Cover Image

HCL Secure DevOps 製品群を第3回 Japan IT Week オンライン ソフトウェア&アプリ開発展に出展

2022/5月/24 - 読み終える時間: ~1 分

2022年6月1日 (水) から3日 (金) に開催されます『第3回 Japan IT Week オンライン ソフトウェア&アプリ開発展』に、HCL ブースを出展し、HCL Secure DevOps 製品群をご紹介いたします。また、1日目 (6月1日 (水)) 16:00よりセミナーを実施いたします。

セミナーの参加登録、オンライン相談のスケジュール依頼は、すでに開始しております。まずは参加登録をいただき、HCL ブースをご覧ください。

ブース

リアルのイベントを模した作りになっており、お気軽にお立ち寄り、質問などのやりとりができます。

  • 製品のご紹介 (資料ダウンロード、動画、他)
  • チャットでのご質問への対応
  • オンライン相談 (時間予約制、後日別途も承ります)
セミナー

『次なるステージへ!! HCLが考える次世代DevOps - Next Generation DevOps -』

Japan IT Week オンライン - HCL ブース 画像の説明


Cover Image

記事掲載: 脆弱性診断の内製化とCI/CD連携が生む効果: 「DevSecOps」とシフトレフトが実現する開発高速化×セキュリティ強化とは

2022/5月/17 - 読み終える時間: ~1 分

「脆弱性診断の内製化とCI/CD連携が生む効果: 「DevSecOps」とシフトレフトが実現する開発高速化×セキュリティ強化とは」と題する記事をアイティメディア株式会社のサイト ITmedia.co.jp に掲載しました。

「企業におけるアプリケーションの複雑化や開発の高速化が進むと同時に、攻撃もいっそう巧妙化している。限られた予算や人材で、企業が効果的に自社アプリケーションのセキュリティ対策を実施する方法とは」

ご興味がございましたら是非ご覧くださいませ。


DevOps India Summit 2021 をふりかえって

2021/9/2 - 読み終える時間: 2 分

DevOps India Summit 2021 Recap の翻訳版です。


DevOps India Summit 2021 Recap

2021年9月1日

著者: Bhavani Sidharth / DevOps Sales, HCL

画像の説明

DevOps India Summit(DOIS)は、南アジア最大のDevOpsイベントとして注目されています。インドの開発者数は全世界の2700万人のうち600万人と非常に多く、このイベントはソフトウェア開発業界において非常に重要な意味を持っています。今年の8月27日と28日に開催されたDOISでは、2日間に渡って、スピーカーセッション、パラレルトーク、ディスカッションが行われ、世界中の人々が考えを共有しました。

今回のサミットではパンデミックに焦点が当てられておらず、「前例のない時代」「在宅勤務」「セキュリティと事業継続」「運用上の課題」「パンデミックがIT業界の働き方に与える影響」などの議論はほとんどありませんでした。まるで、業界が新しい常識に慣れてしまい、それが「いつものこと」になっているかのようでした。では、世界最大の開発者コミュニティにとって、「いつものこと」とはどのようなものなのでしょうか。以下に、複数のソートリーダーから集めたいくつかのテーマを紹介します。

DevOpsは持続可能性の一翼を担うことになる

環境に配慮した開発や、今後数年間に組織が行う選択が、ソフトウェアの構築方法を左右することになるでしょう。持続可能性に関しては、すべての人が関わっているのに、なぜ開発者は不可決なのか?

環境に優しいソフトウェア開発とは何でしょうか?それは、PythonかC言語か、GCPかAWSか、自動化か手動化かといった選択の問題です。開発者は環境に配慮した選択を求められ、組織全体の二酸化炭素排出量の目標に合わせることを求められるでしょう。

誰もがお客様に責任を持つ

アマゾンで働き、毎月リーダーシップミーティングに同席している友人によると、これらのミーティングで常に問われるのは、「それはどのようにお客様の役に立つのか」ということだそうです。すべてのアイデア、すべての製品、すべての新しい考えは、この1つの質問に答える必要があります。長い間、開発者やデザイナーは自由を必要とする創造的な人々であり、創造はほとんどが孤立して行われていました。

Value Stream Management(VSM)は、私たちが見ているように、「Day 2 DevOps」、つまり多くの組織が今取り組んでいるDevOpsの進化の次の段階です。開発者はもちろん、営業やマーケティング、さらには財務や人事を含む開発・運用チームは、すべて顧客に答えを出すことになります。指標があること、可視性があること、システムに効率性があること、レポートがあること、そしてスピードがあることは当たり前のことです。しかし、これらすべてがどのようにしてビジネス価値をもたらすのでしょうか?チームはアジャイルでテストを自動化し、本番へのデプロイを高速化していますが、それがNPSの向上にどうつながるのでしょうか。しかし、それがNPSの向上にどう結びつくのでしょうか、マーケットシェアの拡大にどう結びつくのでしょうか。顧客サービスの迅速化にどう結びつくのか?

