Cover Image

新しいアイデア アイデア出しのプロセスを合理化

2022/4/6 - 読み終える時間: 4 分

New Ideas: Streamlining Our Ideation Process の翻訳版です。


新しいアイデア アイデア出しのプロセスを合理化

2022年4月5日

著者: HCL Digital Solutions

HCL Digital Solutions 製品管理チームは、HCL Domino、HCL Domino Volt、HCL Sametime、HCL DX、HCL Connections、およびHCL Volt MXの製品アイデア出しのプロセスを合理化しました。

私たちはしばしば、アイデアがどのようにして機能になるのか、また、どのようにアイデアを提出すれば、より良いチャンスが得られるのか、といった質問を受けます。

このブログは、そのプロセスをより透明化し、お客様に迅速に対応するための一助となることでしょう。


アイデアポータルとは?

現代のソフトウェア開発には、さまざまな要因があります。 その中でも特に重要なのは、お客様、特に製品のユーザーや管理者からのクラウドソーシングによるフィードバックです。私たちは、お客様が私たちの製品で実現したい機能や性能についてのアイデアを提出できるポータルを設けています。アイデアポータルでの投稿や反応を調べることで、製品がどのように使われているかをより深く理解し、より良いエクスペリエンスを実現する方法を発見できます。


新しいアイデアを投稿する

アイデアポータルに移動すると、「新しいアイデアを追加する」ボタンを選択できます。ポータルによっては、製品の指定を求められることがあります(ポータルには複数の製品が含まれているため)。その後、アイデア、詳細、およびカテゴリーを追加します。 カテゴリーはアイデアを整理するのに役立ち、私たちが一度あなたのアイデアをレビューすると、再分類することもあります。デジタルエクスペリエンスポータルの一覧はこちらです。

Domino アイデアポータルは以下の製品をカバーしています。

  • Notes
  • SafeLinx
  • Sametime
  • Traveler
  • Traveler for Microsoft Office (HTMO)
  • Domino Volt
  • Nomad
  • Domino Verse
  • Leap
  • Enterprise Integrator
  • Domino Designer
  • Connector for SAP Solutions
  • Client Application Access
  • 管理者クライアント

アイデアを追加する際は、以下の3つのステップを踏んでください。あなたのアイデアを集めて優先順位をつけるのはもちろんですが、他の人のアイデアに投票したりコメントをお願いします。ここでは、アイデアを追加するためのベストプラクティスをご紹介します。

ステップ1: まず、あなたのアイデアがすでに存在するかどうかを検索します。また、あなたのアイデアに関連するコメントがあれば、追加で投票してください。

ステップ2: アイデアがまだ存在しない場合は、新しいアイデアを作成し、次のような形式で書いてください。 「<役割>として、<ニーズを挿入>するために<行動を挿入>できるようにしたい。」

ステップ3: アイデアはいくつでも作成できますが、上記のステップ1と2を繰り返して、各アイデアを別々の項目として管理することを忘れないでください。


アイデアのワークフローとプロセス

アイデア提出後、弊社独自のプロセスを経て、戦略の整合性、技術的な実現可能性、スケジュールなどを評価します。 以下は、私たちのプロセスの簡略図と各ステップの説明です。

画像の説明

すべてのアイデアは、"Needs Review" としてシステムに入力されます。 週単位でプロダクトマネージャー(PM)がそのバケツに入ったアイデアを検証し、処理します。

"Needs Clarification" は、PMがアイデアを理解していないため、レビューの結果として起こりうるものです。 ここで、あなたが大きな貢献ができるのです。

すべてのアイデアは、"ユーザーストーリー" として書かれるべきです。

自分の役割として、<この機能>が欲しい、だから<その機能からこういった利益>を得られる。

例1:Sametime Meetings のユーザーとして、インタラクティブなホワイトボードが欲しい、そうすれば、同僚とコラボレーションでき、1つのツールにとどまることで生産性が加速される。

例2:Connections Wiki の編集者として、リッチテキストエディタのボタンをスクロールして見える画面にとどめ、編集をスピードアップさせたい。

この例では、アイデアの実装方法について述べているのではなく、必要性と利点を述べていることに注意してください。

他のユーザーのことも考え、あなた個人だけでなく、多くの人が恩恵を受けるような機能や修正をリクエストしてみてください。このようなアプローチで、あなたのアイデアが採用される可能性が高まります。

アイデアを理解したら、そのアイデアを一連のフィルターにかけます。 これはすでに提供されているものか?もしそうなら、私たちはそのアイデアを "Already Exists"(すでに存在する)に分類します。 さらに重要なのは、このアイデアは私たちの製品の目標に合致しているかということです。たとえ素晴らしいアイデアであっても、このテストでは不合格になる可能性があります。 私たちは無限のリソースを持っているわけではなく、ユーザーのコミュニティーにとって最大の利益をもたらすことに焦点を当てる必要があることを認識してください。 ですから、"No Plans to Implement"を個人的な拒否反応ととらえないでください。 それはビジネス上の検討事項であって、悪いアイデアではありません!

アイデアがこの最初の試練を乗り越えた後は、"Under Consideration" に昇格します。この新しいアイデアと似たような性質のアイデアがある場合は、他のアイデアと統合されます。 個々のアイデアの投票もすべてマージされ、マージされたアイデアはユーザーコミュニティー内でより有効なものとなります。

この段階では、本番機能に昇格させることができる健全なアイデアのバックログがあります。PMはこのバックログをトリアージし、アジャイル開発スタッフと協働して、アイデアを開発可能なストーリーに育て、サイズを調整します。

時には、アーキテクチャ上の理由でアイデアを提供できない場合や、開発コストが高すぎたり、メリットが小さすぎたりする場合もあります。 このような理由から、アイデアは "実装する予定なし "に分類されることがある。

"Future Consideration"は、追求したいアイデアであり、実現するための技術力はあるが、現時点ではスケジュールに合わせることができないことを示します。 ですから、このアイデアはリリースに割り当てられません。

"Assesment" では、ユーザーストーリーの分解とサイジングの実作業が始まります。アイテムは開発スタッフによって、機能を数値化し、理解し、提供するために作業されています。 様々な理由により、アイテムは出荷日にコミットすることができません。

"Planning to Implement" は最も好ましい結果で、リソースが利用可能で、技術的な能力があり、この機能をボード上でリリースするためのスペースがあることを示しています。

最後のカテゴリーは、"Shipped"です。 これは説明するまでもないでしょう。??


最後に

このブログで、HCLデジタル・ソリューションズの重要なプロセスの透明性をご理解いただけたと思います。FY2023では、より多くのお客様にHCLの理想的なポータルをご利用いただけるようになります。今後数ヶ月間、このトピックに関するニュースをお待ちください。このブログについてご質問があれば、いつでもご連絡ください。

Frank Fuchs Digital Solutions Program Manager

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOpes Velocity DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Code RealTime DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Plan DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience Discover document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i iControl ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修