Cover Image

市民開発のスーパーヒーローの力を引き出す方法

2024/5月/22 - 読み終える時間: 2 分

How to Unleash the Power of Your Citizen Development Superheroes の翻訳版です。


市民開発のスーパーヒーローの力を引き出す方法

2024年5月20日

著者: HCL Volt MX Team

Excel を使っている人なら誰でも、ビジネス上の問題を解決しようとして行き詰まったときのフラストレーションを知っている。もともと財務計算のために開発されたスプレッドシートは、今日ではあらゆる種類のデータを管理するために一般的に使用されており、その限界はすぐに「Excel 地獄」に陥らせます。

しかし、もしあなたが市民開発者なら、見積書の作成やチームメンバー間のカレンダーの同期など、ビジネスタスクを自動化・デジタル化するアプリケーションを構築することで、Excel地獄から素早く抜け出す方法を見つけることができます。

組織内の他の全員に混乱を引き起こすことなくこれを行うことができる市民開発者は、市民開発スーパーヒーローとして賞賛されるのは当然でしょう。彼らは、自分自身の目的のためだけでなく、チーム全体のために最善の解決策を考え出します。

市民開発スーパーヒーローは、仲間の生活を楽にし、超競争的な世界で組織全体が成功するのを助けます。したがって、彼らを育成し、彼らの善意を支援する組織は、最も大きな利益を得ることになります。しかし、市民デベロッパーは、その力を野放しにしておくと、「スーパーヒーロー」から「悪役」になってしまう可能性があることを覚えておくことには価値があるでしょう。

市民開発スーパーヒーローをサポートするための、最も安全な方法について紹介したいと思います。

あなたの会社には市民開発のスーパーヒーローが必要ですか?

聡明な市民開発者は、ビジネス上の問題を解決するには、延々とスプレッドシートやメールのスレッドに埋没するよりも、もっと良い方法があることを知っている。市民開発スーパーヒーローは、課題を直視してこう言う。「この問題を解決するツールをくれ、さもなければ自分で探す」。

経営陣は市民開発者を奨励すべきであり、市民開発スーパーパワーをC-suiteに示すことは簡単である。結局のところ、従業員にイノベーションを起こす力を与えることは報われるのだ。適切なツールがあれば、従業員はもっと幸せで生産的になれるのに、イライラしながら働かされるよりいいに決まっている。

適切なツールとプラットフォームがあれば、シチズン・デベロッパーはスキルを向上させることができる。IT部門や中央のチームでは思いもつかないような方法でビジネス上の問題に取り組むために、彼らの機知、ノウハウ、創造性を自由に活用することができる。最前線にいる従業員は、そのようなチームよりもはるかに明確に取り組むべき問題を理解し、はるかに効果的なソリューションを生み出すことができる。

一部の企業は、ビジネス能力をデジタル化するためにフュージョン(多分野融合)チームを使い始めている。このようなチームはデジタルトランスフォーメーション・プロジェクトに効果的だが、市民開発者たちだけでも多くのことを成し遂げることができる。ひとつは、CD戦略を持つことで、滞留しているITチームや開発チームの負担が軽減されることだ。市民開発者は、これらのチームが作成待ちのアプリのリストを通して作業するのを待つ代わりに、自らアプリケーションを構築することができる。

市民開発スーパーヒーローはまた、クラウドベースのアプリの出現以来、組織を悩ませてきた難問、究極の悪役、シャドーITとの戦いにも役立つ。シャドーITという不正な現象は、それに関連するコンプライアンスやセキュリティのリスクとともに、従業員主導のITプロジェクトに対してより管理されたアプローチを取ることで抑制することができる。

市民開発のスーパーヒーローを支える知られざるヒーローたち

ローコードやノーコードのツールやプラットフォームを活用することで、市民開発者はタスクを簡単に自動化し、ドラッグ&ドロップ機能を備えた直感的なセルフサービス・インターフェースを介してカスタム・アプリケーションを作成できます。一度インターフェースに慣れれば、従業員は定義済みのモジュールや組み込み機能を使用してフォームを作成し、効率的にデータを収集できます。

適切なシチズン開発環境が整っていれば、従業員はIT部門や専門の開発チームの助けを借りることなく、カスタムアプリケーションを構築するのに必要なツールとデータを手に入れることができます。それでも、従業員の努力は孤立無援で行われるわけではない。市民開発戦略を成功させるには、非技術系社員とIT部門の人々の協力が必要です

