Cover Image

HCL Launch の新バージョン: HCL 7.3.2 のリリースの発表

2023/8/9 - 読み終える時間: 5 分

New Version Release: Announcing HCL Launch 7.3.2 の翻訳版です。


HCL Launch の新バージョン: HCL 7.3.2 のリリースの発表

2023年8月7日

Suren Kumar / Senior Product Manager, HCL Launch

継続的インテグレーションおよび継続的デリバリー ソリューションである HCL Launch バージョン 7.3.2.0 のリリースを発表できることを嬉しく思います。 このバージョンは、ユーザーにとってより信頼性が高く安全なエクスペリエンスを保証するための重要なバグ修正とセキュリティ強化を含んでおり、重要なマイルストーンとなります。

  • ユーザーはメンテナンス モード中に新しい展開を送信可能に

新しいロール レベルのセキュリティ権限が追加され、メンテナンス モードがアクティブな場合でも展開を実行できる権限がユーザーに付与されます。 この機能は主に管理者ユーザーを対象としており、メンテナンス モードを無効にする前にシステムの機能を検証でき、一般ユーザーが展開を開始できるようになります。

画像の説明

  • エージェントのプロパティをバージョン管理されたプロパティとバージョン管理されていないプロパティに分割

画像の説明

ユーザーがエージェントに対して定義したプロパティは、標準のエージェント プロパティから分離されました。 これらは、以下に示すように、Web UI のユーザー定義プロパティから利用できます。

ユーザー定義ではないエージェント プロパティは、エージェント自体から取得されます。 これらのプロパティはバージョン管理されておらず、エージェントの再起動時に更新されます。 ユーザー定義プロパティはバージョン管理されており、システムはユーザーがエージェント プロパティの値を上書きできないようにします。 どちらのプロパティも以前と同じ方法で解決できます。

  • OpenConnect ID 認証レルムにカスタム クレームを追加

新しいカスタム クレームが追加され、OpenConnect 認証レルムにデフォルトのユーザーのメールとactualName が設定されます。

画像の説明

OIDC を構成するときに、これらのオプションの属性を指定してカスタム クレームを定義できるようになりました。 この属性は、Launch で作成されたユーザー オブジェクトのメールと名前を検索するために使用されます。

  • 一般的なプロセス履歴のクリーンアップ設定が含まれています

現在のクリーンアップ プロセスの機能強化として、手動で実行される一般的なプロセス履歴を削除することを選択できるようになりました。 以前は、「プロセス」タブから実行される汎用プロセスはクリーンアップされませんでした。 このクリーンアップは、以下に示すようにシステム設定で管理されるようになりました。

画像の説明

  • システム設定では、環境削除ダイアログがベース リソースを削除しないようにする必要があります

以下に示すように、環境削除ダイアログでは、システム設定にある「環境からのリソースの直接削除を有効にする」オプションが使用されるようになりました。

画像の説明

これ以前は、ユーザーは環境上で「接続されたリソースを削除」できましたが、リソースをグローバルに削除しているかどうかは明らかではありませんでした。 現在、このオプションはデフォルトでオフになっています。

システム設定でこの機能を有効にすると、以下に示すように、グローバル リソースが削除されていることをエンド ユーザーが理解できるようにする警告ダイアログが表示されます。

画像の説明

  • 読み取りおよび書き込みリソース ロール プロパティ用に次の CLI コマンドを追加

次の CLI コマンドが 7.3.2.0 リリースに追加されました。

  • deleteResourceRoleProperty
  • getResourceRoleProperties
  • getResourceRoleProperty
  • setResourceRoleProperty

画像の説明

  • オブジェクトの作成時に使用できるチーム/タイプのマッピングのセットを拡張

オブジェクトを作成するには、ユーザーは、要求されたマッピングから各チームに対して少なくとも「作成」権限を付与されている必要があります。 ユーザーが 1 つのタイプで「チームの作成」と「チームの管理」の両方を許可されており、そのチームで「チームの管理」を許可するリクエストされたマッピングが少なくとも 1 つある各チームについて、オブジェクトは他のタイプで作成することもできます。 作成を許可するタイプが同じチームに要求されていない場合でも、そのチームのタイプ。

