Cover Image

HCL Unica Deliver でメールの配信を停止する

2022/5月/24 - 読み終える時間: 5 分

Unsubscribing Email in Unica Deliver の翻訳版です。


HCL Unica Deliver でメールの配信を停止する

2022年5月18日

著者: Mayuresh Potphode / Unica Technical Support

マーケティング担当者にとって、顧客を大切にすることはとても重要です。顧客が配信を停止する理由は様々です。例えば、あまりにも多くのメールを送信してしまった場合や、うっかり登録してしまった顧客が配信停止を希望している場合などです。いずれにせよ、配信を停止する選択肢は常に用意しておく必要があります。また、メールマガジンの規定では、広告や宣伝を行うメールについては、受信者が配信を停止できるようにする必要があります。別のブログ記事では、ユーザーがUnica Deliverのランディングページを使用してメール配信を停止する方法について、詳しい手順をご紹介しています。

画像の説明

Unica Deliverのランディングページを使ったメール配信の解除方法

手順

  1. メール配信を作成し、以下のように、メール配信を停止するためのゾーン/ボタン/リンクをメール配信に追加します。

画像の説明

  1. ランディングページを作成し、ユーザーが隠し属性(例:UNSUB_EMAILID)を定義できるようにします。例えば().

画像の説明

  1. 下図のように、購読解除確認用の2つ目のランディングページコミュニケーションを作成します。

画像の説明

  1. メインコミュニケーションに、ランディングページ1へのリンクを追加します。

画像の説明

  1. ランディングページ1から、以下のようにランディングページ2へのリンクを追加します。このとき、必ず「フォームを送信する(任意)」を選択してください。

画像の説明

  1. キャンペーンフローチャートを作成し、OLTを生成してメール通信を送信します。ユーザーがメールを開き、Unsubscribeボタンをクリックすると、UCC_RESPONSEとUCC_RESPONSEATTRテーブルにその応答が取り込まれます。

画像の説明

画像の説明

  1. 同じキャンペーンで新しいフローチャートを作成し、[プロセスの抽出]ボックスを追加します。入力項目は「ランディングページの配信」を選択します。

画像の説明

  1. [抽出]タブで、抽出するフィールド、すなわちUNSUB_EMAILIDを選択します。

画像の説明

  1. Snapshotプロセス(To write to Suppression table)をExtract Processボックスに追加し、フローチャートを実行します。

画像の説明

  1. OLTリストが作成されたフローチャートで、SuppressionテーブルからSuppressionリストを除外するために、Suppressionテーブルからを選択します。

画像の説明

Unsubscribe Requestを使ったメール配信の停止方法

  1. Deliverは、メールの応答を処理する際に、メールの件名行および/またはメールの最初の5行をスキャンして、Unsubscribeリクエストを認識するためのいくつかのキーワードを検索します。バッチ通信で送信されたメールに対して、ユーザーが件名に以下のキーワードを含む返信をした場合、配信停止リクエストとみなされます。

• unsubscribe • unsub • stop • end • quit • cancel

  1. ユーザーが上記のキーワードでメールに返信すると、その応答が処理され、UCC_RESPONSE テーブルに RESPTYPE=10 (Email - Unsubscribe) が代入されます。

  2. グローバル抑制リストに登録されている email-id 宛にメールを送信しようとすると、応答属性テーブル (UCC_RESPONSEATTR) に以下のレコードが入力されます。

画像の説明

  1. AttributeName= suppressionCode, AttributeTypeID=9, Numeric value 5 は、グローバル抑制リストに登録された email-id に対する応答であることを示しています。

画像の説明

  1. 同様に、AttributeName= responseSubType、AttributeTypeID=0、String値107を確認できます。

画像の説明

Unica Deliverの詳細や、マーケティングエコシステムにどのように適合させることができるかについては、HCL Software までご連絡ください。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修