Cover Image

HCL Unica が G2 の 2022 年冬レポートにおいてリーダーに選出されました

2022/1/18 - 読み終える時間: 3 分

Unica Named Leader in G2's Winter 2022 Report の翻訳版です。


HCL Unica が G2 の 2022 年冬レポートにおいてリーダーに選出されました

2022年1月17日

著者: HCL Software / A division of HCL Technologies (HCL)

HCL Unicaは、世界有数のビジネスソリューションレビューサイトであるG2において、実際のユーザーからの高い顧客満足度と推奨度評価をもとに、マーケティングオートメーションに最適なエンタープライズグリッドの1つとして認定されました。


生活に触れる技術

HCL Unicaは、マーケティングオートメーションカテゴリーの類似製品と比較して、検証されたユーザーからポジティブなレビューを受け、G2 Winter Reportで13位を獲得しました。このレポートに掲載されるには、製品が10件以上のレビューを獲得している必要があります。私たちのチームはこの功績を称え、ユーザーのために新機能や機能拡張を継続的に開発しています。G2 Reportsは、ビジネスにとって適切なツールを特定する手助けをしており、私たちは彼らに認められたことを光栄に思っています。

画像の説明


アワードのハイライト

HCL Unicaは以下の3つで受賞しました。

  • 最も使いやすい企業 (Easiest to Use Enterprise): HCL Unicaは、他のすべてのマーケティングオートメーションソリューションと比較して、最も使いやすい製品として評価されました(企業ユーザーのフィードバックに基づく)。また、ユーザビリティインデックスでは、71位から59位へと12ランクアップしています。ホスピタリティ業界のあるコンサルタントは、レビューで「HCL Unica は他のツールと比較して使いやすく、他のすべてのツールと組み合わせることでベストなバージョンが得られる」と述べています。

  • 業界のリーダー (Industry Leader): 業界リーダーとして認められており、カテゴリー平均を上回る高評価の機能は、セグメンテーション、内部化、プログラム管理です。マーケティング施策の計画、実行、管理をエンドツーエンドで行うことができる Unica Plan をご覧ください。** この冬、ユーザー満足度と市場での存在感が大幅に向上したため、Leader Enterprise Gridで25位から13位に12ランクアップしました。

  • ユーザーからの強い支持 (Users Love Us):多くのレビューを獲得し、平均評価4.0点(5.0点満点)を維持しています。HCLユーザーであるAbhay Pは、「私はHCL Unicaを約8年間使用していますが、全体的な経験は素晴らしいものです」と述べています。Unicaはとても使いやすく、ユーザーフレンドリーなマーケティングオートメーションプラットフォームで、私はメール、SMS、ダイレクトメール、プッシュ通知などのマーケティングキャンペーンをすべて自動化しています。インバウンドとアウトバウンドのマーケティングキャンペーンのために、複数のフローチャートを作成しました。また、Unica Campaign を使用することで、正確に顧客をターゲットにすることができます。

「Unica Campaignは、カスタマージャーニーを最も分かりやすくデジタル化するためのツール一式を備えています。リアルタイムであれ、コンテンツベースであれ、すべての機能を備えています。

  • アシスタントマネージャー、Ankur K

その他、受賞に貢献されたお客様からのレビューをご紹介します。

  • プラサド・G、テクニカルリード

「HCLは非常に優れた製品を提供してくれます。市場には同等の製品はありません」

  • ホスピタリティ分野のコンサルタント

「最高のマーケティングオートメーションツール」

  • Abhay P, シニアアナリスト

「強力なマルチチャネルマーケティングプラットフォーム」

「G2 レポートのランキングは、実際のユーザーから提供されたデータに基づいています。ユーザーの声を代弁し、世界中の潜在的なバイヤーに素晴らしい洞察を提供してくれるからです」と、G2 のチーフリサーチオフィサーである Michael Fauscette は述べています。

G2 の HCL Unica レビューページで、実際のユーザーの声(または、あなた自身のHCL Unicaのレビューを残してください)をもっと知ってください 今後もお客様の生産性を向上させ、成果を上げていきます。レビューを投稿してくださったお客様、ありがとうございました。これらのレビューは、私たちの製品とカスタマージャーニーのアップグレードに役立ちます。このような評価をいただいた経験をもとに、より良いランクにジャンプアップしていきたいと思います

Unicaは、クラウドネイティブで完全に統合されたエンタープライズマーケティングオートメーションプラットフォームであり、大規模な精密マーケティングを提供します。HCL Softwareが発表した Unica Winter Release では、最近のウィンターリリースであるUnica 12.1が、より魅力的な顧客体験を簡単かつ迅速に計画、構築、実行、提供するための強力な機能を提供していることをご確認ください。

G2について

G2は、世界有数のビジネスソリューションレビュープラットフォームで、100万人以上のユーザーレビューを活用し、より良い購買決定を促しています。ビジネスプロフェッショナル、バイヤー、投資家、アナリストは、ピアレビューと合成されたソーシャルデータに基づいて、最高のソフトウェアとサービスを比較し、選択するためにこのサイトを利用します。毎月、300万人以上の人々がG2のサイトを訪れ、ユニークな洞察を得ています。


Cover Image

HCL Unica の 2022年

2022/1/1 - 読み終える時間: 3 分

The Year of Unica の翻訳版です。


HCL Unica の 2022年

2022年1月1日

著者: HCL Unica Team

変化は唯一の不変のものであり、マーケターとして、私たちは常に正しい期間内に適応し、計画し、実行しなければなりません。今回のパンデミックは、マーケターがあらゆる状況に対応し、不確実性を受け入れることを教えてくれました。

