Cover Image

マルチエクスペリエンス DXP - すべての CX と EX の中心に

2024/1/22 - 読み終える時間: 2 分

Multiexperience DXP - At the Heart of All CX and EX の翻訳版です。


マルチエクスペリエンス DXP - すべての CX と EX の中心に

2024年1月10日

著者: Andrew Manby / Vice President of Product Management

Digital+ Economy では、世界中のあらゆる規模の企業で、顧客体験と従業員体験(CXとEX)が話題となっています。真の従業員中心、顧客中心のエクスペリエンスは、あらゆるビジネスを真に変革することができるため、その話題はしばしば正当化されます。

しかし、成果に焦点を当てなければ、これらの重要な概念は単なる流行語にすぎません。では、組織はこれらの戦略をどのように取り入れ、どのような違いを生み出すことができるのでしょうか?

そこで、マルチエクスペリエンスDXPの出番となります。HCLSoftware は DXP である HCL DX を強化し、より良いオムニチャネルの成果を得るために、コンテンツ、アプリ、プロセスを統合しました。

トータル・エクスペリエンスの創造

Gartner 社の報告によると、顧客と接する従業員の64%が、不必要な労力と多すぎるサイロが、質の高い顧客(または従業員、市民など)体験を提供する妨げになっていると回答しています。

密接に関連する概念もあります。トータル・エクスペリエンス」(TX)は、ガートナー社によって「サイロを取り払い、バラバラではなく相互に結びついたエクスペリエンスを提供する能力」と説明されています。

「2024年までに、TX戦略の提供に長けた組織は、満足度指標において競合他社を25%上回るだろうとガートナーはまた予測しています。マルチエクスペリエンスDXP(MXDXP)は、組織をトータルエクスペリエンスへの道に導き、以下のことを可能にします。

  • モダナイズ
  • すべてを統合する
  • トータル・エクスペリエンスによる喜び

画像の説明

この時点で、組織は単なるコンテンツではなく、カスタマイズされた消費可能な体験を提供し、成果を可能にしています。例を見てみましょう。

ある保険会社が、明確なゴールとビジネス成果のステートメントを定義したとします。例えば、「顧客がクレームを提出し、解決するのに必要な時間と労力を削減する」というようなものです。この会社は HCLSoftware の MXDXP を使用して、洗練されたユーザーフレンドリーなフロントエンドポータルを構築し、バックエンドの統合とワークフローによって以下のことを実現しました:

  • 効率とタスクの完了: MXDXPは、ユーザーが集中する必要のある特定のタスクに焦点を当てたストリームを提供することで、効率を大幅に向上させます。
  • 顧客がどこにいてもプロセスを合理化: 企業のバックエンドプロセスには複数のソフトウェアスイートが使用されている可能性が高いが、MXDXPはソフトウェアと情報のサイロ化を解消し、顧客や従業員が選択したデバイス上で、どこでも同じように簡素化されたワークストリームを提供します。
  • ロイヤルティの向上 ポータルの構築は「デザイン主導」で行われ、問題を迅速かつ効率的に解決することで、顧客の労力を最小限に抑え、ロイヤルティを高めることを目的としています。

画像の説明

HCL MXDXPは、UXデザイン、機能性、ブランディングにおけるフロントエンドの一貫性を確保しながら、これらすべてを実現しました。また、効率的なチャットボットなど、電話待ち行列の代替手段も提供しています。

MXDXPの主要コンポーネントの1つであるVolt Foundryのおかげで、オーシュアはローコード開発を活用し、開発中および継続的な実践としてこれらの利点を実現することができました。

  • 複数のSaaSソリューション、企業システム、API、バックエンドのプロセスの統合を大幅に簡素化。
  • ウェブ、ネイティブ・モバイル、タブレット、ウェアラブル、キオスク、およびその他のカスタム・チャネルにわたって、一貫したオムニチャレンジ体験を可能にします。
  • プロの開発者がカスタム・アプリケーション・コンポーネントを作成するための、新しい迅速なアプリケーション開発オプション。
  • ITガバナンスを備えた既存の市民開発者能力の拡張により、ビジネス・ユーザーがエクセルやメールを使用するなどの既存の手動プロセスをデジタル化し、データをより簡単に取り込んだり、2つ以上のシステムを統合して承認プロセスを形成したりできるようにします。

もちろん、現代の保険会社は、スマートフォンやその他のデバイスで最高の体験を提供する必要もあります。オーシュアがモバイル・ユーザーに提供するものを見てみましょう。

画像の説明

ここでもまた、最も一般的な問い合わせや問題、問い合わせの理由に焦点を当てた、明確で簡素化されたデザイン主導のエクスペリエンスです。すぐには分からないかもしれないが、クレームの開始、証明書の発行、ロードサイド・アシスタンスの要請など、これらの機能はすべて異なるバックエンドのAPIやプロセスを呼び出しており、場合によってはレッカー会社など完全に外部のベンダーが行っています。

ユーザーはそのようなものを見ることも体験することもなく、労力とストレスを最小限に抑え、大幅に改善された体験を得ることができます。ユーザーの年齢や生き方に関係なく、思慮深く慎重に最適化された保険体験が提供されます。

人生といえば、オー・シュアは先のことを考え、顧客のオファーに積極的になることができます。ある顧客が、16歳になる子供がいることを知るのに十分な情報をファイルしているとしましょう。オーシュアは、このティーンエイジャーが間もなく新しいドライバーになる可能性が高いことを知っているので、新しいドライバーが信頼できる自動車教習所に通えば保険料が割引になるというオファーを作ることができます。

もちろん、顧客がこのオファーを受け入れた場合、オーシュアは自動車教習所パートナーとの統合を活用し、最高のデータセキュリティと顧客のプライバシーを守りながら、オファーと割引を自動的に調整することができます。

MX DXPのコンセプトと、それが顧客、従業員、市民、そして彼らにサービスを提供する組織に提供する無数のメリットについてご紹介しましたが、お楽しみいただけましたでしょうか?このMXDXPシリーズでは、さらなるエントリーを予定していますので、近い将来、HCL DXで何ができるのか、より大きな文脈で私たちのブログをチェックしてみてください。


