Cover Image

StarEast 2023 を振り返って

2023/5月/23 - 読み終える時間: ~1 分

StarEast 2023 Recap の翻訳版です。


StarEast 2023 を振り返って

2023年5月22日

著者: Ryley Robinson / Project Marketing Manager

HCLSoftwareは、4月30日から5月5日まで開催されたSTAREAST 2023のスポンサーとなりました。このイベントは、HCLSoftwareの業界をリードする2つの製品、HCL OneTestとHCL Accelerateを紹介する機会を提供しました。

ネットワークや主要なプレゼンテーションを通じて、参加者は、ローコードまたはノーコードのアプリケーションの需要、分離されたテストチーム、エンドツーエンドのテストの欠如など、エキスポでのテストの痛みに関する問題について議論しました。また、市場動向や、HCLSoftwareの製品が開発者にどのように役立つかを知る機会にもなりました。

イベント中、HCLSoftwareは技術プレゼンテーションも行い、Transparent remotingによって、ゲートウェイや複雑な出入り口ルールを必要とせず、開発者やテスターがKubernetes上で動作する特定のマイクロサービスに直接関与することができる方法について説明しました。

HCL OneTest は、UIやAPIの機能テスト、パフォーマンステスト、サービス仮想化、テストデータ生成などをカバーする、業界をリードするテスト自動化プラットフォームです。HCL OneTestを使用すると、より速く自動化し、より早く、より頻繁にテストを実行し、より早くエラーを発見できます!

HCL Accelerate は、データ駆動型のバリューストリーム管理プラットフォームで、データの配信と解釈を自動化し、企業がより迅速かつ戦略的な意思決定を行い、プロセスを合理化できるようにします。HCL Accelerateは、すでに使用しているツールと統合することで、DevOpsパイプライン全体からデータを集約し、実用的なインサイトを提供するため、DevOpsへの投資から最大限の効果を得られます。

STAREAST 2023に来られなかった方は、2023年6月4日から9日にかけて米国ラスベガスで開催されるAgile + DevOps WESTのスポンサーにもなっています。カンファレンスパスはこちらで入手できます!それでは、お会いできるのを楽しみにしています!


Cover Image

HCL DevOps は Agile + DevOps West のスポンサーです!

2023/5月/23 - 読み終える時間: ~1 分

HCL DevOps are sponsors of Agile + DevOps West! の翻訳版です。


HCL DevOps は Agile + DevOps West のスポンサーです!

2023年5月22日

著者: Ryley Robinson / Project Marketing Manager

HCLSoftware DevOpsは、6月4日から9日にかけて米国ラスベガスで開催されるAgile + DevOps West 2023で、業界をリードするポートフォリオを持ってフロアに立ち、DevOpsの痛点を解決するための正しいソリューションを探しているエンジニアリングチームやビジネスチームと会う予定です。

HCLSoftware DevOpsは、継続的テスト自動化、継続的デリバリー、価値ストリーム管理、アプリケーションセキュリティテストなど、DevOpsの多くの側面において包括的で堅牢なソリューションを提供しています。

5日間のカンファレンスでは、DevOpsパイプラインのフローの最適化、サイロ化した開発チームの可視性の欠如の克服、全体的な品質とセキュリティの向上、チームの価値実現の迅速化などのトピックについて、多くの会話が交わされると期待しています。

HCL OneTestについて

HCL OneTest は、UIやAPIの機能テスト、パフォーマンステスト、サービスの仮想化、テストデータ生成などをカバーする、業界をリードするテスト自動化プラットフォームです。HCL OneTestを使えば、より早く自動化し、より早く、より頻繁にテストを実行することで、より早くエラーを発見できます!

Agile + DevOps Eastに一緒に参加しませんか?ここをクリックしてチケットを入手してください!HCLSoftwareのDevOps製品のデモをご覧になりたい場合は、このフォームにご記入ください!


