HCL VersionVault Express を始めてみる: ダウンロード、インポート、設定、起動

2021/11/2 - 読み終える時間: 3 分

Getting Started: Download, Import, Configure and Launch VersionVault Express. の翻訳版です。


HCL VersionVault Express を始めてみる: ダウンロード、インポート、設定、起動

2021年10月18日

著者: Georgiy Petrov / Lead Software engineer II

画像の説明

VersionVault Express Canは、3つの簡単なステップで使い始めることができます。

  • VersionVault Expressアプライアンスを含むイメージをダウンロードします。
  • VersionVault Expressアプライアンスをハイパーバイザーにインポートします。
  • VersionVault Expressアプライアンスの構成をします。

VersionVault Expressのovaファイルをダウンロードしたら、それをハイパーバイザーにインポートします。 メモリとCPUの設定を行い、必ず新しいハードディスクを追加してください。アプライアンスには、OSとすべてのソフトウェアがプレインストールされたハードディスクが1つ付属していますが、データ保存用にもう1つのディスクを取り付ける必要があります。ストレージ用のハードディスクが接続されていないと、アプライアンスは起動しません。ポートフォワーディングを使用する場合は、メイン・ユーザー・インターフェースとREST API用の443、セットアップ・ユーザー・インターフェースとREST API用の8443、外部のVersionVaultクライアントを使用する場合は8080、そしてアプライアンスにSSH接続する場合は22の4つのポートを開く必要があります。

これで、アプライアンスを起動する準備が整いました。

アプライアンスの初回起動時には、ストレージ・ディスクの接続を忘れていないかどうかがチェックされ、その後、ネットワーク・インターフェースの設定を求められます。ハイパーバイザでネットワークを構成した場合は、このステップをスキップしてデフォルトのネットワーク構成を使用できます。ヘッドレスモードでは、アプライアンスはユーザがネットワークを構成するのを5分間待ってから、デフォルトのネットワーク構成を実行することに注意してください。

次のステップでは、VersionVault Expressを設定します。ブラウザを開き、https:// :8443 にある VersionVault Appliance Setup ユーザー・インターフェースに移動します。また、REST API を使用して VersionVault Express インスタンスを設定することもできます。swagger のドキュメントは https://:8443/setup/swagger-ui.html にあります。

画像の説明

swaggerのドキュメントは :8443/setup/swagger-ui.html にあります。このアカウントは、初期設定や、ユーザー管理を含む継続的なシステムメンテナンスに使用されます。このアカウントは、アプライアンスに SSH で接続し、sudo 権限でバックアップおよび復元手順を含むシステムメンテナンスを実行できます。これについては、このシリーズの別のブログ記事で詳しく説明しています。

画像の説明

このアプライアンスのインスタンスにホスト名を付ける必要があります。デフォルトのポート(443)を受け入れることも、別のポートを選択することもできます。その場合は、設定しているポートフォワーディングやファイアウォールを更新してください。

メイン・ユーザー・インターフェースとREST API、セットアップ・ユーザー・インターフェースとREST API、およびVersionVaultクライアントが接続するサーバーという、アプライアンス上の3つのHTTPSサーバーすべてで使用されるSSL証明書をアップロードすることができます。証明書が適用される前に、サーバーを再起動する必要がありますのでご注意ください。

VersionVault Expressアプライアンスには、トライアル・ライセンスがプレインストールされています。独自のライセンス・サーバーとサーバーIDをお持ちの場合は、今すぐ入力してください。

VersionVault Expressは、独自にユーザーを管理するか、企業のLDAPサーバーを使用するかを設定することができます。独自にユーザーを管理する場合は、SMTPサーバーを使用してプロジェクトへの招待状やパスワードリセットのメールを送信するようにアプライアンスを設定することができます。

ヒント:「Validate」を選択して、設定を保存する前に構成をテストします。

管理ユーザーがアプライアンスに SSH で接続できるようにする場合は、オプションで SSH キーを設定できます。

また、NTP サーバーとタイムゾーンを設定することもできます。

設定を保存します。

次のステップでは、企業のLDAPサーバーに接続するか、単に新しいユーザーを作成するかして、いくつかのユーザーを設定します。このトピックについては、別のブログ記事で紹介しています。

準備ができたら、「User Configuration」セクションの「Save」ボタンをクリックします。右側にあるボタンです。すべての準備が整っていれば、成功のメッセージが表示されます。

画像の説明

Launch VersionVaultをクリックして、VersionVault Expressを起動します。

画像の説明

再度、成功メッセージを確認してください。

画像の説明

これで、VersionVault Expressを使用することができます。

詳細については、製品のドキュメントを参照してください。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修