Cover Image

デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム エンパワーメントされた将来のために今こそ投資すべき

2023/11/16 - 読み終える時間: 2 分

Digital Experience Platform: Investing Today for an Empowered Tomorrow の翻訳版です。

デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム エンパワーメントされた将来のために今こそ投資すべき

2023年11月15日

著者: Aaron Hughes / Global Head of Design

適切なデジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム(DXP)を選択することは、急速に変化する市場環境や顧客の嗜好に対応する上で、企業にとって最も重要な意思決定の1つです。

本格的なDXPは、コンテンツ管理、パーソナライゼーション、オムニチャネル配信、顧客関係管理の統合、分析、アプリケーション・プログラム・インターフェースを介した拡張性をサポートする。その目的は、組織が顧客について学んだことすべてを結びつけ、顧客に情報を提供し、顧客を導く独自のコンテンツを提供することである。

シームレスなカスタマージャーニーを提供することは、卓越したカスタマーエクスペリエンスを生み出す上で最も基本的な成功要因のひとつである。実際、Gartnerのアナリストによると、サービス組織の59%が、シームレスなジャーニーの実現は今日のトップ3の優先事項の1つであると回答しています。顧客が購入、質問、問題解決に費やす労力が少なければ少ないほど、顧客はより満足し、より夢中になる。

デジタル化が急速に進む世界で成功するためには、顧客中心主義をデジタル戦略の中核に据える必要がある。デジタル・ツールやテクノロジーは、きめ細かなレベルで行動を洞察し、パーソナライズされた提案や卓越した体験を可能にする。

オムニチャネルを超える

COVID-19の大流行は、顧客が望む時に、望む場所で、製品やサービスを提供するオムニチャネル戦略の重要性を浮き彫りにした。ユビキタスなデジタル体験の未来に備えることは、オムニチャネルを超えてオムニプレゼンスを受け入れることを意味する、とConstellation Researchの副社長兼主席アナリスト、リズ・ミラーは言う。

画像の説明

「顧客が望むすべてのチャネルに対応し、新しいチャネルが登場したときに備えておく必要があります。ウェブサイトとモバイルアプリは、今日のEコマースでは当たり前のものです。将来的には、デジタル体験にはウェアラブル、マルチメディア、インタラクティブな体験が含まれるようになるでしょう。人工知能や仮想現実、拡張現実が、こうした体験の原動力となるだろう。「デジタルをするのではなく、デジタルであることが重要なのです」とミラーは言う。

つまり、データが意思決定を支える必要があるのです。最新のデジタル・エクスペリエンス・プラットフォームは、組織が顧客、市場、ビジネス環境、その他の影響要因に関する膨大な情報を収集、分析し、そこから実用的な洞察を導き出す上で極めて重要である。デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームは、データ統合を容易にし、可視化や機械学習などの高度な分析機能をサポートする。リアルタイムで洞察を導き出せるため、組織は勘ではなく事実に基づいた意思決定を行うことができる。

ワークフローの自動化

最新のDXPは、単なる利便性を超えて、広範な自動化の領域を開拓し、専門家を単調なルーチンワークから解放して、より戦略的な取り組みに力を注ぐことを可能にする。自動化の可能性を引き出すには、まず組織のワークフローを包括的に分析し、ボトルネックを特定し、機械が一貫して効率的に引き継ぐことができるプロセスから戦略的に人を排除することから始まる。さらに、アナログプロセスからデジタルプロセスへの移行を行い、可能な限り高速で並列的なワークフローを実現することを目指す。

「自律型企業では、何が業務スピードを低下させているのかに注目するだけでなく、オートメーションがいかに人間よりも迅速に意思決定を下せるかにも注目する」とミラーは言う。

DXPに投資する場合、そのプラットフォームが将来性を備えていることが重要だ。単一のプロバイダーがDXP顧客のすべてのニーズを予測することはできません。堅牢なプラットフォームは、コア・プラットフォームを拡張・強化するサードパーティ・サービスと統合するためのアプリケーション・プログラム・インターフェースを提供します。このような未来志向のアプローチにより、DXPは組織のダイナミックな要件に合わせて進化し、適応していきます。

グローバルな一貫性の維持

フォレスターのアナリスト、キャスリーン・ピアースによると、「優れた顧客体験にはローカライゼーションが必要」だという。彼女は、ローカライゼーションをマーケティングやコミュニケーションにおける戦術的な後付けとして扱っているグローバルブランドは、卓越したグローバル顧客体験の創造に苦戦するだろうと説明する。「最新の統合された技術スタックと熟練したリーダーシップがないまま、ローカライゼーションを分散化している企業は、このプログラムに参加する必要があります。そのような従来のモデルは、非常に高価で時間がかかる。"

画像の説明

ローカライゼーションは、世界的なメーカーである3Mが直面していた問題そのものでした。3Mは、さまざまなグローバルウェブサイトに世界中の顧客から年間9,700万件のアクセスがあります。以前は、ウェブサイト・コンテンツのローカライズ・バージョンのデザインと作成を、さまざまなサードパーティ・エージェンシーに頼らざるを得ませんでした。そのため、世界中にコンテンツを拡大するのに多大なコストがかかり、更新のスピードも大幅に遅くなっていました。

HCLのソリューション・スタックを活用することで、3Mはマーケティング部門が独自にウェブサイトを作成・管理できるようになりました。この戦略的な取り組みにより、3Mは、自社のウェブ・プロパティで多様な地域のオーディエンスに対応するコンテンツを効率的かつコスト効率よく適応させる能力を大幅に向上させました。

画像の説明

3M社のITアーキテクトであるリック・フライヤー氏は、次のように述べています。「一貫した迅速な方法で、ウェブサイトの機能や要件を全プロパティに迅速に展開できるようになりました。このソリューションにより、3Mは毎年何百万人もの人々に強力なカスタマー・エクスペリエンスを提供しています」。

