Cover Image

HCL DevOps Code ClearCase と Jenkins 統合 - ステップバイステップガイド (Windows)

2023/12/27 - 読み終える時間: 9 分

HCL DevOps Code ClearCase Jenkins Integration on Windows - Step-by-Step Guide の翻訳版です。


HCL DevOps Code ClearCase と Jenkins 統合 - ステップバイステップガイド (Windows)

2023年12月12日

著者: Arun R / Senior Software Engineer

はじめに

Jenkins は人気のある DevOps ビルド自動化ツールです。オープンソースの統合は何年も前から利用可能ですが、この新しい統合は HCL DevOps Code ClearCase 開発チームによって作成され、HCLSoftware によって公式にサポートされています。

この統合は、Jenkinsのフリースタイルジョブとパイプラインジョブの両方をサポートします。デフォルトを超えて、HCL DevOps Code ClearCase統合は、DevOps Code ClearCase の完了トリガーから呼び出される Webhooks と、ストリーム上の変更をポーリングする DevOps Code ClearCase プラグインを持つ Jenkins ジョブを構成することによって、ビルドを開始する機能を追加します。

注: この統合により、Jenkins ジョブはビルドの必要に応じてビューを作成したり削除したりできるようになります。現在のところ、自動ビューとWebビューを持つ UCM のみがサポートされています。

SL No: Topic
1 環境
2 HCL DevOps Code ClearCase のインストール
3 Windows 上での Jenkins のインストールと設定
4 Windows での Jenkins のアンロック
5 Jenkins のカスタマイズ
6 Jenkins サーバの SSL/TLS 設定
1. 環境
  • HCL DevOps Code ClearCase 3.0.1 リリース。
  • Jenkins LTS 2.332.x for Windows。
  • Microsoft Windows 10、11、2019 Serverおよび2022 Server。
  • 詳細については、システム要件のページを参照してください。
  • Jenkinsをインストールする前に、Java 8専用の64ビットJava実行環境(JRE)がインストールされている必要があります。JREをまだお持ちでない場合は、Adoptiumからhttps://adoptium.net/temurin/releases/?version=8。

Javaの環境変数のパスを設定します。システム環境変数の場合

ヒント Jenkinsのインストール時にJavaのホーム・ディレクトリを指定する必要があるため、Javaのパスを覚えておいてください。

  • JAVA_HOME変数にJDKのパスを設定します。同様に、JREについてもこのようにしてください。

    画像の説明

  • PATH変数に、JDK用のbinフォルダを設定します。

    画像の説明

ヒント Jenkinsのインストール中にJavaのホーム・ディレクトリを指定する必要があるため、Javaへのパスを覚えておくこと。

ステップ
2. HCL DevOps Code ClearCaseのインストール

WindowsホストにJenkinsをインストールする前に、まずHCL DevOps Code ClearCaseをインストールする必要があります。HCL DevOps Code ClearCase Remote ClientまたはHCL DevOps Code ClearCaseをインストールし、Jenkinsのビルドに自動ビューを使用する場合は、インストール中に Automatic Views コンポーネントを選択する必要があります。

画像の説明

3. Windows上でのJenkinsのインストールと構成

以下の手順を使用して、HCL DevOps Code ClearCase と Jenkins の統合のために Windows に Jenkins をインストールします。

  • Jenkins LTS 2.332.x for Windows の jenkins.msi インストール・ファイルを https://get.jenkins.io/windows-stable/2.332.4/ からダウンロードします。どのバージョンの Jenkins LTS 2.332.x でもダウンロードできるが、このブログでは 2.332.4 を使用します。
  • ダウンロードが完了したら、jenkins.msiファイルを実行し、インストールを進めます。以下のインストール手順に関する情報をいくつか示します。

    • Service Logon Credentials ダイアログ・ボックスの Run service as a local or domain user オプションに、Jenkinsを実行するユーザ・アカウントのドメイン・ユーザ名とパスワードを入力します。Test Credentials をクリックして、認証データを確認します。(Run service as Local System オプションは安全性が低いため、推奨しません)。