説明したようにユーザーに両方の権限が付与されていない場合、要求されたマッピングには、そのチームに「作成」権限を付与するタイプのみが含まれる可能性があります。 それ以外の場合、作成は拒否されます。

  • 展開プロパティと構成プロパティ シートのマッピングを導入

この機能は、デプロイメントの失敗をデバッグするときや、関連するプロパティ シートの問題を特定するときに役立ちます。

  • リポジトリ タイプを示す新しい z/OS コンポーネント バージョン プロパティを追加しました

新しい z/OS コンポーネント バージョン プロパティ ucd.repository.type では、HFS および Codestation の値を使用できます。

このリリースには次の更新が含まれています。

  • Jettison 1.5.4
  • Json-smart 2.4.9
  • 9.4.51 への桟橋
  • Java 21 をサポートする Groovy 3.0.17 以降
  • Tomcat は 8.5.89 および 9.0.75 まで
  • SnakeYAML から 2.0

7.3.2.0 の新機能の概要

  • 新機能 (RFE)

    • DEPLOY-14140 メンテナンス モード中にデプロイメントを送信する機能を追加
    • DEPLOY-14152 クリーンアップに汎用プロセス ログを含める
    • DEPLOY-369 リソース ロール プロパティを読み書きするための CLI コマンドを追加
  • 新機能と QoL 機能

    • DEPLOY-14609 オブジェクトの作成時に使用できるチーム/タイプ マッピングのセットを拡張
    • DEPLOY-14611 チーム割り当て権限を持つ作成を追加
    • DEPLOY-14201 メールと実際の名前を入力するようにカスタム クレームを構成する
    • DEPLOY-14512 ユーザーが展開プロパティを構成にマッピングできるようにする
    • DEPLOY-13537 エージェントのプロパティをバージョン対応セクションと非バージョン対応セクションに分割します。
    • DEPLOY-14435 システム設定では、環境削除ダイアログでベース リソースが削除されないようにする必要があります
  • その他

    • DEPLOY-14468 SQL Server でコミットされたスナップショットの読み取りが有効になっていることを確認するか、サーバーの起動を中止してください
    • DEPLOY-14441 システム設定を診断バンドルに追加する
    • DEPLOY-14658 デバッグ情報に CPU アーキテクチャを記録する
    • DEPLOY-14508 WinRS のサポートを削除
    • DEPLOY-14400 エージェントによって保存されている古いプラグイン バージョンを削除する
    • DEPLOY-14711 FileUtils プラグインの「ディレクトリのコピー」ステップを Java に移植する

詳細についてはリリース情報を参照してください。

HCLSoftware は、次回のウェビナーにもご招待したいと考えています。 8 月 30 日には、技術的に多様な企業における最も複雑な導入状況に対処するためにすでに利用可能な、より強力な HCL Launch 機能のいくつかについてウェビナーで取り上げます。 登録はこちらから。


Cover Image

HCL 開発チーム、HCL Launch 7.3 アップデートをリリース

2023/2/14 - 読み終える時間: ~1 分

The HCL Development Team Releases HCL Launch 7.3 Update の翻訳版です。


HCL 開発チーム、HCL Launch 7.3 アップデートをリリース

HCL Launch について

2023年2月10日

著者: Richard Nicholls / HCL Software

HCL Launch は、IT 環境全体におけるアプリケーションのデプロイメントを自動化し、継続的デリバリーのための迅速なフィードバックを提供するとともに、本番環境で必要な監査証跡、バージョン管理、承認を提供します。このソフトウェアは、エコシステムの成熟度に関係なく、DevOps の変革に向けたソリューションを提供します。アーキテクチャ、インフラストラクチャ、およびデリバリー・モデルを共存させることができるため、立ち上げを遅らせたり、遅延させたりする必要がありません。

