Cover Image

HCL Domino Leap 1.1.3 をリリースしました

2023/12/12 - 読み終える時間: ~1 分

2023年12月7日、HCL Domino Leap 1.1.3 をリリースしました。詳細はリリース情報を参照してください。


Cover Image

HCL Domino Leap 1.1.2 をリリースしました

2023/9/6 - 読み終える時間: ~1 分

2023年8月30日、HCL Domino Leap 1.1.2 をリリースしました。詳細はリリース情報を参照してください。


Cover Image

技術資料: HCL Domino Leap アプリケーション作成チュートリアル

2023/6/22 - 読み終える時間: ~1 分

これまで HCL Domino Volt アプリケーション作成チュートリアルとして公開していた資料を、HCL Domino Leap 版として更新しました。HCL Domino Leap のアプリケーション作成方法を学べるチュートリアル学習教材です。研修の募集を行うアプリケーションをステップバイステップで学習できます。

画像の説明 画像の説明


Cover Image

HCL Leap 9.3.2 および HCL Domino Leap 1.1.1 をリリースしました

2023/6/14 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Leap 9.3.2 and Domino Leap 1.1.1 Release Blog の翻訳版です。

HCL Leap 9.3.2 および HCL Domino Leap 1.1.1 をリリースしました

2023年6月12日

著者: Martin Lechleider / Director, Product Management, HCL Domino Leap

HCL Leap と HCL Domino Leap の最新リリースは数週間前に行われ、新しいイノベーションと改善がすぐさま行われました。

私たちの目標は、LeapとDomino Leapのアップデートを常に同じ時期にリリースすることです。 コードの大半は同じです。 プラットフォーム固有の機能がいくつかあるだけで、違いはありません。 実際、Leapで構築したアプリをDomino Leapに移行することは可能ですし、その逆もまた可能です!- ほとんどの場合、その逆も可能です。

HCL Leap 9.3.2

HCL Leap 9.3.2は、Kubernetes環境でのデプロイ用にOpen Libertyコンテナで利用できるようになりました。

これは、Leapをクラウドネイティブモデルにするための最初のステップです。従来のWebSphereのデプロイメント上でLeapを実行することに伴うデプロイメントとメンテナンスを簡素化できます。

この方向への第2のステップは、次のリリースで、PostgreSQLのサポートを含むようになる予定です。 これにより、ほとんどのクラウドベンダーが標準カタログの一部として提供しているDB2やOracleに、オープンソースのデータベースオプションを提供し、Leapの運用方法を効率化することができるようになります。

Domino Leap 1.1.1

HCL Domino Leap 1.1.1では、Domino Databaseサービス経由で入力されるリッチテキストフィールド(RTF)のコンテキストで添付ファイルをサポートするようになりました。 これは、Notesのリッチテキストフィールドの本文に配置された添付ファイルが、Leapのリッチテキストフィールドの本文に表示されることを意味します。

以前は、Leapで添付ファイルがフィールドの下にドロップされ、フィールド内の配置のコンテキストが失われることがありました。

カスタムウィジェット API のテクニカルプレビュー

私たちはこの部分にとても興奮しています!HCL Leap 9.3.2とDomino Leap 1.1.1の両方に、新しいCustom Widget API のテクニカルプレビューが含まれています。

このAPIは、ITプロフェッショナルに、Leapのパレットに新しいカスタムウィジェットを追加する機能を提供します。 あなたのユーザーは、新しいカスタム機能を必要としていますか? あなたの組織は、デジタル資産全体で使用するデザインシステムやウェブコンポーネントに投資していますか?