Cover Image

テストの技法

2023/4/29 - 読み終える時間: 4 分

Testing Techniques の翻訳版です。


テストの技法

2023年4月26日

Nandish Kumar / Testing Engineer

前回のブログでは、テスターが持つべき基本的なテストの特長について述べました。今日は、技術そのものに焦点を当てます。もし見逃したら、前のブログへのリンクはこちらです: 「テスト」と「チェック」の違い

私たちテスティングセンターオブエクセレンス(TCoE)は、このプロセスを Five-fold Testing System (五重のテストシステム) と呼んでいます。あなたが行うあらゆるテストは、5つの次元で説明できます。

  • テスター - テストを行う「人」について説明します。
  • カバレッジ - 「何を」テストするかを説明する(例:ファンクションテストでは、すべてのファンクションをテストする)。
  • 潜在的な問題 - テストを行う「理由」(すなわち、どのようなリスクに対してテストを行うか)を説明します。
  • アクティビティ - 「どのように」テストを行うかを記述する(例:探索的テスト)
  • 評価 - テストの合格・不合格を見分ける方法を説明する

ほとんどのテストは、5つの次元すべてに関与しています。ある次元に焦点を当てたテクニックと、他の次元に焦点を当てたテクニックを組み合わせることで、望む結果を得ることができるのです。

実際にどのような効果があるのか、見てみましょう。

ある人が「ファンクションテスト(すべての機能を徹底的にテストすること)をしてください」と言うかもしれません。これは、何をテストすべきかを示しています。しかし、誰がテストを行うのか、どのようなバグを探すのか、各機能をどのようにテストするのか、そしてプログラムの合否をどのように判断するのかを決めなければなりません。

誰かが、 extreme-value テスト(変数に極値を入力したときのエラー処理をテストする)をするように言うかもしれません。これは、どのような種類の問題を探すべきかを教えてくれます。しかし、誰がテストを行うのか、どの変数をどのようにテストするのか、そして結果をどのように評価するのかを決めなければなりません。

最後に、誰かがあなたにベータテスト(市場の外部代表者にソフトウェアをテストしてもらうこと)を依頼するかもしれません。これで、誰がテストするのかがわかります。あなたはまだ、彼らに何を伝えるか(そしてどのくらい伝えるか)、製品のどの部分を見るか、どんな問題を探すか(そしてどんな問題を無視するか)を決めなければなりません。また、ベータテストでは、ある種の問題の見分け方を具体的に伝えたり、特定のテストを特定の方法で実施するよう求めたりすることもあります。

Test Automation Center of Excellence で利用されているさまざまなテクニック

人ベースのテクニックは、「誰が」テストを行うかに焦点を当てます。

ユーザーテスト。製品を使用する一般的な人々を対象としたテストです。ユーザーテストは、開発中のいつでも、お客様のサイトでもお客様のサイトでも、慎重に指示された練習でも、ユーザーの自由裁量でも行われることがあります。タスク分析など、ユーザーテストの中には、一人で行うテストというよりも、(少なくとも一人のユーザーとあなたの会社のテストチームの少なくとも一人のメンバーが参加する)共同探求のようなものもあります。

アルファテスト - テストチーム(と、場合によっては興味を持つ、友好的な内部関係者)が行う社内テスト。

ベータテスト - ユーザーテストの一種で、組織外のテスターを使用する。テスト対象の製品は、通常、完成に非常に近い状態です。多くのテストセンターでは、ベータテストとして「プレリリースコード」を顧客に公開する。

バグバッシュ - プログラマーや技術顧問など、手の空いている人を使って行う社内テスト。一般的なバグバッシュは半日程度で終了し、ソフトウェアのリリースが間近に迫っているときに行われる。

専門家によるテスト - ソフトウェアが扱ういくつかの問題についての専門家に製品を渡し、フィードバック(バグ、批判、褒め言葉など)を求める。

ペアテスト - 2人のテスターが協力してバグを見つけます。通常、2人は1台のコンピューターを共有し、テスト中にそのコンピューターの制御を交換します。

カバレッジベースの手法は、「何を」テストするかに重点を置いています。


機能テスト

すべての機能を1つずつテストします。その機能が動作すると確信できる程度に、徹底的にテストする。ホワイトボックスの機能テストは、通常ユニットテストと呼ばれ、コードの中で見たままの機能に集中する。

等価クラス分析。等価クラスとは、ある変数に対して、同等と考えられる値の集合のことです。テストケースは、次のような場合に等価となります:

