Cover Image

HCL Launch Java 8 のサポート終了とその他の検討事項

2022/3/29 - 読み終える時間: 2 分

HCL Launch Java 8 EoS and other considerations の翻訳版です。


HCL Launch Java 8 のサポート終了とその他の検討事項

2022年3月28日

著者: Senthil Nathan / HCL Launch Product Manager

今回は、2つのホットなトピックについて解説を加えたいと思います。一つはJavaのバージョンの互換性とサポート、もう一つはHCL Launchがセキュリティフィクスパックのどのリリースストリームにあるかです。

Javaバージョンの互換性

HCL Launch 7.2.0.0の発表の中で、Java 8が2022年6月にサポート終了となることを発表しました。この変更は、異なる HCL Launch 7.x バージョンをご利用のお客様にとって異なる影響を及ぼします。ここでは、この変更がお客様に与える影響と、2022年6月以降にお客様が行うべきことを説明します。

キーポイント

HCL Launch(当時はHCL UrbanCode Deployとして知られていた)バージョンは7.0.0~7.0.1.x の場合

  • Java のサポートはベストエフォートで行われます。
  • Java 11、17は未対応です。

重要:完全にサポートされている Java 11 を使用できるようにするには、HC Launch 7.0.2.xより大きいバージョン(できれば7.0.5.x)への移行を計画することが推奨されます。

HCL Launch 7.0.2.x - 7.2.2.x の場合

  • Java 8 をお使いの場合、Java のサポート問題はベストエフォートで処理されます。
  • Java 11 は完全にサポートされています。
  • Java 17はサポート対象外です。

HCL Launch 7.2.3(2022年6月リリース予定)以降の場合

  • Java 8 はサポート対象外
  • Java 11 は完全にサポートされています。
  • Java 17 は完全にサポートされる予定です。

HCL Launch は、セキュリティで保護されたプロパティの暗号化に java keystore を使用します。そのため、異なるベンダーのJREにアップグレードする場合、このキーストアを復号化できなくなります。7.2.1.0から、製品には鍵ストアを変換する機能があります。 しかし、7.2.1.0より前のバージョンを使用している場合、HCL Launchドキュメントにキーストアの変換方法について記載されています。「新しいJREは、現在のJREと同じベンダーのものである必要があります。JREのベンダーを変更したい場合は、サポートに連絡して、KeystoreConverterツールを入手してください。" ( なお、IBM Java 8 から IBM Semeru Java 11 へのアップグレードであっても、それは別ベンダーの移行に相当します)。

この場合、HCL Softwareのサポートページを使用して新しいサポートケースを開くだけで、このツールにアクセスする方法とそのドキュメントに関する情報が戻ってきます。

セキュリティ Fixpacks

HCL Launch は、サポートされるすべてのリリースのセキュリティ Fix Packを提供します。お客様は、Fix Pack がリリースされ次第、セキュリティ脆弱性のパッチを確実に適用できるよう、対応するFix Pack のストリームに移行することが推奨されます。

  • 7.0.* の場合、7.0.5.x セキュリティ Fix Pack ストリームにアップデートしてください。
  • 7.1.* の場合は 7.1.2.x セキュリティ Fix Pack のストリームにアップデートしてください。
  • 7.2.* をお使いの場合、これは現在のストリームですので、最新バージョンのストリームにはすべてのセキュリティパッチが含まれています。

Cover Image

HCL DevOps における SRE ツールとプロセス (抜粋)

2022/3/9 - 読み終える時間: ~1 分

SRE Tooling and Processes at HCL DevOps (excerpt) の翻訳版です。


HCL DevOps における SRE ツールとプロセス (抜粋)

2022年3月4日

著者: Alexandru Mreana / Manager

SRE の標準が成熟し、市場に採用されたことで、多くの組織の目には SRE が新しい DevOps 2.0 として映っています。

SRE は、Google が最初に策定し普及させた、試行錯誤を重ねた DevOps の実践から発展したものですが、実際には、ほとんどの企業が、自社のビジネスニーズに合わせてカスタマイズした異なる SRE 哲学と原則を持っているでしょう。