マーケターは、デジタルトランスフォーメーションによってもたらされる機会をつかみ、マーケティング業界のトレンドに合わせて進化していく必要があります。マーケティング担当者は、ゲームの中で優位に立つために迅速な適応者でなければなりませんが、その方法の1つは、Unica HCLのような優れたMarTech製品を使用することです。

2022年はいよいよ新たなチャンスと再出発の年です。HCL Unicaがあれば、すべてのマーケターがキャンペーンを計画し、昨年よりも良い結果を出すチャンスを得ることができます。キャンペーンを効率的に計画し、コントロールし、パーソナライズし、配信することは可能なのでしょうか?はい、可能です。Unica 12.1プラットフォームの春のリリースアップデートにより、マーケターは、既存のEメール、SMS、WhatsAppチャネルにモバイルプッシュを統合し、より魅力的な顧客体験を計画、パーソナライズ、提供するためのパワーとスピードをさらに向上させることができます。このリリースでは、Unica JourneyUnica DeliverUnica InteractUnica PlanUnica CampaignUnica COM のアップデートにより、オムニチャネルの顧客エンゲージメントがよりインパクトのあるものになります。

クラウドネイティブ統合マーケティングプラットフォームUnica 12.1の春のアップデート - Unica 12.1.0.4 は、より柔軟なデプロイメントと多様なスタックでプラットフォームのクラウドネイティブの基盤を強化します。また、より多くのソーシャルチャネル、より優れたプランニング、リッチなインサイト、パーソナライゼーションの強化など、統合プラットフォームのコア機能が強化されています。さらに、モバイルPUSHメッセージの追加により、デジタルマーケティングの幅が広がります。


HCL Unicaのクラウドネイティブ・ジャーニーにおける重要なステップをご存知でしょうか?

それは、HCL Software のソリューションファクトリー、SoFy (HCL Software’s Solution Factory) です。SoFy が提供するのは、次のようなソリューションです。

どんなクラウド環境にも迅速に展開でき、簡単にセキュリティ保護、監視、管理でき、シンプルで消費ベースのライセンスを提供することができます。SoFyには、何十ものHCL Softwareの製品やサービスへのアクセスが含まれています。

今年、HCL NowでUnicaの素晴らしい機能と利点を享受できたことは、とてもエキサイティングでした。Unica on HCL Now により、ユーザーはHCLにUnicaのインスタンスを管理してもらい、インフラではなくマーケティングに集中することができました。

画像の説明

HCL UnicaHCLナウのメリットは、選択肢とコントロールを提供することにあります。Unica on HCL Nowは、HCL Softwareが提供するUnicaのマネージドホスティングオプションです。これには3つの主要なコンポーネントがあります。

  • 複数年契約のソフトウェアライセンス
  • Infrastructure as a Service(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)、および
  • v12.1への移行、アップグレード/パッチなどのマネージドサービス。

Unica Summer と Winter Releaseでは、Integrated Goal-Based Marketing、Messaging Without Limits、Enhanced Cloud Native Foundation のアップデートが行われました。 次善のアクション、より良い実行、パーソナライズの強化、分析、そして構築から送信、配信までのメッセージング体験を統合したジャーニーによって、統合プラットフォームの中核機能が深化しています。

画像の説明

HCL Unicaの春、冬、夏のリリースについてもっと知りたい方は、HCL Unicaライブにアクセスして、これまでに実施した素晴らしいウェビナーをご覧ください。

マーケティング担当者は、Unica 12.1.2プラットフォームによって、市場投入までの時間を真に短縮し、顧客エンゲージメントを拡大することができます。同時に、ITチームは強化されたクラウドネイティブ基盤と柔軟なデプロイメントオプションの大きな利点を活用することができます。

ハッピーホリデー! 新しい年が前年よりもさらに生産的で収益性の高い年になりますように。今年もよろしくお願いします。


Cover Image

HCL Unica: サイト訪問者を育成するために最適なオファーを送る方法

2021/12/17 - 読み終える時間: 3 分

Serving the next best Offer from Interact to Journey Audience の翻訳版です。


HCL Unica: サイト訪問者を育成するために最適なオファーを送る方法

2021年12月16日

著者: Shilpa Dhabale / Technical Specialist, Unica Interact

すべてデータによる判断で導かれたマーケティングにおける次のアクションは、収益性を高め、継続率を向上させる最善の方法となります。ネクスト・ベスト・オファーを使えば、適切なチャネルで、最も魅力的な価格で、適切かつ非常にパーソナライズされたオファーを顧客に送ることができます。そのためには、カスタマージャーニーを時系列で分析・理解する必要があります。Unica Journeyは、ゴールベースのオーケストレーションソリューションで、コンテクストドリブン、パーソナライズ、マルチステップのオムニチャネル顧客体験を構築、実行、可視化します。一方、Unica Interactは、パーソナライズされたマーケティングオファーをさまざまなオーディエンスにターゲティングするインタラクティブなエンジンです。Journeyは、Deliver、Link、Interactなどの異なるチャネルを通じたオファー統合をサポートするようになりました。記事では、InteractからJourney Audienceへのネクスト・ベスト・オファーの設定に関わる詳細な手順を解説しています。