    注意: Run service as local or domain user オプションの場合、インストールを行うユーザは、サービスとしてログオンするために必要な権限を持っている必要があります。そうでない場合、アカウントが確認できないというエラーメッセージが表示されます。この状況を解決するには、ローカルセキュリティポリシーを更新して、ユーザーをユーザー権限の割り当てに追加する必要があります。

    画像の説明

    • ポートの選択]ダイアログ・ボックスで、Jenkinsを実行するポート番号を入力し、[ポートのテスト]をクリックして、選択したポートが使用可能かどうかを確認します。

    画像の説明

    • Javaホーム・ディレクトリ(JDKまたはJRE)を選択する必要がある場合、これはJavaがインストールされている場所であることを覚えておいてください。

    画像の説明

    • インストールが完了したら、Finishをクリックしてインストール・ウィザードを終了します。

    画像の説明

4. WindowsでJenkinsのロックの解除

WindowsにJenkinsをインストールしたら、以下の手順でロックを解除します。

  • Webブラウザで、インストール中に選択したポート番号に移動します。

    画像の説明

  • ヒント Jenkinsでポートを変更する方法については、https://phoenixnap.com/kb/jenkins-change-port を参照してください。

  • Jenkinsのアンロック・ダイアログ・ボックスが開きます。

    • ダイアログ・ボックスで提供された情報から、Windowsエクスプローラを使用してinitialAdminPasswordファイルの場所に移動し、Microsoftメモ帳などのテキストエディタでファイルを開く。
    • 以下はファイルのデフォルトのパスです。

    画像の説明

    • 注意:この場所は隠しディレクトリかもしれません。その場合、Windowsで隠しファイル、隠しフォルダ、隠しドライブの表示を有効にする必要があります。
    • initialAdminPassword ファイルからパスワードをコピーし、Unlock Jenkinsダイアログ・ボックスの管理者パスワード・フィールドに貼り付けて、Continue をクリックします。

    画像の説明

5. Jenkinsのカスタマイズ

Jenkins のインストール・プロセスを完了し、Jenkins のロックを解除した後、Windows 上で HCL DevOps Code ClearCase-Jenkins 統合に使用する前に、Jenkins をカスタマイズする必要があります。

以下の手順で Jenkins をカスタマイズしてから使用してください。

  • このインストールでは、Jenkins はポート 8080 でホストされます。ウェブ・ブラウザを開き、http://hostname:8080 にアクセスします。

  • Jenkinsのカスタマイズ・ダイアログ・ボックスで、最も頻繁に使用されるプラグインをJenkinsに自動的にインストールさせるには、Install suggested plugins をクリックします。

    画像の説明

  • インスタンス構成]ダイアログ・ボックスで、Jenkinsに使用させたいポート番号を確認し、Save and Continue をクリックします。これで初期カスタマイズは完了です。

  • Start using Jenkins をクリックして、Jenkinsダッシュボードに移動します。

  • HCLDevOpsCodeClearCase-home-dir/java/lib/HCLDevOpsCodeClearCase-jenkins.hpiHCLDevOpsCodeClearCase-home-dir/java/lib/cmapi-jenkins.hpi から HCL DevOps Code ClearCase-jenkins.hpiとcmapi-jenkins.hpi をコピーします。

  • コピーしたファイル HCLDevOpsCodeClearCase-jenkins.hpicmapi-jenkins.hpi を、次のステップで説明するように、Jenkins 管理ウェブページを使用してJenkinsサーバーにインストールします。