ここでは、DevOps ツールを活用する最良の方法、DevOps プログラムを次のレベルに引き上げるために組織が使用しているプロセスと理念、そして HCL の DevOps サービスを最大限に活用する方法について見ていきましょう。

DevOpsは、開発チームと運用チームの間に協力的な文化を構築するために使用される一連のプラクティスであり、生産性を向上させるとともに、ビジネスの市場投入までの時間とコストを削減します。

ここでは、いくつかのSRE標準と、各企業がその標準からどのような利益を得ることができるかを見てみましょう。

1. 組織のサイロ化を防ぐ

開発チームと運用チームのコラボレーションが必要なプロセスを使用するか、両チームが物理的または仮想的に同じ部屋に座ることで、製品がエンドユーザーまでの各フェーズを通過する経路の共有オーナーシップが生まれます。開発、セキュリティ、マーケティング、その他関連するチーム間のコラボレーションとディスカッションは、計画した機能や変更が現実の世界で機能することを保証するための入門書となるのです。

2.失敗を当たり前のこととして受け止める

SLA、SLO、SLIは、パフォーマンスを測定する際に必ず必要なものであり、ビジネスの成功に不可欠なものです。それでも、エラーは発生します。その際、しっかりとしたロールバックプランを用意しておけば、バグのトラブルシューティングに時間を取られることはありません。失敗を正常なものとして受け入れることで、コラボレーションが高まり、チームはエラーに対するより良い準備に集中できます。

3. 漸進的な変更の実施

大きな変更を小さなリリースに分割することで、エンジニアリングチームとオペレーションチームの両方の仕事が容易になります。運用チームにとっては冗長な作業が減り、開発者にとっては調査時間が減ることで、失敗のコストを削減できます。

4. ツールや自動化の活用

自動化は、長期的な価値を創造するための鍵であり、協力チームのアウトプットから自動化が必要なものを特定することから始めることになります。経験則では、自動化の構築にかかる時間がタスクの実行そのものよりもかなり小さい限り、繰り返しのあるタスクには自動化を使用する必要があります。

しかし、労力のレベルは低くてもよく、推奨されており、ほとんどの企業は10~20%の間のどこかに目標を設定しています。HCL Accelerateは、最も頻繁に発生する困難な点を概観し、最初に改善すべき最も重要なステップを特定するために、非常に役立ちます。

5. すべてを測定する

データが多すぎると本当の問題から目をそらし、少なすぎるとプロセスの停滞を誘発します。しかし、ロギング、測定、アラートの違いを見ておく必要があります。ケースや業界によってバランスは異なるだろうし、SLA、SLO、SLIのレベルは、開発、運用、営業などのチームのメイントピックになるはずだ。HCL Accelerate、HCL One Test、HCL AppScanの統合により、製品サイクルのユーザビリティとセキュリティの観点で明確なビジョンが見えてきます。


Cover Image

HCL が語る Day 2 DevOps とは? そして、その理由

2021/11/24 - 読み終える時間: ~1 分

What we mean when we talk about Day 2 DevOps の翻訳版です。

HCL が語る Day 2 DevOps とは? そして、その理由

2021年11月23日

著者: Elise Yahner / Marketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps

ブログ記事、ウェビナー、eBooks、カンファレンスなどで、「Day 1 DevOpsからDay 2 DevOpsへ」という話を耳にしたことがあると思います。私たちがこの話を続けているのは、組織がDevOpsの旅で次のステップに到達するのを支援したいと心から信じているからです。Day 2 DevOpsは、単なる流行語ではなく、DevOpsの進化における次のステップです。

世界的な調査・助言会社である451 Research社(現在はS&P Global Market Intelligence社の一部)は、HCL Software社のDevOpsポートフォリオと、Day 2 DevOpsをサポートするエンド・ツー・エンドのプラットフォームを構築する当社の取り組みを評価するMarket Insight Reportを執筆しました。レポートの全文はこちらからご覧いただけますが、まず、Day 2 DevOpsとは何を意味しているのか、もう少し詳しく説明します。