パーソナライズされたコンテンツで信頼を築く

誤った情報が差し迫った社会問題となっている現在、信頼はかつてないほど重要になっている。PwCは信頼を "ビジネスの新しい通貨"と呼んでいる。エデルマンの2021年トラスト・バロメーターによると、消費者の購買意思決定において、信頼は2番目に重要な要素であり、消費者にとってより重要なのは価格に対する価値だけである。

信頼を育むには、パーソナライズされ、ローカライズされた、関連性の高いコンテンツを、顧客が最も必要としている時に的確に提供することが基盤となります。顧客エンゲージメントの進化において、極めて重要な戦略は、デバイス、時間帯、消費量に関係なく、顧客がコンテンツをシームレスに消費できる自由を与えることにある。このようなコンテンツの障壁を取り払うことは、単なる贅沢ではなく、現代のビジネスにおいて必要不可欠なことなのです。

堅牢なDXPは、顧客とのやりとりをひとつひとつ把握し、その人の興味、嗜好、その企業での履歴を反映したタペストリーに織り上げていく。その知識は、ウェブサイト上であれ、電話であれ、対面であれ、あらゆるやりとりに反映されます。パーソナライゼーションは信頼を築き、顧客は貴社が真に顧客を大切にしていると感じるようになります。

統合されたデジタルアセット管理、ローコード/ノーコードのフォームビルダー、高度なオーディエンスセグメンテーション機能を備えたDXPを使用することで、従業員の力が強化されます。これらの機能を導入することで、顧客との深く有意義なつながりが生まれ、顧客エンゲージメントを新たな高みへと引き上げることができます。消費者がどの企業を選ぶかについてほぼ無限の選択肢を持つ今、それは無形の絆を生み出し、人々をリピーターにします。

画像の説明

HCLデジタル・エクスペリエンス・プラットフォームの詳細については、お問い合わせください。


Cover Image

B2E に注力してビジネス価値を高めるメリット

2023/11/15 - 読み終える時間: 3 分

Benefits of Focusing on B2E to Drive Business Value の翻訳版です。


B2E に注力してビジネス価値を高めるメリット

2023年11月15日

著者: Aaron Hughes / Global Head of Design

現代のデジタル・エクスペリエンス というと、顧客とブランドとの対話を思い浮かべる人が多いでしょう。企業が顧客ロイヤルティを獲得し、競争力を維持するためには、優れた顧客体験 (CX) を提供しなければならないのは事実です。しかし、デジタルが成熟するにつれて、企業は優れた従業員体験 (EX) を提供することも不可欠であることに気づきます。実際、ガートナーによると、人事リーダーの47%が2023年の最優先事項として従業員体験を挙げています。

戦略的なB2E (Business-to-Employee) アプローチは、従業員体験を再定義するのに役立ちます。B2Eは、生産性の向上、揺るぎない忠誠心、利益ある成長の鍵を握っています。ここでは、なぜこの変革が重要なのか、企業はどのようにこの変革を実現できるのか、そしてB2Eマインドセットがどのようにビジネス価値を高めるのかについてご紹介します。

B2Eとは何か、なぜ重要なのか?

B2E (Business-to-employee) 戦略は、従業員の体験を優先します。代理店やブローカーのオーナーは、満足度が高く、自分の役割に秀でるために必要なツールやサポートがあれば、会社に留まる可能性が高くなります。生産性が向上し、離職率が下がることで、ビジネスにも利益がもたらされます。顧客は、より良いサービスを受けられることに感激するでしょう。顧客は、より良いサービスを受けられることに満足し、エージェントにさらなる仕事を依頼します。

従業員の経験: 顧客ロイヤルティと収益増加の鍵

小売店で助けを求めたのに、商品知識が乏しい飄々とした販売員と話す羽目になったことはないでしょうか?その店員はあなたの質問にどれだけ答えてくれたでしょうか?その会話を聞いて、あなたは大切にされていると感じましたか?適切なアドバイスを受けたと感じましたか?またその店で買い物をする気になりましたか?

今度は、人間的なレベルで接するのが楽しいだけでなく、仕事をするための適切なツールや知識を持っている販売員と話したときのことを思い出してください。その担当者は、あなたの要望をどの程度うまく処理し、問題を解決してくれましたか?やりとりの後、その会社についてどう感じましたか?また、他の人にもそうするよう勧めたくなるような、心地よい体験でしたか?

この2つの顧客シナリオの違いは、昼と夜のようなものです。Zendesk の CX Trends 2023 Report によると、サポートと頻繁にやり取りをする消費者の66%は、最低のやり取りで一日が台無しになると答えています。理想的な世界では、会社での役割に関係なく、すべての従業員とポジティブなやり取りができるはずです。

顧客に一貫して素晴らしい体験を提供する、熱心な従業員を持つ企業は、顧客ロイヤルティの向上と収益の増加につながる可能性がはるかに高くなります。フォレスター社によると、企業が顧客の問題をより迅速に解決した場合、顧客は2.4倍、さらに2.7倍も長期にわたって滞在する可能性が高くなるといいます。

従業員、代理店、ブローカーのオーナーがより幸せで充実していれば、より良い仕事をし、より良い顧客体験を提供できます。しかし、ビジネスリーダーはどうすればそれを実現できるのでしょうか?

2023 Employee Experience Trends Report によると、従業員の3分の1以上 (38%) が燃え尽き症候群の症状を経験していて、生産性の低下や顧客が切望する夢のような体験を提供する能力の低下に繋がっています。この燃え尽きの原因のトップは、非効率なプロセスとシステムです。実際、使用しているテクノロジーによって最大の生産性を実現できると答えた従業員の割合は、2022年の68%から2023年には63%に減少しています。何かが道を踏み外しており、企業は早急にこの問題に対処する必要があります。

生産性の低下について尋ねれば、多くの従業員は利用可能なテクノロジーを挙げるでしょう。私生活で使っているコンシューマー・テクノロジーのおかげで、以前よりも生産性が上がり、シームレスなコミュニケーションができるようになりました。しかし、職場で使っているテクノロジーにはそれがありません。それに比べ、従業員の職場のテクノロジーは時代遅れで、柔軟性に欠け、コンシューマー・テクノロジーよりもはるかに複雑です。さらに、戦略的なビジネス成果を促進することもできません。

従業員は、職場で適切なテクノロジーにアクセスすることがますます緊急の課題になっていると考えています。企業は文化的な変化を目の当たりにしていて、従業員から新たな期待が寄せられています。デジタルトランスフォーメーションの旅のこの段階でビジネス価値を引き出すには、ビジネスリーダーは、カスタマーエクスペリエンスに投資するのと同様に、従業員エクスペリエンスにも意図的に投資する必要があります。そのための強力な手段の1つが、B2E戦略の導入です。

企業はどのようにしてB2Eアプローチを実現できるのか?

