Cover Image

ノーツコンソーシアム 九州研究会: HCL Nomad で Notes/Domino を使い倒そう!! Web &モバイル活用最新セミナーのお知らせ

2022/5月/24 - 読み終える時間: ~1 分

2022年6月15日にノーツコンソーシアム 九州研究会による「HCL Nomad で Notes/Domino を使い倒そう!! Web &モバイル活用最新セミナー」が開催されます。

Notes/Domino、Nomad クライアントの最新情報をご紹介するウェビナーで、ノーツコンソーシアムの非会員企業様も参加いただけます。また、九州のお客様でご希望のお客様はオンサイト会場もございます。
HCL Notes/Domino を利用しているお客様の更なる活用、バージョンアップのヒントとなるセミナーでございますので、ぜひご参加ください。

アジェンダ

  • ご存知ですか? 最新バージョンで「軽くなった」HCL Notes/Domino
  • Notes/Domino アプリがそのまま Web で動く HCL Nomad Web の導入と「仕掛け」
  • HCL Nomad Mobile & Nomad Web デモ
  • 最新情報 & ロードマップ
  • お客様活用事例
  • ノーツコンソーシアム、九州研究会からのお知らせ

開催概要

  • 日程: 6月15日(水) 15:00 - 17:00
  • 会場: オンライン形式 (オンサイト会場あり(博多))
  • 費用: 無料(事前登録制)
  • 主催: ノーツコンソーシアム 九州研究会
  • 共催: 株式会社エイチシーエル・ジャパン
  • お申し込み -> https://register.gotowebinar.com/register/8402175812497762063

Cover Image

1-2-3: HCL Nomad の新しいリリースであなたのアプリを解放しよう

2022/4/12 - 読み終える時間: 3 分

1-2-3: Free Your Apps with the New Releases of HCL Nomad の翻訳版です。


1-2-3: HCL Nomad の新しいリリースであなたのアプリを解放しよう

2022年4月11日

著者: Thomas Hampel / Director of Product Management, Domino, HCL Software

HCL Nomadの新しいリリースが、1週間で、1つや 2つでなく、3つ増えました。これは、私たちの開発チームがお客様に提供する新しい記録です。

新機能は以下のとおりです。


HCL Nomad for Web Browsers
  • HCL Nomad Webでは、バージョン1.0.3で操作性を向上させ、お客様が待ち望んでいた機能を提供します。
  • 新しいアプリケーションスイッチャーは、HCL Nomad for Web のナビゲーションバーに表示されるオプションのドロップダウンメニューにより、ユーザーインターフェースを強化します。これにより、管理者は特定のアプリケーションへのショートカットを定義できます。ユーザーエクスペリエンスをカスタマイズするのに非常に便利な機能です。
  • Dominoプラットフォームの重要な機能である、アプリケーションをオフラインにするレプリケーションが、Nomad Webユーザーにも利用できるようになりました。Chromiumブラウザーエンジンの問題により、現時点では「技術プレビュー」機能としてリリースされました。詳しくは製品ドキュメントをご参照ください。
  • この機能が気に入ったら、ここに投票してください。
  • 文書の印刷はあなたにとって重要ですか?今回、印刷機能を備えました。これは、お客様が希望した完全な機能を提供するための第一段階です。
  • シャットダウン時にユーザーを切り替え、ユーザーデータをクリアする機能も追加されました。この機能の詳細は、管理者によりお客様の環境に合わせた設定が可能です。
  • より多くの言語が利用可能です。デンマーク語、フィンランド語、ノルウェー語に対応しましたので、北欧の方々はこのリリースを楽しんでいただけると思います。さらに、トルコ語のサポートも追加されました。

この HCL Nomad for web browsersの詳細については、What's New ページリリース情報を参照してください。


iOS 版 HCL Nomad

AppleのiOSデバイスをお使いの方向けに、HCL Nomad 1.0.20をアプリストアで配信中です。

このリリースでは、このアイデアで要望のあったQRコードのスキャン機能を提供し、例えば在庫管理などの新しいモバイルアプリケーションの構築を可能にします。また、テキスト入力サポートの改善と多数のバグフィックスを提供します。


