HCL OneTest の最新リリースの機能と利点

2021/4/5 - 読み終える時間: 2 分

Latest HCL OneTest Release Boasts Several Benefits, Features の翻訳版です。


HCL OneTest の最新リリースの機能と利点

2021年4月2日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCL Software

画像の説明

最新の HCL OneTest 10.1.3リリースには、プロジェクトのライフサイクルを通してUI、パフォーマンス、APIなどの分野で継続的にテストを行うためのいくつかの利点と機能が含まれています。

その内容を簡単にご紹介します。

テスト機能の拡充

GraphQLエンドポイント(マイクロサービス上でクエリを構築するための一般的な手段)を簡単にテストできるようになります。これはREST/JSONベースのサービスと似ていますが、クエリやミューテーションに関連する特定の機能があるため、専用の機能を提供することが望まれます。

以下のものを扱うためのサポートも充実しています。

  • GraphQLクエリ
  • クエリーとミューテーションの構築
  • イントロスペクションによるGQLスキーマの取得
  • GQLエンドポイントの仮想化

テスト中のアプリケーションの設定管理が容易に

HCL OneTest 10.1.3では、アプリケーション構成ツールキットが刷新され、Web、Android、iOS、Windowsアプリを使いやすいWebインターフェイスで構成できるようになりました。

AI/MLテストドリブンソリューション

HCL OneTest Dataには、複数の出力テーブル間のデータの相互相関を可能にする参照整合性モジュールが含まれており、ビジネス・シナリオを適切にモデル化するために必要なすべてのリンク・データを生成することができます。例えば、注文履歴テーブルに複数のリンクされた購入を持つ顧客レコードを設定することができます。

アプリケーションモデリング

HCL OneTest 10.1.3では、システムモデルビューの最初の部分が導入され、ユーザーは実行中のテストや仮想化しているコンポーネントがどのように接続されているのか、その品質の状態を素早く視覚的に把握することができます。

また、仮想サービスにおいては、アプリケーションのどの要素を仮想サービスで表現するのかを明確にすることで、モデル内の依存関係を置き換えるために仮想サービスの利用を迅速かつ容易に開始することができます。

例えば、外部依存性をモデル化し、そのモデルコンポーネントにバーチャルサービスを関連付けることで、ユーザーは膨大なバーチャルサービスのカタログを調べることなく、コストのかかるサードパーティのサービスを簡単に削除することができます。

SAPエコシステムサポートの更新

SAP GUI 7.60は最新のメジャーリリースであり、HCL OneTest 10.1.3は最新の機能や変更点を完全にサポートしています。

他にもたくさん

今回のリリースには、お客様のアイデアがいくつか含まれています。私たちは、テスターのコミュニティを大切にしており、提出されたすべてのアイデアを評価しています。製品に反映させるために最善を尽くしますので、どうかご意見をお寄せください。


HCL OneTest: 進化するアビオニクスの検証と妥当性

2021/4/1 - 読み終える時間: ~1 分

Advancing Avionics Verification and Validation の翻訳版です。


HCL OneTest: 進化するアビオニクスの検証と妥当性

2021年3月31日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCL Software

画像の説明

アビオニクス・ソフトウェア・エンジニアリング・プロジェクトの遅延を減らすことは、エラーが致命的な損失につながる可能性のあるソフトウェアの失敗リスクのために非常に困難です。実際に、ソフトウェア検証・妥当性確認プロジェクトの90%以上が遅れて納入されています。

航空電子機器の検証と妥当性確認は、規制要件である DO-178B または DO-178C ソフトウェア規格に準拠するために多大なエンジニアリングの努力を必要としますが、チームは市場投入までの時間の目標を達成するために、自動化によってこの労力を削減する方法を常に模索しています。

HCL Engineering and R&D Services (ERS) は、航空分野における世界最大級のサードパーティサービスプロバイダであり、ボーイング、エアバス、ボンバルディア、エンブラエル、ガルフストリーム、COMACなどの主要プログラムのアビオニクスおよびエレクトロメカニカルシステムについて、世界中の15社以上のアビオニクスのお客様と協力しています。

HCL ERSのアビオニクス・チームは、10~15年前から IBM Rational Test RealTime を使用しており、同製品に関する深い専門知識を持っていましたが、Test RealTime には検証プロセスをより効率的かつ効果的にするための機能がいくつか欠けていました。