企業はすでに、顧客データが通貨であり、価値があることを知っています。従業員データについても同様に考え、この情報を活用してエージェントとビジネスの成果を向上させたらどうでしょうか。その答えは、Degital Experience (DX) プラットフォームを使ってB2Eアプローチを実現することです。このコンポーザブル・プラットフォームは、企業で使用されるプロセス、コンテンツ、アプリケーションの交差点に位置し、この試みに必要なインサイトを解き放つことができます。

画像の説明

CXのシナリオと同様に、B to E戦略を実現するための道のりは、従業員、エージェント、ブローカー・オーナーのエクスペリエンスの現状を理解することから始まります。これは、会社が従業員に関連情報をどのように伝えるか、イントラネットの管理者が代理店のためのジャーニーをどのように作成する権限を与えられているか、または代理店がオンデマンドでトレーニングにアクセスする方法等をすべて網羅しています。職務を遂行しようとする際に遭遇する摩擦のポイントには、意図的に焦点を当てるべきでしょう。

次のステップは、従業員とビジネスにとって最も価値のある成果を特定することです。これらの成果には、あらゆるデバイスからアクセス可能なプラットフォームをエージェントに提供すること、APIを介して既存のビジネスアプリケーションを統合すること、意味のある体験を生み出し、より良い取引をサポートするための適応可能なツールをエージェントに提供することなどが含まれます。

画像の説明

最後に、企業はこれらの改善に必要なインテリジェンスを解き放たなければなりません。このステップは、パーソナライズされたエクスペリエンスを生み出すために単にデータを活用するだけではありません。ユーザーのインタラクション(この場合は従業員のインタラクション)を理解し、それらに関連するデータを簡単にアクセスできる方法で保存すること、コンテキストと関連性を向上させるためにそのデータを洞察で強化すること、そして、ユーザーのインタラクションから継続的に学習すること(例えば、新たなつながりを作り、新たな学習を促進し、従業員のエンゲージメントを高めるなど)が必要です。

この戦略を追求する企業は、従業員の生活を向上させ、より良い業績をもたらす従業員体験を実現することができます。同社は、ブローカーのオーナーがエージェントに対してパーソナライズされたサポートやリソースを提供するために必要な構造化されたデータを照会し、表示するための新しい方法を発見することができます。それだけでなく、全従業員が各自の職務に合わせた入念でしっかりとしたオンボーディングを受けられるようにすることもできます。最後に、会社は、より多くの情報に基づいた洞察的な立場から、従業員に再教育やスキルアップの機会を伝えることができます。

満足した従業員がビジネス価値を高める

企業が成功できるかどうかは、CXの質にかかっています。企業は、優れた従業員体験がいかに不可欠であるかを理解し始めている。顧客が優れたカスタマー・エクスペリエンスへの期待をますます強く口にするようになったのと同様に、従業員も今や職場体験の有意義な改善を強く望んでいます。例えば、Degital Experience プラットフォームを導入するなど、B to E 戦略を採用することで、企業は従業員への対応を強化し、生産性を向上させ、提供するCXの水準を高めることができます。これは、誰もが満足できるビジネス成果です。

Degital Experience プラットフォームの詳細については、こちら までお問い合わせください。

画像の説明

画像の説明


Cover Image

CX と EX - 従業員のエクスペリエンス・ギャップを埋める

2023/10/12 - 読み終える時間: 2 分

CX and EX - Closing the Employee Experience Gap の翻訳版です。

CX と EX - 従業員のエクスペリエンス・ギャップを埋める

2023年10月3日

著者: Richard Jefts / Executive Vice President and General Manager, HCL Digital Solutions

カスタマー・エクスペリエンスにおける革命の進行と並行して、私たちは文化的な変化を目の当たりにしています。私生活で豊かなデジタル体験をした後、消費者は職場に来て、彼らの新たな期待に応えられない体験をするようになっています。その結果、カスタマー・エクスペリエンス(CX)と、従業員エクスペリエンス(EX)と呼ぶべきものの間に劇的なギャップが生じています。

組織がこのギャップに取り組むことが重要な理由は2つあります。1つ目は、もちろん従業員体験そのものを向上させることです。もう1つは、間違いなくさらに重要なことだが、従業員の仕事の成果を向上させ、その結果としてビジネスの成果を向上させることです。

この「エクスペリエンス・ギャップ」に対処するために何ができるのか、何をすべきなのかを理解するためには、まずデータから、特に通貨としてのデータの考え方が従業員のエクスペリエンスにどのように適用されるのかを理解する必要があります。

パーソナライゼーションの力

Eコマースの世界では、今日のCXは、パーソナライズされた関連データ、その多くは消費者自身のオンライン上での選択、嗜好、行動を観察することから得られるデータによって、深い情報を得ています。収集されたデータは、そのフローに「再投資」され、継続的な改善のサイクルの中で、特定の消費者の将来のエクスペリエンスに情報を提供し、改善するために使用されます。

現在では、このような消費者データの収集、分析、消費者体験への応用を可能にするテクノロジーが、イントラネットでも利用できるようになっています。つまり、オンラインの職場環境で収集したデータを利用して、従業員にとってもビジネスにとってもプラスになるような、豊かでパーソナルな従業員体験を創造することができるのです。

どのようにポジティブなのでしょうか?アクセンチュアがS&P500の企業を調査したところ、従業員エクスペリエンスの向上に注力した企業は、S&P500の他の企業を122%上回るという驚くべき結果が出ました。

