HCL Unica Journey のエクスポートとインポート機能

2021/9/23 - 読み終える時間: 3 分

Export and Import Functionality in HCL Unica Journey の翻訳版です。


HCL Unica Journey のエクスポートとインポート機能

2021年9月22日

著者: Lalitkumar Dudhe / Unica Technical Support Consultant

画像の説明

テンプレートとは、Journeyから保存されたタッチポイントやコントロールのグループのことです。テンプレートを使用すると、1つまたは複数のJourneyを一度だけ設計・構成し、テンプレートとしてエクスポートできます。テンプレートには、データ定義、エントリーソースマッピング、使用されたコントロールやタッチポイントなどの設定が保存され、どのJourney環境でもインポートすれば利用できるようになります。

HCL Unica Journeyバージョン12.1.1のリリースでは、ジャーニーのエクスポートとインポートの機能が提供されています。これにより、ジャーニーの開発は、本番ではない別の環境で行うことができるようになりました。テストのサインオフ後に同じものを本番環境に複製する必要がありますが、完全に手直しする必要はありません。

この機能の主な利点は以下の通りです。

  • 開発は非生産環境で行えます。これにより、本番環境をクリーンに保てます。
  • 非本番環境から本番環境にジャーニーを移行する際、リワードは必要ありません。
  • それはちょうどワンクリックプロセスのジャーニーの移行です。
前提条件

この機能を利用するための唯一の要件は、移行元と移行先のHCL Unica Journeyのバージョンが12.1.1であることです。構成上、この機能を有効にするための設定はありません。

プロセス

以下は、HCL Unica Journeyでジャーニーをエクスポートおよびインポートするための手順です。

  1. ソース環境で、別のJourney環境に移行する必要のあるJourneyにナビゲートします。移行するJourneyは、どのような状態(Published、Draft、Paused、Completed)でもOKです。

  2. 以下のスクリーンショットのように、「More Actions」をクリックし、「Export Journey」をクリックします。

画像の説明

  1. このアクションでは、2つのファイルが作成されます。1つはZIPファイルで、Entry Sourceに関連する.csvファイル、ジャーニーの実際のロジックである.serファイル、エクスポートされたジャーニーのメタデータを含むJourneyMetaDataファイルが含まれていると予想されます。2番目にエクスポートされるファイルは.crcファイルです。

  2. ジャーニーをターゲットのJourney環境にインポートする必要がある場合は、Journeysセクションに移動し、「Import Journey」ボタンをクリックします。

画像の説明

  1. 次のダイアログボックスで、エクスポート操作中に作成されたファイル(.zipと.crc)の両方を選択します。

:zipファイルのみ、またはcrcファイルのみを選択した場合は、「Select at least 2 files to proceed(続行するには少なくとも2つのファイルを選択してください)」というエラーメッセージが表示されます。

  1. インポート操作が完了すると、Journey が作成され、以下のように Draft 状態になっていることが確認できます。

画像の説明

  1. インポートのたびに、以下の詳細がソースジャーニーからターゲットジャーニーにコピーされます。
  • エントリソースはソースシステムと同じですが、新しいエントリソースコードが作成されます。
  • ソースシステムと同じデータ定義は、新しいデータ定義コードで作成されます。
  • ジャーニー - フォルダ構造、名前や説明などのジャーニーの詳細がコピーされます。すべてのリンクおよび配信タッチポイント - 名前と説明がコピーされますが、リンク・インスタンスがターゲット環境で異なる可能性があるため、タッチポイントは未構成のままとなります。メールテンプレートは、Deliver にはそれぞれ割り当てられません。
  • エンゲージメント・スプリット - インポート後にDeliverタッチポイントにテンプレートが割り当てられないため、Deliverの場合はリンククリックのドロップダウンを除き、すべての詳細がコピーされます。
  • ジャーニーのマイルストーンがコピーされます。各マイルストーンに関連するエントリーソースは、マイルストーンの条件とともにコピーされます。
  • すべてのジャーニーゴールがコピーされます。Deliverの場合、リンククリックのドロップダウンはコピーされません。
  • Journey De-Duplicationの設定はそのままコピーされます。

:オファー統合設定やパーティション設定はコピーされません。

  • 一度にエクスポートできるJourneyは1つだけです。ただし、エクスポートした同じファイルを使って、ターゲットシステムで複数回ジャーニーをインポートできます。(ただし、同じエクスポートされたファイルを使って、ターゲットシステムでジャーニーを複数回インポートすることは可能です。)

:JourneyにCRMタッチポイントが設定されていて、そこに目標が設定されている場合。ジャーニーをターゲットシステムにインポートする際、ゴールの編集ページにエラーなくアクセスするためには、CRMタッチポイントをターゲットシステムで再度設定する必要があります。

以上が、ある環境から別の環境にJourneyを移行するための簡単な手順です。


Constellation ShortList に選ばれた HCL Unica V12 の9つの機能

2021/9/17 - 読み終える時間: 7 分

9 features of Unica V12 that got us in the Constellation ShortList の翻訳版です。


Constellation ShortList に選ばれた HCL Unica V12 の9つの機能

2021年9月16日

著者: HCL Software / A division of HCL Technologies (HCL)

画像の説明

HCL Softwareは、エンタープライズ・マーケティング・ソリューションのリーディングカンパニーである Unica が、Adobe、Salesforce、SAS、Twilioとともに、Constellation Shortlist for B2C Marketing Automation for the Enterpriseに選出されたことを発表します。Constellation 社は、この市場に分類される50のソリューションを評価し、記事の後半に記載されている基準を考慮しました。

また、HCL Unica は、ガートナーからその功績を認められ、ガートナー・ピア・インサイトの Multichannel Marketing Hub (MMH) の Customers' Choice に認定されています。私たちはUnicaの最も包括的なアップデートに投資し、300以上の機能強化、30以上の新機能、何百ものネイティブレポート、+500 の REST API、そして全体的なエクスペリエンスを向上させる刷新された新しい UI を備えています。

これらのデモのすべてを、SoFy と HCL Now で Unica Cloud Native Demos を手間をかけずにすぐに体験できます。

1. UXと簡素化されたUIで、既成概念にとらわれない機能を提供

使いやすいインターフェース、ロールベースのダッシュボード、ビューなど、Unicaはマーケターが使いやすいインターフェースを備えており、ジャーニーの構築やメールのデザインなどの課題を克服できます。実際に、視覚的に豊かで機能的に効率的なフォームは、ITサポートの少ないエンドユーザーでもデータ入力を容易にします。

最新のリリースでは、最新モジュールの1つであるUnica Journeyをお届けします。このモジュールは、Unicaポートフォリオへの1年間の投資であり、マーケターがジャーニーを簡単に構築して視覚化 し、価値あるインサイトを得るために多くの工数を費やしています。

画像の説明

2. 拡張されたメッセージング機能

接続されたデジタル体験は、今日ほど重要ではありません。COVID-19の大流行により、ブランドのデジタル機能に対する顧客の期待が高まっています。HCL Unicaは、メッセージング機能を拡張するために多大な投資を行い、WhatsAppやSMSなどの重要なチャネルを追加しました。