(a) すべてが同じものをテストしている

(b) 一人がバグをとれば、他の人もバグをとるだろう。

(c)一人がバグをとらえなければ、他の人もおそらくとらえられない。

等価クラスを見つけたら、そのメンバーのうち1つか2つだけをテストする。

境界のテスト

等価クラスは、値の集合です。それらを数直線上にマッピングすることができれば、境界値はクラスの最小と最大のメンバーです。境界テストでは、この境界値をテストします。また、テストするクラスの最小のメンバーよりちょうど小さく、テストするクラスの最大のメンバーよりちょうど大きい、近くのクラスの境界値もテストします。

例えば、10~50の整数を受け付ける入力フィールドを考えてみましょう。注目すべき境界値は、10(最小)、9(小さすぎる最大の整数)、50(最大)、51(大きすぎる最小の整数)です。

ロジックテスト

変数には、プログラムの中での関係があります。たとえば、「PERSON-AGEが50より大きく、SMOKERがYESなら、OFFER-INSURANCEはNOでなければならない」という決定ルールがプログラムにあるとします。決定ルールは、論理的な関係を表現している。論理テストは、プログラム内のすべての論理関係をチェックしようとするものです。

仕様に基づくテスト

仕様書に記載されている製品に関する事実上の主張をすべて検証することに焦点を当てたテスト。これには、マニュアル、マーケティング文書や広告、顧客に送付する技術サポート文書に記載されているすべての主張が含まれることが多い。

組み合わせのテスト

2つ以上の変数を互いに組み合わせてテストすること プログラムによって提供されるほとんどの恩恵は、多くの変数の相互作用に基づいています。テストでそれらを共同で変化させなければ、個々の値ではなく、難しい組み合わせによって引き起こされるエラーを見逃すことになります。

アクティビティベースのテクニック

「どのように」テストするかに重点を置いています。

リグレッションテスト

リグレッションテストでは、同じテストを再利用することで、変更があった後に(これを用いて)再テストを行えます。リグレッションテストには2種類あります:

  • バグを報告し、それが修正されたと後で聞いた後に、bug fix regression を行います。目標は、その修正が良いものであることを証明することです。古いバグのリグレッションの目的は、ソフトウェアの変更によって古いバグの修正が未修正になったことを証明することである。
  • Side-effect regression は、stability regression とも呼ばれ、製品の相当部分を再テストする。

その目的は、変更によって、以前は動作していたものが壊れてしまったことを証明することです。

スモークテスト

このタイプの副作用リグレッションテストは、新しいビルドがテストする価値があることを証明することを目的として行われます。これはビルド検証テスト(BVT)とも呼ばれます。スモークテストは、しばしば自動化され、あるビルドから次のビルドへと標準化されます。動作すると思われるものをテストし、動作しない場合は、プログラムが間違ったファイルでビルドされたか、基本的な何かが壊れているのではないかと疑うことになります。

探索的テスト。テスターには、プロジェクトを通して、製品、市場、リスク、以前のテストに失敗した方法などについて学ぶことを期待します。新しいテストは常に作成され、使用されます。新しいテストは、テスターの継続的な知識に基づいているため、古いテストよりも強力です。

シナリオ・テスト。シナリオ・テストには通常、以下の属性が含まれます。

  • テストは現実的でなければならない。顧客が行うであろうことを反映したものでなければならない。
  • テストは、プログラムにとって挑戦的であるべき方法で、いくつかの機能を含む複雑なものでなければなりません。
  • プログラムがテストに合格したか不合格になったか、簡単かつ迅速に判断できること。
  • ステークホルダーは、このテストに失敗したらプログラムを修正すべきだと激しく主張する可能性がある。

ユースケースから派生したテストは、シナリオテストやユースケースフローテストとも呼ばれます。以上のような属性を持つテストは説得力があり、プログラムに失敗してもバグフィックスをもたらす可能性が高い。

インストールテスト

ソフトウェアをインストールできる様々な方法、様々な種類のシステムにインストールする。ディスク上のどのファイルが追加、変更されたかを確認する。インストールしたソフトは動作するか?アンインストールするとどうなるか?