アプリケーションパイプライン

HCL Launch 7.3 リリースには、自動デプロイメントを構成する方法を提供する新機能が含まれています。自動 CD パイプライン(図1参照)を使用して、組織内のイノベーションチームを支援します。この新機能は、さまざまな環境でコードをテストし、本番環境のデプロイメントに必要な承認要求を記録的な速さで作成できます。

Launch は、すでに様々なテストツールと統合されています。お客様はこれらのテストで「受け入れ基準」を設定することができ、その基準を満たした場合、そのバージョンは次の環境に自動でプロモートされます。

画像の説明 図1:新機能「パイプライン」の例

プラグインロギングの詳細追加

また、プロセスの Output Log に各ステップの時間情報を提供する新機能が追加されました。 これは、プラグインのステップにどれくらいの時間がかかっているかを知りたいユーザーにとって便利であり、潜在的なパフォーマンスのボトルネックを特定するのに役立ちます。

最後に、7.3 HCL Launch アップデートのリリースにより、お客様は、利用可能な最高の継続的デリバリー製品を提供するために、私たちの継続的なコミットメントを期待できます。このバージョンには、既存のお客様からご提案いただいた多くの機能強化や改善点が含まれています。このバージョンは、お客様が求めていたものを提供します。ご質問がある場合、または開始する準備ができた場合は HCL Launch 7.3 のエキスパートまでご連絡ください。


Cover Image

HCL Launch: HCL クライアント・アドボカシー・プログラムを開始 - 契約の先にある顧客の成功を確実なものに

2022/8/15 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Launch Client Advocacy – Ensure Customer Success Beyond the Contract の翻訳版です。


HCL Launch: HCL クライアント・アドボカシー・プログラムを開始 - 契約の先にある顧客の成功を確実なものに

2022年8月12日

著者: Ryley Robinson / Project Marketing Manager

HCLのビジネス哲学は、顧客中心のアプローチに基づいています。当社のクライアント・アドボカシー・プログラムにより、お客様は継続的デリバリーとデプロイメント・オートメーションの一連の製品について直接コンタクトすることができ、当社の技術、管理、経営リーダーとの戦略的関係を構築できます。含まれる製品は以下の通りです。

  • HCL Launch

HCL クライアント・アドボカシー・プログラムは、5つの基本ポイントに基づいています。

  • クライアントとの関係における結束と協力的なアプローチ
  • 製品のニュースやアップデートに関する積極的なコミュニケーション
  • 製品に関する深い理解とビジネスニーズのサポート
  • お客様のビジネスと課題への深い切り込み
  • 製品ロードマップの定義と開発プロセスにおける頻繁な交流

アドボカシー・プログラムに参加するお客様に期待すること、求められることは何か

お客様の役割は、クライアントアドボケート(CA)とビジネスニーズや戦略を共有し、CAに期待や製品体験を伝え、問題点や要望を共有することです。お客様は、CAを企画会議に参加させ、ビジネスニーズに沿った正しい方向性を定めながら、提案を活用することもあります。CA は、公式なサポートチャネルに代わるものではありませんが、開発ラボの組織内の迅速な経路となる可能性があります。

賛同者との長期的な戦略的関係の構築

CAの役割は、顧客とHCLの技術コミュニティとの間の情報の流れを促進することです。

顧客と定期的に交流することで、CAは顧客の環境を知ることができます。CAは、お客様のビジネスゴールや戦略を理解するだけでなく、問題や要望を知ることができます。

CAは、プランニングセッション、アップグレードプランに参加して支援を提供したり、お客様のサポート、サービス、開発チームがお客様のニーズを明確に理解できるよう支援します。

CAは、「エキスパートに聞く」などの技術セッション、ライブデモの実施、質疑応答セッション、機能に関するオープンディスカッションをリードすることができます。

お客様がデプロイメント自動化製品について知りたいことは何でも、CAがその答えを提供するお手伝いをします。

Client Advocacy Program と有償サービスの比較

Client Advocacy Programは、無償のサービスです。つまり、標準的なサポートやラボサービス契約、その他の有償サービスに取って代わるものではありません。私たちクライアントアドボケートは、サポート案件を解決するわけではありませんが、お客様の環境を知っているので、カスタマーサポートチームが解決を早めるためのお手伝いができます。

