Cover Image

HCL Accelerate v3.1 の紹介

2022/6/17 - 読み終える時間: 3 分

Introducing HCL Accelerate v3.1 の翻訳版です。


HCL Accelerate v3.1 の紹介

2022年6月9日

著者: Nick Mathison / HCL Accelerate's Product Manager

HCL Accelerateは、バリューストリームマネジメントの重要な採用を継続的に行っています! HCL Accelerate 3.1のリリースでは、私たちの大口顧客のために、重要な機能とパフォーマンスの改善をもたらしました。VSMの導入がまだお済みでない方は、以下の新機能とガイダンスをご覧ください。既存のお客様は、HCL Software License Management Portal から直接バイナリをダウンロードすることができます。新規のお客様は、トライアルフォームにご記入の上、無料ダウンロードをご利用ください。

もっと読む

Cover Image

HCL Secure DevOps 製品群を第3回 Japan IT Week オンライン ソフトウェア&アプリ開発展に出展

2022/5月/24 - 読み終える時間: ~1 分

2022年6月1日 (水) から3日 (金) に開催されます『第3回 Japan IT Week オンライン ソフトウェア&アプリ開発展』に、HCL ブースを出展し、HCL Secure DevOps 製品群をご紹介いたします。また、1日目 (6月1日 (水)) 16:00よりセミナーを実施いたします。

セミナーの参加登録、オンライン相談のスケジュール依頼は、すでに開始しております。まずは参加登録をいただき、HCL ブースをご覧ください。

ブース

リアルのイベントを模した作りになっており、お気軽にお立ち寄り、質問などのやりとりができます。

  • 製品のご紹介 (資料ダウンロード、動画、他)
  • チャットでのご質問への対応
  • オンライン相談 (時間予約制、後日別途も承ります)
セミナー

『次なるステージへ!! HCLが考える次世代DevOps - Next Generation DevOps -』

Japan IT Week オンライン - HCL ブース 画像の説明


Cover Image

HCL Accelerate on Kubernetes: あるいは、私はいかにして心配するのをやめて、自動化されたコンテナ・オーケストレーションを愛するようになったか

2022/5月/20 - 読み終える時間: 2 分

Accelerate on Kubernetes: Or, How I Learned to Stop Worrying and Love Automated Container Orchestration の翻訳版です。


HCL Accelerate on Kubernetes: あるいは、私はいかにして心配するのをやめて、自動化されたコンテナ・オーケストレーションを愛するようになったか

2022年5月19日

著者: William Federkiel / HCL Accelerate Software Engineer

最近、コンテナ化は至る所で見られるようになり、技術者は組織でそれを採用しようと躍起になっています。しかし、コンテナ化とはいったい何なのでしょうか?実際に有益なのか、それとも単なる流行なのか?それを活用する最良の方法は何でしょうか?そして最も重要なことは、それが HCL Accelerate とどのように関係しているのかということです。


コンテナ。それはあなたの両親のタッパーウェアとは違うもの

ある意味、コンテナは仮想マシンに似ていると考えることができます。その環境では、外部のものに影響を与えることなく、また影響を受けることなく、ソフトウェアを実行することができる分離された環境です。しかし、従来の仮想マシンには多くの欠点があります。その主な原因は、各仮想マシンで完全なオペレーティングシステムを実行することによるオーバーヘッドにあります。これに対してコンテナは、ホストマシン、つまりコンテナ化プラットフォームを実行するマシンのカーネル(ほとんどの場合、Linux)を共有します。そのため、前述のような重複を最小限に抑えることができ、リソースの利用効率がかなり高くなります。

もっと読む

Cover Image

記事掲載: 脆弱性診断の内製化とCI/CD連携が生む効果: 「DevSecOps」とシフトレフトが実現する開発高速化×セキュリティ強化とは

2022/5月/17 - 読み終える時間: ~1 分

「脆弱性診断の内製化とCI/CD連携が生む効果: 「DevSecOps」とシフトレフトが実現する開発高速化×セキュリティ強化とは」と題する記事をアイティメディア株式会社のサイト ITmedia.co.jp に掲載しました。

