HCL Domino AppDev Pack 1.0.8 のリリース

2021/4/1 - 読み終える時間: ~1 分

2021年3月31日、HCL Domino AppDev Pack 1.0.8 がリリースされました。主な機能追加、改善は以下のとおりです。

  • データベース (またはその一部) の DXL エクスポート
  • protonの 読み取りビューエントリーデータ API
  • proton の管理者API操作 (OAuth 経由)
  • データベースの作成/削除
  • Domino 上の API を OAuth リソース・プロバイダーとして有効化

ダウンロード: HCL Domino AppDev Pack 1.0.8


AppDev Pack に関する記事

2021/1/20 - 読み終える時間: ~1 分

AppDev Pack に関する以下の記事を公開しました。


HCL Domino AppDev Pack 1.0.6 がリリースされました

2020/10/9 - 読み終える時間: ~1 分

2020年10月8日、HCL Domino AppDev Pack 1.0.6 がリリースされました。詳細は製品ドキュメント (英語) を参照してください。

新機能

  • Java API ドキュメントを刷新しました
  • リッチテキスト、エージェント、代理ユーザー操作の Java API をサポートしました
  • カレンダー API アクセス用の新しい排他 OAuth2 スコープ (OWNER-ONLY SCOPEなど)を追加しました。
  • Domino V10.0.1 FP5 のサポートを削除しました。
  • Domino データベースを DXL としてエクスポートするための新しい Node.js API を追加しました。

リリース 1.0.6 でのサポート環境

  • Domino サーバー V11.0.1 以降
  • Node.js V12
  • (プレビュー) Java 1.8以降

HCL AppDev Pack 1.0.4 がリリースされました

2020/3/31 - 読み終える時間: ~1 分

Notes/Domino 11.0.1 と並行して開発されていた HCL AppDev Pack 1.0.4 が一足先にリリースされました。HCL Software License Management Portal からダウンロードできます。

今回のリリースでの新機能・機能改善は以下の通りです。

  • Domino 11.01 以降および Domino 10.0.1 FP4 以降のサポート。
  • AppDev Packインストールキットには、Domino のメジャーリリースごとに個別のアーカイブが含まれています。
  • Notes文書のリッチテキストアイテムに対する domino-dbサポート。
  • Notesデータベースでエージェントを実行するための domino-db サポート。
  • 不正なアプリケーションのプロトン要求レート制限。
  • Proton コンソールのログメッセージが、Domino サーバーのlog.nsfに書き込まれるようになりました。

Domino Event Publisher は継続して開発を進めています。

ダウンロード: https://hclsoftware.flexnetoperations.com/flexnet/operationsportal/entitledDownloadFile.action?downloadPkgId=HCL_Domino_AppDevPack_104&orgId=HCL


HCL Domino AppDev Pack 1.0.3 のドキュメント等の情報について

2019/12/27 - 読み終える時間: ~1 分

2020年12月20日に HCL Domino AppDev Pack 1.0.3 がリリースされましたが、「ドキュメント類がなくてどう使ってよいのか分からない」という声が寄せられています。

現在、ドキュメント類がリリースされていないことは事実で確認をしております。開発部門(海外)は年末年始休暇に入っており確認に時間を要しています。問題は認識しております。もう暫くお待ちくださるようにお願いします。


Notes/Domino 11、Sametime 11、AppDev Pack 1.0.3 がリリースされました

2019/12/20 - 読み終える時間: ~1 分

お待たせしておりました HCL Notes/Domino 11、HCL Sametime 11、HCL AppDev Pack 1.0.3 が本日 2019年12月20日にリリースされました。

HCL Software License Management Portal (ダウンロード・サイト) からダウンロードできます。関連するサポート技術情報を掲載します。

製品ドキュメントは、Dominoサーバーを含め、製品内にNSFで同梱されています。

2019/12/21 07:00 追記

Domino_11.0_SLP_Japanese.exe (Domino用日本語Language Pack)を実行すると、エラーが発生してインストールできない問題が報告されています。ダウンロード・サイト上のこのファイルは Domino_11.0_SLP_Japanese.tar に置換されました。お手数ですが、拡張子が.exe をダウンロードされた場合は、再度のダウンロードをお願いします。あるいは、既にダウンロードされたファイルの拡張子を.tarにリネームしてください。


Webinar リプレイ公開のお知らせ (英語): Domino App Dev Pack: A Low-Code and Pro-Code Update

2019/9/19 - 読み終える時間: ~1 分

以前にお知らせした標記の Webinar が 9/12 に開催されましたが、そのリプレイが公開されました。フォームに記入するとリプレイ (60分) が開始されます。一定期間が経過すると削除されますのでご注意ください。