使用例

オーディエンスがJourneyをナビゲートしている間、Journeyは実行時にオーディエンスが満たす様々な基準やセグメンテーションロジックに基づいてInteractから最適なパーソナライズオファーを取得し、リンクチャネルを介してこれらのオーディエンスにオファーを送信できます。

以下は、Interactからリンクを通じてJourneyのオーディエンスに最適なオファーを送信する際の典型的な手順です。

  1. メール設定]ダイアログで、[リンク]を選択します。

  2. オファーの追加 - チェックボックスI want to associate Offers to this touchpoint (template) をチェックして、メールにオファーを関連付けます。

  3. Next Best Offer(次のベストオファー)をクリックします。

画像の説明

  1. Next Best Offer ページが表示されます。

  2. 以下のフィールドに適切な値を入力してください。

  • インタラクティブチャンネル
  • 視聴者レベル
  • インタラクションポイント
  • イベント選択(コンタクトアクションに関連するイベントのみ選択可能です。)
  • インターアクトランタイムURL(一度にマッピングできるランタイムURLは1つだけです)。
  1. すべての詳細が記載されたら、[Test Connection]をクリックします。接続のテストが成功するはずです。

画像の説明

  1. Interactフィールドのマッピング - Interactプロファイル、Dimension、Real times属性フィールドは、Journeyオーディエンス(データ定義)フィールドとマッピングすることができ、Journeyが公開されると、オーディエンス情報はstartSession APIコールとしてInteractランタイムに渡されることになります。

画像の説明

  1. 「Next」をクリックします。Mandrill などの任意のリンク接続を使用して、新しい Action を作成します。

画像の説明

  1. リンクフィールドを Journey Fields にマッピングします。Journey Fields にはすべてのデータ定義フィールドが表示され、Offer Attributesはマッピングに利用できます。

画像の説明

  1. NBOの設定が完了しましたので、それぞれのJourneyを保存し、Publish できます。

  2. Interactで適用されたセグメンテーションロジックに基づき、オーディエンスがJourneyを流れるようになります。オファーがJourneyから取得され、リンクを通じてメールで送信されます。

コンタクト履歴のトラッキング

コンタクトヒストリーのトラッキングに変更はありません。Journeyからメールが送信されると、同じオーディエンスのコンタクトがInteractのUACI_CHStagingテーブルに記録され、InteractのETL設定に従って、データがCampaignのUA_DtlContactHistテーブルにETLEされます。

注意点

  • Interactがインストールされていない場合、NBOボタンは無効のままです。
  • マーケティング担当者は、正しいデータ型フィールドがInteractプロファイルテーブルのフィールドマッピングにマッピングされていることを確認する必要があります。
  • 一度にサポートされる InteractRT の URL は 1 つのみです。
  • JourneyがInteractからオーディエンスへのオファーを受け取らない場合、エラー状態でトランザクションが表示されます。オーディエンスはメールが送信されずに次のタッチポイントに移動します。
  • 現在、Interactの次善のオファー統合はpartition1でのみサポートされています。
  • Interactで設定された静的/戦略的セグメントは、上記のケースでは機能しません。

Unica InteractとJourneyの統合については、こちらで詳しく説明しています。


HCL Unica: 2022年の WhatsApp マーケティングの概要

2021/12/14 - 読み終える時間: 3 分

An overview of WhatsApp Marketing in 2022 の翻訳版です。


2022年の WhatsApp マーケティングの概要

2021年12月13日

著者: Idir Hillali / Director of Innovation at HCL Software

人々は、求めているインサイトがすぐに得られないような長ったらしいコミュニケーションにはあまり注意を払わないという事実があります。新世代の人々にとっては、メールや電話が、かつて私たちがファックスや回転式電話を使っていたように見えるため、従来のチャネルを使うのはさらに面倒です。どの調査でも、WhatsApp、プッシュ通知、テキスト全般はアクセシビリティの面で最も優れています。Whatsappのマーケティングツールとしての魅力は、そのリーチの広さにあります。WhatsAppのユーザーには、あらゆる年齢層、プロフィール、社会経済的状況の人々が含まれています。109カ国、53言語で利用可能であり、マーケティングツールとして大きな可能性を秘めています。

画像の説明

Whatsappは、2009年に主要なSMSプラットフォームとして登場しました。Wi-Fi通信が可能なため、高額な電話代の代わりになりました。テキストメッセージだけでなく、音声通話や写真・動画の送信もグローバルに行うことができます。その人気の高さから、Whatsappは2014年にFacebookに買収されました。現在、WhatsAppには、Messenger App、Business App、Business APIの3つのクラスがあります。そのインタラクティブで高度にパーソナライズされたモバイルメッセージング技術は、マーケティングに有益です。


なぜ WhatsApp なのか?