  • Manage Jenkins > Manage Plugins > Advanced タブを選択し、以下のプラグインを追加します。

    • cmapi-jenkins.hpi
    • HCLDevOpsCodeClearCase-jenkins.hpi

(a) Jenkinsホームページの左側に "Manage Jenkins" オプションがあるので、それを選択します。

画像の説明

(b) System Configuration の下にスクロールダウンすると、"Manage Plugins" があります。

画像の説明

(c) "Plugin Manager" の下にある "Advanced" オプションを選択してください。

画像の説明

(d) スクロールダウンして、"Deploy Plugin" オプションを選択します。次に、"Choose File" オプションを選択して、2つのプラグイン・ファイル、すなわち HCLDevOpsCodeClearCase-jenkins.hpicmapi-jenkins.hpi を選択し、"Deploy" をクリックします。

画像の説明

(e) 2つのプラグイン・ファイルがデプロイされると、以下の結果が表示されます。

画像の説明

6. JenkinsサーバーのSSL/TLS設定
  • JenkinsサーバーにSSL/TLSを使用したい場合は、Jenkinsのドキュメント(https://www.jenkins.io/doc/book/installing/initial-settings/ )を参照して、前述のコマンド・ライン・フラグの代わりに他のコマンド・ライン・フラグを使用してください。

Cover Image

HCL DevOps Model RealTime 11.3 と 12.0 で最新のフィーチャーとファンクションにアップグレードする

2023/12/21 - 読み終える時間: 2 分

Upgrade to the Latest Features and Functionalities with HCL DevOps Model RealTime 11.3 and 12.0 の翻訳版です。


HCL DevOps Model RealTime 11.3 と 12.0 で最新のフィーチャーとファンクションにアップグレードする

2023年12月11日

Mattias Mohlin / Senior Solutions Architect for HCLSoftware

HCL DevOps Model RealTime が新しいアップデートをリリースしました。HCL DevOps Model RealTime 11.3と12.0 です。後者はまだ実験的なリリースですが、本番環境ではこの新しい11.3バージョンにアップグレードすることをお勧めします。

両リリースで利用可能な新機能のいくつかを見てみましょう。

継承エクスプローラでのネストされたステート・マシン

画像の説明

インヘリタンス・エクスプローラで、ネストされたステート・マシンの状態と遷移を表示できるようになりました。再定義のみを表示するオプションが設定されている場合、派生カプセルで再定義されたベース・カプセル・ステートマシンのどの部分が再定義されたかを簡単に確認できます。

マージしやすいTCファイルを増やす

画像の説明

TCエディターは、各JavaScript配列の最後の要素に末尾のカンマを自動的に追加するようになりました。そのため、配列に別の要素を追加しても、変更されるのは1行だけです。これにより、TCファイルをマージする際にコンフリクトが発生するリスクが減りました。

long longのサポート

画像の説明

TargetRTSとモデルコンパイラがlong longとunsigned long longというプリミティブ型をサポートするようになりました。他のプリミティブ型と同様に、これらの型の型記述子を使用できます。この変更には、TargetRTSのビルド時にこれらのプリミティブ型をサポートするC++コンパイラを使用する必要があることに注意してください。

MacOSの初期サポート

macOS(Clang14コンパイラを搭載したIntel x86)用の新しいターゲットコンフィギュレーションが提供されるようになりました。このプラットフォーム用のTargetRTSとConnexisライブラリのビルド済みバージョンが利用可能です。これは完全なMacOSサポートへの道のりの最初の一歩に過ぎず、MacOS上でHCL DevOps Model RealTime UIを実行することができても、これはまだ完全にはサポートされていないことに注意してください。

新機能の詳細については、Sprint Demo YouTube Playlist のビデオをご覧ください。


Cover Image

HCL DevOps、強化され、統一され、直感的に命名された製品ポートフォリオを発表!

2023/12/21 - 読み終える時間: 2 分

HCL DevOps Announces an Enhanced, Unified, and Intuitively Named Product Portfolio! の翻訳版です。


HCL DevOps、強化され、統一され、直感的に命名された製品ポートフォリオを発表!

2023年12月6日

著者: Chris Haggan / Head of Product - DevOps, HCL Software

HCL DevOps、強化され、統一され、直感的に命名された製品ポートフォリオを発表!