サービスコンサルタントではありませんが、お客様を適切なチームにつなぐことができるのです。さらに、重大な問題を回避し、顧客満足度を高めるためのチャネルであり、HCL内部での顧客の支持者でもあります。

このプログラムへの参加にご興味がおありですか?kazumi.rouleau@hcl.com までご連絡ください。


Cover Image

HCL Secure DevOps 製品群を第3回 Japan IT Week オンライン ソフトウェア&アプリ開発展に出展

2022/5月/24 - 読み終える時間: ~1 分

2022年6月1日 (水) から3日 (金) に開催されます『第3回 Japan IT Week オンライン ソフトウェア&アプリ開発展』に、HCL ブースを出展し、HCL Secure DevOps 製品群をご紹介いたします。また、1日目 (6月1日 (水)) 16:00よりセミナーを実施いたします。

セミナーの参加登録、オンライン相談のスケジュール依頼は、すでに開始しております。まずは参加登録をいただき、HCL ブースをご覧ください。

ブース

リアルのイベントを模した作りになっており、お気軽にお立ち寄り、質問などのやりとりができます。

  • 製品のご紹介 (資料ダウンロード、動画、他)
  • チャットでのご質問への対応
  • オンライン相談 (時間予約制、後日別途も承ります)
セミナー

『次なるステージへ!! HCLが考える次世代DevOps - Next Generation DevOps -』

Japan IT Week オンライン - HCL ブース 画像の説明


Cover Image

記事掲載: 脆弱性診断の内製化とCI/CD連携が生む効果: 「DevSecOps」とシフトレフトが実現する開発高速化×セキュリティ強化とは

2022/5月/17 - 読み終える時間: ~1 分

「脆弱性診断の内製化とCI/CD連携が生む効果: 「DevSecOps」とシフトレフトが実現する開発高速化×セキュリティ強化とは」と題する記事をアイティメディア株式会社のサイト ITmedia.co.jp に掲載しました。

「企業におけるアプリケーションの複雑化や開発の高速化が進むと同時に、攻撃もいっそう巧妙化している。限られた予算や人材で、企業が効果的に自社アプリケーションのセキュリティ対策を実施する方法とは」

ご興味がございましたら是非ご覧くださいませ。


Cover Image

HCL OneTest: 2022年 IDC MarketScape for Worldwide Enterprise Automated Software Quality and Continuous Testing for Digital Execution においてリーダーに選出される

2022/4/25 - 読み終える時間: 2 分

HCL named a Leader in the 2022 IDC MarketScape for Worldwide Enterprise Automated Software Quality and Continuous Testing for Digital Execution の翻訳版です。


HCL OneTest: 2022年 IDC MarketScape for Worldwide Enterprise Automated Software Quality and Continuous Testing for Digital Execution においてリーダーに選出される

2022年4月22日

著者: Ragasudha Mardhaniyogan / Product Marketing Manager, OneTest

HCL は、IDC MarketScape for Worldwide Enterprise Automated Software Quality and Continuous Testing for Digital Execution 2022 Vendor Assessment (Doc #US47097621, March 2022) で Leader に位置づけられたことを発表します!これは、HCL Software にとって大きな評価です。HCL Software は、HCL Technologies(HCL)の一部門であり、主要なソフトウェア事業を展開しています。IDC のリサーチの一環として評価された製品には、HCL OneTest Studio と HCL OneTest Embedded、そして HCL AppScan、HCL Launch、HCL Accelerate が含まれます。

このレポートでは、24 のベンダーが評価され、複数の基準と 2 つの軸(現在の能力、つまりベンダーがどれだけ顧客のニーズに合致しているか、将来の戦略、つまりベンダーの将来の戦略がどれだけ 3-5 年後に顧客が必要とするものと合致しているか)で位置づけられました。HCLのリーダーとしての地位は、これらの製品を推進し、DevOps市場空間のニーズを満たすという我々のコミットメントをしっかりと反映しています。