「企業におけるアプリケーションの複雑化や開発の高速化が進むと同時に、攻撃もいっそう巧妙化している。限られた予算や人材で、企業が効果的に自社アプリケーションのセキュリティ対策を実施する方法とは」

ご興味がございましたら是非ご覧くださいませ。


Cover Image

HCL Accelerate: OpenShift インストールについての最新情報

2022/4/26 - 読み終える時間: ~1 分

OpenShift Installation Updates の翻訳版です。


HCL Accelerate: OpenShift インストールについての最新情報

2022年4月25日

著者: Nick Mathison / Value Stream Manager

HCL Accelerate バージョン 3.1.0 から、OpenShift Template のインストールが削除されます。OpenShift ユーザーの方は、Helm チャートを通じて OpenShift プラットフォームのサポートを継続しますので、ご安心ください。HCL Accelerate バージョン 3.1.0 のインストーラーでは、OpenShift Template のインストールとアップグレードパスは削除されます。バージョン 3.0.4 以降では、Helm チャートを使用して OpenShift Template のインストールをアップグレードおよび移行できます。

Helm チャートは OpenShift と Kubernetes のプラットフォームをサポートしていますが、OpenShift Templateはインストールするプラットフォームが OpenShift のみという制約があります。サポートや制限、パフォーマンスなどを考慮し、OpenShift プラットフォームのインストールにはHelm チャートを使用することにしました。

もっと読む

Cover Image

HCL OneTest: 2022年 IDC MarketScape for Worldwide Enterprise Automated Software Quality and Continuous Testing for Digital Execution においてリーダーに選出される

2022/4/25 - 読み終える時間: 2 分

HCL named a Leader in the 2022 IDC MarketScape for Worldwide Enterprise Automated Software Quality and Continuous Testing for Digital Execution の翻訳版です。


HCL OneTest: 2022年 IDC MarketScape for Worldwide Enterprise Automated Software Quality and Continuous Testing for Digital Execution においてリーダーに選出される

2022年4月22日

著者: Ragasudha Mardhaniyogan / Product Marketing Manager, OneTest

HCL は、IDC MarketScape for Worldwide Enterprise Automated Software Quality and Continuous Testing for Digital Execution 2022 Vendor Assessment (Doc #US47097621, March 2022) で Leader に位置づけられたことを発表します!これは、HCL Software にとって大きな評価です。HCL Software は、HCL Technologies(HCL)の一部門であり、主要なソフトウェア事業を展開しています。IDC のリサーチの一環として評価された製品には、HCL OneTest Studio と HCL OneTest Embedded、そして HCL AppScan、HCL Launch、HCL Accelerate が含まれます。

このレポートでは、24 のベンダーが評価され、複数の基準と 2 つの軸(現在の能力、つまりベンダーがどれだけ顧客のニーズに合致しているか、将来の戦略、つまりベンダーの将来の戦略がどれだけ 3-5 年後に顧客が必要とするものと合致しているか)で位置づけられました。HCLのリーダーとしての地位は、これらの製品を推進し、DevOps市場空間のニーズを満たすという我々のコミットメントをしっかりと反映しています。

IDC MarketScapeレポートは、ASQ市場における購入の意思決定のガイダンスを提供しています。HCL がなぜリーダーに選ばれたのか、レポートの抜粋をお読みください。また、レポートをお読みになった後は、当社のソリューションがどのようにお役に立てるかのご相談があればお問い合わせください。

画像の説明

この図について: IDC MarketScape のベンダー分析モデルは、特定市場における ICT サプライヤーの競争力強化の概要を提供するために設計されています。調査方法は、定性的および定量的な基準に基づいた厳密なスコアリング方法を採用しており、その結果、所定の市場内における各ベンダーのポジションを一枚の図に示すことができます。Capabilities スコアは、ベンダーの製品、Go-to-Market、短期的なビジネス遂行能力を測定するものです。戦略スコアは、3-5 年の時間枠で、ベンダーの戦略と顧客要求の整合性を測定するものです。ベンダーの市場シェアは、アイコンの大きさで示されています。

