Cover Image

HCL ZIE for Web Client でセッションのプロパティを動的に変更する方法

2021/11/24 - 読み終える時間: 4 分

Modification of session properties dynamically in ZIE for Web Client の翻訳版です。


HCL ZIE for Web Client でセッションのプロパティを動的に変更する方法

2021年11月23日

著者: Vijayalakshmi / Lead Engineer at HCL Software

セッション定義は管理者によって定義されます。ユーザーは、HTMLパラメータを上書きすることで、クライアント側でセッション・プロパティを変更することができます。オーバーライドされた値は、管理者によって設定された初期のセッション・プロパティよりも優先されます。オーバーライドされたプロパティはロックされるので、ユーザーは変更できません。

オーバーライド可能な具体的なセッション・プロパティの一覧は以下のとおりです。

パラメータ名 説明 有効な値
Host ターゲット・サーバーのホスト名またはIPアドレス。プロパティパネルでは「宛先アドレス」と表示されます。すべてのセッションタイプに適用されます。 ホスト名またはIPアドレス
HostBackup1 backup1サーバーのホスト名またはIPアドレス。プロパティパネルには、backup1の「宛先アドレス」として表示されます。すべてのセッションタイプに適用されます。 ホスト名またはIPアドレス
HostBackup2 バックアップ2サーバーのホスト名またはIPアドレス。プロパティパネルでは、backup2の「宛先アドレス」として表示されます。すべてのセッションタイプに適用されます。 ホスト名またはIPアドレス
Port ターゲットサーバーが待ち受けているポート番号。プロパティパネルでは「送信先ポート」として表示されます。すべてのセッションタイプに適用されます。 任意の有効なTCP/IPポート番号です。
PortBackup1 backup1サーバーが待ち受けているポート番号です。プロパティパネルには、backup1の「Destination port」として表示されます。すべてのセッションタイプに適用されます。 任意の有効なTCP/IPポート番号です。
PortBackup2 backup2サーバーが待ち受けているポート番号です。プロパティパネルには、backup2の「Destination port(送信先ポート)」として表示されます。すべてのセッションタイプに適用されます。 任意の有効なTCP/IPポート番号です。
CodePage セッションの接続先となるサーバーのコードページです。プロパティパネルには「Host Code-Page」と表示されます。FTP以外のすべてのセッションタイプに適用されます。 セッションのプロパティパネルに表示されている、サポートされているホストコードページの数字部分(例:037)です。
LUName ターゲットサーバーで定義された、このセッションの接続先となるLUまたはLUプールの名前です。プロパティパネルに「LUまたはプール名」として表示されます。3270 Displayおよび3270 Printerのセッションタイプに適用されます。 LUまたはLUプールの名前です。
LUNameBackup1 LUまたはプール名:このセッションの接続先となる、バックアップ1サーバーで定義されたLUまたはLUプールの名前です。プロパティパネルに、backup1の「LUまたはプール名」として表示されます。3270ディスプレイおよび3270プリンタのセッションタイプに適用されます。 LUまたはLUプールの名前です。
LUNameBackup2 LUまたはLUプールの名前。プロパティ・パネル上ではbackup2の “LU or Pool Name”として表示されます。 LUまたはLUプールの名前です。
WorkstationID このワークステーションの名前。プロパティパネルに「Workstation ID」と表示される。5250 Displayと5250 Printのセッションタイプに適用されます。 このワークステーションの固有の名前。
ScreenSize 画面の行数、列数を指定する。プロパティパネルに「画面サイズ」と表示されます。3270 Display、5250 Display、VT Displayのセッションタイプに適用されます。 ・ value=rows x columns

・ 2=24×80 (3270, 5250, VT)

・ 3=32×80 (3270)

・ 4=43×80 (3270)

・ 5=27×132 (3270, 5250)

・ 6=24×132 (VT)

・ 7=36×80 (VT)

・ 8=36×132 (VT)

・ 9=48×80 (VT)

・ 10=48×132 (VT)

・ 11=72×80 (VT)

・ 12=72×132 (VT)

・ 13=144×80 (VT)

・ 14=144×132 (VT)

・ 15=25×80 (VT)

・ 16=25×132 (VT)

・ 17 = 62×160

セッションのプロパティを変更する手順

管理者は、以下の3つの方法でセッションのプロパティを設定することができます。

1. 展開ウィザードでパラメータを設定する

  • HTMLパラメータEnableHTMLOverridesを設定し、trueにする。(DWの[詳細オプション]→[HTMLパラメータ]で設定します)。
  • HTMLパラメータTargettedSessionListに、オーバーライドを受け付けるセッションの正確な名前を値として入れます。(DWの「詳細オプション」→「HTMLパラメータ」)。

2. セッションマネージャAPIを介してパラメータを設定する(以下のオプションのいずれかを使用)

A) json配列を作成して、以下のメソッドに渡します。例を示します。

Var hod_applet = new hod_session();
Var json_object = {“host”:”host_address”,”port”:”23”}
hod_applet.setHTMLParametersToOverride(json_object);

B) 以下の関数を繰り返し呼び出してjson配列を作成し、以下のAPIを使ってjsonオブジェクトをWebクライアント用のZIEに渡します。例を示します。

Var hod_applet = new hod_session();
hod_applet.setHTMLParametersToOverride(“HOST”,”HOST ADDRESS”);
hod_applet.setHTMLParametersToOverride (“port”,”12175”); etc
hod_applet.setHTMLParametersToOverride(); //最終的にはsetメソッドを呼び出します。
  • 制限事項: セッションマネージャーAPI(Application Programming Interfaces)では、自動開始セッションでは動作しません。

3. カスタムJSPコードの使用 (Custom UX)

テンプレートファイルで、hHod_AppletParams変数を更新し、すべてのカスタムパラメータを設定します。例を示します。

hHod_AppletParams[“host”] = “host_address”;
hHod_AppletParams[“port”] = “port_number”;

制限事項: 管理者が作成したJSON配列は、カスタムJSPでは動作しません。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOpes Velocity DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Code RealTime DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Plan DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience Discover document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i iControl ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修