Cover Image

HCL SafeLinx v1.4.1 のリリース

2023/10/23 - 読み終える時間: 2 分

Up Your Game - Upgrade to HCL SafeLinx v1.4.1 の翻訳版です。


HCL SafeLinx v1.4.1 のリリース

2023年10月17日

著者: Analyn Policarpio / Product Managers for HCL Domino & Notes

HCL SafeLinx は、Domino のお客様にウェブベースおよびクライアントベースのエンタープライズアプリケーションへのセキュアなアクセスを提供し、リモートユーザーが幅広いデバイスから内部ネットワークに接続できる柔軟性を提供します。お客様をサポートするために、新しい SafeLinx リリース v1.4.1 を発表します。

SafeLinx v1.4.1 一般提供開始のお知らせ

SafeLinx v1.4.1がリリースされ、お客様からのダウンロードが可能になりました。

  • Linux 用 MariaDB サポートの追加
  • Windows における MySQL DDL スクリプトおよび (MySQL) ルートレスインストールのサポート向上
  • HCL SafeLinxをプロキシとしたSAML経由でのHCL Travelerクライアント認証の提供(ベータ版のみ)
  • LDAP 接続のデバッグフラグの提供

SafeLinx をご利用のお客様には、最新リリースへのアップグレードをお勧めします。最新リリースへのアップグレードは迅速かつ簡単です。

市場終了とサポート終了のお知らせ

現在、最新の SafeLinx v1.4.1 を含む複数のリリース オプションをお客様に提供していますが、旧バージョンのリリースについてもお知らせします。

2023年10月17日、HCLSoftware は HCL SafeLinx バージョン 1.0.x、1.1.x、1.2.x の販売終了 (EOM) とサポート終了 (EOS) を発表しました。

* 販売終了 (EOM)

2024年4月30日をもって、HCLSoftwareは HCL Software License Management Portal からこれらのバージョンを削除します。

* サポート終了 (EOS)

2024年10月31日をもって、HCLSoftwareはこれらのバージョンのサポートを終了します。

* 拡張サポート

HCLSoftware は、これらの特定の製品バージョンに対する延長サポートを提供いたしません。

* 製品番号

既存の SafeLinx 製品の部品番号に変更はありません。

現在 SafeLinx バージョン 1.0.x、1.1.x、1.2.x をお使いのお客様は、上記の期日までにバージョン 1.3.x または 1.4.x へのアップグレードをご計画ください。現在、SafeLinx ソフトウェアの最新バージョンへのアクセスおよびサポートは継続されます。

詳細については、HCLSoftware Product Lifecycle のページをご覧ください。

現在の製品バージョン、または必要な追加情報については、HCLSoftware の営業担当者またはビジネスパートナーにお問い合わせください。営業担当者がいない場合は、software-info@hcl.com までご連絡ください。技術的な製品サポート情報については、HCLSoftware カスタマーサポートのウェブサイトをご覧ください。

追加情報

Cover Image

HCL SafeLinx 1.4 をリリースしました

2023/4/29 - 読み終える時間: 2 分

2023年4月27日、HCL SafeLinx 1.4 をリリースしました。新機能、主な変更は以下のとおりです。詳細はリリース情報を参照してください。

  • Windows での MariaDB のサポート

    Safelinx では、Windows 用 MySQL ODBC ドライバを使用した Safelinx Server で MariaDB をサポートしました。詳細については、WindowsでのMariaDBデータベースの初期設定の完了を参照してください。

  • Caching_sha2_password 認証プラグインのサポート

    MySQL の認証プラグインとして caching_sha2_password を設定することができるようになりました。

  • MS SQL ドライバーのインストールのスキップ

    Windows サーバーで必要ない場合、MS SQL ドライバーのインストールをスキップすることができるようになりました。

  • サイレントインストールに関する問題の修正

    Safelinx は Linux でのサイレントインストールをサポートするようになりました。詳しくは、Safelinx Server を Linux にサイレントインストールするを参照してください。

  • DB2 アップデート版のサポート

    DB2 11.5.x バージョンに対応しました。

  • Linux で DB2 を使って Safelinx を設定する際に、グループ名を指定するオプションの追加



Cover Image

HCL SafeLinx 1.3 をリリースしました

2022/5月/6 - 読み終える時間: 2 分

HCL SafeLinx 1.3 をリリースしました。新機能、主な変更は以下のとおりです。詳細はリリース情報を参照してください。

もっと読む

HCL SafeLinx 1.2.1.1 (1.2.1 IF1) をリリースしました

2021/12/3 - 読み終える時間: ~1 分

HCL SafeLinx は VPN およびリバースプロキシのソフトウェアであり、HCL Nomad Web のプロキシとして重要な役割をになっています。

2021年12月2日、HCL SafeLinx 1.2.1.1 (1.2.1 IF1) をリリースしました。今回のリリースでは 11 件のバグ修正を行っています。Nomad Web に関係するものが数件含まれています。HCL Nomad Web の環境では最新のものをお使いください。障害修正リストは下記のページに記載されています。


テクニカルホワイトペーパーを HCL Notes/Domino V12 特設ページで公開中

2021/8/12 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Notes/Domino V12 の特設ページで、テクニカルホワイトペーパーを公開しています。今後も順次追加していく予定です。

画像の説明


ホワイトペーパー: HCL SafeLinx Serverのインストール (DB2 Server、Linux版)

2021/8/12 - 読み終える時間: ~1 分

2021年9月にリリースされる HCL Nomad Web では日本語対応が予定されています。その Nomad Web には SafeLinx を使用したプロキシ設置する必要があります。 今回は、DB2 + Linux で構成する場合のインストールガイドを公開しました。 MySQL 版は後日公開を予定しています。

画像の説明


ホワイトペーパー: HCL SafeLinx 1.2による二要素認証の実装

2021/8/10 - 読み終える時間: ~1 分

HCL SafeLinx と RADIUS 装置を連携させると二要素認証を実装できます。HCL Nomad Web で二要素認証を利用した場合を想定しています。 このホワイトペーパーでは、必要なソフトウェアのインストールと設定一式が解説されています。

画像の説明


技術情報: HCL SafeLinx 環境の構築について

2021/7/12 - 読み終える時間: ~1 分

HCL SafeLinx は、VPN およびリバースプロキシ機能を提供する製品で、HCL Domino の使用権に付属しています。また、単体でも購入可能です。

この SafeLinx は HCL Nomad for Web Browsers (HCL Nomad Web) の利用では必須となります。構築手順についての技術文書を公開しましたのでお知らせします。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修