従業員に必要なこと

これが現場でどのように展開されるかを見るために、ユースケースを突き詰めてみましょう。

平均的な従業員はなぜイントラネットを見るのでしょうか?一般的なルールとして、従業員は自分の仕事をより良くこなし、要件を満たし、キャリアを向上させることを求めています。実際には、プロジェクトを完了するために必要なリソース(情報、アプリケーション、またはその両方)を探したり、人事ポリシーや出張のガイドラインなどを検索したり、同僚と知識を共有してすぐに、または将来的に利用したりすることを意味します。

このような取り組みをサポートする鍵は、適切な機能を備えた適切なプラットフォームを持つことです。従業員体験の観点から、最も重要な4つを紹介しましょう。

  • つながり: つながり:同じような関心やニーズを持つ他の従業員とのつながりを促進する。
  • アクセス: アクセス:必要なすべてのアプリケーションと情報のための単一のタッチポイント。
  • パーソナライゼーション: パーソナライゼーション:従業員の役割やニーズによって異なる体験。
  • コラボレーション: コラボレーション:共同作業、共有、発見を容易にします。

これらの機能は、従業員が業務に必要な行動を取ることを支援するだけではありません。このような従業員とのインタラクションは、従業員が次回ログインした際に、その従業員の体験をさらにパーソナライズし、向上させるために活用できるデータも生成します。

コンテンツとエンゲージメント

従業員が見るものをパーソナライズすることは極めて重要だが、エンゲージメント(従業員が何を選択するか)は、EXの究極の成功指標です。優れた従業員体験はエンゲージメントを促進しなければならないが、そのためにはコンテンツが重要な役割を果たします。そのためには、コンテンツが重要な役割を果たします。

  • コンテンツは有意義で、関連性があり、タイムリーでなければならない。
  • コンテンツは発見しやすく(検索やチャットボットを考える)、従業員が必要としている文脈で表示されなければならない。
  • コンテンツは、作成、公開、インデックス(検索によって発見できるようにすること)が容易でなければならない。
  • 説得力のあるビジュアルデザインと意味のあるコンテンツアーキテクチャが不可欠である。

コンテンツ・アーキテクチャに関して、優れたEXには、基本的な情報だけでなく、より有意義な体験を生み出すためのインプットとして、従業員の相互作用や行動データも必要です。同様に、役割と責任を考慮することは、より適切なEXを設計する上で非常に重要です。

アプリケーション・アクセスの合理化

アプリケーションを首尾一貫した方法で統合することは、差別化された従業員体験を生み出す上で非常に重要です。従業員イントラネットは、セルフサービスのハブであり、すべてのセルフサービス操作のための中央リポジトリとアクセスポイントである単一真実源であるべきです。代わりに、これらの冗長性を合理化し、単一のセルフサービスEXに組み込むべきです。

とはいえ、アプリケーションとデータを合理化されたビハインド・ザ・ファイアウォールのエクスペリエンスに統合する方法は複数あります。イントラネット・ソリューションは、1つの統合オプションだけでなく、複数の統合オプションから選択できるようにする必要があります。

統合の課題は現実的です。2019年にウォール・ストリート・ジャーナルで報告された調査によると、業界を問わず大企業が導入したアプリケーションの数は、過去4年間で68%増加し、1社あたり平均129アプリケーションに達し、その後もその数は増加の一途をたどっています。

従業員に力を与えるプラットフォーム

この複雑化により、発見、関与、共有が容易な、合理的でパーソナライズされたEXで従業員を支援するプラットフォームの必要性が強調されています。

複数の従業員が同じ問題に取り組んでいる場合、従業員がつながり、洞察を共有するのは簡単であるべきです。このようにして最高のアイデア、イノベーション、専門家がトップに立つと、それらはさらに実行可能なものとなり、ビジネスの成果だけでなく従業員の経験も変えるような方法でサイロを打破することで、組織にとってさらに価値のあるものとなります。

HCL Degital Experience が、フル機能のコラボレーティブなイントラネット体験に必要なすべてをどのように提供しているかをご覧ください。


Cover Image

HCL Volt Foundry が Digital Experience Cloud Native 9.5 に含まれるようになりました

2023/9/19 - 読み終える時間: 4 分

HCL Volt Foundry now included with Digital Experience Cloud Native 9.5 の翻訳版です。


HCL Volt Foundry が Digital Experience Cloud Native 9.5 に含まれるようになりました

2023年9月15日

著者: Kyle Farnand / Director of Product Management for HCL DigitalExperience and Connections

HCLSoftware は、HCL Digital Experience Cloud Native 9.5 のお客様が、HCL Volt Foundry データ統合ミドルウェアの事前構築済みアダプター、ワークフロー、および API 管理サービスを DX 環境と組み合わせて使用できるようになったということをお知らせできることを嬉しく思います。 これらの付加価値機能は、DX の顧客がビジネス プロセスを迅速にデジタル化し、市場投入までの時間を最大 60% 短縮するのに役立ちます。

HCL DX Cloud Native 9.5 は、以下を探している場合に最適です。

  • 連携・統合: Volt Foundry を使用すると、DX エクスペリエンスのためのさまざまなバックエンド サービスを定義し、必要に応じてカスタム アダプターを作成できます。
  • オーケストレーション: Volt Foundry は、システム全体で複数のサービスを調整し、単一のサービスとして公開できるため、複雑さが軽減され、再利用が容易になります。
  • Rules as a Service: Volt Foundry を使用すると、ビジネス ロジックの作成をサービスとして外部化できます。
  • API 管理: DX サイトまたはシングルページ アプリ内のアプリ サービス (アイデンティティ、統合、オーケストレーション) を、リンクしたり構成したりせずに構成および管理 (作成、編集、削除) します。

Volt Foundry の機能を使用することで、DX 実践者はデータと SaaS サービスを使用したユーザー エクスペリエンスを以前の方法よりもはるかに高速に簡素化できるようになりました。 このエキサイティングなソリューションの新しいコラボレーションには、DX エクスペリエンス内で DX のデジタル データ コネクタスクリプト アプリケーション、および HCL Leap から利用される Volt Foundry が含まれます。