Unica 12.1の春のプラットフォームアップデートは、オムニチャネルのデジタルマーケティングを、より高いカバー力とコントロール力、そして精度で実現します。

画像の説明

V12.1のUnicaでは、Unica Deliverが導入され、シームレスに統合された、自動化された、アドホックなエンゲージメントを、デジタルチャネルを介して、タイムリーでパーソナライズされたデジタルメッセージとともに提供します。Unica Deliver のパワーを活用して、独自のメール戦略を設計、構築、分析する方法をご紹介します。また、メール、SMS、WhatsAppなどのチャネル間でクロスチャネルの統合やタイムリーなコミュニケーションを拡張する方法を詳細に説明したリソースも多数公開しており、よりパフォーマンスの高いデジタルメッセージングプログラムの展開に役立ちます。

これらの新しいデジタルメッセージング機能は、2年以上にわたるUnicaプラットフォームの研究・開発・投資の成果であり、次世代のマーテック・ソリューションを実現するものです。

3. チャネル接続とマーテックの統合

統合されたマーテック・ソリューションの構築に向けたUnicaの継続的な取り組みにより、マルチチャネル・キャンペーン・アトリビューションが実現しました。12.1のリリースでは、JourneyモジュールとCampaignモジュールは、Unicaの精密なターゲティングとLinkedInのマッチドオーディエンスの力を活用して、LinkedInプラットフォーム上でターゲット広告を展開することができました。このリプレイでは、新たに発表されたFacebookとLinkedIn用のコネクタについて詳しく説明 しています。

画像の説明

HCL Unicaは、顧客のニーズに合わせて多大な投資を行ってきました。リリースされた機能のすべてではありませんが、そのほとんどが、マーテックの展望を広げ、新しいチャネルに接続することを気にかけている何千ものお客様のために展開されています。

4. 拡張されたセグメンテーション
  • オファーは、デジタルの世界の通貨です。Unicaを使って適切なオーディエンスにオファーを届けるために、強力なセグメンテーション機能とルールベースのオファー管理機能を強化し、展開しました。他にも、顧客の好みを敷衍したり、アイデンティティの解決、顧客のプロファイルの管理などの機能があります。このリプレイでは、Unicaのセグメンテーション機能に関する知識を深められます
  • 統合された顧客プロファイル。CRMプラットフォームを最大限に活用し、営業チームやマーケティングチームがリードや見込み客を完全に把握できるようにするために、Unicaはより多くのCRMデータ統合、Salesforce CRMの実現に投資しました。Salesforce CRMとの統合がUnica Journeyでどのように機能するかについての詳細な記事では、Salesforceコネクタの構成を案内する実際の例を用いて、CRM統合に精通し、Unicaデータをどのように増強できるかを知ることができます。
5. CXとパーソナライゼーションの向上

ブランドは、キャンペーンの規模を拡大し、より多くのパーソナライゼーションを行い、より多くのキャンペーンをより多くのチャネルで同時に実施したいと考えています。HCL Unicaはこの点を考慮して、Web、モバイル、デジタルキャンペーンのパーソナライゼーションを実現するために莫大な投資を行いました。カスタマー・エクスペリエンス(CX)とは、最初に購入されてから始まるのではなく、誰かが初めて製品に触れたときから始まるものです。

  • Unica Interactの洗練されたリアルタイム・インタラクション・ソリューションは、カスタマー・エクスペリエンスをパーソナライズ することで、様々なチャネルにおけるカスタマー・エンゲージメントのための次の最適なアクションを容易に決定できます。FlexOffers では、オファー、顧客プロファイル、リアルタイムのアクティビティをマッピングできます。
  • マーケティング戦略をA/Bテスト し、どの戦略が顧客にとってより良いパフォーマンスをもたらすかを理解します。

画像の説明

適切で一貫性のある継続的な顧客体験が、収益性の高い強固な関係を築くための鍵であることは、誰もが認めるところでしょう。Unica Marketing Platformは、まさにこのようなエンド・ツー・エンドの顧客エンゲージメントのために構築されています。

6. コラボレーションと生産性

この2年間、私たちはUnica Planに焦点を当ててきました。Unica Planは、Unicaマーケティング・スイートに緊密に統合されたコンポーネントで、コラボレーションの要件をすべて満たしています。Planは、何百もの企業と何千ものユーザーによって吟味されてきました。Planは、何百社、何千人ものユーザーに評価されており、包括的で柔軟なMRMソリューションであり、最もスケーラブルなソリューションの一つであることが証明されています。Unica Campaign(当社のマーケティングキャンペーン管理ソリューション)と統合されているため、真のROMI(Return On Marketing Investment)レポートを作成するために必要なすべてのデータが統合されています。

画像の説明

7. DAMとBetter Content Managementの統合

お客様からのご要望にお応えするために、Unicaポートフォリオの他のチャネルとオファーを統合するためのCentralized Offer Management (COM)を設立し、マルチメディアアセットの作成、利用、および強固なデジタルアセット管理を行いました。

Unica 12.1のリリース時に行ったその他の投資は、コンテンツとアドテックのエコシステム を強化し、マルチチャネルでのリリースを可能にし、広告トラッキングとアドテックの統合を促進することでした。 より詳細なB2Bのケースについては、LinkedInのウェビナーセッション を再生してください。

Unicaは、より多くのメディアとのコラボレーションを構築するための投資を継続的に行い、お客様のマーテック環境にビジネスの革新と変革をもたらすための有用な方法を模索しています。

8. コマースの統合

HCL Softwareのコアビジネスソリューションと統合することで、行動の洞察から戦略的な行動へとシームレスに移行し、ブランド体験を新たなレベルの顧客満足度へと導きます。最近のリリースでは、Unicaは以下のシステムへのアクセスを容易にしました。

今年、HCLはアナリティクス分野への投資を行い、Unica DiscoverとUnica Insightsを導入しましたが、これはHCL Softwareの幅広いポートフォリオとの重要な連携であり、ユーザーのカスタマー・エクスペリエンスの最適化を支援します。HCLで追加された最新の機能強化により、UnicaはHCLのCommerceデータだけでなく、外部のEコマースシステムやERPへのアクセスを容易にし、顧客のショッピングやEコマース・ジャーニーの可視化を可能にしました。

最近では、Unica Discoverを使って、より良い行動分析を行い、ショッピング・ファネルでの摩擦をなくす方法 について、一連の推奨事項を作成しました。また、より実践的な顧客行動分析のウォークスルーや、Unica製品を使ったデジタル販売の拡大 についてもご紹介しています。

9. 分析とキャンペーントラッキングの改善

この9ヶ月間で、Unica Insightと、BIRTをベースにしたすぐに使えるレポート機能を紹介しました。しかし、この2年間で、目標達成に重点を置いたカスタマージャーニーを視覚的に分析するためのユーザーの能力を、行動分析によってさらに強化してきました。

HCL Unicaに追加された最新の機能強化では、新しいUnica Discoverモジュールによって、顧客の体験を深く可視化することができるようになりました。複数のデータポイントでデータをセグメント化することで、同じ旅を経験した個人やセグメントをエンゲージできます。

高度なセッションリプレイ、コンテクストデータに基づいたレポート、リアルタイムのイベントメッセージングにより、ユーザーのジャーニーを迅速かつ容易に拡張できます。これにより、クロスチャネルキャンペーンを設計・展開し、適切なオーディエンス に適切なタイミングで適切なチャネルを使ってアプローチすることが可能になります。