ダイレクト・レスポンス・マーケティングとは、企業が提供する商品やサービスに対して顧客の行動を促すための手法で、WhatsAppを利用することでより便利でパーソナライズされた双方向の会話が可能になります。

  • WhatsAppはこれまで未開拓のマーケティングツールでしたが、WhatsAppのエンゲージメント率は非常に高く、開封率は約98%と他のマーケティングチャンネルよりも高い数値を示しています。
  • WhatsApp over SMSはビジネスの観点から、リッチメディア、開封、既読、コールトゥアクションのトラッキングなどの機能を提供します。
  • EメールやSMSのレスポンス率が低い中、WhatsAppは顧客の携帯電話でプッシュ通知が可能な数少ないアプリの一つです。
  • WhatsAppはリッチテキストメッセージングに加え、添付ファイルにも対応しているため、多くの企業がカスタマーサポートのコスト削減を実施するために採用しています。最も重要なことは、デザイン的に安全であるということです。
  • マーケティング担当者にとっては、プロモーションコンテンツ、パンフレット、カタログ、ビデオなどを伝え、製品の使いやすさを叩き込んでお客様に興味を持ってもらうことまでできるので便利です。
  • マーケティングチームは、WhatsAppを使ってリアルタイムでお客様にアンケートや投票を行うことができます。

画像の説明

WhatsAppメッセージングを導入している企業のリストは以下の通りです。

  • Netflixでは、WhatsAppを使って、お客様が見たくない番組を提案するというマーケティングキャンペーンを行っています。このためには、お客様が両方のプラットフォームで同じ携帯電話番号を登録している必要がありました。
  • OpenBankSpainは、WhatsAppの顧客サービス番号を表示しています。お客様はWhatsAppを使って銀行とチャットしたり、問い合わせをしたり、問題を修正してもらったり、ピアツーピアの支払いをしたりすることができます。
  • BMWはワークショップのカスタマーサービスにWhatsAppを使用しています。顧客は、車両の修理状況やその他の重要な情報を要求することができます。

Whatsappは広告のない国際的なメッセージングアプリで、企業はマーケティングの一環として利用しており、顧客へのリーチ拡大に役立っている。


CNETの記事によると...

「WhatsAppは、Facebookよりもエンゲージメント率が高く、毎日利用している人の割合が高い、これまでに見たことがないほど広く利用されているアプリです。WhatsAppのエンゲージメント率(月間アクティブユーザーに対する毎日のアクティブユーザーの割合)は、Facebookのエンゲージメント率が約61%であるのに対し、70%という驚異的な数値を示しています。"

画像の説明 ソース: Hootsuite


WhatsAppマーケティングのための戦略
  • Whatsappビジネスアカウントを使用し、ビジネス名、ブランドを表すプロフィール写真、簡単な説明、ウェブサイト、電子メール、住所、営業時間を追加し、カテゴリーを選択する。
  • マーケティング戦略の策定 - Whatsapp Businessの機能を確認することから始めましょう。視聴者があなたのブランドとどのように接したいかを決めます。ユーザーのメッセージを管理し、大規模なKPIやリソースへの影響を予測します。
  • エンゲージメント戦略を決定し、モバイルメッセージングを検討する - オーディエンスをエンゲージするには4つの方法があります。1対1のメッセージ、Whatsappのステータス、ブロードキャストリスト、そしてグループチャットです。Whatsappでは256人までのグループを作ることができ、グループの数に制限はありません。
  • 視聴者の拡大 - これは、リストに連絡先を追加することで可能になります。グリーティングメッセージや不在時のメッセージなどの自動メッセージを使用したり、クイックリプライ(頻繁に送信するメッセージをブランドに合わせて再利用するための最大50のショートカット)を使用してユーザーを惹きつけることができます。
  • 分析とカスタマーサポート - WhatsAppはメッセージの送信数、配信数、既読数、受信数などの指標を提供しています。WhatsAppでは、ユーザーが企業をブロックしたり報告したりすることが簡単にできます。これらのユーザーフィードバック信号は品質評価にインプットされます。企業はカスタマーサポートを提供するために余分な投資をする必要はなく、テキスト、ビデオ、オーディオ、そしてクイックコールなど様々なオプションでサポートを提供することができます。
  • 信頼性の獲得とブランド認知度の向上 - Whatsappの利用者は他のオンラインプラットフォームに比べて非常に少ないですが、ビジネスの信頼性を高めることができます。また、他のプラットフォームよりもコンテンツへの関心が高く、購読する可能性も高い。忠実な顧客を提供し、オプトアウト率は低い。携帯電話からニュースが届く便利さが好まれるため、ブランド認知度を高めるのも容易です。

マーケティング戦略はパンデミックを経て進化し、消費者はますますWhatsappを利用するようになっています。Whatsappはそのシンプルさで有名ですが、今では個人的なメッセージを使ったマーケティングにも利用されています。Whatsappは、高いマーケティング投資収益率(ROMI)を誇ります。重要なのは、質の高いインタラクションを行い、それらを追跡して会話に価値をもたらすことです。今こそ、Whatsappマーケティングを試し、活用する時です。Unica Deliverは、新しいリリースであるUnica 12.1.2の一部として、顧客にメッセージを送信するためのWhatsappの機能を強化し、さらにUnica JourneyでPUSHをサポートすることで、あらゆるチャネルで顧客と連携できるようになりました。新しい HCL Unica 12.1.2のリリースについては、こちらをご覧ください


ニュース: HCL Unica Winter Release を発表 市場投入までの時間を短縮し、顧客エンゲージメントを最適化可能に

2021/12/2 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Software は本日、HCL Unica Winter Release を発表しました。クラウドネイティブな統合マーケティングプラットフォームの最新版は、マーケティング担当者が市場投入までの時間を短縮し、顧客エンゲージメントを拡大するのに役立ちます。詳細は下記をご覧ください。


Cover Image

マーケティングプラットフォーム HCL Unica 12.1.2 Winter Release

2021/12/2 - 読み終える時間: 4 分

Unica 12.1.2 Marketing Platform Winter Release


マーケティングプラットフォーム HCL Unica 12.1.2 Winter Release

2021年11月30日

著者: Raja Adaikalasamy / Head of Product Management 共著: Rohit Wali / Product Manager, Unica