Android 版 HCL Nomad

Android端末のユーザー向けに、HCL Nomad 1.0.28をGoogle PlayStoreHCL Software License Management Portal で公開しました。

このリリースでは、管理者に洗練されたバイオメトリクス認証オプションを提供し、指紋データの削除を容易にします。


HCL Nomad Web 1.0.3 をリリースしました

2022/3/31 - 読み終える時間: ~1 分

2022年3月30日 (日本時間の31日)、HCL Nomad Web 1.0.3 をリリースしました。ダウンロード情報は以下の通りです。

  • Download Package ID: HCL_Nomad_Web_1.0x
  • Download Package Name: HCL Nomad Web 1.0x

詳細は以下の記事をご覧ください。


HCL Nomad Web 1.0.3 の新機能 (3)

2022/3/31 - 読み終える時間: ~1 分

2022年3月30日 (日本時間は概ね31日) に HCL Nomad Web 1.0.3 がリリースされます。その新機能を紹介します。


アプリケーションスイッチャー

下図のようなメニューをだせるようになりました。管理者は json ファイルをカスタマイズすることで任意のアプリを表示できます。詳しくは製品ドキュメントを参照してください。

画像の説明


LotusScript NotesGPS クラスのサポート

詳細については、Domino Designer の製品ドキュメントを参照してください。


言語サポートの追加

デンマーク語 (da), フィンランド語 (fi), ノルウェー語 (nb), トルコ語 (tr) が追加されました。


HCL Nomad Web 1.0.3 の新機能 (2)

2022/3/30 - 読み終える時間: ~1 分

2022年3月30日 (日本時間は概ね31日) に HCL Nomad Web 1.0.3 がリリースされます。その新機能を紹介します。

リセット機能

1.0.2 までは、ユーザーの切り替えができず、単一のブラウザーをある特定のユーザーが利用することが原則でした。どうしても、同一PCを複数ユーザーで利用する場合は OS のプロフィールを分ける、すなわち 「OS にログインし直す」必要がありました。基本的に、また様々なセキュリティーの観点からもこの「OS にログインし直す」という方法を推奨しています。

さまざまな理由から、OS にある特定のユーザーでログインした状態である必要がある場合は、異なるブラウザーを使い分ける、または、同一ブラウザーの異なるプロファイルを使い分ける方法を推奨します。

1.0.5 では、上記以外の方法として、ユーザーのリセットが可能になりました。Nomad Web をアンインストールすることなく、素早く異なるユーザーが利用できる環境を整えることができます。

画面右上のユーザー部分をクリックし、「Nomad のリセット」を行うと、プログラムは消去せずに、環境をリセットします。動作がおかしくなった場合や、利用するユーザーを変更する場合に使用します。この機能を使うには、管理者は notes.ini に resetNomadInstance=1 を設定します。

画像の説明

画像の説明

リセットされた環境では、次回のログインがこの環境にとっての最初のユーザーになります。もし、リセットせずに別のユーザーがログインした場合は以下の画面が表示されます。ここでは User1でログインしたところです。「前のユーザーのデータが残っているが、このまま User1 が使うと、前のユーザーのデータは全部消える」という警告が表示されています。「前のユーザー」が誰かはセキュリティーの関係上表示されません。

画像の説明

注意

1.0.3 で加わったリセット機能は、利用するユーザーが頻繁に切り替えることを目的としたつくりにはなっていません。あくまで、PC の利用者が (半永続的に) 変わった時に使うことを想定しています。同一 PC で 同一 OS プロファイルで Nomad Web を使う場合には、ブラウザーのプロファイルを切り替えて使用することを推奨します。


ユーザー文書の管理タブに

1.0.3 から、ユーザー文書の管理タブにある利用クライアントの履歴に Nomad Web が記録されるようになりました。

動作原理は Notes クライアントと同じで DynConfig (Dynaimc Configuration) がクライアント側で動作して、AdminP宛のメールが送信されます。AdminP がこれを処理してユーザー文書にデータを反映させます。

画像の説明

他の新機能は次号に続きます。


HCL Nomad Web 1.0.3 の新機能 (1)