最新のUnica 12.1.1は、マーケティング担当者が強力な機能を使って、より魅力的なカスタマー・エクスペリエンスを計画、構築、実行、提供し、マーケティング目標を達成できるようにします。同時に、ITチームは、強化されたクラウドネイティブな基盤と柔軟な導入オプションによる計り知れないメリットを活用できます。Unicaは、あなたとあなたの顧客にとって最高の成果を達成するために必要なものを提供するために、Unicaの拡張と強化に積極的に貢献します。

先ほどいくつかの機能をご紹介しましたが、それだけではありません。最新のリリースである12.1.1は、市場で最も優れた機能強化が施された、マーケティングのための強力な製品です。いくつかの機能を紹介しましたが、それ以外にもたくさんの機能があり、マーケティング担当者は、マーケティングデータを分析する力を活用して、ビジネスの戦略を推進できます。

Constellation ShortListレポートの詳細をご覧になりたい方は、今すぐレポートをダウンロード してください。

画像の説明


HCL Unica: 簡素化された、加速したクラウドネイティブな MarTech (IDC)

2021/9/16 - 読み終える時間: 2 分

Simplified and Accelerated Cloud Native MarTech (IDC) の翻訳版です。

簡素化された、加速したクラウドネイティブな MarTech (IDC)

2021年9月14日

著者: Gerry Murray / Research Director, Marketing and Sales Technology, IDC

画像の説明

最も効率的で柔軟性が高く、将来性のあるマーケティングシステムはクラウドネイティブです。このアーキテクチャは、オンプレミスや従来のSaaSソリューションに比べて、経済的にも運用面でも大きなメリットがあります。しかし、マーケティングソリューションを早期に導入した企業の多くは、オンプレミスやSaaSのソリューションが当時のベストオブブリードと考えられていたために導入し、クラウドネイティブのソリューションやIT組織は、ミッションクリティカルな準備ができるほど成熟していませんでした。オンプレミス型やSaaS型のソリューションを採用した企業は、現在、システムの迅速なアップグレードや強化、高度にパーソナライズされたデジタルファースト、オムニチャネルの世界の新たな要求への適応において、遅れをとっていることに気づきます。今日、マーテック・インフラストラクチャは自社のブランドであり、より優れた回復力、適応性、効率性を提供するシステムを持つ企業と競争した場合、ますます不利になってしまいます。

クラウドが登場した当初は、従来のアプリケーション環境を「リフト&シフト」することは困難な提案でした。クラウドが登場した当初は、従来のアプリケーション環境を「リフト&シフト」するのは難しいことでした。しかし、「リフト&シフト」されたレガシーアプリケーションは、マーケティング担当者が必要とするアジリティ、パフォーマンス、使いやすさに欠け、ホスティングされたSaaSアプリケーションは、カスタマイズ性とコントロールに欠けています。例えば、Netflixが初めてクラウドに移行したとき、約8年かかりました。しかし現在では、IaaS(Cloud Infrastructure as a Service)の進化、移行プロセスやツールの進化、クラウドでの運用に必要なスキルの進化により、その時間は数日から数週間に短縮されています。これを一歩進めて、HCL Unicaは、高速で柔軟なデプロイメントを可能にするクラウドネイティブな基盤によって、このサイクルを加速させました。HCLのソリューション・ファクトリー(SoFy)では、Unicaを含むHCLソリューションの新しいクラウドネイティブ・デプロイメントを数分でプロビジョニングし、オンプレミス、またはパブリック・クラウド、プライベート・クラウド、ハイブリッド・クラウドを介して展開できます。熟練したリソースのフルセットが不足している場合、HCLはHCL Nowのクラウドネイティブ・マネージドサービスを通じて、Unicaのクラウド移行を管理できます。


HCL SoFy がすべてを変える

HCL SoFy は、基本的にHCLソフトウェアソリューションのためのアプリストアです。HCL SoFyは、多くのHCLソリューションを探索するためのシンプルなユーザーエクスペリエンスを提供し、顧客は購入前にサンドボックス環境で製品や業界固有の機能をデモや試用できます。企業向けソフトウェアベンダーが提供する複雑なソリューションの発見とテストを簡素化するツールを持つことは、IDCが他のベンダーが追随することを期待するイノベーションです。


また、SoFyは、Unica の新バージョン(12.1.x以降)を含むクラウドネイティブアプリケーションの導入に必要なほぼすべてのプロビジョニングを自動化します。HCLのSoFyを使えば、管理者、エンジニア、開発者は、クラウドホスティングやコンテナ化の専門家である必要はありません。例えば、Unicaの新しいクラウド・ネイティブ・インスタンスを移行・管理するためにYAML(Kubernetesのデータ・マークアップ言語)を書く必要はありません。コンテナ化により、旧来の「リフト&シフト」方式よりもはるかに簡単にクラウドネイティブ化が可能になります。SoFyのメリットは以下の通りです。

  • 価値を生み出すまでの時間が短縮されます。価値を生み出すまでの時間の短縮:数分で導入し、数日で既存のUnicaのデータとプロセスを移行できます。
  • 所有コストの低減。所有コストの削減:導入の自動化、アップデートやアップグレードの自動化、運用・保守コストの大幅な削減(プライベートデータセンターでのオンプレミス運用は不要になります。
  • 柔軟性と移植性。3つの主要なクラウドプラットフォーム(Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud)のいずれかにデプロイし、アプリケーションやカスタマイズを書き換えることなく、クラウドからクラウドへと移行できます。


HCL Now - サービスとしてのクラウドネイティブ

従来のSaaSアプリケーションは、マルチテナント型のインスタンスで、アプリケーションが他のユーザーとサーバーやデータベースを共有することを意味します。クラウド・ネイティブ・アプリケーションは、シングル・テナントです。 ソフトウェアは独立したコンピュートリソースとデータリソース上で動作するため、独立して拡張できます。アウトバウンド・ボリューム、コンタクト・データベース、分析処理などをサポートするために、インフラ全体を拡張する費用は必要ありません。SaaSアプリケーションはフルスタック・ソリューションとしてバンドルされており、ソフトウェア、インフラ、クラウド・プラットフォームは分離できません。ほとんどのSaaSアプリケーションは、Amazon Web Services、Google Cloud、Microsoft Azureで同じように展開されるわけではないため、クラウドプラットフォームを選択し、それを維持する必要があります。クラウドネイティブ・アプリは完全にコンテナ化されているため、クラウドに依存せず、組織を1つのクラウド・プロバイダーに固定することもありません。SaaS環境では、サービス、サービスレベルアグリーメント、アップグレード、計画停電などの管理をベンダーが行います。クラウドネイティブでは、これらすべてがお客様の管理下にあります。HCL Nowは、オンプレミスのコントロールとセキュリティを、クラウドのスケーラビリティ、柔軟性、コスト削減とともに提供します。

画像の説明

現代のマーケティングインフラは、顧客との関わり合いの継続性と回復力を、フロントオフィス機能の中で解決しなければならず、柔軟なプロビジョニング、スケーラビリティ、運用コストモデルが求められています。マーケティングテクノロジーを評価する際、マーケティング担当者は、技術的な概念やタスクを簡素化する、最新のクラウド・ネイティブ・テクノロジーを探す必要があります。以下のようなソリューションを検討してください。