独自のデジタル変革の旅を始める準備はできていますか? ここから始めてください

画像の説明

HCL は、顧客がサードパーティの SaaS アプリケーション、CMS、パーソナライゼーション エンジン、マーケティング オートメーション プロバイダーなどの新しいアダプターをダウンロードできるように、Volt MX Marketplace を提供します。

画像の説明

さらに、Volt Foundry は、組み込みのカスタム レポートを使用して API の分析を提供します。 同様に重要な多層セキュリティ オプションが含まれており、DX 環境に期待されるセキュリティに合わせて、エンタープライズ グレードのセキュリティ認定でデータと ID の保護をサポートします。

画像の説明

DX Cloud Native 9.5 ライセンスで利用可能なものを超えて Volt Foundry の価値を拡張したいと考えている DX のお客様は、Volt MX のライセンスを購入することで、次のことが可能になります。

  • Volt Foundry - SDK や、Flutter や React などの DX の外部とは別の外部化されたサービスを最大限に活用します。
  • Volt MX のローコード アプリケーション開発環境を使用して、DX WCM および DAM コンテンツを備えたネイティブのモバイル、タブレット、ウェアラブル ソリューションを作成します。
  • 企業全体の Citizen Development 機能に HCL Leap を使用できるようにし、DX プログラム内での現在の使用制限を超えて機能を拡張します。
  • スクリプト アプリとしてあらゆる DX エクスペリエンスに配信される埋め込み Volt MX アプリを作成します。
  • モバイル アプリへのプッシュ メッセージングに Volt Foundry のエンゲージメント サービスを活用します。

DX Cloud Native 9.5 サブスクライバー専用のアドオン オファーが近い将来利用可能になる予定です。

DX Cloud Native 9.5 サブスクリプションをお持ちのお客様向けのこの新しい権利についてご質問がある場合は、HCL の営業担当者またはビジネス パートナーにお問い合わせください。

HCL DX 製品チーム

最新情報を入手先


Cover Image

新しい HCL Digital Experience Cloud-Native 9.5 バンドルとユーザーセッション価格の紹介

2023/9/12 - 読み終える時間: 5 分

Introducing New HCL Digital Experience Cloud-Native 9.5 Bundle with User Session Pricing の翻訳版です。


新しい HCL Digital Experience Cloud-Native 9.5 バンドルとユーザーセッション価格の紹介

2022年6月1日 2023年9月5日更新

著者: HCL Digital Experience Team

シンプルでスケーラブルかつ透明性の高い価格設定により、顧客は最適なものを選択し、ビジネスの需要やデジタル戦略の進化に合わせて成長することができます。 HCL Digital Experience Cloud Native 9.5 オファリングは、12 か月間に DX サイトで消費されるユーザー セッションの数に基づく、簡素化された消費ベースの価格設定モデルを提供します。 HCL Digital Experience Cloud Native v9.5 サブスクリプション価格モデルでは、段階的な階層ベースの価格設定が提供され、ユーザー セッションの量が増加するにつれて各階層のコストが低くなります。 つまり、使用した分だけ料金を支払うことになります。

エンド ユーザーとのやり取りがますます「デジタル ファースト」になるにつれ、ターゲットを絞った生産的なデジタル エクスペリエンスを促進する機能を大規模に追加して、視聴者とコンバージョン率を拡大することが重要です。 デジタル エクスペリエンス プラットフォーム マネージャーは、ユーザー セッション レベル、つまり Web ユーザー セッションの量を継続的に監視し、DX サイトのユーザー トラフィックをサポートする容量を計画します。

さらなる価値と機能を追加

HCL Digital Experience Cloud Native 9.5 は、ビジネスで信頼されている包括的な DX ソリューションであり、B2B、B2C、および B2E ソリューションの豊富な機能セットを 1 つの実績のあるプラットフォーム上に備えています。これらには、HCL Portal Server、Web Content Manager、および HCL Leap が含まれます。また、サポートされている指定されたオペレーティング システムにインストールできます。例: Windows、Linux、IBM AIX。サポートされている Kubernetes プラットフォームにデプロイしているお客様は、これらすべてのコンポーネントに加えて、デジタル アセット管理、そして今回の新しいアップデートにより HCL Volt Foundry の機能をデプロイできます。 Volt Foundry の事前構築コネクタと統合サービスを使用すると、顧客はデータとサービスの統合を簡素化し、DX Web ページを通じて DX の対象ユーザーに結果を迅速に提示できます。 これらの DX Web ページは、デジタル データ コネクタスクリプト アプリケーション、または HCL Leap などのツールを備えた Volt Foundry を使用して開発できます。

これらの Volt Foundry 機能でさらなる価値を付加できることを嬉しく思います。この機能は、HCL Digital Experience Cloud Native 9.5 オファリングのライセンスを取得したお客様向けに、2023 年 8 月 22 日に HCL Software License Portal (Flexnet) の HCL Digital Experience Cloud Native v9.5.1 で利用可能になります。 。

これらのアップデートにより、HCL Digital Experience Cloud Native 9.5 オファリングは、すべての HCL DX プラットフォームに加えて、Volt Foundry の API 管理のための幅広い事前構築データ コネクタおよび統合サービスを含む、デジタル エクスペリエンス プラットフォーム機能の完全なセットを提供します。 ビジネス ユーザーや開発者が対象ユーザー向けのデジタル エクスペリエンス ソリューションを一元的に構築、最適化、提供するために使用できる、最新の使いやすいツールとオープン標準 API。

HCL Digital Experience Cloud Native 9.5 は、カスタマイズ可能でスケーラブルな高可用性ソリューションです。 お客様は、クラウドへの進化に合わせて、選択したプラットフォームに HCL Digital Experience Cloud Native 9.5 オファリングをインストールするオプションにより柔軟性が向上しました。

ユーザーセッション消費型の料金体系 (User Session Consumption Pricing)