大規模なパーソナライゼーションの実現を支援するマーケティング・オートメーション・プラットフォームであるHCL Unicaは、クラウドネイティブ統合マーケティング・プラットフォーム「Unica 12.1」の最新のウィンター・アップデート「Unica 12.1.2」をリリースし、一般提供を開始したことを発表します。Unica 12.1.2は、従来の導入方法に加えて、HCL SoftwareのソリューションファクトリーであるHCL SoFyを活用したクラウドネイティブ・アズ・ア・サービス「HCL Unica on HCL Now」としても提供されます。

Unicaは、業界に特化したジャーニーテンプレートのクイックスタート、プライバシーとコンプライアンスの合理化、構築から送信、配信までのメッセージングエクスペリエンスの強化、弾力性のあるデプロイメントなどの重要なアップデートを行い、「Integrated Goal Based Marketing」、「Messaging without Limits」、「Enhanced Cloud Native Foundation」の3つの柱を強化し、マーケティングチームにマーケティングを容易にする堅牢で使いやすいプラットフォームを提供します。


統合された目標ベースのマーケティング

カスタマージャーニーがこれまで以上に複雑になる中、マーケティング担当者は、ジャーニーの計画と実行をどこからどのように始めればよいのかを把握することが課題となっています。今回のリリースでは、プラットフォームのジャーニー機能により、マーケターがカスタマージャーニーを迅速に開始することがこれまで以上に容易になりました。クレジットカードの有効化(銀行)、顧客サブスクリプションサービス(小売)、非接触型ホテル体験(ホスピタリティ)、携帯電話のアップグレード(通信)、カートの放棄(小売)、ダイナミックメールマガジン(様々な業界)、イベントマーケティング(ホスピタリティ/エンターテインメント)、ウォレットシェアの増加(様々な業界)、処方箋宅配の獲得ジャーニー(製薬)など、業界に特化した幅広いジャーニーテンプレートが用意されており、マーケターは一般的なエンゲージメントシナリオやベストプラクティスを活用して、非常に魅力的でインパクトのあるカスタマーエクスペリエンスを提供することができます。

画像の説明

Unica Journeyの画面 - 再利用可能な業界テンプレート

また、検索機能の強化、フォルダへの分類、環境間でのテンプレートの保存、エクスポート、インポート機能により、テンプレートの管理が非常に容易になりました。また、ジャーニーのエクスポートやインポートに関するセキュリティ権限が追加されたことで、より高度な管理が可能になりました。

ジャーニーに不可欠なのは、カスタマーイベントをどのように消費し、処理するかということです。カスタムKAFKAトピック、ネストされたJSONデータフィードのサポート、柔軟な日付フォーマット、データ定義の変更機能などの主要な機能強化により、ジャーニーにおけるデータフィード処理がより効率的になります。また、データ定義をJSONやCSV形式でダウンロードできるようになったことで、サードパーティのデータフィードの計画や統合が容易になりました。ジャーニーのプロセスでお困りですか?ヘルプをお探しですか?埋め込み式のドキュメントリンクを使えば、ドキュメントへのアクセスもワンクリックで可能になります。

日々、お客様がブランドを認知するために、モバイルファーストのブランド体験やソーシャルチャネルを利用するケースが増えています。最近の調査では、プッシュ対応アプリのユーザーは、プッシュメッセージを利用しなかったユーザーに比べて、月間セッション数が53%増加したことがわかっています。また、Twitterなどのソーシャルチャネルでは、2億1100万人以上の収益化可能なデイリーアクティブユーザーが利用しています。 あなたのジャーニーは、これらの強力なチャネルに対応していますか?

画像の説明

UnicaはTwitterのソーシャルメッセージングをジャーニーでサポートしています。

今回のリリースでは、Unica DeliverによるPUSHとTwitterによるソーシャルメッセージングをジャーニーでサポートしました。既存のメール、SMS、プッシュ、WhatsApp、Google、Facebook、LinkedInなどのアドテックチャネルのサポートにより、最も多様で幅広いオムニチャネルをジャーニーでカバーすることができ、どのチャネルでも顧客とのエンゲージメントの瞬間を逃さないことができます。チャンネルのカバー率が高い一方で、アウトリーチにおけるプライバシーやコンプライアンスの要件について心配していませんか?安心してください。このプラットフォームの新機能「Contact Central」はこちらです。

画像の説明

この機能により、マーケティング担当者やチャネルマネージャーは、チャネルや地域の好みを定義し、企業のプロトコルや各国政府の規制に準拠したアウトリーチを実行することができます。チャンネルごとに、地理的なタイムゾーン、通信時間、曜日、休日・停電時の除外など、コンタクトケイデンスを定義することができます。また、チャネルのキャパシティを週単位、月単位で制限することができます。このようにして、広範囲であるだけでなく、プライバシーを遵守した顧客への働きかけが可能になります。

このプラットフォームの一元化されたオファー管理モジュール(Unica COM)は、コールトゥアクションの作成と管理を簡単かつ効率的に行うための主要な機能強化を行っています。ルックアップテーブルからマッピングされた属性値を持つオファーのサポートが可能になり、オファーの定義がより柔軟になりました。これまでのリリースでは、HCL Digital Experience (DX)によるコンテンツを統合し、コンテンツオブジェクトに対するオファー属性の自動マッピング機能が追加されていましたが、今回のリリースでは、オファーテンプレートレベルでの変更の自動同期を制御することができるようになりました。