  • ビジネスユーザーがAPIをドラッグ&ドロップして統合機能を構築できる、ノーコード・ローコードのソリューション。
  • デブオプスをよりシンプルにする
  • 主要なクラウド環境に簡単にデプロイできること
  • 弾力的なスケーラビリティを備えているため、マーケティング担当者は、ピーク時のダウンタイムを心配する必要がありません。
  • 試行錯誤を可能にし、発見と実験をサポート


スポンサーからのメッセージ

HCL Unica がどのようにアプリケーションのデプロイとテストを容易にしたかについては、クラウドネイティブ・ソリューション・ファクトリーで HCL Software アプリケーションの全カタログをご覧ください。

クラウドネイティブな統合マーケティング・プラットフォームが、パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、あらゆるクラウド&環境上で、数分で拡張できる選択肢と柔軟性を備えて展開できることをご紹介しているページもご覧ください。


HCL Unica: マーケティング戦略に不可欠な業界の5つのヒント

2021/8/23 - 読み終える時間: 4 分

5 Essential Industry Tips for your Marketing Strategy の翻訳版です。


HCL Unica: マーケティング戦略に不可欠な業界の5つのヒント

2021年8月20日

著者: Idir Hillali / Director of Innovation at HCL Software

画像の説明

21世紀のビジネスにおいて最も重要なのは、お客様です。企業は、お客様を思考の中心に据えることで、より良いエンゲージメント、より高いリテンション、より高い顧客生涯価値を実現し、結果として売上とROIの向上につながることを認識しています。Eメール、ソーシャルメッセンジャー、デジタルアプリ、Webサイトなど、企業のマーケティング担当者が顧客にアプローチするために活用できるチャネルやタッチポイントの数は増え続けています。

しかし、マルチチャネルのタッチポイントの可能性を最大限に活用することは困難です。ブランドは、顧客が選択したチャネルで顧客と出会う必要があります。オムニチャネル・マーケティング戦略は、企業のマーケティング担当者にとって、タッチポイントを超えてシームレスに顧客と関わるために不可欠なものとなっています。21世紀のマーケティングはオムニチャネルであり、企業は必要に迫られて、リアルタイムでハイパーパーソナライゼーションを行うことが求められています。では、成功するマーケティング戦略を構築するための5つのポイントとは何でしょうか?それを見ていきましょう。

1. 強力なオムニチャネル戦略を構築する
  • 自動車メーカーの43%は、オムニチャネル・マーケティングの成熟度を高めるだけで、コンバージョン率を2倍以上に高めています。
  • 金融業界では、完全に統合されたリアルタイムのオムニチャネル体験を提供できるのはわずか6%。
  • エネルギー製造業の50%は、顧客のための統合的な体験に取り組み始めています。
  • オムニチャネル・カスタマーエンゲージメントが充実している小売企業は、年間収益が9.5%増加しています。
  • オムニチャネル・エンゲージメントを導入したハイテク企業は、89%の顧客維持率を達成しています。

画像の説明

今日のマーケティングは、オムニチャネル化しています。企業と顧客は、初めて製品を購入するとき、問題を解決しようとするとき、サービスを更新しようとするときなど、数え切れないほどのタッチポイントで交流します。強力なオムニチャネル機能を持つことで、顧客やクライアントはウェブサイト、ソーシャルメディア、実店舗の間を簡単に行き来することができ、製品やサービスに夢中になってもらえる体験を提供することができます。

オムニチャネルの顧客エンゲージメントが高いと、小売業界の年間収益が9.5%上昇する。

2. データ・プライバシーに関する議論の再集中
  • 自動車業界の専門家の82%が、GDPRの制定により、顧客データとコンバージョンに焦点を当てるようになったと主張しています。
  • データ・プライバシーに再び焦点を当てた金融専門家の80%は、顧客の信頼を難なく獲得しました。
  • エネルギープロバイダーの2/3は、データプライバシーが内部の顧客データに関する会話を再形成していると述べています。
  • 技術系の専門家の50%以上は、ファーストパーティデータを有効活用して透明性を高め、より適切なコミュニケーションを行うことで、ブランドが見込み客や顧客の間で信頼を築くのに役立てています。

画像の説明

どんなに優れたマーケティングテクノロジーも、それを支えるデータがなければ意味がありません。しかし、消費者や規制当局におけるプライバシーに対する考え方の変化は、マーケティング担当者に新たな課題をもたらしています。しかし、堅牢なテクノロジーに基づいて構築された適切なマーケティングプラットフォームは、企業がより良いデータの取り扱いを維持し、データ漏洩のリスクを低減するのに役立ちます。

企業の77% は、データプライバシー法の制定により、顧客データへの再集中とコンバージョンの向上がもたらされたと報告しています。

3. CMOとCTOのコラボレーションの間の壁を取り払う
  • 自動車業界のマーケティング担当者のうち、利用可能なデータソースから顧客の完全な見解を得ることができると答えたのは、わずか6%でした。
  • 銀行・金融機関では、CMOとCTOが密接に連携して、組織のマーテック機能を強化しています。
  • エネルギー・プロバイダーの27%は、ビジネス機能を中心に部門を構成しており、データ統合やトラッキングの問題につながっています。
  • 小売企業の68%は、CTOとCMOが密接な関係を築いており、デジタル機能を活用して組織の成長を促進していると述べています。
  • 78%の技術者は、効果的なマーケティング戦略のためのレシピは、カスタマーエクスペリエンスへの絶え間ない注力と、ツールやテクノロジーフレームワークに関する広範な知識であると考えています。

画像の説明

企業は、顧客が自社ブランドへの忠誠心を失わないようにする必要があり、そのためにはマーケティング担当者の出番となります。しかし、テクノロジーは、バイヤーズ・ジャーニー、カスタマー・エクスペリエンス、カスタマー・ロイヤリティに大きな影響を与えるため、マーケティングはもはや単独では活動できません。したがって、CMOとCTOが協力してMarTechを効果的に活用し、明日の課題に備える必要があります。

CMOとCTO の関係は、最高のオムニチャネル顧客体験 を支えるために必要な、テクノロジーとチャネルの統合を成功させる上で、極めて重要なものです。

4. パーソナライゼーションを導入してリテンションを高める
  • 銀行・保険業界では、41%の顧客が、コミュニケーション不足を理由に企業を解約すると答えています。
  • エネルギー分野の優れたB2B企業は、オンライン、オフラインを問わず、データを活用して大規模なパーソナライゼーションを推進しています。
  • 小売企業は、パンデミック後も顧客の持続的なロイヤルティを獲得するために、顧客体験に焦点を当てています。
  • 小売企業の75%は、自社のマーケティングテクノロジーがパーソナライゼーション機能を提供していると回答しています。

画像の説明

今日のお客様は、価格やブランドとの関連性よりも、体験やパーソナライゼーションを重視しています。高度にカスタマイズされたパーソナライズされたメッセージは、お客様がブランドにとってランダムな数字ではなく、組織が大切にしている人であることを示すことができるため、素晴らしい効果を発揮します。

カスタマーエクスペリエンスは、競合他社との差別化を図る上で重要な鍵となります。顧客は、価格やブランドとの関連性よりも、経験やパーソナライゼーションを重視します。

5. 単一のベンダーによるアプローチか、複数のベンダーによるアプローチか?