HCL Digital Experience v9.5 Cloud Native は、クラウド ベンダーの消費価格設定慣行に合わせたサブスクリプション価格設定アプローチです。 これにより、顧客が開発、テスト、実稼働のために DX 9.5 ソフトウェアのライセンスを取得する方法が大幅に簡素化され、コストの予測がより容易になり、消費レポートが容易になります。 このモデルは、サブスクリプション ライセンスに対して、容量中心ではなく消費中心のアプローチを提供します。 このモデルでは、顧客は 12 か月間に DX サイトで消費されるユーザー セッションの数を選択します。 「ユーザー セッション」は、HCL デジタル エクスペリエンス サイトと対話する匿名または認証されたユーザーによる Web セッションまたはその他のオンライン対話の数として定義されます。 HCL DX Cloud Native 9.5 は、組み込みのユーザー セッション追跡を提供します。 DX 管理者は、Google Analytics などの標準的な Web 分析パッケージを使用して、DX サイトで消費されたユーザー セッションを追跡することもできます。DX クラウド ネイティブ ユーザー セッションの追跡。 詳細については、Digital Experience ヘルプセンターのトピック「Google Analytics と HCL Digital Experience の統合」を参照してください。

デジタル エクスペリエンス クラウドネイティブ v9.5 サブスクリプション層

Digital Experience Cloud Native v9.5 の価格モデルでは、年間で消費される層ごとのユーザー セッションの割り当てが提供されます。 たとえば、Kubernetes またはサポートされているオンプレミス オペレーティング システム プラットフォームにデプロイされた組織の DX サイト全体で使用されるユーザー セッションの数が年間合計 200 万に達する場合、HCL Digital Experience Cloud Native v9.5「Tier 2」 が選択されます。 DX Cloud Native v9.5 の各層には、運用環境の展開をサポートする仮想プロセッサ コア (VPC) の割り当てが含まれています。 また、この価格モデルでは、非実稼働環境、テスト環境、ステージング環境、または開発環境へのデプロイメントが無制限となり、組織に優れた柔軟性と価値を提供します。

HCL Digital Experience Cloud-Native v9.5 の期間料金は、HCL Now プラットフォームへの展開にも使用されます。 HCL Now は、専用の安全なクラウド コンテナ環境でマネージド ホスティング サービスを提供します。 提供されるホスティングおよび管理サービスは、HCLSoftware License Contract サイトの HCL Now サービスの説明の HCL Digital Experience に記載されています。

常に最新情報を入手してください

新しい価格設定を利用するには、HCL の営業担当者または BP にお問い合わせください。 DX について詳しくは、以下をご覧ください。

HCL DX 製品チーム

免責事項: HCL の計画、方向性、意図に関する声明は、HCL の独自の裁量により予告なく変更または撤回される場合があります。 潜在的な将来の製品に関する情報は、当社の一般的な製品の方向性を概説することを目的としており、購入の決定を行う際に依存すべきではありません。 潜在的な将来の製品に関して言及されている情報は、マテリアル、コード、または機能を提供するという確約、約束、または法的義務ではありません。 潜在的な将来の製品に関する情報を契約に組み込むことはできません。 当社の製品について記載されている将来の機能の開発、リリース、およびタイミングは、当社の独自の裁量に委ねられます。 パフォーマンスは、制御された環境における標準の HCL ベンチマークを使用した測定と予測に基づいています。 ユーザーが経験する実際のスループットやパフォーマンスは、ユーザーのジョブ ストリーム内のマルチ プログラミングの量、I/O 構成、ストレージ構成、処理されるワークロードなどの考慮事項を含む多くの要因によって異なります。 したがって、個々のユーザーがここで述べたような結果を達成できるという保証はありません。


Cover Image

HCL Digital Experience ライセンスの簡素化: より多くの価値と柔軟性

2023/7/3 - 読み終える時間: 2 分

HCL DX License Simplification: More Value and Flexibility の翻訳版です。


HCL Digital Experience ライセンスの簡素化: より多くの価値と柔軟性

2023年6月30日

著者: Demetrios Nerris / Head of Marketing, HCL Digital Experience.

2023年6月30日 - HCLは、HCL Digital Experience の提供を簡素化し、実績があり予測可能な消費ベースのサブスクリプション・ライセンスに移行する機会をお客様に提供します。

直ちに、HCL は新規ライセンス販売において、すべての永久(PVUおよび認定ユーザー)HCL Digital Experience のライセンス・パッケージを削除します。ただし、DX のお客様は、2024年6月30日までS&S 関連のEパーツを更新することができます。

HCL Digital Experience End of Marketing (EOM) に該当する製品

  • HCL Customer Experience Suite
  • HCL Digital Experience Manager
  • HCL Employee Experience Suite
  • HCL Portal Extend
  • HCL Portal Enable
  • HCL Portal Express
  • HCL Portal Server
  • HCL Web Content Manager
  • HCL Web Experience Factory

HCL DXの最新情報は以下をご覧ください。

  • HCL DXの最新ニュースを購読し、HCL DX Q&AフォーラムDXユーザーグループで同業者やHCLの実務者と交流してください。
  • HCL Software U のDXトレーニング教材にアクセスする。
  • HCL SoFy プラットフォームからHCL Digital Experience 9.5を試用できます。
  • HCL DX v9.5 で旅を続け、何百もの新機能、修正、セキュリティアップデート、および自動スケーリングや自己修復環境のようなKubernetes機能でTCOを拡大してください。
  • デジタル・エクスペリエンス・ソリューションの最新化、アップグレード、およびビジネスと技術的価値の最大化のための専門家によるガイダンスが受けられる HCL Accelerator プログラムにご登録ください。

ご不明な点がございましたら、HCLの営業担当者またはビジネスパートナーにお問い合わせいただくか、HCLSoftware まで直接ご連絡ください。

DX製品チーム


Cover Image

HCL Digital Experience 9.5でデジタル体験を変革する

2023/7/3 - 読み終える時間: 3 分

Transform Your Digital Experiences with HCL DX 9.5 の翻訳版です。


HCL Digital Experience 9.5でデジタル体験を変革する

2023年6月30日

Demetrios Nerris / Head of Marketing, HCL Digital Experience.