直感的なネーミング戦略により、まとまりのあるユーザーフレンドリーな製品群を実現

優れたDevOpsソリューションのグローバルリーダーであるHCL DevOpsは、その有名な製品ポートフォリオの戦略的なリブランディングを発表できることを嬉しく思います。この刷新により、DevOpsライフサイクル全体にわたるHCLSoftwareの統合的なアプローチを強調し、各製品の中核機能をお客様に直接理解していただくことを目指します。

刷新された製品ラインのご紹介

  • HCL Accelerate から HCL DevOps Velocity へ: バリューストリームを効率的に管理し、プロジェクトの合理化と効率化を実現します。
  • HCL Launch から HCL DevOps Deploy へ: 最先端の自動化ツールでデプロイプロセスを簡素化します。
  • HCL OneTest から HCL DevOps Test へ: トップレベルの自動テストを実行し、すべてのリリースで確実な品質を実現します。
  • HCL Compass から HCL DevOps Plan へ: 作業項目管理をマスターし、すべてのタスクを実行可能な洞察と結果に変換します。
  • HCL RTist から HCL DevOps Model RealTime へ: リアルタイムシステム向けにモデルベース開発を最適化し、迅速かつ正確な結果を導きます。
  • HCL VersionVault から HCL DevOps Code ClearCase へ: 最先端のバージョン管理を体験することで、コードを整理し、アクセスし、保護できます。

私たちの直感的なネーミング戦略は、各製品名がその製品の主な機能を明確に反映し、明快さを提供するために考案されました。これにより、顧客はHCLSoftwareの製品群をナビゲートし、ニーズに最も適したツールを特定することがさらに容易になります。

「HCL DevOpsの製品責任者であるChris Hagganは、次のように語っています。「HCLSoftwareの製品ファミリーが拡大するにつれ、明快さとユーザー中心主義がHCLSoftwareの理念の最前線にあり続けました。「新しいネーミングは、各製品が持つ個々の強みと、それらを組み合わせて使用することで得られるダイナミックな相乗効果の両方を強調しています。

この名称変更は、すべてのDevOpsニーズに対応する包括的なソリューションであるというHCL DevOpsのコミットメントを強調するものです。各ツールが他のツールを補完することで、チームはシームレスに統合されたDevOps戦略の可能性をフルに活用できるようになります。

近未来を覗く

HCLSoftware の製品群を微調整していく中で、ちょっとした後押しがあります: DevOps - 2023.12 は、単に地平線上にあるだけでなく、角を曲がったところにあります!AI/ML、テストデータ機能の強化、GitOpsのサポートなど、DevOpsにおける最新のイノベーションをご紹介します。カレンダーに印をつけて、今すぐご登録ください!

HCL DevOpsについて:HCL DevOpsは、ソフトウェアデリバリーとライフサイクル管理の最前線に立っています。イノベーションと卓越性への揺るぎないコミットメントを原動力に、ビジネスを俊敏性、効率性、比類なき品質の時代へと導く変革的ソリューションを提供します。世界中で、HCL DevOpsは組織の優先的なパートナーとして、デジタル+トランスフォーメーションの旅を導いています。


Cover Image

パフォーマンスに関する深い洞察への旅

2023/12/15 - 読み終える時間: ~1 分

A Journey Toward Deeper Performance Insights の翻訳版です。

パフォーマンスに関する深い洞察への旅

2023年12月12日

著者: Cristina Suchland / Integrated Marketing Manager, Secure DevOps

SD Times と HCLSoftware は、パフォーマンステスト、テスト中のデータ管理、AI が設計からテストを作成するのに役立つ方法に関する一連のマイクロウェビナーを提供します。ソフトウェアの複雑性が増し続ける中、テストの必要性はこれまで以上に緊急性を増しています。

ウェビナーで得られる主なポイント

  • パフォーマンス・テストがビジネスにとって極めて重要な理由と、AIが潜在的な問題の検出にどのように役立つのか
  • テスト用データの迅速な生成が不可欠な理由
  • コンピュータ・ビジョン技術とAIを活用したテスト設計が、アプリケーションのパフォーマンスを確実にする実際のテストになる方法