  • 自動車産業の53%は、単一ベンダーを中心とした統合プラットフォームを使用しています。
  • BFSIでは、約3/4の企業(71%)が統合マーケティングスタックを導入しており、そのうち32%が単一ベンダーを使用しています。
  • 製造業では、54%の企業が、様々なベンダーを利用した統合的なマーケテ ィングスタックを導入しています。
  • ベスト・オブ・ブリードのアプローチにより、小売企業は自分たちに最も適したツールのみを使用することができます。
  • テクノロジーリーダーの59%は、テクノロジーを選択する際に、統合スイートアプローチをとることを好むと述べている。

画像の説明

マーテック業界の意思決定者は、単一のベンダーと緊密に連携するか、異なるソースからのソリューションを統合するか(または、コアパートナーといくつかのアドオンツールで妥協するか)という選択に直面していることが多い。統一された」テクノロジースタックを持つほとんどの企業は、「さまざまなベンダー」を採用しています。しかし、優れた業績を上げている企業は、単一のベンダーによるアプローチに傾いている。

最高のマーケティングパフォーマンスを達成しているリーダーは、単一のベンダーを中心とした統一されたMartechスタック を持っている可能性が主流の同業他社よりも3倍高い(53%対17%)。

戦略は、ブランドがリアルタイム・パーソナライゼーションを実行し、クロスチャネル・ジャーニーを促進するための基盤であり、出発点です。効果的なオムニチャネル戦略を実現するためには、すべてのチームとビジネス部門が、一元化されたリポジトリを通じて膨大な量のデータにアクセスする必要があります。マーケターにとっての真の課題は、異なるツールやテクノロジー間で情報がどのように流れるかを理解し、データを効果的に活用することです。

このような洞察をさらに深めるために、以下の業界別レポートを入手してください。


HCL Unica Campaign: Apache Kafka との連携

2021/8/20 - 読み終える時間: 4 分

HCL Unica Campaign Integration with Apache Kafka の翻訳版です。


HCL Unica Campaign: Apache Kafka との連携

2021年8月12日

著者: Lalitkumar Dudhe / Unica Technical Support Consultant

画像の説明

ユーザーにフィードバックを提供することは、現代のマーケティングの世界では非常に重要なことです。ユーザーがプラットフォーム上でアクティブでない場合のコミュニケーション(アウトバウンド・マーケティング)には、メールが引き続き最適かつ迅速な手段となります。 Unicaの最新バージョンである12.1.1では、Kafkaでデータをエクスポートする機能が導入されています。この統合により、HCL Unica CampaignをKafkaと統合し、消費者がそのデータをすぐに消費できるようになります。このようなマーケティングは非常に効果的でしょう。

Apache Kafka。それは何ですか?

Apache Kafkaは、オープンソースの分散型イベントストリーミングプラットフォームで、多くの企業が高性能データパイプライン、ストリーミング分析、データ統合、およびミッションクリティカルなアプリケーションに使用しています。Kafkaは、メッセージキューソフトウェアのステロイドです。 その柔軟性により、シンプルなプロジェクトにも複雑なプロジェクトにも対応できます。そのため、有力企業のIT部門では絶大な人気を誇っています。

ここでは、その概念の定義をいくつか紹介します。

  • トピックは、メッセージをプッシュすることができる待ち行列です。各トピックには、メッセージの並列処理を可能にするいくつかのパーティションがあります。
  • プロデューサーとは、ブローカーと呼ばれるサーバー群のトピックにメッセージをプッシュするクライアントのことです。ここでは、Unica Campaignがプロデューサーシステムにあたります。
  • コンシューマとは、トピックからのメッセージを処理して、属性付きパーティションを取得するクライアントです。各メッセージは、各コンシューマグループの1つのコンシューマによって処理されます。この場合、データを処理している下流のシステムがコンシューマーとなります。

画像の説明

前提条件
  • Unica PlatformとCampaignのバージョン12.1.1がインストールされている必要があります。
  • Apache Kafka Rがインストールされており、Campaign Analyticalサーバーからアクセス可能であること。
プロセス

HCL Unica CampaignとKafkaの統合方法

  • HCL Unica Platformにadminユーザーでログインし、"Affinium|Campaign|partitions|partition1|Kafka|Campaign "に移動します。
  • この統合には以下の設定が重要です。
    • KafkaBrokerURL: KafkaBrokerURL: Campaignがデータをエクスポートする際に使用するKafkaサーバー。:のように指定する必要があります。
    • CommunicationMechanism: Kafka サーバーに接続するための接続メカニズムを指定します。
    • TopicName: Snapshotプロセスボックスを構成する際に表示されるデフォルトのトピック名です。
    • NumberOfPartitions:Kafka内のパーティション数。Kafka内のパーティションの数
    • NumberOfReplicas:レプリカの数。レプリカの数
    • RetentionPeriodInSeconds。Kafkaにデータを保持する時間(秒) トピック。
CampaignからKafkaにデータをエクスポートする方法
  1. Unica Campaignで、フローチャートを作成します。すべてのセグメンテーションを実行して、Kafkaに送信したいオーディエンスの最終セットを取得し、下流のシステムでメール送信やSMS送信などの処理を行うようにします。

  2. 2.最後に、SNAPSHOTプロセスボックスを追加し、「Export to」オプションでKafkaを選択します。すると、「トピック名」を尋ねるダイアログボックスが表示されます。デフォルトでは、前述のTopicNameパラメータで設定されたトピック名が表示されます。

画像の説明

  1. ここでは、データが送信されるトピック名を指定するオプションが表示されます。

  2. OK]ボタンをクリックすると、Kafkaトピックに送信するフィールドを選択する必要があります。プロセスボックスの設定は以下のようになります。

画像の説明

  1. フローチャートを保存して実行します。

  2. フローチャートが正常に実行されると、Kafka にアクセスして、「SNAPSHOT」プロセスボックスで選択したトピックに移動できます。

  3. 以下のように、すべてのレコードがそのKafkaトピックにエクスポートされていることがわかります。

画像の説明

このようにして、HCL Unica Campaignは洗練されたセグメント化されたデータを送信し、すぐにターゲットを絞ることができるようになります。これにより、データを受信したらすぐに下流のシステムで消費されるため、キャンペーンの効果が向上します。Kafkaの統合についての詳細は、以下のリソースを参照してください。

リソース

Unica Campaign V12.1.1 リリース情報

Unica Campaign V12.1.1 ユーザーガイド


HCL Unica: メールの開封率を上げるための 7 つのコツ

2021/8/10 - 読み終える時間: 3 分

7 Tips for Increasing Email Open Rates の翻訳版です。


メールの開封率を上げるための 7 つのコツ

2021年8月7日

著者: Mike Iwamasa / Head of Global Omnichannel Marketing for Unica

画像の説明

あなたの受信箱には、何通の未読メールがありますか?多くの人がそうだとしたら、数え切れないほどでしょう。毎日約3,200億通のメールが送信されていますが、そのうち35%は開封されていません。消費者は毎日、個人的なメッセージ、仕事上の連絡、小売店のキャンペーンなど、さまざまな種類の情報にさらされています。しかし、残念ながら、それらをすべて吸収する時間はありません。メールが開封される可能性は非常に低いものです。もちろん、読者を惹きつけるような件名があれば別ですが。

メールマーケティング は、最も費用対効果の高いマーケティング手法のひとつですが、その価値を最大限に引き出すには、提示するコンテンツとその提示方法にかかっています。この記事では、ターゲットとなる消費者の注意を引く最初の機会である、メールの件名に焦点を当てていきます。

件名とは?