IDC MarketScape では、ソフトウェア開発におけるスキル不足に言及し、このギャップを埋める潜在的な手段の1つとして、堅牢なテスト機能を組み込んだローコードおよびノーコードソリューションの利点を強調しています。特に、ビジネスの専門知識を持ち、コーディングの経験がほとんどないにもかかわらず、消費するためのアプリケーションを構築する「市民開発者」の出現は、このことを物語っています。

HCL OneTest は、ノーコードのテスト開発を提供することで、この課題に対する解決策を提供できると考えています。

調査中、IDC は、顧客が高品質のソフトウェア開発を推進する上で、継続的なテスト、アジャイルプラクティス、および継続的な統合の必要性を繰り返し強調するのを目の当たりにしました。これらのニーズは、エンドツーエンドのDevOpsおよびソフトウェア品質ソリューションに関する評価基準を後押しするものでした。

ここでは、IDC MarketScape が HCL について述べたすべての良い点を紹介することはできません。

要約すると、もしあなたがセキュアな DevOps プラットフォームでこれらの機能のいずれかを探しているのであれば、ぜひご連絡をください。

  • DevOpsのライフサイクル全般を網羅する、緊密に統合された幅広いポートフォリオ
  • ローコード/ノーコード機能による容易な利用
  • 使いやすいオープンソース統合を備えたオープンアーキテクチャ
  • HCL 独自の HCL Now を含む、選択したクラウドでホスト可能なクラウド・ネイティブ・ソリューション

進化し続ける DevOps の世界において、IDC MarketScape はレポート作成時点におけるHCLの能力を評価したものです。しかし、私たちはこの評価に甘んじることなく、お客様や市場の拡大し続ける要求に応えるべく、ソリューションの構築を続けています。このレポート以降、私たちがどのような製品を提供してきたかについては、デモを予約していただくか、お気軽にお問い合わせください。

レポートの抜粋をダウンロードするには、ここ をクリックしてください。


Cover Image

人間の視点から見た DevOps

2022/4/15 - 読み終える時間: ~1 分

DevOps from the human perspective の翻訳版です。


人間の視点から見た DevOps

2020年8月13日

著者: Elise Yahner / Mrketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps.

DevOpsを実践する上で何が優れているかを考えるとき、あなたはおそらく技術的な才能、自動化のノウハウ、そして機能的なスキルについて考えるでしょう。しかし、共感、時間管理、コミュニケーションなどのヒューマンスキルは、最近注目されています。これらのスキルは「ソフト」スキルとして考えられることが多いですが、「ハード」スキルに劣らず価値があります。特に、リモートワーク環境で同僚と関わる際に、より繊細さが要求されるようになりました。

DevOps.comは最近、チームビルディングと仕事の燃え尽き症候群の回避を取り上げた電子書籍 DevOps: Mastering the Human Element を出版しました。この電子書籍は、パンデミックが発生する前に企画されたものですが、分散型チームの管理で直面する新たな課題を抱える現在、特に適切な内容となっています。この 2020 Upskilling: Enterprise DevOps Skills Report という電子書籍は、DevOps Instituteの2020 Upskillingからの洞察に基づき、持続可能なDevOps作業環境の構築と適切な文化の発展に関する専門家のアドバイスを提供します。

画像の説明

「DevOpsの人間化」というトピックは、最近のDevOps.comのパネルウェビナーで詳しく取り上げられました。HCL Software DevOpsプロダクトマネージャーのSteve Booneは、このディスカッションに参加し、リモートワークへの突然のピボットによってもたらされる独自の課題についての見識を提供しました。