デジタルエクスペリエンスは、顧客、パートナー、従業員、またはそのすべてを対象としているかどうかにかかわらず、機能性、セキュリティ、使いやすさへの要求がますます高まる中で、進化と改善が絶え間なく続いています。

そのため、HCLデジタル・エクスペリエンスは、GigaOmのRadarレポートですでに「アウトパフォーマー」にランクされていますが、多くのアップデート、機能強化、新しい価格モデルを提供しています。これらはすべて、HCL DX 9.5(注:一部のアップデートにはKubernetesのデプロイが必要)で、手間のかからないアップグレードパスを通じて利用できるようになった。

これらのアップデートは、デジタルエクスペリエンス市場のいくつかの主要分野において、お客様の価値を高めることを目的としています:

  • コンテンツ・コンポーザー
  • デジタルアセットマネージャー(DAM)
  • 消費ベースの価格設定
  • デジタル・エクスペリエンス・クラウド

ボンネットの下を見てみよう!

コンテンツ・コンポーザー(Kubernetes)

Content Composerは、コンテンツ作成者と管理者に中央ワークスペースを提供し、そこから顧客、従業員、パートナーのエクスペリエンスを管理できる。

クリエイターは、現在のチャネルとすべてのチャネルのコンテンツを作成、編集、更新、置換できます。コンテンツモデルやアイテムのテンプレートは、プロセスをさらに合理化し、クリエイターにさらなる力を与えます。

一元管理と多言語対応により、クリエイターはコンテンツに必要な言語やロケールを簡単に指定できます。

コンテンツコンポーザーは、ドキュメントの追跡と履歴を提供し、以前のバージョンとの比較や復元を簡単に行うことができます。

さらに、HCL DX 9.5は、Content Composerによるワークフローを提供し、承認プロセスの強化と合理化を実現します。

デジタル資産管理(Kubernetes)

DX コンテンツオーサリングエクスペリエンスに完全に統合されたHCL DX DAMは、ページ内のリッチアセットの整理、配置、保持を簡単にします。

サードパーティのメディアを統合するための複数のAPIは、アセットライブラリの構築をさらに簡素化します。HCL DX DAMはまた、一貫したパフォーマンスと応答性で、あらゆる市場への迅速な展開のために、プロダクションスケールで画像、文書、動画をサポートしています。

消費ベースのライセンス

HCL DX 9.5では、透明性の高い消費ベースの価格設定モデルオプションが利用できます。Digital Experience Cloud Native 9.5の簡素化された提供モデルの詳細についてはブログ記事「新しい HCL Digital Experience Cloud-Native 9.5 バンドルとユーザーセッション価格の紹介」を参照してください。消費ベースの価格設定は、多くのソフトウェア製品で一般的な選択です。Bain & Company によると、このモデルには多くの反復がありますが、「すべての支払いは最終的に使用量に基づいており、価値と一致しています。

このモデルでは、期間ごとの制作セッション数に対してのみ支払いが発生する。ユーザーは必要なだけセッション内で作業することができ、システムは30分間連続して操作がない場合のみ、新しいセッションとしてカウントします。

さらに価値を高めるために、この新しいライセンシングアプローチは以下を提供します:

  • ハードウェアの導入は無制限
  • 無制限のサイト
  • プロダクションおよび非プロダクション環境
  • 無制限のコンテンツ作成者/作成者

本番セッションに対してのみ支払いが発生するため、簡単に「成長した分だけ支払う」スケーリングが可能です。Kubernetesのデプロイメントでは、自動スケーリングと自動ヒーリングもすぐに利用できます。ハードウェアのデプロイは無制限なので、新しいサイトや実験、あるいはまったく新しいビジネスラインをテストするのも簡単でリスクもありません。消費ベースの価格設定により、どのようなプロジェクトにも対応できます。

HCLデジタル・エクスペリエンスはクラウドネイティブ

今は2023年であり、クラウド配信モデルは必ずしも目新しいものではありませんが、Digital Experience Cloud は、公正を期すために、より最近の概念です。HCL DX 9.5を使用すれば、デジタル・エクスペリエンスを好みのクラウド・ソリューションに移行し、最大限のスケーラビリティ、可用性、サポートを実現できます。HCL DX 9.5では、HCLSoftwareによって完全にホスティングされ、管理されるオプションが提供され、お客様のニーズに合わせてこれまで以上に多くのオプションが提供されます。

HCLデジタルエクスペリエンスクラウドネイティブは、DX 9.5で今年後半にオプションとして提供され、デジタルエクスペリエンスプラットフォームを、ビジネスクリティカルで、常時オン、常時利用可能な、クラウドネイティブの展開へと向上させます。

当社のクラウドサービスには、さらに次のようなメリットがあります:

  • ホスティング、管理、ソフトウェアの一括価格
  • シングルテナントのクラウドホスティングで、プロバイダーとデータセンターの場所を選択可能
  • クラウドセキュリティ:Webアプリケーションファイアウォール、DDoS/ボット対策、ISO 27000、SOC3、PCI-DSS認証によるデータレジデンシー
  • 監視と警告:ページとトランザクションの監視、およびカスタム監視のオプション
  • パフォーマンス監視
  • オートスケール、オートヒール
  • 環境:本番環境、プリプロダクション環境、開発/QA環境。
  • CI/CDパイプライン:標準的なCI/CDパイプラインメソッドにより、お客様のカスタム開発を弊社プラットフォームに接続します。
  • サポート:専任のアカウント・エグゼクティブとHCL Nowチームへのリアルタイム・アクセス
  • カスタマーポータル:サービスレベル、エンタイトルメント、SLAステータスなどを確認できます。

CTA: HCL DX 9.5にはたくさんの魅力があります。アップグレードは直接、迅速かつ簡単に行えます。ソフトウェアのアップグレードを始めるには、HCL Digital Experience Help Center - Supported Installation and Upgrade Paths Help Centerトピックをご覧ください。

また、HCLでは、アップグレード計画の構築やプロセス全体のサポートを行う、コスト効率の高いサービス契約のオプションも提供しています。Digital Experience DX K8s Deployment Acceleratorおよびその他のDX Acceleratorプログラムオプションの詳細については、HCL DX Accelerators プログラムサイトをご覧ください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修