負荷テスト

テスト対象のプログラムやシステムは、リソースに対する多くの要求に直面しているシステム上で実行されることにより、攻撃されます。十分な負荷がかかると、システムはおそらく故障しますが、故障に至る事象のパターンから、テスト対象のソフトウェアやシステムの脆弱性が指摘され、テスト対象のソフトウェアをより通常通りに使用した場合に悪用される可能性があります。

ロングシーケンステスト

テストは一晩、あるいは数日、数週間にわたって行われる。その目的は、短いシーケンステストでは見逃されるようなエラーを発見することです。この方法で発見されることが多いエラーの例としては、メモリリーク、スタックオーバーフロー、2つ以上の機能の間の悪い相互作用などが挙げられます。これは、期間テスト、信頼性テスト、耐久性テストと呼ばれることもあります。

パフォーマンステスト

このテストは通常、プログラムの実行速度を測定し、最適化が必要かどうかを判断するために実行されます。しかし、このテストによって、他の多くのバグが発見されることがあります。以前のリリースからパフォーマンスが大きく変化した場合、コーディングエラーの影響を示すことがあります。

例えば、簡単な関数テストの実行にかかる時間を今日テストし、明日同じマシンで同じテストを実行した場合、テストの実行速度が3倍以上速くなったり遅くなったりしたら、プログラマーに確認するかバグレポートを書くことになるでしょう。どちらの場合も、プログラムの基本的な部分が変更されていることが疑われるからです。

評価ベースの技術は、テストが成功したか失敗したかをどのように見分けるかに焦点を当てます。

データの自己検証

テストに使用するデータファイルには、出力データが壊れているかどうかを判断するための情報が含まれています。

保存した結果との比較

今日出た結果と先週の結果を比較して「合格か不合格か」を判断する回帰テスト。先週は正しい結果が出たのに、今は違うということは、その違いが新たな不具合を反映している可能性があります。

仕様書などの権威ある文書との比較

仕様書との不一致は(おそらく)エラーである。

一貫性

一貫性は、プログラムを評価するための重要な基準です。矛盾はバグを報告する理由になるかもしれませんし、意図的な設計の変化を反映しているかもしれません。

  • 歴史との整合性。現在の機能の動作は、過去の動作と一致している。
  • ユーザーの期待との整合性。機能の動作は、ユーザーが望んでいると思われるものと一致している。

上記の手法に加えて、テスティングセンターオブエクセレンス(TCoE)は、現在、組織全体に対して「アクセシビリティ・アズ・ア・サービス」を提供しています。これは、HCLSoftwareのデジタル製品が、障害を持つ人を含むすべての人にとってアクセシブルであることを保証するために、HCLSoftwareが支援できることを意味します。HCLSoftwareのアクセシビリティ・テスト・サービスの活用にご興味をお持ちの方は、ぜひお問い合わせください。


Cover Image

HCL OneTest 10.5.2 の新機能

2023/4/24 - 読み終える時間: 2 分

HCL OneTest Delivers New Software Features の翻訳版です。


HCL OneTest 10.5.2 の新機能

2023年4月21日

著者: Martin Lescuyer / HCL OneTest Product Manager

HCLSoftwareは、ソフトウェアテストツールの新バージョン、HCL OneTest - 10.5.2 を発表します。HCLSoftwareのOneTestポートフォリオは、お客様の強化要望を実現し続けています。これらの機能は、変化するテクノロジー環境をサポートし、DevOpsライフサイクルを向上させるものです。

では、バージョン10.5.2では何が新しくなったのでしょうか?プラットフォーム別に見ていきましょう。

HCL OneTest Server
  • HCL OneTest ServerからHCL OneTest APIエージェントで仮想サービスを実行する HCL OneTest APIエージェントが、HCL OneTest Serverのチームスペースに登録するように設定できるようになりました。これを行うには、サーバーのホスト名、チームスペース名、およびセキュリティトークンが必要です。その後、ユーザーはその場所に仮想サービスをデプロイできます。

  • HCL OneTest ServerでSeleniumテストを実行する Maven プロジェクト内にある Selenium テストを HCL OneTest Server から実行できるようになりました。

HCL OneTest UI
  • 機能テストスクリプトを実行するためのWeb UIエンジンの自動選択 OneTest UIでは、機能テストスクリプトを再生する際に、デフォルト機能としてWeb UIエンジンが自動的に選択されるようになりました。