手始めに、能力とリソースを調整し、コンプライアンスを確保するために、IT部門は市民開発者のアプリケーションを検証し、統合する必要があります。理想的なシナリオでは、市民開発者とIT部門は協力関係にあり、それぞれが定義されたパラメーターの中で働き、部門間のコミュニケーションと理解を促進します。

市民開発スーパーヒーローを育成し力を与えることはプロのソフトウェア開発者が取り残されることを意味しません。実際、市民開発戦略を成功させるには、プロの開発者と市民開発者の両方が協力する必要があります。

市民デベロッパーは自分自身やチームのためにアプリを作ることはできますが、そのアプリが他の事業部門にとって有益になる場合は、プロフェッショナルの支援を必要とします。アプリやそのコンポーネントを、ゼロから作り直すことなく、組織の他の部署で再利用できるかどうかは、プロの開発者次第です。これは全社的なコラボレーションとイノベーションを促進するだけでなく、効率と生産性を高めます。

世界最大の航空会社の1つであるルフトハンザ航空もそのひとつです。ルフトハンザ航空は、市民開発を活用して、さまざまな部門を橋渡しする複雑な貨物受入・請求書作成アプリケーションを立ち上げました。また、別の市民開発アプリケーションでは、客室乗務員のバッジを作成し、彼らが話す言語を表示しています。これらは、過去10年間に作成された11,500のアプリケーションのほんの2つの例に過ぎません。現在、2,500 のアプリケーションがアクティブであり、ルフトハンザの12万人の従業員が市民開発者によってさらに多くのアプリケーションを開発する権限を与えられています。

市民開発懐疑論者との戦い: 市民を味方につける方法

適切なプラットフォームとガバナンスがあれば、不満を抱えた従業員が生産的な市民開発者、つまり市民開発スーパーヒーローになれます。市民開発スーパーヒーローは、スプレッドシートやメール、複雑なコラボレーション・ソフトウェアの制限にとらわれることなく、市民開発環境を活用して非効率を排除し、ITのボトルネックから解放され、問題が発生すると迅速に解決する。

シチズン・デベロッパーに権限を与え、従業員が創造性を発揮し、スーパーヒーローになるための自主性を与える組織は、Digital+ Economy で成功する可能性が高い。ルフトハンザのように、あなたの組織には、問題を迅速に解決し、特定のビジネスニーズに応えるために設計されたソフトウェア・アプリケーションの包括的なコレクションを構築する機会があります。

あなたの組織のITチームに市民開発懐疑論者がいたとしても、協力し合い、コラボレーションの文化を育てることで、彼らを味方につけることができます。この点では、Volt MXが役立ちます。Volt MX は、シチズン開発に安全で管理された環境を提供し、コンプライアンスとデータの完全性を保証します。Volt MX のローコードツールにより、市民開発者はアプリケーションを構築することができ、IT部門はそれを検証して他のユーザーに拡張できます。時には数分で完了することもあります。

Volt MX は、組織の変革を率先する市民開発のスーパーヒーローとして、際立った役割を果たすための出発点となり、スプレッドシートやその他の時代遅れのツールの制限やフラストレーションから同僚を解放する力を与えてくれます。

なぜ待つのですか?組織の市民開発スーパーヒーローになって、問題の解決策を今すぐ作り始めましょう。Volt MX を使って、あなたのスーパーヒーローの力を無料でお試しください。


Cover Image

HCL Volt MX: 市民開発を成功させる5つの秘訣

2024/5月/16 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Volt MX はノーコードからプロコードまでをカバーするライセンスであり、ノーコードからローコードをカバーする HCL Leap と ローコードからプロコードまでカバーする HCL Volt MX を包含したものです。これを活用することで社内のニーズをくまなくカバーできます。その概要、実際、事例をまとめた冊子を公開しました。

画像の説明

  • 03 | はじめに
  • 04 | 市民開発者に迅速に力を与える
  • 05 | 市民開発の成功 - その謎を解く
  • 06 | #1 適切なチームへ適切なツールを提供
  • 07 | #2 安全で管理された環境の提供
  • 08 | #3 開発ツールセットの充実
  • 09 | #4 ローコード開発の人材・組織の充実
  • 10 | #5 市民開発者とプロの開発者のコラボレーションの促進
  • 12 | 市民開発成功事例: ルフトハンザドイツ航空
  • 13 | HCL Volt MX で市民開発者に力を