IDC MarketScapeレポートは、ASQ市場における購入の意思決定のガイダンスを提供しています。HCL がなぜリーダーに選ばれたのか、レポートの抜粋をお読みください。また、レポートをお読みになった後は、当社のソリューションがどのようにお役に立てるかのご相談があればお問い合わせください。

画像の説明

この図について: IDC MarketScape のベンダー分析モデルは、特定市場における ICT サプライヤーの競争力強化の概要を提供するために設計されています。調査方法は、定性的および定量的な基準に基づいた厳密なスコアリング方法を採用しており、その結果、所定の市場内における各ベンダーのポジションを一枚の図に示すことができます。Capabilities スコアは、ベンダーの製品、Go-to-Market、短期的なビジネス遂行能力を測定するものです。戦略スコアは、3-5 年の時間枠で、ベンダーの戦略と顧客要求の整合性を測定するものです。ベンダーの市場シェアは、アイコンの大きさで示されています。

IDC MarketScape では、ソフトウェア開発におけるスキル不足に言及し、このギャップを埋める潜在的な手段の1つとして、堅牢なテスト機能を組み込んだローコードおよびノーコードソリューションの利点を強調しています。特に、ビジネスの専門知識を持ち、コーディングの経験がほとんどないにもかかわらず、消費するためのアプリケーションを構築する「市民開発者」の出現は、このことを物語っています。

HCL OneTest は、ノーコードのテスト開発を提供することで、この課題に対する解決策を提供できると考えています。

調査中、IDC は、顧客が高品質のソフトウェア開発を推進する上で、継続的なテスト、アジャイルプラクティス、および継続的な統合の必要性を繰り返し強調するのを目の当たりにしました。これらのニーズは、エンドツーエンドのDevOpsおよびソフトウェア品質ソリューションに関する評価基準を後押しするものでした。

ここでは、IDC MarketScape が HCL について述べたすべての良い点を紹介することはできません。

要約すると、もしあなたがセキュアな DevOps プラットフォームでこれらの機能のいずれかを探しているのであれば、ぜひご連絡をください。

  • DevOpsのライフサイクル全般を網羅する、緊密に統合された幅広いポートフォリオ
  • ローコード/ノーコード機能による容易な利用
  • 使いやすいオープンソース統合を備えたオープンアーキテクチャ
  • HCL 独自の HCL Now を含む、選択したクラウドでホスト可能なクラウド・ネイティブ・ソリューション

進化し続ける DevOps の世界において、IDC MarketScape はレポート作成時点におけるHCLの能力を評価したものです。しかし、私たちはこの評価に甘んじることなく、お客様や市場の拡大し続ける要求に応えるべく、ソリューションの構築を続けています。このレポート以降、私たちがどのような製品を提供してきたかについては、デモを予約していただくか、お気軽にお問い合わせください。

レポートの抜粋をダウンロードするには、ここ をクリックしてください。


Cover Image

HCL Launch Java 8 のサポート終了とその他の検討事項

2022/3/29 - 読み終える時間: 2 分

HCL Launch Java 8 EoS and other considerations の翻訳版です。


HCL Launch Java 8 のサポート終了とその他の検討事項

2022年3月28日

著者: Senthil Nathan / HCL Launch Product Manager

今回は、2つのホットなトピックについて解説を加えたいと思います。一つはJavaのバージョンの互換性とサポート、もう一つはHCL Launchがセキュリティフィクスパックのどのリリースストリームにあるかです。

Javaバージョンの互換性

HCL Launch 7.2.0.0の発表の中で、Java 8が2022年6月にサポート終了となることを発表しました。この変更は、異なる HCL Launch 7.x バージョンをご利用のお客様にとって異なる影響を及ぼします。ここでは、この変更がお客様に与える影響と、2022年6月以降にお客様が行うべきことを説明します。