2022/3/29 - 読み終える時間: 3 分

2022年3月30日 (日本時間は概ね31日) に HCL Nomad Web 1.0.3 がリリースされます。その新機能を紹介します。

印刷機能

文書の印刷機能が加わります。Ctrl + P、あるいはメニューから「ファイル」-「印刷」で印刷ができます。ブラウザーの印刷機能が呼び出されますので、以後の操作は標準的な流れになり、プリビューや各種調整ができます。文書のみが対象であり、ビューの印刷はできません。

画像の説明


複製機能 (テクニカルプリビュー)

サーバー上のデータベースをローカルに複製する機能が、テクニカルプリビューとして追加されました。正式な実装ではありませんが、試した範囲ではきちんと動作しています。

この機能を利用するにはブラウザーの Experimental Web Platform features 機能を有効にする必要があります。これは、ブラウザーでのプライベートファイルシステム機能であり、これを有効にしてレプリカの保管領域を確保しています。ブラウザーでの実装が文字通り実験的なものであるため、複製機能が正式実装の前提として、ブラウザー側での正式実装が必要になります。

  • chrome://flags/#enable-experimental-web-platform-features
  • edge://flags/#enable-experimental-web-platform-features

メニュー名が異なる部分がありますが、Notes クライアントと同様の操作で作成、利用できます。

画像の説明

複製の設定も一通り備えています。

画像の説明

複製タブもあります。

画像の説明

Notes 同様に、ワークスペース上のデータベースアイコンがスタック状になります。

画像の説明

レプリカの管理もできます。

画像の説明

他の新機能は次号に続きます。


Cover Image

HCL Domino v12 は管理者の日常をどのように向上させるか

2022/2/18 - 読み終える時間: 4 分

How Domino v12 Improves an Administrator's Life の翻訳版です。


HCL Domino v12 は管理者の日常をどのように向上させるか

2022年2月17日

著者: Heather J Hottenstein / Technical Advisor, HCL

HCL Notes/Dominoの管理業務に28年近く携わってきた者として、2021年5月のV12出荷時に提供された新機能の数々には度肝を抜かれました。 そしてHCLは床板にペダルを押し続け、2021年12月のDomino V12.0.1でさらに多くの機能拡張を導入しました。

システム管理者の第一の目標はサービスを保護することであることを考えると、これらの新しい提供物はその目標の獲得を容易にするものです。 構成の簡素化、セキュリティの強化、データの完全性の確保という点で、Dominoはあなたを成功へと導きます。


Nomad Web

長年にわたり、エンドユーザーがNotesクライアントまたはWebブラウザからDominoデータにアクセスできるようにするオプションがありました。 Notesクライアントは様々なUI機能を提供し、Webブラウザはモビリティを提供します。 Nomad Webは、ローカルインストールの必要なく、どこからでもアクセスできるNotesクライアントという、両方の利点を提供します。

Nomad Webを導入することで、Notesクライアントの導入管理は不要になります。 Nomad Webをサポートするバイナリファイルは、1つのサーバーにあります。 わずか数分で数千人のユーザーを新しいNotesのバージョンにアップグレードしたり、Fix Packを適用したりできます。

また、NotesユーザーをNomad Webに移行する際、Notesデスクトップをそのまま持ち運べます。 また、NotesユーザーをNomad Webに移行する際、Notesのデスクトップもそのまま利用できます。


CertMgr

封をしていない封筒で手紙を送らないのと同じように、システムのネットワークトラフィックにロックをかけることが必要です。

Domino V12 には新しい証明書マネージャ機能があり、Domino サーバー通信を保護するために使用される TLS 証明書を簡単かつ効果的に管理できます。 証明書ストアデータベース内から、証明書要求の作成、信頼できるルートの追加、受け取った証明書のアップロード、Let's Encrypt証明書の自動更新を設定できます。

V12.0.1 では、PEM/PKCS12 証明書のインポート、TLS 証明書の PEM/PKCS12 証明書へのエクスポート、および独自の Domino ベースの認証局の作成が可能です。