画像の説明

Unica COMは、コンテンツベースの属性のコグニティブタグをサポートしているため、AIの力をオファー分析に取り入れることができます。Google Vision、Google Translate、Azure Image analysis、Google Video Insights、Google NLPなどのサードパーティ製コンテンツ用AIツールを利用してインサイトを生成し、タグとしてオファー属性に保存することで、下流のオファーコンテンツROI分析を非常に強力なものにすることができます。

今回のリリースでは、Campaignモジュールによるプラットフォームの精密なターゲティング機能が更新され、生産性がさらに向上しました。ますます多くのデータソースがセグメンテーションに活用される中、マーケティング担当者は、フローチャートやキャンペーンでテーブルが使用されているかどうかを確認し、メンテナンスに手間をかけないようにすることが不可欠になっています。今回のリリースでは、キャンペーンやフローチャートでテーブルが使用されているかどうかをフラグするための、UIベースおよびAPIベースのサポートが含まれています。

画像の説明

また、2つの主要な機能強化により、キャンペーン構築のエクスペリエンスが向上しました。複数のユーザーが同じキャンペーンのフローチャートを作成していますか?強化された同時使用の描写機能により、どのユーザーが現在フローチャートを編集しているか、すべてのアクティブなフローチャートユーザーに通知されます。また、キャンペーン・フローチャートのメイリスト・プロセス・ボックスを開いたり、編集したりする際のパフォーマンスも改善されています。

マーケティングリソース管理モジュールであるUnica Planは、コラボレーション、コンプライアンス、生産性を大幅に向上させるアップデートを行いました。

Slackとの統合により、マーケティング担当者は、専用チャネルでのマーケティング施策のコラボレーションをシームレスに行うことができます。また、集中管理されたオファーにアクセスし、承認を得ることで、コンプライアンスを確保することができます。また、チェックリストやTo-Doの通知機能が強化されたことで、チームメンバー全員にタイムリーに活動状況を伝えることができるようになりました。

また、Unica Interactによるリアルタイムのパーソナライゼーションとネクストベストアクションの機能が更新され、よりインパクトのあるエンゲージメントを実現します。顧客の個別のイベントを理解し、興味のパターンを推測して次の最適な行動につなげることが、シーケンシャルなイベントのサポートにより大幅に強化されました。

画像の説明

イベントやイベントパターンに基づいて、他のチャネルで次のベストアクションを引き起こすことが、トリガーアクションのUI/UXが一新され、これまで以上に簡単になりました。絶えず変化する複数のオファーに対して、次の最適なアクションを起こすのに苦労していませんか?Unica Interactの最新機能であるFlexOffersでは、静的なオファーリストとスマートまたはダイナミックなオファーリストがサポートされており、オファーの一括割り当てやパーソナライズが簡単にできるようになりました。

また、プラットフォームのレポート機能が更新され、マーケティングインサイトが一新されました。マーケティング担当者は、オープンなレポートフレームワークであるUnica OpenInsightsを使って、プラットフォームのマーケティングデータのレポートを好きなプラットフォームで実行できるようになりました。Unica OpenInsightsを使えば、Google Lookerのような主要なリッチ分析ツールの力を活用し、マーケティングデータを可視化・分析して、ビジネスの戦略を推進することができます。今回のリリースでは、Unica OpenInsightsはCampaignとDeliverで利用でき、今後のアップデートで他のプラットフォームのモジュールにも拡張される予定です。

画像の説明

Unica OpenInsightsがよりオープンなレポートモデルへのニーズに対応する一方で、当社は独自のネイティブなUnica Insightsソリューションの充実を図っています。今回のリリースでは、パフォーマンス、オペレーション、財務のインサイトに関する約10種類のレポートのUI/UXが刷新され、より魅力的で分析しやすくなり、マーケティング戦略を推進できるようになりました。


制限のないメッセージング

今回のリリースでは、Unica Deliverを利用したプラットフォームのデジタルメッセージング機能が強化され、構築から送信、配信までの体験が向上しました。

画像の説明

QuickBuilderメッセージエディタは、ランディングページのテンプレートを同梱し、SMS Unicodeをサポートし、コミュニケーションのサムネイルプレビューを提供します。また、新しい「タイプ&ルック」機能により、通信中のパーソナライゼーション・フィールドを簡単に検索することができます。また、DLT規制に対応したことで、インド市場におけるSMSのコンプライアンスが確保されています。

画像の説明

すぐに使える強力な送信時間最適化機能により、メールの開封率を高め、顧客エンゲージメントを向上させることができます。リッチなアプリ内プッシュ通知のサポートにより、モバイルエンゲージメントを次のレベルに引き上げることができます。


クラウドネイティブ基盤の強化

このリリースでは、クラウド・ネイティブ・プラットフォームの基盤を強化する主要な機能強化が行われています。業界をリードするストレージ分散とクラスタ管理(ROOKCEPH)により、Unicaのデプロイメントをより効率的に管理できるようになりました。また、Interact Server GroupsやスケーラブルなUnica Discover(深い行動分析を提供するモジュール)コンテナのサポートにより、デプロイメントの耐障害性が向上しました。また、AthenaとPrestoのビッグデータクエリーサービスがサポートされたことで、多様なマーケティングデータの活用が促進されます。