それは、ループを完成させ、データポイント間の点をつなげることです(これはまさに HCL Accelerate が行っていることです)。メトリクスは十分ではありません。顧客により良いサービスを提供するために新しいソフトウェアの開発に投資している CFO/CEO にとって、ループは閉じなければなりません。

オートヒーリングがガバナンスをサポート

障害を検出して報告するだけでは十分ではありません。不具合は自動的に治癒される必要があります。これは、テストデプロイメントソースコード管理バージョン管理プランニングなどに見られます。すべての製品は、自動修正する生来の知能を持ち、AI/MLが混入され、同じプラットフォーム上にある必要があります。さらに、開発と運用のプロセスは、修正が依存関係にどのような影響を与えるかを確認できるように、エンドツーエンドの可視性を持つ必要があります。当社のDevOpsソリューションは、問題の検出、修正、防止のための機能を提供し、ソフトウェア・デリバリー・パイプライン全体のガバナンスを向上させます。 オープンソースの役割

小規模なチームであれば、無料のツールを使ってすぐにスタートを切ることができますが、企業レベルではセキュリティとスケールがより重要になります。しかし、どちらか一方だけを選択する必要はありません。オープンソースであるかどうかに関わらず、開発者が自分の好きなツールを使い続け、その上にセキュリティ、テスト、バリューストリームマネジメントなどのエンタープライズツールのエコシステムを構築することができます。私たちのソリューションは、「引き裂いて置き換える」という考え方ではなく、多様なツールチェーンにエンタープライズレベルのセキュリティ、スケーリング、分析機能を追加するものです。

DevOps India Summitは、複数のソートリーダーやイノベーターから、DevOpsの過去、現在、未来について話を聞くことができる興味深い2日間でした。カンファレンスに参加された方は、ご自身の感想をコメントでお聞かせください。


DevOps 製品の連携ソリューションデモ

2021/5月/18 - 読み終える時間: ~1 分

HCL DevOps製品群を使ったリアルなデモを作成しました。

具体的には、HCL Compass、HCL Accelerate、HCL Launch、HCL OneTest を使用したものです。開発現場の実際をリアルに模した A Day in the Life 型のデモです。その分、17分弱とちょっと長めです。

こちらの解説記事もあわせてご覧ください。


HCL OneTest: 製品ページをリニューアル

2021/5月/17 - 読み終える時間: ~1 分

HCL では SecureDevOps 製品群を多数擁しています。「HCL Secure DevOps ソフトウェア」ページの配下に、これまでの HCL Accelerate、HCL Launch に加えて、HCL Accelerate OneTest をリニューアルして加えました。

HCL OneTest はテストフェーズの作業全般をカバーする、5つのコンポーネントからなる製品です。一気通貫の仕組みとして使うもよし。既存のツールと組み合わせても使えるようにもなっています。

画像の説明


2021 Upskilling から得られた3つの教訓: エンタープライズ DevOps スキルレポート

2021/5月/7 - 読み終える時間: 2 分

Three lessons from the 2021 Upskilling: Enterprise DevOps Skills Report の翻訳版です。


2021 Upskilling から得られた3つの教訓: エンタープライズ DevOps スキルレポート

2021年5月6日

著者: Elise Yahner / Marketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps.

画像の説明

DevOps Institute は3年前から、世界中の何百人もの IT プロフェッショナルを対象に、どのようなスキルが "must-have"、"nice-to-have"、"optional"なのかを調査してきました。最近発表された 2021 Upskilling: Enterprise DevOps Skills Report では、パンデミックによって仕事のやり方を変えざるを得なくなったときに、DevOps がどのように変化したかを明らかにしています(ネタバレになりますが、デジタルトランスフォーメーションの必要性が高まったということです)。DevOps Institute チームによる統計データと洞察を得るために、ここでレポートの全文を読むことをお勧めします。しかしその前に、本レポートが提供する数多くの教訓のうち、3つだけを紹介します。

1つのフレームワークやベスト・プラクティス・モデルは存在しない

組織がDevOpsを実践していると言っても、通常はアジャイル、リーン、ITILなどのプラクティスが混ざっています。DevOpsは組織ごとに異なるものであり、技術的なものであると同時に文化的なものでもあります。IT業界でキャリアを積みたいと考えている人は、自分のプロセスに柔軟性を持ち、新しいツールを学ぶことを厭わない必要があります。また、DevOpsを重視する組織のマネージャーは、チームメンバーが自分の好きな働き方に合ったツールやプロセスを使うことを受け入れる必要があります。HCL Accelerateのようなエンタープライズレベルのバリューストリーム管理ツールは、組織がこれを達成するのに役立ちます。組織のバラバラなDevOpsツールのすべてからデータを集約し、レポートやインサイトに正規化することで、HCL Accelerateはパイプライン全体の方法論に柔軟性を持たせることができます。