注目のスピーカー

  • David Rubinstein - SD Times 編集ディレクター
  • Martin Lescuyer - HCLSoftware のプロダクトマネージャー

マイクロウェビナーのページ

HCL DevOps Test とそのプラットフォームについてもっと知ってください。HCL DevOps Testは、UI、API、パフォーマンステスト、サービス仮想化、合成データファブリケーションを提供し、プロジェクトのライフサイクル全体を通してテスターをサポートします。


Cover Image

HCL DevOps 製品名称のリブランディング (名称変更) について

2023/12/12 - 読み終える時間: ~1 分

2023年12月1日、HCLSoftware は HCL DevOps 製品名称のリブランディング (名称変更) を実施しました。

  • HCL RTistHCL DevOps Code RealTime: リアルタイム システム向けのモデルベース開発を最適化し、迅速かつ正確な結果をもたらします。
  • HCL VersionVaultHCL DevOps Code ClearCase: 最先端のバージョン管理を体験して、コードが整理され、アクセス可能で、保護された状態を維持できるようにします。
  • HCL LaunchHCL DevOps Deploy: 最先端の自動化ツールを使用して導入プロセスを簡素化します。
  • HCL AccelerateHCL DevOps Velocity: バリュー ストリームを効率的に管理し、プロジェクトの合理化と効果の維持を保証します。
  • HCL OneTestHCL DevOps Test: すべてのリリースで品質を保証するために最上位の自動テストを実行します。

今回の名称変更は、より直感的な命名戦略を採用し、クライアントが各製品のコア機能を一目で理解しやすくすることを目的としています。簡素化と合理化を図り、HCL DevOps 製品を明確に把握できるようにしました。

変更は名称のみであり、製品、ライセンスおよび価格、サポート、サービス等に変更、影響はありません。

関連記事


Cover Image

HCLTech Advantage TCart Powered by HCL OneTest for Oracle Cloud Applicationsで精度を高める

2023/11/14 - 読み終える時間: 2 分

Driving Precision with HCLTech Advantage TCart Powered by HCL OneTest for Oracle Cloud Applications の翻訳版です。


HCLTech Advantage TCart Powered by HCL OneTest for Oracle Cloud Applicationsで精度を高める

2023年10月26日

著者: Ganesh Rajasekaran / Associate Vice President, Oracle Practice Digital Business at HCLTech 共著: Francesca Curzi / Sales Director (Workload Automation, Mainframe and Data Platform) and MSP Business leader

Oracle の実装とマネージド・サービスの世界では、自動テストが精密なピット・クルーの役割を果たし、電光石火の速さで決定を下し、完璧に実行します。F1チームがタイヤ交換を熟練したクルーに頼るように、自動テストはコードの不完全性を迅速に特定して修正し、F1マシンのエンジンと空力特性のように、すべてのパーツが完璧に調和して動作するようにします。

その結果は?品質に優れるだけでなく、開発を合理化し、貴重な時間とリソースを節約するソフトウェア。F1チームがサーキットで優位に立つように、自動テストを統合することは、技術の世界で際立った優位性を提供する。それは、あなたの創造物をイノベーションの最前線に押し上げるゲームチェンジャーです。

しかし、Oracle Cloudアプリケーションの手動テストには、独自の課題があります。主に、ヒューマンエラーのリスクです。Oracle Cloudのダイナミックな性質により、頻繁なアップデートやパッチへの迅速な対応が必要となり、高いレベルの俊敏性と堅牢な変更管理プロセスが求められます。機密データのセキュリティと完全性の確保は重要であり、綿密なデータマスキングと匿名化の実践が求められる。この厳格なアプローチは、潜在的な侵害に対する要塞として機能する。

Oracle Cloudアプリケーションの構成は、さらに複雑なレイヤーを追加します。高度なカスタマイズが必要なため、テスト担当者はさまざまなテストシナリオの正確なパラメータを綿密に設定する必要があります。開発者、ビジネスアナリスト、管理者など複数の利害関係者が関与するため、効果的なコラボレーションとコミュニケーションが極めて重要になります。

