Cover Image

進化するサイバー脅威の状況をナビゲートする

2024/5月/22 - 読み終える時間: 2 分

Navigating the Evolving Cyber Threat Landscape の翻訳版です。


進化するサイバー脅威の状況をナビゲートする

2024年5月17日

Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCLSoftware

相互接続されたデジタル世界では、サイバー脅威の状況は常に進化しており、あらゆる規模の組織に新たな課題とリスクをもたらしています。洗練されたサイバー犯罪者から国家行為者に至るまで、私たちのデジタル資産を標的とする敵は、脆弱性を悪用することにますます習熟しています。このダイナミックな環境において、堅牢なアプリケーション・セキュリティ・テストは、サイバー脅威から保護するための重要な防御メカニズムとして浮上しています。

進化するサイバー脅威の状況

デジタルトランスフォーメーションは、効率性の向上、接続性の強化、カスタマーエクスペリエンスの向上など、数多くのメリットをもたらし、ビジネスのあり方に革命をもたらしました。しかし、この変革は、サイバー犯罪者が悪用する攻撃対象も拡大させている。

今日、企業は以下のような無数のサイバー脅威に直面している:

  • 洗練されたマルウェア: 悪意のあるソフトウェアは進化を続け、より複雑でとらえどころのないものになっています。高度なマルウェアの系統は、従来のセキュリティ対策を回避してシステムに侵入し、機密データを盗んだり、業務を妨害したりします。

  • 標的型攻撃: 攻撃者は、特定の組織や個人を標的とし、カスタマイズされた攻撃手法を用いることが増えています。このような攻撃は、資金力のある脅威アクターによって開始されることが多く、高度に洗練され、検出が困難な場合があります。

  • ランサムウェア: 近年、サイバー犯罪者が暗号化を活用して重要なシステムをロックダウンし、高額な身代金の支払いを要求するランサムウェア攻撃が急増しています。このような攻撃は、業務の中断や金銭的な損失を引き起こす壊滅的な結果をもたらす可能性があります。

  • サプライチェーンの脆弱性: 組織がさまざまなサービスやコンポーネントをサードパーティのベンダーやパートナーに依存しているため、サプライチェーン攻撃は重大な懸念事項となっています。攻撃者は、信頼できるベンダーを侵害し、顧客のネットワークにアクセスすることで、侵害の影響を増幅させる可能性があります。

アプリケーション・セキュリティ・テストでサイバー脅威に対抗

このように脅威が進化する中、デジタル資産を保護し事業継続性を維持するためには、事前の対策が不可欠です。アプリケーション・セキュリティ・テストは、ソフトウェア・アプリケーション内の脆弱性を特定し、緩和する上で重要な役割を果たします。ここでは、アプリケーション・セキュリティ・テストが、進化するサイバー脅威の状況との戦いにどのように役立つかを紹介します:

  • 脆弱性の検出: 脆弱性の検出:静的解析、動的解析、対話型テストなどのアプリケーション・セキュリティ・テスト技法は、ソフトウェア・コードと構成の脆弱性を発見できます。攻撃者に悪用される前にこれらの弱点を特定することで、組織はセキュリティ上の欠陥に積極的に対処し、侵害のリスクを低減できます。

  • 継続的なモニタリング: サイバー脅威は常に進化しているため、新しい脆弱性や新たな攻撃手法がないか、アプリケーションを継続的に監視する必要があります。自動テスト・ツールは、アプリケーションのセキュリティ・ポスチャをリアルタイムで把握できるため、企業は潜在的な脅威を先取りし、それに応じて防御策を適応させることができます。

  • セキュアな開発プラクティス: ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)にセキュリティを組み込むことは、回復力のあるアプリケーションを構築するために不可欠である。アプリケーション・セキュリティ・テストは、開発者がセキュアなコーディング手法を採用し、開発プロセス全体を通じてセキュリティへの配慮を優先するよう促し、脆弱性をもたらす可能性を最小限に抑える。

  • サードパーティのリスク管理: 多くの組織がサードパーティのソフトウエアコンポーネントやライブラリに依存しており、それらが適切に評価されないと、セキュリティリスクをもたらす可能性がある。アプリケーションセキュリティテストを実施することで、サードパーティの依存関係のセキュリティ状況を評価し、その使用について十分な情報に基づいた意思決定を行い、潜在的なリスクを軽減することができる。

  • コンプライアンス要件: GDPR、HIPAA、PCI DSS などの規制枠組みは、データ保護とセキュリティに厳しい要件を課しています。アプリケーション・セキュリティ・テストは、データ漏洩やコンプライアンス違反の罰則につながる可能性のあるセキュリティ脆弱性を特定し対処することで、組織がこれらの規制へのコンプライアンスを実証するのに役立ちます。

  • インシデント対応の準備: 侵害を防止するための最善の努力にもかかわらず、組織は、セキュリティ・インシデントが発生した場合に効果的に対応するための準備も整えなければなりません。アプリケーション・セキュリティ・テストは、組織が潜在的な攻撃ベクトルを特定し、インシデント対応計画を策定して侵害の影響を軽減し、ダウンタイムを最小限に抑えるのに役立ちます。

サイバー脅威の状況が進化し続ける中、組織は、リスクを効果的に軽減し、潜在的な侵害から保護するために、セキュリティ戦略を適応させる必要があります。アプリケーション・セキュリティ・テストは、包括的なサイバーセキュリティ・プログラムの基礎的要素として機能し、企業がソフトウェア・アプリケーションの脆弱性を特定し、プロアクティブに対処できるようにします。

HCL AppScan のようなソリューションとアプリケーション・セキュリティ・テストを開発プロセスやセキュリティ・ワークフローに統合することで、企業は防御を強化し、サイバー攻撃が成功する可能性を減らせます。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOpes Velocity DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Code RealTime DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Plan DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience Discover document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i iControl ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修