メールの件名は、お客様がメールを受信した際に受信箱に表示される1行のテキストです。この一行で、メールが開封されるか、ゴミ箱に直行するかが決まることが多いので、あなたの読者に向けて最適化されていることを確認してください。最良の件名は、短く、説明的で、読み手がメッセージをさらに検討する理由となるものです。

画像の説明

なぜ件名が重要なのか?

件名は、あなたの最初で最後の印象となります。私たちはしばしば件名を後付けで書きますが、実際にはメールのボディコピーよりも重要なのです。どんなに素晴らしいメールでも、開封されなかったり、ゴミ箱に捨てられたりしたら意味がありませんよね?件名は、メールの中で最も考え抜かれ、精巧に作られた文章やフレーズであるべきで、購読者が最初に目にするものだからです。

画像の説明

数字は嘘をつきません。そして、この時代、すべてのことに熟考する時間はほとんどありませんが、私たちは件名でメールを判断する傾向があります。

画像の説明

人間は元来、好奇心旺盛

件名は、ユーザーにとってメールに何が書かれているかを知るためのティーザーの役割を果たします。お誘いが気に入れば、自分にとってのメールの中身に興味を持つことは間違いありません。例えば、以下のような件名は、確実にメールを開きたいという衝動を起こします。

メールの件名の書き方のベストプラクティス

1. パーソナライゼーションの要素を加える

Your」という言葉を加えるだけで、読者は自分のチームに関連づけられ、さらにクリック率が上がり、コンバージョンも向上します。読者には同じ人はいません。その人の好きなものは様々ですが、ある場面に関連したコンテンツを送るときは、その人に合わせた内容にしましょう。受信者のファーストネームや、最近買ったものなどの個人情報を件名に入れてみてください。

2. 数字を使う - 数字は説得力があります

人の脳は自然と数字に惹かれるので、件名に数字を取り入れることで集中力が高まります。数字やリストメールの件名は、一言の件名や変わった句読点と同じ理由で、視覚的に説得力があります。

画像の説明

3. 緊急性を持たせる。

緊急性を感じさせることで、人々が行動を起こすことが証明されています。FOMO(feeling of missing out)を生み出します。 件名にも同じような効果を持たせられます。「70%の割引は今日までです」。数字と混ぜることで、より良いインパクトを与えられます。。

画像の説明

4. KISS原則(Keep it simple, stupid)を適用する

件名は簡潔で明確であるべきです。メールが何に向けられているのかを示す重要なキーワードを見つけ出し、情報を提供しましょう。目標は、可能な限り少ない文字数でメッセージの価値を提供することです。

"Your order is being processed" - "update"のような言葉は省略しても構いません。

5. ハウツーを載せる?

件名に質問を載せることで、読者との会話が始まります。読み手が共感し、探している答えがメールの一部であるとすぐに結論づけることができ、結果的にメールの開封率を上げられます。また、メールを通じてあなたのブランドとの関係を維持することで利益を得られるとわかれば、あなたのメッセージを受け止めてくれる可能性が高まります。

画像の説明

6. 絵文字の適切な使用 - 絵文字は感情とエンゲージメントを促進します。絵文字を巧みに配置することで、読み手にとっては良い笑い話になります。絵文字を上手に配置することで、文章の表現力が増し、件名を際立たせられます。ただし、件名に2つ以上の絵文字を使用しないように注意してください。

画像の説明

7. 行動動詞で始める - 「特別なオファーを公開する」 行動動詞で始まる件名は、ユーザーを誘惑し、行動を起こさせる傾向があります。あなたのメールが受信者にどのようなメリットをもたらすかをユーザーに明らかにし、そのメリットをすぐに明確にします。"Meet your new jeans."

メールの件名を成功させるには、さまざまな方法があり、業界によって効果的なアプローチが異なります。自社のビジネスに何が最適なのかを理解するためには、業界で実証されているベストプラクティスを導入し、メールキャンペーンをモニターすることが大切です。これらのデータは、最適化戦略の指針となり、メールの開封率を高め、最終的にはビジネスへの影響を高めることにつながります。


新機能パックをリリース - HCL Unica 12.1.1 Summer Release

2021/8/2 - 読み終える時間: 5 分

Releasing the new feature pack - Unica 12.1.1 Summer Release の翻訳版です。


新機能パックをリリース - HCL Unica 12.1.1 Summer Release

2021年7月30日

著者: Raja Adaikalasamy / Head of Product Management 共著: Rohit Wali / Product Manager, Unica

画像の説明

大規模なパーソナライゼーションの実現を支援するマーケティングオートメーションプラットフォームであるHCL Unica は、クラウドネイティブ統合マーケティングプラットフォーム「Unica 12.1」の最新のサマーアップデート「Unica 12.1.1」をリリースし、一般提供を開始しました。Unica 12.1.1は、従来の導入方法に加えて、HCL SoftwareのソリューションファクトリーであるHCL SoFyを活用したクラウドネイティブ・アズ・ア・サービス「HCL Unica on HCL Now」としても提供されます。

Unica Summer Releaseでは、「統合されたゴールベース・マーケティング」、「限界のないメッセージング」、「強化されたクラウドネイティブ基盤」といったリリースの柱が更新されており、Unica on HCL Nowの提供によりクラウドネイティブ基盤が強化されています。また、統合されたプラットフォームのコア機能が強化されており、次善の行動、より良い実行、強化されたパーソナライゼーション、分析が統合されたジャーニーが提供されています。

ゴールベースの統合マーケティング

画像の説明

主要なアップデートにより、ジャーニーの設計と構築の体験が向上しました。マーケティング担当者は、ジャーニーのデザインをテンプレートとして保存し、エクスポートやインポート機能を使って環境間で移行できるようになりました。また、ジャーニーのデザインをすぐに始めたいお客様は、4つの業界別のJourneyテンプレートを利用できます。また、Unicaがオンデマンドで提供している4つの業界別のジャーニーテンプレート「クレジットカードのアクティベーション」、「リテール顧客向けサブスクリプションサービス」、「非接触型ホテル体験」、「通信事業者向けハンドセットアップグレード」も活用できます。

ジャーニーコントロールのアップデートとプラットフォームの深い統合により、ジャーニーの実行が大幅に強化されます。お客様のジャーニーが停滞していませんか?Unica Journeyは、ジャーニーのコンテクストを活用した強力なネクストベストアクションを提供し、顧客を加速させます。マーケターは、パーソナライゼーション戦略に基づいてオファーを割り当てるか、Unica Interactのリアルタイム・パーソナライゼーションの力を利用して次の最適な行動を決定するかを選択できるようになりました。エンゲージメント・スプリットを除くディシジョン・スプリットでの時間駆動制御や、データ定義フィールドでの遅延要因により、ジャーニーにおける個人のコンテキストを活用し、関連するエンゲージメント・パスに誘導することが容易になりました。

ジャーニー配信の面では、新しいREST APIエンドポイント統合のサポートにより、サードパーティーのタッチポイントをオムニチャネル・オーケストレーションに関与させることができるようになりました。また、Unica Deliverを通じて統合されたメールのオプトアウトがジャーニーで利用できるようになり、顧客へのアプローチがプライバシーに準拠したものになりました。