そのため、HCL OneTest Embeddedのエンジニアリング・チームと協力して、HCL OneTest Embedded をすべてのテスト・フェーズで使用できるようにするための新機能を導入しました。

HCL ERSが導入したソリューション (eDAT) は、C/C++ ライブラリ(ディスクリートI/O、ARINC バス...をサポート)を介して、テスト対象のシステムとテスト専用のマシンをインタフェースするワークベンチに依存しており、OneTest Embedded の使用に基づいて、アビオニクス・ソフトウェア・テスト/検証・妥当性確認の上位5つのカテゴリ(コードレビュー、ローレベルテスト、ソフトウェア-ソフトウェア統合テスト、ハードウェア-ソフトウェア統合テスト、分析)を対象としています。

OneTest Embedded を使用して、ソフトウェアコードの正確性と一貫性を確保しながら、テストケース作成の労力を20~25%削減した事例をダウンロード できます。また、コード・カップリング解析の作業を3分の1に減らし、700時間以上の作業を削減しました。さらに、コールグラフやスクリプトレスのビジュアルテストエディタによるテスト作成支援により、14%以上の削減を達成しました。


DevOps に影響を与える技術トレンドと、それがあなたにとって何を意味するのか

2021/2/17 - 読み終える時間: 3 分

Tech trends impacting DevOps, and what they mean for you の翻訳版です。


DevOps に影響を与える技術トレンドと、それがあなたにとって何を意味するのか

2021年2月15日

著者: Elise Yahner / Marketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps.

画像の説明

調査・アドバイザリー会社のガートナーは先日、DevOps に影響を与えるテクノロジートレンドのトップ 10 を概説したインフォグラフィックを発表しました(ガートナーのサブスクリプションをお持ちの方はこちらからご覧になれます)。このインフォグラフィックは、製品、プラットフォーム、およびガバナンスを改善するためのデジタルトランスフォーメーションの取り組みのロードマップとして機能します。私たち、HCL Software DevOps グループでは、これらのトレンドの実用的な適用と、なぜこれらのトレンドが重要なのかについて議論してきました。DevOps に影響を与える Gartner 社の技術トレンドの一部をご紹介します。


アジャイル製品の提供

Gartner は次のように書いています:「価値あるソフトウェアの継続的なデリバリーは、継続的なインテグレーション、継続的なテスト、機能フラグの管理、継続的なモニタリングを含むアジャイルプラクティスによって達成されます」。

HCL Software DevOps の見解: 適切な自動化ツールを適切に配置することは、組織にとってアジャイルな製品デリバリーの鍵となります。現在のソフトウェア・デリバリー・パイプラインにあるすべての手動プロセスを特定してください - 承認をメールで送信することから、テストを実行するタイミングをシステムに伝えることまで、すべてが適切なツールによって合理化され、改善されます。自動化できるプロセスが増えれば増えるほど、チームがビジネスの成果を出すことに集中できる時間が増えます。

このトレンドをサポートするツール:HCL LaunchHCL OneTestHCL AccelerateHCL Compass

画像の説明


継続的な品質維持、向上

ガートナー社は、「継続的品質とは、品質保証の概念を、機能的欠陥と非機能的欠陥からの予防、検出、回復可能性に至る一連の継続的な活動にまで拡大したものである」と述べています。

HCL Software DevOps は言う。繰り返し可能なデリバリー・パイプラインを確立することは、「Day 1 DevOps」ですが、継続的な品質を取り入れることは、成熟した「Day 2 DevOps」パイプラインの特長です。テストは、ソフトウェアのデリバリープロセスの特定の部分だけに限定されるべきではありません。品質を確保し、問題を早期に発見し、進歩を加速させるために、テストは開発全体を通して頻繁に行われるべきです。

このトレンドをサポートするツール:HCL OneTestHCL Accelerate


継続的なコンプライアンスの自動化

継続的なコンプライアンスの自動化は、コンプライアンス違反の発見と検出、ポリシーの実施とレポートの自動化、および脆弱性の修正により、リスクを軽減するのに役立ちます。

