Cover Image

新しい HCL Digital Experience Cloud-Native 9.5 バンドルとユーザーセッション価格の紹介

2022/6/2 - 読み終える時間: 3 分

Introducing New HCL Digital Experience Cloud-Native 9.5 Bundle with User Session Pricing の翻訳版です。


新しい HCL Digital Experience Cloud-Native 9.5 バンドルとユーザーセッション価格の紹介

2022年6月1日

著者: HCL Digital Experience Team

HCL Digital Experience v9.5 は、Kubernetes コンテナ環境へのデプロイに最適化された強力なデジタルエクスペリエンスプラットフォームです。HCL Digital Experience 9.5 Container Update CF202 のリリースに伴い、クラウドに適した新しいサブスクリプション価格モデルおよびダウンロードが利用可能になりました。HCL Digital Experience v9.5 Cloud Native は、クラウドベンダーのコンシューマー向け価格設定に沿ったサブスクリプション価格設定手法です。これにより、お客様が開発、テスト、および運用のためにDX 9.5ソフトウェアをライセンスする方法が大幅に簡素化され、より予測可能なコストと簡単な使用量レポートが可能になります。このモデルは、サブスクリプションライセンスに容量中心ではなく、消費中心アプローチを提供します。この新しいモデルでは、お客様は12カ月間にDXサイトで消費されるユーザーセッション数を選択します。HCL Digital Experience Cloud Native v9.5 のサブスクリプション価格モデルは、段階的なティアベースの価格設定となっており、ユーザーセッション数が増加するにつれて各ティアのコストが低くなっています。つまり、使用した分だけ支払えばいいのです。

もっと読む

Cover Image

金融業界は完全に破壊 (disrupted) されつつあります。課題を解決する準備ができていますか?

2022/1/11 - 読み終える時間: 2 分

The Banking Industry Is Being Totally Disrupted. Are You Ready to Solve These Challenges? の翻訳版です。


金融業界は完全に破壊 (disrupted) されつつあります。課題を解決する準備ができていますか?

2022年1月9日

著者: HCL Digital Experience Team

劇的なデジタルトランスフォーメーションには、革新的なソリューションが必要です。デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームを成功させるために必要なものをご紹介します。

デジタル革命は、銀行の形を変え、ほぼすべての人の財務処理方法を変革しています。 1,500人の消費者を対象にしたデジタルバンキングに関する調査によると、5人に4人がデジタルでの財務管理を好み、10人に8人がスマートフォンやノートパソコン、デスクトップから銀行業務を処理していることが明らかになりました。

住宅ローンの申し込み手続きや金融商品取引口座への投資、取引明細書の発行のために、支店の前で辛抱強く行列に並ぶ時代は明らかに終わりを告げました。

最近の顧客は、四六時中どこにいても、預金、送金(時にはアニメーション GIF を使って)、融資の申し込み、財務の詳細の追跡ができるようになっています。

また、業界全体を揺るがすような新しい企業も出てきています。アプリで制御された株式取引から、実店舗を全く持たない金融「機関」まで。デジタルバンキングが今後も続くのは当然のことでしょう。

しかし、銀行や新興企業が、このような劇的なデジタルトランスフォーメーションがもたらす課題にどのように対応すればよいかは、まだ明らかになっていません。それは、新しいデジタル技術を取り入れ、高まる顧客の期待に応えつつ、激しい競争とイノベーションの中で利益を確保することです。また、あらゆる金融取引に求められる強固なセキュリティは、最も重要な要素です。

銀行は今日、大きな課題に直面しています。中核となる銀行業務がデジタル化されただけでなく、隣接する業界の機関が銀行商品を自社のサービスに組み込んでおり(Facebook、Venmo、Affirm、Acornsなど)、何が銀行で何が銀行でないかの境界があいまいになっています。

銀行が直面する課題は多様であり、かつ緊急性が高い。


新たな顧客の期待

銀行は、他の銀行だけでなく、顧客に魅力的なユーザー体験を提供するあらゆる業界のあらゆる企業と競争しています。

顧客は、オンラインショッピングやモバイル機器での番組ストリーミングと同じように、銀行業務がパーソナライズされ、便利になることを期待しています。ダイナミックなインターフェースでバンキングツールを提供することは、そのような機能に慣れ親しんできた顧客とつながりを持つための重要な要素です。

HCL DXを使用することで、企業は、専門家でない人にも開発プロセスを開放し、市場投入までの時間を短縮し、ITおよび開発チームのイノベーションサイクルを最大化し、複数のチャネルでより多様で強力なユーザー体験を作り出す、すぐに使えるローコードツールを使用してそのような体験を提供することができます。


レガシーアプリケーションとシステム、そして拡張の必要性

特にシステムが古い場合、適応は困難です。金融業界では、いまだに非常に時代遅れのシステムに依存しているため、日々の商取引が危険にさらされ、新しいツールの導入が難しく、60年前に設計されたテクノロジーの問題を解決できる専門家の数が減少しており、大きな負担を強いられています。デジタルエクスペリエンスソリューションは、どこででも、どのようにでも展開できることが重要です。

