HCL VersionVault Express と HCL Compassを統合するための Webhook (ウェブフック) の使用

2021/11/15 - 読み終える時間: 2 分

Using web hooks to integrate HCL VersionVault Express and HCL Compass の翻訳版です。


HCL VersionVault Express と HCL Compassを統合するための Webhook (ウェブフック) の使用

2021年11月12日

著者: Brett Markowitz / Software Developer

画像の説明

HCL Software が DevOps 分野で提供する最新の製品 HCL VersionVault Express は、Web UI や REST API などを一新して最近発売されました。VersionVault Expressは、VersionVault の基盤をベースにしており、HCLのセキュアなバージョン・コントロールと構成管理ソフトウェアに関するすべての情報を提供するとともに、簡単に立ち上げることができます。

HCL Compass 2.0 は昨年、同様に外観と機能を一新して発売され、その新しいREST APIとWebhook 機能により、VersionVault Express の完璧なコンパニオンとなっています。

その好例が、オープンソースのサンプル統合です。Node-Redで構築され、VersionVault ExpressとCompassを接続する2つのWebhookレシーバーを素早く作成することができました。

この統合に必要なCompass用Webhooksパッケージのインストール方法については、[]をご覧ください。

CompassでFeature、Task、Storyが作成されてユーザーに割り当てられると、VersionVault Expressのそのユーザーのストリームに対応するアクティビティが作成されるというシンプルな統合です。

そして、そのアクティビティがプロジェクトの統合ストリームに配信されると、Compassのレコードが更新され、追加、変更、削除されたファイルのリストがノートとして表示されます。

統合を含むフローを表示するには、GitHubリポジトリから「flowers.json」ファイルを取得し、Node-RedのWebインターフェイスを開きます(Node-Redがデプロイされている場所であれば、例えばhttps://localhost:1880)。

画面右上のハンバーガーメニューから「インポート」→「クリップボード」を選択し、ファイルをブラウズして開きます。

Compass/VVE Integration」という名前のフローがあるはずで、ここですべてが行われます。

画像の説明

SF_Constantsサブフローでは、統合の設定を行います。

ここには "Set Flow Constants "ノードがあり、VersionVault ExpressとCompassのインスタンスに関連する様々なプロパティを設定することができます。これらは非常に簡単なものですが、それぞれの詳細についてはGitHubリポジトリのREADMEをご覧ください。

フローをデプロイして、定数が設定され、Webhookエンドポイントがペイロードをリッスンしていることを確認してください。

次に、2つの「HTTP in」ノードがあることに注目してください。1つは「[POST] /compass」、もう1つは「[POST] /vve」と表示されており、それぞれが表示されている製品からのWebhookペイロードを処理します。

Compassからペイロードが送られてくると、フローはいくつかのことを順に行います。

  • VersionVault Expressで認証します。
  • レコードが割り当てられたユーザー名と、レコードが追加されたソリューション名を取り出します。
  • ソリューション名を使用して、VersionVault Express内のプロジェクトを検索します。
  • プロジェクト名とユーザ名から開発ストリームを取得します。
  • CompassのレコードIDを名前にして、そのストリームにアクティビティを作成します。

アクティビティを配信すると、VersionVault ExpressのWebhookレシーバーにペイロードが送信され、以下のシーケンスが開始されます。

  • CompassとVersionVault Expressで認証します。
  • 配信された各アクティビティについて。
    • チェンジセットを取得し、どのファイルが追加、変更、削除されたかを確認します。
    • アクティビティの名前を使って、関連するCompassレコードを修正し、ファイル情報をメモとして追加する。

重要なのは、このサンプルを意図的にシンプルにしたことです。そのために、いくつかの仮定を組み込んでいます。

  • VersionVault ExpressとCompassの両方にユーザーが存在し、そのユーザー名は両方で同じであること。
  • ユーザーは、1つのプロジェクト内に1つの開発ストリーム(<プロジェクト名>_<ユーザー名>という名前のフォーマット)しか持たず、アクティビティが作成されるのはそのプロジェクトであること。
  • VersionVault Expressのプロジェクトは、Compassで使用されているソリューションと一致する必要があります。

VersionVault ExpressとCompassの最新リリースでは、様々なWebhookイベントが利用できるため、単純な通知受信や複数製品間の複雑な統合など、機能拡張が容易に行えます。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修