451 Research社が指摘しているように、"ソフトウェア・デリバリーは、従来のウォーターフォール・アプローチからアジャイルへ、そしてDevOps(継続的なあらゆることと自動化)へと移行し、さらに次世代のAIとデータに基づくバリュー・ストリーム・マネジメント(DevOpsパイプラインの改善)、自動化されたガバナンスとビジネス・アジリティへと移行しています。" この継続的なあらゆるものと次世代のビジネスアジリティの間の橋渡しこそが、HCL Software DevOpsが組織の旅のパートナーとして優れている点です。

DevOpsの旅の最初のステージ(Day 1 DevOps)は、継続的なデリバリー・パイプラインを確立することです。この段階の組織は、「我々はいくつかのDevOpsを行っている」と言い、SDLC全体で自動化のポケットがあるかもしれませんが、パイプラインを最高の状態に最適化していません。DevOpsの次の段階(Day2)では、組織が継続的なプラクティスを企業全体に拡大し、バリューストリームを最適化することで、ガバナンスを左にシフトし、ワークフローを可視化し、複数のツール間でデータを調整します。この変革は、単にDevOpsを行うためのDevOpsではなく、市場の要求に迅速に対応し、競争で優位に立ち、社内の結束力を高めるための実行の合理化を意味します。

Day 1からDay 2に移行するには?既存のパイプラインの上に乗せる、しっかりとしたバリューストリーム管理ツールが重要です。例えば、HCL Accelerateは、バラバラになっているツールからデータを集約するように作られているので、重要な洞察を素早く得てボトルネックを検出することができます。また、テストの自動化、セキュリティスキャン、デプロイメントの自動化も方程式の一部です。ツール以外では、バリューストリーム最適化のアプローチをとり、すべてのチームを同じビジネス目標に向けて調整するための文化的な変化が必要です。

451 Research社の調査回答者の半数以上が、今日、IT組織全体でDevOpsを使用していると回答していることから、競争力を維持するためにソフトウェアをリリースする組織にとって、DevOpsの進化が必要であることは明らかです。451 Research社のMarket Insight Report では、HCL Software DevOpsがDay 2 DevOpsへの道のりをどのようにサポートするかについて、彼らの見解を確認することができます。


Secure DevOps の実際の姿をご紹介

2021/11/18 - 読み終える時間: ~1 分

Here’s what Secure DevOps looks like in action の翻訳版です。


Secure DevOps の実際の姿をご紹介

2021年11月18日

著者: Elise Yahner / Elise works on marketing strategy and campaigns for HCL Software DevOps.

画像の説明

Secure DevOps、DevSecOps、SecDevOps。これらはすべてソフトウェア開発でよく使われる用語ですが、本質的には同じことを意味しています。つまり、セキュリティは開発業務に不可欠であり、セキュリティをより左にシフトすることができれば、組織はコストと品質の面で有利になるということです。

SDLCの早い段階でセキュリティを追加するのは大変なことのように思えますが、適切なツールと戦略を導入すれば、シームレスに調整することができます。さらに、ガバナンスとリソース管理の改善によるメリットは、セキュアなDevOpsアプローチを取る努力をはるかに上回るものです。

セキュアなDevOpsパイプラインがどのようなものかを具体的に示すために、以下のデモを作成しました。このデモでは、当社の自動テストバリュー・ストリーム・マネジメント、継続的デリバリ、およびセキュリティ・スキャンの各ソリューションが、ビジネス・アジリティの問題を解決するためにどのように連携しているかをご覧いただけます。セキュアなDevOpsパイプラインがどのようなものかを具体的に示すために、以下のデモを作成しました。このデモでは、当社の自動テストバリュー・ストリーム・マネジメント継続的デリバリ、およびセキュリティ・スキャン の各ソリューションが、ビジネス・アジリティの問題を解決するためにどのように連携しているかをご覧いただけます。