さらに、ERP、CRM、HCMのような特殊なモジュールでは、適切なテストケースを作成するために深い専門知識が要求されます。最後に、Oracle Cloudアプリケーションで最適なパフォーマンスを達成するには、入念な計画と実行が必要です。手動テスト担当者は、多様な使用シナリオを巧みにシミュレートして、潜在的なパフォーマンスのボトルネックを突き止めなければなりません。これは、精度の調和のとれたシンフォニーであり、Oracle Cloudアプリケーションが最高のパフォーマンスを発揮することを保証します。

これらの課題に対処するため、HCLTech Advantage TCartはHCLSoftwareによってHCL OneTestを構築しました。Oracle Cloud Applicationsは、高度な機能と、スピードの向上や市場投入期間の短縮といった具体的なメリットを誇る、不可欠なツールキットとして登場しました。この安全な製品スイートは、Oracle Cloud上のアプリケーションのテストスクリプトの自動化と実行を容易にし、頻繁なテストが不可欠な継続的インテグレーションと継続的デリバリー(CI/CD)パイプラインに理想的に適合します。

HCLTechアドバンテージTCartは、HCLSoftware の自動テストツールであるHCL OneTestを使用して構築されたリグレッション・ツールキットです。HCL OneTestは、Oracle SaaSアプリケーションのための、スクリプトレス、ウィザード駆動型のテストスクリプト作成パッケージで、テストケースの生成、テストの実行、テスト結果の分析など、さまざまな機能を備えています。ビジネス・プロセスの自動化に活用でき、Oracle Cloud アプリケーションで構築される一般的なビジネス・プロセス用に 150 以上のスクリプトがあらかじめ組み込まれています。

四半期ごとのパッチ更新時のテスト実行作業を78%削減し、通常の機能プロセスの自動化にも活用できます。

HCLTechアドバンテージTCartの主な機能

HCLTech Advantage TCartは、変革をもたらす利点をもたらします。その強力な機能により、HCLTechアドバンテージTCartは、開発プロセスを効果的に合理化し、時間とコストの両方を大幅に削減し、開発者にコード品質を確保するための効率的で信頼性の高い手段を提供します。

  • シンプルな記録、強化、実行モデルにより、スクリプト作成の必要性を大幅に削減します。
  • 複雑な HTML 要素を扱えるレスポンシブ・ウェブ・アプリケーションの自動テストを容易にします。
  • Oracle Cloud Applicationsのさまざまなモジュールにわたって、すぐに使用できる組み込みテスト・スクリプトを満載
  • 問題やバグを安価な修正費用で早期に検出し、コストを削減します。
  • エラーが発生しやすい手動テストではなく、自動テストのスピードとカバレッジを強化

HCL OneTestの主な特長

HCL OneTestは、より良い品質の製品を生み出し、スピードとカバレッジを改善し、チームワークを簡素化します。さらに、OneTestの主な機能は以下の通りです:

  • あらゆる種類のインターフェースのエンド・ツー・エンドのテストを実行する、より包括的なテスト
  • コードフリーのテストにより、よりシンプルで迅速なテストが可能になります。
  • オープンソースソフトウェアとの拡張と統合
  • カバレッジの向上とフィードバックの迅速化により、高品質な製品を実現
  • HCL OneTest Server コラボレーションフレームワークでテストをシームレスに共有