「課題の1つは、多くのマネージャーやチームメンバーが、皆が何に取り組んでいるかを知っているつもりでも、実際にはよくわからないことです。「すると突然、グループとしてもっとコミュニケーションをとり、仕事の中身をよく見えるようにして、責任の所在を明確にし、指図したり、物事がうまくいっていると思い込んだりしないようにしなければならないことがわかります。誰がいつ、どこで、何をしているかを把握できるように、作業を可視化しなければならないのです」。

主なポイント

  • 58%の企業が適切なDevOpsスキルを持つ人材を見つけるのに苦労しており、48%の企業がそのような人材を見つけたとしても維持するのに苦労しています。
  • 組織は、進行中の作業をより効果的に管理し、チームの認識負荷を軽減する必要があります。
  • 在宅勤務が一般的になりつつある中、チームはオフィスでのコミュニケーションを再現し、コラボレーションを維持するための革新的な方法を見つける必要があります。
  • このような前向きな企業文化を確立し、チームの燃え尽き症候群を防ぐには、変革を推進する努力を真に支持する経営陣の存在が不可欠なのです。

「作業の見える化」は、個々の貢献者を助け、責任のなすりあいを避けるためのものですが、このレベルの透明性は、助け舟というよりも、監視役として機能するのではないかと心配する開発者もいます。しかしBoone氏は、それはまったく目標ではなく、価値の流れ管理は、悪いパフォーマンスよりも良いパフォーマンスを見出すことにあると言います。

バリューストリームマネジメント」は、物事がうまくいっているところに目を向ける機会です。批判するのではなく、耳を傾けることです」とブーン氏は言う。「うまくいっているチームを見つけたら、それを評価し、報酬を与え、ベストプラクティスを構築し、サポートが必要なチームと共有することができるのです」。

そして何より、Boone氏は、チームマネジメントにおける共感と人間的なつながりの必要性を強調しました。

「私たちは皆、お互いにもっと共感し合うことができるはずです。小さな子供の声が聞こえるかもしれないが、それは "新しい常識"であり、人々の状況を理解しなければならない。さらに重要なことは、他の組織の仕組みを理解することです。ソフトウェアを世に送り出すには、ドキュメンテーション、マーケティング、セールス、サポートなど、さまざまな組織が必要です。ビジネス全体の仕組みや、各チームがどのように貢献しているかについての知識を広げる手助けをすることで、物事を前向きにとらえることができるのです」と Boone 氏は述べています。

DevOps.comの電子書籍のダウンロードとパネルウェビナー(録画)の視聴は、こちらをご覧ください。


Cover Image

HCL Accelerate バリューストリームマネジメントと Jira の連携

2022/4/13 - 読み終える時間: 10 分

HCL Accelerate value stream management with Jira の翻訳版です。


HCL Accelerate バリューストリームマネジメントと Jira の連携

2020年7月28日

著者: Daniel Trowbridge / Technical Lead

このチュートリアルでは、Jiraとの統合を作成し、HCL Accelerate のバリューストリームまたはVSM(バリューストリームマネジメント)ビュー内で「点」(作業単位)を移動する方法を紹介します。課題追跡カードは、多くの場合、開発バリューストリームの作業が始まる場所です。さらなるチュートリアルでは、HCL Accelerateがバリューストリーム全体にわたって多くの異なるツールからデータを結合する方法を紹介します。


1. Jira のセットアップ

1.1 Jiraインスタンス

このチュートリアルでは、API トークンを使用してアクセスおよび認証できる Jira インスタンスが必要です。

この目的ですぐに利用できる Jira インスタンスがない場合、1 つのオプションとして https://www.atlassian.com のクラウド Jira インスタンスを使用することができます。Jira クラウドを使用したことがない場合は、無料トライアルにサインアップすることができます。

画像の説明

1.2 かんばんテンプレート(オプション)

新しい Jira クラウドインスタンスをセットアップする場合、すべてのセットアップの質問に対して「スキップ」をクリックすることができます。カンバンクラシックテンプレートは、このチュートリアルには適していますが、必須ではありません (次のセクションを参照)。

