Cover Image

自社のビジネスに最適なマネージドファイル転送ソリューションを探す

2023/3/7 - 読み終える時間: 2 分

Find the Right Managed File Transfer Solution for Your Business の翻訳版です。


自社のビジネスに最適なマネージドファイル転送ソリューション

2023年3月2日

著者: Marco Cardelli / HCL Software

データが大量に送られてくる中、組織はデータの流れを管理し、データをファイルに変換して、これらのファイルを迅速かつ安全に共有する必要があります。そのためには、ワークロードスケジューリング、管理されたファイル転送、リアルタイムのモニタリング機能を備えた優れた Workload Automation ソフトウェアソリューションが不可欠です。

チームメンバーやその他の関係者の間でファイルやデータを転送することは、どの企業にとってもビジネスプロセスで必要なステップです。平均的な企業では、毎日何千ものファイルを転送しており、ファイル転送はWorkload Automationソフトウェアでスケジュールされたジョブの不可欠な要素となっています。進化するビジネス要件に対応するため、ITと連携する企業は、迅速かつ安全な情報共有を確保する必要があります。

ファイル転送や共有の方法は他にもたくさんありますが、最近では管理型ファイル転送ソリューションが人気を博しています。ここでは、最適なマネージドファイル転送ソフトウェアと、安全なマネージドファイル転送に関する情報およびその特長について説明します。

マネージドファイル転送とは?

安全なファイル転送のための信頼性の高い効果的な方法として、マネージドファイル転送またはMFTがあります。MFTは、ファイルやデータを受信者に渡す前に、Open PGPやAES暗号などのプロトコルを用いてセキュリティを確保します。

MFTは、ハイパーテキスト転送プロトコル(HTTP)、セキュアファイル転送プロトコル(SFTP)、ファイル転送プロトコル(FTP)など、他のファイル転送プロトコルや方法よりも優れていると考えられており、機密性や大容量、コンプライアンスで保護されたデータを転送する際に適しています。

小売業、製造業、医療、金融、通信、保険などの企業では、一般的に代替技術よりもこの戦略を好んで使用しています。

マネージドファイルトランスファー(MFT)のメリット

マネージド・ファイル・トランスファー(MFT)のような企業向けファイル転送方法は、あらゆるタイプの企業にメリットをもたらします。しかし、MFTのメリットのほとんどはあらゆる種類の企業や組織に適用されますが、中には業界や特定の要件にのみ関連するものもあります。

サイバーセキュリティの向上

どの組織でも、データ保護に高い優先順位を置いています。ユーザーデータであれ、クレジットカード情報であれ、機密性の高い専有物であれ、情報が正しい手に渡ることを保証したいという強い動機が組織にはあるのです。

社内外のファイル転送を保護することで、マネージド・ファイル・トランスファーは組織のサイバーセキュリティを強化できます。しかし、MFTは、ユーザーやシステム間でファイルを安全に転送するだけではありません。MFTは、手順の自動化、安全な接続の保証、ファイル転送のアクティビティ(ユーザーアクセスを含む)の監視などにも使用できます。

単一のコントロールポイントからファイル転送とワークフローの自動化

複数のシステムが関わっている場合、ファイルの転送や処理がいつ終了するかは、部分的にしか予測できません。したがって、すべての関係者の透明性を確保し、可視性を高めるとともに、顧客の満足度を高め、チームの正気を守るためには、単一の統合プラットフォーム(ビジネスアプリケーションとデータ活動をオーケストレーションするのと同じプラットフォーム)を使用してファイル転送を管理することが重要です。さらに、このプラットフォームでは、(メインフレームからクラウドへの)ファイル転送を他のプロセスと同じように作成、計画、管理しながら、役割に応じたビューを確実かつ徹底的に提供することができるはずです。

強力な暗号化

週に数十ファイルから1日に数千ファイルまで、あらゆる組織のファイル転送要件は、マネージドファイル転送システムによって容易に満たすことができます。MFTは、Open PGP、AES、SSL、SSHという4つの業界標準のデータセキュリティ技術を使用し、転送中および停止中のファイル転送を暗号化および圧縮します。

デプロイメントオプション

MFTソフトウエアのサプライヤーは、さまざまな導入方法と価格帯を提供しています。

  • オンプレミスでのセルフホスティングは、人、技術、メンテナンスとアップグレードに必要な時間などの面で最も柔軟性があります。
  • クラウドでのセルフホスティングは、ローカルサーバーではなく、クラウドサービスプロバイダーを使用することで、迅速な拡張やサーバースペースの縮小が可能です。
  • クラウドの柔軟性と社内サーバーの自由度をミックスしたハイブリッドソリューション。
  • SaaS型は初期費用が安く、アップグレードやメンテナンスのためのダウンタイム管理に必要なスタッフの時間も少なくて済みます。

コンプライアンス要件への対応が容易

ファイル転送を暗号化することは、既存および将来の個人情報保護法、業界特有のコンプライアンス基準、ヘルスケアや小売業などリスクの高い分野における個人情報保護のためのルールへの準拠に不可欠です。

しかし、MFTは、暗号化に加えて、統合された監視、追跡、監査という付加価値を企業に提供します。さらに、アクセスやデータの移動に関するレポートをPDFやCSVファイルとして、マウスで数回クリックするだけで素早くダウンロードできます。

視認性

リスク要因を予測・検討することで、被害を最小限に抑えることができます。また、MFTは、転送の失敗などの問題を運用面で可視化し、積極的な問題解決とSLA遵守を支援します。

スケーラビリティ

グローバルに展開する企業では、ファイル転送の要件が増えることが予想されます。その場合、ファイル転送容量の増加や新しいファイル共有モジュールが必要になります。MFTソリューションは、ビジネスの拡大に対応するために利用できます。

予算に応じたカスタマイズ

データやファイルを共有する必要性は、ビジネスによってさまざまです。この業界には、個別のソリューションを提供するマネージドファイル転送ソフトウェアアプリがたくさんあり、予算に合ったMFTツールを選択できます。

定期的なアップデート

このようなデータを扱う組織では、機密情報や重要な情報を第三者に開示する際には、十分な注意が必要です。ハッカーからファイルを保護するために、頻繁にアップグレードが行われるシステムを使用してください。MFT製品は、データ保護に関する要件の変化に対応するために、アップデートを提供しています。

柔軟性

アプリケーションをオンプレミスにしか展開しない企業もあれば、クラウドベースのサービスを活用する企業もあります。また、ハイブリッドソリューションを採用している企業も複数あります。その結果、MFTツールを手に入れれば、従う方針に関係なく、好きな場所に展開することができるのです。

まとめ

複雑なファイル共有の要件や多数の外部関係者を抱える企業にとって、マネージドファイル転送ソリューションは、セキュリティを維持し、競争力を維持するために不可欠であり、企業の成功に不可欠です。ビジネスネットワークが世界中に広がり続ける中、安全で高品質なマネージドファイル転送サービスを提供するためには、専門的な技術が必要です。

マネージドファイル転送のソリューションをお探しですか?HCL Workload Automationは、すべての自動化ワークフローと統合しながら、内部および外部ファイル転送を支援します。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修