このツールキットに頼る理由

  • 充実したツールキットにより、テスト実行の労力が80%近く削減され、アプリケーションの市場投入までの時間が劇的に改善されます。
  • HCLTech Advantage TCart は、Oracle Cloud Marketplace に掲載され、世界中のお客様にご利用いただけるようになりました。Oracle Cloud Marketplace は、顧客が既存のOracle Cloud製品を補完する、Oracle Cloud上に構築され、Oracle Cloudと統合されたパートナー・ビジネス・アプリケーションを発見、テスト、購入、導入できるオンライン・ストアです。公開前に、これらのアプリケーションは各オラクル製品チームによって徹底的にレビューされ、パフォーマンス、セキュリティ、スケーラビリティなど、必要なパラメータが遵守されていることが確認されます。Oracle Cloud Marketplaceでの公開により、HCLSoftwareのアプリケーションは市場で高い認知度を得ることができ、Oracle SaaSおよびOracle Cloud Infrastructureを中心としたソリューション開発におけるHCLSoftwareの専門知識が検証されます。
  • このツールキットは、カスタマー・エクスペリエンス(CX)、エンタープライズ・パフォーマンス管理(EPM)、オラクル・トランスポーテーション管理(OTM)など、他のOracle Cloudモジュールにも検証および拡張できます。
  • Oracle Fusion Cloud用に事前に定義されたテストケースにより、シームレスな自動化を実現します。
  • ユーザーは、社内の技術専門家チームにアクセスし、HCLSoftware Academy を通じてトレーニングと能力開発を支援できます。
  • また、製品管理チームや開発チームにもアクセスできます。
  • HCLTechの年中無休のサポートは、企業にとって大きなメリットです。サポートはライセンス費用の一部として含まれています。

HCLTechアドバンテージTCartの詳細については、HCLSoftwareの専門家にお問い合わせください。


Cover Image

HCL Accelerate 新バージョンリリース 4.0.13 の最新情報

2023/10/29 - 読み終える時間: 3 分

Get the Latest on HCL Accelerates New Version Release 4.0.13 の翻訳版です。

HCL Accelerate 新バージョンリリース 4.0.13 の最新情報

2023年10月25日

著者: Ryley Robinson / Project Marketing Manager

HCLSoftwareは最近、価値ストリーム管理の最新バージョン、HCL Accelerate 4.0.13をリリースしました。このブログでは、Accelerate 4.0.13の新リリースのいくつかを紹介します。

HCL Accelerateのこのリリースには、様々なバグ修正と機能強化が含まれています。このリリースは、すべてのお客様にお勧めします。このトピックでは、機能強化とバグ修正の概要を説明します。

4.0.13

リリース日:2023年8月17日

バリューストリーム

バリューストリームの作成]ウィンドウで、以下のいずれかの操作を実行します:

  • Create(作成)をクリックして、Name(名前)と Team(チーム)を含む基本情報でバリューストリームを作成します。バリューストリームは、JSONテンプレートを使用して作成されます。値ストリームは、後で値ストリーム・マップの編集を使用して構成できます。
  • Create & Configure(作成と構成)をクリックすると、統合とバリューストリームのステージまたはフェーズを含むバリューストリームが作成されます。
  • 詳細については、このページを参照してください。

コンプライアンス ゲートは、コンプライアンス ルールで定義された条件に基づいて、異なる環境へのアプリケーション バージョンのデプロイをより詳細に制御します。アプリケーション バージョンのデプロイに必要なプルリクエストの承認数などのコンプライアンス ルールを定義できます。詳細については、このページを参照してください。

ハイブリッド CI/CD パイプライン - アプリケーション バージョンを異なる環境にデプロイするためのハイブリッド CI/CD パイプラインを作成できます。詳細については、このページを参照してください。

外部YAML構成ファイル - ユーザーインターフェースから外部YAML構成ファイルをHCL Accelerateにインポートできます。詳細については、このページを参照してください。

OpenID Connect(OIDC)認証 - OIDC認証を使用してHCL Accelerateにログインできます。設定]ページで[認証]>[OIDC]>[OIDCの構成]をクリックして、HCL AccelerateのOIDCを構成します。詳細については、このページを参照してください。

Jenkins(Legacy)プラグインの移行 - Jenkins(Legacy)の統合を新しいJenkinsに移行できます。詳細については、このページを参照してください。

