Cover Image

HCL Common Local License Server の構成

2024/1/23 - 読み終える時間: 9 分

Configuration of HCL Common Local License Server の翻訳版です。


HCL Common Local License Server の構成

2024年1月19日

著者: Sathiya priya /QA Engineer

HCL ZIE for Transformation(ZIETrans)製品はライセンス・ベースであり、製品を使用するにはライセンス設定を行う必要があります。このドキュメントでは、HCL Common Local (Online/Offline) License Server を使用してライセンスを構成する手順について説明します。

前提条件

  • OS は、64 ビット Windows、Windows 8.1、10、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2019 です。
  • HCL Software License Management Portal から製品とライセンスサーバー(CLLS - Online/Offline)をダウンロードします。
  • java(Oracle Java SE 8u282以降、OpenJDK 8u282以降、OpenJDK 11.0.10以降)をダウンロードし、JAVA_HOME環境変数を設定します。

画像の説明

図1:完全修飾ドメイン名

HCL Common Local License Server のインストール手順

  1. HCL Software License Management Portal からダウンロードした Extracted Local license server_Offline(HCL_CLLS_2.0_Windows_x64_Offline)のzipファイルを解凍します。

  2. 以下のように、Java keytoolを使用して自己署名証明書を生成します。

    • コマンド・プロンプトを開きます。
    • Java binの場所に移動します。
    • 以下のコマンドを入力し、キーストアを生成します。

keytool -genkey -keyalg RSA -alias FQDN-Hostname -keystore keystore.jks -storepass changeit -validity 3650 -keysize 2048

  • 以下のコマンドを入力して、Keystore.jksをエクスポートします。

keytool -export -alias FQDN-Hostname -keystore keystore.jks -rfc -file HOSTNAME.certs

  • キーストアのパスワードを入力します。 changeit
  • 以下のコマンドを入力して、証明書ファイルをJava TrustStoreにインポートします。
keytool -importcert -file HOSTNAME.certs -alias FQDN-Hostname -keystore
"C:\ProgramFiles\AdoptOpenJDK\jdk-8.0.282.8-hotspot\jre\lib\security\cacerts”
  • パスワードを入力します。 changeit
  1. 以下のコマンドを入力して、Keystore.jksファイルをHCL Common Local Lisense Server にコピーします。

cp keystore.jks -HCL_CLLS_2.0_Windows_x64_Offlineserver

  1. HCL Common Local License Server に移動し、server フォルダを開きます。

  2. local-configuration.yamlファイルを開きます。

  3. https-inセクションを以下のように編集します。

画像の説明

画像の説明

図 2: LLS の local-configuration.yaml ファイル

  1. 変更を確認し、ファイルを保存します。
  2. マシンを再起動します。
  3. ライセンスサーバーをサービスとしてインストールする手順

a. ローカル ライセンス サーバのある場所のサーバーフォルダに移動し、次のコマンドを実行します(コマンドプロンプトを管理者モードで実行します)。

flexnetls.bat -install

b. 以下のコマンドでサービスを開始します。

flexnetls.bat -start

c. 以下のコマンドを使用して、サービスが実行されていることを確認します。

flexnetls.bat -status

  1. 以下のURLをブラウザで実行し、CLLS Healthのステータスが機能しているかどうかを確認します。

https://FQDN-Hostname:1443/api/1.0/health

画像の説明

図 3: ブラウザ上での LLS ヘルス・ステータスの確認

注:これらの手順は、オフラインおよびオンラインのHCL Common Local License Serverで共通です。

オフラインのセットアップ

  1. 解凍したLocal license server_Offline (HCL_CLLS_2.0Windows x64_Offline)フォルダに移動します。

a. Enterprise フォルダをダブルクリックして開きます。 b. ローカルライセンスサーバからホストID値を取得するには、Enterpriseフォルダからコマンドプロンプトを開きます。

flexnetlsadmin.bat -server https://FQDN-Hostname:1443/api/1.0/instances/~ -authorize admin password - HostID

画像の説明

図 4: LLS から HostID を取得する

注: ユーザーが CLLS ポータルの管理者権限を持っていない場合は、FNO チーム(https://itops.hcltechsw.com/) に連絡して、デバイスとマップの権限を作成してください。

  1. HCL Software License Management Portal にアクセスし、デバイスを追加します。

  2. 以下の手順でデバイスを追加します。

  • デバイスの作成をクリックします。
  • 必要な名前を入力します。
  • Runs license serverとid typeをEthernet IDとして選択します。
  • ライセンスサーバーのホストIDを入力します。
  1. Devices]メニューから、新しく作成したデバイスを選択します。