HCL DXは、オンプレミス、ハイブリッド、クラウドネイティブのどのソリューションとも連携するため、環境のカスタマイズが容易で、金融機関の特定のニーズやビジネス目標に対応できます。この柔軟性により、遠隔操作が可能になり、必要に応じてデータの一部をオンプレミスに残せます。また、新製品の市場投入までの時間を短縮する自動化を促進し、拡張性を提供します。

HCL DXは、レガシーシステムを含め、他のどのDXPよりも多くの既成のソリューションやテクノロジーと統合できます。

これは、ユーザー向けのデータ、システム、およびプロセスを近代化しながら、既存の投資の価値を維持できることを意味します。


ますます高まるセキュリティへの懸念と規制

現代の銀行環境は、この業界では前例のないセキュリティリスクに直面しています。1つの金融機関のネットワークには、数千、数十万台のコンピューターやデバイスが接続されている可能性があり、ソーシャル、クラウド、モバイルチャネルが混在していることさえありません。2021年、銀行の評判は、攻撃を阻止することに基づいています。このような大規模なセキュリティの維持は不可欠です。

HCL DXでは、セキュリティはDNAに組み込まれています。ルールベースかつカスタマイズ可能なセキュリティにより、ペタバイト級の機密データを毎日安全に保てます。 エンドツーエンドの暗号化、マルチレベル認証、ロールベースアクセスなどの機能により、データへのアクセスを完全に制御できます。 HCL DXはNSAレベルのセキュリティプロトコルを持ち、本当に重要な財務の瞬間に必要な信頼を提供するのに役立っています。


データのサイロ化が生産性を低下させる

銀行業界では、リテールサービス、融資、ファイナンシャルプランニング、投資、保険、退職年金など、多くの金融機関が提供している膨大なサービスを反映して、部門が分かれ、システムが分離しているケースが多く見受けられます。これらのサービスにおいて、重要な情報を簡単かつ迅速に共有できないと、顧客は不満を感じ、他のビジネスに流れる可能性があります。 適切なデジタル・エクスペリエンス・プラットフォームとは、これらのレガシーなバックエンドシステムをすべて統合し、消費者側のシームレスなエクスペリエンスを実現する、試行錯誤と信頼に基づいたプラットフォームです。バックエンドデータとデジタルタッチポイントの間のギャップを埋めることで、効率と成長の両方を促進できます。

HCL DXは、Webサイトだけでなく、データ、アプリケーション、プロセスをシームレスに接続する2,000以上のAPIを提供しています。

カスタムアプリをより迅速に構築し、複数のエクスペリエンスでアクセス可能なデジタルチャネルをサポートすることができるのは、HCL DXが優れている点です。

データ統合、ユーザーの期待、セキュリティリスクの高まり、新しい技術の採用といった問題に対処したい機関にとって、DXプラットフォームはユニークなソリューションのツールキットを提供できます。HCL DXは、システムのアップグレードが必要な、進化する顧客ベースにサービスを提供する業界に主要な機能をもたらします。HCL DXは、銀行が今日直面しているビジネスクリティカルなニーズを満たすために特別に設計されており、銀行の次の時代に適したさまざまな機能を備えています。

HCL DXプラットフォームは、世界中の金融機関から信頼を得ており、顧客のジャーニーを向上させるのに役立っています。以下は、成功事例のハイライトです。

HCL DXは、より強力なユーザー認証の開発を必要としていたオンラインバンキング機関に安全性の高いサポートを提供し、スマートな取引の実現にかかる時間を50%短縮しました。

このプラットフォームは、金融機関がモバイル機能を刷新して再設計し、顧客体験をより堅牢で応答性の高いものにするのを助け、セルフサービスの住宅ローン申請会話の40%増につながりました。

HCL DXは、銀行サービスにおけるパートナーへの対応を強化したいグローバル銀行の Web サービスと商品ポータルの機能を改善し、収益を24%増加させました。

デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームは、今日の銀行が直面するビジネスクリティカルな課題の多くを解決するのに役立ちます。しかし、HCLのDXプラットフォームだけが、現代の銀行のニーズに対応するために構築されたスピード、柔軟性、すぐに使える効率性の組み合わせで、これらの問題を解決します。

HCL DXの詳細については、こちらをご覧ください。


Cover Image

ヘッドレスコンテンツマネジメントはデジタルエクスペリエンスのゲームチェンジャーか

2021/12/14 - 読み終える時間: ~1 分

Headless Content Management Is a Digital Experience Game Changer? の翻訳版です。


ヘッドレスコンテンツマネジメントはデジタルエクスペリエンスのゲームチェンジャーか

2021年12月13日

著者: Marci Maddox / Research Director, Digital Experience Strategies at IDC

企業がお客様やステークホルダーに価値を提供できるかどうかは、常にリーダーシップの場で議論されているテーマです。 多くの場合、企業がどれだけ顧客とつながっているか、また、社内のスタッフがコンテンツやパーソナライズされた体験を作成して、増え続けるチャネルに簡単に提供できるかどうかが問題となります。 急激な市場の変化と顧客の嗜好の変化により、企業はヘッドレスアーキテクチャのような軽快なDXPデザインに投資する必要性が高まっています。ヘッドレスアーキテクチャは、コンテンツの開発とそのソースを、実際のコンテンツ配信やユーザーエクスペリエンスから切り離すものです。これを受けて、ITリーダーたちは、ヘッドレスコンテンツマネジメントをデジタルトランスフォーメーションの議論の場に持ち込み、柔軟なAPIを実現し、アジャイルなWebサービスをサポートすることで、あらゆるチャネルやデバイス上で、あらゆるフロントエンドデザインにコンテンツを配信しようとしています。