より詳細なデモをご希望ですか? swinfo@hcljapan.co.jp までメールでお問い合わせください。


サイバー攻撃の被害に遭わないために

2021/10/19 - 読み終える時間: 2 分

Do Not Be a Victim of Cyber Attacks - HCL SW Blogs の翻訳版です。


サイバー攻撃の被害に遭わないために

2021年10月18日

著者: HCL Software / A division of HCL Technologies (HCL)

画像の説明

どんな企業でも、データ漏洩やサイバー攻撃のリスクに直面する可能性があります。企業の規模の大小にかかわらずです。

39秒に1回の割合 で悪意のある攻撃が行われている世界で、企業が安全を確保するためにはどうすればよいのでしょうか。ここでご紹介する「10ステップ・アプローチ」は、「気づき」が最大の防御となるように、お客様ご自身を守ることを目的としています。

  • データの詳細: データの詳細:データの量と場所を知らずして、どのようなリスクがあるのかを知ることはできません。
  • バックアップ: 準備と警戒を怠らないことが、詐欺に遭ったときの究極の手段です。時計の針を戻すことは、可能な限り最善の予防策です。
  • 従業員を教育する: サイバーセキュリティ侵害の95%はヒューマンエラーです。潜在的なリスクを減らすための大きな方法は、従業員が扱うデータの保護について説明することです。
  • DDoS(Distributed Denial of Service)対策: システムを停止させることを目的とした悪意のある攻撃を吸収・回避する能力を持つことが不可欠です。
  • 開発プロセスのセキュリティ: 現代のソフトウェア開発のペースが速まっている中、アプリの迅速な制作をコードの脆弱性を攻撃する機会として利用する脅威アクターが増えています。HCL AppScan は、高速で正確かつアジャイルなセキュリティ・テスト・プラットフォームであり、開発者が脆弱性を発見して修正することを可能にします。
  • 強力なウイルス対策とファイアウォール: 適切なウイルス対策は、望ましくないプログラムからファイルシステムを保護するのに役立ちます。一方、ファイアウォールは、外部からの脅威がそもそもシステムにアクセスできないようにします。
  • データレベルの防御。データレベルの防御: データの使用パターン(どこに保存されているか、誰が保存しているか)を継続的に分析することで、疑わしい活動を特定し、侵害が発生する前に阻止することができます。
  • 侵入検知ツール: データ侵害の予防と検知のためのツールがあることは素晴らしいことです。侵害を防ぐことも重要ですが、侵害が発生した場合にできるだけ早く気づくことが重要です。
  • パッチ適用: システムにパッチを適用するルーチンを設定し、定期的に見直します。これを行うことで、環境内の資産が操作されないようにすることができます。エンドポイント管理プラットフォームである HCL BigFix は、iOSやAndroidを含む企業内のすべてのエンドポイントを管理し、98%以上の初回パッチ成功率を実現しています。
  • リモートコンファランス: コロナウイルスのパンデミックにより、ビデオ会議の利用が急増しました。ビデオ会議が急激に普及し、それに依存するようになったことで、リスクやセキュリティに対する懸念が生じています。そのため、安全なビデオ会議プラットフォームが求められています。HCL Sametime は、高度なセキュリティと信頼性を備えたミーティング・プラットフォームであり、今日の近代的な組織が必要とする軽快で安全なリモートワークを実現するために構築されており、他のベンダーに比べて半分のコストで提供されています。

画像の説明

迫り来るサイバー攻撃の影は今に始まったことではありませんが、その潜在的なコストは指数関数的に増加しています。適切な対策を講じることで、組織はこれらの攻撃に伴うリスクを大幅に軽減することができます。


バリューストリームマネジメントの市場と認証

2021/9/30 - 読み終える時間: 2 分

The Value Stream Management Market & Certifications の翻訳版です。


バリューストリームマネジメントの市場と認証

2021年9月29日

著者: Cassandra Stanek / Product Marketing Manager

画像の説明

現在の状況

今年、発表された「バリュー・ストリーム・マネジメントの現状レポート2021」では、DevOpsを実現するための重要な可視化要素であるVSMの導入において、企業組織がどのような状況にあるかを示す基準が示されました。このレポートによると、市場はVSM導入の初期段階にありますが、チームは競争力のある成長とポジショニングのために、VSMの導入と活用に積極的に取り組んでいます。