画像の説明

コールトゥアクションについて言えば、プラットフォームの一元化されたオファー管理モジュール (Unica COM) は、オファーの管理と分析を非常に強力にする主要な機能強化を行っています。新しいスタティックバリアントにより、属性に応じたオファーのバリエーションの作成と管理が非常に簡単になりました。また、属性の内部クラス化により、オファー定義の主要なビジネスデータを永続的に管理することが可能になりました。

画像の説明

HCL Digital Experience (DX) によるコンテンツ統合は、ブログや記事などの追加コンテンツオブジェクトに対する自動オファー属性マッピングにより、さらに充実したものになります。オファーの作成、更新、削除の操作をWebhookでサポートすることで、オファーの管理にかかる手間を省けます。Unica COMとHCL DXやサードパーティーのCMSとの間で、コンテンツ属性の変更とオファー属性を自動的に同期させることも可能になりました。

Unica COMのコンテンツベースの属性のコグニティブタギングのサポートにより、オファー分析にAIの力を取り入れることができます。Azure、Snapcast、Google vision、Language Insightsなどのコンテンツ用のサードパーティー製AIツールを利用してインサイトを生成し、タグとしてオファー属性に保存することで、下流のオファー・コンテンツROI分析を非常に強力なものにすることができます。

画像の説明

本リリースでは、マーケティングリソース管理モジュールである Unica Plan のユーザビリティとコンプライアンスが更新されました。プロジェクトのワークフローでは、ワークフローのテンプレートを保存する際に、一貫したルック&フィールを採用しています。また、マーケティング・オブジェクトのデフォルトのレポート選択を設定できます。オファー履歴の監査は、プラットフォームの集中型オファー管理 (COM) モジュールに移行することもでき、監査ログをより集中的に記録できるようになりました。

画像の説明

今回のリリースでは、Unica Campaign モジュールによる精密なターゲティング機能が更新され、生産性が一段と向上しました。キャンペーンコードによる検索をサポートする強化された検索機能により、キャンペーンへのアクセスが高速化されました。複数のユーザーが同じキャンペーン・フローチャートに取り組んでいますか?同時使用の描写機能により、現在アクセスしているユーザーが描写され、コントロールを優雅に引き継ぐためのオプションが提供されます。

連絡先リストをサードパーティーのシステムに公開する信頼性の高い方法をお探しですか?キャンペーンフローチャートのスナップショットプロセスでは、Kafkaキューにデータをプッシュできるようになりました。また、セグメントとフローチャートのAPIが拡張され、プロセスボックス数やセグメントメンバーにアクセスできるようになり、プロファイル属性の選択も可能になりました。

キャンペーンの実行と最適化を合理化するために、Unica Optimize によるコンタクト戦略の最適化をキャンペーンで実行することが、これまで以上に簡単になりました。最適化セッションに異なるサイクルのキャンペーンが参加していますか?問題ありません。マーケティング担当者は、最適化セッションに参加しているキャンペーンのオン/オフを、オンデマンドで切り替えられます。

画像の説明

このリリースでは、プラットフォームのUnica Interactモジュールにも重要なアップデートが施されており、リアルタイム・パーソナライゼーションの効率性、制御性、網羅性が向上しています。複数のオファーに対して次の最適なアクションを行うのに苦労していませんか?Unica Interactの最新の機能では、インタラクション戦略において、静的なオファーリストとスマートまたはダイナミックなオファーリストがサポートされており、オファーの割り当てとパーソナライゼーションを簡単に行えます。

また、新しいタイムアウト機能により、サードパーティーの外部からの呼び出しに基づくパーソナライゼーションをよりコントロールできるようになりました。この機能により、トラフィックが多い場合やサードパーティーのシステムに障害が発生した場合に、このような呼び出しから緩やかに退出することができ、パーソナライゼーションへの影響を防げます。また、新しい展開履歴のパージ機能により、パーソナライゼーション環境の管理も向上します。また、インバウンドチャネルのアクティビティに基づいて、プッシュチャネルでアクションを起こすことができるようになり、オムニチャネルエンゲージメントがさらに促進されます。パーソナライゼーション戦略に関する洞察を得るには、柔軟性のあるレポート機能が必要です。

画像の説明

プラットフォームのレポート機能の主な更新により、マーケティングインサイトも一新されます。マーケティング担当者は、新しいオープン・レポーティング・フレームワークであるUnica OpenInsights を使って、プラットフォームのマーケティング・データのレポートを好きなプラットフォームで実行できるようになりました。Unica OpenInsights では、Google Looker のような主要なリッチ分析ツールの力を活用し、マーケティングデータを可視化・分析して、ビジネスの戦略を推進できます。本リリースの時点では、Unica OpenInsights はDeliver のみに提供されており、今後のアップデートで他のプラットフォームのモジュールにも拡張される予定です。

画像の説明

Unica OpenInsights がよりオープンなレポートモデルのニーズに対応する一方で、当社は独自のネイティブなUnica Insights ソリューションの強化を続けています。今回のリリースでは、パフォーマンス、オペレーション、財務のインサイトに関する約10種類のレポートのUI/UXを刷新し、より魅力的で分析しやすく、マーケティング戦略を推進できるようにしました。

制限のないメッセージング

画像の説明

このリリースでは、Unica は構築から送信、配信までのメッセージング・エクスペリエンス全体を向上させました。SMSメッセージの作成と管理は、絵文字をサポートした強化されたQuickBuilderエディタと、メッセージの検索、フィルタリング、ソートを簡単に行うことができる機能により、より迅速に行えます。また、メッセージ間で再利用可能なコミュニケーションにより、構築プロセスの効率化と標準化を実現します。SFTPプロトコルのサポートが追加されたことで、オンプレミスとオンデマンドの間でのメッセージングのアップロードがより安全になりました。

画像の説明

メールマーケティング担当者は、Unica OpenInsights ソリューションを通じて強力なメール送信時間分析にアクセスし、配信ウィンドウを最適化することもできます。カスタマージャーニーと配信時のオプトアウトが統合されているため、カスタマーアウトリーチはプライバシーに準拠しています。また、Unica InteractのDeliverゲートウェイを介して、オンデマンドのPush通知の配信が可能になりました。

強化されたCloud Native Foundation

画像の説明

HCL Softwareのクラウドネイティブ戦略に基づいて、Unica はクラウドネイティブ基盤の強化を進めており、Unica 12.1.1をクラウドネイティブ・アズ・ア・サービス (HCL Unica on HCL Now powered by HCL Solution Factory (SoFy)) として提供します。

HCL SoFyは、クラウド・ネイティブ・エクスペリエンスの基盤となるプラットフォームであり、顧客はベンダーロックインなしにHCL Unicaを選択したクラウド上に展開し、企業のニーズに合わせて拡張できます。お客様は、製品やデモパック、アクセラレーターのカタログを見ながら Unica (およびHCL Softwareの他の製品) を体験し、SoFyのサンドボックスやローカル環境に数分でデプロイし、新しい機能や特長を試すことができ、新しいリリースや機能の採用を迅速に決定するための概念実証を簡単に完了することもできます。

HCL Nowは、お客様が選択したクラウド上で、Unica のクラウドネイティブマーケティングプラットフォームの可能性を最大限に引き出す、クラウドネイティブ・アズ・ア・サービスです。このサービスは、SaaS の利便性を必要としながらも、クラウドベンダーロックインの回避、競合他社とのデータ共有の防止、セキュリティやコンプライアンスの管理強化を望む企業向けに設計されています。

完全にDocker化されたデプロイメント機能や、Tomcatアプリケーション・サーバーによるオープンソース・スタックのサポートなどの追加機能により、Unicaをより早く導入し、TCOを削減できます。デプロイメントの管理も、ELKスタック上に構築された検索・可視化ツールや、オープンプラットフォームの理念に基づいて統合されたCI/CD機能により、より効率的に行えます。また、Unica は750以上のバリュードリブンなREST APIを、より厳選されたオーディエンスとトランザクションのあるメーリングAPIで拡張しています。

画像の説明

全体として、Unica 12.1.1プラットフォームのリリースは、マーケティング担当者に、より魅力的なカスタマー・エクスペリエンスを計画、構築、実行、提供し、マーケティング目標を達成するための強力な機能を提供します。同時に、ITチームは、強化されたクラウドネイティブの基盤と柔軟な導入オプションによる多大なメリットを活用できます。

詳細については、Unica 12.1.1サマー・リリース・ウェビナーにお申し込みください。

Unica 12.1.1 Summer Release Webinar:


今こそ、HCL Unica on HCL Now を!