デジタルエクスペリエンスの再考による、スケールの大きな顧客との関係構築

デジタルへの劇的なシフトは世界共通で、メーカーは従来の小売チャネルを避けて初めてのEコマースストアを開設し、銀行は合理化されたオンライン融資プロセスで顧客の要求に応えようとしています。ヘッドレスコンテンツマネジメントシステム(CMS)の使用は、フロントエンドの開発者がアイデアを現実のものとし、顧客とつながるコンテンツを大規模かつ迅速に提供できる柔軟性を備えているため、人気が高まっています。このようなシステムは、マルチチャネル体験をサポートする強固なAPIフレームワークを備えたバックエンドのコンテンツエンジンを提供します。マーケティングチームは、消費者の関心を引くような魅力的な体験を自由にデザインすることができ、必要に応じてコンテンツのパーミッション、セキュリティ、データのプライバシーをCMSが処理してくれることに安心感を持つことができます。

画像の説明

魅力的なデジタル体験を提供するためのデータソースが増え続ける中、CMSを長期的に持続させるためには、APIファーストのアプローチが不可欠です。統合ポイントをしっかりと確保することで、開発者はバックエンドシステムでのデータ管理方法に制約されることなく、新しいサイトを立ち上げたり、すぐに削除したりすることができます。ヘッドレスアプローチは、1つのCMSで複数の部門の要件をサポートできるモジュラー型プラグアンドプレイモデルをサポートします。例えば、大学の同窓生グループが寄付を目的としたコマースツールを利用している一方で、大学のスポーツ部門がゲームのチケットを購入するためのモバイルアプリを必要としているとします。両者が同じコンテンツ資産を利用することで、ブランドの一貫性を保ち、認知度を高め、母校の誇りを高めることができます。

自前のソリューションでは、今日のデジタル消費者の要求に応えることはできません。ブランドのフロントエンドを変更するためには、IT部門とビジネス関係者の間で数週間から数ヶ月の調整が必要になることもあります。ヘッドレスコンテンツアプリケーションを使えば、開発者は他のITスタックに影響を与えることなく、サイトのあらゆる部分を変更することができます。このレベルの俊敏性と柔軟性は、今後のCMS投資においても重要な役割を果たします。 ヘッドレス・コンテンツ・アプリケーションの主な利点は次のとおりです。

  • すべてのタッチポイントでシームレスな体験を提供することができる。
  • 最新のテクノロジーをより迅速かつ容易に取り入れることができる俊敏性。
  • デジタル・エクスペリエンスを変更するための開発コストの低減。
  • よりシンプルで標準化された統合ポイントは、より多くの選択肢とスケーラビリティをもたらす。
  • 価値ある体験をより早く市場に提供する能力。
  • コンテンツを提供する際に、開発者やパブリッシャーへの依存度が低くなる。

画像の説明

クラウドネイティブソリューションの価値でヘッドレスのパワーを拡張する

ヘッドレスコンテンツアプリケーションは、その性質上、プラットフォームを接続し、反復的な展開作業をサポートするための熟練したリソースを必要とします。クラウドベースのソリューションプロバイダーは、新しいソリューションを市場に投入するためのプロセス、ツール、および時間を削減することを目指しています。企業は、ホスティングされたソリューションを使用して、数分でサイトのプロビジョニングを行い、メンテナンス作業もアウトソースすることができます。企業によっては、ヘッドレスCMSの能力をフルに発揮したいと思っていても、それを実現するための開発者のスキルが不足している場合があります。このような場合、DXPベンダーとそのパートナーネットワークと協力することで、その負担を軽減し、エコシステムの専門知識を活用してヘッドレスCMSの可能性を最大限に引き出すことができます。

従来のCMSにはフロントエンドの技術が含まれていますが、サイトオーナーはそれがすべてのニーズを満たしていないことや、作業方法が制限されていることに気づくことがよくあります。結局、アプリケーションをカスタマイズしたり、テクノロジーの構造に合わせて社内のプロセスを変更したりしなければなりません。ヘッドレスCMSにはリファレンス実装が含まれており、コンテンツが最終消費者にどのように配信されるか、また公開プロセスを合理化するためにAPIをどのように利用すればよいかをチームが確認できるようになっています。レガシーのフルスタックCMSモデルから移行する際には、ヘッドレスCMSのロールアウトを段階的に行い、ユーザーの採用を得るために試用する必要があるかもしれません。クラウドは、ヘッドレスシステムがハイパフォーマンスのシナリオでどのように動作するかをテストし、学ぶための低リスクのオプションを提供します。