Cover Image

イノベーションを加速させる市民開発者のエンパワーメント方法

2024/4/11 - 読み終える時間: 2 分

How to Empower Citizen Developers to Accelerate Innovation の翻訳版です。


イノベーションを加速させる市民開発者のエンパワーメント方法

2024年4月2日

著者: Martin Lechleider / Director, Product Management, HCL Domino Leap

新しいのは、ITの複雑性、シャドーIT環境、バックログなど、その結果組織が直面している課題の増加です。市民からプロフェッショナルまで、あらゆる開発者のビルドとコラボレーションをサポートするアプリケーション開発プラットフォームがあれば、どのような組織でも、ビジネスとITのハードルを克服しながら、より迅速なイノベーションを推進できます。

私たちは最近、MIT SMR Connectionsとウェビナーを開催し、HCLSoftwareのエグゼクティブ・バイスプレジデントである Richard Jefts と、HCLSoftwareの製品管理担当バイスプレジデントである Andrew Manby がパネルに参加し、以下のような市民開発の実装について知っておくべきことをすべて説明しました。

  • プロの開発者と市民開発者のコラボレーションを促進する方法
  • 強力なITガバナンスとセキュリティの確立方法
  • 市民開発におけるAIとその役割の拡大

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!ライブ・セッションではお答えしきれなかった素晴らしい質問がたくさんありました。ウェビナーを見逃した方は、こちらからオンデマンド再放送をご覧ください。それ以外の方は、以下のQ&Aをお読みください。

市民開発を始めるには

Q. 望ましいビジネス成果に関して、市民開発者のコンセンサスをどのように構築しますか?サイロ化を避けるには?

A. ビジネス上の成果はさまざまだが、アプリケーションのパターンについては、市民開発者の間でコンセンサスが得られています。彼らは、ウェブフォームの構築、データの取得、追跡、分析、プロセスの自動化を望んでいます。これらの機能を利用しやすく、セルフサービス方式で提供するサービスを一元化することで、組織はサイロ化することなく、すべての市民開発者に力を与えられます。

Q. 市民開発者は、アプリ開発に必要なスキルをどこでどのように取得すべきでしょうか?市民開発者は基本的なコーディング知識が必要ですか?

A. ノーコード/ローコードプラットフォームは、市民開発者が表計算ソフトのようなツールですでに作業できるのであれば、トレーニングは必要ないにせよ、ほとんど必要なく始めることができるはずです。市民開発者は、伝統的なITアプリ開発の概念についてトレーニングを受ける必要はないはずです。むしろプラットフォームは、彼らがビジネス上の問題に集中し、認証、データベース、フォームフィールドのバインディング、開発/運用といった技術的なコンセプトを自動的に処理するのを助けるべきです。トレーニングが必要ないというわけではありません。ユーザーがより洗練されていくにつれて、ワークフロー、バリデーションロジック、サービスの利用、高度なスタイリングなどに関するトレーニングが必要になるだろう。トレーニングは、使用する製品の一部、または製品に含まれ、オンデマンドで利用できるようにする必要があります。

Q. 市民開発を最大限に活用しながら、企業全体の再利用を管理するには?

A. シチズン・デベロップメント・プログラムを成功させるには、単にユーザーにツールへのアクセスを与えるだけでは不十分です。すぐに使える機能は、良いスタートにはなりますが、ユーザーをここまでしか導けません。IT部門は、市民開発者の生産性を高めるために、いくつかの分野に投資する必要があります。

ユーザーはデータにアクセスする必要があります。これには、ワークフローアプリケーションを構築するための組織内の人々に関するデータ、販売やサービスに役立つアプリを構築するための顧客や製品に関するデータ、ダッシュボードや分析アプリを構築するためのパフォーマンスに関するデータなどが含まれます。アクセスはIT部門によって管理され、権限を与えられた市民開発者が安全で利用しやすい方法で利用できるようにする必要があります。一般的なユースケースやパターンでユーザーを支援するために、IT部門はカスタムテンプレート、ウィジェット、テーマを利用できるようにすべきであります。これらにより、ユーザーはすぐに使える製品よりも、より素早く、より高いレベルでアプリを構成できるようになります。また、ユーザーがより多くの、信頼性、一貫性のある、標準的な外観と動作を持つアプリを構築するのに役立ちます。