全体として、Unica 12.1.2プラットフォームのリリースは、マーケティング担当者がより魅力的なカスタマー・エクスペリエンスを計画、構築、実行、提供し、マーケティング目標を達成するための強力な機能を提供します。マーケティング担当者は、市場投入までの時間を短縮し、顧客エンゲージメントを拡大することができます。

詳細については、今後開催されるUnica 12.1.2ウィンターリリースのウェビナーにお申し込みください。


Cover Image

ケーススタディ: Cognos v10.2.x から v11.0.9 へのアップグレードと HCL Unica v11.1 の構成

2021/11/23 - 読み終える時間: 4 分

Case study: Cognos upgrade from v10.2.x to v11.0.9 and configure with Unica v11.1 の翻訳版です。


ケーススタディ: Cognos v10.2.x から v11.0.9 へのアップグレードと HCL Unica v11.1 の構成

2021年11月22日

著者: Prashant Gadling / Technical Specialist, Unica

採用しているマーケティング戦略が正しい方向に進んでいるかどうか、あるいはさらに改善するにはどうしたらよいかという点で、レポートが果たす目的を理解し、共鳴できるのはマーケターだけです。マーケティングレポートは、今後のキャンペーンを行うために必要な詳細情報を提供し、予算計画を導き出し、意思決定を改善します。マーケティングレポートは、特定の期間におけるプロジェクトの詳細な進捗状況の把握や分析に役立ち、その他の価値ある洞察を提供します。HCL Unicaには、複数のエンタープライズ・マーケティング管理コンポーネントがあります。Unica Insightは、マーケティング担当者が様々なキャンペーンやパフォーマンスに関する戦略的な洞察を得るためのレポート・ソリューションを提供します。

Unica Insightのレポートは、Campaign、Plan、Interact、Collaborate、Deliverの各モジュールで利用できます。これは、既存のIBM Cognos Analyticsに新たに追加されたものです。UnicaのレポートツールCognosは、v10.2からv11.0.9にアップグレードし、Unica v11.1で構成することができます。Cognosは、レポート、モデリング、分析、ダッシュボード、ストーリー、イベント管理を統合し、組織のデータを理解して効果的なビジネス上の意思決定を行えるようにします。

このブログでは、Unica のレポートツール Cognos を v10.2.x から v11.0.9 にアップグレードし、IBM HTTP Server v8.5 over SSL で構成する手順を説明しています。Cognosのアップグレード手順の詳細については、IBMサポートセンター(https://www.ibm.com/support/pages/ibm-cognos-analytics-upgrade-central)を参照してください

アップグレードの方法

IBM Cognos Analyticsをv11.0.xにアップグレードするには、インプレース・アップグレードとパラレル・アップグレードの2つの方法があります。

  • インプレース・アップグレード -> 既存のコンテンツ・ストアまたは新しいコンテンツ・ストアを使用して、新しいバージョンのCognosを既存のバージョンの上にインストールします。
  • 並行または分離インストール -> 既存のコンテンツストアまたは新しいコンテンツストアを使用して、新しいバージョンのCognosを別の場所にインストールします。

私は、「パラレルまたはセパレート」のインストール方法を実行してCognos Analyticsをアップグレードしました。これはCognos Analyticsをアップグレードするデフォルトで最もシンプルな方法です。すべてのコンポーネントは、以前のインストールと同じ構成の詳細、ポート、テーマ、および拡張機能を使用して新しいバージョンにアップグレードされます。

並行してCognosをv10.2.xからv11.0.9にアップグレードする場合の手順。

  1. 環境のバックアップ
  • Cognos の管理ページからすべてのカスタマイズされたレポートをエクスポートし、バックアップします。
  • すべてのCognosサービスをシャットダウンし、Cognosインストールディレクトリとコンテンツストアのバックアップを取ります。
  1. 2.アップグレード
  • HCL flexNetポータルからCognos v11.0.xをダウンロードします。

  • Cognos v11.0.xを「パラレルまたはセパレート」のインストール方法で実行します。

  • インストールが完了したら、Cognosの構成を開き、古い/新しいコンテンツストアで古いCognosバージョンのように構成を更新します。

  • 古いCognosからAAAディレクトリをコピーし、新しいCognosのインストールディレクトリ/Cognos_Home/webapps/p2pd/WEB-INF/にペーストします。

  • Cognosサービスを開始し、非SSLのCognos Gateway URIで構成されたすべての名前空間でCognos v11.0.9にログインできるかどうかを確認します。

  • IBM HTTP Server v8.5 over SSLでCognosを構成します。

    • アップグレードされたCognosの構成で、すべてのHTTPをHTTPSに置き換え、構成を保存します。 画像の説明
    • ローカル構成 - 暗号 - Cognos - DSN 名\ で、DSN 名を Cognos サーバー名として更新します。
    • IBM HTTP ServerをCognos Analyticsで構成するには、こちらの手順に従います。
    • IBM HTTP ServerでCognos Analyticsを構成するには、ドキュメントに記載されている手順に従ってください。
    • SSLを使用してIBM HTTP Serverを構成するには、ここに記載されている手順に従います。
    • すべてのCognos構成を保存し、SSLを有効にしたCognos URLにアクセスできるかどうかを確認します - https://servername:443/ibmcognos
  • ディストリビューション内のすべての Cognos Analytics コンポーネントをアップグレードしていることを確認します。これには、すべてのCognosサーバー(Dispatchers、Content Manager、Optional Gateways)とFramework Managerなどのすべてのクライアントコンポーネントが含まれます。一部のサーバーでは、サーバーコンポーネントとクライアントコンポーネントが同じサーバー上の異なる場所にあることを忘れないでください。