ヘッドレスCMSで次世代の体験を提供する

カスタマーエクスペリエンスを向上させるために様々な企業と話をする中で、IDCは、多くの企業が次のCMSへの投資に関して岐路に立っていることを確認した。 一方では、モジュール性、設計の自由度、開発コントロールを求め、他方では、高いレベルのセキュリティとデータプライバシーを満たしながら、マーケティングチームが使いやすいコードレスのコンテンツ環境を求めている。CMSプロバイダーは、ビジネスユーザーに合わせたヘッドレスプラットフォーム、「アプリストア」タイプのエクスペリエンス、そしてデジタルカスタマーエクスペリエンスを強化する様々な統合データソースをサポートするAPIフレームワークで、これらの要件に取り組んでいます。フロントエンドとバックエンドのシステムを分離し、ヘッドレスまたはデカップリングされたCMSを導入することで、企業はより俊敏に、あらゆるチャネルやデバイスに、より短時間でカスタマーエクスペリエンスを提供することができます。


Cover Image

成功するカスタマー・エクスペリエンスへの道 - DXP の統合をより簡単に -

2021/11/24 - 読み終える時間: ~1 分

The Path to a Successful Customer Experience: Making DXP Integration Easier の翻訳版です。


成功するカスタマー・エクスペリエンスへの道 - DXP の統合をより簡単に -

2021年11月23日

著者: Marci Maddox / Research Director, Digital Experience Strategies at IDC

ある小売業者は、ビジネスを拡大するために、オンライン顧客を惹きつけ、興味を持たせるような情報豊富な体験を必要としていました。ある銀行は、会員がモバイルで口座情報や商品情報にアクセスできるようにしたいと考えていましたが、複雑なテクノロジー環境が障壁となっていました。ある医療保険会社は、顧客に医師の情報を提供し、会員の質問にオンラインで答え、音声通話での長い待ち時間を最小限にしたいと考えていました。

これらの課題に心当たりはありませんか?共通しているのは、顧客体験を向上させるために、複数の異なるシステムからのデータをデジタル体験プラットフォーム(DXP)で簡単に接続する必要があるということです。このようなビジネスシステム間の接続を実現することは困難です。今日のアジャイルなDXPは、統合を容易にするツールを提供し、データ駆動型の企業を効果的に実現します。


バックエンドのシステムとデータをフロントエンドのカスタマー・エクスペリエンスにつなげる

カスタマー・エクスペリエンスの向上に焦点を当てることは、新しいことではありません。しかし、システムを統合し、データを共有することで、問題を解決したり、オーディエンスに影響を与えたりすることが簡単にできるようになったことは、今や現実です。APIファーストのアプローチで設計された最新のDXPは、バックエンドのシステムとフロントエンドのカスタマー・エクスペリエンスを簡単に結びつけることができます。調査によると、カスタマー・エクスペリエンスに焦点を当てたデジタル・トランスフォーメーションは、ビジネス価値において明確なリターンをもたらしています。最近のIDCの調査では、回答者の61%がカスタマー・エクスペリエンスへの投資から少なくとも5倍の利益を得ており、78%が組織が提供するエクスペリエンスにおいてデータが非常に重要な役割を果たしていると回答しています。

魅力的なカスタマー・エクスペリエンスの設計と提供は、多くの場合、それを支えるデータ統合によってのみ可能になります。クラウドベースのソリューションへの移行は、統合とデジタルトランスフォーメーションを推進する上で重要な役割を果たしています。IDCの調査によると、27%の企業が、クラウドプラットフォームの統合機能とアプリケーション開発機能が、デジタルトランスフォーメーション計画の重要な要素であると認識しています。エコシステム全体からコンテンツにアクセスして再利用できることで、データの寿命が延び、エンゲージメントの価値が高まります。

パーソナライズされた体験とその原動力となるデータを点で結ぶことで、収益と顧客満足度にプラスの影響を与えることができます。ERPとCRMがDXPに統合され、地域ごとの在庫状況が一目でわかり、パーソナライズされた価格設定と、質問に対応するサポートナレッジベースへのリンクが提供されることを想像してみてください。統合された複数のシステムからのデータを1つのデジタルエクスペリエンスに積極的に表示することで、お客様はより早く、より高い満足度で取引を完了することができます。


データ統合によるビジネスの生産性と効率性の向上

データは、パーソナライゼーションや顧客ベースの問題解決において最も強力な手段の一つです。システム間のデータアクセスを集約することで、情報の価値が高まり、データを個別に取得する際の作業の重複やエラーのリスクを最小限に抑えることができます。また、デジタル・エクスペリエンスとバックエンド・システムを統合することで、コンテンツの作成者や管理者の手を煩わせることなく、自動的にコンテンツを同期させることができます。

コンテンツの提供が組織全体で民主化されればされるほど、アジャイルなDXPの必要性が高まります。統合されたコンポーネントを備えたコードレスのデザインインターフェースは、コンテンツを最新の状態に保ち、複数のチャネルで共有することで、幅広いステークホルダーにコスト効率よくアプローチすることができます。刻々と変化するコンテンツ体験を管理するには、デバイスの仕様やユーザーの好みに応じてリアルタイムに組み立てられる、複雑なデータの組み合わせが必要になります。ビジネスチームは顧客をより包括的に把握したいと考えているため、データの透明性と情報の共有が重要な基準となっています。