Leap Custom Widget API は、お客様の要件に合うようにLeapを拡張する機会を提供します。現在、技術プレビュー中で、ご興味があれば、ぜひご連絡ください。

完全にサポートされた製品機能としてリリースする前に、フィードバックを求めています。 ドキュメントといくつかのサンプルはこちらを参照してください。


ブックレット: DX を実現する HCLSoftware プラットフォーム

2023/5月/23 - 読み終える時間: ~1 分

HCLSoftware はお客様の DX を実現するためのソフトウェア製品として Notes/Domino、Domino Leap、Volt MX などを提供しています。HCL のソフトウェア群を活用することで DX を進める手がかりとなる資料として「DX を実現する HCLSoftware プラットフォーム」という 27 ページのブックレットを作成しました。項目は以下のとおりです。

  • DX実現の足かせになっているものはなにか
  • 変革への道を踏み出す
  • ローコードの活用でDXを加速
  • すべての開発者の力を強化
  • ハイパーオートメーション: ローコード変革の次のステップ
  • セキュリティ: DXの最優先事項 p.19
  • データの保護: DXを実現に必要な保護機能を内蔵
  • 今がDXの始め時

画像をクリックすると PDF をダウンロードできます。

画像の説明

HCL Notes/Domino V12 の特設サイト「HCL Notes/Domino V12 バーチャル・セミナー」ページの「ブローシャー」一覧にも掲載しています。


Cover Image

HCL Domino Leap 1.1.1 をリリースしました

2023/5月/20 - 読み終える時間: ~1 分

2023年5月19日、HCL Domino Leap 1.1.1 をリリースしました。今回のリリースでは障害事項 30 件を修正しています。詳細については以下のサポート技術情報を参照してください。


Cover Image

誰もがデベロッパーになれる環境を整える

2023/5月/16 - 読み終える時間: 2 分

Make Everyone a Developer の翻訳版です。


誰もがデベロッパーになれる環境を整える

2023年5月15日

著者: Dan Allen / Product Marketing Manager, HCL Digital Solutions

ローコード開発でビジネスユーザーが自らの課題を解決できるようにすることで、市民開発のパワーを活用しましょう。一行もコードを書かずに強力なアプリを作成することで、アプリケーション開発を加速させる方法を学びましょう。

ローコードプラットフォームのおかげで、市民デベロッパーは今や現代のワークプレイスエコシステムに欠かせない存在となっています。

2021年、Garnerは、2年後には市民デベロッパーがプロのデベロッパーを4対1で上回ると予想しました。さらに最近、Gartnerは、2025年までに、組織が新しいアプリケーションの70%をローコードまたはノーコード技術で開発するようになると予測しています(2020年の25%未満から上昇)。

画像の説明

その理由とは?ローコードやノーコードのアプリケーション開発は、重要な時間を節約し、ビジネスリソースを最大化し、あらゆる従業員の創造的な可能性を引き出せます。

ノーコード開発は、導入が簡単で、費用対効果も高く、間違いなく今後も続くと思われます。数年前に戻ってみましょう: Gartner は 2009年、自分やチームのプロセスを自動化するためにソフトウェア・アプリケーションを構築するビジネス・ユーザーを指して、「市民開発者」という用語を使い始めました。それ以来、市民デベロッパーの動きは、業界や国境を越えて飛躍的な成長を遂げました。

従業員による 100%の賛同を目指すことは、デジタル・トランスフォーメーションに対する組織のコミットメントを強化し、真の人的資源の価値を最大限に活用するための前向きな戦略です。市民デベロッパーの労働力を優先することで、アプリ開発との歩調を合わせ、競争力を維持できます。

なぜ市民デベロッパーがビジネスに不可欠なのか?

顧客や従業員が新しいアプリケーションや機能、複数のタッチポイントでのデジタルインタラクションを熱望する中、IT部門はその需要に追いつくことができません。その結果、業務部門や管理部門は、顧客見積もり計算、ゲーティングオファー、承認追跡、その他のワークフロー最適化など、職場に不可欠なタスクを実行するウェブおよびモバイルアプリケーションを構築するために、チームの市民デベロッパーに頼ることが増えています。

市民開発者は、ワークフローと生産性を向上させ、実用的なビジネスインサイトを獲得するためのソリューションを、専門的なトレーニングを受けずに作成する権限を与えられています。シンプルなアプリの作成を市民開発者に任せることで、アプリケーションエンジニアやデータサイエンティストは、より高度な課題やタスクに対応できるようになります。また、専門家を追加で雇用する必要もなくなります。

こうした改善とともに、HCL Domino Leapのような迅速なアプリ開発プラットフォームを通じて、市民デベロッパーが生み出す質の高い作品には大きな価値があるのです。