ガバナンス

Q. 組織内の誰もが単にシチズンアプリを構築することを決定できるのでしょうか、それともビジネスが特定の従業員、または従業員グループにシチズンアプリを構築する許可を与える必要があるのでしょうか?

A. 市民開発には、多くの約束と課題があります。ほとんどの組織は、特定の従業員にアプリを作る許可を与えることで、市民開発に手を出したことがあります。つまり、会社のメールやコラボレーション・システムのように、最小限の摩擦で全従業員にツールを開放することを意味します。私たちはここに最大のメリットを感じています。

Q. 機密保持が問題になる可能性があるのに、ビジネス・ユーザーに独自のアプリケーションを開発させるというコンセプトが理解できません。

A. 市民開発者は、プラットフォームがサポートし、社内ポリシーに準拠する範囲内で、好きなものを自由に作れる環境にいる必要があります。例えば、作成されるアプリは、複雑さの規模や処理するデータの量や種類が少ない、内部向けのものに限定することができます。プラットフォームはイントラネット専用に構成し、データサイズに制限を設け、機密性の高いデータを扱うアプリの構築に対する内部ポリシーを設定できます。

Q. 市民開発者に開発権が与えられると、IT部門は大変なことになります。暴走するコード在庫をどのようにコントロールするのですか?

A. 市民開発を2つのゾーンに分けて考えることができます。

  • ユーザーがITの関与なしに安全にアプリを作成できるセルフサービスゾーン。
  • 市民開発者がプロの開発者と協力するアシストゾーン。

最初のゾーンでは、IT部門がデプロイされたアプリを追跡することが不可欠です。IT部門は、アプリの所有者が誰なのか、アプリのサポートに連絡できるのは誰なのか、アプリの種類、アプリの予想使用期間、予想される使用レベルとデータ量などを把握する必要があります。アプリの所有者は、これらの質問に対する回答を提供する必要があり、またIT部門がプラットフォームに導入している利用ポリシーを遵守することに同意する必要があります。

アプリ所有者とIT部門間のチェックインは、アプリがデプロイされてから数週間後に開始される自動化されたプロセスにする必要があります。このプロセスでは、アプリ所有者に通知し、証明書を提示する必要があります。認証フォームがアプリ所有者によって記入されていない場合、IT部門はアプリをデプロイから削除する必要があります。

このプロセスを定期的に繰り返して、アプリがまだ必要かどうか、所有者とサポート連絡先が変わったかどうかを確認する必要があります。そしてまた、アプリの所有者からフォームが返送されなかったり、アプリが不要になったりした場合、IT部門はアプリをデプロイメントから削除する必要があります。認証プロセスは、不要なアプリの乱立を回避し、市民開発者に組織のポリシーを遵守する責任を負わせるための重要な要素の1つです。

市民開発者がIT部門と協働する2つ目のゾーンでは、アプローチは異なることがあります。IT部門が関与することで、セキュリティ、コンプライアンス、スケーラビリティ、可用性、保守性に関連する問題を管理できる一方、市民開発者はアプリのビジネス面に集中することができます。IT部門は、アプリのセキュリティ強化やスケーラビリティの定義などを理解しています。ここが彼らの専門分野だ。シチズン・デベロッパーはビジネスの専門家なのだ。

コラボレーション

Q. 市民が開発したアプリケーションをITが強化したアプリケーションに移行する方法はありますか(つまり、市民の手を離れて、プロフェッショナルなアプリに開発するために移行する)?

A. 重要な考慮点は、市民開発者が作成したアプリをプロの開発者が拡張・強化できるプラットフォームを選択することです。市民開発者によって開発されたアプリは、ある時点で強化され、企業アプリになる必要があるかもしれません。また、市民開発者が、IT部門が主導する大規模な取り組みの一部に関わっているというシナリオもあるかもしれません。

あるいは、コンセプトを証明するためのプロトタイプの構築に携わり、それが成功すればプロのIT開発者に引き継いで完成させることもできるだろう。このような能力を持つことで、最終的なソリューションが改善され、アプリを書き直す必要がなくなるため、時間と労力が節約されます。

人工知能(AI)