このレポートは、企業のリーダーや製品・サービスの開発に携わる方々にとって、一読の価値があるものです。成功しているチームがどのフロー指標に注目しているか、企業がデジタルバリューストリームに基づいてどのようにチームを編成し、組織化しているか、バリューストリームマッピングで発見されたこと、DevOpsの導入をどのように進めるかなど、有益なデータが満載です。HCLソフトウェアのDevOps製品責任者である Brian Muskoff は、このレポートに貢献しており、HCLソフトウェアはVSMCの5つの設立メンバーの1つです。


バリューストリームマネジメントの認証

このレポートから得られた素晴らしい洞察に基づいて、VSMCはDevOps Instituteを通じてValue Stream Management Foundation認証も開発しました。この包括的なコースは、バリュー・ストリーム・マネジメントの原則、実践、ツールを紹介するものです。このコースは、デジタルバリューストリームにおける価値の流れと実現を最適化し、この新興分野のスキルを開発することを目的としています。デジタル・バリュー・ストリームには、ソフトウェア・アプリケーションやサービスに加えて、クラウド・インフラストラクチャやDevOpsツールチェーンなど、それらを支えるプラットフォームも含まれます。

画像の説明

Gartner社によると、2023年までに70%の組織がバリューストリームマネジメントを使用してDevOpsパイプラインのフローを改善し、顧客価値の迅速な提供につなげるとしています。このようなVSMの積極的な市場導入を念頭に、リーダーや開発者は、VSMの歴史と進化、価値の流れの特定方法、価値の流れのマッピング、DevOpsツールチェーンの接続、価値の流れの測定基準などを理解することで、成功に向けた体制を整えることができます。バリュー・ストリーム・マネジメントの認定を受けることは、実践を拡大するための基盤となり、VSMCのメンバーであれば誰でも無料で受けることができます。


重要な理由

効率的で価値主導のソフトウェアデリバリーは、企業のデジタルトランスフォーメーションを成功させるための主要な要素です。そのため、デジタルトランスフォーメーションで最も困難なのは、その測定です。ここで重要になるのが、バリューストリームマネジメントです。これは、成功したDevOpsプラクティスとデジタルトランスフォーメーションの取り組みを定義し、測定することを目的とした、ソフトウェアデリバリーの新しいプラクティスです。

バリュー・ストリーム・マネジメントが導入される前のソフトウェア・デリバリーは、GPSのない国を横断する長いドライブ旅行のようなものでした。ドライバーは目的地と方向を知っていますが、おそらく最短ルートではないでしょう。遅れることもあれば、何度か道に迷うこともあり、目的地にたどり着くまでに多くの時間と費用を費やすことになります。企業にとって、このような効率性と可視性の欠如は、数百万ドルにもなり、デジタルトランスフォーメーションの旅の車輪が回転しているようなものです。

画像の説明

HCL Accelerate は、業界をリードするデータ駆動型のバリューストリーム管理プラットフォームであり、自動化されたガバナンスと指標の可視化により、より迅速なソフトウェアデリバリーを導き、より効率的なデジタルトランスフォーメーションを可能にします。


DevOps India Summit 2021 をふりかえって

2021/9/2 - 読み終える時間: 2 分

DevOps India Summit 2021 Recap の翻訳版です。


DevOps India Summit 2021 Recap

2021年9月1日

著者: Bhavani Sidharth / DevOps Sales, HCL

画像の説明

DevOps India Summit(DOIS)は、南アジア最大のDevOpsイベントとして注目されています。インドの開発者数は全世界の2700万人のうち600万人と非常に多く、このイベントはソフトウェア開発業界において非常に重要な意味を持っています。今年の8月27日と28日に開催されたDOISでは、2日間に渡って、スピーカーセッション、パラレルトーク、ディスカッションが行われ、世界中の人々が考えを共有しました。