バックエンドのデータをカスタマーエクスペリエンスにつなげることで、以下のような可能性が生まれます。

  • 分散しているコンテンツ作成者、デザイナー、開発者のコラボレーションを促進し、ITへの依存度を最小限に抑えることができます。
  • 完全に統合されたセキュリティコントロールと権限ベースのアクセスにより、ファーストパーティデータの収集をサポートする。
  • 統合されたソリューションアクセラレータにより、コンテンツの作成と公開が容易になる。
  • お客様がリアルタイムで製品情報やアカウント情報にアクセスできるようにする。


シームレスで柔軟なコスト効率の高い統合を実現する DXP

デジタルエンタープライズでは、将来の不確実性に対応するために、最大限のスケーラビリティ、柔軟性、ポータビリティを提供するテクノロジーが必要です。適切なDXPを使用することで、IT部門は、展開、アップグレード、統合、およびカスタマイズにかかるコストを最小限に抑えながら、ビジネスの俊敏性を高めるための多くの手段を得ることができます。エンタープライズクラスのDXPには、コネクタ、テンプレート、プラグイン、APIなどの幅広いセットが用意されており、開発者はデータを迅速に提供し、ビジネスの要求に迅速に対応する方法を選択することができます。また、以下のようなメリットもあります。

  • ソリューションアーキテクトは、アジャイルなDXPを既存の技術スタックに容易に組み込むことができます。
  • IT部門は、データ・セキュリティ、地域のデータ・レジデンシー、および業界のコンプライアンス・マンデートを確実に満たすことができます。
  • バックエンド開発者は、APIをフルに活用して、管理、データ、配信アクションを提供することができます。
  • フロントエンド開発者は、拡張されたJavaScriptフレームワーク、GraphQL、マイクロサービスを利用して、サポート可能なカスタムデザインのエクスペリエンスを構築することができます。


変革に向けた課題への対応

統合は、DXPの導入を成功させるための基本であり、次のレベルのデジタルトランスフォーメーションを達成するために重要です。最新のDXPは、データとシステムの接続を促進し、企業が業務をデジタル化し、接続されたカスタマーエクスペリエンスを提供し、実用的なカスタマーインサイトを収集できるようにする必要があります。カスタマー・エクスペリエンスを再構築する際には、柔軟性、拡張性、コンテンツ作成の分散化を実現する統合システム環境を考慮する必要があります。また、カスタマー・エクスペリエンス・レイヤーと、成功に必要なオペレーション・モデルの両方に焦点を当てたプランニングが必要です。


Cover Image

DX トランスフォームは ... 真に変革的だった

2021/11/22 - 読み終える時間: 2 分

DX Transform Was … Truly Transformative の翻訳版です。


DX トランスフォームは ... 真に変革的だった

2021年11月17日

著者: Demetrios Nerris / Product Marketing Manager for HCL Digital Experience

コンステレーション・リサーチ社の主席アナリストであるリズ・ミラー氏がモデレーターを務め、HCL社のゲイリー・ショーチ氏とベッキー・クライトン氏のセッションを紹介しました。このセッションでは、成功するデジタルエクスペリエンスが持つべきすべての「スーパーパワー」の概要が紹介されました。DXPは、単なるウェブサイトとそのコンテンツではありません。強力なものは、「重要な瞬間」を提供し、信頼をもたらす体験を提供します。信頼は、パーソナライズされた、安全な、共感できる(文化的、地域的に調整された)、シームレスなデジタル体験によって生まれます。

お客さまのインタラクションやパーソナライズされたアクションは、必要なヘルプやサービスを受けるために不可欠な情報や専門知識につながるものでなければなりません。そのためには、バックエンドにあるすべてのデータと、デジタルタッチポイントや人々が関わる体験との間のギャップを埋める方法が必要です。

このギャップを埋めることができれば、企業は効率を高め、イノベーションを促進し、最終的には成長を促すことができます

組織はどのようにしてこれを実現するのか、そして本当に重要な瞬間とは何か(そしてそれはなぜ重要なのか)? このセグメントを見る

クラウドネイティブに注目する理由

コンステレーションリサーチ社のリズ・ミラー氏は、今日の組織にとってのクラウドの価値について、アナリストや経営者との説得力のある活発な会話を導き出しました。この座談会では、デジタル・エクスペリエンスに関連したクラウドのビジネス価値とは何か、そして主要なステークホルダーは誰なのかを探りました。専門家たちは、今日の世界で私たちが直面している課題を明らかにし、新しい働き方にはクラウドが提供するアジリティとモビリティが必要であることを示しました。また、クラウド・インフラストラクチャとクラウドネイティブ・ソリューションが、企業をITに関する懸念やボトルネックから解放し、企業の俊敏性を高め、ビジネスを革新と差別化に集中させることができることを説明しました。

続いて、IDCのリサーチディレクターであるマーシ・マドックスは、驚くべきことを話してくれました。2020年には、世界の人口約80億人のうち60%がオンラインになっています。これは大変な数のトラフィックです。そして、世界の組織の40%で大規模なトラフィックの増加が見られ、一部のサイトではそれに対応できないことがわかりました。IDCが行った調査によると、デジタルエクスペリエンスを提供する組織の70%が、クラウドネイティブなソリューションを好んでいることがわかりました。その理由は?それは、耐障害性、拡張性、アップタイムの確保です。これらはすべて、ブランドに対する必要な信頼と信用の構築につながります。