画像の説明

1.3 Jiraプロジェクトの作成

新しいプロジェクトを作成する場合、プロジェクトのキーがHCL Accelerateの統合で使用されることに注意してください。

画像の説明

1.4 Jiraボード

このチュートリアルでは、Jira ボードに以下の 5 つのカラムとステータス名があることを確認します。

  • バックログ
  • 開発対象
  • 進行中
  • レビュー中
  • マージ

ボードを直接編集するか、ワークフローエディタ(設定>課題>ワークフロー)を使用し、このワークフローをボード(プロジェクト設定)に適用することができます。

画像の説明

1.5 カードの作成

このチュートリアルでは、少なくとも1枚のカードが必要です。カードを作成し、「バックログ」に追加してください。

画像の説明


2. Jiraとの統合を作成する
  1. HCL Accelerate のプラグインページ(Settings>Integrations>Plugins)に移動し、Jira プラグインの「Add Integration」をクリックします。Jira Integration の追加」フォームに記入するよう促されます。

画像の説明

  1. 統合名を入力します。チュートリアルで使用する名前は、「JKE Jira 1」です。

画像の説明

  1. Jira のベース URL を指定します。これは Jira のインスタンスに依存します。クラウド Jira の場合は、「https://.atlassian.net」という形式になります。

画像の説明

  1. Jira のユーザー名を入力します。これは、Jira のログインに使用される電子メール アドレスである必要があります。

画像の説明

  1. 認証(API TokenまたはoAuth)を提供する。このチュートリアルでは、クラウド Jira の API Token を使用します。API Token は https://id.atlassian.com/manage/api-tokens で作成することができます。トークンを作成し、HCL Accelerate の「パスワード」として提供します(この場合、通常のアカウントログインパスワードは機能しません)。

画像の説明

  1. 上記の通り、このチュートリアルではAPI Tokenを使用するため、oAuthの4つのフィールドは空欄にします。

画像の説明

  1. 最後のフィールドは、統合のためのJiraプロジェクトを指定します。完全な名前ではなく、Jira プロジェクトの「キー」を使用します。プロジェクトを作成するときにこのキーを編集できたことを思い出してください。

画像の説明

  1. 追加」をクリックします。統合が作成され、統合ページに表示されるはずです。統合のドロップダウンをクリックすると、詳細を見ることができます。統合のステータスと実行ログも表示されます。

注:統合のアップグレードが可能な場合(名前の横に青い点が表示される)、今すぐアップグレードすることをお勧めします。縦に3つ並んだドットの「ケバブ」メニューをクリックし、「アップグレード」を選択します。

画像の説明


3. バリューストリームにJira統合を追加する

3.1 新規バリューストリームの作成

  1. バリューストリームページに移動し、"作成 "をクリックします。

画像の説明

  1. バリューストリームに名前を付け、そのチームを選択します。ワークブックでは、「JKE App1」という名前と「Default Team」を使用します。バリューストリームの説明は任意です。

画像の説明

3.2 vsm.json ファイルを作成する

HCL Accelerateに統合が追加されたので、特定のバリューストリームに追加することも可能です。HCL Accelerateのバリューストリームは、バリューストリームマップ(VSM)jsonファイルをダウンロードしてアップロードすることで、高度な設定が可能です。VSMの設定例を以下に示します。このjsonをコピーして.jsonファイルに保存し、このファイルをアップロードしてバリューストリームを構成してください。

この json コンテンツは Jira 統合名を参照するため、アップロードする前に統合名を「JKE Jira 1」とし、「オンライン」にする必要があります(さもなければ json を適宜編集してください)。