  • ユニファイドレポートの詳細パネルの強化 テスト再生後のユニファイドレポートの詳細パネルのStart applicationセクションで、プロファイル名の表示、キャッシュのクリア、履歴値のクリアができるようになりました。

  • テストでのドラッグドロップ操作に対応 テストステップにドラッグ&ドロップの操作ができるようになりました。

HCL OneTest Performance
  • IBM Instana Observabilityの統合 Enable Instanaオプションを選択すると、HCL OneTest Performanceはテスト中のリクエストに特定のHTTPヘッダーを追加して、ページとトランザクションに関するデータを照合します。

  • コマンドラインオプションの強化 コマンドラインオプションが強化され、引用符で囲まれたワイルドカード文字*を使用して、一度に複数のテスト資産を実行することができるようになりました。を異なる組み合わせで使用することで、フォルダ内にある任意のテスト資産またはすべてのテスト資産を指定できます。

HCL OneTest APIとHCL OneTest Virtualization
  • 外部で記録されたイベントからテストリソースをインポートして作成する 外部アプリケーションで記録され、HTTPアーカイブファイルとして保存されたイベントをRecording Studioにインポートすることができるようになりました。イベントをインポートした後、テストやスタブを作成し、HCL OneTest APIで実行できます。

  • エンコード設定の自動検出 フィールドのバイナリコンテンツからエンコード設定を自動的に決定するかどうかを制御する新しいオプションが、環境設定として利用できるようになりました。

ソフトウェアテストツールの詳細無料トライアル をご覧ください。


Cover Image

HCL Secure DevOps が Agile International Conferenceに参加します

2023/3/14 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Secure DevOps will be at Agile International Conference! の翻訳版です。


HCL Secure DevOps が Agile International Conferenceに参加します

2023年3月13日

著者: Ryley Robinson / Project Marketing Manager, HCLSoftware

Agile International Conference は、3月9日(木)~10日(金)にフロリダ国際大学にて開催されます。参加者は3月9日の午後1時から行われる私たちの講演セッションに参加する機会があり、そこで私たちはバリューストリーム管理の採用が組織にもたらす機会について議論し、技術的パイプラインを越えて、チームを本当に望ましいビジネス成果を提供するように調整します。

また、HCLSoftware は独自のポッドキャストをライブで配信する予定です。このポッドキャストでは、Renaissance Software の創設者である James Grenning と Allvue Systems のソフトウェアエンジニアである David Ralph と話をする予定です。

私たちのチームのエキスパートが、ソフトウェアの機能を実演し、質問に答え、DevOpsとバリューストリームマネジメントの現状についての洞察を提供する予定です。

ぜひご参加ください。詳細はこちら でご確認ください。


Cover Image

Embedded World 2023に参加しませんか

2023/3/14 - 読み終える時間: ~1 分

Join us at Embedded World 2023! の翻訳版です。


Embedded World 2023に参加しませんか

2023年3月13日

著者: Ryley Robinson / Project Marketing Manager, HCLSoftware

組込みシステム開発者、スペシャリスト、プロジェクトマネージャー、プロダクトマネージャーは、「組込みインテリジェンス」についての理解を深めたいと考えていますか?

Embedded World 2023で、HCL OneTest と HCL RTist に参加しませんか?

HCL OneTestは、プロジェクトのライフサイクルを通して、UI、パフォーマンス、APIのテストをサポートします。スクリプトレス、ウィザード駆動のテストオーサリング環境を特徴とし、100以上の技術やプロトコルをサポートしています。

Embedded Worldは、3月14日(火)~16日(木)にニュルンベルクのMessezentrumで開催される予定です。このカンファレンスは、組み込みコミュニティのダイナミックな環境の一部であり、プロの組み込み開発者コミュニティのためのTHE international meeting placeです。

私たちのチームのエキスパートが、ソフトウェアの機能のデモンストレーション、質問への回答、HCL OneTestとHCL RTistの現状についての洞察を提供するために、会場にいます。

私たちと一緒に参加しませんか?詳細はこちらでご確認ください。


Cover Image

Kubernetes の API テスト - HCL OneTest を使ったトランスペアレント・リモーティング

2023/2/15 - 読み終える時間: ~1 分

API Testing Kubernetes: Transparent Remoting Using HCL OneTest の翻訳版です。

Kubernetes の API テスト - HCL OneTest を使ったトランスペアレント・リモーティング

2023年2月14日

著者: HCLSoftware - a division of HCL Technologies, fuels the Digital+ economy and fulfills clients transformative needs with AI and Automation, Data and Analytics, Digital Transformation, and Enterprise Security.