画像の説明

Perficient社のDXおよびコマース部門のエグゼクティブであるDave Torres氏は、クラウドによってIT部門は「ノー」ではなく「イエス」と簡単に言える組織になると説明しています。組織はもはや、稼働できないシステムに悩まされることはなく、ビジネスプロセスはより自動化され、更新はより自発的に行われるようになります。グーグルのロドリゴ・ロシャは、クラウドによって企業はインフラの心配をすることなく、ビジネスや市場の重要なニーズに集中することができると付け加えました。

クラウドはどのようにしてデジタルエクスペリエンスと "重要な瞬間 "をサポートするのでしょうか?企業は、必要なシステムやプロセスをオンラインやモバイルなど、あらゆる場所に配置することができるようになるため、顧客や関係者、パートナーに対して大規模に行動し、対応し、コミュニケーションをとることができます。また、ハイブリッド・クラウドは、既存のアプリケーションやプロセスを書き換えたり、やり直したりすることなく、最新の状態にすることができ、ビジネスに大きなメリットをもたらします。

誰が、何を、なぜ、どのようにして仕事をするのかということに加えて、もう一つの重要なことはデータです。この5年間で、私たちは過去10年間の2.5倍、180ゼタバイトという驚異的な量のデータを手にすることになります。 組織が成功するためには、データがサイロになっていないことが必要です。すべてのバックエンドシステムとプロセス(外部のパートナーや周辺のエコシステムからのものも含む)を織り交ぜて、フロントエンドでのシームレスな体験を実現する必要があります。そして、モバイルデバイスによって、私たちは日常生活に必要なすべての重要なデータに手に取るようにアクセスすることができます。

「今後5年間で、過去10年間に比べて2.5倍、180ゼタバイトという驚異的な量のデータを手にすることになります」

しかし、デジタルトランスフォーメーションのKPIとは何でしょうか?成功の尺度として共有され、合意されたものは何でしょうか?これを見て、その答えを探してみてください。

数十億ドル規模の企業を変革する方法

猛暑のドバイでは、人々は冷房の効いたショッピングモールに涼しさを求めます。 Al-Futtaim社は、このような必要不可欠なサービスとテクノロジーを提供しており、HCL Digital Experienceを使用して事業全体をデジタル化して規模を拡大し、強力なデジタルフットプリントを確立しました。アル・フッタイム社は、デジタル・エクスペリエンスを利用して、ブランド認知度の向上、顧客の獲得、eコマース事業の強化、そしてビジネスの成果を強力に達成しています。エンジニアリング部門の責任者であるHeman Dhagai氏は、デジタルソリューションに必要なのは、手頃な価格で、堅牢で、柔軟性があり、クラウド・ネイティブであることだと述べています。HCL Digital Experienceは、Al-Futtaim社のデジタル変革の鍵となりました。

20カ国に33,000人の従業員を擁し、複数の事業を展開する企業が混沌とした状況に陥らないためにはどうすればいいのか。

Al-Futtaim社は、拡大するデジタル組織を成長させ、進化させながら、どのようにして従来の側面を満足させることができたのでしょうか。成功の鍵となったバーチャルポータルとは?振り出しに戻る必要があったシナリオの原因は何か?このソリューションは、組織内のすべての異なるビジネスにどのように貢献したのか、また、各ビジネスユニットがより良い仕事をするためにどのように役立ったのか。ソリューションアーキテクトのArjit Boseが、このグローバル企業が業務全体を変革するために使用した具体的な戦略と戦術を詳細に説明します。彼らが言ったことについてはこちらをご覧ください。

カスタマー・エクスペリエンス・スタジオの登場

デジタルトランスフォーメーションがいかに重要であるか、そしてデジタルエクスペリエンスがその中心であることは、これまで以上に誰もが認めるところです。私たちが開発したCustomer Experience Studioは、企業がこれまでとは違った方法で物事を進めることができるようにするためのものです。このコーナーでは、HCLのデジタル・エージェンシーとデジタル・コンサルティングの経験(275年分)を活かして、統合、デジタル化、真のトランスフォーメーションを実現するために、お客様をどのように支援できるかをご紹介します。

私たちのアイデアを、お客様のビジネスのために100%パーソナライズされた戦略を無料で作成することで、お客様のために役立てたいと思っています。 今すぐDXアクセラレータプログラムに登録して、将来の成功のためのプランを作りましょう

お問い合わせはこちらから。


HCL Digital Experience: 従業員の体験を変えるデジタルツール

2021/4/16 - 読み終える時間: ~1 分

Digital Tools to Transform the Employee Experience の翻訳版です。


HCL Digital Experience: 従業員の体験を変えるデジタルツール

2021年4月15日

著者: Gary Schoch / AVP Global Commerce Leader

画像の説明

成功している企業は皆、顧客の体験に投資していますが、真に重要な従業員の体験に投資している企業はほとんどありません。企業がビジネスや顧客をサポートするためのアプリケーションをどんどん追加していく中で、従業員の体験がおろそかになってしまうことがあります。デジタルプラットフォームとツールは、効果的な B2E (Business to Employee) 戦略に不可欠な要素です。