IT部門の社員がどんなに優秀でも、毎日その特定の部署で働いている人と同じ業界専門知識や主題に対するニュアンスの理解をもたらすことはできないでしょう。

さらに、IT部門が市民開発者の受け入れに消極的であれば、ビジネスオーナーは必然的にIT部門の管轄外のアプリケーションを調達して、必要な業務を遂行することになります。これらのアプリケーションは必要なビジネス活動をサポートし、クラウドを通じて容易に利用できますが、いわゆる「シャドーIT」アプリケーションは確立されたガバナンスプロセスを回避し、組織のセキュリティリスクを大幅に高める可能性があります。

一方、HCL Domino Leapは、ビジネスユーザーが自身の創造的な閃きと第一線の知識を駆使して、蓄積されたデータから貴重な洞察を得て、企業が課題や機会が発生したときに直接対応できるようにするためのアプリケーションを構築することを可能にするのです。

ビジネスユーザーがアナリティクスの力を活用できるようにすることは、職場環境にも非常に良い影響を及ぼします。従業員は部門を越えて働くことができ、ワークフローに関連するアプリや顧客向けのアプリを生成し、真の解決策につなげることができます。

最後になりますが、HCL Domino Leapを使用することで、組織はシャドーITを排除できます。Leapプラットフォームは、IT管理コントロールを提供します。つまり、IT部門は、市民開発者の能力とセキュリティプロトコルの遵守を管理・制御する「ガードレール」を確立できます。

市民デベロッパーを育成する方法

画像の説明

HCL Domino Leap のようなプラットフォームを通じてアプリを構築する場合、データ分析やエンジニアリングの素養は必要ありません。それでも、すべての人を開発者にするという目標に到達するには、企業は成功のために意図的なステップを踏む必要があります。

例えば、プロフェッショナルと市民開発者チームの間で、責任の所在を明確に分ける必要があります。また、セキュリティ対策やコンプライアンス手続き、ワークフロープロセスに関するトレーニングも欠かせません。

HCL Domino Leap は、信頼性が高く安全な高速アプリケーション開発プラットフォームで、特にワークフローベースのアプリケーションを作成する際に、企業が市民開発者の力を活用できるように設計されています。ノーコード開発プラットフォームのおかげで、企業は業務の効率化、開発リソースの増加、時間の節約、コンプライアンスの改善などの重要なメリットを得られます。

イノベーションを促進する方法

市場投入可能なアプリケーションを、時にはわずか数分で作成できることは、真のゲームチェンジャーと言えます。非効率な紙ベースのプロセスや、貴重な時間を浪費する時間のかかるメールチェーンの代わりに、従業員は、ビジネスが必要とする革新的なユーザー向けアプリケーションを自由に考案することができるようになります。

HCL Domino Leap のシンプルで直感的なノーコード・プラットフォームは、ドロップ&ドラッグ機能を備えた新しいビジュアル・デザイナーを搭載しています。真っ白なキャンバスやスプレッドシートからスタートし、従業員は素早く反復テストを行い、必要に応じて最適化し、最小限のトレーニングにより短時間で市場に出せる完成度の高いアプリケーションを作成できます。

HCL Domino Leap は、医療、金融、製造、小売りなど、どのような業界であっても、その業界特有の課題に対応できるアプリを簡単に作成できます。IT部門が作成するのを待つ必要なく、ビジネス従業員が自分たちが望むアプリを作成することができるようになります。

このプラットフォームのセールスポイントは、ローコード機能だけではありません。強固なセキュリティと簡単な統合も特長です。HCL Domino Leap を無料で実際に使ってみてください!

誰もが市民デベロッパーになることで、ビジネスの課題を軽快に解決できます。この構成員によって生み出された小規模なイニシアチブは、迅速にテストされ、迅速なフィードバックを受け、実行に移れます。つまり、潜在的なリスクやコストのかかる大規模プロジェクトにリソースを浪費するのではなく、リスクのない小さな成功を数多く優先することで、ビジネスを革新することができるのです。

HCL Domino Leap の詳細 (日本サイト: https://www.hcljapan.co.jp/software/products/domino-leap/) をご覧いただき、あなたの組織にもたらす利点をご確認ください。