今回のサミットではパンデミックに焦点が当てられておらず、「前例のない時代」「在宅勤務」「セキュリティと事業継続」「運用上の課題」「パンデミックがIT業界の働き方に与える影響」などの議論はほとんどありませんでした。まるで、業界が新しい常識に慣れてしまい、それが「いつものこと」になっているかのようでした。では、世界最大の開発者コミュニティにとって、「いつものこと」とはどのようなものなのでしょうか。以下に、複数のソートリーダーから集めたいくつかのテーマを紹介します。

DevOpsは持続可能性の一翼を担うことになる

環境に配慮した開発や、今後数年間に組織が行う選択が、ソフトウェアの構築方法を左右することになるでしょう。持続可能性に関しては、すべての人が関わっているのに、なぜ開発者は不可決なのか?

環境に優しいソフトウェア開発とは何でしょうか?それは、PythonかC言語か、GCPかAWSか、自動化か手動化かといった選択の問題です。開発者は環境に配慮した選択を求められ、組織全体の二酸化炭素排出量の目標に合わせることを求められるでしょう。

誰もがお客様に責任を持つ

アマゾンで働き、毎月リーダーシップミーティングに同席している友人によると、これらのミーティングで常に問われるのは、「それはどのようにお客様の役に立つのか」ということだそうです。すべてのアイデア、すべての製品、すべての新しい考えは、この1つの質問に答える必要があります。長い間、開発者やデザイナーは自由を必要とする創造的な人々であり、創造はほとんどが孤立して行われていました。

Value Stream Management(VSM)は、私たちが見ているように、「Day 2 DevOps」、つまり多くの組織が今取り組んでいるDevOpsの進化の次の段階です。開発者はもちろん、営業やマーケティング、さらには財務や人事を含む開発・運用チームは、すべて顧客に答えを出すことになります。指標があること、可視性があること、システムに効率性があること、レポートがあること、そしてスピードがあることは当たり前のことです。しかし、これらすべてがどのようにしてビジネス価値をもたらすのでしょうか?チームはアジャイルでテストを自動化し、本番へのデプロイを高速化していますが、それがNPSの向上にどうつながるのでしょうか。しかし、それがNPSの向上にどう結びつくのでしょうか、マーケットシェアの拡大にどう結びつくのでしょうか。顧客サービスの迅速化にどう結びつくのか?

それは、ループを完成させ、データポイント間の点をつなげることです(これはまさに HCL Accelerate が行っていることです)。メトリクスは十分ではありません。顧客により良いサービスを提供するために新しいソフトウェアの開発に投資している CFO/CEO にとって、ループは閉じなければなりません。

オートヒーリングがガバナンスをサポート

障害を検出して報告するだけでは十分ではありません。不具合は自動的に治癒される必要があります。これは、テストデプロイメントソースコード管理バージョン管理プランニングなどに見られます。すべての製品は、自動修正する生来の知能を持ち、AI/MLが混入され、同じプラットフォーム上にある必要があります。さらに、開発と運用のプロセスは、修正が依存関係にどのような影響を与えるかを確認できるように、エンドツーエンドの可視性を持つ必要があります。当社のDevOpsソリューションは、問題の検出、修正、防止のための機能を提供し、ソフトウェア・デリバリー・パイプライン全体のガバナンスを向上させます。 オープンソースの役割

小規模なチームであれば、無料のツールを使ってすぐにスタートを切ることができますが、企業レベルではセキュリティとスケールがより重要になります。しかし、どちらか一方だけを選択する必要はありません。オープンソースであるかどうかに関わらず、開発者が自分の好きなツールを使い続け、その上にセキュリティ、テスト、バリューストリームマネジメントなどのエンタープライズツールのエコシステムを構築することができます。私たちのソリューションは、「引き裂いて置き換える」という考え方ではなく、多様なツールチェーンにエンタープライズレベルのセキュリティ、スケーリング、分析機能を追加するものです。