HCL Software DevOps の見解: これらのトレンドに気づいていますか?これらの取り組みの多くの原動力は、セキュリティ、コンプライアンス、品質です。成熟した DevOps 組織では、ガバナンスは誰かの仕事だとは言えません。コンプライアンスの確保は、組織内でのアクセス、役割、責任の割り当て方から始まります。DevOps パイプライン全体で使用するツールは、品質ゲートを強制し、コードとしてのポリシーを維持し、矛盾を報告するために連携する必要があります。ワークフロー全体にまたがることができる、実績のあるセキュリティとコンプライアンスの自動化ツールに投資することは、競争力を維持し、組織が次の大きなセキュリティ侵害の中心になることのないようにするための鍵となります。

このトレンドをサポートするツール: HCL Accelerate

画像の説明


バリューストリームエンジニアリング

ガートナーは、「ローカル最適化を避け、システムレベルのアプローチで顧客価値の流れを改善する」と述べています。

HCL Software DevOps の見解: このトレンドは、他のすべてのトレンドを網羅しています。このトレンドは、他のすべてのトレンドを網羅しています。バリューストリーム管理は、DevOps パイプラインのデータを統合し、パフォーマンスと戦略を全体的に見ることができるようにします。VSM は、データベースの DevOps 環境を構築し、信頼とコミュニケーションを中心とした組織文化を構築するための鍵となります。今、VSM のトレンドに乗っている組織は、あっという間に競合他社よりもはるかに先を行くことになるでしょう。あなたは取り残されている余裕がありますか?HCL Software DevOps の使命は、適切なデータを適切なタイミングで提供することで、製品チームがソフトウェア・デリバリー・パフォーマンスを向上させることです。

このトレンドをサポートするツール: HCL Accelerate

ガートナーのリストに追加するトレンドはありますでしょうか?コメントで教えてください。


HCL OneTest 10.1.2: UI に関するアップデート

2021/2/8 - 読み終える時間: ~1 分

Several Updates for UI in HCL OneTest Version 10.1.2 の翻訳版です。

HCL OneTest 10.1.2: UI に関するアップデート

2021年2月5日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCL Software

画像の説明

HCL OneTest 10.1.2 がリリースされました。また、主に Fix Pack ですが、このリリースにはいくつかのエキサイティングな新機能が含まれています。

OneTest UI ユーザーの皆様には、10.1.2 では以下のアップデートを提供しています。

  • 新しいレポート作成フレームワークでは、必要に応じてスクリーンショットのような詳細の有無に関わらず、PDF エクスポートが可能になりました。
  • 新しいレポーティングフレームワークは、レポートステップからテスト実装ステップへのジャンプをサポートしています(デスクトップ IDE からのみ実行する場合)
  • Web、Android、iOS、デスクトップのアプリケーションを単一の UI で設定できるため、テスト対象のアプリケーションの設定が簡素化されています。
  • ブラウザーの互換性の問題に対処し、使用しているブラウザーのバージョンに合った Web ドライバがあるかどうかを自動的に確認し、ない場合はシングルクリックでインストールします。
  • モバイルネイティブとハイブリッドアプリケーションの継続的な実行 TechPreview 今回のリリースでは、リアルデバイス、シミュレータ、デバイスクラウド上での iOS ベースのアプリケーションのサポートを提供します。
  • Windows ネイティブ・アプリケーションの継続実行 サポート TechPreview 10.1.2では、マルチウィンドウ・アプリケーション、ダイアログ、ポップアップ・ウィンドウの処理方法が改善されました。

ここで、OneTest UI の新機能について詳しく説明しています。または、最新リリースについて説明するオンデマンド・ウェビナーをご覧ください。


HCL OneTest 10.1.2: API、仮想化の機能を強化

2021/2/8 - 読み終える時間: 2 分

HCL OneTest Version 10.1.2 Brings Cool Enhancements to API, Virtualization の翻訳版です。


HCL OneTest 10.1.2: API、仮想化の機能を強化

2021年2月3日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCL Software

画像の説明

HCL OneTest 10.1.2 がリリースされました。このリリースは主に修正パックですが、私たちのチームはこのリリースにいくつかのエキサイティングな新機能を盛り込みました。