2021/7/21 - 読み終える時間: 4 分

The Time is NOW for Unica on HCL Now! の翻訳版です。


今こそ、Unica on HCL Now を!

2021年7月20日

著者: Bryce Connors / Practice Leader - Unica Professional Services

画像の説明

10年以上 Unica で働いてきた私としては、Unica on HCL Now の素晴らしい機能やメリットをご紹介できることに、これ以上ないほど興奮しています。今回の発表により、お客様は HCL にUnica のインスタンスを管理してもらうことができるようになり、インフラではなくマーケティングに集中できるようになります。

それでは、Unica on HCL Now の特長をご紹介しましょう。

  • Unica on HCL Nowとは?

    Unica on HCL Now は、HCL Software が提供する Unica のマネージド・ホスティング・サービスです。何年もの間、私や Unica チームのメンバーは、Unica には SaaS (Software As A Service) があるのだろうか?今では、SaaS よりもはるかに優れたサービスになっています。

  • 何が含まれているのですか?

    Unica on HCL Now には3つのコンポーネントがあります。

    • 複数年のソフトウェア・ライセンス
    • サービスとしてのインフラ
    • v12.1 への移行やアップグレード/パッチを含むマネージド・サービスです。
  • なぜ違うのですか?

    シングルテナント型のSaaSであり、自分専用のインフラ・インスタンスを持ち、アップグレードやパッチの適用時期も自分で決められます。


Unica のクラウドネイティブな旅は続く!

Unica on HCL Now は、Unica のクラウド・ネイティブ・ジャーニーを続けています。

  • まず、UnicaをCloud Native Platform としてリリースしました。
  • 次に、HCLのソフトウェア・ファクトリーである SoFy をサポートしました。まだ機会がない方は、同僚の David Williams と一緒に書いたこのブログエントリを読むと、SoFy 上の Unica について詳しく知ることができます。
  • Unica HCL Nowでは、Unica のマネージド・ホスティング・ソリューションを提供しています。


Unica HCL Now のメリット

以下のような選択肢とコントロールをお客様に提供することにあります。

画像の説明

  • クラウド・プロバイダーの選択 - 私たちはビッグ3でプロビジョニングします。

    • GCP - Google Cloud Platform
    • AWS - Amazon Web Hosting
    • Azure - Microsoft Azure
  • お客様の管理下にある - シングルテナント型SaaS

    • お客様のためにプロビジョニングされたインフラ
    • 顧客データの保持
    • パッチやアップグレードの時期を決める
  • 契約期間終了後 - Unica を持っていくことができます。

    • お客様のソフトウェアです。
    • Unica のデータ(システムテーブルやファイルシステム)をオフボードで支援します。
    • Unica は、自社のプライベートクラウド、他のクラウド事業者、ビジネスパートナーのいずれかに導入することができます。

また、Unica on HCL Now は、マネージド・ホスティング・ソリューションの本命です。99.9% の SLA アップタイム、クラウドセキュリティ、ISO27000 などの主要なコンプライアンス要素、モニタリングやアラート機能などを提供します。 また、経験豊富な HCL Software のクラウド・オペレーション・チームが、Unicaアプリケーション・オペレーション・チームを構成する Unica の SME と連携しているので、あなたやあなたのチームはマーケティングに集中できます。


しかし、カスタマー・マーケティング・データベースはどうでしょうか?

経験豊富なUnicaユーザーであればわかると思いますが、CDP (Custom Data Platform) / 顧客マーケティングデータマート / Unica ユーザーテーブルへのアクセスは、Unica で成功するために最も重要なことです。キャンペーンを確実に実行するためには、Unica ユーザーテーブルを Unica Campaign のインストールと一緒に配置することが重要です。2つの最大の要因は、

  • Unica Campaign とお客様の Unica Campaign ユーザーテーブルの間の「ホップ」の数を減らすこと
  • Unica Campaign とお客様の Unica ユーザーテーブルの間に「大きなパイプ」、つまり高速な接続を持つことです。

お客様の Unica ユーザーテーブルの設置場所については、以下の3つのオプションがあります。

  • オプション A: お客様のプライベート・クラウドまたはクラウド・データベース・プロバイダー - クラウド・ベンダー (GCP、AWS、または Azure) に合わせて、同じリージョンとゾーンに配置します。これにより「ホップ」の数が減り、Unica on HCL の一部として高速な接続が提供されます。

  • オプション B:オンプレミス - Unica のユーザーテーブルをオンプレミスに置いておき、最も近いクラウドプロバイダーのロケーション、リージョン、ゾーンを利用するというものです。これにより「ホップ」の数を減らすことができ、高速な接続がUnica on HCL Nowの一部として含まれています。

  • オプション C: 顧客のマーケティング・データベースのサブセットを、HCL Now上の Unica のユーザーテーブルとしてホストします。お客様が選択された頻度で、そのデータの完全な置き換えを行います。


既存の顧客と新規の顧客

Unica on HCL Now は、既存のお客様に適しています。移行支援を行い、Unicaのシステムテーブルとファイルシステムのデータをv12.1(または最新のリリース)にアップグレードします。新規のお客様の場合は、Unica v12.1 (または最新リリース) の Docker 化されたデプロイメントを行い、基本的な設定を行います。そこから、当社の Unica プロフェッショナル・サービス・チームまたはお客様が選択された Unica ビジネス・パートナーが、お客様のマーケティング・ユースケースに基づいて、1つまたは複数の Unica モジュールの実装を行います。

Unica on HCL Now は、Unica のクラウドネイティブ戦略の延長線上にあります。Unica on HCL Now は、Unica のクラウドネイティブ戦略の延長線上にあり、Docker 化されたコンテナにパッケージされた Unica モジュールを、オンプレミスやパブリック・クラウド、プライベート・クラウドにインストールできます。 お客様は何年も前から、いつ Unica がクラウドネイティブになるのかと質問していましたが、クラウドネイティブになった今、次の自然な質問は、自分達のためにホストしてくれないかということです。Unica on HCL Now では、その答えは「イエス」です。

Unica on HCL Now の詳細については、8月24日に北米と EMEA 地域8月25日に APAC 地域で開催されるウェビナーにご参加ください。また、Unica on HCL Now の詳細については、私や Unica プロダクト・スペシャリスト、あるいは HCL カスタマー・サクセス・マネージャーにお問い合わせください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修