Cover Image

HCL Accelerate v3.1 の紹介

2022/6/17 - 読み終える時間: 3 分

Introducing HCL Accelerate v3.1 の翻訳版です。


HCL Accelerate v3.1 の紹介

2022年6月9日

著者: Nick Mathison / HCL Accelerate's Product Manager

HCL Accelerateは、バリューストリームマネジメントの重要な採用を継続的に行っています! HCL Accelerate 3.1のリリースでは、私たちの大口顧客のために、重要な機能とパフォーマンスの改善をもたらしました。VSMの導入がまだお済みでない方は、以下の新機能とガイダンスをご覧ください。既存のお客様は、HCL Software License Management Portal から直接バイナリをダウンロードすることができます。新規のお客様は、トライアルフォームにご記入の上、無料ダウンロードをご利用ください。


ソフトウェア配信の最適化
  • カスタムレポート - Accelerate のデータレイク全体を活用し、独自の監査レポートを作成します。ダッシュボード、チャート、テーブル、新しい測定基準など、完全にカスタマイズ可能なレポート作成ツールキットにより、データをコントロールできます。これらのBYOレポートは、既存のリリース準備、スプリント状況、セキュリティ監査レポートと同じフレームワークを利用しているため、履歴、共有、API制御など、同じ機能を利用できます。
  • クイックフィルター検索 - バリューストリームやスイムレーンを検索する際に、クイックフィルターのドロップダウンで他のリリース、スプリント、タイプ、優先度をファジーテキスト検索することができるようになりました。デフォルトでは、最新の5つの項目が表示されます。
  • 新しいプラグインと改良されたプラグイン - 私たちは常に新しい可能性を持って私たちのプラグインライブラリを更新しています。直近では、パイプライン内で自動ガバナンスを活用するために、Dependabot、Snyk、Micro Focus Fortify、およびWhiteSourceを公開しました。さらに、GitLab、Micro Focus Octane、Planview Leankitなどの新しいワークアイテムツールをサポートし、価値の流れのモデリングを拡張しています。そして最後に、Jira と GitHub は、集中的な同期期間中の混雑とタイムアウトを防ぐために、API 呼び出しをより制御できるようになりました。HCL Secure DevOpsプラグインサイトで、すべての新しいプラグインをチェックしてみてください
    • Resync - オーバーフローメニューで、多くのプラグインは、選択したタイムフレームからアイテムをインポートまたは再インポートするための新しいResyncアクションをサポートするようになりました。これは、初めて同期する場合、特に便利です。
    • ブロックされたインストール - プラグインは、HCL Accelerate の互換性のないバージョンへのインストールを防止する機能をサポートするようになりました。新しいプラグインの設定中にこのエラー画面が表示された場合は、最新のものをダウンロードして、もう一度試してください。


パフォーマンスと安定性
  • バックグラウンドジョブサービス - 顧客のバリューストリーム使用量が増えるにつれ、複雑な VSM メトリックロジックを通常のリクエストから分離する必要があることがわかりました。これは、HCL Accelerate がナビゲーションに影響を与えることなく、リードタイムやサイクルタイムのようなメトリクスを計算することを可能にする新しいバックグラウンドジョブサービスを作成することにつながりました。バリューストリームをモデル化しているのであれば、アップグレード後に大幅な改善を実感できるはずです。これを構築した開発者の1人によるこのブログポスト で詳細をご覧ください。
    • Background Jobサービスのパフォーマンス向上 - これを利用するためには、KubernetesまたはOpenShiftが必要です。Docker Composeでは利用できませんので、今すぐ移行してください。
  • リリースとデプロイメント計画 - リリース管理のヘビーユーザーは、リリースとデプロイメント計画をナビゲートする際に、スピードが向上していることに気づくはずです。多くのタスクや大きな変更履歴を持つ計画では、ロード時間がより速くなることに気づくでしょう。さらに、完了、開始、または失敗したタスクからの応答速度がより速くなります。
  • パイプラインのロード時間 - 1つのパイプラインで50以上の異なるアプリケーションを使用しているお客様を見たことがあり、ロード時間と応答時間の改善が必要であることを認識しました。アップグレードにより、パイプラインページの初回ロード時およびページ内の移動時に大幅な速度向上が見られます。


主な変更点
  • FlexNetライセンス - アップグレードすると、ライセンスは破棄され、Community Editionモードにダウングレードされます。しかし、心配はいりません。簡単な再設定で、HCL Accelerate はライセンスサーバーに再接続できます。キーペアは必要ありません。コマンドラインインターフェイスは不要です。
  • OpenShift テンプレートの削除 - テンプレートを使用した OpenShift のインストールは、公式にサポート対象から外されました。OpenShiftはまだサポートされており、v3.0.4以降、Helmへの移行方向を提供しています。今後、インストールはHelmのパスを使用し続けます。
  • MongoDB 4.2 と 4.4 - MongoDB v4.0 はサポートされなくなりました。Kubernetes または OpenShift 上で Accelerate をアップグレードする場合は、v4.2 または v4.4 にアップグレードしてください。Docker Compose はデフォルトで MongoDB v4.2 をインストールし、アップグレードします。
  • MongoDB の配布 - MongoDB は、当社のオフラインインストールには同梱されなくなりました。サンプルの案内は、このページを参照してください。オンラインインストールは影響を受けません。


小さな機能強化
  • AppScan Enterprise スキャンレポート - 新しい AppScan Enterprise スキャンレポートをレポートページで見つけることができるようになりました。このレポートは、一般的なアプリケーションとスキャン固有の詳細の概要を示し、セキュリティコンプライアンス戦略をより良く導きます。
  • LDAP インポートチェック - LDAP 設定ページの「ユーザーをインポートする」アクションの間、構成チェックが自動的に行われ、エラーが確認された場合、変更を提案します。
  • 手動承認承認 - 「承認待ちタスク」で少し追加されたセキュリティが必要な場合、タスクの承認または拒否を行う前にユーザー認証を有効にするために authorized-approval 機能フラグを指定します。

先月のv3.1ウェビナーをご覧になりましたか?もしご覧になっていない場合は、こちらで録画をご覧いただけます。再放送を見るには、ここ をクリックしてください。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修