OneTest APIOneTest Virtualization のユーザーにとって、 10.1.2 では以下のような素晴らしい機能強化が行われています。

  • Postman コレクションの移行

    Postman の機能を、使い慣れた OneTest API のすべてのアクションで拡張します。

  • Chai Script のサポート

    Chai スクリプトのカスタム関数言語サポートを追加しました。

  • SWIFT スキーマの更新

    ユーザーが複数のSWIFTスキーマ・バージョンを持つことで、アップグレード・シナリオのテストをより簡単に行えるようになりました。

  • Istio 1.6 サポート

    最新の Istio Service Mesh テクノロジーをテストして仮想化します。

ここで、OneTest API と OneTest Service Virtualization の新機能について詳しく説明しています。または、最新リリースについて説明するオンデマンド・ウェビナーをご覧ください。


HCL OneTest 10.1.2: OneTest Performance の新しいアップデート

2021/2/3 - 読み終える時間: ~1 分

HCL OneTest Version 10.1.2 Features New Updates for OneTest Performance の翻訳版です。


HCL OneTest 10.1.2: OneTest Performance の新しいアップデート

2021年2月1日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCL Software

画像の説明

HCL OneTest 10.1.2 がリリースされました。このリリースには、主に修正パックが含まれていますが、私たちのチームは、いくつかのエキサイティングな新機能が含まれています。

HCL OneTest Performance のユーザーにとって、10.1.2は以下のようなアップデートを提供しています。

  • Brotliサポート:Brotliエンコーディング・メカニズムを実装したサービスからのデータを解凍して作業します。
  • カスタム・コードからのデータセットへのアクセス:テスターは、カスタム・コード・ステップからデータセットの値を操作し、データセットからデータセットへの値の読み書きができるようになりました。
  • 64 ビット SAP サポート:SAP GUI ベースのアプリケーションを使用するために、OneTest Performance の 32 ビット版を使用することに制限されなくなりました。
  • レポートの機能強化により、カスタムのパーセンタイル・カウンターを使用できるようになりました。
  • 結果データの JSON 形式へのエクスポートをサポートするレポートの機能強化。
  • レポートの機能強化により、OneTest Serverへの大規模なパフォーマンス・レポートの公開がサポートされました。

OneTest Performance の新機能の詳細については、ここをクリックしてください。または、最新リリースについて説明するウェビナー (リプレイ)をご覧ください。


より低コストでテストを加速させる

2020/10/30 - 読み終える時間: 4 分

Accelerating Testing at Reduced Costs の翻訳版です。


より低コストでテストを加速させる

2020年10月29日

著者: Navnit Kumar Singh / Software Test Architect 共著: Shivi Sivasubramanian / Technical Lead

画像の説明

多くの組織にとって、アジャイルおよび継続的なソフトウェアデリバリのトレンドに追いつくためのテストプロセスを定義することは、大きな課題です。

そして、この課題を克服するために、多くのソフトウェアチームは通常、テストの自動化や追加のスクリプトを導入しています。しかし、より自動化された UI テストが必ずしも効率的なプロセスとは限りません。

テストの実行時間は、テストスイートのサイズに正比例します。特にこのようなシナリオでは、テストを自動化する目的は達成されません。この記事では、HCL OneTest UI (HOT UI) が、テストの自動化に関連する最も一般的な問題を克服するのにどのように役立つかを概説します。

このブログ記事では、以下の用語を使用しています。

  • ノード - 物理的または仮想的なマシン、Docker イメージ、モバイルデバイス、またはエミュレータ
  • Channel - テストが実行されるブラウザーのアクティブなインスタンス

スピードを上げる、遅くするのではなく

テストを高速化する最も強力な方法は、テストを並列に実行することです。すべてのテストスクリプトを単一のノードで実行するのではなく、多くのノードに分散して実行します。例えば、100個のテストを 10個以上のノードで並列に実行すると、実行時間は実際の実行時間のわずか10分の1にまで短縮されます。

画像の説明

時間を節約できるだけでなく、テストの実行を並列化することで、テストカバレッジを大幅に向上させることができます。

自動化されたテストを並行して実行するための準備をする際には、以下の要件を考慮してください。

  • アトミックテストと自律テスト
  • ノード間の通信が適切に処理されるテスト環境
  • テスト実行のための単一の統合レポート
  • テストデータを迅速かつ正確に管理する方法