Q. AIは市民開発者の助けになると思いますか?

A. もちろんです。AIは、開発者の生産性やアプリ作成の自動化など、多くの分野で市民開発者を助けられます。多くの場合、最大の課題はツールを使ってどのように問題にアプローチするかを理解することです。AIはここで役立ちます。AIは過去の経験から学習し、あなたのインプットを基に作成した部分的なソリューションから作業を始められます。また、生産性という点では、アドレス・ブロックのフィールド名を入力するような単純なことでも、AIが自動的にやってくれることがたくさんあります。

アプリのデバッグに関しては、AIは問題に対する深い洞察と迅速な解決を約束します。これはすべて、スピードと品質の向上を意味します。AIはまた、あなたが構築するアプリの機能としても有望です。例えば、より深い分析のためにデータをハイライトして解釈するのに役立ちます。

今こそ市民開発を受け入れる時です。HCL Volt MXは、あらゆるスキルの開発者が協力してビジネス課題を解決することを可能にし、アプリの構築とデプロイに必要な時間、コスト、技術的な専門知識を削減します。

HCL Volt MXの詳細はこちら をご覧ください。


Cover Image

Digital Foresight 2023-24 講演動画の公開

2024/3/31 - 読み終える時間: ~1 分

日経クロステック主催の Digital Foresight 2023-24 で HCL は「アプリ開発の新潮流、ローコード x AI活用でアイデアを催促で実現」と題して対談形式の講演を行いました。HCLSoftwareは市民開発からプロ開発までカバーするローコード開発環境を提供していますが、この講演ではその全体像を紹介しています。

その時の記事要約と動画が公開されました。以下のページからご覧ください。

画像の説明

画像の説明


Cover Image

HCL Volt MX、企業向けローコードツールとして Constellation ShortList & trade に選出される

2024/2/27 - 読み終える時間: 2 分

Volt MX Named on Constellation ShortList™ for Enterprise Low-Code Tools の翻訳版です。


HCL Volt MX、企業向けローコードツールとして Constellation ShortList & trade に選出される

2024年2月26日

著者: HCL Volt MX Team

Volt MX が Constellation ShortList™ Enterprise Low-Code Tools and Platform に 3 年連続で選出されました。これは、ローコード開発の領域における革新と卓越性に対する HCLSoftware の絶え間ない努力を証明するものです。

Constellation ShortList は、Constellation Research のアナリストが、顧客からの問い合わせ、パートナーとの対話、顧客からのフィードバック、ベンダーのプロジェクト、市場分析、および30社以上の社内調査を網羅する、綿密な調査プロセスを採用して選定しています。この包括的なアプローチにより、最も優れたソリューションのみがショートリストに掲載されます。

では、何が HCL Volt MX を際立たせ、このリストに選ばれたのでしょうか。検討された基準のいくつかと、私たちのアプローチがどの点で評価されたを紹介します。

  • コーディングや技術的な専門知識を最小限に抑えた使いやすさ: HCL Volt MX プラットフォームは、直感的なインターフェイスと、市民とプロの開発者の両方に合わせた専用の開発環境のおかげで、さまざまな習熟度のユーザーが簡単にアプリケーションを開発できるようにします。

  • 効果的なデスクトップとモバイルのユーザー体験: Volt MX があれば、ネイティブのマルチエクスペリエンス・イノベーションの最前線に立つことができます。Progressive Web Application からネイティブ・モバイル・アプリケーションまで、Volt MX はあらゆる種類のデバイスで優れたユーザー・エクスペリエンスを提供し、ユーザビリティとエンゲージメントを確保します。

  • 幅広い統合タイプとソース: 単なるコネクタにとどまらず、Volt MX は、既存のIT投資とシームレスに統合するためのオープンで拡張可能なフレームワークを活用することで、バックエンドの統合、認証、メンテナンスコストの削減を簡素化する堅牢なミドルウェアを提供します。

  • 大量のアプリを処理する管理とガバナンス機能: Volt MX は、大量のアプリケーションを効率的に処理し、コンプライアンスとセキュリティを確保するための堅牢な管理機能とガバナンス機能を提供します。

  • アプリケーション・テンプレートと組織ブランディングのサポート: アプリケーション・テンプレートと組織ブランディングをサポートし、開発プロセスを合理化し、ブランド・アイデンティティを強化します。

ローコード開発の領域で HCL Volt MX が傑出している理由を、ぜひ調査して直接お確かめください私たちにお問い合わせいただくか、Volt MX を無料でお試しいただき、私たちがどのようにお客様の組織をデジタルトランスフォーメーションと成功に向けて推進できるかをご確認ください。