従業員体験とは、従業員が個人的にも組織的にも社内で行う交流ややり取りの総体です。組織内のすべてのタッチポイントを通じて、従業員が自分の旅をどのように受け止めるかが重要です。とても重要です。なぜか?なぜなら、従業員はビジネスの真の原動力であり、従業員の体験が良ければ良いほど、究極的には顧客の体験も良くなるからです。ギャラップ社の調査によると、「従業員のエンゲージメントが高い企業は、1株当たりの利益で競合他社を147%上回る」という結果が出ており、エンゲージメントの高い従業員は、優れたデジタルワークプレイスによって活力を得ることができます。

企業はまた、新しい規範や従業員への期待など、文化的な変化を目の当たりにしています。さらに、最近のパンデミックは、デジタルツールの使用を加速させ、企業はかつてないほどのデジタルプラットフォームへの投資を必要としています。従業員の要求や外部からのプレッシャーが継続的に高まる中、企業が優秀な従業員やチームを惹きつけ、維持するためには、こうした期待を無視することはできません。

従業員ポータルは、全体的な従業員の体験を向上させる鍵となります。従業員が IT サポートの資料を探したり、オンラインでeラーニングのクラスを受講したりする場合でも、これらのB2Eポータルは、企業が従業員の体験を根本的に改善する機会を提供します。

まず、従業員がイントラネット・ポータルを利用する理由を理解する必要があります。他の従業員とのコラボレーション、共通の質問に対する回答の検索、あるいは仕事をするために必要なポータルなのか。従業員のインタラクションからインサイトを得て、収集したデータに基づいて、従業員と企業の成果を向上させるための通貨を作ります。従業員は顧客と同様に重要な存在であるため、従業員の体験も顧客の体験と同様に注意深く分析する必要があります。

そして、従業員とビジネスにとって最も価値のあるものは何かを決定しなければなりません。例えば、新しい製品ラインを導入する場合は、eラーニングの優先順位が高いかもしれません。また、リソースを最適化し、待ち時間を減らし、生産性を向上させるために、従業員のセルフサービス・ポータルを導入することが急務かもしれません。既存のシステムでは、多くの従業員が必要とするアプリケーションやデータが、特定の部署からしかアクセスできないため、アクセスに支障をきたしたり、不満を感じたりすることがあります。いずれにしても、企業はビジネス上の問題を解決すると同時に、従業員の効率化とコラボレーションを促進することに注力すべきです。

また、従業員の体験を向上させるには、具体的な価値がある場合には、パーソナライズも含めるべきであることを忘れてはいけません。例えば、カスタマイズ可能な従業員用ホームページを用意し、重要な情報を表示させることで、従業員が仕事をしやすくなるように調整することができます。また、役割や社内の役職ごとにコンテンツをカスタマイズすることで、その役割の日常業務に関連した情報にのみアクセスできるようにすることもできます。従業員のためのパーソナライズされたトレーニングは、特定の役割に基づいて追加され、個人的な開発の旅を追跡するように設定することができます。フォーブスの調査では、従業員の 86%が「自己啓発の機会が増えるなら転職する」と答えています。よりパーソナライズされたアプローチに投資することで、従業員の満足度が高まり、優秀な人材の定着率が向上する可能性があります。今日では、先進的な Digital Experience Platform (DXP) ツールのおかげで、パーソナライゼーションをすべての従業員に簡単に適用でき、充実した体験を提供することができます。

最終的には、従業員の体験の良し悪しが、顧客やビジネスの成功に影響を与え続けることになります。DXP のパワーを活用することは、今日のビジネス環境で必要とされる改善を推進するための最も重要なツールになるかもしれません。DXP は、従業員の体験を変える真の統合プラットフォームを構築するのに役立ちます。従業員イントラネットとそれに関連するポータルは、エンゲージメント、イノベーション、生産性の向上を促進する最良の方法です。

HCL Digital Experience がどのようにイントラネット・ポータルとして選択されるべきか、詳細をご覧ください


HCLのDigital Experience: より容易に、より速く、そしてクラウドネイティブに

2021/3/31 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Digital Experience. Now Easier. Faster. Cloud Native. の翻訳版です。


HCLのDigital Experience: より容易に、より速く、そしてクラウドネイティブに

2021年3月31日

著者: Brian Chaput / Associate Vice President, Offering Management, HCL Digital Experience Software

画像の説明

HCL Digital Experience の最新のイノベーションとアップデートを発表できることを嬉しく思います。 HCL Digital Experience の最新バージョンを発表できることを大変嬉しく思います。HCL Digital Experience は、コンテンツの作成と管理の方法を再構築し、市場で最も広範なクラウドネイティブサポートを提供することで、組織の展開を最大 10 倍高速化します。ビジネスに不可欠なコンテンツ、アプリケーション、デジタルエクスペリエンスを、これまで以上に迅速かつ簡単にオーディエンスに提供できます。ビジネスクリティカルとクラウドネイティブの融合。