Kubernetes の API テスト - HCL OneTest を使ったトランスペアレントリモーティング 講演者: Chris Haggan, Head of Product – DevOps, HCL Software and Martin Lescuyer, HCL OneTest Product Manager

クラウドやコンテナ化された世界でのテストは、しばしば非常に困難です。テスターが直面しなければならないつらい作業の1つは、コンテナがデプロイされると、一部のAPIはアクセス可能なままかもしれませんが、他のAPI(内部のもの)にはもうアクセスできなくなることです。たとえAPIの一部がアクセス可能なままであっても、アプリケーションの外部から送信されたリクエストは、いくつかの管理レイヤーを通過しなければならない。テスターはこれらのレイヤーを取り除き、テストしたいサービスに直接リクエストを送りたいと思うかもしれない。

典型的なKubernetesアプリケーションは、通常、いくつかのコンテナと、それらのコンテナ内のサービスで構成されています。これらは通常、Egress/Ingressコントローラと多くのセキュリティレイヤーの背後に配置されているため、アプリケーションとのやり取りは、公開されているかどうかにかかわらず、アプリケーション全体のAPIに制限されます。HCL OneTest は、これらの制限に対するソリューションを提供します。HCL OneTest を使用した透過的リモーティングは、Kubernetes クラスター内の個々のサービスに、あたかもローカルであるかのように直接? Ingress コントローラーを経由するのではなく、テスターはコンテナ化されたサービスと直接対話することができるのです。

HCL Software Head of Product- DevOps の Chris Haggan と HCL OneTest Product Manager の Martin Lescuyer が、HCL OneTest を使った Transparent Remoting の仕組み、実際の使用感、そしてなぜそれがユーザーにとってそれほど重要なのかを、最新の TestGuild 自動化ポッドキャストに出演していますので聞いてください。

CTA: https://testguild.com/podcast/automation/a435-chris/


Cover Image

継続的なテストが必要な理由と適切なパートナーの選び方

2023/1/6 - 読み終える時間: ~1 分

Why You Need Continuous Testing and How to Go About Choosing the Right Partner の翻訳版です。


継続的なテストが必要な理由と適切なパートナーの選び方

組織は、従来のウォーターフォールモデルによるソフトウェア提供から、現在ではDevSecOpsのプラクティスを採用するまでに進化しています。このシフトの理由は?企業は、より速く革新し、より速く製品を市場に提供する必要があります。リリースサイクルを短縮し、より効率的にする必要があります。同時に、品質とセキュリティは妥協することができません。もし妥協してしまったら、最終顧客だけでなく、組織にとっても負担が大きすぎるからです。

このシナリオを乗り切るための重要な方法は、継続的なソフトウェア開発とデリバリー、そして自動化を採用することです。自動化は、継続的な開発とデリバリーに関連し、効率性と敏捷性を達成するために必要です。バリューストリームマネジメントは、顧客の要求から顧客への納品までのビジネス価値の流れを高めることに焦点を当てた実践であり、組織が採用し始めているもう一つの注目すべき哲学である。

継続的テストとは、開発の最終段階だけでなく、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)全体を通じてアプリケーションを継続的にテストすることを指します。 自動化されたテストは、SDLCを通じて可能な限り多くのリスクを軽減するために、チームが即座に洞察を得られるようにするために行われます。このタイムリーなフィードバックは、テストのスピードとカバレッジを向上させ、手作業を減らすのに役立ち、企業にとってコスト削減だけでなく、市場投入までの時間を短縮することにつながります。

継続的テスト戦略を成功させるために考慮すべき重要な要因は何ですか?真のパートナーとなり、目標達成を支援する適切な継続的テストベンダーを選ぶには、どうすればよいでしょうか?

この e-Guide を読んで、組織の成功のための継続的テストに関するより多くの情報を入手してください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOpes Velocity DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Code RealTime DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Plan DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience Discover document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i iControl ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修