キーポイント

HCL Launch(当時はHCL UrbanCode Deployとして知られていた)バージョンは7.0.0~7.0.1.x の場合

  • Java のサポートはベストエフォートで行われます。
  • Java 11、17は未対応です。

重要:完全にサポートされている Java 11 を使用できるようにするには、HC Launch 7.0.2.xより大きいバージョン(できれば7.0.5.x)への移行を計画することが推奨されます。

HCL Launch 7.0.2.x - 7.2.2.x の場合

  • Java 8 をお使いの場合、Java のサポート問題はベストエフォートで処理されます。
  • Java 11 は完全にサポートされています。
  • Java 17はサポート対象外です。

HCL Launch 7.2.3(2022年6月リリース予定)以降の場合

  • Java 8 はサポート対象外
  • Java 11 は完全にサポートされています。
  • Java 17 は完全にサポートされる予定です。

HCL Launch は、セキュリティで保護されたプロパティの暗号化に java keystore を使用します。そのため、異なるベンダーのJREにアップグレードする場合、このキーストアを復号化できなくなります。7.2.1.0から、製品には鍵ストアを変換する機能があります。 しかし、7.2.1.0より前のバージョンを使用している場合、HCL Launchドキュメントにキーストアの変換方法について記載されています。「新しいJREは、現在のJREと同じベンダーのものである必要があります。JREのベンダーを変更したい場合は、サポートに連絡して、KeystoreConverterツールを入手してください。" ( なお、IBM Java 8 から IBM Semeru Java 11 へのアップグレードであっても、それは別ベンダーの移行に相当します)。

この場合、HCL Softwareのサポートページを使用して新しいサポートケースを開くだけで、このツールにアクセスする方法とそのドキュメントに関する情報が戻ってきます。

セキュリティ Fixpacks

HCL Launch は、サポートされるすべてのリリースのセキュリティ Fix Packを提供します。お客様は、Fix Pack がリリースされ次第、セキュリティ脆弱性のパッチを確実に適用できるよう、対応するFix Pack のストリームに移行することが推奨されます。

  • 7.0.* の場合、7.0.5.x セキュリティ Fix Pack ストリームにアップデートしてください。
  • 7.1.* の場合は 7.1.2.x セキュリティ Fix Pack のストリームにアップデートしてください。
  • 7.2.* をお使いの場合、これは現在のストリームですので、最新バージョンのストリームにはすべてのセキュリティパッチが含まれています。

Cover Image

HCL Launch: CI/CD パイプラインのレジリエンス (復元性)

2021/12/16 - 読み終える時間: ~1 分

Resiliency for CI/CD Pipeline の翻訳版です。


CI/CD パイプラインのレジリエンス (復元性)

2021年12月14日

著者: Cassandra Stanek / Product Marketing Manager, HCL Accelerate & Launch

ITの黄金律はレジリエンス(回復力) です。侵入、ハッキング、予期せぬトラフィックの増加、ヒューマンエラーなど、デジタルの世界では常に起こることなので、プランBを用意する理由を挙げればきりがない。レジリエントなDevOps自動化フレームワークを構築することは、予期せぬ事態が発生した場合でも、アプリケーションデリバリプロセスを中断することなく継続できることを意味します。

HCL Launch 7.2.1 は、さまざまな方法でディザスタリカバリのためのレジリエントなフレームワークをサポートします。最も大きなものの1つは、分散型フロントエンドサーバー機能です。お客様がDevOpsを採用するにつれ、HCL Launchサーバーにログインするユーザーの数は増え続け、その追加アクティビティによって

分散型フロントエンドサーバーは、ユーザーの負荷を分散させ、すべてのユーザーがUI内でスムーズな体験をできるようにするための優れた方法です。現在の環境にこれらのサーバーを追加することで、フロントエンドの単一障害点から脱却し、耐障害性を高めることができます。

以下は、インスタンスを経由する大量のトラフィックを管理するための推奨アプローチです。エンドユーザーのHTTPトラフィックはロードバランサーを経由して、分散されたフロントエンドサーバーに渡されます。この通信は、オプションで別のバックエンドロードバランサーを介してプッシュしたり、HCL ローンチサーバーに直接配信することができます。

画像の説明


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修