Cover Image

なぜローコードがデジタルトランスフォーメーションの鍵になるのか

2023/4/24 - 読み終える時間: ~1 分

Why Low Code is Key to Digital Transformation の翻訳版です。


なぜローコードがデジタルトランスフォーメーションの鍵になるのか

2023年4月21日

著者: Richard Jefts / Vice President of Development and General Manager, HCL Digital Solutions

ローコードは、組織のビジネスのあり方に革命を起こしています。私たちは毎日、スピードがいかに重要か、いかに速く動く必要があるかということを耳にしています。ローコードは、企業が革新的なソリューションを迅速かつ効率的に開発・展開するための力を与えてくれます。これは、市場投入までの時間の短縮、俊敏性の向上、顧客満足度の向上につながります。さらに、ローコードプラットフォームは、ITチームとビジネスチームの間のギャップを埋め、コラボレーションを促進し、ワークフローを合理化するのに役立ちます。その結果、より効率的で効果的なソリューションが実現し、ビジネス目標により近い形で沿うことになります。今日、私たちは、まず組織の誰でもが市民アプリケーションを構築し、その後、IT部門がエンタープライズグレードのローコードアプリケーションを構築するために、開始されたものを使用することができることを見ています。

ローコードプラットフォームは、シンプルなモバイルアプリケーションから複雑なエンタープライズアプリケーションまで、幅広いソリューションの開発に使用することができます。開発期間の短縮、コスト削減、コラボレーションの向上、ワークフローの効率化など、さまざまなメリットがあります。デジタル・トランスフォーメーションへの取り組みを加速させたい企業にとって、ますます人気の高い選択肢となったのも不思議ではありません。

ガートナーによると、2024年までに、ローコードアプリケーション開発がアプリケーション開発活動の65%以上を占めるようになると言われています。Forrester社が実施した調査では、回答者の23%がローコードプラットフォームをすでに導入していると回答し、さらに22%が今後12ヶ月以内に導入する予定であると回答しています。同じForrester社の調査では、ローコードプラットフォームを使用している組織では、アプリケーション開発のスピードが6倍向上したと報告されています。これは、業界全体のデジタルトランスフォーメーションを推進する上で、ローコードプラットフォームの重要性が高まっていることを示しています。2024年は文字通り目前に迫っていることを強調したい。

ローコードプラットフォームは、開発者が視覚的なドラッグ&ドロップのインターフェイスを使ってアプリケーションを構築できるため、コーディングの専門知識の必要性が減り、開発期間が短縮されます。ローコードプラットフォームは、このような複雑さを排除することで、開発者とビジネスユーザーの双方が、技術的な制約に邪魔されることなくデジタルソリューションを構築できるようにします。

ローコードプラットフォームは、そのスピードと柔軟性に加え、専門の開発者やIT担当者の必要性を減らすことで、コスト削減にも貢献することができます。ローコードプラットフォームは、従来のソフトウェア開発のような専門的な知識を必要としないため、企業はより多くの人材を活用してデジタルソリューションを構築することができます。特に中小企業やITリソースが限られている組織では、大幅なコスト削減につながる可能性があります。また、優秀なIT人材をより価値の高い取り組みに集中させることができます。

ローコードプラットフォームに課題がないわけではありません。特に、機密データを日常的に扱う企業にとっては、新しいテクノロジーと同様に、セキュリティやデータ保護に関する懸念があるかもしれません。ローコードプラットフォームを採用する前に、そのセキュリティとコンプライアンス機能を慎重に評価することが重要です。強固なソリューションを持つ、実績のあるベンダーと協力する必要があります。

HCLSoftwareでは、今日の競争市場で成功するために必要なツールを提供することで、ビジネスを強化することを約束します。当社のローコードプラットフォームは、強力かつユーザーフレンドリーで安全な環境を提供し、専門的なコーディングスキルを必要とせず、迅速かつ効率的にソリューションを開発・展開することができます。ローコードプラットフォームを活用することで、企業は顧客への価値提供、イノベーションの推進、デジタルトランスフォーメーションの目標達成に集中することができます。すべてスピードで!

当社のアプリケーション開発プラットフォームは、世界中の企業に1,000万以上のアプリケーションを提供し、ビジネスを継続させています。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修