  2. デバイスページで、[Actions]メニューから[Map Entitlements]をクリックします。

  3. エンタイトルメントページで、利用可能なエンタイトルメントの中からこのライセンスサーバーに追加したいエンタイトルメントの数を入力し、保存します。

  4. 図 5 に示すように、Device Status が License generated に変更されたことを確認します。

画像の説明

図 5: Flexera ポータルのライセンス生成ステータス

  1. Action] メニューから、[Download the response file] オプションを選択します。

  2. 解凍した Local license server_Offline (HCL_CLLS_2.0Windows x64_Offline) フォルダに移動します。

  • Enterpriseフォルダを開きます。
  • Enterpriseフォルダからコマンドプロンプトを開きます。
  • 以下のコマンドを使用して、HOSTID.bin ファイルをライセンスサーバーにアップロードします。

flexnetlsadmin.bat -server https://FQDN-Hostname:1443/api/1.0/instances/~ -authorize admin password - activate -load 0A746434ID.bin

  1. この要求の後、以下のコマンドを入力して、オフラインのローカルライセンスサーバで割り当てられたライセンスを確認します。

flexnetlsadmin.bat -server https://FQDN-Hostname:1443/api/1.0/instances/~ -authorize admin password -licenses -verbose

画像の説明

図 6: オフライン LLS カウントの検証

  1. 以下の手順で公開鍵と秘密鍵を作成します。

a. OpenSSLツールをインストールし、環境変数を設定します。 b. OpenSSLのbinの場所からコマンド・プロンプトを開きます。

  • 以下のコマンドを実行して秘密鍵を作成します。

openssl genrsa -out private_key.pem 2048

  • 以下のコマンドを実行して公開鍵を作成します。

openssl rsa -in private_key.pem -pubout -outform DER -out public_key.der

  • 以下のコマンドを実行して、pkcs8形式の秘密鍵を作成します。

openssl pkcs8 -topk8 -inform PEM -outform PEM -in private_key.pem -out private_key_pkcs8.pem -nocrypt

  1. ZIETrans アプリケーションで CLLS ライセンスを設定する手順

a. 以下のコマンドを使用して、公開鍵をオフラインのローカルライセンスサーバーにアップロードします。

flexnetlsadmin.bat -server https://hostname:1443/api/1.0/instances/~ -authorize admin password -uploadPublicKey C:\\public_key.der

画像の説明

図 7: LLS への公開鍵のアップロード

b. 以下のコマンドを使用して、ホスト証明書を ZIETrans Java にインポートします(手順 4 の「Import cert file into Java TrustStore」で作成したホスト証明書)。

keytool -importcert -file WIN-QUI6NNK6G90.certs -alias fullcomputername -keystore "C:◆UsersAdministrator ◆Downloads ◆HCL ZIE for Transformation v2.0 ◆Packaged
DistributionZIETrans

画像の説明

図 8:ZIETrans Java へのホスト証明書のインポート

c. ZIETrans アプリケーションで Web プロジェクトを作成します。

d. navigator タブで runtime.properties ファイルを開き、以下を設定します。

flx_PrivateKey_Absolute_Path=C:\Private_key_pkcs8.pem
flx_ServerURL=https: //ホスト名: 1443/api/1.0/instances/~

画像の説明

図9:runtime.propertiesのコンフィギュレーション

e. プロジェクトを保存します。 f. プロジェクトを右クリックして、サーバー上で実行してください。 セッションが正常に接続され、コンソールにライセンス成功のメッセージが表示されます。

画像の説明

図 10: ZIETrans アプリケーションでのライセンス接続の成功

g. 接続に成功したら、次のようにサーバ側でライセンスの使用状況を確認します: h. ローカル ライセンス サーバの enterprise フォルダに移動します。 i. エンタープライズ フォルダからコマンド プロンプトを開きます。 j. 以下のコマンドを入力し、サーバ側からライセンスの使用状況を確認します。

flexnetlsadmin.bat -server https://FQDN-Hostname:1443/api/1.0/instances/~ -authorize admin password -licenses -verbose

以下のように取得したライセンスの詳細が表示されます。

画像の説明

図 11: 取得したライセンス数の確認

オンライン セットアップ

ステップ8と9を除き、オンラインセットアップでも同じ手順を繰り返します。

注:HCL LLSオンライン版は、HCL Software License Management Portal とのインターネット接続が必要です。自動同期は定期的に行われます。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOpes Velocity DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Code RealTime DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Plan DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience Discover document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i iControl ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修