テスト実行の高速化

HCL Software は、HCL OneTest UI と呼ばれるGUI自動化機能テストツールを提供しており、記録することで自動テスト用のテストスクリプトを素早く生成することができます。これらのテストスクリプトは、逐次的にも並列的にも実行することができます。そのシンプルなUIを使用して、並列テスト実行用のアトミック・スクリプトを生成したり (「記録中にテストを分割する」を参照) 、並列テスト実行のためのさまざまな機能を活用したり、テスト・データを自動管理したりすることができます。

HCL OneTest UI は、複数のブラウザーと複数のノードに同時にテスト実行を分散させる方法を提供することで、テストを高速化するのに役立ちます (「分散テストによるテスト作業の高速化」を参照してください)。HOTUI で並列テストを実行するには、加速機能テストアセット (AFT) を設定する必要があります。AFT は、複数の接続されたノードと利用可能なブラウザー上で並列テストを実行するために必要なすべての情報を含む XML ファイルです。

  • テスト スクリプトの詳細。テストスクリプトの詳細: 並列実行するすべてのテストスクリプトの名前と場所
  • ブラウザーの詳細 .... テストを実行するブラウザー
  • Locations ............... テストが実行されるノードの場所
  • グループ ..................... テスト、ブラウザー、ロケーションのグループ

典型的なAFTテストスイートは次のようになります。

画像の説明

  1. AFT テストスイート

増速機能テストの設定方法の詳細は、「増速機能テスト・アセットの作成」を参照してください。

テスト実行の分散を制御する

AFT テストスイートを実行すると、そのテストスイートの一部である WebUI テストが複数の接続されたノードに分散され、テストを並行して実行するための複数のチャネル (またはストリーム) が容易になります。ノード上で並列に実行できるテストの数は、Web UI Playback (Desktop) 環境設定 (Window > Preferences > Test > Test Execution > Web UI Playback (Desktop) ) で「配布用エージェントごとの並列チャンネル数」を整数値に設定することで、HOTUI 環境設定で定義したチャンネル数に依存します。

画像の説明

  1. HOTUI 環境設定 - 並列テストの実行回数の設定

というわけで、並列チャンネル数を決定する際には、接続されているノードの構成も考慮する必要があります。

HOTUI では、以下の方法で並列テストの実行を配布することができます。

  • 自動配布 実行時間を最小化する観点から、実行テストの配分は HOTUI によって完全に制御されています。選択された WebUI テストまたは AFT スイートのテストの一部は、個々のテストの実行時間に基づいて、指定されたチャンネル数に事前に配置され、各チャンネルの合計実行時間のバランスをとります。
  • 選択的な配布 グループを作成することで、どのテストをどの接続ノードで、どのブラウザーで実行するかを決めることができます。グループの一部であるすべてのテストは、そのグループに関連付けられているすべてのブラウザー上で実行され、実行はそのグループで定義されているすべてのノードに分散されます。

選択されたテストの数、または AFT テストスイートの一部であるテストの数が、利用可能なチャンネルの数よりも多い場合、各チャンネルは複数の Web UI テストを収容するように構成できます。Web UI テストは、チャンネル間で並行して実行され、チャンネル内では順次実行されます。

並列実行可能なテストの最大数=(配信用のノードごとの並列チャンネル数)×(接続されたノード数)

注: 複合テストを実行する場合、複合テストの数に選択したブラウザの数を乗じた数がチャンネル数を超えないようにしてください。

レポートの表示

テスト実行の終了時には、テストの詳細、実行環境、状態、場所(ノードの詳細)など、実行の詳細と概要をまとめたレポートが生成されます(スクリーンショット参照)。

  1. レポート-並列テスト実行

画像の説明

  1. レポート拡張-並列テスト実行

画像の説明

データ駆動型テストをいかに簡単に加速させるかの詳細についてはこちらをご覧ください。


OneTest: データ駆動型テストの高速化による改善

2020/10/30 - 読み終える時間: 4 分

Data-driven Test Acceleration Made Easy の翻訳版です。


データ駆動型テストの高速化による改善

2020年10月29日

著者: Navnit Kumar Singh / Software Test Architect 共著: Shivi Sivasubramanian / Technical Lead