Jenkinsの初期同期日 - 新しいJenkinsプラグインのデフォルトの初期同期日は30日です。

ローカルライセンスサーバー(LLS) - ローカルライセンスサーバーはHCL Accelerateでサポートされています。詳細については、このページを参照してください。

洞察

詳細については、カスタマーサポートページをご覧ください。こちらのページから無償トライアルもご利用いただけます。今すぐ始めたいが、何から始めたらよいかわからないことがあれば HCL Accelerate チームからご連絡いたします。

新しいリリースに加え、HCLSoftware の 技術概要「Criss Cross Apple-cation Deployments」をご覧ください。ここでは、HCL Accelerate と HCL Launch の特長を、概要とデモを交えて深く掘り下げています。


Cover Image

HCL RTist 11.3 2023.35: イノベーション・ソフトウェアの最新アップデート

2023/10/25 - 読み終える時間: 2 分

The Latest Innovation Software Update - RTist 11.3 2023.35 の翻訳版です。

HCL RTist 11.3 2023.35: イノベーション・ソフトウェアの最新アップデート

2023年10月17日

Mattias Mohlin / Senior Solutions Architect for HCLSoftware

RTist開発チームはスプリント2023.35を完了し、その成果としてRTistの2つの新バージョンが利用可能になりました: RTist 11.3 2023.35とRTist 12.0 2023.35です。RTist 11.3 2023.35とRTist 12.0 2023.35です。RTist 12.0 2023.35は新しいEclipse 2023.06で動作する最初のRTistバージョンですが、現在は実験的なリリースなので、テストにのみ使用してください。

両リリースで利用可能な新機能のいくつかを見てみましょう。

コード・エディタで複数のコード・スニペットを扱う

画像の説明

1つのコードエディターで、要素のすべてのコードスニペットを表示できるようになりました。これにより、開いているコードエディタの数を大幅に減らし、より良い概要を提供し、異なるコードスニペット間のコードのコピー/ペーストを容易にします。各コードスニペットは個別に折りたたんだり展開したりできるので、最も関心のあるコードスニペットの編集領域を最大化できます。

モデリング参照コマンドの改良

画像の説明

モデリング・リファレンス・コマンドが外部プロジェクトにあるリファレンスの検索に対応しました。関連するCode Snippet Referencesコマンドとともに、コンテキストメニューのNavigateサブメニューに表示されるようになりました。これにより、コンテキストメニューが短くなり、使いやすくなりました。

古いC++コンパイラのサポート

C++ 11をサポートしていない古いC++コンパイラでもTargetRTSをコンパイルできるようになりました。これにより、何らかの理由で最新のC++コンパイラにアップグレードできないユーザーでも、C++ 11を必要とする機能を使用しなければ、最新バージョンのRTistを使用できます。モデルを構築する際に、そのような機能が使用された場合、(モデルコンパイラまたはC++コンパイラによって)エラーが報告されます。

要素フィルタリングの改良

画像の説明

ダイアログとビューで、フィルターボックスにテキストを入力することにより、要素のリストをフィルターできるようになりました。これらはすべて、例えば名前を省略して要素を見つけることができる「あいまいな」文字列マッチングをサポートするようになりました。太字は、フィルターテキストに一致する名前の部分を示すために使用されます。また、「要素の選択」ダイアログの「検索」タブでは、見つかった要素をソート可能な表で表示するようになりました。

置換可能な型へのナビゲーション

画像の説明

実行時にどの具象カプセルがカプセルパートに転生されるかを、依存関係によってモデルで表現できるようになりました。これは例えば、カプセルパートが抽象カプセルによって型付けされている場合に便利です。そのカプセル・パートからコンポジット構造図とステートマシン図にナビゲートするためのコマンドは、そのような依存関係を考慮するようになりました。したがって、常にカプセル部分の(抽象)型にナビゲートすることを避け、代わりに具象カプセルの1つにナビゲートできます。依存関係は≪作成≫依存でなければならないことに注意してください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOpes Velocity DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Code RealTime DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Plan DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience Discover document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i iControl ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修