DevOps India Summitは、複数のソートリーダーやイノベーターから、DevOpsの過去、現在、未来について話を聞くことができる興味深い2日間でした。カンファレンスに参加された方は、ご自身の感想をコメントでお聞かせください。


HCL Accelerate: ソフトウェアデリバリーの未来

2021/8/20 - 読み終える時間: 2 分

The Future of Software Delivery の翻訳版です。


HCL Accelerate: ソフトウェアデリバリーの未来

2021年8月12日

著者: Cassandra Stanek / Product Marketing Manager

画像の説明

ソフトウェア業界の変化の速さには目を見張るものがありますが、特にDevOpsの文脈で考えると、その速さは際立っています。わずか10年前にはDevOpsという言葉はほとんど知られていませんでしたが、ソフトウェアデリバリーにおけるこの根本的な変化は、今日では誰もが認めるところとなっています。

ソフトウェアデリバリーの未来は、アイデア出し、反復、そしてサイロ化した作業の打破に、より多くの時間を費やすことです。これはどのように行われるのでしょうか。それは、ビジネスやチェンジマネジメントの世界で長く実践されてきた、「バリューストリーム・マネジメント」という概念です。ソフトウェア・デリバリーにおけるバリュー・ストリーム・マネジメントとは、ソフトウェア・デリバリーをエンド・ツー・エンドで監視し、"付加価値 "を最適化することです。簡潔に言えば、これはDevOpsの次の自然な進化です。

Gartner社は、2021年はバリューストリームがDevOpsの未来を決める年になると予測 しています。この破壊的な新しいDevOpsの考え方は、チームが複数の製品をリンクさせて、ソフトウェアデリバリーのための「バリューツールチェーン」を作り始めたことから始まります。従来、このプロセスはサイロ化されており、チームはフィードバックなしに合理的なプロセスでコードを構築し、デプロイしていました。

バリューストリームマネジメント2021の現状

現在、企業はソフトウェアデリバリープロセスのパフォーマンスを可視化するために、バリューストリームマップを活用する最前線に立っています。The State of Value Stream Management Report 2021 によると、バリューストリームの可視化により、ボトルネックを減らし、ソフトウェアデリバリーの速度を向上させられます。報告された最も価値のあるメトリクスのトップ5は以下の通りです。

  • サイクルタイム
  • ワークインプログレス(WIP
  • スループット
  • コード品質
  • フロー効率

このレポート では、これらの重要な指標を収集する際にチームが直面している共通の課題も明らかにしています。

  • 25.9%のチームは、複数のソースやスプレッドシートからデータを手動で収集しています。
  • 36.6%のチームがフローメトリクスをダッシュボードに集約しています。
バリューストリームの活用

バリューストリーム管理ツール HCL Accelerate は、チームがこれらのメトリクスの収集を自動化し、バリューストリームを中心に組織化し、継続的な改善のエコシステムを構築する機会を提供します。VSMツールの中には、特定のDevOpsツールからのデータしか使用できないものもありますが、HCL Accelerateは、組織がすでに使用しているすべてのDevOpsツールと統合します。スプレッドシートでデリバリーメトリクスを追跡する手動プロセスを排除し、バリューストリームがどのように運用されているかの統合ビューを作成します。

DevOpsツールチェーンを可視化することで、調整が容易になり、デジタルトランスフォーメーションの進行状況を明確に測定できるようになります。世界中に仕事が分散し、IT環境が複雑化しているこの時代に、ソフトウェアデリバリーを最適化するためには、ワークロードの自動可視化が必要です。

画像の説明

HCL Accelerateは、SoFy(クラウドネイティブなソリューションファクトリー)で利用できます。

HCL Software用語集
  • バリューストリーム。サービスを提供する顧客のために価値を創造するために協力する責任のあるすべてのメンバー
  • バリューストリームマッピング。Value Stream Mapping: バリューストリームを文書化する作業(一般的には箱と線で表現される)。
  • Value Stream Management。ソフトウェアのデリバリーをエンド・ツー・エンドで監視し、「付加価値」を最適化すること。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修