Cover Image

HCL Unica Optimize: マーケティングキャンペーンを最適化して ROI を向上

2022/3/31 - 読み終える時間: 6 分

Unica Optimize - optimising marketing campaigns for greater ROI の翻訳版です。


HCL Unica Optimize: マーケティングキャンペーンを最適化して ROI を向上

2022年3月31日

著者: Darren Webb / Principal Consultant

マーケティング担当者は、顧客とビジネスの両方の要件を満たすためにマーケティング・キャンペーンを最適化する方法を常に求めており、市場にはこれを実現する優れたツールが数多く存在しています。その一つが Unica Optimize で、マーケティングオートメーションの様々な側面において、スコアリングモデルによりコンタクトを最適化できます。

例えば、Unica Campaign に慣れている現在のUnicaユーザーであれば、Optimize がどのようにマーケティング活動を増幅させるかを理解することは、ROIを改善するための不可欠な次のステップになるかもしれません。V12から、OptimizeとCampaignの統合が拡張され、フローチャートの中から最適化セッションを実行することも可能になりました。 また、キャンペーン最適化を含むプラットフォームへの移行を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?この記事では、Unicaプラットフォームが最適なコンタクト戦略を決定するためにどのように支援できるかを説明します。


Unica Optimizeはどのように機能するのか?

画像の説明

Unica Optimizeは、キャンペーンの最適化において以下の点を考慮します。

  • 顧客 - 顧客と話すことができる限られた時間を最大限に活用する。
  • オファー - 限られた時間の中で、最適な受信者を見つける。
  • 時間 - 指定された時間帯での競合を減らし、繰り返しを最小限に抑えられます。
  • 予算 - 予算配分をより良く管理する
  • チャネルキャパシティ - 顧客ごとに最適なチャネルを決定
  • 目標 - 収入、利益、または応答率の改善のためにデータをスコアリングします。

Optimizeは、キャンペーン全体、必要な期間にわたって制約やルールを適用し、顧客とビジネスの両方にとって最適なキャンペーンを選択できます。

Unica Optimizeを使用すると、以下のことが可能になります。

  • 顧客にとって最も関連性の高いオファーを特定する
  • 接触疲労の軽減
  • コストを下げ、収益を上げる
  • Unica Campaignで確立された能力を基に構築される

では、その仕組みはどうなっているのでしょうか。Unica Optimizeのフードの下に何があるのかを理解するために、この簡単なプロセスフローを分解してみましょう。

画像の説明


提案された連絡先テーブル

高レベルでは、1つのキャンペーン内または複数のキャンペーンにまたがるプロセスは、PCTまたはProposed Contacts Tableと呼ばれるセントラルロケーションにデータを書き込むことです。

次に、Optimizeは、これらのコンタクトとオファーのすべてに設定したルールを適用して、最適化されたコンタクトのセットを作成します。これは、OCT(Optimized Contact Table)と呼ばれます。

これらのテーブルは、下流工程でアクセスすることができ、選択したチャネルで、選択したオファーを顧客に連絡するために使用されます。


オプティマイズセッション

このソリューションの中心となるのが、Optimizeセッションです。Optimizeセッションは、オーディエンスメンバー(顧客、アカウントなど)を追加または削除するためのルールを処理します。この時点で、最適化に必要なデータ値を標準化するためのテンプレートを含められます。フローチャートは、1つまたは複数のキャンペーンからセッションに書き込まれます。


ルールと制約

Optimize セッションの主な要件の 1 つは、ルールと制約を設定することです。これらは、キャパシティプランニングのためにコミュニケーションに制限を設けるなど、組織全体で考えることもできますし、疲労度ルールの検討など、個々の顧客レベルで考えることもできます。

ルールは、すべてのお客様の結果を個別に、または組織全体で評価するために使用できます。ルールとは、データから可能性のある選択肢を排除し、単一の解決策を提供するために定義された条件です。ルールの例としては、以下のようなものがあります。

  • Min/Max # Offers for each customer - 特定のオファー、セグメント、チャネルに、定義された期間にわたって適用できます。
  • Never A followed by B - このルールタイプは、あるオファーを受けた顧客が、ある期間、別のオファーを受けることを防ぎます。
  • Never A with B - 顧客が要求された期間内に2つのオファーを受けることを防ぎます。例:更新オファーとアップグレードオファー。
  • Max #Duplicate offers - 指定期間内に顧客が重複したオファーを見ることができる回数。
  • Customers In - 指定された戦略的セグメントに顧客を含める、または除外できます。