バックアップとリストア

間違いや失敗、災害は起こるものです。 このような事態に対応できるかどうかが、データ管理の要となります。

Domino V12は、ネイティブなバックアップとリストアを提供しています。 設定、処理、ログの記録はすべてDominoの一部です。 その結果、Domino の管理者は Domino のデータを保護するための完全な制御を行えます。

さらに、サードパーティーのバックアップソフトウェアを使用し、ネイティブ機能と統合できます。 Domino V12.0.1では、サードパーティーからデータを確実にリストアできます。 Veeamのスナップショットとの完全な統合も可能です。


DKIM

Domain Keys Identified Mail、DKIMは、メールメッセージが転送中に改ざんされないことを保証するために使用されるメールセキュリティ標準です。

Domino V12.0.1は、送信メールのメッセージングヘッダーに暗号化された署名を追加することで、DKIMをサポートしています。 DKIM署名は、メッセージの内容を保証するだけでなく、発信元を確認し、送信者アドレスが偽造されないことを意味します。 Dominoの構成にDKIMを追加すると、ドメインのメールの受信者は、通信の信憑性を信頼できます。


タイムベースワンタイムパスワード(TOTP)認証

Domino V12は2要素認証を提供し、Web ユーザーにユーザー名/パスワードの認証情報とユニークな6桁のトークンの両方を提供することを要求します。 トークンは、TOTP アプリケーションとユーザーの Domino ID ボールト サーバーによって生成された、ユーザーにとってユニークなものです。 第三者はユーザーの認証情報を入手することはできますが、TOTP アプリケーションを実行しているデバイスにアクセスすることはできません。 したがって、彼らは必要なコードを提供することができず、アクセスの試行が失敗します。


IPアドレスのロックアウト

IP アドレスによって Domino リソースアクセスを制御する機能は、いくつかのリリースで SMTP とルーター設定の一部になっています。 V12 では、Web ブラウザから Domino サーバーへのアクセスが許可される IP アドレスを定義することもできます。 許可されたリストの外側のアドレスはアクセスを拒否されます。


iNotes/Verse とユーザーID

Notesクライアントのセキュリティの基本は、メールの署名と暗号化機能です。 ウェブブラウザからメールにアクセスするようになったことで、iNotes と Verse は、メールファイルに含まれる Notes ID のコピーを必要とすることで、ドキュメントの署名と暗号化をサポートしています。

V12.0.1では、ID ボールトに保存されたIDを使用できます。 この機能強化は、ID ボールトをセキュリティ運用に活用する傾向を継続するものです。 ID ボールト を使用することで、安全で集中的かつ持続可能な ID ファイル保管戦略が実現し、Domino 展開の手ごたえを向上させられます。


Dominoディレクトリの機能強化

Dominoディレクトリは、管理者が設定作業のほとんどを行う場所です。 Domino V12では、ディレクトリの使い勝手を向上させるための新機能が追加されました。

  • Auto group population: グループは、事前に定義された条件に基づいて自動的に更新されるようになりました。 グループドキュメントで、[Auto Populate Method] フィールドに [Custom] を選択し、[Selection Criteria] フィールドで LDAP 検索クエリを定義すると、Domino ディレクトリを検索します。 例えば、個人文書で指定された部署名に基づいて会員リストを作成できます。
  • メールインデータベースの使い勝手。メールインデータベースとリソース]ビューに、メールインデータベースのインターネットメール アドレスが表示されるようになりました。また、Go to Databaseアクションボタンが利用できるようになりました。 このボタンを押すと、フォーカスのある文書のそれぞれのメールインデータベースを開けます。
  • グループ検索ボタンを追加しました。グループ検索]ボタン:[人物]にある[グループ検索]アクションボタンは、ユーザーが所属しているすべてのグループを表示します。 これは、ユーザーがメンバーとしてリストされているグループと、ネストされたグループの両方が対象です。
  • [サーバー設定の検索]ボタン Server ドキュメントに Find Server Config アクションボタンが追加され、サーバーに関連する構成設定ドキュメントのリストが表示されるようになりました。 ドキュメントリストから、1つを選択して開けます。


