、ライセンス費用の最適化やライセンス違反回避を可能にするものです。

7分強の製品紹介ビデオを HCL Z Asset Optimizer 製品ページに追加しました。メインフレーム資産管理に課題をお持ちのお客様には是非ご覧いただきたいと思います。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修