制約とは、通常、超えてはならない最小/最大のしきい値であり、以下のようなシナリオに役立ちます。

  • 営業チームが1週間にかけられる電話の最大数
  • 在庫管理
  • 小冊子を作成するために最低限必要なオファー数を要求する顧客。


スコア・マトリックス

対象コンタクトが提示された後、そのコンタクトにはまだ多くのオファーが提示されていたり、オファーのインスタンスが出力されすぎている可能性があります。

最適化アルゴリズムでは、コンタクトとオファーのスコアを使用して、セッションで可能な限り最良の結果を得ようとします。これは、独自の分析調査や予測分析によって生成され、収益や回答率などの組織的な目標に合わせてセッションを最適化できます。

これらは、Proposed Contacts Tableのスコアフィールドとしてデータ自体に書き込まれるか、スコアマトリックスを介してセッションに手動で入力されます。


時間帯

セッションの最適化期間は、提案された最も早いコンタクトと最も遅いコンタクトの間の経過時間です。これは、PCTの接触提案の日付の範囲によって与えられます。値の例としては、1週間や1ヶ月などがあります。

もし、Optimizeが期間中に顧客が受け取るコンタクトの数に関するルールを適用したい場合、最適化セッションを実行するために、顧客がその期間に受け取るであろうすべての潜在的コンタクトについて知っておく必要があります。

これは通常、キャンペーンのスケジューリングに関する考察を意味し、特に、キャンペーンを必要に応じて個別に実行するのに慣れている場合は、このようになります。


テンプレート・テーブル

連絡先提案テーブルの作成プロセスを容易にするために、フィールド要件テンプレートを作成し、複数のキャンペーンフローチャートに適用できます。これは、特定の最適化セッションに必要なフィールドを定義することで、PCTへの出力プロセスを標準化するために使用します。その後、利用可能なフローチャートデータを必須データフィールドにマッピングするために使用できます。


オファー

最適化プロセスの中心となるのは、選択したオーディエンスと、オファーそのものです。

オファーは、顧客に配信するためにUnica Campaignに記録できるマーケティングメッセージです。これらはキャンペーンフローチャートのIDまたはターゲットセルのリストに割り当てられ、顧客との接触や応答イベントをより簡単に追跡することが可能になります。

オファーリストとは、オファーの集合体です。オファーリストの例としては、クーポン冊子などがあります。オファーリストには、2つのタイプがあります。

  • 静的リストは、あらかじめ定義されたオファーの集合体です。
  • スマートリストには、データ属性を使用して、選択時に含まれるオファーを動的に計算する簡単なルールが含まれています。

オファーリストを使用すると、1つのルールを複数のオファーに一度に適用できます。


戦略的セグメント

戦略的セグメントとは、特定のオーディエンスに属するIDの静的リストです。例としては、VIP顧客や周回遅れのアカウントなどがあります。

これらは通常、Unica Campaign CreateSegプロセスを使用して、セッションフローチャートで生成されます。

Optimizeで適用できるルールの多くは、特別に選択したセグメントに対して行えます。


すべてをまとめる

この時点で、定義された最適化期間のためのルールと制約が作成されたことになります。適用する戦略的セグメントを検討し、返されたオファーとオファーリストまたはメッセージをランク付けするためのスコアを追加していることでしょう。キャンペーンは、テンプレートを使用して、フローチャートから提案されたコンタクトテーブルに必要なデータを書き込んでいます。

次のステップは、最適化セッションを実行することです。


最適化されたコンタクト

Optimize環境の複雑さ、コンタクト数、処理能力にもよりますが、後日、Optimized Contacts は Optimized Contact TableまたはOCTに書き戻され、Unica Campaignがフローチャートでピックアップできるように再び使用できるようになります。


コンタクト履歴への書き込み

MailListプロセスを使って、最適化された連絡先をUnicaの内部連絡先履歴に書き込むことにします。次に、必要な配信チャンネルにデータを転送するために、出力プロセスを実行する必要があります。例えば、Unica Deliver、アコースティックとのネイティブな統合、Unica Linkによる他のメールサービスプロバイダへの自動接続などが考えられます。

応答が返され始めたら、フローチャートの追跡と応答フローチャートのプロセスを使って、通常の方法で処理できます。


Unica プラットフォームスケジューラー

最後に、各最適化サイクル(多くのサイクルが必要)において、Unica Platform のスケジューラーを使用して、個々のキャンペーンフローチャートの出力を、最適化期間全体を通してセッションにスケジュールし、定期的に実行することもできます。最適化期間終了後は、スケジューラーを使用して、最適化セッション自体を定期的に実行できます。

Unica Optimizeに関するもう一つの興味深い記事は、連絡先とオファーを最適化する方法を理解するのに役立ちます。また、私たちにご連絡いただければ、喜んでお手伝いさせていただきます。

この記事は元々 https://www.purplesquareconsulting.com/unica-optimize-optimising-marketing-campaigns-for-greater-roi/ に掲載されたものです。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修