AdminQ

Dominoの管理プロセスでは、ユーザーの名前の変更、ローカルに保存されたIDの更新、グループリスト、アクセス制御リスト、およびドキュメントのNamesフィールドを自動化します。 しかし、ユーザーがNotesクライアントからログインしていない場合、名前の変更プロセスは完了しません。

V12.0.1 の新機能は、Admin Quick です。AdminP は、adminq.nsf という Notes データベース を使用して、自動的にユーザー名の変更を処理します。 この機能はiNotesとVerseのユーザーを対象としていますが、管理者はすべてのユーザーにこの機能を拡張できます。


クラウドネイティブ

クラウドコンピューティングは、高価なインフラやITスタッフを社内でサポートすることなく、柔軟でスケーラブルな手段を提供し、コスト削減で競争力を維持する能力に相当します。

Domino V12サーバーは、クラウドの旅の一部となることができます。 V12は、Google、Azure、AWSを含むすべての主要なプラットフォームベンダー上で動作するように完全にサポートされています。 Dominoサーバーは、Docker、Kubernetes、およびRed HatのOpenShiftで認定されています。 いつものように、Dominoはあなたに選択肢を提供します。


ワンタッチセットアップ

最新のDevOps戦略の一環として、構成設定を定義したスクリプトを使用してサーバーを迅速にデプロイする機能があります。 さらに、スクリプトを使用することで、各インストールに標準が適用されるようになります。

Domino V12 では、新しいサーバーを構築する際に JSON を使用できます。 JSON は、最初のドメインサーバーまたは追加のサーバーに使用できます。 Docker、Windows、および UNIX プラットフォームに Domino を展開する場合、JSON は Domino サーバー、ID ボールト、ユーザーの登録、ディレクトリ補助の構成、アプリケーション/ドキュメントの作成/更新、およびエージェントの有効化を設定できます。


拡張プロパティボックス

ドキュメントのプロパティボックスは、ドキュメントの内容、特にフィールドの値を確認する際に、貴重なトラブルシューティングツールとなります。

Notes V12.0.1 クライアントでは、フィールド名と値の検索、データ行の CSV コピー、プロファイル文書の表示、文書の比較などが可能な「詳細プロパティ」ボックスが追加されました。 また、高度なプロパティボックスはサイズを変更することができ、テキストを読みやすくすることができます。


AD/Dominoパスワードの同期

Domino Directoryは、Public Address bookとも呼ばれ、1989年にR1がリリースされて以来、存在しています。 そして、それはDomino環境を管理するために素晴らしいですが、ほとんどの場合、それはあなたが持っている唯一のシステムディレクトリではありません。 ユーザーのライフサイクル処理と重複してしまうのです。

Domino V11 では、管理作業を軽減するために、AD のコンテンツを Domino ディレクトリに同期する機能が導入されましたが、これにはユーザーとグループの両方のドキュメントが含まれます。 ユーザーの作成、名前変更、削除はADで行われ、その後Domino Directoryに流れます。

Domino V12では、ADとのパスワードの同期が可能になりました。 ADでユーザーのパスワードを変更すると、ID ボールトの各ユーザーIDのパスワードとユーザー文書のインターネットパスワードが同じ値に更新されます。


まとめ

Domino V12 と V12.0.1 は、管理者が Notes/Domino インフラのセキュリティと運用を改善し、総所有コスト を削減するために使用できるいくつかの新機能を提供します。 最も重要なことは、これらはすべて使用権に含まれており、追加費用は必要ないことです。今がアップグレードの絶好の機会です。

そして、HCLはDomino V12.0.2以降に向けて強力な管理機能を提供し続けるというコミットメントを撤回することはないと断言できます。


Cover Image

HCL Notes/Domino V12 技術ウェビナー: Notes からNomad Web へのワークスペースの移行

2022/2/4 - 読み終える時間: ~1 分

現在使用している Notes クライアントのワークスペースを、HCL Nomad Web に移行させる機能についての解説です。

HCL Notes/Domino V12 の特設ページHCL Notes/Domino、Traveler V12 技術ウェビナーのセクション をご覧ください。

今後も V12.0.1 の技術コンテンツを追加していきます。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修