  • アップグレードした cognos v11.0.x を Unica v11.11 で構成します。Affinium|Report|integrations "に移動して、cognos10のカテゴリーを削除し、以下のURLでcognos11を作成する。

  • ポータルの URL: https://serverName:IHS_SSLPort/ibmcognos/bi/v1/disp

  • Dispatch URL: https://serverName:Cognos_SSLPort/p2pd/servlet/dispatch

    画像の説明

  • Unica UI上でCognosの構成を更新します。Unicaが配備されているアプリケーションサーバーにログインし、以下のようにcongasの証明書を取得します。

  • ホスト: cognos_server_name ポート: 9300 Host: cognos_server_name Port: 443 * Host: cognos_server_name Port: 443

    画像の説明

  • アプリケーションサーバを再起動し、unicaのレポートをテストします。

Unica-Cognosのアップグレードや設定中に何か問題に直面した場合は、私たちに連絡してください。しかし、Unica V12にUncia Insightsが導入されたことで、マーケティング担当者は、Unicaのインターフェイスで複数のレポートにアクセスし、キャンペーンやパフォーマンスを把握することができるようになりました。11月30日に予定されているウィンターリリースに注目してください。


HCL Unica: マーケターが Doom から学べる 5 つのこと

2021/11/16 - 読み終える時間: 4 分

5 things marketers can learn from Doom の翻訳版です。


マーケターが Doom から学べる 5 つのこと

2021年11月12日

著者: Catrina Boisson / Marketing & CX Specialist, Unica 共著: Idir Hillali / Director of Innovation at HCL Software

画像の説明

Doomは、没入型ビデオゲームのOGです。 1993年に発売された『Doom』は、このジャンルを実質的に確立しました。30年近くが経過し、20作品が発売され、1,000万本以上の売り上げを記録した今でも、このフランチャイズは多くの人から最高傑作とみなされています。

Doomの人気の秘密は、心理学者が定義する "フロー "を実現していることにあります。"フロー "とは、「ある活動を行っている人が、その活動の過程において、エネルギーに満ちた集中力、完全な関与、楽しみを感じながら、完全に没頭している精神状態」のことです。

しかし、それがマーケティングとどのような関係があるのでしょうか?

私は次のように考えています。

  • フロー状態に相当するマーケティングは、昔から言われている「適切なメッセージを、適切なタイミングで、適切な人に、適切なチャネルを介して届ける」ことであり、押しつけではなく、サービスのように感じられるほど適切でシームレスなマーケティングである。
  • フロー状態のマーケティングを実現する鍵は、ビデオゲームにあるのかもしれません。

一人称の視点

Doom のような没入型のゲームでは、プレイヤーが主人公となります。 起こることすべてが、プレイヤーの目と視点で展開されます。

最高のマーケティングとは、もはや製品中心でもチャネル中心でもありません。それは、顧客中心であり、経験に基づいたものです。売ることをやめて、顧客が何をしようとしているのか、そのニーズを満たすためにはどうすればいいのかを考えましょう。

選択肢

Doomでは、プレイヤーは無限の選択肢を持っていますが、それらは特定の状況や瞬間に合わせて提示されます。

最高のパーソナライゼーションは、リアルタイムで、文脈に沿った、個別のものです。お客様について知っているすべてのことと、お客様が今していることを組み合わせて、チャンネルに反映させます。

コントロール

Doomをプレイするとき、アクションは自分に起こるだけではなく、自分がアクションを動かしています。 そして、自分が下した決断に基づいて、生きるか死ぬかが決まる...。

GDPR、HIPAA、CCPA、IOS15の世界では、お客様が自分のデータをコントロールします。お客様がデータ収集を許可するのは、お客様がデータをどのように使用するかを信頼する場合のみです。スパムを送ったり、負荷をかけたり、顧客の明確な好みを無視したりしないでください。あなたが彼らを知っていることを示してください。

自動化

Doomのようなゲームの開発には、何千何万という時間がかかります。アクションは楽に感じられるかもしれませんが、それはプログラミングやビジネスルール、機械学習アルゴリズムなどのコードラインによって動かされています。

チャネル間でキャンペーンをつなぎ合わせたり、プラットフォーム間でデータを投げたり、サイロで反応を分析したりしていては、シームレスで適切なオムニチャネル体験を提供できません。自動化と統合が必要であり、理想的には自己学習/最適化の要素も必要となります。

ジャーニー

私たちが話しているのは、最終的なスコアが楽しさの最大の決め手となっていたPongやPacManではありません。Doomをプレイするとき、あなたは時間をかけて進行するストーリーに没頭し、そのストーリーを前進させるアクションに積極的に参加することになります。

今日のマーケティングは、キャンペーンではなく、会話を重視する必要があります。私たちは何年も前からカスタマージャーニーを描いてきましたが、今はそのジャーニーを実際に運用する時です

私たちはマーケティングプラットフォームのOGかもしれませんが、新しいv12.1.1のリリースでは、リアルタイムパーソナライゼーション、ジャーニーオーケストレーション、キャンペーン最適化のための私たちのソリューションが、世界中の現代のマーケティング組織を支援しています。

フロー・ステート・マーケティングを実現するためには、HCL Unica がお役に立ちます。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修