画像の説明

重要性を増し続けるバリューストリーム管理

Upskillingの調査回答者の39%が、VSMのスキルはプロセスとフレームワークのスキル領域で必須であると回答しています。その理由は?それは、セキュリティと同様に、お客様に価値を証明することが、ソフトウェア開発のパイプラインの中で左遷されているからです。ソフトウェア・デリバリー・ライフサイクルのエンド・ツー・エンドのインタラクティブなモデルを提供するバリュー・ストリーム・マネージメント・プラットフォームがあれば、さらなる価値の向上に向けてどこにピボットすべきか、より多くの情報に基づいた決断を下すことができます。

DevOpsは進化であり、導入すればいいというものではない

DevOpsはヨガのようなもので、完璧ではなく練習です。"DevOpsを実行する」とは、単に開発チームと運用チームが一緒に作業することではありません。異なる規律を同じ目標に向けて調整するために、文化を持続的に調整することです。DevOpsへの変革を成功させるには、組織内のあらゆるレベルのすべてのステークホルダーの関与が必要です。Upskilling社の調査では、回答者の68%がIT環境における主要なフレームワークとしてDevOpsを採用していると答えていますが、多くの回答者がDesign Thinking、SRE、Agile at Scaleも適用していると答えています。他のオペレーティング・モデルは、適切な文化が存在する限り、実際にはDevOpsを補完し、組織がDevOpsの道を歩むのに役立ちます。

2021 Upskilling.DevOps Enterprise Skills Reportには、非常に多くの素晴らしい洞察と興味深い統計があります。2021 Upskilling: DevOps Enterprise Skills Report」には、就職活動中の方、新入社員を探している方、現在の職務をスキルアップしたい方などに役立つ素晴らしい洞察や興味深い統計がたくさんあります。ダウンロードはこちらから。


HCL Software がバリューストリームマネジメントコンソーシアムに参加した理由

2021/3/22 - 読み終える時間: 2 分

Why we joined the Value Stream Management Consortium の翻訳版です。


HCL Software がバリューストリームマネジメントコンソーシアムに参加した理由

2021年3月19日

著者: Elise Yahner / Marketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps

画像の説明

このニュースをご存知ですか?HCL Softwareは、バリュー・ストリーム・マネジメント(VSM)の採用、標準化、革新を推進することを目的として設立された組織、バリュー・ストリーム・マネジメント・コンソーシアム(VSMC)の創設メンバーです。VSMCは、ベンダー、実務者、ソートリーダーを集め、VSMに関する情報や教育をワンストップで提供する組織です。

HCL Software では、DevOpsの実践を進め、組織がその潜在能力を最大限に発揮するためには、バリューストリームマネジメントが不可欠であると考えています。VSMCに参加したのは、VSMに対する認識とベストプラクティスを業界に浸透させ、DevOpsの「次」を先導するためです。

"HCL Software DevOpsの製品管理・開発ディレクターであるブライアン・ムスコフは、「バリューストリームマネジメントは、必ずしも新しいコンセプトではないと、誰もが認識できると思います」と述べています。今までと違うのは、"Day 1" と呼ぶべき多くの問題、つまりCI/CDやテスト自動化に関する基礎的な問題を解決したことです。私たちが一緒に仕事をしているお客様やこの分野のリーダーたちの多くは、次の課題、つまり "Day 2" に何があるのかを知りたがっています。我々の視点では、それはバリューストリームマネジメントです。我々は今、サイロでの最適化だけではなく、DevOpsツールチェーン全体での最適化を実現する技術を持っています」。

VSMCの最初の仕事は、リサーチプロジェクトでバリューストリーム・マネジメントの現状を把握することです。"The State of Value Stream Management Report "では、チームがバリュー・ストリーム・マネジメントの原則、プラクティス、メトリクスをどのように適用してバリュー・ストリーム・マネジメントに影響を与えているかを測定します。調査にはこちらからご参加いただけます。調査結果は5月初旬に公開される予定です。

VSMはまだ草の根的な普及段階にあるかもしれませんが、業界の専門家たちは、これこそがソフトウェア開発の未来であると考えています。

「今から 5年後、10年後に振り返ったとき、VSM はアジャイルや DevOps と並んで、ソフトウェア開発の主流となるでしょう」と Muskoff は述べています。「VSM市場がどのような形になるのか、そしてVSMCがどのように支援できるのか、期待しています」と述べています。

バリュー・ストリーム・マネジメント・コンソーシアムの詳細と会員登録方法については、以下の資料をご覧ください。


HCL Software DevOps の製品戦略解説: TechStrong TV Live - Features Brian Muskoff, Director of Product Management, HCL Software DevOps

2021/3/17 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Software は DevOps を支援するソフトウェア群を開発・販売していますが、製品管理部門長の Brian Muskoff による、15分間の製品戦略解説がご覧になれます。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修