画像の説明

ディストリビューションテストの大きな課題のひとつは、データ駆動型のテストです。同時に実行されているすべてのテストは、データにアクセスできるはずです。

しかし、いくつかのシナリオでは、複数のテストが同じデータにアクセスできるようにすることはできません。HCL OneTest UI (HOT UI) が提供するデータセットを使用することで、分散テストを実行しながらこの課題に簡単に取り組むことができるようになりました。

この記事では以下の用語を使用しています。

  • データセットは、スクラッチから作成することも、カンマ区切り値 (CSV) ファイルからデータをインポートすることも可能な、実行中の変数データを持つテストを提供します。詳細については、データセットの概要を参照してください。
  • 複合テストは、小さなテストをエンドツーエンドで実行できるシナリオに整理するのに役立ちます。複合テストを実行すると、それに追加された各テストは、定義された順序で呼び出されます。詳細は、「複合テスト」を参照してください。

データセットの作成

e コマースのWebサイトで一般的に起こるシナリオを考えてみましょう。ユーザーがログインし、カートに商品を追加し、注文をします。 したがって、以下の手順で自動テストを行う必要があります。

  • ログイン: e-Commerce Web サイトにログインする
  • カートに追加: 商品を選択してカートに追加する
  • 注文する: 商品内容を確認してから注文する

テストを高速化するために、サポートされているすべてのブラウザーで 3つのテストを並行して実行することを計画してください。しかし、アプリケーションは同じユーザーログインで 3つのセッションを同時に実行することはできません。そのため、各実行ではユーザー ID とパスワードの異なる組み合わせを使用する必要があります。

上記のシナリオのために、HCL HOTUI で以下のデータセットを必要な行データと共に作成します。

  • DS_Login: ユーザーログインの詳細をユーザー ID とパスワードの 2つの列の下に保存します。

画像の説明

  1. データ集合 - DS_Login
  • DS_Product: 3 つの列の下に製品の詳細を格納します - 製品名、ID、販売者 (product name, id, seller)

画像の説明

  1. データ集合 - DS_Product

DS_Login データセットをログインテストに関連付け、テストの入力値をデータセットの列に関連付けます。同様に、DS_Product データセットを addToCart テストに関連付け、入力値をそれぞれのデータセット列に関連付けます。詳細については、「テスト値をデータセット列に関連付ける」を参照してください。

複合テストの作成

3 つのテストをシナリオとしてまとめて実行するには、HCL OneTest で TC_PlaceOrder という名前の複合テストを作成し、3 つのテストを予想される実行順序で追加します。複合テストの中にループを挿入し、addToCart テストをその中に移動します。これは、実行中に対応するデータセットの行から値(この場合は、商品の詳細)を取得するために必要です。

画像の説明

  1. 複合テスト

TC_PlaceOrder という複合テストを実行すると、まずアプリケーションにログインするためにログインテストが実行され、次に addToCart テストがカートに商品を追加します。カートに追加された商品の数は、ループ内で指定された反復回数に等しくなります。最後に、placeOrder テストは、カートに追加された商品の注文を行います。

テストの配布

複数のブラウザーで同時にテストシナリオを実行するには、Distribute_TC_PlaceOrder という AFT テストスイートを作成します。

画像の説明

  1. AFT テストスイート

Distribute_TC_PlaceOrder と呼ばれる AFT テストスイートを実行すると、TC_PlaceOrder テストは Chrome と Firefox で並行して実行されますが、複合テスト TC_PlaceOrder の一部であるテストは順次実行されます。

異なるブラウザーでの実行の各ステップで、ログイン・テストは、DS_Login データセットの異なる行から必要なログイン詳細を取得します。このようにして、各並列テストの実行において、単一のユーザー・ログイン・セッションが保証されます。 ログインテストが完了すると、addToCart テストはループ内で(指定された回数分)、異なるブラウザー上で同時に実行されます。addToCart テストの各実行は、DS_Productdataset にアクセスし、データセットにアクセスする1つのテストであるかのように、カートに商品を追加します。

まとめると、HOTUI は、必要に応じてデータへのアクセスを制限しながら、データへの同時アクセスを可能にすることで、テストの並列実行を容易にします。

コストを削減しながらテストを高速化する方法の詳細はこちらをご覧ください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修