Cover Image

HCL Volt MX Go: 開発者向け自習コンテンツの公開

2024/2/13 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Volt MX Go は Domino アプリを HCL Volt MX プラットフォームと連携させる製品です。開発者向けチュートリアルを公開しました。

サンプルの Domino アプリを Volt MX 環境にインポートし、モバイルアプリ向けに最適化する基本を学べます。

無償で利用可能な HCL のクラウド環境 (HCL SoFy) を使用できますので、費用と手間がかかりません (開発環境をダウンロードしてお手元のPC/Macにインストールが必要)。ゼロからのセットアップを含めて 3-4時間程度で完了できます。是非お試しください。


Cover Image

Building Innnovative Apps (革新的なアプリの作成) のブローシャの公開

2024/2/11 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Volt MX はモバイル、Web、OS のネイティブアプリをすべて一つのコードから作成できる極めて合理的で生産性が高い開発ツールです。その特長をコンパクトにまとめたブローシャを公開しました。

画像の説明


Cover Image

ニュース: HCL Volt MX が SAP Store で販売開始

2023/12/28 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Volt MX Now Available on SAP Store の翻訳版です。

プロフェッショナルおよび市民開発者が、SAPの単一のマルチ・エクスペリエンス・ローコード・プラットフォーム上で、コストと複雑性を抑えながら新しいソリューションを構築できるようになります。

公開日 2023年11月28日

HCLSoftwareは本日、プロフェッショナルと市民開発者向けの統合ローコード開発ソリューションである HCL Volt MX が、SAP とパートナー製品向けのオンラインマーケットプレイスである SAP Store で利用可能になったことを発表しました。HCL Volt MX の実証済みの統合機能により、企業は IT ランドスケープの中核にある SAP への投資を利用して、あらゆるデジタル接点でイノベーションを起こせます。

世界の主要企業がSAP上で事業を展開している中、新しく革新的なアプリケーションに対する需要は、IT 部門の開発能力を上回っています。ビジネスとITのリーダーは、すべての従業員を巻き込んで、これらのソリューションを迅速に提供するためのより良い方法を見つける必要があります。HCL Volt MX との統合により、SAP の顧客は、高度なノーコードからローコード、プロコード機能によって、アプリケーションの市場投入までの時間を短縮できます。

「HCLSoftware のジェネラルマネージャー兼 HCLSoftware デジタルソリューション担当エグゼクティブバイスプレジデントである Rechard Jefts は、次のように述べています。「HCL Volt MXローコードプラットフォームを使用することで、より多くのSAP顧客やSAPエコシステム内の組織が、変革的な顧客・従業員体験ソリューションを迅速に構築することが容易になりました。HCLSoftwareの革新的なプラットフォームとSAPとの強固な統合の組み合わせは、すでに顧客のソリューションに大きな価値をもたらしています」。

SAPとの統合に成功したHCL Volt MXの顧客には、以下の企業が含まれます。

  • 文房具、テクノロジー、オフィス用品、教育リソースを扱うオーストラリアの大手小売業者、Officeworks:在庫管理ソリューションを構築し、店舗メンバーが行うタスクの時間を短縮し、効率を向上させ、手作業プロセスに関連するコストを削減。
  • 北米の市役所:SAPのサービス管理統合を利用して業務機能を自動化する作業指示管理モバイル・アプリケーションを開発。
  • 印刷・コンテンツ管理ソリューションプロバイダー:注文管理のためのフィールドサービスアプリケーションを導入。技術者の生産性が25%向上し、顧客満足度が40%向上。

SAPとHCL Volt MXの強みを活用することで、顧客は複雑さとコストを削減し、デジタルトランスフォーメーションとアプリのモダナイゼーションイニシアチブを加速する上でビジネス上不可欠な、さらに大きなビジネス価値を引き出せます。

詳細については、SAP Store、または HCL Volt MX のページで無料トライアルをリクエストしてください。

SAP Storeはstore.sap.comにあり、SAPとそのパートナーが提供する2,300以上のソリューションを検索、試用、購入、更新するための簡素化され、接続されたデジタル顧客体験を提供します。顧客はそこで、ビジネスの成長に必要なSAPソリューションやSAPが検証したソリューションを見つけることができます。また、SAP Storeでの購入1件につき、SAPが1本の植樹を行います。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOpes Velocity DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Code RealTime DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Plan DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience Discover document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i iControl ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修