[https://register.gotowebinar.com/register/4095271096737677325](https://register.gotowebinar.com/register/4095271096737677325)

標題は Domino App Dev Pack ですが、25分にもおよぶ LEAP のデモが含まれていて、どちらかと言えば LEAP に重点がおかれたセッションでした。

LEAP とは

LEAP とは旧 IBM Forms で、ブラウザーを使用してフォームの作成からデータの集計までを行える簡易アプリケーション・ツールです。

簡単なアンケートや集計作業、特にWeb アクセスを必要とする場合、Domino Designer で設計することはかなり骨が折れる作業です。組み込み LEAP を使えば、一般ユーザーに多少の研修を行うことで、フォームの設計から集計までをエンドユーザーに任せられるようになります。

Low-Code 戦略としての LEAP の Domino 組み込み (連携)

その LEAP を Domino に組み込むこと (連携させること) が、Low-Code 戦略の柱の一ひとつとして位置づけられています (製品に内蔵されるのか、別製品の連携なのかは現時点では明らかにされていません)。

LEAP はこれまで WebSphere Application Server を実行環境、データ格納先として DB2 を必要としていましたが、今回の連携ではそれぞれ、Domino と NSF に代替されます。LEAP という製品は引き続き残りますので、従来通り WAS と DB2 を使うこともできます。

NSF にデータが格納されることで、アプリケーションのポータビリティーやアクセス管理がしやすくことが期待されます。ただし、フォームやビューに Notes クライアントからアクセスすることはできません。Notes からアクセスすると Web 画面にリダイレクトされます。フォームの設計で集計したデータは Web ブラウザー上で行います。Domino Designer でフォームに手を多少入れることはできるようです。

なお、今回のセッションでは、ライセンスについては触れられていません。

リプレイの内容

00:00 - 04:50 アプリ開発環境の戦略説明

04:50 - 09:20 AppDev Pack 1.0.2 解説

09:20 - 12:45 V11 および将来展望解説

12:45 - 15:35 Low Code 戦略

15:35 - 22:35 Builder (LEAP) の解説

22:35 - 47:45 デモ

47:45 - 59:49 Q&A


Domino AppDev Pack 1.0.2 がリリースされました

2019/9/17 - 読み終える時間: ~1 分

ここのところ、製品のリリースが続き、嬉しいやら、いろいろと追い付かないことが多く苦しいやらの最近です。 先週、Domino AppDev Pack 1.0.2 がリリースされました。

英語ブログ: https://www.cwpcollaboration.com/blogs/hcl-appdev-pack-version-102-for-domino-is-here

ドキュメント: https://doc.cwpcollaboration.com/appdevpack/docs/en/homepage.html

AppDev Pack は、Domino アプリケーション開発機能を拡張して、外部アプリケーションの権限管理、OAuth によるアプリケーションにアクセスの認可を与える仕組み、Node.js アプリケーションから Notes/Domino にアクセスする仕組みなどを提供するものです。

Domino はこれまで簡易言語、LotusScript、C API、Java API をサポートしてきましたが、AppDev Pack により Node.js をサポートすることで最新の環境に対応しています。Node.js の開発スキルさえあれば、Domino のアプリケーション環境を容易に操作でき、既存のアプリのモダナイズや、既存の Domino インフラを活用して新たなアプリケーション開発が可能になります。

今回の 1.0.2 での改良点は以下の通りです。

Identity and Access Management(IAM)の改善

  • IAM サービスを使用すると、リモート・アプリケーションから OAuth2.0 プロトコルを使用して Domino に対して認証できるようになりました。AppDev Packのバージョン 1.0.2 での改良点は以下の 3 点です。

    • サーバー上の複数のCPUコアをより効率的に使用
    • トークンの有効期限を構成する機能
    • StatsD プロトコルによるサードパーティの統計サーバー統合をサポート
  • 名前、閲覧者、作成者のアイテムを作成、読み取り機能

  • 添付ファイルを作成、読み取り、削除する機能

  • Domino サーバー・タスクである Proton が、Domino ディレクトリーに対してアプリケーション証明書を使用して、エントリーを更新する機能

以上の機能強化に加えて、プリビュー機能 (サポートはされていない機能) として、“Act as User” 機能を実装しています。これは、ユーザーに代わって、domino-db アプリケーションがリクエストを生成する機能です。

リクエストできるようにする「ユーザーとして機能」と呼ばれる機能のプレビューを提供しています。この機能は、AppDevパックの次のような複数のコンポーネントに実装されています。実装されている箇所の例は以下の通りです。

  • IAMサービス:Domino データベース・アクセス部分と、その他のページの関連セクション

  • Proton のデータベース構成でユーザー管理で管理者として機能

  • domino-db モジュールでユーザーとして機能する


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修