Cover Image

メインフレーム技術は時代遅れか、それともまだ生きているのか?

2022/12/25 - 読み終える時間: 3 分

Is Mainframe Technology Obsolete or Still Alive? の翻訳版です。


メインフレーム技術は時代遅れか、それともまだ生きているのか?

2022年12月21日

著者: HCLSoftware / division of HCLTech (HCL)

メインフレームは死んでいません。

この時代、より派手な新しいテクノロジーが日々登場し、多くの古いテクノロジーを時代遅れにしています。かつてメインフレームは、膨大なデータ処理を必要とするすべてのビジネスの基礎であったが、今では否定的な意見もあり、死にゆく技術と呼ばれている。

古いテクノロジーと思われがちですが、メインフレームは進化を遂げ、変化し続けるITランドスケープに欠かせない要素となっています。では、なぜメインフレーム技術が死滅すると考えられているのでしょうか。 現実の確認

メインフレームは今でも毎日1兆件のWebトランザクションを処理しており、世界のメインフレーム市場は2025年には2906.61ドルに達し、2018年から2025年までのCAGRは4.3%になると予測されています。

メインフレームは、最もトレンディーなテクノロジーではないかもしれません。しかし、長年のユーザーの心をつかんでいます。また、銀行、保険、小売などの業界では、今でもメインフレームの技術に依存しています。

  • ミリ秒単位のレスポンスタイムで世界最高のセキュリティと信頼性を提供します。
  • ハイブリッド・クラウドの展開とあらゆる規模でのパフォーマンスを可能にします。
  • テクノロジー・スタックにおける関連性の高さ

デジタルトランスフォーメーションによって多くの組織がクラウドへの移行を促す中でも、メインフレームはAIや機械学習を扱うために進化を続けています。

ここでは、メインフレーム技術のSWOT分析を行い、その将来性を理解するための一助とします。

メインフレームテクノロジーの強み

メインフレーム技術が提供する強みを紹介します。

  • 揺るぎないセキュリティ

メインフレームは、同業他社と比較してセキュリティのスコアが著しく高い。このため、情報セキュリティが重要な業界では、メインフレームが最適な選択肢となります。そのため、銀行は取引においてメインフレーム技術を頼りにしています。

  • 信頼性

メインフレームは、スループットを管理し、情報を迅速に移動させるための特別なCPUとSAPを備えています。大量のストレージと処理能力を持ち、大量の単純なトランザクションをダウンタイムなしで処理しなければならないような状況でも導入することが可能です。メインフレームは、大量のトランザクションを汗をかかずに処理できます。

  • スピード

    高速トランザクション処理に関しては、メインフレームにライバルはいません。メインフレームが処理できるトランザクションの量は、他の追随を許さないほどです。そのため、小売店、航空会社、クレジットカード会社などは、メインフレームを利用して、高速なトランザクション処理を実現しています。

  • トランザクションあたりのコスト

メインフレームは1年間に膨大な数のトランザクションを処理するため、最終的に総所有コスト(TCO)を低く抑え、長期的に費用対効果が高くなります。

メインフレーム技術の課題

コスト

メインフレームは、企業のミッションクリティカルなプロセスに大きな価値をもたらしています。しかし、初期の設備投資は、中小企業にとって手の届かないものになる可能性があります。メインフレーム技術の最も重要なコスト要因は、以下のとおりです。

  • ソフトウェア・ライセンス
  • 契約
  • 運用の非効率性

メインフレームのコストは、これらのコストドライバーに影響を与えるものを理解することによって管理できます。それにもかかわらず、メインフレームは依然として高価な投資です。

メインフレーム技術の可能性
  • ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)の膨らむニーズ

    科学や産業の進歩の基盤となっています。そのためには、何十億もの方程式を一度に解く必要があります。技術の進歩に伴い、これらの計算はより複雑になっています。HPCの需要の高まりは、高いストレージと処理能力を持つメインフレーム技術への道を切り開きました。

  • IoTランドスケープの発展

McKinseyによると、全世界のIoT接続デバイスの数は、2023年までに430億個に増加すると予測されています。その結果、数十億のデバイスが数兆のトランザクションを実行することになります。これらのトランザクションの処理能力の管理とセキュリティ確保に関して、差し迫った懸念があります。現在のストレージやコンピューティング能力の10倍、100倍という話です。メインフレームは、そのような規模に対応するのに適しています。メインフレームは、そのような負荷に対応できるように設計されています。そのため、IoTを発展させることで、メインフレーム技術の利用範囲を拡大できます。

  • MFaaS(Mainframe as a service)

MFaaSは、企業がインフラストラクチャを維持する負担を軽減し、メインフレーム・コンピューティングのメリットを享受できるようにするものです。これにより、企業は中核機能に集中できます。MFaaSの増加により、メインフレーム技術の幅が広がっている。

メインフレーム技術による脅威

メインフレームに精通したプロフェッショナルの不足

ITスキルギャップは、業界に迫る危機である。COBOLを専門とする旧世代の開発者が引退し、メインフレームのスキルが不足しているのです。メインフレームが進化し、Python、Java、C++といった最新のプログラミング言語にもかなり馴染んできたとはいえ、流行に左右されやすい若い開発者たちは、最初のキャリアとしてメインフレームを必要としているのです。その結果、メインフレーム技術市場ではスキルが不足しているのです。

結論

メインフレーム技術は、セキュリティと処理能力の面で強力な能力を持っています。しかし、すべての状況において、ある組織に適合できるのはテクノロジーだけです。メインフレームは、特定のタイプの組織やプロセスに非常に適しています。メインフレームはすでに他の種類のインフラと統合されており、テクノロジーのあらゆる新時代に適応してきました。したがって、メインフレーム・テクノロジーは長い道のりを歩んできており、時代遅れとは程遠いものなのです。

HCLメインフレームは、ユーザーがメインフレームへの投資を最適化するために不可欠なソリューションを提供します。詳しくは、お問い合わせください。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOpes Velocity DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Code RealTime DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Plan DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience Discover document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i iControl ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修