クラウドネイティブなプラットフォームのサポートを拡大

デジタル・エクスペリエンス・ソリューションとしては、市場で最も広範なクラウドコンピューティング・プラットフォームのサポートを提供します。これにより、オンプレミスソリューションのセキュリティと堅牢性に加え、クラウドの柔軟性、コスト効率、スピードを活かして、インストールとアップデートを数分で行えます。これまでの Red Hat Open Shift に加えて、Microsoft Azure と Amazon EKS をサポートします。お客様は、いつ、どこで、どのようにビジネスを展開するかという柔軟性を手に入れることができます。これにより、既存の Docker および Kubernetes のサポートと合わせて、デプロイとインストールがこれまでよりも最大 10 倍速くなりました。

従来の半分の時間でコンテンツを作成

デジタル体験のためのコンテンツをオーディエンスに素早く提供できるようになると、ビジネスのやり方が変わります。劇的に改善されたコンテンツ作成ツール(全く新しいコンテンツコンポーザー)により、ビジネスユーザーは、最新の直感的なドラッグ&ドロップのインターフェースを使って、半分の時間で新しいコンテンツをモデル化して作成できるようになりました。

注目の DAM! クラウドネイティブな新しいデジタルアセットマネージャーを搭載 - 無料

新しいクラウドネイティブなデジタルアセットマネジメントシステム (DAM) により、メディアの追加や整理を迅速かつシームレスに行えます。コンテンツやメディアの作成から実行まで、簡単に管理できるようになりました。また、他社のデジタル・エクスペリエンス・プラットフォームとは異なり、この DAM は無料です。

私たちは、皆さんと一緒にこの旅ができることを楽しみにしています。Digital Experience 9.5 のグローバルなお披露目と独占発表会をぜひご覧ください。


Actionable Insights が HCL Digital Experience の一部に

2021/3/31 - 読み終える時間: 2 分

Actionable Insights Now Part of HCL Digital Experience の翻訳版です。


Actionable Insights が HCL Digital Experience の一部に

2021年3月30日

著者: Demetrios Nerris / Product Marketing Manager for HCL Digital Experience

画像の説明

HCL Digital Experience は、世界中の企業から信頼されている実績のあるプラットフォームであり、企業のビジネスに不可欠なデジタル・エクスペリエンスの厳しいニーズに対応します。このようなことを行い、提供するのは複雑ですが、HCL Digital Experienceはそれを支援します。

その複雑さの一因は、デジタル資産に誰がいて、そこで何をしているのか、そして、どのようにしたら、今あるデータを使って、より良く、より速く、よりパーソナライズされた体験を提供できるのかを理解することにあります。Unica Discover や Google Analytics などの強力な分析機能とシームレスに統合することで、企業はすべてのオーディエンスに対してより適切な体験を提供できるようになり、コンバージョン率を85%向上させることができます。 さらに、HCL Commerce との統合が強化されたことで、カスタマージャーニー全体にわたる完全なソリューションが提供され、ログインの背後にある豊富なインサイトを得られます。

HCL Unica Discover

HCL Unica Discover は、マーケティング担当者が個々のオンラインユーザーの体験を捉え、再生し、視覚化することで、デジタル体験をどのように改善すべきかをより明確にすることができる分析プラットフォームです。Unica Discover の以下の機能により、HCL Digital Experience のカスタマージャーニーを簡単に分析、最適化できます。

  • Struggle Resolution: セッションリプレイを使って、ユーザーの問題をリアルタイムに検出して対処します。
  • Behavior Insights: ユーザーの行動データを収集・分析し、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。
  • Business Impact Analytics: ビジネスへの影響や改善の機会をより明確に把握できます。

これにより、すべてのデジタルチャネルにおけるカスタマージャーニーをより完全かつ実用的に把握できます。これにより、常に一貫した体験を提供することができ、コンバージョン率、顧客満足度、顧客維持率の向上につながります。

画像の説明

Google Analytics

Google Analytics (GA) は、マーケティング担当者がWebサイトの訪問者に関する詳細な情報を追跡、報告、分析するためのWeb分析サービスです。HCL DXは、時間と開発リソースを節約するために、GAの設定を合理化しました。これにより、マーケティング担当者は、より良い意思決定を行うために必要なインサイトをDXインスタンスに組み込むことができ、適切なコンテンツを適切なオーディエンスと共有することで、顧客体験を向上させることができます。

画像の説明

HCL Commerce

HCL Digital Experience は、Unica Discover だけでなく、HCL Commerce ともシームレスに統合されています。これらのサービスを組み合わせることで、e コマースやその他のデジタル・エクスペリエンスにおけるカスタマージャーニー全体を把握できます。Unica Discover を使用することで、購買ファネルを含む両方のプラットフォーム間の体験を追跡し、すべてのデジタル資産で機能しているコンテンツと機能していないコンテンツをより適切に特定できます。

すべてのインサイト、複雑な作業は不要

HCL Digital Experience では、これらの分析結果に合理的にアクセスできるため、お客様は必要な情報を迅速に入手し、オーディエンスに最適な体験を提供できます。これらの新しい分析機能は、この夏にリリースされた直感的なコンテンツ作成ツールと相まって、市場投入までの時間を劇的に改善します。より良いインサイト。豊かなツール。驚くべき結果をもたらします。

是非、ウェビナーをごらんください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修