{ 
  "tenantId": "5ade13625558f2c6688d15ce", 
  "integrations": [{ 
    "name": "JKE Jira 1"
  }], 
  "phases": [{ 
      "name": "Planning", 
      "stages": [{ 
          "name": "Backlog", 
          "query": "issue.status=Backlog"
        }, 
    { 
          "name": "Selected For Development", 
          "query": "issue.status='Selected for Development' AND pr.status!=open"
        } 
      ] 
    }, 
    { 
      "name": "Development", 
      "stages": [{ 
          "name": "In Progress", 
          "query": "pr.status=open AND issue.status!='In Review'"
        }, 
        { 
          "name": "In Review", 
          "query": "issue.status='In Review' AND pr.status!=closed"
        }, 
        { 
          "name": "Merged", 
          "query": "pr.status=closed AND build.status!=success"
        }, 
        { 
          "name": "Build", 
          "query": "build.status=success AND deployment.env!=DEV"
        } 
      ] 
    }, 
    { 
      "name": "Deployment", 
      "stages": [{ 
          "name": "DEV", 
          "query": "deployment.env=DEV AND deployment.env!=QA"
        }, 
        { 
          "name": "QA", 
          "query": "deployment.env=QA AND deployment.env!=PROD"
        }, 
        { 
          "name": "PROD", 
          "query": "deployment.env=PROD"
        } 
      ] 
    } 
  ] 
}


VSM JSONの説明

統合の配列

統合は、統合名に基づいて含まれます。このチュートリアルでは、「JKE Jira 1」という名前を使用していますが、統合の名前が異なる場合は、変更する必要があります。

"integrations":[

{

"name":"JKE Jira 1"

}

]

フェーズとステージ

バリューストリームは、フェーズとステージで構成されています。この json ファイルは、このチュートリアルのためのフェーズとステージの定義を提供します。ステージの重要な部分は、ワークアイテム(ドット)がステージに含まれるべきかどうかを論理的に定義するステージクエリです。以前、Jira のステータスを定義したことを思い出してください。例えば、Jiraステータスの「Backlog」をHCL Accelerateステージにマッピングすることができます。この設定を変更することで、異なるJiraステータスの値を異なるステージに使用することができます。

"phases":[

{

"name": "Planning",

"stages": [

{

"name": "Backlog",

"query": "issue.status=Backlog"

},    ...

画像の説明


4. vsm.json ファイルのアップロード

新しいバリューストリームを作成した場合、アップロードボタンが直接利用できます。

画像の説明

vsm.jsonファイルをアップロードした後、ツールおよびユーティリティのドロップダウン・オプション「バリューストリームマップの置き換え」を使って、後から追加アップロードでバリューストリームを修正することが可能です。

画像の説明


5. ドットの確認

HCL Accelerateがデータを同期するのを待ちます。Backlog に配置された Jira 課題は、バリューストリームの Backlog に表示されるようになります。

画像の説明


6. Jiraによるステージ変更

HCL Accelerate で Jira 統合を設定し、vsm.json ファイルを使用して統合とステージクエリを値の流れに追加すると、Jira カードが値の流れ内にドットとして表示されるようになります。課題のステータスは Jira で更新でき、ワークアイテム(ドット)は HCL Accelerate でステージを変更します。

  1. Jira カードを「Backlog」から「Selected for Development」に移動します。

画像の説明

  1. HCL Accelerate の同期に時間をかけます(通常最大1分程度)。ワークアイテムは次のステージ「Selected For Development」に移動しているはずです。

画像の説明

  1. ドットをクリックすると、Jiraカードへのリンクやワークアイテムの履歴など、詳細が表示されます。

画像の説明


おさらい - 企画から開発へ、JiraからGitHubへ -

このセクションでは、バリューストリームの計画フェーズに焦点を当てました。今回は、課題追跡システムとしてJiraを使用しました。Jira ボードと課題を作成し、Jira との統合を設定し、その統合を価値の流れに追加し、価値の流れが計画段階を通してどのように Jira のステータス変更を追跡しているかを観察しました。理論的には、価値の流れのすべての段階でJiraを使用することができますが、実際にはJiraのカードには限界があります。しかし、実際にはJiraカードには限界があります。GitHubやJenkinsのような他のシステムと直接統合し、作業項目の道のりをリアルタイムで完全に自動化し、正確に可視化することができるのです。次の開発段階では、GitHub との統合を追加し、Jira と GitHub がどのように連動するかを確認する予定です。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修